君が隣にいることいつか当たり前になってさ歌詞。 【Saucy Dog/いつか】歌詞の意味を徹底解釈!亡くなった彼女へ捧げる歌に涙が止まらない。

【Saucy Dog/いつか】歌詞の意味を徹底解釈!亡くなった彼女へ捧げる歌に涙が止まらない。

君が隣にいることいつか当たり前になってさ歌詞

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

落合渉「君が隣にいることいつか当たり前になってさ」の楽曲ページ|1008476981|レコチョク

君が隣にいることいつか当たり前になってさ歌詞

2番 当たり前に通ってたあの道 信号機は無くなるみたいです 思い出して切なくなる気持ちも いつかは無くなるみたいです そういえば寒い雪降る日の 田和山の無人公園でさ 震える体 暗い中 いつものように笑い合う 街灯の下で 僕の目に映り込んだ君が いつもよりちょっと寂しそうな気がした 思い出して切なくなる気持ちも いつかは無くなるみたいです とあるように、君がいなくなってから2番までで時間が経過していることが分かります。 しかし「いつかは無くなるみたいです」なんて言いながらも、何かにつけて思い出すのは君のことばかり。 街の景色は変わっても、君への想いは変わってくれない。 むしろ君と過ごした街の全てが、切ない思い出へと変わり主人公を襲ってくるのです。 ちなみに田和山とは、 島根県松江市にある地名のことで、作詞を努めた石原さんの地元 島根 が舞台であることの裏付けとなっている。 3番 今になってさ 思い出してさ 後悔じゃなにも解決しないさ 忘れられないのは 受け入れられないのは 君を思い出にできるほど僕は 強くはないから どれだけ時間が経っても 君を思い出にすることはできなかった。 地べたに寝転んだ星を見た日も、手を繋いで暖め合った冬も、はしゃぐ君の後ろ姿も、「思い出」として片付けるには、あまりにも鮮明に景色が蘇ってくるのでしょう。 あまりにキラキラした幸せな日々を共に過ごしたから、君を思い出にできるほど強くなることは不可能なのです。 残された主人公の叫びがあまりに切ない。 ラストサビ 僕の見た景色を全部 君にも見せてやりたかったんだ あったかいココアを一口 いつかまた逢う日までと 笑う顔に嘘は見当たらない じゃあね じゃあね またどっか遠くで いつか このクライマックスで涙腺が崩壊する。 僕の見た景色を全部 君にも見せてやりたかったんだ なんて、主人公の想いそのもの。 曲解を生み出す必要もなく、 主人公の切実な願望が伝わってくる。 だから私はここで泣いてしまう。 そしてラストの 「いつかまた逢う日まで」 というのは、君の最後の言葉なのでしょう。 ここがもう本当に切なすぎる。 最後の最後まで笑顔で主人公に向き合った君。 大好きな主人公との別れだからこそ、きっと訪れてくれるであろう「いつか」に想いを馳せ、君は笑顔で旅立って行ったのです。 感想 かなり感情的に記事を執筆しました。 やはりこの曲はダメだ。 涙なしでは聴けない 笑 今までの考察記事史上、 もっとも「切ない」という言葉を使った。 それくらい「いつか」は切ない。

次の

【コラシタ】君が隣にいることいつか当たり前になってさ 落合渉 nanaRepeat

君が隣にいることいつか当たり前になってさ歌詞

同じクラスにいた異性と付き合っていたようです。 誰にでもありそうなシチュエーションだからこそ、グッと引き込まれますよね。 後半の2行からは、すでに二人は破局していることがわかります。 もう終わった恋なのに、主人公は後悔している様子で、そのあとの部分で歌われています。 でも、未だに恋人のことが忘れられないようですね。 「いつも待たせた」と歌われていることから、当時は恋人に迷惑をかけていたのかもれません。 もちろん、本心ではなく照れや恥ずかしさから取ってしまった行動だと考えられますが、別れて相手を失った時、そのちょっとした見栄を後悔してしまうのでしょう。 消えない後悔 サビでは付き合っていた頃の後悔がストレートに歌われています。 でも上記同様、照れや恥ずかしさが壁となってうまく伝えられなかったのかもしれません。 こういう後悔は、付き合っているときはなかなか気づけないものですよね。 隣にいることが当たり前になってしまう経験は、皆さんにもあるのではないでしょうか? 別れて初めて大切さに気づいて後悔するより、そばにいる時から大切にしたいものですね。 青いベンチって? タイトルにもなっている「青いベンチ」とは一体何なのでしょうか? 楽曲中では下記の部分に登場します。 ホームから空を見ている。 青いベンチに座って思い出に浸っている。 上記の3つから考えられるのは、駅にあるベンチのこと。 二人がよく待ち合わせをしていた、思い出が詰まったベンチのことなのではないでしょうか。 ちなみにサスケの二人は埼玉県の旧大宮市出身。 この楽曲が実話なら、青いベンチは大宮駅にあるのかもしれませんね。 興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。 みなさんには「青いベンチ」のような「過去の恋の思い出の場所」はありますか? もしあればそんな場所に思いを馳せながら、この楽曲とともにセンチメンタルな気分に浸ってみるのもいいかもしれませんね。 TEXT ゆとりーな.

次の