うら さか。 うらたぬき受け

うらたぬき (うらたぬき)とは【ピクシブ百科事典】

うら さか

うらた「黙れ坂田」 さかた「黙る坂田」 概要 とによるユニット。 2015年夏コミにて、アルバム「うらさか日和。 」を頒布。 作詞作曲: 【MV】 コンティニュー/うらたぬき&あほの坂田(うらさか日和。 収録) 作詞作曲: /あほの坂田&うらたぬき(Four the C収録) 作詞: 作曲: -Remix ver. 作詞作曲: /うらたぬき&となりの坂田。 作詞作曲: アルバム 【2015夏コミ】うらさか日和。 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 09:47:56• 2020-07-16 09:46:31• 2020-07-16 09:45:04• 2020-07-16 09:42:33• 2020-07-16 09:40:56 新しく作成された記事• 2020-07-16 09:46:41• 2020-07-16 09:36:59• 2020-07-16 09:04:52• 2020-07-16 08:53:59• 2020-07-16 08:49:20•

次の

浦田わたる

うら さか

うらた「黙れ坂田」 さかた「黙る坂田」 概要 とによるユニット。 2015年夏コミにて、アルバム「うらさか日和。 」を頒布。 作詞作曲: 【MV】 コンティニュー/うらたぬき&あほの坂田(うらさか日和。 収録) 作詞作曲: /あほの坂田&うらたぬき(Four the C収録) 作詞: 作曲: -Remix ver. 作詞作曲: /うらたぬき&となりの坂田。 作詞作曲: アルバム 【2015夏コミ】うらさか日和。 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 09:47:56• 2020-07-16 09:46:31• 2020-07-16 09:45:04• 2020-07-16 09:42:33• 2020-07-16 09:40:56 新しく作成された記事• 2020-07-16 09:46:41• 2020-07-16 09:36:59• 2020-07-16 09:04:52• 2020-07-16 08:53:59• 2020-07-16 08:49:20•

次の

うらたぬき (うらたぬき)とは【ピクシブ百科事典】

うら さか

『After the Rain COUNTDOWN PARTY 2017-18~そらまふうらさか年越し会~』 2017. SUN TOKYO DOME CITY HALL 無理ゲーに、ヌルゲー、理不尽ゲー、萌えゲー、果ては神ゲーといったところまで。 ゲームの世界が奥深いものであることは間違いなく、世界的にみればゲームを生業とする人種までもが存在するわけで、近年はe-Sportsなる単語もよくみかけるようになった。 つまりは、それだけゲームというものは人々を魅了してやまないサブカルチャーとなっている、ということなのだろう。 場合によっては「人生そのものがゲームである」とのたまう人々もいる中、このたび2017年の大晦日から2018年の元旦未明にかけ、水道橋・TOKYO DOME CITY HALにて『 COUNTDOWN PARTY 2017-18~そらまふうらさか年越し会~』を大々的に開催した。 まふまふ 「皆さん、こんばんは! 我々は普段から一緒にゲームをやっている4人、ということでね。 今日は皆それぞれ、ゲーム風のコスチュームにしてきました!」() なお、今回の年越しライブは(・)だけでなく、浦島坂田船より&のふたりが参加し「そらまふうらさか」としての初のイベントとなっている。 開演後、まず1曲目の「ロールプレイングゲーム」では、いきなり4人全員がステージ上へ登場することに。 うらたぬき そんなシチュエーションにおいて、ある意味で逆説的な「ノンファンタジー」が歌われたのも、これがゲームをコンセプトとしたライブだと考えると、なかなかの一興となっていたように思う。 と同時に、今回のライブではボーカリスト4人全員でのパフォーマンス以外にも、ソロ歌唱やこの日ならではのカップリング演目も多々用意されており、その先陣を切るかたちでが歌いだしたのは、小気味よい「恋の魔法」。 とによるアオハルテイストたっぷりな「ハートの後味」に、とが紡ぎ出したワルツ調な「嘘つき魔女と灰色の虹」、が歌ったここからの受験シーズンにぴったりの「世界の真ん中を歩く」と、繰り出される曲たちがどれをとっても活き活きとしていて、みずみずしく感じたのは、ひとえに彼らの持つ表現力によるものだった。 あほの坂田、うらたぬき とが繊細に歌い上げた「打上花火」や、が超絶ハイトーンで聴衆を圧倒した「病名は愛だった」、先だってツアーを終えたばかりの が絶妙なコンビネーションをみせつけた「ショパンと氷の白鍵」や「セカイシックに少年少女」、とが切なくも心温まる情景を描きだした「キッス~帰り道のラブソング~」、浦島坂田船で築き上げてきた良好な関係性が歌のハーモニーにも表出していたとによる「プリンセスに口づけを」など、本編中盤にて楽しむことが出来た曲たちもどれも味わい深いものばかりで、年の瀬も年の瀬のこの期に及んで、これだけ聴き応えのある歌たちに触れられたことは、オーディエンスにとっての大きな幸せになったと確信する。 そらる、まふまふ かくして、気付けば時刻がいよいよ年明けまで残り20分弱となった頃。 そして、主役となる4人はというと新年を迎えるにあたり、いかにも相応しい袴姿へとお色直し。 つい先ほどまでのボーカリスト然とした真剣モードからは一転し、ここでの4人は完全にお茶の間と化した舞台上にて、みかんに各メンバーの似顔絵をらくがきしたり、まったりほっこりな四方山話に花を咲かせたり、新年を迎えた瞬間にツイートする為の写真をその場で撮りあったり、と彼らはしばしのくつろぎタイムを満喫したのだった。 COUNTDOWN PARTY 2017-18~そらまふうらさか年越し会~ さらに、そののちのカウントダウンでは「おめでとうございまーす!!」が無事に決まるやいなや、彼ら4人は新年早々にも関わらずどうにも縁起の悪い「ぼうけんのしょがきえました!」を嬉々として歌い出したのである。 これは、ガチゲーオタな彼らならではの洒落とウィットが利いた選曲であったと言えそうだ。 また、そらまふが肩を組みながら歌ってみせた「絶対よい子のエトセトラ」に、即座にこたつを撤収して、そらまふチームとうらさかチームに分かれつつ両者が共に歌った「ロメオ」など、見せ場&聴きどころ満載な楽曲たちが続々と連打され、シュールなダンスポップチューンとして広く認知されている「彗星ハネムーン」と「エイリアンエイリアン」で派手に盛り上がったあとは、が人気曲「夢のまた夢」でさらに会場を盛り上げ、このライブの本編を締めくくったのはこのイベントの主催者であるが高らかに奏でた「四季折々に揺蕩いて」。 そのうえで、アンコールではオールキャストでの「脱法ロック」を放ったのち、絶妙なタイミングで4人からこのライブについての所感や、新年に向けての抱負が語られるくだりも設けられていた。 「が言ってくれてたとおり、2017年はこの4人で会うことがすげー多かったよね。 (中略)ただ、俺は前回この場にはいなかったんですよ(注・体調不良により出演キャンセル)。 その時にや皆が凄く頑張ってくれたって聞いて、とにかく申し訳ないなと思ったし、皆さんに対してもそれは凄くあって…去年の始まりはもう超最悪でした 苦笑。 まぁ、去年も総括すれば僕にとっては良い年だったんだけどね。 でも、今年はここにいる3人と皆のおかげで最高な新年を迎えることが出来ました。 だから、今年は去年よりも絶対もっともっと良い年になると思います。 そうなるように、この4人でも、としても、自分個人としても、皆に楽しいことをいろいろ届けていきたいです。 今年もよろしくお願いします!」() COUNTDOWN PARTY 2017-18~そらまふうらさか年越し会~ ちなみに、この『 COUNTDOWN PARTY 2017-18~そらまふうらさか年越し会~』の大ラスを飾ったのは、この場が戌年の始まりを飾るであることなどものともしない、とびきりのぬっこぬこなパーティーチューン「すーぱーぬこになりたい」だ。 場内いっぱいに笑顔と充実感が溢れんばかりとなった、素晴らしき新年の幕開けを経て、2018年の4人がここから一体どれほどエキサイティングなゲーム展開をみせていくのか……それをつぶさに見届けていくことこそ、きっと我々にとっては今年の大きな楽しみとなっていくに違いない。 取材・文=杉江由紀 撮影=小松陽祐(ODD JOB)、岡本麻衣 1. ロールプレイングゲーム (そらまふうらさか) 2. ギガンティックO. N (そらまふうらさか) 3. ノンファンタジー (そらまふうらさか) 4. 恋の魔法 (うらたぬき) 5. ハートの後味 (そらる・うらたぬき) 6. 嘘つき魔女と灰色の虹 (そらる・あほの坂田) 7. 世界の真ん中を歩く (あほの坂田) 8. 打上花火 (まふまふ・あほの坂田) 9. 病名は愛だった (まふまふ) 10. ショパンと氷の白鍵 (そらる・まふまふ) 11. セカイシックに少年少女 (そらる・まふまふ) 12. キッス~帰り道のラブソング~ (まふまふ・うらたぬき) 13. プリンセスに口づけを (うらたぬき・あほの坂田) こたつトーク~カウントダウン 14. ぼうけんのしょがきえました! (そらまふうらさか) 15. 絶対よい子のエトセトラ (そらる・まふまふ) 16. ロメオ (そらまふうらさか) 17. イノコリ先生 (うらたぬき・あほの坂田) 18. 星に願いを (まふまふ・あほの坂田) 19. 雨とぺトラ (まふまふ・うらたぬき) 20. 彗星ハネムーン (そらる・うらたぬき) 21. エイリアンエイリアン (そらる・あほの坂田) 22. 夢のまた夢 (そらる) 23. 四季折々に揺蕩いて (そらる・まふまふ) [ENCORE] 24. 脱法ロック (そらまふうらさか) 25. すーぱーぬこになりたい (そらまふうらさか) SPICER.

次の