トイレ ブラシ 捨て 方。 流せるトイレブラシ |ジョンソン株式会社

トイレブラシの違いは?100均と使い捨て、マーナのブラシでお掃除レポート

トイレ ブラシ 捨て 方

スポンサードリンク 私は以前から、トイレのブラシが嫌いでした。 なぜなら、便器を磨いた後はブラシケースにそのまま戻されて、 洗われることもなくずっとそのままあるからです。 定期的に買い替えたって「汚れたブラシがある」 という事実はかわりません。 においの原因にもなりますし、不衛生に感じてしまいます。 トイレを磨くことはしければいけないのですが、 正直、好きになれないからこそ、あまり使ってもいませんでした。 「トイレブラシをやめたい!」 そう思っても方法がわからず諦めていました。 トイレブラシの代わりに、はさむブラシ? あるとき職場の上司から「 はさむブラシ」の存在を聞きました。 上司も同じようにトイレのブラシに抵抗があったそうで、 「はさむブラシ」に出会ったそうです。 聞いた時には、はさむってどういうこと?と疑問ばかりでしたが、 実物を見て大納得です。 トングのような柄で、ブラシの先をはさんで洗うのです。 使ったブラシはそのまま捨てるだけ。 毎回ブラシやスポンジを買っていると高くつくので、 上司はブラシの代わりに トイレクリーナーシートを はさんで使っていると言っていました。 ちなみに、トイレットペーパーをはさんでやってみると 水分を含んでボロボロになるのでおすすめしないそうです。 「なんて賢い使い方だろう!」 さっそく家でも実践です。 はさむブラシの使い方 まずはトイレクリーナーシートで便器の外側を拭き掃除します。 そのあとは便器の内側です。 もったいないので便器の外側を拭いたトイレクリーナーシートを そのまま折りたたんで柄の先にはさみます。 場所によってやりにくいところはトイレクリーナーシートを 柄に軽く巻き付けてこすると掃除しやすいです。 トイレクリーナーシートはできるだけ分厚い方が使いやすく しっかり掃除ができます。 終わればそのままトイレクリーナーシートを便器に捨てて 柄は軽く水洗いして元の場所に戻すだけです。 汚れた部分がずっとトイレにあることもないので 衛生的なだけでなくにおい対策にもなります。 簡単、かつ清潔にトイレ掃除を終われるようになりました! トイレブラシをやめて理想的なトイレ掃除に! はさむ掃除法は簡単なだけじゃなく、見た目もおしゃれで 場所もとりません。 何より 格段に以前より衛生的な環境になりました! 私が求めていたのはこういうことです! 今まで、もやもやしながらしていたトイレ掃除も、 スッキリした気持ちで楽しくできるようになりました。 それに今まで、トイレ使用後に少し磨きたいときには ブラシでちょっとこする程度でしたが、 はさむ掃除法に変えてからは、トイレクリーナーシートを使うので、 「せっかくだからここも拭いておこう」と、 トイレ周りを拭く回数も自然と増えました。 ただマイナス点があるとすれば、来客があった場合は わざわざ便器の磨き方を伝えることはないので、 もしも来客の方がブラシを使いたいと思ったときには わかりにくいので申し訳ないです。 ただ、その分私が磨くから許して!という気持ちです。 まとめ トイレはどうしても汚れる場所だからこそ、 きれいに衛生的にしてしたいところですよね。 かといってブラシをしょっちゅう変えるのもめんどうですし、 お金もかかります。 はさむ掃除法は、トイレクリーナーシートを はさむ手間があると言えばあるのですが、 どうせトイレ掃除の際に使うものをはさむだけですから、 私はそんな手間なら気になりませんでした。 むしろ、「はさむ」という掃除法を知れてよかった! と思っています。 嫌いだったトイレブラシとさよならできる おすすめのトイレ掃除法です。

次の

トイレ掃除のブラシは使い捨てが便利!!頑固な汚れを落とす方法は?!

トイレ ブラシ 捨て 方

お掃除ブログをやっているとよく聞かれるのが「おすすめの掃除道具を教えてほしい!」ということ。 例えば、トイレブラシなら、家庭によってトイレの形や掃除頻度、汚れ具合が違うので、すぐには答えられないんですよね。 また、人によっては「長持ちしてコスパが良い」「使い捨てで清潔」「シンプルなデザインが良い」など重要視するポイントも違ってくるので、おすすめするブラシは変わってきます。 私は新婚時代から約10年。 トイレブラシに迷い、いろいろと買い替えてきました。 今は我が家のトイレにも、自分の性格にもぴったりなブラシに出会えて満足しています。 今回は、現在にたどりつくまでの我が家のトイレブラシの歴史をご紹介します。 使い捨てにこだわった流せるトイレブラシ時代 トイレブラシの使い捨てを知った新婚時代。 スクラビングバブル流せるトイレブラシを使用しました。 こちらの魅力は1度使用したらブラシごとそのまま便器に流せるところ。 実家の汚いブラシを見ていたので、我が家には使い捨てがベストだと思ったのです。 流せるトイレブラシの素材 ブラシの素材はセルロース、レーヨン、合成繊維。 厚い紙が何層も重なっている柔らかいブラシです。 青と緑の洗剤(界面活性剤と防腐剤)が染み込ませてあります。 流せるトイレブラシで「ふち裏」掃除 ブラシの柄が湾曲しているので、ふち裏には簡単に届きました。 ただ頑固な汚れには柔らかい素材では太刀打ちできませんでした。 トイレ内の水たまり掃除 水たまり内を掃除する時は、繊維がコシのない状態になっていて、頑固な汚れは取りづらくゴシゴシ磨きたい私には不向きなブラシでした。 汚れをためずに小まめに掃除ができる方にはおすすめです。 流せるトイレブラシを使用した感想 コンパクトなので保管スペースを取らず、洗剤が不要ということもあって、トイレ内がすっきりしました。 気に入っていましたが、交換ブラシを購入するのがもったいなくて掃除回数が減り、汚れをためるようになっていきました。 「もったいない」気質の私には使い捨てのトイレブラシは合わないと実感しました。 他にもトイレットペーパーを挟んで掃除する商品を使用しましたが、やはり力が入らず手放すことにしました。 安さにこだわった100均のトイレブラシ時代 その後は100均のブラシを使い捨てにしようと決断。 100均商品ならすぐ手に入るし、月に一度交換してしまえば安くすむ!と思いました。 気に入った形のブラシを購入して、保管は綿棒のケースにしました。 100均のトイレブラシの素材 私が購入したものは、ポリプロピレンでした。 酸素系漂白剤や塩素系漂白剤で定期的に汚れを落としながら使用しました。 100均のトイレブラシで「ふち裏」掃除 ブラシを仰向けにすると届きました。 少し水はねが気になりますが、ブラシはこしがあるので頑固な汚れにも向いています。 トイレ内の水たまり掃除 ヘッドが小さめなので水たまりも洗いやすかったです。 ただ、底の角が少し洗いにくいと感じました。 100均のトイレブラシを使用した感想 最初のうちは気軽に買い替えればいいと、気持ちよく使用していましたが、「捨てるのがもったいない」「買いにいくのが面倒」となって結局1本を何か月も使用するように。 私の性格上、こまめに買い替えることは難しかったんですね。 漂白剤を使用して、定期的にブラシを掃除して使用しましたが、その後、ブラシの汚れが取れにくくなったのを機に半年ほどでやめました。 保管している時、トイレブラシが倒れやすく、綿棒ケースが貧乏くさく見えるのも気になりました。 使い勝手にこだわったお値段高めのトイレブラシ時代 捨てられない性格であることに気づき、使い勝手の良いブラシを長く使いたいと思うようになりました。 ブラシの形状は、汚れのたまりやすいふち裏にも届くものを希望。 ヘッドが小さく水たまりの細部までこすれるものを探しました。 そこで出会ったのがマーナのスリムブラシです。 マーナのトイレブラシの素材 ポリプロピレン。 酸素系漂白剤や塩素系漂白剤を使ってブラシの掃除ができます。 マーナのブラシでトイレの「ふち裏」掃除 ブラシの形状に特徴があって、今までみたことのない形をしていました。 我が家のふち裏にぴったりだと思い、今も漂白除菌しながら愛用しています。 トイレの水たまり掃除 ブラシの角度が270度ほどあるので、水たまりの裏までブラシが届きます。 もちろん底の角にもあたるので、隅々まで掃除したい私にはピッタリのブラシでした。 マーナのブラシを使用した感想 保管時は、ブラシが宙に浮いているので乾きやすいのが気に入っています。 またケース内でブラシとケースが一度に漂白できるので清潔を保てます。 狭いトイレなので保管場所を取らないのも気に入っています。 大切なのはトイレと向き合うこと 「ふち裏はどんな形をしているかな?」「汚れがたまりやすい場所はどこ?」というように、まずはトイレをしっかり観察するのが大切です。 覗きこむのに抵抗がある時は手鏡で見るのがおすすめ。 そして、汚れの状態を把握して、その汚れにしっかり届くトイレブラシを探してみましょう。 また、使い捨てにするのか、長く使用したいのかを決めると、理想的なトイレブラシに出会えるのではないでしょうか。

次の

「洗剤つき!使い捨てのトイレブラシ」の使い心地、メリット&デメリット

トイレ ブラシ 捨て 方

結局どっちがオススメ?『使い捨てのトイレブラシ』は普通のものより何がスゴイ? トイレ掃除に使うブラシには汚れが付着しがちなうえ、濡れたまま収納することで雑菌が繁殖しやすい。 できるならこまめに洗浄したいものだが、不衛生なトイレブラシを触るのに抵抗がある方も多いだろう。 そんな悩みを解消してくれるのが、使い捨てトイレブラシだ。 今回は使い捨てトイレブラシのメリットやデメリット、種類、選び方のコツを解説していく。 使い捨てトイレブラシのメリット 使い捨てトイレブラシには、ブラシと持ち手が一体化していてそのまま捨てられるものや、ブラシの部分だけ取り外して捨てられるものがある。 使い捨てトイレブラシの一番のメリットは、トイレを掃除したあとすぐに捨てられることだ。 一般的なトイレブラシには、便器を磨いたあとの汚れが残って雑菌がつきやすい。 しかし使い捨ての場合は、汚れたブラシを濡れたまま収納したり、こまめに洗浄・消毒したりする必要がない。 いつでも清潔な状態のブラシで掃除できるため、トイレがより衛生的になるのだ。 また、トイレブラシを洗浄する手間や時間を節約できる、収納場所を取らないというメリットもある。 使い捨てトイレブラシのデメリット いくつものメリットがある使い捨てトイレブラシだが、残念ながらデメリットもある。 コストがかかる 一般的なトイレブラシの値段には幅があるが、だいたい300円から千円程度で購入でき、100均でも手に入る。 一方、ブラシを取り外すタイプの使い捨てトイレブラシは、500円から800円程度の本体付き価格に加えて、交換用のブラシ代がかかってしまう。 替えのブラシ自体はそれほど高くはないが、使い続けていくと一般的なトイレブラシに比べてコストがかさむだろう。 汚れが落ちにくい場合も 使い捨てのトイレブラシには、着脱可能なブラシの部分が掃除中にガタガタと動き、磨きにくい製品もある。 水に濡れるとブラシがやわらかくなり、便器をゴシゴシこすると取れてしまう場合も。 やわらかいブラシでは、こびりついた汚れを落としにくいこともあるので要注意だ。 使い捨てトイレブラシの種類 ここからは、使い捨てトイレブラシの種類を解説しよう。 複数の種類の中から、使い勝手や好みに合わせて選ぶといい。 一体型タイプと取り外しタイプ 使い捨てトイレブラシには、ブラシと持ち手が一体化しているタイプと、ブラシが取り外せるタイプの2通りがある。 前者はそのままゴミ箱に捨てることができるが、後者はブラシの部分だけを取り外して捨てられ、持ち手は何度でも使える。 水に流せるタイプ 取り外し可能な使い捨てトイレブラシの中には、外したブラシを水に流せるものもある。 磨いたあとは便器の中でブラシを外し、そのまま流せばいい。 ブラシを捨てる手間すらかからないため、掃除が非常に楽になるだろう。 洗剤つきタイプ ブラシにあらかじめ洗剤が染み込んでいるタイプもある。 洗剤をつけなくても磨くだけで汚れが取れるため、洗剤を使用する手間やコストが抑えられる。 使い捨てトイレブラシの選び方 使い捨てのトイレブラシを購入する際は、上記の種類のほかにも以下のポイントに注目してみよう。 持ち手の長さ 持ち手の長さはトイレブラシによって異なる。 持ち手が長いほうが奥までブラシが届くため掃除しやすいが、高さがあるので収納場所を取るというデメリットも。 好みに合わせてチョイスしよう。 サイズや収納のしやすさ 持ち手とブラシが一体化したタイプはまるごと使い捨てられるため、収納場所を気にしなくていい。 しかしブラシを交換するタイプを選ぶ際は、場所を取らないサイズか、収納しやすいかなどの点にも着目したい。 除菌・消臭作用があるか 使い捨てトイレブラシの中には、除菌・消臭作用が期待できる製品も存在する。 たとえばSCジョンソン社の「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ 除菌消臭プラス」には、洗剤成分が染み込んだブラシが便器内を除菌・消臭してくれる効果がある。 結論 使い捨てのトイレブラシには、メリットとデメリットの両方がある。 使い捨てでないトイレブラシとどちらがいいか比較・検討し、衛生面や手軽さを重視したい場合はぜひ使ってみてほしい。 使い捨てブラシで便器を楽に掃除し、使ったあとはサッと捨ててトイレを清潔に保とう。 【関連記事】•

次の