コロナ 喘息 違い。 小児と新型コロナ 重症化しないから安心ってホント?(忽那賢志)

【注意】新型コロナウイルスに喘息薬は逆効果!?

コロナ 喘息 違い

こんにちは! 現役ママ薬剤師の安美です。 中国湖北省武漢市で発生した新型肺炎(新型コロナウィルス感染症)の感染が広がっています。 指定感染症になり、 関連した自粛や休校が続き、 連日、テレビニュースや新聞で報道されてますね。 新型コロナウィルスは感染拡大していますが、まだよくわかっていないことも多いです。 きっと不安な方も多いのではないでしょうか・・・。 そこで今回は、 新型肺炎の原因となるコロナウィルス感染症について、風邪など他のコロナウィルスやインフルエンザと比較しながら、わかりやすくお話します。 新型コロナウィルス感染症の予防対策のために今すぐできることもまとめました。 この記事を読んで、少しでも不安が軽くなるとうれしいです。 コロナウィルスは、重症肺炎だけでなく、風邪や猫の病気の原因にもなる! ヒトだけかかる風邪のコロナウィルス 2019年12月に中国の武漢市で発生した肺炎の原因が、 新型のコロナウイルスによるものと後から判明しました。 コロナウイルス自体は、風邪の原因となるウィルスのひとつ、 以前から存在しているウィルスです。 鼻や咳、下痢といった風邪症状がメインで、通常は重症化しません。 (のどに感染しウイルスが増殖して起こる) ただし、コロナウィルスには、重症な肺炎を引き起こす種類もあります。 動物からも感染する重症な肺炎を引き起こすコロナウイルス 風邪のコロナウィルスとは違い、重症肺炎の原因となるコロナウィルスとして、この2種類が知られています。 ・ 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV):コウモリから感染 ・中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV):ラクダから感染 偶然にも?動物からヒトが感染したコロナウイルスと考えられています。 肺炎は、ウィルスが喉を通過して肺までいってしまって炎症を起こした状態。 肺がうまく機能しなくなって、呼吸困難や息切れといった命に関わる症状を引き起こします。 風邪よりも強い咳や痰、高熱が続きます。 同じコロナウィルスが原因でも、 風邪とは違って、潜伏期間が長く(周りにうつす確率が上がる)、症状が重いのが問題ですね・・・。 今回の新型コロナウィルス(COVID-19)による肺炎も、発熱や咳が続いた後に息切れなど呼吸器症状を引き起こします。 武漢市には、野生動物市場があり、そこの動物(ヘビやコウモリといった説があるよう)から感染した可能性が高いと考えられてるようです。 重症肺炎という症状や動物が感染源という共通点から、 新型コロナウィルス感染症は、SARSと近いけど、さらにウィルスが進化してヒトに脅威になっている気が個人的にはします。 さて、動物のコロナウィルスといえば、 猫を飼っている人の中には、不安に思っている方もいるのではないでしょうか? というのは、猫コロナウィルスもあるからです。 猫の病気の原因となるコロナウイルス 猫コロナウイルスは一般的なウィルスで、変異すると命に関わる症状を引き起こす猫伝染性腹膜炎ウイルスになります。 便(排泄物)が感染経路のひとつですが、 猫コロナウィルスは猫だけでヒトには感染しません。 安心してくださいね! ちなみに、コロナウィルスは、猫だけじゃなく犬やブタやウシなどにも感染します。 ウィルスが原因となる病気といえば、インフルエンザが有名ですよね。 呼吸器に症状が出るというコロナウィルスとの共通点もあります。 でも、コロナウィルスとインフルエンザウィルスには違いもあります。 その違いからわかる対策法もあるので、詳しくお話していきますね。 コロナウィルスとインフルエンザウィルスの比較、違いと対策法 インフルエンザにはワクチン(予防接種)やタミフルやイナビルなどの抗インフルエンザ薬がありますが、 新型コロナウィルス感染症には、現在のところ、有効なワクチンも特効薬もありません。 インフルエンザワクチンは、インフルエンザウィルスに対する予防接種なので、コロナウィルスには効果がありません。 マイコプラズマや細菌が原因の肺炎には抗生物質が効きますが、 新型コロナウィルスには抗生物質も効果がありません。 現在のところ、咳に咳止め、熱に解熱剤といった対処療法的な治療法しかありません。 新型コロナウィルス感染症の症状がある場合の解熱剤はアセトアミノフェン(パラセタモール)を 2020年3月17日に配信されたニュースによると、 「世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状がある人は抗炎症薬のイブプロフェンの服用を避けるよう勧めた。 」そうです。 私も、もし、新型コロナウィルス流行時期に解熱剤を使うとしたら、カロナールが最適だと考えています。 インフルエンザと同じく解熱剤の使用には注意が必要だと思います。 薬剤師としての私の考えと薬局で買える市販のカロナール(アセトアミノフェン、パラセタモール)を に書いているので、ご一読ください。 インフルエンザウィルスや新型コロナウィルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウム消毒液も有効です。 に詳しく書いているので、ぜひお読みください! ただ、コロナウィルスとインフルエンザウィルスの違いは、感染経路にあります。 というのは、 インフルエンザウィルスとは違って、コロナウィルスは便(排泄物)も感染経路になると考えられています。 だから、不特定多数の人が使うトイレでは、特に注意が必要だと思います。 トイレを我慢するわけにはいかないと思うので、手洗いや場合によってはアルコール消毒などで対策していきましょう。 インフルエンザと新型コロナウィルス感染症の症状の違い 日本環境感染学会がまとめた資料によると、 新型コロナウィルス感染症では、インフルエンザと症状に少し違いがあることがわかってきました。 コロナウィルスの方が、発熱が長く(1週間以上)続いたり、だるさ、疲労感が強い傾向があるようです。 高齢の人、糖尿病や慢性的な肺疾患、免疫不全などの基礎疾患がある人は重症化する傾向があります。 肺に血栓ができれば、呼吸困難、 脳に血栓ができれば、脳梗塞、 腎臓に血栓ができれば、腎障害、腎不全になると考えられます。 体力がない年配の方や持病がある方は、症状の経過に特に注意が必要です。 熱を測るときの注意点は、 にまとめているので、参考にしてくださいね! インフルエンザと新型コロナウィルス感染症の潜伏期間の違い インフルエンザウィルスは、鼻やのどの粘膜に感染した後、1日(24時間)のうちにどんどん増えていきます。 そして、 約1-3日後に、高熱や全身倦怠感、頭痛、関節痛などの症状を引き起こします。 つまり、 インフルエンザの潜伏期間(感染してから症状が出はじめるまでの期間)は約1ー3日間です。 (インフルエンザに感染、発症してから、3ー7日はウイルスを排出するといわれています。 ) 対して、 新型コロナウィルス感染症の潜伏期間は、2-14日(5、6日が多い)といわれています。 なので、よく報道されているように、14日間は様子をみるとなっているのだと思います。 しかも、インフルエンザは感染してすぐに熱のピークがくることがほとんど。 数日の発熱ピークが過ぎれば、あとは自然と治ることが多いです。 対して、新型コロナウィルス感染症は、肺炎などの重症化するタイミングが遅いこともあり、不気味に感じます。 インフルエンザより新型コロナウィルス感染症の方が潜伏期間が長いということは、 気づかないうちに他の人に感染させてしまうリスクも高くなってしまいます。 まだワクチンや特効薬がない現在、この潜伏期間の長さがインフルエンザよりも怖いと私は感じます。 さいごに:新型コロナウィルス感染症とインフルエンザの違いから考える対策法 今回は、新型肺炎の原因となるコロナウィルス感染症について、わかりやすくお話してきました。 現在のところ、ワクチンや特効薬がない新型コロナウィルス感染症ですが、 今できる予防法をしっかりして、必要以上に怖がらずに対策していくことが大事かなと思います。 この記事を読んで、少しでも不安が軽くなるとうれしいです。

次の

新型コロナウイルス感染症における喘息患者の感染の重症化リスク〜日頃の治療こそが重要〜

コロナ 喘息 違い

新型コロナウイルス感染症の国内での流行が続いています。 小児は国内では感染者数が少なく、重症化が少ないと言われています。 小児は新型コロナに感染しても本当に問題ないのでしょうか? 小児の新型コロナ感染者は少ない 中国での約45000人の感染者の年齢分布(中国CDCのデータより) こちらは中国での約45000人のデータから見た新型コロナ患者の年齢分布です。 20歳未満の患者が明らかに少ないことがおわかりいただけるかと思います。 「そうか・・・中国の一人っ子政策もついにここに極まったか・・・」と思われるかもしれませんが、そうではありません。 中国の人口分布と中国での新型コロナ感染者の年齢分布との比較(中国CDCのデータより筆者作成) 中国の人口分布を見ると、20歳未満の人口もそれなりにいることが分かります。 しかし、一方で感染者は圧倒的に少ない・・・。 この傾向は中国だけではありません。 日本での新型コロナ感染者の年齢分布(厚生労働省4月17日発表資料より) 日本での感染者の年齢分布が厚生労働省から発表されています。 これを見てもやはり小児の感染者が少ないことが分かります。 確かに日本は少子化が進んでいますが、それにしても圧倒的な少なさです。 これは、小児では感染しないわけではなく、感染しても軽症で済むために大半の症例が見逃されていることが原因であると考えられます。 小児は大半が軽症例である アメリカでの新型コロナ患者の年齢別に見た入院者数、集中治療室入室者数、死亡者数とその頻度(CDCのデータを元に筆者翻訳) 小児では重症化する頻度が低いことが分かっています。 アメリカでの症例では、入院する症例、集中治療室に入る症例いずれも小児では稀です。 日本での新型コロナ患者の年齢分布と致死率(厚生労働省4月17日発表資料より筆者作成) 4月17日時点で、海外と同様に日本でも年齢が高くなるほど致死率も高くなっています。 私の周辺の小児感染症医からもほぼ軽症例ばかりと聞いています。 doi. mm6914e4より筆者作成) 小児での臨床症状も明らかになってきています。 アメリカでの新型コロナ感染者の成人と小児の臨床症状を比較した報告では、発熱、咳、息切れなどほとんどの症状の頻度が成人よりも低いようです。 つまり、成人に比べて小児は症状が乏しいことが分かります。 新型コロナウイルス感染症は、軽症であれば風邪と区別が付きません。 年齢別にみた1年間に風邪を引く回数(Lancet. 2003 Jan 4;361 9351 :51-9. ) これは年齢別に見た「1年間に風邪を引く回数」です。 大人の方はなんとなく気づいていると思いますが、子どもから大人になるにしたがって、風邪を引く回数は減っていきます。 子どもが熱を出すことは日常茶飯事であり、新型コロナに感染したとしても「ただの風邪」として見逃されている可能性は十分あるでしょう。 重症化しないわけではない 特に乳幼児や持病のあるお子さんは注意 小児であれば新型コロナに罹っても軽症なので大丈夫、というわけではありません。 もう少し年齢を細かく見てみると、重症度の違いが分かってきます。 小児における新型コロナの年齢別の重症度の違い Pediatrics April 2020, e20200702より筆者作成 中国の小児例2133例の報告によると、確かに小児例の大半は軽症~中等症です。 しかし、最重症の症例もゼロではありません。 特に1歳未満の乳幼児では、重症と最重症を足した割合が1割を超えています。 10代であっても16人に1人は重症または最重症になります。 これは決して安心できる数値ではありません。 子どもであっても絶対に「感染しない方が良い」感染症であることは間違いありません。 また持病のあるお子さんは特に注意が必要です。 アメリカで新型コロナと診断された小児345症例のうち、80例(23%)には少なくとも1つの持病がありました。 最も頻度が高いのは慢性肺疾患(喘息を含む)(40人)、心血管疾患(25人)、および免疫抑制状態(10人)だったとのことです。 また重症度が判明した295人小児例のうち、ICUに入室した6人の患者全員を含む37人中28人(77%)の入院患者は、1つ以上の持病を抱えていたとのことです。 入院していない258人の患者のうち、持病を持っていたのは30人(12%)だったとのことですので、やはり小児でも持病があると重症化しやすいものと考えられます。 大人も子どももやるべきことは同じ アメリカでは小児の90%が家庭内または市中で感染しているとのことです doi: 10. mm6914e4. 日本でも大人が持ち帰った新型コロナウイルスが家庭内で伝播し、子ども同士が遊ぶことで感染が広がる可能性があります。 子どもは重症化のリスクが少ないとしても、周囲に感染を広げないためにはやるべきことは大人と同じです。 新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい人が気をつけるべきこと ・外出を控える ・こまめに手を洗う ・人との距離を保つ(2M以上) ・よく触る環境表面をこまめに消毒する です。 正しい手洗いと咳エチケット(首相官邸HPより) 咳やくしゃみなどの飛沫から感染することから、これらの症状のある人は周りの人にうつさないようにマスクの着用など咳エチケットを心がけましょう。 また手など触ったところからウイルスが広がり感染する可能性もあるため、こまめな手洗いを行うようにしましょう。 「子どもが咳エチケットとか手洗いとか難しいよ!」と思われる方も多いと思いますが、可能な範囲で、感染を広げないような工夫をしていきましょう。 3つの密を避けましょう(首相官邸HPより) 新型コロナウイルス感染症は、「密閉・密集・密接」の3要素を持つ空間で広がりやすいことも分かっています。 このような「3密空間」にいる感染者は、いない感染者よりも18. 7倍も他の人へ感染させやすいとのことです。 老若男女、全ての人が「3密空間」を避けることが新型コロナ対策では重要です。 特に16日以降は全国に緊急事態宣言が出されています。 家の中でも換気を良くし、適度な運動を行いながら、できるだけ外出をしないようにしましょう。

次の

新型コロナは何が“新型”? 既存のコロナウイルスや肺炎との違いとは

コロナ 喘息 違い

レルベア (エリプタ製剤) 正式名称 レルベア100エリプタ14吸入用(30吸入用/)・レルベア200エリプタ14吸入用(30吸入用)の4つの規格があります。 ブリスターやディスカスと違いエリプタは蓋を開けただけで薬が自動セットされるタイプの製剤です。 数字の部分は主成分の一つであるフルチカゾンフランカルボン酸エステルの含有量となっています。 さらに、添加物として乳糖やステアリン酸マグネシウムが含有、そして「夾雑物として乳蛋白を含む」という注意書きがあります。 乳蛋白含有ならば牛乳アレルギーがある場合は使えない・・?と思いがちですが、2019年現在レルベア使用によるアレルギー報告はないそうです。 しかし、吸入薬でインフルエンザ治療薬のイナビル、リレンザは一部アナフィラキシーの報告があり注意喚起がされています。 同様に乳蛋白を含んでいる為、事例はないが念のため記載をしているということなんだそうです。 使用方法は? レルベアの使用方法はすべての規格で1日1回となっています。 レルベア100エリプタで効果不十分の際にレルベア200エリプタへ切り替え可能といった形になります。 また、気管支喘息に対してはレルベア100も200も適応がありますが、慢性閉塞性肺疾患(COPD においてはレルベア100のみが適応になります。 レルベア200は使用できないので注意したいところです。 また、妊娠中、授乳中の使用も控える必要があります。 小児に対しては使用経験がなく、そもそも使用できないと考えた方がよいかもしれません。 ステロイドを含有している為、うがいもしっかりと行う必要があります。 うがいが出来ない場合は口の中をすすぐなどでも十分に効果がありますので、試してみて頂ければと思います。 その他注意点 レルベアの使用は6週間以内に! レルベアは通常アルミのパックに入れられた状態で渡されると思います。 これは防湿により薬剤の劣化などをを防ぐためで、開封後は6週間以内に使用する必要があります。 それ以上経過したものはしっかりと薬効を示さない可能性があるので使用を控える必要があります。 レルベアに小児適応はない! レルベアは小児適応がないので、基本的には15歳以上でないと使用できません。 たまに、13歳などで使用している人を見かけることもありますが、体重が40kgオーバーであったりと成人とみなしても問題ないと医師が判断した人のみのような気もするので注意が必要です。 処方箋で見かけたら一応確認を取った方がよいかもしれませんね。 レルベアの気になるお値段は・・・ あとはお値段について・・・アドエアなどの吸入薬もそうなんですが基本的に吸入薬はすごく高い薬です。 2019年現在、レルベア100エリプタ14吸入用は2700円、30吸入は5700円近くします。 最大容量のレルベア200エリプタ30吸入用は6400円です。 レルベアに後発品は2019年現在販売されていませんので、1ヶ月使用するとなると1人あたり6000円近い医療費が使われている計算になります。 実際の負担額は3割以下なので、そこまで大きな負担にはなりませんが、一般に喘息の治療で院外処方箋が出されるとき、ムコダイン、メジコン、その他漢方の麦門冬湯などが一緒に処方されるかと思うのですが、その中では大抵の場合において最も高い医薬品となると思います。 これが何本出ているかによって薬局での会計額は大きく変わります。 それだけ治療効果が高く認められているだと思います。 シムビコート(タービュヘイラー製剤) 正式名称は? シムビコートタービュヘイラー30吸入(60吸入用)です。 30回吸入できるタイプと60回吸入できるタイプがあります。 レルベアとは異なる組成ですが、ステロイドと気管支拡張剤の合剤である点はまったく変わりはありません。 また、こちらも添加物として乳糖を含んでおり、注意事項に「 夾雑物として乳蛋白を含む。 」との記載があります。 牛乳アレルギーを持っている場合一応注意が必要です。 使用方法は? シムビコートの使用方法は基本的には1日2回、1回1吸入なんですが、症状に応じて適宜増減をします。 1回の吸入回数を4回まで増量することができ、1日最大吸入回数は8回となっています。 また、発作が起きてしまった際に一時的にリリーバーとして使用することができるという特徴もあり、追加で1吸入、数分まって症状が落ち着かなければもう1吸入することが出来ます。 ただしこれは気管支喘息の場合のみで、慢性閉塞性肺疾患(COPD)には1日2回、1回2吸入となっています。 また妊娠、授乳中は使用を控える必要があるという点は他の吸入薬と同様です。 どうしても必要と判断されるべき事情がないと使用はできません。 うがいに関しても他の吸入薬同様しっかりと行う必要があります。 特に吸入回数に幅がある薬であるため、多く吸入している場合は十分注意しましょう。 その他の注意点 シムビコートはあくまでコントローラーである。 シムビコートはあくまで長期管理管理を目的とするコントローラーであり、発作治療を目的とするリリーバーではありません。 コントローラーとして使用している場合、追加吸入することでリリバーとしても使用できるといった製剤であることに注意が必要です。 シムビコートも小児適応はない! シムビコートもやっぱり小児適応はありません。 15歳以上の使用となります。 気になるお値段は・・・ シムビコートも2019年現在後発医薬品の販売はされていません。 吸入薬はその構造にも特許などが関係していそうなので、後発品は今後も早々でない可能性もありますね。 そして薬価は現在シムビコートタービュヘイラー30吸入が約3000円、60吸入で6000円となっています。 高いですね・・・。 発作時に吸入していたらすぐになくなってしまいますね。 それであればメプチンやサルタノールの吸入剤を使用した方がはるかにコストパフォーマンスはいいのではないかと思います。 それに、リリーバーとして使用する場合ステロイドも一緒に吸入することになるのでそちらの方も個人的には心配な気がしますが、どうなんでしょうね。 フルティフォーム(エアゾール製剤) 正式名称は? フルティフォーム50エアゾール56吸入用(120吸入用)・フルティフォーム125エアゾール56吸入用(120吸入用)があります。 フルチカゾンはアドエアやフルタイドの主成分と同一ですね。 アドエアとの違いはアドエアは気管支拡張剤にサルメテロールを配合しているのに対し、こちらはホルモテロールを含有している点ですね。 さらにこちらは添加物としてクロモグリク酸ナトリウム、無水エタノール、1,1,1,2,3,3,3-ヘプタフルオロプロパンが含有されています。 クロモグリク酸ってインタールなどのアレルギ薬の主成分じゃないかと、入っていていいの?ということですが、薬効を示さないほどわずかな量であるため問題ないそうです。 製剤の安定性向上のために添加されているようです。 使用方法は? 成人には1日2回、1回2吸入となります。 最初はフルティフォーム50エアゾールを使用し、効果不十分な場合のみフルティフォーム125エアゾールを使用します。 またこちらの場合、1日2回、1回2~4吸入まで調節することが可能となります。 アドエアで認められている最大容量と一致しているということですね。 また、エアゾール製剤なので良く振ってから使用する必要があります。 これはエアゾール製剤は中で薬が分離してしまっていることがあり、振ってから使用しないと均一な成分比で噴霧されないことがある為です。 妊娠中、授乳中は同様に使用を控える必要があります。 うがいもステロイドを含有している以上、しっかりと行う必要があります。 その他の注意点 しばらく使っていない場合は空うちを! フルティフォームを三日以上使用していなかった場合、再度空うちを行う必要があります。 これは内容成分が正しく噴霧されない可能性がある為で、ついつい忘れがちなので気を付ける必要があります。 噴霧タイプのメリットとデメリット 噴霧タイプなので、比較的薬を吸う力が弱くても安心して使用することが出来ますが、噴霧のタイミングを息を吸うタイミングに合わせて使用する必要があります。 例えば慢性閉塞性肺疾患(COPD の方は薬をすう力がほとんどない場合もあり、上記のレルベアやシムビコートをしっかりと吸えているのかわからない、などといった質問を受けることもまれにあります。 その点噴霧タイプであればしっかりと吸えている実感は出来るのですが、それが正しく吸えているかどうかはまた別問題で、息を吸うタイミングに合わせて噴霧を行わないと気道へ薬が届かずしっかりと効果がでないこともあります。 それどころか口内にすべての薬剤が付着してしまい気道までまったく薬が届いていない場合も。 吸入方法もしっかりとチェックする必要があるということですね! フルティフォームにも小児適応はない! フルティフォームにも小児適応はありません。 というか小児適応があるものだけをまとめた方がいいということに気付きました。 別記事でまとめていこうかと思います! 気になるお値段は・・・ はい、本日3回目のこのコーナー() フルティフォームは2019年現在においてフルティフォーム50エアゾール56吸入用(120吸入用):2600円 5600円)フルティフォーム125エアゾール56吸入用(120吸入用):3000円(6400円)となっています。 やはり高価ですね。 ちなみにこれ1本単位ですからね。 フルティフォームは1日に4吸入する薬なので、56噴霧なんて2週間分です。 まとめ 吸入薬にもさまざまなものがありますね。 ちなみにこれらの効き具合なんですが、個人差がかなりあります。 薬を変えることで喘息の症状が緩和するということは多々あります。 それは吸入薬は薬の性質だけでなく、使用のタイミングや、使用方法、特に吸入方法などによって効果の程におおきな影響を及ぼしてしまうからだと考えています。 薬が効かない、と悩んでいる方はその使用するタイミングや使用方法を再度確認してみても良いかもしれません。 近くの薬局に行けばすぐに教えてくれると思います。 自分にあった吸入薬が見つかると良いですね!.

次の