マッサージ 資格 種類 民間。 民間資格で行われるマッサージなどをどう思われますか?

資格不要でもOK?マッサージ師として独立開業するために知っておきたいこと

マッサージ 資格 種類 民間

整体師は国家資格によって定められた業務独占資格ではありません。 一般的にマッサージ師と呼ばれている職業は、正式には「あん摩マッサージ指圧師」という名称です。 上記の整体師と異なり国家資格であり、免許の取得に際しては3年生の養成学校を修了し、さらに国家試験に合格する必要があります 「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」によって定められています。 医学的見地に基づいて施術を行うため、解剖学や生理学の知識が必要とされます。 後述の 鍼灸師 はり師、きゅう師の2つの資格 の国家資格とあん摩マッサージ師の資格を3つ併せて持つ人のことを通称「鍼灸マッサージ師」といいます。 多くの養成学校ではあん摩マッサージ師の国家試験と併せて鍼灸の国家試験の受験資格が与えられます。 鍼灸院、鍼灸治療院などにいる「はり」と「きゅう」を生業として施術を行う専門家です。 元来鍼灸は、東洋医学においてその一分野として確立された学問及び施術法のことで、金属製の細長い針を東洋医学で言うところの経穴 けいけつ に指してツボを刺激する治療法です。 「鍼」とは針 はり のことで、灸とは艾 もぐさ を利用したお灸のことです。 正確には「はり師」と「きゅう師」の国家資格は別々のものですが、はり師の98%がきゅう師の資格を、きゅう師の97%がはり師の資格を持っており、それぞれ単独の資格しか持っていない人は稀です。 鍼灸の効能はWHO 世界保健機関 にも認められており、リウマチや関節痛、神経痛などの運動器・神経系疾患だけではなく、喘息やアレルギー性鼻炎、皮膚炎なども有効であると同機関のガイドラインにおいて発表されています。 カイロプラクターと呼ばれる職種は、「カイロプラクティック」という治療法を行う人のことですが、前述のものよりすこし厄介で、日本においてはかなり幅広い意味を持ちます。 というのも、カイロプラクティックはもともと19世紀末 今から100年以上前 にアメリカのD. パーマー ダニエル・デビット・パーマー が体系化させた治療法であり、背骨などの骨や関節、腱のゆがみによって生じる全身に張り巡らされた神経の圧迫を解消させることによって身体の不調を改善させる治療法です。 欧米を中心として世界各国で有資格者が施術を行っており、WHO 世界保健機関 にも効用が認定されているのですが、 実は日本では国家資格など法制化が行われておらず、たとえ海外で資格を取得していたとしても法律上は前述の「整体師」の区分に相当します。 さらに厄介なことに、日本でカイロプラクターとして施術を行っている者の中には、海外の認定資格およびそれに準じる養成施設の課程を修了したカイロプラクターも存在しますが、そういった民間資格を得ないまま業として施術を行うカイロプラクターや、簡易的な講習を受けただけのカイロプラクターも少なからず存在し、トラブルが起きたりしているワケです。 特にカイロプラクティックの施術で特徴的なのが稀に発生する「好転反応」と呼ばれる副作用 adverse reactions です。 マッサージにおける「もみ返し」に近いのですが、施術を受けた直後に痛みが増したり、血行の促進によるかゆみや吹き出物などの症状が出ることがあります。 嘆かわしいことに、たとえ正しく施術を行っていたとしてもこういった副作用が出た場合には、厚生労働省が禁止している「人体に危害を与える行為」の対象となる場合があるため、患者に指圧マッサージと誤認されないよう説明を行う必要があります。 こちらも前述の「あん摩マッサージ指圧師」と同様に国家資格であり、資格の取得に際しては3年間の間、専門の柔道整復師養成学校に通う必要があります。 学校を卒業し、国家資格に合格して初めて柔道整復師になれるわけです。 「接骨院」や「整骨院」と呼ばれるところで施術を行っています。 柔道整復師を略して「柔整師」と呼ばれる場合もあります。 また、「柔術整復師」や「柔道整体師」などと間違って呼ばれることもあります。 では、柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の違いは何でしょうか。 どちらも国家資格によって定められた資格ですが、施術対象は大きく異なります。 柔道整復師は骨折や脱臼、打撲、捻挫といった外傷に対して体組織を固定、整復 矯正 することによって治療を行うものです。 原則として、 人間の持つ自然治癒力を高めることによって治癒を早めると同時に後遺症が残らない形で正しく治すことを目的とした治療法です。 一方、あん摩マッサージ指圧師はあん摩、マッサージ、指圧法の組み合わせによって血行やリンパの流れを改善し、疾病を改善させる治療法です。 整体師、マッサージ師と一口に言っても、様々な種類があることは理解できたと思いますが 本稿では便宜上あえてまとめて整体師、マッサージ師と呼ぶことにします 、では、これらの職種に必要とされる資質にはどのようなものがあるのでしょうか。 簡単にですが、ご紹介したいと思います。 施術を行うにはある程度の体力が必要とされます。 特にあん摩マッサージ指圧師に関して言うと、自分の腕と指を使って施術を行うため、基本的な施術スキル以外にも握力やスタミナが必要とされます。 立ち仕事のため、膝や腰に負担もかかります。 かつては男性の比率が若干多いという特徴があったのですが、実は最近では、女性向けの美容マッサージの需要も増えています。 5パーセント、女性が46. 7パーセントとなっており、前回の調査より女性比率が上昇しています。 もちろん回答者の割合なので、一概に判断することは出来ませんが、施術に際して力が必要な「あん摩マッサージ指圧師」の資格でも男女比率は49. 1パーセントと若干多い程度、「はり師」、「きゅう師」では男性と女性がほぼ同割合になっています。 また、 21歳~24歳までの資格保有者に関してだけ言えば、男女比率が36. 3パーセント対62. 1パーセントと逆転しています。 しかもほとんどの場合1対1のコミュニケーションです。 知識や経験によって会話術・接客術を向上させることはできますが、持って生まれた素質も大きいため、初対面の人との会話が極度に苦手だと厳しいかも知れません。 とはいえ、得てして職人気質のマッサージ師や鍼灸師は寡黙で会話が苦手だったりしますが・・・。 また、医師は、患者さんから症状をヒアリングする際にチクチクやズキズキなどの言葉のニュアンスから病気を推察する能力が必要になるわけですが、それと同様に、施術を行う整体師やマッサージ師も医師と同様のヒアリング能力が必要とされます。 体の不調や施術を行っているときの反応や会話から患者の体調や症状を判断しなければなりません。 施術者には体力的な負担を強いられ、一旦民間資格や国家資格を取得したからといって安泰ではありません。 己の技術を高めるために常に学び続ける必要があります。 また、技術が優れていてもそれが直接利益に繋がるかといえばそうでもないわけです。 独立・開業して自分の店舗を持つようになったとしても、正しいプロモーションを行う判断力やや接客スキル、コスト管理などのマネジメントスキルが要求されるため、向き・不向きも当然あるわけです。 その部分を補ってくれるのが他人を健康にするという強い意志です。 まとめ 整体師・マッサージ師に関連する職種についてごくごく簡単に説明してみましたが、いかがだったでしょうか。 あん摩マッサージ指圧師やカイロプラクターを目指している方の参考になれば幸いです。 これはどんな職業でも言えることですが、プロとして働いていく上では日々自分の施術技術や接客技術を向上させるべく勉強をしていくことが何より重要です。 今後、「癒しブーム」として一過性のものに終わらせないためにも適切な施術を行える有資格者になってもらいたいところです。

次の

「国家資格」「公的資格」「民間資格」の違いについて

マッサージ 資格 種類 民間

働きながらでも資格取得することは可能 まずは、働きながらでも資格が取れるのかについて知りたいですよね。 結論から言うと、 民間資格は働きながらでも取得できます。 資格を取るにはどれくらいの期間・時間がかかるの? 民間資格を取得するためのカリキュラムは、通常 3ヶ月~2年間で構成されているため 、あなたの状況に合わせて通学期間を選ぶことができます。 整体の知識や技術が学べる学校には、 夜間や土日にも開講している学校や フリータイム制(自由に受講時間を選べる)を導入しているものもあります。 昼間に仕事をしているサラリーマン• 子育てのために夜間しか家を出られない主婦• 整体とは別の大学や専門学校などに通っている人 など、様々な生活環境の人が資格取得のために通っています。 在学中の7割が働きながら資格取得に励んでいます。 通う時間がないからという理由で、資格取得を諦める時代は終わりました。 あなたが本気で整体師の資格を取りたいと考えているのであれば、時間を上手に活用して学べる環境を作り上げましょう。 何歳からでも挑戦できるのも魅力 整体師を目指している方の年齢は幅広いのが特徴です。 高校卒業後の10代• 将来的な転職や脱サラ(独立開業)を考えている20代~40代• 定年退職後に整体を開業したいと考えている60代後半の方 など、幅広い年齢層に人気がある職種です。 3種類の民間資格 民間資格の取り方は次の3種類です。 整体の専門学校で学ぶ• 整体スクールで学ぶ• 通信講座で学ぶ いずれも、専門療法・解剖学・生理学・経営学・手技療法(最も重点的に学ぶ)などについて学びます。 用意されているカリキュラムを履修し、必要な単位を取得後、卒業試験に合格すると資格が付与されます。 卒業試験では、• 実技試験• 西洋医学• 東洋医学• 解剖学などのペーパーテスト• 施術のロールプレイングを評価される専科試験• 面接 が実施されるのが一般的です。 なんとなくイメージが湧くかと思いますが、学校とスクールの違いについてなど分からないことのほうが多いですよね。 次からは、それぞれの特徴についてお伝えしますね。 資格の取得方法 3種類の民間資格• 整体の専門学校で学ぶ• 整体スクールで学ぶ• 通信講座で学ぶ それぞれの取り方を以下から解説します。 資格取得方法1.整体の専門学校で学ぶ 整体の専門学校は、東京、横浜、千葉、栃木、埼玉などの関東圏をはじめ、大阪、福岡、京都、静岡、札幌など、比較的 人口の多い都市を中心に開校しています。 専門学校のカリキュラムは、• 整体師に必要な基本知識だけを学ぶ 6ヶ月コース• 将来的な独立開業と複数店舗の経営まで学べる 2年間コース など、学校により様々なコースが設置してあります。 あなたが、整体師として働く際に、 どのような働き方を目指したいのかで選ぶコースを決めましょう。 雇用スタッフとして働きたいのか?(基礎知識)• 開業したいのか?(基礎知識+経営学)• 複数店舗を経営するオーナーになりたいのか?(基礎知識+経営学+マネジメント論) 将来についてじっくりと考え、あなたが目標を達成するために必要なコースをしっかりと見極めてください。 整体専門学校にかかる期間と費用等 修学期間 6ヶ月~2年 学費 18万~265万円程度 合格率 90%以上(よほど素行が悪くない限り合格) 資格の付与 カリキュラムの必要な単位を取得後、卒業試験に合格すると付与 整体学校はこんなあなたにお勧め 夜間や土日に講座を実施している学校もあるため、• 他の仕事をしながら整体師を目指している人• 収入を減らすことなく整体師の資格を取得したい人• 再就職を見据えている主婦 にお勧めです。 気になる学校の募集要項をチェックして資料請求をしたり、無料で行われている学校説明会に参加したりしてみましょう。 資格取得方法2.整体スクールで学ぶ 整体スクールの特徴は、次の3点です。 講師の自宅や地域の公共施設で開催している• 整体学校と比べて受講料が安い• 通学期間が短い 現場で活躍している専門家や院長から、ほぼマンツーマンで専門知識を指導してもらえる、 即戦力の整体師を生み出す養成学校のような存在です。 整体スクールは基本的に小規模で運営されいるため、基本的に 希望すればいつでも入学することが可能できます。 整体スクールにかかる期間と費用等 修学期間 1ヶ月~3ヶ月 学費 10万~30万円 合格率 90%以上 資格の付与 カリキュラムの必要な単位を取得後、卒業試験に合格すると付与 整体スクールはこんなあなたにお勧め 整体スクールは短い期間で資格を取得できるのが特徴です。 また、整体学校に比べると学費も安価なため、新しい分野にチャレンジしやすいのも魅力です。 入学時期も決まっていないため、整体師になろうと決意してから、今すぐ資格取得に向けて動き出したい人には特に最適な方法です。 技術系スクールも盛んです。 最近では、新しい技術を学ぶための 技術系スクールも盛んに開催されています。 技術系スクールは、• 2~3人の少人数制• 50人以上を教える団体 と規模はまちまちです。 日本全国のカリスマ治療家が、自分の技術と経験をスクールという形で教えています。 技術系スクールは、初心者向けというよりは、どちらかというと 経験者向け(有資格者向け)です。 0(ゼロ)から整体の知識と技術を学びたい場合は、通常の整体専門学校やスクールを選ぶ方がいいでしょう。 技術系スクールの学費と受講期間• 1回のみの受講で修了し受講料3万円程度のもの• 1~2年の長期間で200万円以上掛けて技術を習得するもの など、スクールによって様々な教え方をしています。 気になる整体スクールや技術系スクールがあれば、無料説明会の開催日をチェックして参加してみるといいでしょう。 また、の更新情報を常にチェックして情報を集めるのもお勧めです。 資格取得方法3.通信講座で学ぶ 最後に、整体師の資格は通信講座でも学ぶことができます。 テキストを主体とした教材を提供している講座• 整体のノウハウを学ぶだけの講座• 実技を見ながら学べるDVDが提供される講座• 民間資格の取得をセットにしている講座 などから選ぶことができます。 民間資格取得とセットの講座を受けている場合は、 講座終了前に修了試験があります。 講座受講費用は4〜10万円ほどで、最も安く学べるのが通信講座の魅力です。 しかし 私は、経験上通信講座で学ぶことをお勧めしていません。 理由は、 実地経験が詰めないからです。 知識はもちろん大切ですが、もっと大切なことは、 実践経験を積んで感覚を鍛えて習得した技術力です。 通信講座のメリット・デメリットを理解したうえで学ぶ方法の選択肢に加えてください。 通信講座で学ぶメリット 通信講座で学ぶ場合、通学するよりも安い受講料で、自宅に居ながら学ぶことができます。 平日仕事が終わってから• 休日はじっくりと• 家事や育児の合間に など自分の好きな時間に知識を習得することができます。 通信講座で学ぶデメリット 通信講座の最大のデメリットは、 実地経験が積めないことです。 整体師の仕事は、知識や理論も大事ですが、 何よりも実地経験を問われる世界です。 知識だけがあるAさんよりも、施術の訓練を受けているBさんの方が就職にも有利になります。 「実地は整体院で働き出してからでも良いから、まずは基礎知識を学び、資格を取りたい」 もしあなたが、上記のように考えているのであれば効率的な勉強方法になります。 番外編:独学でも学べる 整体師は、資格取得が義務づけられていないため、独学で知識を学ぶことも可能です。 独学で学ぶ場合は、次のような方法があります。 市販の教材で勉強する(解剖学の本・整体師が出版している実用書など)• オンライン動画やDVD教材を活用する• 医学博士や整体師が施術を解説してくれる教材を活用する• 整体師向けの勉強会・セミナー・ボディケア体験会に参加し、実際に整体の現場で仕事をしている人の話を聞く しかし、これらの方法では知識が断片的になってしまい、整体の専門学校やスクールのように基礎から専門知識を学ぶことができません。 また、整体師に必要な手技を身につけることも難しいため、実際に現場で活用できるスキルが身につかないことが多いのが現状です。 せっかく時間を費やして知識を身につけるのであれば、多少費用を掛けてでも専門学校やスクールで学ぶことをお勧めします。 まとめ 今回は、整体師の民間資格を取得する3つの方法についてお伝えしました。 整体の専門学校に通う• 整体スクールに通う• 通信講座で学ぶ いずれかの方法で整体師の民間資格を取得することができます。 最後に、私が最もおすすめする方法をお伝えしておきます。 もし、あなたの時間と費用が許すのであれば、 整体院で働きながら整体学校に通い、頭と体の両方で学んでいくことをお勧めします。 将来開業を考えているのであれば、尚更現場を知ることは大切です。 技術だけでなく、経営ノウハウも学べるというメリットがあります。 どの方法があなたに合った資格取得方法なのかをじっくり考えてみてください。 この記事があなたの参考になれば幸いです。

次の

民間資格で行われるマッサージなどをどう思われますか?

マッサージ 資格 種類 民間

整体師を目指す方にとって、整体師になるために資格が必要なのか、それは国家資格なのか民間資格なのか、また取得までの費用や期間などわからないことは多いと思います。 そこで今回は、整体師の資格について徹底解説していきます! 1)そもそも整体師とは? まずは整体師について解説していきます。 整体に明確な定義はありませんが、主に関節や骨格などの歪みを手や足による施術で矯正するもので、この技術によって 施術を行いお客様の不調を解消する人のことを整体師と呼びます。 また、日常生活の中でできるストレッチなどのアドバイスを行うことにより施術後も身体の調子を維持するようにします。 医療行為は行えないので捻挫や脱臼のような症状を治すことはできませんし、できると宣言することもできません。 2)整体師の資格って? 整体師は、人の身体に触れ施術をするので当然資格が必要だと思われるかもしれませんが、 整体師には必ず取らなければならない資格はありません。 つまり全くの無資格でも整体師と名乗ることはできます。 ですが、実際に施術を受けるお客様はどうでしょう? なんの資格もない整体師と、民間資格でも何かしら持っている整体師。 どちらが信頼を得られるかは、一目瞭然ですよね。 国家資格と民間資格の違い 整体師に資格は必要ありませんが、整体師に関係する国家資格や整体師の民間資格はあります。 国家資格には「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」といったものがありますが、国家資格を有していると保険診療が適用できること、そして「整骨」「接骨」「マッサージ」といった文言を屋号に使用できるようになります。 逆に、このような国家資格を保有していないにも関わらずこのような屋号を使用していると法律に違反することになるので絶対に使用しないでください。 整体師の国家資格!有名な3資格 整体に関係する国家資格には、前述したように「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」、整体とは少しテイストは変わりますが「はり師」「きゅう師」といったものがあります。 柔道整復師 柔道整復師は、公共財団法人柔道整復研修試験財団が認定する国家資格で、高校卒業後、厚生労働省や文部科学省が許可する大学や3年以上の専門学校で履修し、国家試験に合格することで資格を取得できます。 接骨院や整骨院での治療は、骨・関節・筋・腱・人体などに加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷を対象とします。 施術は手術をしない「非観血的療法」であり、修復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療を行います。 あん摩マッサージ指圧師 あん摩マッサージ指圧師は、財団法人東洋療法研修試験財団が認定する国家資格です。 高校卒業後、厚生労働省や文部科学省が許可する特別支援学校や専門学校で東洋医学に基づいた科目を3年以上学び、国家試験に合格することで資格を取得できます。 治療院や介護施設、病院などで、肩こり・腰痛・頭痛などの症状に対して徒手(あん摩・マッサージ・指圧)にて解消・軽減することを目的としています。 また、症状の原因を突き止めるべく、最初に問診や検査法を行ってから背術を行います。 はり師・きゅう師 はり師・きゅう師は、財団法人東洋療法研修試験財団が認定する国家資格です。 高校卒業後、はり師・きゅう師の養成をする専門学校などで東洋医学をはじめとした科目を3年以上学び、国家試験に合格することで資格を取得できます。 合格率は共に75%程です。 はり師・きゅう師は、鍼やお灸を用いて全身に存在する経穴と呼ばれるツボを刺激することで、身体の内側から自然治癒力を高めます。 患者さんの状態を把握し、鍼の太さや深さ、方向を決めたり、モグサの種類やお灸の回数を決めます。 整体師の民間資格!!有名な4資格 民間資格は各々の団体でいくつもありますが、今回は4つの団体が提供する民間資格について解説していきます。 国家資格と比較すると比較的短期間で取得できるものが多く、手技・療法の種類も多岐にわたります。 整体師(MTC療術師協会) 整体師は日本MTC療術師協会が認定する資格で、日本MTC療術師協会が認定する専門スクールに入学し、コース終了後認定試験に合格することで資格を受けることができます。 料金は35万円程度から70万円程度とコースによって差があり、時間も36時間から108時間ほどの受講時間です。 自身の目的に合わせたコース選択が可能です。 整体師(国際ホリスティックエラピー協会) 上と同じ整体師でも、こちらは国際ホリスティックエラピー協会が認定する資格で、整体師の中にもメディカルトレーナーやリラクゼーションセラピストなどがあります。 一つの技術にこだわるのではなく、ボディケア・カイロプラティック・リフレクソロジーの3つの技術を軸に技術を習得します。 整体師養成コースだと受講時間78時間、受講料が74万円ほどです。 療術師(東日本療術師協会) 療術師は東日本療術師協会が認定する資格で、東日本療術師協会認定のスクールで規定のカリキュラムを修了することで取得できます。 受講費用は最も基本的なコースで95万円程度です。 療術師は、手技だけでなく電気療法や高熱・温熱療法を行うといった特徴があります。 整体セラピスト(日本セラピスト認定協会) 整体セラピストは日本セラピスト認定協会が認定する資格で、主催の筆記試験および実技試験に合格することで取得できます。 整体セラピストには5級スクール認定から修士免許まで6つの段階があり、それぞれに受験資格があります。 また、1級以上になれば店舗運営などの能力も見られます。 3)スクール選びのポイントとは? スクールを選ぶ際には、なるべく安く短期間で取得したいと考えてしまいます。 しかし。 どんな施術をしているのか、実地指導や講師の指導は丁寧か、資格取得後のフォローは充実しているかといった点にも注目して選ぶようにしましょう。 また、働きながらの取得を目指す方や主婦の方は毎日定時の受講ができるわけではありません。 振替受講に対応してくれるか、日程の変更は柔軟にしてもらえるかといった部分も注目して見ましょう。 4)民間資格であれば働きながらでも取得可能 民間資格であれば、働きながらでも受講、資格取得を目指せるスクールは多くあります。 そして、そういった働きながら通う人は多くいます。 仕事をしているからと諦めることなく、土日や夜間に受講できるスクールを探して見てください。 整体を受けるお客さんは様々な人がいます。 社会人として培ってきたコミュニケーション能力は整体師になってからも役に立つでしょう。 社会人経験は、整体師になるのが遅くなったというデメリットではなく、メリットだと捉えましょう。 今回は整体師の資格について解説してきました。 整体師は国家資格ではないために、整体師になるのに必ずしも資格は必要ありません。 しかし、技術を身につけるためにも、お客様からの信頼を得るためにも資格を取得しておく方がいいでしょう。 柔道整復師などの国家資格は高校卒業後3年以上学校に通う必要があります。 そのような時間が取れない方は民間資格を上手く活用しましょう。 民間資格取得のためのスクールを選ぶ際には、期間や費用だけでなく、施述方法や資格取得後のフォロー、日程の柔軟性も基準にしましょう。 雇われているのであれば、はじめのうちは月収15万円ほどで頑張っている人もいます。 歩合制を採用している整体院も多いので、技術向上やお客様からの信頼を得ることで収入は確実にアップしていきます。 独立開業している場合にはお客様の数に比例して収入は増えていきます。 毎日多くのお客様が来てくれるような繁盛店であれば年収1,000万円も夢ではありません。 【Q2】整体師の将来性は? 最近は多くの人がスマホを長時間眺めていたり、ストレスの増加で肩こりや腰痛を抱え整体を受けたい、受けているという人は増えています。 しかし、整体師の数が増え競争が激化していることも事実です。 確実にスキルアップをするとともに、さらなる資格取得などで差をつけ、差別化を図り、競争を勝ち抜ければ将来は明るいでしょう。 【Q3】全くの未経験ですが資格は取得できる? 全くの未経験でも問題ありません。 ただし、スクールを選ぶ際には基礎からしっかりと教えてくれるスクールを選んでください。 また、自分に会うスクールを探すために見学や体験入学に行くといいです。 RIZAPやGOLD GYMなどの有名ジムで培ったパーソナルトレーナーとしての経験を活かし、現在は一般社団法人パーソナルトレーナー協会認定パーソナルトレーナーとして活動。 トレーナーエージェンシーではスクール選びに悩んでいる人へのアドバイスや、フィットネスモデルエージェンシーのMARVELOUSでフィットネスタレントを務めている。 RIZAP在籍時には話題になったCM出演者のボディメイクを担当した経験や、Blaze Open 2016 NPCJ ウィメンズアスリートモデル部門で優勝した実績もある。 自身のパーソナルトレーナーとしての経験から良いジムや実力があるトレーナーとはどういうものなのかを知りぬいている、いわばジムやトレーナーのソムリエ的存在。 好きな映画俳優はドゥエイン・ジョンソン。 【実績】 2015年 NPCJ Blaze OPEN ウィメンズアスリートモデル部門優勝 2016年 JBBF 東京クラス別ボディビル選手権 女子フィジーク6位 2107年 JBBF 東京クラス別ボディビル選手権 女子フィジーク2位 【所有資格】 アスリートフードマイスター 3級 カテゴリ 一覧• 2 件• 4 件• 6 件• 34 件• 10 件• 172 件• 35 件• 7 件• 87 件• 11 件• 15 件• 3 件• 49 件• 21 件• 1 件• 1 件• 2 件• 34 件• 5 件• 7 件• 2 件• 4 件• 19 件• 5 件• 1 件• 0 件• 1 件• 1 件• 2 件• 19 件• 3 件• 3 件• 7 件• 1 件• 28 件• 4 件• 11 件• 9 件• 34 件• 26 件• 22 件• 62 件• 5 件• 72 件• 297 件• 36 件• 36 件• 9 件• 3 件 パーソナルトレーナー向け•

次の