笠井アナブログアメブロ。 笠井アナ『特別定額給付金』の申請書が届いたことを報告「書き方はとても簡単」

笠井アナ『特別定額給付金』の申請書が届いたことを報告「書き方はとても簡単」

笠井アナブログアメブロ

笠井アナは昨年の12月19日に情報番組『情報プレゼンター とくダネ! 』(フジテレビ系)に生出演し、悪性リンパ腫にかかったことを告白。 その後は入院生活を送りながら抗がん剤治療を受けてきたが、4月30日に退院し、16日には仕事に復帰したことを報告していた。 この日は「例のモノが届きました。 マスクについては、「我が家には、ずいぶん前にマスクが届きました」と明かす一方で「まだ届いていないところがあると言うので、やはり全世帯にものを届けるっていうのは大変なんだなとつくづく思います」とコメント。 また、「特別定額給付金」の申請書については、「オンライン申請をするために、マイナンバーカードを作ったり、忘れた暗証番号を確認するために6時間も7時間も待たなければいけない」というニュースを目にし、「とても家族に並んで欲しい」と言えなかったといい、「申請書が届くのを待って郵送で申し込もうと思っていた」と説明。 続いて、「書き方はとても簡単」だったそうで「時間のある私には、郵送の判断でで良かったのではないかと思います」(原文ママ)とコメント。 「申請したらいったいどのぐらいで振り込まれるのかな?」と疑問を述べつつ、「オンライン申請をした人の方が早く振り込んでもらえると言う話 噂? も聞いたのですが、静かに待ちます。 」とつづり、ブログを締めくくった。 この投稿に読者からは「どちらもまだ届いてません」「給付金の申請書は先週届いたのですが、マスクはまだです」「地域によってスピードの違いもあるのかも」などのコメントが寄せられている。 外部サイト.

次の

笠井信輔アナがアメブロで、届いた千羽鶴に感謝 「涙で手紙が読めなくなった」|ニフティニュース

笠井アナブログアメブロ

笠井アナは昨年のに情報番組『情報プレゼンター』()に生出演し、悪性リンパ腫にかかったことを告白。 その後は入院生活を送りながら治療を受けてきたが、に退院し、16日には仕事に復帰したことを報告していた。 一方で、退院した現在でも感染症予防のため、自宅では自ら家族と距離をとっている。 この日、笠井は「この前の日曜の話になりますが… 」と、昼間に家族での通話をしたことを報告。 家族から「」と祝福され、「今年は「退院」ですとか「完全寛解」ですとかいろいろが 立て続けに起きたので 本当に心から嬉しく聞くことができました」と述べた。 さらに、同夜には母親からもの通話があったと明かし、「珍しいなと思って取ってみるとの画面に父の顔がドアップで!」と父親が画面に登場したことを説明。 母親は「なので電話をしてみました」と述べたといい、「先をこされてしまいました。 私がかけるべきだったのに」とつづった。 また、笠井は父親に「ね。 こっちは元気にしてるから」と伝えたといい「を患っている父ですが、私の事は当然わかるので、うれしそうにしていました」と説明。 自身について「父であるとともに息子でもあるんですよね」と述べ、「長生きしてね、!」と呼びかけた。 最後に「自宅でを迎えることができて本当によかった」としみじみ述べ、「色々なすべてに感謝したい、でした」とつづり、を締めくくった。 この投稿に読者からは「素敵な」「感動しました」「愛がいっぱいの家族ですね。 読んでいてしました」などのが寄せられている。

次の

笠井アナ、退院後の体重が順調に増加中「自宅の食事がおいしいので」

笠井アナブログアメブロ

笠井アナは昨年のに情報番組『情報プレゼンター』()に生出演し、悪性リンパ腫にかかったことを告白。 その後は入院生活を送りながら治療を受けてきたが、に退院し、16日には仕事に復帰したことを報告していた。 一方で、退院した現在でも感染症予防のため、自宅では自ら家族と距離をとっている。 この日、笠井は「この前の日曜の話になりますが… 」と、昼間に家族での通話をしたことを報告。 家族から「」と祝福され、「今年は「退院」ですとか「完全寛解」ですとかいろいろが 立て続けに起きたので 本当に心から嬉しく聞くことができました」と述べた。 さらに、同夜には母親からもの通話があったと明かし、「珍しいなと思って取ってみるとの画面に父の顔がドアップで!」と父親が画面に登場したことを説明。 母親は「なので電話をしてみました」と述べたといい、「先をこされてしまいました。 私がかけるべきだったのに」とつづった。 また、笠井は父親に「ね。 こっちは元気にしてるから」と伝えたといい「を患っている父ですが、私の事は当然わかるので、うれしそうにしていました」と説明。 自身について「父であるとともに息子でもあるんですよね」と述べ、「長生きしてね、!」と呼びかけた。 最後に「自宅でを迎えることができて本当によかった」としみじみ述べ、「色々なすべてに感謝したい、でした」とつづり、を締めくくった。 この投稿に読者からは「素敵な」「感動しました」「愛がいっぱいの家族ですね。 読んでいてしました」などのが寄せられている。

次の