岩橋玄樹 飲酒。 岩橋玄樹の復帰延期の原因はどれ?パニック障害・警察沙汰・飲酒生活

キンプリ「岩橋玄樹」の名前を出せずブーイング! 復帰か退所か、情報錯綜

岩橋玄樹 飲酒

キンプリは5人で活動していくしかないのかな。。。 「嵐」が2020年末に活動休止となり、新たな〝稼ぎ頭〟としてジャニーズ事務所が猛プッシュするのが男性6人組グループ「King&Prince」(通称キンプリ)だ。 メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹。 だが、現在は岩橋を除く5人で活動を続けている。 岩橋は2020年10月にジャニーズ事務所に入所。 キンプリの一員としてデビューしたが、昨年10月20日に放送されたドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」でパニック障害を患っていることを告白し、同年11月から治療に専念するため、休養することを発表した。 その後、改善が見られたため、今年2月17日に一部制限付きで芸能活動を再開すると発表。 ところが、わずか11日後の同28日に再び活動休止が発表された。 これに伴い、3枚目のシングル「君を待ってる」の発売日は3月20日から4月3日に延期となった。 活動再開から休止までの〝空白の11日間〟に「やらかしていた」と報じたのは「週刊文春」(文藝春秋)だ。 2月19日の夜、岩橋は原宿駅付近のコンビニで酒を購入しようとしたが、店員から年齢確認のために身分証提示を求められ激高。 激しい口論となり、店員の通報で、同伴男性とともにパトカーに乗せられ、警視庁原宿署に連行されたというのだ。 結局、岩橋は警察から厳重注意を受け、迎えに来た両親と帰路についたというが、ファンの間では「このトラブルで再び症状が悪化したのでは?」と囁かれている。 「それ以来、ジャニーズ事務所も岩橋の近況や今後については一切発表しなくなった。 ネット上では目撃談こそあるものの、彼がいま何をやっているのか、復帰に向けて動いているのかすわからない」とはスポーツ紙記者。 キンプリのグッズを発売する某社の担当社員も不安そうにつぶやく。

次の

【岡田結実】ジャニーズオタクで関係性は?キンプリ岩橋と親友で未成年飲酒騒動とは?|sugar news

岩橋玄樹 飲酒

King & Princeのメンバーである岩橋玄樹さんが、 パニック障害の療養中に警察沙汰のトラブルを 起こしていたことがニュースになっています。 そのニュースの中で、 岩橋玄樹さんはパニック障害の療養中に、 たびたび飲み歩いている姿を目撃されており、 何かの薬をお酒と一緒に大量摂取していたと 書かれていました。 アルコールで薬を摂取するなんて、 普通は考えられないですね。 しょっちゅう飲み歩いているようですし、 岩橋玄樹さんはもしかしてアルコール依存症では?と 心配になりました。 また薬を大量摂取していたという点も、 薬物依存の可能性があるのではないかと とても気になりました。 今回は岩橋玄樹さんのアルコール依存症と 薬物依存の可能性について、 またパニック障害と飲酒には関係があるのか 気になったので、調べてみました。 そして2010年10月31日に ジャニーズ事務所に入所しました。 岩橋玄樹さんは2013年フジテレビ系「幽かな彼女」で 俳優デビューを果たしました。 2014年には、Sexy Zoneの弟分ユニットとして 「Sexy Boyz」の結成が発表され、 岩橋玄樹さんもメンバーに選ばれました。 岩橋玄樹さんは亡くなった祖父との約束で 大学への進学を目指しており、 2015年4月に亜細亜大学経済学部に入学しています。 そして同年6月5日、 「ガムシャラ! サマーステーション」の制作発表で、 岩橋玄樹さんは期間限定ユニットである 「Mr. King vs Mr. Prince」のメンバーとして 活動開始することが発表されました。 その後、ユニットを継続することが発表されましたが、 2016年以降は3人組グループ「Prince」として 神宮寺勇太さん、岸優太さんとともに活動を続けていました。 2018年10月20日に放送されたドキュメンタリー番組 「RIDE ON TIME〜時が奏でるリアルストーリー〜」で 岩橋玄樹さんはパニック障害であることを明かしており、 同月26日、パニック障害の治療に専念するため、 11月初旬から休養することを発表しました。 2019年2月17日、岩橋玄樹さんは 3rdシングル「君を待ってる」で 一部制限付きで芸能活動を再開すると発表しましたが、 その後再度不安定な状態に陥ったとして、 翌日に活動再開を見送ることを発表しました。 「君を待ってる」は当初の発売日であった3月20日から 4月3日に発売を延期することとなり、 岩橋玄樹さんを除く5人で発売することとなりました。 photo-ac. 今回の報道でも、飲酒しているところを目撃されており、 大量の薬をお酒と一緒に摂取していたそうです。 酒で流し込むように10錠以上は飲んでいた。 何の薬かはわかりませんが、『1軒の病院でもらえる量だと全然足りないので、何軒もの病院を回っている』と言っていました。 周囲が体を心配して止めようとしても、『薬はお酒と一緒に飲みたいんだ! yahoo. 何件もの病院を回ってもらう薬の量とは、 一体どれほど大量の薬を摂取しているのでしょうか。 これではパニック障害の治療が進んでいたとは 到底考えにくいですし、 アルコール依存症や薬物依存ではないかと 心配してしまいます。 ですが岩橋玄樹さんはお酒が弱いことが ファンの間では有名だそうで、 この点については、本当に岩橋玄樹さんが 飲酒をしていたのか疑問視する声もでています。 お酒なんて飲まないで、ちゃんと治療に専念してね、、、、、 待ってるファンがたくさんいること忘れないで。 岩橋玄樹さんがアルコール依存症であるかは はっきりとわかりませんが、 飲み歩いていることが事実ならば、 応援しているファンのためにも、 飲酒を控えて治療に専念して欲しいですね。 また岩橋玄樹さんが アルコールと共に大量摂取していた薬ですが、 おそらくパニック障害の治療のための薬を 摂取していたのではと思います。 パニック障害は精神的な疾患であるため、 薬をたくさん摂取すれば効果があるように 思えるのかもしれません。 現に精神科の薬は、依存性が高いと言われています。 このように違法薬物ではないにしても、 処方箋薬の依存症も存在するので、 もしかすると岩橋玄樹さんは、 後者の薬物依存に陥っている可能性があるのでは ないでしょうか。 photo-ac. パニック障害の専門家である 岐阜大学医学部附属病院精神科長の塩入俊樹さんは 以下のように説明しています。 お酒はパニック障害の発作を起こしやすくすると言われているので、療養中お酒は控え、十分な栄養と睡眠をとって規則正しい生活を送ることが大切です。 yahoo. しかし時間がたつと逆に反動が出てしまい、 不安が起こりやすくなります。 そのため、飲酒によるアルコール摂取や たばこなどの嗜好品は パニック障害の症状を悪化させてしまいます。 またカフェインなどの覚醒作用を持つ薬物は 心拍数などのパニック症状を増加させるので こちらも注意が必要です。 パニック障害と飲酒には 切っても切れない関係があり、 パニック障害の発作を起こさないようにするためにも、 パニック障害の治療中に飲酒は控えることが 重要であることがわかりました。 岩橋玄樹さんも飲酒を控えて治療に専念し、 一日も早く元気に活動する姿を見せてほしいですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 岩橋玄樹さんはアルコール依存症かどうか 正確な情報はわかりませんでしたが、 パニック障害の治療の中で不安を解消するために、 飲酒に走ってしまった可能性はありそうです。 大量の薬物の摂取も、 精神薬の薬物依存である可能性が高いのでは ということがわかりました。 またパニック障害と飲酒の関係については、 岩橋玄樹さんのように パニック障害の患者が不安を解消するために 飲酒に走ってしまう事は多いようで、 パニック障害とアルコール依存症の関係も 実は深いものがあることがわかりました。 パニック障害の治療に専念するためにも、 これから岩橋玄樹さんは飲酒を控え、 薬も正しい用法・用量を守って摂取してほしいですね。 岩橋玄樹さんの活動再開を待つ 多くのファンのためにも、 焦らずゆっくりと治療を進めて、 元気な姿でファンの前に戻って来てほしいですね。 岩橋玄樹さんの今後を応援しています。

次の

岩橋玄樹のパニック障害は嘘?USJでの目撃情報で批判の声が殺到!

岩橋玄樹 飲酒

キンプリは5人で活動していくしかないのかな。。。 「嵐」が2020年末に活動休止となり、新たな〝稼ぎ頭〟としてジャニーズ事務所が猛プッシュするのが男性6人組グループ「King&Prince」(通称キンプリ)だ。 メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹。 だが、現在は岩橋を除く5人で活動を続けている。 岩橋は2020年10月にジャニーズ事務所に入所。 キンプリの一員としてデビューしたが、昨年10月20日に放送されたドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」でパニック障害を患っていることを告白し、同年11月から治療に専念するため、休養することを発表した。 その後、改善が見られたため、今年2月17日に一部制限付きで芸能活動を再開すると発表。 ところが、わずか11日後の同28日に再び活動休止が発表された。 これに伴い、3枚目のシングル「君を待ってる」の発売日は3月20日から4月3日に延期となった。 活動再開から休止までの〝空白の11日間〟に「やらかしていた」と報じたのは「週刊文春」(文藝春秋)だ。 2月19日の夜、岩橋は原宿駅付近のコンビニで酒を購入しようとしたが、店員から年齢確認のために身分証提示を求められ激高。 激しい口論となり、店員の通報で、同伴男性とともにパトカーに乗せられ、警視庁原宿署に連行されたというのだ。 結局、岩橋は警察から厳重注意を受け、迎えに来た両親と帰路についたというが、ファンの間では「このトラブルで再び症状が悪化したのでは?」と囁かれている。 「それ以来、ジャニーズ事務所も岩橋の近況や今後については一切発表しなくなった。 ネット上では目撃談こそあるものの、彼がいま何をやっているのか、復帰に向けて動いているのかすわからない」とはスポーツ紙記者。 キンプリのグッズを発売する某社の担当社員も不安そうにつぶやく。

次の