織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か。 織田信長 : definition of 織田信長 and synonyms of 織田信長 (Japanese)

前田利家

織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か

比叡山(ひえいざん)は、滋賀県大津市西部と京都府京都市北東部にまたがる山。 大津市と京都市左京区の県境に位置する大比叡(848. 3m)と左京区に位置する四明岳(しめいがたけ、838m)の二峰から成る双耳峰の総称である。 高野山と並び古くより信仰対象の山とされ、延暦寺や日吉大社があり繁栄した。 東山三十六峰に含まれる場合も有る。 別称は叡山、北嶺、天台山、都富士など。. 860 関係: 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。 城興寺(じょうこうじ)は日本の京都市南区にある真言宗の寺院である。 歴史的名称では成興寺とも書く。 山号は瑞寶山(ずいほうざん)。 現在の本尊は円仁作とつたえられる千手観音である。. 新しい!! はるな型護衛艦の2番艦。 艦名は比叡山に因み、旧海軍の金剛型コルベット「比叡」、金剛型戦艦「比叡」に続き日本の艦艇としては3代目。. 新しい!! 通称は「ひらパー」。 年間の入園者数は120万人前後で、ユニバーサルスタジオジャパンに次ぎ大阪府下第2位である。. 新しい!! 世界的な建築家の丹下健三が設計を手掛けた。. 新しい!! 講談社刊『モーニング』にて、2005年38号から2017年53号まで隔号連載。 第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第14回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作。 2011年(平成23年)春にNHK BSプレミアムにてアニメ化された。. 新しい!! 2010年(平成22年)1月9日に着工され、2014年(平成26年)3月7日に全面開業した。 2017年現在、日本で最も高いビルであり、日本初のスーパートール(高層ビル・都市居住協議会の基準による300m以上の超高層建築物)でもある。 ビル固有の郵便番号は545-60xx(xxは階層。 地下・階層不明は545-6090)。 2017年、グッドデザイン賞を受賞。. 新しい!! 薄く三角に切った白こんにゃくを竹串に刺して熱湯で茹で、生姜の効いた甘辛味の味噌だれをかけたもの「[富山なぞ食探検隊]あんばやし 縁日の味な運試し=富山」、読売新聞東京朝刊、2006年4月1日、32頁。。 一般的な味噌田楽の味噌よりも水分の多いたれが特徴的。 あんばやしは富山県、それも富山市中心の呼び方で、呉東では主に、田楽と呼ばれる。 呉西では主に、(みそ)こんにゃく、おでんと言う。 名前の由来は「あんは甘辛の『あんかけ』のあん、串に刺したこんにゃくが並ぶ姿を林に見立てたのでは」(塩原紘栄・元富山短大教授)という推測がある。 「あんばやし」として販売している杉本食品(富山市)では袋の裏に「案配よし」から転じたという説を披露していて、これは箕島良二の『富山弁またい抄」という本に紹介してあり、箕島は番組で『東海道中膝栗毛』の中のおでんの売り声として「こんにゃく とうふの あんばいよし」というのがあって、当時のおでんはいろんな具が入っていなかった。 こんにゃくと豆腐だけだったようでその両方に掛けた方言として富山に伝わった」と語った。 富山の縁日の定番で、ルーレットを回し、出た数字の本数を皿に盛ってくれる。 戦国・桃山時代の笑話の集大成の安楽庵策伝『醒睡笑』 1628年 にはおでんが「田楽」から来ているとの語源が紹介してあり、巻之六では比叡山の僧坊・北谷持法坊の稚児たちが、冬の夜に豆腐を手に入れて田楽を作り、知恵比べをして、勝った者から3串、8串と食べる話が載っていて、おでんを賭けて遊ぶのが古くからあることが分かる。 こんにゃくを何百枚も切って一本ずつ串に刺す手間から、露店は徐々に減っていったので、児童クラブの行事などで供されることが増えてきた。 逆に飲食店で注文するとルーレットを持ってくるところもある。. 新しい!! 新しい!! 京都市の神護寺が発祥の地とされる。 以後、日本各地の高台にある花見の名所などで、酒席の座興として広まったとされる。 古くからの観光地などでは、現在でもかわらけ投げが行える場所がある。. 新しい!! 観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、六観音の1つでもある。 頭部に11の顔を持つ菩薩である。 梵名は「11の顔」、「11の顔を持つもの」の意。. 新しい!! 新しい!! 満行者は「北嶺大行満大阿闍梨」と呼ばれる。 「千日」と言われているが、実際に歩くのは「975日」で、残りの「25日」は「一生をかけて修行しなさい」という意味である。. 新しい!! 新しい!! また両朝の並立はひとえに後醍醐天皇の皇位に対する執念が生み出したものであることから、彼を中心に歴史が動いた南北朝時代の序章とでもいうべき1331年(元弘元年)の元弘の乱から建武新政の終焉に至る5年間もまたこの時代に含めるのが一般的である。 鎌倉時代の後半から半世紀にわたって両統迭立という不自然なかたちの皇位継承を繰り返した皇統は、すでに持明院統と大覚寺統という二つの相容れない系統に割れた状態が恒常化するという実質的な分裂を招いていた。 それが倒幕と新政の失敗を経て、この時代になると両統から二人の天皇が並立し、それに伴い京都の北朝と吉野の南朝の二つの朝廷が並存するという、王権の完全な分裂状態に陥った。 両朝はそれぞれの正統性を主張して激突し、幾たびかの大規模な戦が起こった。 また日本の各地でも守護や国人たちがそれぞれの利害関係から北朝あるいは南朝に与して戦乱に明け暮れた。 こうした当時の世相を、奈良興福寺大乗院の第20代門跡・尋尊は自らが編纂した『大乗院日記目録』の中で「一天両帝南北京也」と表現した。 これを中国の魏晋南北朝の時代を模して南北朝時代と呼ぶようになったのはかなり後のことである。 なお明治以後に南朝の天皇を正統とする史観が定着すると、この時代の名称が「北朝」の語を含むことが問題視されるようになったため、吉野朝時代(よしのちょう じだい)という新語が作られたが、第二次世界大戦後に皇国史観が影を潜めるとともに死語同然となった。. 新しい!! 山号は大聖山。 院号は東朝院。 大聖山東朝院南谷寺と称する。 当寺の不動明王は、江戸五色不動のひとつ目赤不動として知られる。. 新しい!! 南部義行の嫡男。 奥氏や河西氏、仙洞田氏の祖とされる。 ただし系譜によって記載・不記載が異なる。. 新しい!! 南部氏初期の系譜は異同が激しいため、系譜位置については一定しない。. 新しい!! 叡山電鉄叡山本線、叡山ケーブルとともに京都市内から比叡山山頂へのルートを形成する。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 通称「叡山電車」。 略称は「叡電」(えいでん)。 本社は京都市左京区山端壱町田町8番地の80(修学院駅に隣接)、本店は京都市左京区山端壱町田町14番地の1。 1985年に京福電気鉄道(京福)の完全子会社として設立されたが、1991年11月に京阪電気鉄道(京阪、現・京阪ホールディングス)が筆頭株主となったのち、2002年3月からは同社の完全子会社となっている(後述)。 新しい!! 全車が両運転台構造の制御電動車で、改造元となった車両によって3形式に細分される。 本稿では叡山本線上で南側を出町柳寄り、北側を八瀬寄りと表現する。. 新しい!! 新しい!! 父は太政大臣藤原伊通とされるが定かではない。 房号は慈眼房。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 1994年に日本で5件目の世界遺産として登録された。 正式名称には3市の名前が含まれており、文化庁の表記や日本ユネスコ協会連盟の表記はそうなっているが、しばしば市名の部分を省略して、単に「古都京都の文化財」と呼ばれる。. 新しい!! 愛媛県出身、田坂信太郎門下、方円社、日本棋院所属、八段。 1935年の全日本囲棋選手権大会優勝。 晩年一時清純を名乗る。 日本棋院棋士会長を務めた。. 新しい!! 山号は慈雲山。 国宝の十一面観音像を有することで知られる。 観音像は当寺に属する渡岸寺観音堂(どうがんじかんのんどう)に安置されている。. 新しい!! 斎藤氏、後に森氏の家臣。 各務氏の家譜によれば、清和源氏義光流武田氏3代源清光の4男、加賀美遠光を始祖とする加賀美氏の後裔である。 いつからか美濃国へと移り住み、遠光から8代下った加賀美正光の代に神託を受け名字を「各務」に改めたという。 また、同じ美濃に山県氏流の各務氏も存在する。. 新しい!! 「史跡 吉崎御坊跡」の石碑が立つ。. 新しい!! 治部少輔・卜部兼顕の子。 本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。 卜部氏の嫡流は兼好より後の時代に吉田家と称するようになり、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。 また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)とも呼ばれ、中学校国語の検定済み教科書ではすべて「兼好法師」と表している。 また、兼好と呼ぶこともある。 日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者であり、また私家集に『兼好法師家集』がある。. 新しい!! 唯一神道、卜部神道、宗源神道とも。. 新しい!! 現代表記では、『坊っちゃん』となる。 1906年(明治39年)、『ホトトギス』第九巻第七号(4月1日発行)の「附録」(別冊ではない)として発表。 1907年(明治40年)1月1日発行の『鶉籠(ウズラカゴ)』(春陽堂刊)に収録された。 その後は単独で単行本化されているものも多い。 主人公は東京の物理学校(現在の東京理科大学の前身)を卒業したばかりの江戸っ子気質で血気盛んで無鉄砲な新任教師。 登場する人物の描写が滑稽で、わんぱく坊主のいたずらあり、悪口雑言あり、暴力沙汰あり、痴情のもつれあり、義理人情ありと、他の漱石作品と比べて大衆的であり、漱石の小説の中で最も多くの人に愛読されている作品である。 漱石自身が高等師範学校(後の東京高等師範学校、旧東京教育大学、現在の筑波大学の前身)英語嘱託となって赴任を命ぜられ、愛媛県尋常中学校(松山東高校の前身)で1895年(明治28年)4月から教鞭をとり、1896年(明治29年)4月に熊本の第五高等学校へ赴任するまでの体験を下敷きにして、後年書いた小説である。. 新しい!! 新しい!! 従三位坊門基輔の孫、左中将坊門俊輔の子。 後醍醐天皇の古参の側近として建武政権下で活躍し、南北朝分立後は南朝に仕えた。. 新しい!! 織田氏の家臣。. 新しい!! 延暦寺および日吉大社の門前町(鳥居前町)として古くから栄えた。 現行行政町名では坂本一-八丁目が置かれているほか、広義の坂本には町名変更前の所属であった坂本本町や隣接する下阪本なども含まれる。. 新しい!! 明智光秀によって築かれた、琵琶湖に面する平城。. 新しい!! 京阪全駅の中で最も北に位置する。 駅番号はOT21。 当駅は標準軌の軌道の日本最北端である。 2018年3月17日のダイヤ改正に合わせて坂本駅(さかもとえき)から改称された - 京阪電気鉄道、2017年2月13日 - 京阪電気鉄道、2018年1月26日。 駅周囲には比叡山延暦寺および日吉大社の門前町として古くから栄えた坂本(重要伝統的建造物群保存地区)の町が広がっている。. 新しい!! 丁番を持たない単独町名である。 2012年9月1日現在の人口は27人。 郵便番号は520-0116(大津中央郵便局管区)。. 新しい!! 堅田一~二丁目、本堅田一~六丁目、今堅田一~三丁目から成るが、広義には真野や仰木などの周辺地区も含む(大津市編入以前の旧堅田町の範囲)。 琵琶湖の西岸に面し、中世には水運の拠点として栄えた。 現在も大津市北部の拠点であり、JR西日本湖西線開業以降、住宅地としての発展が目覚ましい。 湖畔には満月寺浮御堂と出島灯台があり、浮御堂の「堅田の落雁」は近江八景の一つとして名高い。. 新しい!! 清和源氏の一門で上野国に土着した新田氏の支族。 上野国新田郡(新田荘)の東南端にある堀口郷(現在の群馬県太田市堀口町)を支配していた。. 新しい!! 本姓は源氏。 家系は河内源氏・源義家の四男である源義国の子、源義重を祖とする新田氏の支流の一族。 上野国新田郡堀口郷(現在の群馬県太田市堀口)、武蔵国(現在の埼玉県ときがわ町)の豪族として活躍した。. 新しい!! 平成25年(2013年)から、三千院門跡門主。 それ以前は叡山学院院長。 京都大学経済学部学生時代に比叡山にのぼり、仏道をきわめたいと中退し、叡南祖賢の弟子となる。 叡南祖賢に千日回峰行を志す者は多いが、十二年籠山行を行う者がいないと勧められ、「侍真」として「十二年籠山」を、佐保田鶴治のヨガ指導を受けながら、満行。 これにより明治以来途絶えていた本格的な十二年籠山比丘が復興した。. 新しい!! 寺院・神社という宗教的施設を中心として成立した都市群を意味する。 「境内都市」は、日本史学者の伊藤正敏が指摘して成立しその後支持者が増えている概念だが、伊藤正敏本人は自著で「正直言って(この概念を指摘したのが)なぜ筆者が初めてだったのか理解できない」と述べている。 また伊藤は「どうも語感が悪い」として今後別のネーミングに変更する可能性を留保している。. 新しい!! 増基法師と称されることもある。. 新しい!! 父は左大史桑内安峰。 死後に静観僧正の号を下賜される。 第10代天台座主(在任:延喜6年10月17日-同22年5月26日)。. 新しい!! 日本では、梵唄(ぼんばい)・梵匿(ぼんのく)・魚山(ぎょざん)ともいう。. 新しい!! 第三部の一部「宇治十帖」の最後 第10帖。. 新しい!! 比叡山の北西麓、高野川上流部に位置する。 大原盆地は四方を山に囲まれており、高野川に沿って若狭街道が通っている。 かつて大原村は山城国愛宕郡に属し、南隣の八瀬とセットで「八瀬大原」とも称された。 古くは「おはら」と読まれ、小原とも表記された。. 新しい!! 山号は瑞応山(ずいおうざん)。 千本釈迦堂と通称される。 おかめの物語や、12月の風物詩である大根焚きで知られる。 また、智積院能化の隠居所として、護持された。. 新しい!! 旧社格は県社。 境内社に式内社の高岡神社、天八百萬比咩神社、天国津彦神社、天国津比咩神社の各論社がある。. 新しい!! 紅葉の名所として名高い牛滝山の山中に位置する。 室町時代建立の多宝塔は国の重要文化財に指定されている。. 新しい!! 中国三十三観音第二十九番。 山号は角磐山。 本尊は地蔵菩薩。. 新しい!! 座の構成員は主として離宮八幡宮の神人であり、石清水八幡宮内殿への灯油貢納を本務とした。 幕府や朝廷の庇護を受け、原料の仕入れから製油・販売に至るまで独占的な特権を得て、塩や染料・麹など油以外の商品も扱った。 その販売対象地域は畿内を中心に広範囲に及び、筑前国博多筥崎宮の油座や大和国符坂油座などをしのぐ、中世日本最大規模の油座であった。. 新しい!! 正式な名称は「大山峰 正福寺」(おおやまみね しょうふくじ)。 通称は「大山寺」(おおやまでら)。 1929年(昭和4年)に国の史跡に指定されている。 建物などはまったく残っておらず、僧坊があったとみられる平たくなった所に、塔を支えるために設置されたと考えられている5つの礎石がある。 また同寺と所縁がある児神社の境内から、近年になって平安時代の掘立柱建物3棟と中世の礎石建物2棟が見つかっている。 一帯からは瓦や陶磁器なども多数見つかっているが、これらの遺構は現在小牧市歴史館に展示・保存されている。. 新しい!! 別名 山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)。. 新しい!! 新しい!! 融通念仏宗総本山。 山号は、諸仏護念院大源山。 創建は大治2年(1127年)とされ、日本最初の念仏道場である。 本尊は十一尊天得如来(絵像)。 「十一尊天得如来」とは融通念仏宗特有の呼称で、阿弥陀如来と十菩薩の絵像である。. 新しい!! 興福寺大乗院衆徒の豊田氏と興福寺一乗院衆徒の井戸氏の対立に端を発し、大和一国に広がった。. 新しい!! 鎌倉幕府御家人。 清和源氏義光流平賀氏の一族で、大内惟義の嫡男。 母は藤原秀宗の妹(藤原秀康の叔母)。. 新しい!! 山号は秀巌山。 院号は瀧水院。 本尊は不動明王。 滝不動、または室田之滝不動と通称される。. 新しい!! 新しい!! 明治時代に名字必称となり大谷を姓として用いることで成立する。 親鸞を家祖とする。 大谷光尊(明如)以降の浄土真宗本願寺派の門主と、大谷光勝(嚴如)以降の真宗大谷派の門首、及びその一族が姓としている。 本願寺は慶長7年(1602年)に分立したため、「西本願寺」と「東本願寺」と通称される。 そのため、西本願寺系の大谷家と東本願寺系の大谷家がある。. 新しい!! 大暗黒天とも呼ばれる。. 新しい!! 0m、地上55階・地下3階建ての超高層ビル。 愛称は「さきしまコスモタワー」。 旧名称は、大阪ワールドトレードセンタービルディング。 略称は「WTC」。 そのため「WTCタワー」とも呼ばれた。 平成22年度予算が議決後、2010年6月1日に大阪府に譲渡され、現在の名称となった。. 新しい!! 人口は約250万人で、ソウル、釜山、仁川に次いで韓国で4番目であるが、仁川はソウルのベッドタウンとしての性格も強いため、実質的には韓国第3の都市である。. 新しい!! 宗旨は天台寺門宗系単立(天台證門宗)。 山号は紫雲山。 本尊は十一面観音菩薩で、岩倉観音・観音院などとも称される。. 新しい!! 旧姓は八木。 号は活龍。 山梨県慈照寺住職・駒澤大学教授・曹洞宗管長・永平寺70世貫首・總持寺独住11世貫首。. 新しい!! 鎌倉幕府の御家人。 鎌倉幕府京都守護大江親広の長男。 鎌倉幕府政所初代別当大江広元の孫。. 新しい!! 時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘として造営した回遊式庭園である。. 新しい!! 中核市に指定されている。. 新しい!! 2017年には創立30周年を迎える。 生徒数の増加に伴い、昭和63年に堅田中学校から分離し、琵琶湖ローズタウン内に建てられた。 大津市内では、比較的新しい中学校である。 真野、真野北の2つの学区からなり、近年は生徒会を中心に地域連携に力を入れている。 全校生徒数は平成8~9年に750人を超えたが、近年は300人前後と生徒数が減少している。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 藩庁は大溝陣屋。. 新しい!! 377. 新しい!! 日本達磨宗の開祖。 能忍に関する明確な記録はとぼしく、その行跡には謎や異説が多い。 出自も未詳であるが、一説に平家の家人・藤原景綱の子であるとされる。 没後、深法禅師と諡号されたともいう。. 新しい!! 山号は円妙山。 旧本山は静岡感応寺、脱師法縁。 日蓮御手植と伝わる久遠の松(静岡県指定天然記念物)や、太田資直(田中城の城主)、本多正供の姫、本多正珍の側室、石井縄斎(漢学者)、熊沢惟与(国学者)等の墓がある。. 新しい!! 俗姓は藤原氏。 諱は祖能。 道号は大拙。 相模国鎌倉の出身。 諡号は広円明鑑禅師。 14歳で比叡山に登って出家し、延暦寺戒壇で受戒している。 その後京都東福寺の双葉宗源、鎌倉大慶寺の大川道通、円覚寺の天外志高に師事して修行し、また険崕巧安・東明恵日・夢窓疎石に参禅した。 1343年に中国の元に渡って無言承宣・東陽徳輝・千巌元長らに参禅して、千巌から印可を受けた。 1358年に帰国したのちは、豊後国万寿寺・上野国吉祥寺の住持を歴任し、3代将軍足利義満の帰依を受け鎌倉円覚寺・建長寺に招かれたが、これを固辞して常陸国笠間郡の楞厳寺に住した。 Category:日本の禅僧 臨済宗 Category:室町・安土桃山時代の僧 Category:1313年生 Category:1377年没. 新しい!! 天台教学は中国に発祥し、入唐した最澄(伝教大師)によって平安時代初期(9世紀)に日本に伝えられ、多くの日本仏教の宗旨がここから展開した。. 新しい!! 最高峰は華頂峰で標高1,138m。 旧字表記でも天台山であり、天臺山は誤り。. 新しい!! 「山の座主」とも呼ばれた。 ただし、比叡山に居住することは少なく、重要な修法、儀式の時のみ入山する座主が多かった。. 新しい!! ジャンルはロールプレイングゲーム RPG。 キャッチコピーは「わが道に敵なし」。 2003年にPlayStation 2とニンテンドーゲームキューブ、2006年にニンテンドーDSでリメイクされたほか、2008年7月31日発売のPSP用ソフト『天外魔境コレクション』にPCエンジン版(ただし、CERO:B相当に修正されたもの)が収録されている。 また、2011年3月17日にはゲームアーカイブス(PSP・PS3)で配信された。 架空の国ジパングを舞台にした天外魔境シリーズの2作目。 発売当時は「30分に一度は大きなイベントが発生する」という触れ込みで宣伝していた。. 新しい!! 国土交通省近畿地方整備局が管理する国土交通省直轄ダムで、西日本屈指の大河川・淀川本流に建設された唯一のダム。 高さ73. 0メートルのアーチ式コンクリートダムで、淀川の治水と宇治市への上水道供給、総出力59万8,000キロワットにも及ぶ水力発電を目的とした特定多目的ダムである。 現在ダム機能の強化を目的にバイパストンネル建設を柱とするダム再開発事業を実施中である。 ダムによって形成された人造湖は鳳凰湖(ほうおうこ)と命名され、平等院鳳凰堂などと共に宇治地域の主要な観光地となっている。. 新しい!! 一般的に山伏の服装で赤ら顔で鼻が高く、翼があり空中を飛翔するとされる。 俗に人を魔道に導く魔物とされ、外法様ともいう。 また後白河天皇の異名でもあった。. 新しい!! 山号は霊亀山(れいぎざん)。 寺号は正しくは霊亀山天龍資聖禅寺(れいぎざんてんりゅうしせいぜんじ)と称する。 本尊は釈迦如来、開基(創立者)は足利尊氏、開山(初代住職)は夢窓疎石である。 足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として京都五山の第一位とされてきた。 「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。. 新しい!! 南光坊天海、智楽院とも呼ばれる。 大僧正。 諡号は。 徳川家康の側近として、江戸幕府初期の朝廷政策・宗教政策に深く関与した。. 新しい!! 古来の概念を背景として直接もしくは派生的に発達してきた日本独自の社会慣習の一種である。 聖域(社寺、霊場、祭場など)への女性の立ち入りを禁止する慣習をいう。 この意味でもって隔絶された区域(結界もともと「結界」は仏教用語であるが、神道などでも用いられるので、「女人結界」も仏教に限った用語ではない。 )を女人結界(にょにん けっかい)といい『大辞泉』『大辞林』第3版、この語は「女人禁制」と同義でも用いる。 また、本義の女人禁制とは異なる事由から生じた社会慣習をも指す(例:歌舞伎)。 第2義には、広く世界に存在する(あるいは、存在した)類似の社会慣習をも指す包括的名称である。 全ての女性を対象とした恒常的なものと、忌みの概念を背景に月経や出産に関する特定の状態にある女性のみを対象とするものとに大別できる(後者は第1義のみ該当)。 女人禁制が解かれることは女人解禁などという。 男女の関係が正反対であるがゆえに「男性の立ち入りを禁じる」ことを男子禁制(だんしきんせい)と呼ぶことがある。 もっとも、大和民族由来の文化圏に限れば、女人禁制のように古来の概念や慣習を背景にしているわけではないので、言葉の上での対義語でしかない。. 新しい!! , Ltd. )は、奈良県を放送対象地域としてテレビジョン放送事業を行う特定地上基幹放送事業者である。 通称は奈良テレビ、略称はTVN(TV NARA。 通称や英称とは順序が逆)。. 新しい!! 水滸伝を基にした作品で、角川スニーカー文庫から全14巻と外伝が刊行された。 また、第1巻『妖世紀水滸伝 -魔星 降臨-』がOVA化され、1993年9月25日に発売された。. 新しい!! 標高472メートルで、山頂は京都市左京区粟田口如意ヶ嶽町。 他の表記・呼称は如意ヶ嶽、如意嶽、如意岳、如意ヶ峰(にょいがみね)、如意山(にょいやま)など。 また如意ヶ嶽は京都市左京区と滋賀県大津市の境ともなっており、鹿ヶ谷から池ノ谷地蔵を経て園城寺へ至る山道は「如意越」(にょいごえ)と呼ばれ、これは京と近江の近道とされ如意ヶ嶽の戦いなど合戦の舞台になったことがあるほか、城跡も残っている(後述)。 また古来より信仰を集めた山であり、山中にはかつて大規模な山岳寺院・如意寺(にょいじ)が在った。 支峰(西峰)として標高465. 4メートル466メートルとの表記も一般的。 95メートル。 国土地理院のwebによる地図閲覧サービスでは2012年5月現在、465. 4メートル。 44メートル。 の大文字山(だいもんじやま)があり、8月16日に執り行われる京都の伝統行事、五山の送り火の大文字として著名であり、逸話も多い。 この大文字山はその山上から京都市内を一望でき、ハイキングコースとしても人気がある。 本項では如意ヶ嶽と同時に支峰の大文字山なども併せて解説する。. 新しい!! 豊臣秀吉が建てた。 京都市中京区押小路通小川西入る 妙顕寺(みょうけんじ)は、京都府京都市上京区にある、日蓮宗の大本山。 山号は具足山。 塔頭が九院ある(久本院、十乘院、泉妙院、法音院、恩命院、善行院、本妙院、實成院、敎法院)。. 新しい!! 宗内での寺格こそ一般寺院であるものの、日蓮在世中に建立された当地の古刹である。 日蓮宗総本山である身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡身延町)の旧末寺にして、池上・芳師法縁に属する。 京都市や栃木県佐野市などにある同宗派の妙顕寺と区別するため、「新曽妙顕寺」と称されることがある。. 新しい!! 山号は蓮信山。 旧本山は総本山甲斐身延山久遠寺、潮師法縁。 境内には川越城主秋元但馬守家臣堀内十太夫が勧請した妙見堂、七面堂がある。. 新しい!! 山号を南叡山と称する。 本尊は普賢菩薩、開基は最澄と伝える。 皇族・貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指して「門跡」と称するが、妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院である。 また、後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりの寺院としても知られる。 近世には方広寺(大仏)や蓮華王院(三十三間堂)を管理下に置き、三十三間堂は近代以降も引き続き妙法院所管の仏堂となっている。. 新しい!! コバルト文庫(集英社)刊の少女向け小説。 2006年7月完結。 本編は全23冊。 外伝・番外編などが計11冊。 2006年7月28日までに総計34冊が出版された。 隔月刊発行の雑誌『Cobalt』(集英社)にて不定期に短編が掲載されている。. 新しい!! 霊友会系教団の一つに分類されるが、その沿革と教義から天台宗系教団とも分類され、同教団では後者としている。. 新しい!! 俗姓は平氏。 諱は覚明。 道号は孤明。. 新しい!! 建久9年(1198年)- 弘安3年8月24日(1280年9月19日))は鎌倉時代の禅宗僧侶。 曹洞宗の第2祖、永平寺の第2世(在任、建長5年(1253年)7月-文永4年(1267年)。 再任、文永9年(1272年)2月-弘安3年8月)。 諡号は道光普照国師(どうこうふしょうこくし)。. 新しい!! また、「それ以外の学校種の記事一覧」の一覧でもある。 各学校が単に存在することについては、各市区町村の記事や下記の一覧記事などに記載することができます。 また、ウィキプロジェクト学校も参照ください。 ほとんどの学校種では、次の通り学校種別ごとに単独の一覧があります。 この記事では、単独の一覧記事がない学校のみを載せています。. 新しい!! 父は覚如、弟は従覚。 錦織寺四代。 存覚は、初期浄土真宗における優れた教学者で、父覚如を助けて浄土真宗の教線拡大に尽力したが、本願寺留守職や東国における門徒への対応などをめぐり対立し、2度の義絶と和解が繰り返された。 和解後も本願寺別当職を継承しなかった。 存覚は終生にわたり教化活動に力を注ぎ、佛光寺の了源への多数の聖教書写を初め、関東や陸奥国・近江国・備後国などで多くの布教活動を行った。. 新しい!! 父は参議藤原顕実。 字は本願。 蓮光少将上人・中川中将上人・中川律師とも称される。 興福寺で法相教学を、醍醐寺の厳覚と高野山の教真に真言密教を、比叡山横川の明賢から天台教学を学んだ。 一時大和国忍辱山円成寺に隠棲したが、のちに中川成身院を開いて真言密教・天台・法相兼学の道場とした。 また唐招提寺の荒廃を嘆き、戒律復興を唱えて1122年(保安3年)「東大寺戒壇院受戒式」を定めている。 藤原忠実・藤原頼長・藤原宗忠などの帰依を受け、晩年は浄土教に傾倒し、山城国光明寺に移った。 Category:小野宮流 Category:平安時代の僧 Category:1144年没. 新しい!! 享年を63、61とする説もあり、生年は定かでない。 - 承和14年11月13日(847年12月24日))は、平安時代前期の真言宗の僧。 空海の十大弟子の一人。 俗姓は佐伯氏、讃岐国の出身で空海の一族。 檜尾僧都・道興大師とも称される。 初代東寺長者とされている。. 新しい!! 山号を巌金山(がんこんさん)と称する。 本尊は弁才天(観音堂本尊は千手観音)、開基(創立者)は行基とされる。 西国三十三所観音霊場の第30番札所である。 観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地でもあり、日本三大弁才天の1つにも数えられている(他の2つは厳島神社と江島神社とされている)。. 新しい!! 園域は宝が池を中心に国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都に隣接する。. 新しい!! 山号は「魔導山」、後に「三峯山」。. 新しい!! 山号は如意山、寺号は国寿寺。 本尊は阿弥陀三尊。. 新しい!! 6m)は福岡県筑紫野市と太宰府市にまたがる山であり、別名を御笠山(みかさやま)、竈門山(かまどやま)とも言う。. 新しい!! その称は3代将軍足利義満が京都北小路室町(現在の今出川通と室町通が交わる付近)に造営した花の御所(室町殿)に由来する。 足利幕府ともいう。 足利氏が15代にわたって将軍職を継承したが、織田信長によって事実上の滅亡に追い込まれた。. 新しい!! 「室町時代」の名称は、京都の室町に幕府が置かれていたことに由来する。. 新しい!! 本門佛立宗の大本山。 本尊は十界大曼荼羅。. 新しい!! 7km、南北18. 5kmにわたり大小40余りの島嶼で構成される諸島。 2006年、諸島全域が兵庫県姫路市に編入される。 兵庫県の淡路島・香川県の小豆島・本州に囲まれている。 面積は19. 7平方km、人口は約8000人で約60%が家島本島が占め、主島は坊勢島、男鹿島、西島、太島、鞍掛島の6島。 家島本島の真浦、宮が中心集落で、古くから天然の良港として瀬戸内海航路の要地、避難港であった。 花崗岩の切り出しと漁業、海運業が主な産業だが、第2次大戦後の乱獲と水質汚染による漁獲減少で現在は観光漁業と養殖が中心。 一部は瀬戸内海国立公園に属する。 地元では「いえしま」ではなく「えじま」と呼ばれる。. 新しい!! 新しい!! 「守山」とは、琵琶湖の対岸に位置する御山(比叡山)を守る寺であった東門院に由来するという説がある。 縄文時代から弥生時代の古代遺跡が多くあり、特に弥生期の巨大集落跡は、クニの初めを知る貴重な遺跡として注目されている。 壬申の乱以降東西交通の要衝として、野洲川が度々戦場となった。 室町時代には一向宗門徒の近江国における拠点ともなり、また足利義昭の矢島御所(守山市矢島町)も設けられた。 江戸時代は、中山道を代表する宿場町の一つとして栄え、近年京都・大阪のベッドタウンとして高い人口増加率を保持している。 住みよさランキング2010年版(東洋経済)では、守山市が近畿ブロック1位を獲得、全国総合ランキングでも10位となったが、2015年版では近畿ブロック23位、全国123位に後退。 2016年版では近畿ブロック4位、全国50位に上昇。 近畿圏で住みよさランキング上位となっている。. 新しい!! 東叡山(寛永寺)・日光山(輪王寺)貫主。 天台座主。 朝廷より二品・一身阿闍梨・一品・護持・牛車・検封阿闍梨などの宣下を受ける。. 新しい!! 俗姓は小谷氏。 京都の出身。 読み方については「しゅうえい」とも「しゅえい」ともいう。 入唐八家の(最澄・空海・常暁・円行・円仁・恵運・円珍・宗叡)一人。. 新しい!! 諱は定省(さだみ)。 後の佐々木氏などに代表される宇多源氏の祖先にもあたる(詳細は皇子女の欄参照)。. 新しい!! 湖西周りで京都に向かうには避けては通れない位置にあった。. 新しい!! 神名の「宇賀」は、日本神話に登場する宇迦之御魂神(うかのみたま)に由来するものと一般的には考えられている(仏教語で「財施」を意味する「宇迦耶(うがや)」に由来するという説もある)。 その姿は、人頭蛇身で蜷局(とぐろ)を巻く形で表され、頭部も老翁や女性であったりと諸説あり一様ではない。 元々は宇迦之御魂神などと同様に、穀霊神・福徳神として民間で信仰されていた神ではないかと推測されているが、両者には名前以外の共通性は乏しく、その出自は不明である。 また、蛇神・龍神の化身とされることもあった。 この蛇神は比叡山・延暦寺(天台宗)の教学に取り入れられ、仏教の神(天)である弁才天と習合あるいは合体したとされ、この合一神は、宇賀弁才天とも呼ばれる。 竹生島宝厳寺に坐する弁天像のように、宇賀神はしばしば弁才天の頭頂部に小さく乗る。 その際、鳥居が添えられることも多い。 出自が不明で、経典では穀霊神としての性格が見られないことなどから、宇賀神は、弁才天との神仏習合の中で造作され案出された神、との説もある。 鎌倉市の宇賀福神社では、宇賀神をそのまま神道の神として祀っている。 ファイル:Ugajin masculine form. jpg 老翁の頭部を持つ宇賀神 ファイル:Ugajin feminine form. jpg 女性の頭部を持つ宇賀. 新しい!! 『今昔物語集』と並んで説話文学の傑作とされる。 編著者は未詳。. 新しい!! - 延喜15年(915年)? )は、平安時代前期の天台宗の僧。 五大院阿闍梨・阿覚大師・福集金剛・真如金剛などと称される。 近江国の生まれ。 出自については不明であるが、最澄と同族と伝えられている。 初め慈覚大師円仁につき、円仁の死後は遍照に師事して顕密二教(顕教と密教)のほか戒・悉曇(しったん)を学んだ。 877年(元慶元年)中国(唐)に渡ろうとしたが断念。 884年(元慶8年)に阿闍梨・元慶寺座主となった。 晩年は比叡山に五大院を創建して天台教学・密教教学の研究に専念した。 安然は、『大日経』を中心とする密教重視を極限まで進めて台密(たいみつ=天台宗における密教)を大成した。 Category:平安時代の僧 Category:天台宗の僧 Category:近江国の人物 Category:841年生 Category:915年没. 新しい!! 山号は慈円山。 京都盆地の東山山麓、円山公園の北東隅に位置する。 円山公園の一画は、明治政府によって官収された安養寺の元境内で、公園の名称「円山」も安養寺の山号「慈円山」に由来する。 吉水草庵とも呼ばれる。. 新しい!! 放火を免れた一部の建物と高僧の墓、藤原定家の碑と爪塚が残っている。. 新しい!! 俗姓は大狛氏。 河内国大県郡の出身。 下野国小野寺の広智(こうち)に師事して出家、ついで比叡山に登って最澄・円仁について顕教・密教を学んだ。 遮那業学生(密教専攻の学僧)として得度し、規定により12年篭山修行を行った。 その後、844年(承和11年)出羽国の講師に任じられ、その地の法相宗徒の多くを天台宗に改宗させたという。 848年(承和13年)延暦寺定心院十禅師に任じられ、内供奉十禅師を経て、864年(貞観6年)天台座主に就任した。 Category:平安時代の僧 Category:天台座主 Category:河内国の人物 Category:794年生 Category:868年没. 新しい!! 寺(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている(ごく稀に神社にも用いられることがある)。. 新しい!! 本項ではかつて概ね同区域に所在した島上郡・三島郡富田村(とんだむら)、三島郡富田町(とんだちょう)についても述べる。 かつては摂津島上郡に属した、教行寺を中心とした寺内町であった。 現在の町域は高槻市富田町1-6丁目、富田丘町などとなっている。. 新しい!! 山号を蓮華山と称する。 本尊は阿弥陀如来、開基は仁聞と伝える。 富貴寺大堂(おおどう)は、近畿地方以外に所在する数少ない平安建築のひとつとして貴重な存在であり、1952年11月22日に国宝に指定されている。 また、2013年10月17日には、富貴寺境内が史跡に指定されている。. 新しい!! 寒巌派(法皇派)の派祖。 父は後鳥羽天皇(『扶桑禅林僧宝伝』)とも順徳天皇(『本朝高僧伝』)とも言われ、法皇長老と呼ばれた。. 新しい!! 俗名は源 時叙(みなもと の ときのぶ)。 宇多源氏、左大臣・源雅信の八男。 母は藤原穆子。 官位は従五位下・右近衛少将。. 新しい!! 父は紀忠方。 丹後国与謝郡の出身。 房号は願蓮房。 丹後千徳とも称される。 比叡山良源・源信に天台教学を学んでその学名が高く、宮中や貴族の法会にしばしば列席し、正暦年間(990年-995年)に内供奉(ないぐぶ)となった。 源信の迎講(むかえこう)には当初批判的であったがその後帰依し、源信の教を奉じて台密龍禅院流を形成した。 その後、諸国教化のため遍歴し、丹後国では天橋立において迎講をおこし、皇慶(こうげい)の要請により舎利講を行い、また大乗寺を再興した。 Category:平安時代の僧 Category:天台宗の僧 Category:紀氏 Category:丹後国の人物 Category:生年不明 Category:没年不明. 新しい!! 寛永寺(かんえいじ)は、東京都台東区上野桜木一丁目にある天台宗関東総本山の寺院。 山号は東叡山(とうえいざん)。 東叡山寛永寺円頓院と号する。 開基(創立者)は徳川家光、開山(初代住職)は天海、本尊は薬師如来である。 徳川将軍家の祈祷所・菩提寺であり、徳川歴代将軍15人のうち6人が寛永寺に眠る。 17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光山、比叡山をも管轄する天台宗の本山として近世には強大な権勢を誇ったが、慶応4年(1868年)の上野戦争で主要伽藍を焼失した。. 新しい!! 若狭湾沿岸の日向(ひるが)断層の活動で小浜や三方五湖(みかたごこ)周辺地域の被害と琵琶湖西岸の花折(はなおり)断層北部の活動で葛川谷や琵琶湖沿岸地域の被害の二つ地震。 本地震は近江国や若狭国において地震動が特に強く甚大な被害が発生したが、震源域に近く、当時約41万人の人口を有し依然として国内第二の大都市であった京都において特に被害は甚大であった 西山昭仁, 小松原琢 2006 : 寛文二年 1662 近江・若狭地震における京都盆地での被害状況,歴史地震, No. 21, pp165-171. 新しい!! 右大臣藤原俊家の三男。 母は藤原季範の娘。 康和年間以降、藤原忠実の元に出入りして、病気平癒など各種の祈祷を行う。 天仁元年(1109年)に無動寺管領・多武峰座主に任じられ、天永2年(1111年)には権大僧都に叙される。 この年の10月に延暦寺の悪僧の行動に対して白河法皇から解決策を求められた天台座主の仁豪が治安の安定化策を進め、これを受けた大衆が「悪事の停止」に関する奏状を法皇に提出したところ、無動寺を代表する寛慶は奏状への署名を拒否して白河法皇に対して異論を提出した。 その後、座主・僧綱らの会議でも座主が責任をもって綱紀粛正を図るために権力を集中させようとする仁豪と東塔・西塔・横川・無動寺がそれぞれの責任で綱紀粛正を行うべきだとする寛慶が対立した衣川「延暦寺三門跡の歴史的機能」P64。 永久元年(1113年)には法性寺座主に任ぜられる。 この年、延暦寺の大衆が清水寺を破却し、興福寺の僧兵が抗議の強訴を行った永久の強訴が行われ、興福寺側から事件の張本人として天台座主の仁豪とともに寛慶の配流が求められたが、平忠盛らの活躍で興福寺の強訴は鎮圧された。 ところが、寛慶は清水寺の破壊の責任は仁豪にあると主張して天台座主の辞任を求め、これに同調した大衆が強訴を起こしたものの平忠盛ら検非違使によって追い返された衣川「延暦寺三門跡の歴史的機能」P65衣川「延暦寺三門跡の歴史的機能」P71。 その後も仁豪の命令に従わず、翌永久2年(1114年)7月には大衆同志の衝突が起きたため、仁豪が寛慶による座主職奪取の企てであると白河法皇に訴えている衣川「延暦寺三門跡の歴史的機能」P72。 にも関わらず、同年12月には法成寺の権別当に起用され、永久4年(1116年)には正式な別当となった。 その後、保安元年(1120年)に僧都に叙されると、翌保安2年10月6日(1121年11月17日)、仁豪に代わって天台座主に任じられ、同時に権僧正に任ぜられた。 だが、翌保安3年(1122年)8月には延暦寺と園城寺の対立の際の対応を巡って今度は根本中堂の大衆が寛慶を襲撃したため、比叡山を一時退去するも10月には帰山した。 保安4年(1123年)に天台座主在位のまま死去した。 門人には、寛慶から無動寺を継承し、後に青蓮院門跡の師とされる天台座主行玄がいる。 なお、青蓮院門跡の成立そのものが、寛慶と仁豪の対立が法流間の対立として教学・施設・大衆とともに弟子達に引き継がれ、やがて法流のトップに法親王などの貴種を入れることによって確立されたと言う背景があったと考えられている。. 新しい!! 法戦式などで使用される。 また、僧の名称でもある。 ---- 尊意(そんい、貞観8年(866年)- 天慶3年2月24日(940年4月4日))は、平安時代中期の天台宗の僧・13世天台座主。 通称は梨本祖師、号を法性房。 近江国の出身。. 新しい!! 大僧正。 栃木県日光市生まれ。 1930年栃木県佐野市田島の大聖寺に両親と共に居住する。 1934年に出家得度したのち、栃木県立佐野中学校卒業を経て比叡山に入山。 1944年比叡山専修院を卒業後、比叡山中学校・高等学校教諭を経て1947年比叡山星光院住職に任命される。 1971年より比叡山延暦寺副執行(総務・教化部長)、1982年より執行(代表役員)を務める。 1988年三千院門主(住職)に任命される。 筆名・星ひかる。 長男は小堀光實。. 新しい!! 旧社格は別格官幣社。 建武中興十五社の一社である。. 新しい!! 信濃小笠原氏の当主。 信濃守護。. 新しい!! 関西聖書神学校講師。 元東京基督神学校教授、元東京基督教大学講師。. 新しい!! 新しい!! 日野有範の次男であり、親鸞の弟。 幼くして比叡山に登って出家した。 1262年(弘長2年)に親鸞が死去した場所は、尋有の住坊「善法坊」と伝えられる。. 新しい!! 広島県尾道市出身。 大阪府平民『人事興信録. 新しい!! 山岳仏教は、政治と結びつきの強くなった奈良仏教の世俗化などに反発するかたちで始まったが、やがて、日本古来の山岳信仰とも融合し、急速に発達していくこととなった。 なお、「山岳仏教」を仏教とは異なる独自の宗教とするとき、修験道ともいう。. 新しい!! 新しい!! 朱子学者としては南学派に属する。 諱は嘉、字は敬義、通称は嘉右衛門。 闇斎は号。 「嘉」の字を二文字「垂」と「加」に分解し「垂加霊社(すいか・しでます)」という霊社号を生前に定めた。 朱子学の一派である崎門学(きもんがく)の創始者として、また、神道の教説である垂加神道の創始者としても知られる。. 新しい!! 新しい!! 村社であった山王神社(日吉神社)と県社の皇大神宮(こうたいじんぐう)とが合併(皇大神宮側に合祀)して創祀された神社で、浦上皇大神宮(うらかみこうたいじんぐう)とも称され、また山王日吉神社(さんのうひよしじんじゃ)とも呼ばれる。 長崎市への原子爆弾投下において鎮座地が爆心地から約800メートルの地点に位置したために被爆し、その跡を残す一本柱鳥居や、熱線により裸同然となりながらも豊かな緑を取り戻した楠で有名。. 新しい!! 狭義には、江戸時代の天海より以前のものを山王神道という。. 新しい!! 天台宗の鎮守神。 日吉権現、日吉山王権現とも呼ばれた。. 新しい!! 京都市の東側にある山科盆地の北部と、周辺の山地を区の範囲としている。 本項ではかつて同一地域に所在した宇治郡山科町(やましなちょう)、同町の町制前の名称である山科村(やましなむら)についても述べる。. 新しい!! 京都盆地をすぐ西に持ち、双子の盆地のような関係にある。 盆地の東側の一部(追分、髭茶屋追分以東)は滋賀県大津市に属する。 東は音羽山などに、北は比叡山に、西は京都東山に接し、南は山科川を軸にして宇治市六地蔵方面へ開けている。 近年は、各方面の山のふちにいたるまで住宅開発が進んだ。 東海道新幹線や名神高速道路はこの盆地を東西に貫通して走る。 山科から南の醍醐・石田方面へは、京都市営地下鉄東西線と京都外環状線が南北軸となっている。 京都盆地とは隔たれた地形の為、生駒山からの在阪局の電波が全般的に届きにくく、山科区内では京都山科テレビ中継局でカバーされている(テレビ大阪は京都市中心部でも難視聴地域が多い事から、ケーブルテレビの区域外再放送に頼る事になる)。 ファイル:The Yamashina basin and Mt Ooiwa are seen from the Otowa disposal place. jpg 「エコランド音羽の杜」から望む ファイル:View from Yamashina-basin and the Suberiishi-Pass Kyoto,JAPAN. jpg 滑石道から望む Category:日本の盆地 Category:滋賀県の地形 Category:京都府の地形 Category:大津市の地理 Category:山科区の地理 Category:伏見区の地理. 新しい!! 山田重満の次男。 仮名は二郎。 史料によっては重広、重定、重貞と記されるほか、泉重忠とも呼ばれる。 承久の乱で宮方の武将として活躍した。 尾張国星崎城主。. 新しい!! 第253世天台座主を20年つとめ、「比叡山宗教サミット」を開催、また一隅を照らす運動を推進した。 行動的だったので「空飛ぶお座主」といわれた。. 新しい!! 源義光の系譜を引く近江源氏。 父は義光の長男で佐竹氏の祖となった源義業の次男山本義定。 治承・寿永の乱の初期に近江国で挙兵した。 本姓が源氏であるため正式な姓名は源義経であり、源頼朝の弟として有名な河内源氏の源義経と同姓同名であったため「義経二人説」で知られる。. 新しい!! 長野県下伊那郡阿智村出身。 本名は山本梅雄。 中国残留日本人孤児の肉親捜しに挺身し、200人以上の孤児たちと肉親たちとの再会を実現させた人物であり、「中国残留孤児の父」と呼ばれる。 吉川英治文化賞第16回(1982年)受賞者。 比叡山専修院附属叡山学院卒業。. 新しい!! 山号は金光山(こんこうざん)。 阿弥陀如来・千手観音・釈迦如来を本尊とする。 中世以前は岡山城二の郭(現在の岡山市民会館近辺)にあった。. 新しい!! 1300年の歴史があるとされ、「湯かむり」という独特の入浴法が伝わるお湯をかぶる入浴法は、他にも那須湯本温泉などがある。。 1973年(昭和48年)3月30日、国民保養温泉地に指定された。. 新しい!! 能登国の出身。 總持寺第2世。 大現宗猷國師。. 新しい!! よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 興國商業高等学校卒業。 本名は濱伸二(はま しんじ)。 芸名は石原裕次郎が演じた映画『俺は待ってるぜ』の元ボクサーの「島木譲次」役に由来する。. 新しい!! 崇福寺は、668年に天智天皇の命により近江大津宮の北西の山中に建立され(『扶桑略記』ほか)延暦年間に十大寺に選ばれるなど栄えたが、たびたび火災にみまわれるなど衰退し、一時園城寺に付嘱したものの山門寺門の抗争に巻き込まれるなどし、室町時代には廃寺となった。 寺跡は1928年(昭和3年)からの発掘によって確認。 現在の跡は梵釈寺(桓武天皇が天智天皇追慕のために建立)との複合遺跡と考えられている。 国の史跡と歴史的風土特別保存地区に指定されている。. 新しい!! 東軍流剣術を開いたとされる。 名は時盛。 また幸盛、清貞とも。 通称、賀義助。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 関東管領(1561年 - 1578年)。 山内上杉家16代当主。 最強の戦国武将の1人といわれ、後世、軍神や越後の虎、越後の龍と称された。 越後守護・上杉家に仕える越後守護代・長尾為景(三条長尾家)の四男として生まれ、初名は長尾 景虎(ながお かげとら)。 1561年(景虎31歳)、関東管領・上杉憲政の養子となり山内上杉氏の家督を譲られ(「上杉」姓と憲政の「政」の1字を与えられ)上杉 政虎(うえすぎ まさとら)と改名し、上杉氏が世襲していた室町幕府の重職関東管領を引き継いだ。 後に室町幕府の将軍・足利義輝より偏諱(「輝」の1字)を受けて、最終的には上杉 輝虎(うえすぎ てるとら)と名乗った。 謙信は、さらに後に称した法号である。 内乱続きであった越後国を統一し、戦や政だけではなく、産業を振興して国を繁栄させた。 他国から救援を要請されると秩序回復のために幾度となく出兵し、武田信玄、北条氏康、織田信長、越中一向一揆、蘆名盛氏、能登畠山氏、佐野昌綱、神保長職、椎名康胤らと合戦を繰り広げた。 特に宿敵武田信玄との5回にわたる川中島の戦いはよく知られている。 さらに足利将軍家からの要請を受けて上洛を試み、越後国から北陸路を西進して越中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大したが48歳で志半ばで死去した。 兜は、飯綱明神前立鉄錆地張兜。 謙信には実子がおらず、謙信の死後、上杉家の家督の後継をめぐって御館の乱が勃発した。 謙信は、「義」を重んじ、戦乱の世にあっても侵略のための戦いはしない一方、他国から救援を要請されると出兵し、「依怙(えこ)によって弓矢は取らぬ。 ただ筋目をもって何方(いずかた)へも合力す」(私利私欲で合戦はしない。 ただ、道理をもって誰にでも力を貸す)『白河風土記』と述べている。 また、謙信が敵将武田信玄の領国甲斐が塩不足に苦しんでいるのを知り、塩を送った逸話から、「敵に塩を送る」という故事も生まれた。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 村上源氏は大納言定房の玄孫にして、陸奥守定成の子だが、家を中院と号する。 元弘の乱の際は護良親王に属して幕府軍と戦い、建武政権とその後の南朝でも公家大将の1人として軍忠を抜きん出たとされる。 初名は良定(よしさだ)。 新しい!! 長野県に隣接しており、古くより木曽谷や伊那谷との関係が深いが、近年は中京圏との関係が強くなってきている。 市域を断層が縦横に走っているため山地が多く、木曽川に流れ込む河川はどれも小規模だが清流であり、木曽川水系においても水の綺麗さの点では有数の地である。. 新しい!! 駅番号はK07 - 京都市情報館 交通局。 駅名は、烏丸線と交叉する、丸太町通に由来する。. 新しい!! 園城寺または比叡山の僧であったとされる。. 新しい!! 山号は慧雲山。 鎌倉時代からあった草庵を慶長11年(1606年)に日祐尼が開基し、日詔上人が開山した。 本尊は三宝祖師。 後述の縁起によりぼたもち寺(牡丹餅寺)の名で知られる。 旧本山は比企谷妙本寺、池上・神楽坂法縁。. 新しい!! 七柱は一般的には、恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋、寿老人、弁才天とされており、それぞれがヒンズー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っている。. 新しい!! 現代を生きる人々が物質的・経済的な豊かさを手に入れた一方で失われたものも多いという認識に立ち、祭りという出会いを通して活力ある明日の暮らし・地域づくりを目標に開催された。. 新しい!! 屋号は澤瀉屋。 定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。 歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。 本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。 2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。. 新しい!! 新しい!! 内大臣万里小路時房の子。 公家の身でありながら、幼年より仏教への帰依が深く『応仁略記』下「公家仁所々に暫住之事」、応仁の乱を機に出家して、最期は補陀落渡海を遂げた。 初名は成房。. 新しい!! 太陰太陽暦では月の日数は29日か30日である。 最澄(伝教大師)が比叡山に祀ったのが最初とされ、鎌倉時代には盛んに信仰されるようになった。 中世以降は特に日蓮宗・法華宗(法華神道)で重視され、法華経守護の神(諸天善神)とされた。 これは、京都に日蓮宗を布教しようとした日像が、布教のために比叡山の三十番神を取り入れたためである。 また、吉田神道も天台宗・日蓮宗とは別の三十番神として「天地擁護の三十番神」「王城守護の三十番神」「吾国守護の三十番神」などを唱えた。 吉田兼倶は三十番神信仰が吉田神道から発すると主張した。 1868年、神仏分離のため、明治政府によって配祠を禁じられた。 以下は、日蓮宗における三十番神である。 現在は太陽暦の採用により31日が存在するため、31日の神として五番善神(薬王菩薩、勇施菩薩、多聞天、持国天、鬼子母神、十羅刹女)を勧請する場合がある。. 新しい!! 三千院門跡とも称する。 山号は、魚山(ぎょざん)、本尊は薬師如来、開基は最澄である。 京都市街の北東に位置する山中、かつては貴人や仏教修行者の隠棲の地として知られた大原の里にある。 青蓮院、妙法院とともに、天台宗の三門跡寺院の1つに数えられている。. 新しい!! 一般には政勝と呼ばれているが実名は不明。 三好氏傍流の三好政長の子で、摂津榎並城主。 兄は三好宗渭。. 新しい!! 「一三権実論争」「三乗一乗権実諍論」「法華権実論争」などとも。. 新しい!! 別名を三ノ山城(みのやまじょう、さんのやまじょう)、あるいは吉富城。 現在は城山団地。. 新しい!! 旧社格は県社。. 新しい!! または、旧東京市下谷区の範囲を指す地域名である。. 新しい!! 国の史跡に指定されている。 寺院名称は「薬師寺」であったが、旧国名を冠して「下野薬師寺」と記載されることが多く、本項でも「下野薬師寺」と表記して解説する。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! ここではおおよそ、左京区内の「一乗寺」を町名に冠する地区の総称として用いる。. 新しい!! 時宗の開祖。. 新しい!! 当項目では便宜上、有効期間が2日間以上のものや、有効期間が時間制となっているものについても記述する。. 新しい!! 九頭龍大神伝承(くずりゅうおおかみでんしょう)、九頭龍大神伝説(くずりゅうおおかみでんせつ)とも。 神社が建立されることとなった事跡や奇瑞事象を、おおよその年代順に説明する。. 新しい!! 高さ5mの大滝と2mの小滝からなり、古くから信仰の対象になっている。 特に小滝は閏年には13本、それ以外は12本の竹のかけひがかけられ、旧暦にあわせて善男善女が一心に背を打たれたといわれている。. 新しい!! 具体的には真言宗、天台宗の二宗をさすことが多い。 場合によっては融通念仏宗も含める。 桓武天皇による平安遷都(794年)の背景の一つには、奈良仏教(南都六宗)の専横の問題があった。 孝謙女帝が僧・道鏡を寵愛し、あわよくば道鏡が天皇にまでなろうとして和気清麻呂に阻止された経緯があり、朝廷の保護の下、力を持ちすぎた奈良仏教の影響を排除することが長岡京、平安京への遷都の一つの動機である。 桓武天皇・嵯峨天皇は奈良仏教に対抗しうる新しい仏教として、最澄が唐から持ち帰った天台宗や空海が持ち帰った真言宗を保護した。 特に最澄は奈良仏教に対抗意識を持っており、法相宗の僧侶・徳一と激しい論争をした。 一方で、空海は奈良仏教に対し、融和的な態度をとった。 特徴は一つに山岳仏教の発展である。 奈良仏教が都市仏教であったのに対し、最澄は比叡山に延暦寺を、空海は高野山に金剛峯寺を開いた。 もう一つの特徴は加持祈祷を行なう密教を持っていたことである。 真言宗の密教は東密(京では東寺が中心であったため)、天台宗の密教は台密と呼ばれ覇を競った。 これらの特色によって、平安仏教は皇室や貴族の現世利益をかなえる性格が強くあった。 基本的に皇室や藤原氏などの貴族仏教としての性格を持つ。 平安中期になると、天台宗の源信らにより死後の阿弥陀如来による救いを説く、浄土教が大きな力を持ってくる。 宇治平等院鳳凰堂は、当時の貴族らの浄土信仰の代表的遺構である。 融通念仏宗もその文脈で出てくる。 やがて武家勢力の台頭と併せ、平安末期に法然の専修念仏が広まり、民衆全体への広がりを見せ鎌倉新仏教のさきがけとなって行った。. 新しい!! 平清盛の四男。 母は継室の平時子で、時子の子としては次男となる。 同母兄に平宗盛、同母妹に平徳子がいる。 世に新中納言と称された。. 新しい!! 平貞盛の四男。 子に正度、正済、正輔、正能らがある。 官位は、従四位上、下野守、伊勢守、上野介、常陸介。 伊勢国に地盤を築き、伊勢平氏の祖となった。. 新しい!! 常陸大掾に任じられたため、大掾繁盛とも呼ばれ、常陸平氏・大掾氏の実質的な祖となった。. 新しい!! 明治時代までは霊応山平泉寺という天台宗の有力な寺院だった。. 新しい!! 37-38。 盲目の琵琶法師が琵琶をかき鳴らしながら語った『平家物語』のメロディおよびその演奏様式で、物語琵琶平曲をはじめとする物語琵琶のなかに『浄瑠璃姫物語』と称する演目を手がける一派があり、かれらのレパートリーの総称として後世「浄瑠璃」の呼称がうまれている。 吉川(1990)p. 43のひとつ。. 新しい!! 桓武平氏高棟流、いわゆる堂上平氏の生まれ。 父は兵部権大輔・平時信。 母は二条大宮(令子内親王)の半物(はしたもの、下仕えの女房)をしていた女性(氏素性は未詳)。 平清盛の継室である平時子の同母弟。 後白河法皇の寵妃で高倉天皇の母・建春門院は異母妹にあたる。 平大納言、平関白と称された。 また、平家の滅亡後も生き延びている。 なお、いわゆる「平家にあらずんば人にあらず」とはこの時忠の発言である(詳細は後述)。. 新しい!! 青は男神、赤は女神 年神(としがみ、歳神とも)は、神道の神である。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 東証二部に上場している。. 新しい!! 叡山ケーブル(えいざんケーブル)と通称されている。 叡山電鉄叡山本線、叡山ロープウェイとともに京都市内から比叡山山頂へのルートを形成する。 高低差は561 mあり、ケーブルカーとしては日本最大である。. 新しい!! 東宝レコードより発売。 規格品番:AS-1149。. 新しい!! 吉田寮自治会によって運営される自治寮でもある。 築104年の吉田寮現棟は第三高等中学校・京都帝国大学の遺構にして、日本最古の現役学生寮現存する最古の学生寮として建てられた建物は龍谷大学南北黌 1879年竣工・重要文化財 だが、今は学生寮として使用されていない。 学生寮の機能を維持しているのは吉田寮が最古である。 そういう意味で「日本最古の現役学生寮」、築128年の吉田寮食堂は第三高等中学校の遺構にして、京大最古の大学建築物以前は第三高等中学校物理学実験場が京大最古の大学建築物と言われていたが、吉田寮食堂が四ヶ月早く竣工したことがわかったである。 京都大学の規程での名称は「京都大学学生寄宿舎吉田寮」。 京都大学に他の学生寮がなかった時代は「学生寄宿舎」「京大寄宿舎」などと呼んでいた 京都大学大学文書館 2009年 所収 河西秀哉「『吉田寮関係資料について」。. 新しい!! 新しい!! 政令指定都市に指定されており、11区を置く。 日本の市で8番目の人口を有する。 延暦十三年(794年)から明治二年(1869年)までの1,000年以上にわたって日本の都が置かれていたため、古都として認識されている。. 新しい!! 新しい!! 延暦13年(794年)の平安京遷都以来、天皇の御所がある。 令制国でいう山城国の全域、丹波国の東部および丹後国の全域を府域とする。 府庁所在地は京都市。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 山中越の麓にあたる。 京都府道・滋賀県道30号下鴨大津線(きょうとふどう・しがけんどう30ごう しもがもおおつせん)は、京都府京都市左京区から滋賀県大津市に至る主要地方道である。 古くからある街道であり、特に山間部については志賀越道(しがごえみち)、山中越(やまなかごえ)などとも呼ばれるほか、かつては今道越、安土海道などとも呼ばれていた。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! 略称はKBSで、テレビ・ラジオともに愛称の「KBS京都」(ケイビーエスきょうと)と呼ばれることが比較的多い。 ただし、ラジオにおいては滋賀県の滋賀放送局による放送内で「KBS滋賀」を使用することがある。. 新しい!! 通称「KBS京都ラジオ京都送信所」。. 新しい!! この車両は男山に転属。 山科駅前で撮影) 京都定期観光バス用新デザイン塗装車(日野・セレガ) 守口市を巡回するコミュニティバス・タウンくる(初代車両。 この車両は2010年11月までに全車廃車。 古川橋駅前北口にて撮影) 京阪バス株式会社(けいはんバス)は、大阪府の京阪電鉄沿線地域・京都府南部地域・滋賀県大津市などでバスを営業している、京阪電気鉄道系列のバス事業者。 本項では旧京阪シティバス、旧・京阪宇治交通および旧・京阪宇治交通田辺についても記述する。. 新しい!! 京阪グループ共通バスカードで印字される略称は「ヤマ」、社用車に記してある略称は「山」である。. 新しい!! 新しい!! なお、正式な起点は三条駅だが、列車運行および旅客案内では出町柳駅から三条駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。. 新しい!! 「仏師職の祖」と称される。 光孝源氏で、日向守・源康行の子。 定朝の父。 官人として従五位下・尾張介に至るが出家。 康尚が最初どのような仏所組織に属していたかは不明だが、やがて寺院付属の工房から離れ私立の工房を形成、定朝をはじめ多くの弟子を抱える専業的な造像体制を確立し、皇室、摂関家などの造寺発願や、高野山、比叡山などで造仏に従事した。. 新しい!! 新しい!! 2002年から、一般公募が行われ、第1回、第2回合わせて1,071か所の推薦があった。 また、写真募集も行われ、第1回・第2回候補地の合わせて211か所を対象として行われた。 最終選定地(百選)と選定写真の発表が2005年に行われた。. 新しい!! 986年(寛和2年)に比叡山内横川にあった首楞厳院で、25人の僧が結集して結成された念仏結社である。 この結社の性格は、極楽往生を希求する念仏結社であり、月の15日ごとに僧衆25名が集結して念仏を誦し、極楽往生を願った。 彼等の「発願文」に、善友の契りを結び、臨終の際には相互に扶助して念仏することを記していた。 『日本往生極楽記』の撰者でもある慶滋保胤が起草した「二十五三昧起請」には、. 新しい!! 南北分裂後は南朝方に属し、正平一統の際には後村上天皇の下で関白を務めるなど、南朝政権における重鎮の一人であった。. 新しい!! JR西日本の駅番号はJR-E04、京都市営地下鉄の駅番号はT15。. 新しい!! 新しい!! 宗派は真言宗系単立。 山号を蜂岡山と称する。 蜂岡寺(はちおかでら)、秦公寺(はたのきみでら)、太秦寺などの別称があり、地名を冠して太秦広隆寺とも呼ばれる。 帰化人系の氏族である秦氏の氏寺であり、平安京遷都以前から存在した、京都最古の寺院である。 国宝の弥勒菩薩半跏像を蔵することで知られ、聖徳太子信仰の寺でもある。 毎年10月12日に行われる牛祭は、京都三大奇祭として知られるが、近年は不定期開催となっている。. 新しい!! 東国教化の折に恵那山の神坂峠のあまりにもの急峻さに驚かれ、旅人の便宜を図るために信濃側と美濃側に一軒ずつ作ったとされる。. 新しい!! 駅番号はK10。. 新しい!! 通称「五所宮(ごしょのみや)」。 4月29日の例大祭には珍しい「鷺の舞」が演じられる。 また、当社は神奈川県神社庁による献幣使参向神社となっている。. 新しい!! 近江国彦根藩の主家である。. 新しい!! 近江井関4代目。 河内大掾家重と称した。. 新しい!! 近江井関2代目。. 新しい!! 新しい!! 京都府京都市嵯峨野出身。 本名は土屋 嘉生 つちや よしお。 芸名は吉田留三郎が命名。. 新しい!! 駅番号はK06。. 新しい!! 自筆年譜には「午前5時、日輪と共に生る。 依て父母之に命名して東光」とある。 )、小説家、参議院議員。 大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で、初代文化庁長官を務めた今日出海(ひでみ)は三弟。 儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。 医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。 国家主義者の伊東六十次郎は従弟。 外交官の珍田捨巳は父方の遠縁にあたる。. 新しい!! 藤原公実の次男。 母は藤原光子(藤原隆方女)。 待賢門院藤原璋子の同母兄。. 新しい!! 1335年(建武2年)には建武の新政に離反した足利尊氏追討軍に従軍。 1336年(建武3年)南朝により藤原光継の跡職を継承し信濃国司(信濃守)に補任。 同年足利直義軍に対する比叡山籠城、その後の後醍醐天皇入京に従う。 元弘3年に新田義貞に従い、執権北条高時を鎌倉に攻めた「仁科氏重」と同一人物とする説がある。. 新しい!! 藤原北家、中御門流の出身で、内大臣・藤原能長の子。 母は下野守兼資の娘、あるいは憲方の娘(姓は不明)。 南勝房と号す。 第42代天台座主。. 新しい!! 旧社格は県社。. 新しい!! 2013年3月31日までは財団法人仏教伝道協会であったが、公益法人制度改革に伴い、2013年4月1日から公益財団法人仏教伝道協会に移行。 ホテルの客室などに置かれている「仏教聖典」は、この協会が刊行し、寄贈している。. 新しい!! 新しい!! 新しい!! ここでは、主に日本における仏教音楽を扱う。. 新しい!! 天台圓淨宗の本山。 本尊は阿弥陀如来。 寺号は詳しくは廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ)と称する。 紫式部の邸宅跡として知られる。. 新しい!! 2013年11月末の人口は0人, 2013-11-22閲覧。。 郵便番号は520-0245(堅田郵便局管区)。 本項では現在の大津市仰木町の前身である滋賀郡仰木村(おおぎむら)についても記す。. 新しい!! 山号は摩尼山。 本尊は地蔵菩薩。 開基(創立者)は藤原宗円。.

次の

村上水軍(海賊)について

織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か

[0]• 村上水軍(海賊)について• 投稿者: 屋代源三• 投稿日:2012年 7月21日 土 08時04分43秒 屋代島の海賊と言えば、村上水軍(海賊)が有名ですが、今、子孫たちはどうなって いるのでしょうね? 来島村上家は秀吉に走り、後に森藩久留島家となり、明治を迎えます。 大島にやってきたのは、能島村上と因島村上ですが、今、子孫たちの消息がわかりません。 能島村上宗家の図書家の人たちは屋代島からいなくなりました。 能島村上分家の一学家の人たちはわづかに和田に残っていると聞きますが、健在なのでしょうか? 因島村上家の末裔たちも在島と思われますが、こちらもよくわかりません。 なにか情報がありますでしょうか?• Re: 能島水軍の青木理兵衛• 投稿者: 屋代源三• 投稿日:2014年 7月11日 金 04時01分31秒• ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大変ですね。 昭和13年福岡県発行の「福岡県資料」に万延年中の福岡藩分限帳があります。 青木理兵衛が慶長年中藩士でいるので、この万延年中分限帳は幕末の青木家の子孫たちかもしれません。 見覚えの人はいませんか? 貴家が本家の「改正原戸籍」を本籍地の市町村役場で採っていれば幕末の先祖の名があるはずです。 上記の人名はありませんか?.

次の

Web Communication Board

織田 信 清 が 居城 とし 後に 信長 によって 攻略 され た の は 次 の うち どの 城 か

主の祖。 のの一人。 俗に加賀百万石の祖とも称されるが、前田家が百万石を超えるのは利長・利常ら利家のたちの世代からである。 略歴 [ ] 荒子村(現・荒子)の荒子城主の四男。 はじめとして14歳のころにに仕え、青年時代はとして従軍し、の名手であったため「槍の又左」の異名を持った。 その後のとして、北陸方面部隊の一員として各地を転戦し、一国23万石を拝領しとなる。 信長がによりに討たれると、はじめ柴田勝家に付くが、後にに臣従した。 以後、豊臣家の宿老として秀吉の天下平定事業に従軍し、・を与えられ加賀藩百万石の礎を築く。 また、豊臣政権五大老に列せられ、の傅役(後見人)を任じられる。 秀吉の死後、対立が顕在化するとの争いに仲裁役として働き、覇権奪取のため横行するの牽制に尽力するが、秀吉の死の8ヶ月後に病死した。 生涯 [ ] 富士大権現天満天神宮(荒子城跡)にある前田利家誕生碑(名古屋市中川区荒子) 7年()、荒子村(現・名古屋市中川区荒子)において、その地を支配していた・の当主である(利昌とも)の四男として生まれる。 幼名は 犬千代。 荒子前田家はの一族ともの一族ともいわれるが確かなものではない。 当時の領地は2,000貫だった(利家記)。 生年に関しては、これまでは『松雲公御考記』などの前田家側の記録から天文7年12月(1月)説が有力だったが、近年では、秀吉が没した時に利家が「」を行ったとする伝えをもとに秀吉と同年とする天文5年()を生年とする説 やこれを訂正した天文6年()を生年とする説 が提示されている。 はじめ前田氏は、織田家筆頭家老のの与力であったが(『信長公記』『加賀藩史稿』)、天文20年()頃にに小姓として仕える。 若い頃の利家は、短気で喧嘩早く、派手な格好をしたであった。 翌天文21年()に尾張下四郡を支配する織田大和守家(清洲織田氏)の主・と信長の間に起こったで初陣し、首級ひとつを挙げる功を立てる(村井重頼覚書)。 その後、元服して 前田又左衞門利家と名乗った(又四郎、孫四郎とも)。 馬廻り・赤母衣衆 [ ] 前田利家騎馬像() 青年時代の利家は血気盛んで 槍の又左衞門、 槍の又左などの異名をもって呼ばれていた。 2年()、信長と、その弟のによる織田家の家督争いであるでは、なる小姓頭に右目下を矢で射抜かれながらも討ち取るという功績を上げる。 元年()、尾張上四郡を支配していた守護代主・(岩倉織田氏)の息子・との争いであるにも従軍し功積を挙げた。 前述の異名で呼ばれ始めたのも、この戦いの頃からという。 また、この戦いの後、永禄初年頃に新設された赤と黒の 母衣衆(信長の親衛隊的存在の直属精鋭部隊)の筆頭に抜擢され多くの与力を添えられた上に、100貫の加増を受ける。 同年、従妹であるまつ()を室に迎えて、すぐに長女・を儲ける。 永禄2年()、信長の寵愛を受けたのと諍いを起こし、拾阿弥を斬殺したまま出奔した(俗に、笄斬りと呼ばれる)。 当初、この罪での成敗は避けられなかったが、やらの信長への取り成しにより、出仕停止処分に減罰され、浪人暮らしをする。 この間、熱田神宮社家松岡家の庇護を受ける。 その後、永禄3年()、出仕停止を受けていたのにも関わらず、信長に無断でに参加して朝の合戦で首一つ、本戦で二つの計三つの首を挙げる功を立てるも、帰参は許されなかった。 翌永禄4年()、でも無断参戦する。 ここで斎藤家重臣・の家来で、「頸取足立」の異名を持つなる怪力の豪傑を討ち取る功績を挙げた。 この時、足立以外にも首級1つを挙げている。 2つの首級を持参して信長の面前に出ると、今回は戦功が認められ、信長から300貫が加増されて450貫文となり 、ようやく帰参を許された(『信長公記』)。 利家の中に父・利春は死去し、前田家の家督は長兄・が継いでいたが、永禄12年()に信長から突如、兄に代わって前田家の家督を継ぐように命じられる。 理由は利久に実子がなく(養子はが居た)、病弱のため「武者道少御無沙汰」の状態にあったからだという(『村井重頼覚書』)。 以後の利家は、信長が推進する統一事業に従い、緒戦に参加する。 元年()4月には・とのでは撤退する信長の警護を担当し、6月のではなる者を討ち取る功績を上げる。 同年9月にはとの間に起こったで春日井堤を退却する味方の中でひとり踏みとどまって敵を倒す功績を上げる。 元年()8月の、同2年()7月の、同3年()5月のなどでは・・・らと共に鉄砲奉行としての参戦が確認されている。 北陸方面軍の一員 [ ] 天正2年()には柴田勝家のとなり、の鎮圧に従事した。 この際の苛烈な一向一揆の弾圧については、から出土した瓦に刻まれた「前田又左衛門どのが捕らえた一向宗千人ばかりをはりつけ、釜茹でに処した」などの記録 などによって伺うことができる。 一揆から生き残り、まもなく行われた小丸城の普請に参加した人夫によるものと考えられており、1932年小丸城二の丸から出土したものである(現在は武生越前の里郷土資料館所蔵)。 翌年には越前一向一揆は平定されたが、この際に佐々成政・とともに府中10万石を与えられ(三人相知で、3万3千石が個別に与えられたわけではない [ — ])、「」と呼ばれるようになる。 平定後は、勝家与力として成政らと共に上杉軍と戦うなどの平定に従事するが、信長の命により攻め()、攻め()にも参加しており、信長の直参的役割は続いていたものと思われる [ ]。 能登国主 [ ] 天正9年()、織田信長より一国を与えられ、主となり23万石を領有する大名となった。 旧領(・)では、この時点で「」が成立したと解釈され、利家は初代藩主とされている(しかし、近年では徳川氏へ従属した利長を「初代加賀藩主」とする解釈もなされている)。 翌年、難攻不落ながら港湾部の町から離れた七尾城を廃城、港を臨む小山を縄張りしてを築城した。 賤ヶ岳の戦い~加賀国半国加増 [ ] 詳細は「」を参照 天正10年()6月ので信長が家臣のにより討たれた時、利家は柴田勝家に従い、上杉景勝軍の籠るを攻略中であり、に加わることができなかった。 信長の死亡後まもない6月27日に織田家の後継人事等を決定するにおいて羽柴秀吉と柴田勝家が対立すると、利家は勝家の与力であったことから(若き頃よりの親交、地理的な問題ともされるが真偽は不明)そのまま勝家に与することになるが、かねてから旧交があった秀吉との関係にも苦しんだ。 同年11月には勝家の命を受け、・とともに(現)にあった秀吉を相手に一時的な和議の交渉を行った。 そして天正11年()4月のでは、利家は5,000ほどを率いて柴田軍として布陣したが、戦わないうちに戦線を放棄するような動きがあり、これは秀吉の勧誘に利家が早くから応じていたからではないかと推測される。 合戦のたけなわで突然撤退し、羽柴軍の勝利を決定づけた。 利家は(現)に籠るが、敗北してへ逃れる途中の柴田勝家が立ち寄ってこれまでの労をねぎらい、湯漬けを所望したという逸話が残る(『賤岳合戦記』)。 その後、府中城に使者として入ったの勧告に従って利家は降伏し、北ノ庄城攻めの先鋒となった。 戦後本領を安堵されるとともにの旧領・のうち二郡を秀吉から加増され、本拠地を能登の小丸山城から加賀のに移した。 佐久間盛政は一向一揆の拠点であった尾山御坊の後に城を築いた際に現地の地名にちなんで金沢城と命名したが、利家は盛政色の排除と一向衆との融和、更に自身の出身地である「尾張国」にも通じることから、金沢城を「尾山城」と改名した。 だが、尾山御坊以前から使われていた金沢の地名が定着していたために、利家の晩年もしくはその没後に「金沢城」に名称が戻され、後世に伝えられることになる。 小牧・長久手の戦い [ ] 詳細は「」を参照 天正12年()の秀吉と・が衝突したでは、佐々成政が家康らに呼応して加賀・能登国に侵攻したが、で成政を撃破した()。 4月9日の長久手の戦いでは秀吉方は敗北を喫したが、その後も両軍の対陣が続いて戦線は膠着状態となった。 この間、と共に、北陸方面の守備を委ねられていた利家は北陸を動かなかった。 末森城の戦いに勝った利家は、続いて加賀越中国境の荒山・勝山砦を攻略、越中国へも攻め込んだ(奥村氏文書)。 9月19日、利家は秀吉より一連の戦いの勝利を賀されている(前田育徳会文書・温故足徴)。 成政との戦いは翌年まで持ち越され、その間に利家はと連絡をとって越中国境に進出させたり、成政の部将となっている越中国衆・に誘いの手を伸ばしたりしている。 また、兵を派遣して越中国を攻撃した。 天正13年()、3月に秀吉はを鎮圧。 6月には弟・を大将としてへ遣わし、これを平定した。 北陸道の惣職 [ ] 天正12年(1584年)8月、利家が先導役を果たし秀吉が10万の大軍を率いて越中国に攻め込むと佐々成政は降伏()した。 利家の嫡子・が越中国の4郡のうち・・の3郡を加増され、前田一族で76万5千石に達す。 同年4月に、越前国の国主である丹羽長秀が没しは国替えとなり、それに伴い利家は豊臣政権下における北陸道の惣職ともいうべき地位に上った。 秀吉から諸大名の窓口としての機能を求められたのである 、とりわけの件では徳川家康に代わって奔走し、秀吉から処分の取り消しを引き出した。 では8,000の兵でを守備(息子の利長が九州まで従軍)。 同年7月に秀吉はに任官し、9月に秀吉がを賜ると天正14年(1586年)に利家に(名字)を名乗らせ・に任官させている(前田家譜)。 天正16年(1588年)には秀吉から豊臣姓(本姓)をも下賜された。 天正18年()1月21日にはに任じられる(前田家譜)。 また、秀吉が主催したやのにも陪席する。 その後はのなどに対して上洛を求める交渉役 となる。 北条氏制圧のためのでは北国勢の総指揮として上杉景勝・と共にに入り、北条氏の北端要所のを攻略、他の諸城も次々と攻略した。 続いてに入り、・を陥す(上杉家文書・前田家譜)。 7月5日、北条氏は降伏。 陸奥国のもこの時すでに小田原に出向いて降参していたが、彼に対する尋問は利家らが行ったという()。 先に上洛を促していることや、秀吉への奏者を務めていることなど、利家は伊達政宗やとの外交についても取次をしており 、南部信直との交渉は天正14年8月頃から確認される。 小田原落城後、秀吉は奥羽へ軍を進める。 秀吉自身は8月に帰陣の途についたが、利家らは残って奥羽の鎮圧に努めた。 文禄・慶長の役~加能越の太守へ [ ] 詳細は「」を参照 国内を統一した後の秀吉は唐入り(高麗御陣)、すなわち朝鮮出兵を始める。 天正19年()8月、秀吉より出兵の命が出され、の築城が始められた。 翌元年()3月16日に利家は諸将に先んじて京を出陣、名護屋に向かった(言経卿記)。 従う兵は8,000というが、嫡子の利長は京に停められている。 初め秀吉は自ら渡海する意思を持っていたが、利家は徳川家康と共にその非なるを説き、思い止まらせた。 7月22日、秀吉は母・危篤の報を得て、急ぎ帰京する。 葬儀を終えて、再び名護屋へ向け大坂を発ったのが10月1日(多聞院日記)。 約3ヶ月間名護屋を留守にしていたが、その問、秀吉に代わって諸将を指揮し、政務を行っていたのは、家康と利家であり、のちのの原型がみてとれる。 文禄2年(1593年)1月、渡海の命を受けて準備し、陣立てまで定まったが、間もなくとの講和の動きが進み、結局は渡海に及ばなかった。 5月15日、明使が名護屋に着くと、家康・利家の邸宅がその宿舎とされた。 8月、誕生の報に、秀吉は大坂に戻る。 利家も続いて東上し、11月に金沢に帰城した。 このときにまつの侍女であるとの間に生まれた子供が猿千代、のちの第三代加賀藩主・である。 文禄3年(1594年)1月5日、利家は、上杉景勝・毛利輝元と同日に従三位に叙位され、4月7日には2人よりも先に権中納言に任ぜられたことでこれまで景勝・輝元の後塵を拝していた官位の序列の面において逆転することになる。 これは、秀吉が利家を徳川家康に対抗させ、豊臣一族を補佐させる存在にすべく、儀礼的な面でも序列の引き上げを図ったものとみられている。 4年()には越中の残るをも利長に加増、重臣の青山吉次が上杉家の越中衆(土肥政繁・柿崎憲家)から天神山城や宮崎城を受け取る。 前田家の石高は加能越にまたがり83万石余(うち越中は利家監督のもとが統治、能登は生前よりに分与)となり利家の生涯で最大となる。 五大老・秀頼の傅役 [ ] 慶長3年()になると秀吉と共に利家も健康の衰えを見せ始めるようになる。 3月15日にに妻のまつと陪席すると、4月20日に嫡子・利長に家督を譲り、のために赴いた。 この時、隠居料として加賀・、越中、能登にて計1万5千石を与えられている(加賀藩歴譜)。 しかし、実質的には隠居は許されず、草津より戻った利家は、五大老・の制度を定めた秀吉より大老の一人に命じられる。 しかも家康と並ぶ大老の上首の地位であった。 なおこの政治体制を「」と言う。 そして8月18日、秀吉は、利家らに嫡子である豊臣秀頼の将来を繰り返し頼み没する。 慶長4年元旦()、諸大名は伏見に出頭し、新主秀頼に年賀の礼を行った。 利家は病中ながらも傳役として無理をおし出席、秀頼を抱いて着席した。 そして10日、秀吉の遺言通り、家康が伏見城に利家が秀頼に扈従しに入る。 以後、秀頼の傅役として大坂城の実質的主となる(言経・利家夜話)。 最期 [ ] しかし、間もなく家康は亡き秀吉の法度を破り、伊達政宗・・と無断で婚姻政策を進めた。 利家はこれに反発し、諸大名が家康・利家の両屋敷に集結する騒ぎとなった。 利家には、上杉景勝・・の三大老や五奉行の、また後にで家康方につくこととなる武断派の・・・らが味方したが、2月2日に利家を含む四大老・五奉行の9人と家康とが誓紙を交換、さらに利家が家康のもとを訪問し、家康も利家と対立することは不利と悟りへ退去すること等で和解した。 この直後、利家の病状が悪化し、家康が病気見舞いのため利家邸を訪問した。 この時、利家は抜き身の太刀を布団の下に忍ばせていたというエピソードが残っている(『浅川聞書』)。 その後、4年()、大坂の自邸で病没した。 62 (満60歳没)。 利家の死後、家康により加賀征伐が検討される。 利長は母の芳春院(まつ)が人質になる条件を受け入れ、加賀征伐は撤回された。 法名:高徳院殿桃雲浄見大居士。 墓所:石川県金沢市野田町の、金沢市宝町の。 肖像画は所蔵のもののほか数点。 利家着用であったと伝えられる武具も現存する。 人物・逸話 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2012年4月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2012年4月) 武勇 [ ]• 利家は三間半柄(約6m30cm)の長く派手な造りの槍を持ち歩き、初陣以降、緒戦で槍先による功を挙げた武辺者であったため、 槍の又左の異名で称えられた。 元服前の小姓・前田犬千代として初陣した萱津の戦いでは、合戦の際に目立つ様、自ら朱色に塗った上記の三間半柄の槍を持って首級ひとつを挙げる功を立て、信長は「肝に毛が生えておるわ」と犬千代を賞賛した。 元服直後に参戦した稲生の戦いでは、合戦中に敵方の宮井勘兵衛により右目の下に矢を受け、味方が引くことを促すも、「まだ一つも首級を挙げてない」と顔に矢が刺さったまま敵陣に飛び込み、弓を射た宮井本人を討ち取る功を立て、信長が大いに喜び、「犬千代はまだかような小倅ながらもこのような功を立てたぞ」と、合戦中に味方を鼓舞したとの逸話が残る。 この時、利家は矢を抜くことなく戦後の首実検にも参加したという。 稲生の合戦の後、浮野の戦いでも槍先による功を挙げ、この戦いの際に槍の又左の異名がついたとも言われる。 姉川の浅井攻めでは浅井助七郎なる者を討ち取るなどの活躍をみせ信長から「今にはじまらず比類なき槍」と賞賛され、大坂本願寺攻めでは、春日井堤を退却する味方の中でひとり踏みとどまって敵を倒し、無事味方を退却させたことから「日本無双の槍」「堤の上の槍」と称えられている。 長篠の合戦では撤退する武田軍を追撃している際に、弓削左衛門なる者に右足を深く切り込まれる重傷を負い、危うく命を獲られそうになった所を家臣のに助けられ一命を得た。 加藤清正は利家からあまり兵法や軍略の話を聞かないと言った嫡子・利長に対し、「あれ程武略に通じた父上がおられるのに勿体ない」と言って羨ましがったという。 利家は生涯38の戦に参戦し、その戦い方は織田信長の下で得たものであった。 普段から合戦については「合戦の際は、必ず敵の領内に踏み込んで戦うべきだ、わずかでも自分の領国へ踏み込まれてはならない。 信長公がそうであった。 」と説いていた。 またある時、女婿の宇喜多秀家が利家の戦法を質したところ、「先手にいくさ上手な者を一団、二団と配備し、大将は本陣にこだわらず馬を乗り回し、先手に奮戦させて思いのままに兵を動かす」という信長流の戦い方を語ったという。 のに夜な夜なが出るという噂が立ったとき、自らを志願して一晩過ごし、何ごともなかったように天守から戻ってきたため、秀吉から豪胆ぶりを讃えられたと言われている。 また、この時にの一つを下賜されたと言われている。 身体的特徴 [ ]• 細身で端正な顔立ちの美貌で知られた。 小姓時代にはその容姿のために信長から寵愛を受けていた(後述)。 男性の平均身長が157cm程度の時代に6尺(約182cm)を誇る類稀なる恵まれた体格の持ち主で(遺された利家の着物から推定6尺とされている)、前述のように顔も端整であったことから、非常に見栄えのいい武将であったと言われている。 元服直後の稲生の合戦で負傷し、になったとの説が存在する。 利家の烏帽子兜は大きいが、合戦用の小型の烏帽子兜も使用しており、石川県立歴史博物館には、行軍用兜の横に合戦用兜が展示してある。 頭脳 [ ]• 「槍の又左」と呼ばれ勇名を馳せる一方、計算高く世渡り上手な一面もあった。 の際、を裏切りながら落ちてきた勝家を厚遇し、裏切ったという印象を薄めたり(先述したように勝家と秀吉との人間関係に苦しんだうえでの対応もあったが)、秀頼の後見人として豊臣家を支えつつも、死の間際、利家の病床を見舞いに来た家康に息子の利長のことを頼んだとの話が残ったりもしている(一方で、利家が布団の下に抜き身の刀を忍ばせていたというエピソードが残っていたり、上記の話が江戸時代に幕府に提出するために作られた二次史料で、外様の大大名であった前田家が徳川家に媚びるため創作された記述とも言われ真偽は不明である)。 前田家の決済はすべて利家自身で行ったため、愛用の算盤が家宝として残っている(算盤は当時日本に伝わったばかりであり、それを使えるというだけで稀有なことであった)。 客を招いて算盤の教えを家臣と共に受けた際、理解できずに悩んで首をひねる者も多かった中、利家はいち早くその概略を理解し「これは便利なものだ」と頷いたという。 笄斬りによる2年間の浪人生活で金の大切さを身をもって知り、後年には「金があれば他人も世の聞こえも恐ろしくはないが、貧窮すると世間は恐ろしいものだ」とつねづね口にしていた。 時には(まつ)に「」と揶揄されたこともある利家ではあるが、滅亡後に家来を養えず困っている多くの大名に金を貸しており、遺言においては「こちらから借金の催促はしてやるな、返せない奴の借金はなかったことにしてやれ」と利長に命じている事実が存在する。 また死の際には、「御家騒動はいつも先代の不始末が原因だ、自分の死後、奉行らにあらぬ疑いをかけられては気の毒だ」と言ってありとあらゆる書類に対し花押を押してから没した。 後年にはなどの学問も学び、、などの文化的も積極的に行った。 茶道は・に学び、は秀吉から譲られた名品での一つに数えられる「富士茄子」であった。 利家はこの中でも特に能を好み、気晴らしや社交術として三日に一度は稽古をする程の熱の入れようであったという。 利家は秀吉のにより、改易されたのを庇護し、築城術や科学の知識豊かな右近を高く評価し、屋敷や3万石の禄を与えたりなどをしている。 、の後には嫡子・利長がの整備などを命じるなど、右近を参謀として重用し、親しい関係が続いた。 人柄・対人関係 [ ]• であり、若年の頃は派手な拵えの槍を持って歩いたので、「又左衛門の槍」といって人々から避けられていた(『亜相公御夜話』)。 利家は晩年になっても多少とも傾奇の傾向のある若者を愛したという。 小姓時代には信長から寵愛を受け、()の相手も務めていたことが加賀藩の資料『』に「鶴の汁の話(信長に若い頃は愛人であったことを武功の宴会で披露され皆に羨ましがられた時の逸話)」として残されている。 同じく信長の小姓として有名な(蘭丸)やにも衆道を務めていたとの説が存在するものの、実際に衆道の有無を記した資料は殆ど存在しないため、この『亜相公御夜話』に記されたエピソードはとても珍しいものとされている。 一方、乃至政彦はこの文章を単純に「不寝番として側近く仕えるほどに親しく接したことを誇っただけ」と見る説を立てている。 織田政権時代は同輩、豊臣政権時代では主となる秀吉とは、清洲時代に隣同士、安土時代に向かい同士の住居であったこともあってか、秀吉が時代から夫婦共に親しく、天正2年(1574年)には子供のなかった秀吉夫婦に四女のを授ける程の関係であり、秀吉と敵対関係になった賤ヶ岳以降、家臣として秀吉に下った後も二人で灸をすえ合うなど友人関係を内密で続けたという。 足軽あがりの秀吉と、傍流ながら豪族出身の利家は当初懸隔した身分であったが、一時利家が浪人したこともあって、同様な関係から追い越されていった織田家臣だちに比べてわだかまりが少なく、対等に近い友人関係からスムーズに主従関係へと転じていった。 「律義者」であったので、秀吉もの後見人を任せたと思われる。 但し、利家の遺言状に豊臣家の名はなく、織田家の名前と織田家に対する忠義のみを記しているだけである。 豊臣政権では諸大名の連絡役などを務めたこともあり、多くの者達に慕われたという。 秀吉側近のは「御位も国数も大納言様(利家)は下なれども、お城にて人々用ひ(人々の尊信)は、五雙倍にも大納言様つよく候。 これは第一御武辺者なり。 さてまた太閤様(秀吉)御前よき故にても候由、お城にても道中にても、内府(家康)より人々あがまへ、我らまでも心いさみ申す」と語っている(利家は家康より官位も領国石高も下だが、彼は武勲の者であり秀吉に信頼されているため、人望は利家のほうがはるかに大きい、という意)。 なかでも傍輩衆の、、、、らから慕われたようである。 利家はその信頼から晩年の秀吉に意見できる、数少ない人物であった。 また秀吉は遺言覚書の中で利家の性格を「律義者」であると呼びかけている。 上記の者たちに留まらず、・らに代表されると呼ばれる者達からも尊われていた利家は、秀吉死後のやらのと武断派との争いの仲裁役として働いた。 なかでも清正は若き頃より武勇に優れていた利家を尊敬していたと言われ、事実、利家存命中は姻戚問題で利家邸、家康邸に各大名が集結する騒ぎとなった際も、姻戚問題を起こした当人にも関わらず利家邸に出席している。 また利家が没すると、その直後に清正を含む武断派が、石田三成を襲撃する騒ぎが起こっている。 家康の法度破りで諸大名が家康・利家両邸に集まる騒ぎとなった際、利家を含む四大老・五奉行の9人と家康とが誓紙を交換し、一応の和解となり、両者の衝突を回避しようとする細川忠興、浅野幸長らの取り成しにより、利家が家康のもとを訪問することとなった。 この時、利家は息子の利長に「秀吉は死ぬ間際まで秀頼様を頼むと言っていたのに、家康はもう勝手なことをしている、儂は家康に約束を守らせるために直談判に行く。 話が決裂すれば儂はこの刀で家康を斬る。 もし儂が家康に斬られたら、お前が弔い合戦をしろ」と言って伏見城に向かった。 (利家公御夜話)• 危篤の際には自らを縫い、利家に着せようとするまつ()が「あなたは若い頃より度々の戦に出、多くの人を殺めてきました。 後生が恐ろしいものです。 どうぞこの経帷子をお召しになってください」と言うと利家は、「わしはこれまで幾多の戦に出て、敵を殺してきたが、理由なく人を殺したり、苦しめたことは無い。 だから地獄に落ちるはずが無い。 もし地獄へ参ったら先に行った者どもと、・どもを相手にひと戦してくれよう。 その経帷子はお前が後から被って来い」と言って着るのを拒んだといい(古心堂叢書利家公夜話首書)、一説には死の床でのあまりの苦痛に腹を立て割腹自殺をしたともいう。 のちにからこの話を聞いた家康は「天晴れ」と賞賛したという(の『』)。 加賀にはこのような歌が遺されている。 「天下 葵よ 加賀様 梅よ 梅は葵の たかに咲く」「三葉葵紋の徳川家よ 剣梅鉢紋の前田家よ 梅の花は葵より高い所に咲く」という意味である。 家康と利家は秀吉の時代、五大老の一番の上座に肩を並べて座っていたが秀吉が死ぬと徳川家が天下をおさめる大将軍となった。 前田家は大々名であるとはいえ、徳川家の家来にならなければならなかった。 その時の運に対し、加賀の人々はその口惜しさを歌ったと伝えられている。 阿波隼人という老侍が利家に拝謁したとき、老齢で長袴のためつまずいて転んでしまった。 それを見た家臣らは大笑いしたが、利家は「静まれ。 老人とはこうした過ちが多いものだ。 それなのに助けもせず笑うとは何ごとか。 許せぬ。 笑っていた者は切腹いたせ」と激怒した。 家臣らは震え上がり、阿波も利家が自分をかばってくれたことに感謝するも切腹まではという気持ちもあり、利家に切腹命令を取り下げてもらうように嘆願したと伝わる(『』)。 種村某という勇士がにいた。 利家は彼の武勇を認めて家臣にしたいと考えたが種村は応じなかった。 利家は種村が琵琶好きだと聞いて、白雲という琵琶を贈って家臣になるよう誘った。 種村も遂に折れて前田の家臣となり、佐々成政の朝日山合戦で大活躍した(『』)。 佐々成政が末森城を攻めたとき、近習の戸田与五郎なる者が2人の豪族への出兵命令を伝える使者になった。 しかし戸田は豪族の説得に手間取って遅参した。 利家は激怒し、戸田は討死覚悟で手柄を立てた。 利家は激怒することで戸田が面目躍如のために手柄を立てると計算していたのである(の『』)。 義理の甥である(慶次郎)とはソリが合わなかったと後年の逸話集などには記述されるが、同時代における史料や文書、利家の回顧録などにはその様なものはなく、利益に付き従った野崎知通による回顧録には利家の嫡子利長と利益が不仲であったとされる記述は存在する。 また、利益出奔の際にイタズラで水風呂に入れられたとの逸話があるが、この逸話の初出は江戸後期の随筆集『翁草』であり、後年の創作である可能性が高い。 桶狭間の戦いの前年、普段から信長配下の武将に対して横柄な態度が多かったという信長お気に入りの茶坊主の拾阿弥が、利家佩刀の笄(こうがい、妻のまつからもらったものともいわれる)を盗み、利家を激怒させた。 利家は拾阿弥を成敗すると言って聞かなかったが、信長の取り成しで一時はこれが収まり大事には至らなかった。 しかし、その後も拾阿弥は利家に対し度重なる侮辱を繰り返したため、利家は許可なしに信長の面前で拾阿弥を斬殺し、織田家を出奔する。 この事件は世に「笄斬り」とよばれる。 後年、この時期のことを語る際は、必ず「落ちぶれているときは平素親しくしていた者も声をかけてくれない。 だからこそ、そのような時に声をかけてくれる者こそ真の友人(信用できる人物)だ」と言っている。 14年()3月22日 - ・兼に叙任。 昇殿を聴される。 天正17年()4月 - 右近衛権中将に転任。 筑前守如元。 天正18年()• 1月22日 - 豊臣利家として、に昇叙し、に補任。 の家格に列す(『時慶御記』)。 10月20日 - 参議辞職。 3年()• 4月1日 - ・に昇叙転任。 5月20日 - 権中納言辞任。 元年()5月11日 - ・に昇叙転任。 慶長2年()1月16日 - 権大納言辞任。 慶長3年()7月 - 豊家五大老の一角として就任。 慶長4年()• 閏3月3日 - 薨去。 閏3月24日 -。 系譜 [ ]• 正室:まつ()• 長女: - 室• 長男: - 初代藩主• 次女:蕭 - 室• 四女:(樹正院) - 豊臣秀吉養女、室• 五女:与免 - 婚約者• 次男: - 祖• 側室:千代保()• 四男: - 第二代藩主• 側室:お岩 隆興院 笠間氏女• 六女: - 豊臣秀吉養女• 九女:保智(清妙院) - 婚約者、室• 男児3人早世• 側室:お在 金晴院(小塚氏女)• 三男:• 側室:お幸和・阿古和 (山本氏女)• 五男: - 初代藩主• 側室:阿千代 逞正院• 六男:• 女児 早世• 女子: - 室、家臣小林氏娘• 前田利家・ - (室) - 徳(室) - - 女(室) - - 女(室) - - - () - - - - 家臣 [ ]• 荒子衆• 与力衆• 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 15,6点から20点ほど確認されている前田利家画像の中でも、古くからよく知られた肖像画。 中世より加賀の海に関わるで、江戸時代に町々を務めた中山家に伝来。 同家は、天正11年(1583年)における利家の金沢入国時に先導をしたとされ、本図もこの時賜ったと伝えられる(村上尚子「前田利家画像に関する基礎的調査」『紀要』第19号、2009年4月30日、pp. 12-13。 なお同論文は、利家画像を網羅的に掲載・解説している)。 『加賀藩史料』によると、信長の伯父津田孫三郎信家を烏帽子親としてその偏諱を受けたとある。 なおこの信家は岩倉城主・の子と思われるが、伯父ではなく信長の従兄弟(叔母の子)であり、信長の伯父・津田孫三郎()と混同した誤りであると推定される。 出典 [ ] []• 『豊臣秀吉研究』角川書店、1975年。 292. , p. 11, 「前田利家とその時代」. 12, 「前田利家とその時代」. , p. 93, 木越祐馨「前田利家と一向一揆」. , p. 75, 見瀬和雄「前田利家の領国経営」. 『戦史ドキュメント 賤ヶ岳の戦い』学習研究社、2001年1月。 「金沢城と前田利家」『加能史料研究』597号、2008年。 (所収:)• , p. 14-16, 「織豊期前田氏権力の形成と展開」. 国書刊行会『史籍雑纂. 第二』「当代記」• , p. 43, 宮本義己「前田利家と豊臣秀吉」. 宮本義己「豊臣政権下における家康の危機」『大日光』67号、1996年。 村川浩平「羽柴氏下賜と豊臣姓下賜」『駒沢史学』49号、1996年。 , p. 184. , p. 185. 千葉一大 「豊臣政権と北奥大名南部家」、山本博文・堀新・曽根勇二編 『偽りの秀吉像を打ち壊す』 柏書房、2013年、92頁。 瀬戸薫「前田利家と南部信直」『市史かなざわ』5号、1999年。 矢部健太郎「太閤秀吉の政権構想と大名の序列」『歴史評論』640号、2003年。 のちに 矢部健太郎『豊臣政権の支配秩序と朝廷』吉川弘文館、2011年。 に所収• 上杉家への代替地は東蒲原。 のちに藤田信吉が津川城に入る。 (『管窺武鑑』上杉博物館『国宝 上杉家文書』など)• 三池純正『敗者から見た関ヶ原合戦』洋泉社、2007年、68-69頁。 三池純正『義に生きたもう一人の武将 石田三成』宮帯出版社、2009年、97頁。 283. , p. 287-288. 『』洋泉社、2013年。 , p. 45-47, 宮本義己「前田利家と豊臣秀吉」. 参考文献 [ ]• 『前田利家』〈人物叢書〉、1988年(原著1966年)、新装版。 花ヶ前盛明編 『前田利家のすべて』(新装版) 、2001年。 大西泰正編 『前田利家・利長』 〈織豊大名の研究 第三巻〉、2016年。 前田利家を主題とした作品 [ ] 小説• 前田利家()• 前田利家()• 前田利家()• 百万石異聞・前田利家と松 ()• 前田利家()• 利家とまつ()• 前田利家() 漫画• 前田利家()• 利家とまつ() テレビドラマ• (2002年、NHK大河ドラマ、演:) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (『』)•

次の