軟骨 ピアス。 軟骨ピアスの可愛い位置を画像付きでご紹介!開け方・痛みは?

軟骨ピアスについて。一昨日ニードルで開けたら腫れました。ピアスを外した...

軟骨 ピアス

軟骨ピアスの可愛い位置をご紹介! 軟骨ピアス1の人気位置 ヘリックス 軟骨ピアスの可愛い位置としてまず紹介するのは ヘリックスです。 軟骨ピアスの代表的位置とも言えるヘリックスは、 耳上部のふちあたりに開けるピアスのことで、髪を耳にかけたり、アップヘアにしたりすると華やかで可愛いと大人気の位置です。 ヘリックスには ストレートバーベルや リングピアス、スパイラルバーベル等を着ける人が多いです。 幅広い形状のピアスを装着することが出来る位置なので、 軟骨ピアス初心者さんにもおすすめの位置ですよ! ヘリックスに着けると可愛い軟骨ピアス 着用シルエットが可愛い軟骨ピアス アンテナヘリックス アンテナへリックスは、耳上部を縦に開ける軟骨ピアスのことです。 アンテナを立てたような見た目から名称が付いたアンテナへリックスは、バーベルを縦向きに使うため、 ピアス全体を見せることができて、その 存在感や シルエットが可愛いと人気の軟骨ピアスです。 アンテナヘリックスに適した形状のピアスは ストレートバーベルやリングピアス等ですが、ストレートバーベルのキャッチを付け替えてオリジナルピアスを着けても存在感が際立って素敵ですよ。 アンテナヘリックスに着けると可愛い軟骨ピアス ちょこんと可愛い軟骨ピアス トラガス 最近、可愛い位置として大人気の トラガスです。 トラガスは耳の穴より 顔側すぐの三角形の軟骨部分に開けるピアスのことです。 ヘリックスに比べて位置が低く、また顔に近いことから、髪が風に少しなびくだけで ちらっと見えるピアスが可愛いと大注目を浴びています。 トラガスに適した形状のピアスは片面がフラットになっている ラブレットスタッドが主流ですが、 リング、サーフェイスバーベルなどをつけても可愛いですよ。 トラガスに着けると可愛い軟骨ピアス 軟骨ピアスで個性を表現 インダストリアル 軟骨ピアス初心者さんには少し難易度が高くなりますが、 インダストリアルも可愛い位置として人気があります。 2つのピアスホールを1つのロングバーベルで繋ぐインダストリアルは、着けるだけでインパクト抜群の耳元にしてくれます。 インダストリアルに適した形状のピアスは インダストリアルバーベル、または 内径の長いストレートバーベルです。 ストレートバーベル着用時にはバーベル間にチャームを通すだけで耳元の印象を簡単に変えることができますよ! インダストリアルに着けると可愛い軟骨ピアス 軟骨ピアスの開け方 可愛い位置を見つけても、 「軟骨ピアスってどうやって開けるの?」と疑問を持つ方も多いはず。 軟骨ピアスは部位によって骨の厚さや形が異なるため、 ピアッサーを使って簡単に開けられる位置とそうではない位置が存在します。 ヘリックスやアンテナへリックスは軟骨ピアスの中でも比較的開けやすく、軟骨ピアス初心者でも挑戦しやすい位置ですが、トラガスやインダストリアル等は正しい位置や角度が難しく、難易度が高めです。 セルフピアッシングが不安な場合は、 ピアススタジオや ピアッシングを行っている医療機関等を利用して軟骨ピアスを開けることをおすすめします。 ピアッサーを使ったセルフピアッシング派の方には、こちらの記事もおすすめです。 おすすめの軟骨ピアス用ピアッサー 軟骨ピアスは痛い?ピアッシング後の痛みや腫れは? 「軟骨ピアスを開けたいけど痛いのが怖くて開けられない」という声を耳にしたことがあります。 確かに耳の軟骨に穴を開けるのですから痛そうですよね…。 痛みの感じ方は人それぞれなので、残念ながら軟骨ピアスがどれくらい痛いか、またその痛みや腫れがいつまで続くのか、ということは一概には言えませんが、実際に軟骨ピアスに挑戦した人は 「耳たぶよりも少し痛いくらい」という感想を持つ方が多いようです。 また、軟骨ピアスの痛みや腫れを早く解消するには、 ピアッシング後の継続的なケアと注意が必要です。 中には「 着替えや寝返りでうっかり軟骨ピアスを触ってしまって激痛が走った!」なんて痛そうな体験談も…。 ピアスホールが安定すれば痛みも引くので、軟骨ピアスを開けた後は無理に動かさず、一日でも早いピアスホールの安定を目指しましょう。 また、軟骨ピアスの消毒にはピアス用の 垂れにくいジェルタイプの消毒液を使うのがおすすめです。 おすすめの軟骨ピアス消毒ジェル 軟骨ピアスまとめ 今回は軟骨ピアスについてお話しました。 耳たぶとは一味違う、個性的なオシャレが楽しめる軟骨ピアス。 ぜひ可愛い位置にお気に入りの軟骨ピアスを着けて、オシャレをさらに楽しんでください! おすすめな軟骨ピアス.

次の

軟骨ピアスは塞がる?閉じる期間と傷は残るか、塞がらない方法は?

軟骨 ピアス

人にもよりますが激痛が伴います。 個人で開けれるようにピアッサーなどが簡単に手に入るようになっています。 開け方としては主に2種類あり、 ニードルを使う方法と ピアッサーを使う方法になります。 ニードルの後方にピアスを当て、ニードルを押しだすように通せば完成です。 ニードルは医療用のメスと変わらないくらい先端がとても鋭利でホール(穴)を開けた際の傷口がとても綺麗な状態で保つことが可能です。 治りが早いのでホールの 完成が早まります。 ピアッサーはホールを開ける際、先端があまり鋭利で無い針で無理やり開ける為、 傷口がグチャグチャな状態になってしまいます。 ニードルよりも勢いで 気軽に一人で開けられます。 軟骨の場合ホールが完成するのに 約半年かかることと耳たぶより膿みやすいため正しくケアすることが重要になってきます。 自分で開けたり、友人に頼んで開けるよりも 安全性が高いです。 気を付けなければならないのは、通常の病院では知識を持たない医師もいます。 そのため、皮膚科や 専門医のいるピアススタジオを利用する方が知識を持っているので安心です。 下に続く。。 スポンサーリンク 日本では ピアスの穴あけは医療行為とられているため、医師免許を持たない人がピアスの穴あけを行っている場合があります。 レベルの高いピアススタジオもありますが、感染に対する知識や設備が不十分な ピアススタジオも存在するため、ピアスで穴あけを行う際には十分な見極めが必要です。 病院では、 ホールの大きさが調節できたり、トラブルが起こりづらいピアスを選ぶことができ、万が一トラブルになった場合もすぐに対応できます。 未成年の方は保護者の同意が必要になる場合があります。 軟骨に穴が開いてしまった場合はピアスをやめたくなっても 二度と塞がりません。 友人に開けている人がいれば意見を聞いたり、病院の場合は評判の良いところを調べましょう。 消毒がきちんとできていないと軟骨が溶けてしまったり、肉芽ができる話もあります。 肉芽とはイボのようなもので ピアスホールの大きさが適当でなかったり、斜めにピアスが入ってしまった場合にピアスホールの周りにできます。 肉芽ができてしまった場合は病院で切除する必要があります。 軟骨の場合は耳たぶよりも リスクが高いので、開けた時のリスクや開け方、開けてからのケアなど開ける前にはしっかりと下調べしてから開けましょう。 スポンサーリンク.

次の

軟骨ピアスの痛みをランキングにしてみた

軟骨 ピアス

ニードルで開ける• まっすぐ開ける• ピアススタジオで開けてもらう• 触らない• 引っ掛けないように気をつける 軟骨ピアスを開ける時に、 ニードルではなくピアッサーを開けると軟骨へのダメージが大きく、安定するのに時間がかかってしまいます。 ニードルで開けると、軟骨へのダメージが少ないので早く安定すると言われています。 そして、ピアッシングの際にホールが曲がって開いてしまうと、安定しにくくなります。 軟骨ピアスはどこの部位も難易度の高いピアスなので、ピアススタジオなどで開けてもらうと的確な位置にまっすぐピアッシングしてもらえますよ。 なので、早く安定させてい場合は、セルフで開けるのではなく、 ピアススタジオで開けてもらうのがおすすめ。 ホールを開けた後も、汚い手で触ってしまったり、引っ掛けたりすると化膿したりとトラブルの原因になるので気をつけましょう。 スポンサーリンク 軟骨ピアスが安定しない原因は? 軟骨ピアスは耳たぶのピアスに比べると 安定しにくいピアスです。 なかなか軟骨ピアスのホールが安定しない場合には、いくつか原因があるのでご紹介します。 ホールが曲がっている ピアッシングした時に、 ホールが真っ直ぐではなく曲がっていると安定しにくくなります。 ホールが曲がっていると、ホールに負担がかかり痛みが長引いたり、腫れたりします。 セルフでピアッシングした場合や、ピアッサーを使った場合はホールが曲がって開いてしまう可能性が高いです。 ホールが曲がっている場合は、一度ホールを閉じてから再度ピアッシングし直すといいですね。 ファーストピアスが適切なものでない ファーストピアスが適切なものでない場合も、ホールがなかなか安定しません。 軟骨ピアスに使うファーストピアスは、 金属アレルギー対応のチタンか医療用ステンレスがおすすめ。 デザインも邪魔になりにくい ストレートバーベルを選ぶようにしましょう。 引っ掛けてしまった 軟骨ピアスは、髪の毛や帽子、ヘッドホンなどに引っかかりやすいです。 頻繁に引っ掛けてしまうと、ホール内にできたばかりの皮膚を傷つけてしまい安定するのが遅れます。 なので、引っかかりにくいデザインのファーストピアスを選び、ヘッドホンや帽子はなるべく使わないなど工夫が必要ですね。 軟骨ピアスを安定させるには、寝る時に枕にできるだけ当たらないように注意が必要です。 なので、 ドーナツ型の真ん中に穴が空いている枕を使って寝ると圧迫されませんよ。 枕は常に清潔に保つ 枕が汚れていると、開けたばかりのピアスホールに細菌が侵入してトラブルを起こしてしまいます。 化膿や腫れなどのトラブルがあると安定がますます遅くなってしまいます。 枕カバーを頻繁に交換するなど、常に清潔に保つようにしましょう。 ヘッドホンは使用を控える 軟骨ピアスのホールが安定するまでは、ヘッドホンを使うとかなり痛いです。 それに軟骨ピアスをヘッドホンで圧迫するのは、ホールの安定を送らせてしまいます。 耳に入れるタイプのイヤホンも、軟骨ピアスに引っかかりやすくおすすめしません。 軟骨ピアスをした後にヘッドホンをする必要がある時は、耳に触れない 骨伝導ヘッドホンがおすすめ。 ピアスを圧迫せずに使うことができます。 触らない 耳たぶのピアス同様に、軟骨ピアスを開けた後に触りすぎるのは禁物。 洗浄する時以外は、なるべくピアスを触らないようにしましょう。 細菌が入ってしまうので、気になるかもしれませんが触るのを我慢した方がいいですね。 ホールへの負担や刺激が少ないほど安定は早くなります。 軟骨ピアスで安定しない時の対処法は? 軟骨ピアスは化膿したり、痛みが長引いたり、様々なトラブルがつきものです。 トラブル別に、自宅でも簡単にできる対処法をご紹介しますね。 軟骨ピアスで痛みがある時の対処法 軟骨ピアスを開けてすぐは、骨折と同じ状態なので痛みがあるのは自然なことです。 痛みがある場合は、保冷剤などを使って耳を 冷やしてみると痛みが和らぎます。 ピアッシング後1週間ほどたっても強い痛みがある場合は、病院を受診する事をおすすめします。 軟骨ピアスで腫れがある時の対処法 軟骨ピアスが腫れたり、化膿している時には ホットソークで対処できます。 コップ一杯の体温と同じ温度のお湯に、スプーン一杯分の天然塩を入れて、耳を浸します。 これは、古い細胞を排除するための代謝を促して、傷が回復する手助けをしてくれます。

次の