介護支援専門員 神奈川県。 介護支援専門員(ケアマネジャー)の研修について/千葉県

鹿児島県/令和2年度介護支援専門員法定研修について【6/22更新】

介護支援専門員 神奈川県

掲載日:2020年5月20日 令和2年度(第23回)神奈川県介護支援専門員実務研修受講試験への振替受験について 令和2年3月8日の標記試験を欠席された方については、令和2年度(第23回)神奈川県介護支援専門員実務研修受講試験への「振替受験」を可能とし、その申込み手続き方法について、3月末に指定試験実施機関である神奈川県社会福祉協議会からご案内の通知を郵送しています。 振替受験を希望される方は、期日までに専用申込書及び封筒に必要事項を明記し、必要書類を簡易書留郵便にて神奈川県社会福祉協議会あてにお送りください。 申込み期限:令和2年6月30日 火曜日 当日消印有効 免除項目 :1. 受験手数料の全額 2. 実務経験証明書の提出(代わりに再試験受験票の提出が必要です。 ) 第23期介護支援専門員実務研修の延期について 令和2年6月上旬から開催予定の標記研修について、現在の新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、開催を延期することとなりました。 なお、研修の開催時期については、新型コロナウイルス感染症の推移の見通しが立っていないため未定となっております。 研修開催の目途が立ち次第、改めて研修開催の概ね3か月前までに、県から郵送にて御連絡しますので、御理解と御協力のほどよろしくお願いします。 お知らせ 介護支援専門員とは、要介護者等からの相談やその心身の状況等に応じ、適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス又は地域密着型介護予防サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者等との連絡調整を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するもので、介護支援専門員証の交付を受けたものとされています(介護保険法第7条第5項)。 介護支援専門員の業務は、介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、居宅サービス事業者や施設等との連絡調整を行ったり、介護保険の給付管理事務を行うなど、介護サービスの支援を担当する重要な役割を担っています。 介護支援専門員は、介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)、指定居宅介護支援事業所(ケアプラン作成機関)、指定特定施設入居者生活介護事業所、指定小規模多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所には、必ず配置しなければならないとされています。

次の

【神奈川県】ケアマネジャー(介護支援専門員)講座の資料請求

介護支援専門員 神奈川県

掲載日:2020年7月14日 【令和2年7月14日更新】研修情報に関するメール配信のお知らせ 以下の【神奈川県介護支援専門員研修情報に関するメール配信の登録】のページにて、メールアドレスを登録していただいた方に、神奈川県で実施する介護支援専門員研修等の情報を電子メールでお知らせします。 なお、上記ページでの登録によるメール配信と「介護情報サービスかながわ」による事業者向けメール配信では、同じ内容をご案内します。 メールが届かない方は、「神奈川県介護支援専門員研修情報に関するメール配信登録の注意点」をご確認ください。 【令和2年6月22日更新】新型コロナウイルス感染症に係る対応について 令和2年度介護支援専門員研修の開催延期について(6月11日更新) 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、本県で令和2年2月28日以降に実施を予定していた介護支援専門員「専門研修」、「実務経験者向け更新研修」、「実務未経験者向け更新研修」、「再研修」、「主任介護支援専門員研修」並びに「主任介護支援専門員更新研修」を延期していますが、現在の新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて、令和2年8月31日まで研修開催を延期することとしました。 9月以降の研修実施予定については、本ページ内の「各研修課程の受講要件及び実施予定」にて、順次お知らせします。 令和元年度介護支援専門員研修の再開について(6月22日更新) 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和元年度に延期となった研修の受講者については、 研修機関から再開後の日程・会場等のご案内がありますので、今しばらくお待ちください。 なお、 令和元年度神奈川県介護支援専門員再研修(後期)の再開については、県から6月22日(月曜日)に通知を郵送しましたので、6月29日(月曜日)までに通知が届かない方は、県地域福祉課までご連絡ください。 今回御案内する日程は、令和2年2月28日以降に延期となった科目が対象です。 2月28日より前の日程で欠席された科目については、別途ご連絡します。 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課 電話番号:045-210-4755 新型コロナウイルス感染症拡大予防対策に係る受講上の注意点(6月22日更新) 神奈川県介護支援専門員法定研修を受講される方は、必ず以下の記載事項についてご確認ください。 受講上の注意点 (1)毎朝の体温測定、健康チェックをお願いします。 (2)発熱・せき等かぜの諸症状がみられる、体調が優れない等の場合は、研修受講をお控えください。 (3)手洗い・手指消毒、うがい、マスクの着用をお願いします。 (4)熱中症予防のため、こまめに水分補給を心がけてください。 (5)その他、研修実施機関から感染症拡大予防対策についてお願いがあった場合は、指示に従っていただきますよう御協力お願いします。 その他 今後の状況により法定研修の再延期・中止等変更が生じる場合は、県ホームページを通じてお知らせしますので、必ず最新の情報をご確認ください。 介護支援専門員証の有効期間満了日について(6月11日更新) 介護支援専門員証の有効期間が令和2年2月28日から令和3年3月31日までの間に満了する場合は、令和4年3月31日まで、 令和3年4月1日から令和4年3月31日の間に満了する場合は、令和5年3月31日まで、 資格を喪失しない取扱いとします。 介護支援専門員証の有効期間満了日 資格を喪失しない取扱いの終期 令和2年2月28日から令和3年3月31日まで 令和4年3月31日 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで 令和5年3月31日 資格を喪失しない取扱いの対象となるために、 必要な手続きはありません。 ただし、資格を喪失しない取扱いの終期までに、 更新に必要な研修を修了し、 介護支援専門員証更新申請を行う必要があります。 詳細については、通知等をご確認ください。 注意事項 このページ及び神奈川県へのお問い合わせでは研修の申込みはできません。 各研修機関のホームページ等から直接お申込みください。 また、募集期間及び研修実施期間等の詳細は、順次本ページで更新します。 神奈川県以外の登録者の方へ 原則として、研修は登録都道府県で受講しなければなりません。 神奈川県以外の登録者が神奈川県で実施する研修を受講するには、以下の手順で受講地変更手続きを行ってください。 受講地変更手続きを行わないと研修の受講が無効となる場合があります。 また、神奈川県登録の方の受講が優先されるため、定員を超えた場合は受講できない可能性があります。 受講地変更の手続き方法 1 研修の募集期間内に、研修機関に直接申込みを行う。 2 受講決定された場合は、登録している都道府県の介護支援専門員担当部署に連絡する。 3 登録都道府県の指示に従い、受講地変更手続きを行う。 各研修課程の受講要件及び実施予定 介護支援専門員研修の受講にあたって 受講すべき研修は、実務経験の有無やこれまでの研修履歴等によって異なります。 フローチャートを確認し、受講すべき研修の種類を確認してください。 また、 介護支援専門員証の更新時期について、神奈川県から個別の案内は行っていません。 各自で有効期間を管理し、計画的に研修を受講してください。 ただし、一部の研修については神奈川県が再証明を行いますので、案内に従い手続きを行ってください。 神奈川県が再証明を行う研修 平成18年度以前の全研修 平成20年度以降の再研修 平成18年度以降の主任介護支援専門員研修 平成18年度以降の実務従事者基礎研修 神奈川県に再証明を依頼する場合の手続き方法 次の 1 、 2 を、下記あてに郵送してください。 1 2 返信用封筒・・・84円切手を貼り、申請者の住所・氏名を明記した長形3号封筒 送付先 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課 福祉介護人材グループ 〒231-8588 横浜市中区日本大通1 電話:045 210 4755(直通).

次の

介護支援専門員更新研修|アルファ医療福祉専門学校【東京都町田市】

介護支援専門員 神奈川県

介護支援専門員 ケアマネジャー の研修について 新型コロナウイルス感染症に係る臨時的な取扱いについて 新型コロナウイルス感染症への対応によって、研修日程が変更になり、本来の資格更新の時期を過ぎてしまう介護支援専門員については、当面、介護支援専門員の資格を喪失しない取扱いとします。 今後開催される研修の修了後に、臨時的取り扱いを可能として介護支援専門員証の有効期限を遡り発行できる方は以下のとおりです。 (法定研修受講中の方を除く) 該当する研修を受講中または受講予定の方は、研修再開後に更新手続きをする際に、「介護支援専門員証有効期間更新交付申請添付書」を併せて提出して下さい。 なお、臨時的取扱いの期間については、今後改めてお知らせする予定です。 受講中の方は受講決定通知書等を保管してください。 現時点で延期されている研修については、下記の研修実施機関のホームページ等で御確認下さい。 千葉県介護支援専門員協議会• 千葉県社会福祉協議会• 043-204-1610 令和元年から、特定一般教育訓練給付金制度が開始され、千葉県介護支援専門員協議会の法定研修が「特定一般教育訓練」の講座指定を受けました。 要件を満たす方は受講費用の一部が修了後に支給されます。 詳しくは、お近くの 、にお尋ねください。 2019年度専門研修課程II・更新研修後期第4期の申込は終了しました。 (令和元年12月20日~令和2年1月20日) 1更新のための研修 1更新研修(実務経験者対象) 「介護支援専門員証(有効期間5年間)」を更新するためには、「更新研修(実務経験者対象)」 前期56時間以上・後期32時間以上 を受講する必要があります。 (平成19年度より実施) 初回(1回目)の「介護支援専門員証(有効期間5年間)」更新をする際は、現任研修の「専門研修課程I・専門研修課程II」と同じ内容の更新研修の受講が、2回目以降の更新は、現任研修の「専門研修課程II」と同じ内容の更新研修の受講が義務づけられました。 受講対象者、受講料、カリキュラム・日程及び会場、受講申請等については ホームページへ 2更新研修(実務未経験者対象) 「介護支援専門員証(有効期間5年間)」の交付は受けたが、その後、全く実務経験がない方で、介護支援専門員証の有効期間内に資格を更新する場合は、実務研修と同じ内容の研修を「更新研修(実務未経験者対象)」 54時間以上 を受ける必要があります。 現任研修の「専門研修課程I・専門研修課程II」の受講は必要ありません。 受講対象者、受講料、カリキュラム・日程及び会場、受講申請等については へ 2スキルアップのための研修 1専門研修I(実務経験6ヶ月以上3年未満対象) 実務に従事している初任者の方を対象とした現任研修です。 実務経験が6ヶ月を超えたら、「専門研修課程I」 56時間以上 を受講します。 2専門研修II(実務経験3年以上対象) 実務に従事している中堅の方が対象の現任研修です。 実務経験が3年を超えたら、「専門研修課程II」 32時間以上 を受講します。 受講対象者、受講料、カリキュラム・日程及び会場、受講申請等については ホームページへ 3主任介護支援専門員研修(資格要件あり) 主任ケアマネ取得のための要件• 1~4のいずれかに該当すること• ケアマネ常勤・専従の実務経験(管理者兼務は可)が通算5年以上ある人• ケアマネジメントリーダー研修受講者であって、ケアマネ専任の実務経験が通算3年以上ある人• 主任ケアマネに準ずる者として地域包括支援センターに現に配置されている人• その他(詳細は千葉県健康福祉部高齢者福祉課課介護保険制度班へ確認)• 「専門研修課程I」と「専門研修課程II」が修了していること キャリア段階としては、この研修修了者は、包括的・継続的ケアシステムの中核となり、他のケアマネへの指導・助言や事業所での人事・経営管理、社会資源の量や質を改善するような提案ができる「スーパーバイザーレベル」に位置づけられ、活躍が期待されます。 「主任介護支援専門員研修」 70時間以上 は、千葉県が主催します。 受講対象者、受講料、カリキュラム・日程及び会場、受講申請等については ホームページへ 4主任介護支援専門員更新研修(資格要件あり) 主任ケアマネ研修終了証明書の有効期間がおおむね2年以内に満了する人が対象の研修です。 主任ケアマネ更新研修受講のための要件• 1~5のいずれかに該当すること• ケアマネに係る研修の企画、講師やファシリテーターの経験がある人• 地域包括支援センターや職能団体等が開催する法定外の研修等に年4回以上参加した人• 日本ケアマネジメント学会が開催する研究大会等において、演題発表等の経験がある人• 日本ケアマネジメント学会が認定する認定ケアマネージャー• その他(詳細は千葉県健康福祉部高齢者福祉課課介護保険制度班へ確認) 「主任介護支援専門員更新研修」 46時間以上 は、千葉県が主催します。 受講対象者、受講料、カリキュラム・日程及び会場、受講申請等については ホームページへ 3有効期間満了日が過ぎた方で、介護支援専門員証交付のための研修 1再研修(実務研修と一部同様の研修) 有効期間が過ぎた場合でも、「介護支援専門員の登録」自体が失効することはありません。 ただし、有効期間満了日までに介護支援専門員証の更新申請をされなかった方や登録後5年以上実務に従事したことがない方で介護支援専門員証の交付を希望される方は、実務経験の有無に関らず再研修 54時間以上)を受講し、交付申請を行ってください。 再研修は、更新のための研修ではありません。 次回の更新は初回の更新と扱い ますので、専門研修I・IIか更新研修を受講し更新交付申請を行ってください。 受講対象者、受講料、カリキュラム・日程及び会場、受講申請等については へ 4研修の受講地について 平成28年度から研修の受講地はすべての研修で 「登録地」になります。 千葉県に介護支援専門員の登録をしている方で、県外の事業所等に勤務しており、勤務地の都道府県で研修受講を希望する場合は、「受講地変更」又は「登録移転」の手続をしないと、勤務地の都道府県で研修を受講することはできません。 1受講地変更• 「受講地変更」を希望する方は、必ず研修受講希望先の都道府県に受講可能かを御確認いただき、受講可能な場合は千葉県へ御連絡ください。 手続について御案内いたします。 他の都道府県で研修を受講することが可能な場合には、千葉県へ「研修受講地変更願」を提出する必要があります。 平成30年11月改訂 2登録移転(転入・転出)• 「受講地変更」と「登録移転(転入・転出)」の手続は、千葉県と変更後の都道府県での手続があるため時間を要します。 該当の方は、早めに手続をしていただきますようお願いいたします。

次の