インスタ ユーザーを読み込めませんでした。 インスタのフィードとは?リフレッシュできない理由と解決方法は?

インスタのフィードとは?リフレッシュできない理由と解決方法は?

インスタ ユーザーを読み込めませんでした

ブラウザ版だと表示される 公式アプリではフォローしている人を確認することができなくても、 ブラウザ版のインスタにログインをすることで確認ができるようです。 早急に確認をする必要がある場合は、ブラウザ版にログインをしてみてはいかがでしょうか。 ブラウザ版では、アプリ版同様に投稿やプロフィールの確認や編集が行えます。 エフェクトなどの一部の機能は、アプリ版でないと利用できません。 フォローの確認は、右下の 「プロフィール」タブに切り替え、 「フォロー中」からアクセスできます。 アプリで確認できなくても、ご覧のように何事もなく確認が行えるようになっています。 ただし、インスタ全体でシステムエラー等のトラブルが発生している場合は、確認ができない場合があります。 システムエラー発生時は復旧するまで待機し、復旧後に再度お試しください。 アプリ版での対処法 すべての対処法を試しても改善しない場合は、運営による修正アップデートを待機しましょう。 アプリの再起動 アプリで不具合が確認される場合は、再起動を試してみましょう。 再起動によって解消されることがあります。 「設定」経由で確認してみる 通常、「プロフィール」ページからフォローを確認しますが、 「設定」にも同様にフォローリストを表示させることができます。 プロフィールページで確認することができない場合は、アプリ内の「設定」から確認してみてください。 「プライバシー設定」に進みましょう。 最下部に 「フォロー中のアカウント」項目が設けてあります。 この項目からプロフィール画面同様にフォローしているユーザーの確認が行えます。 アカウントの再ログイン アカウントに何らかの問題が生じていることも懸念されますので、一時的にアカウントのログアウトと再ログインを試しましょう。 下書き投稿がある場合は、ログアウト時に消失してしまいますので、先に投稿を済ませるか控えておきましょう。 「設定」を開きます。 設定画面最下部にログアウトボタンが設置されています。 「〇〇をログアウト」をタップしましょう。 ポップアップの 「ログアウト」をタップし、ログイン画面が表示されるため、再度ログインをしましょう。 ログイン後にフォローリストの確認が行えるかチェックしてください。 検索履歴をすべて消す アプリ内に蓄積された検索履歴などのデータが多く残っていると、アプリの動作に影響が出る可能性があります。 検索履歴を消去し、アプリ内の機能が正常に動作するか再度確認してみましょう。 「設定」を開きます。 「セキュリティ」にアクセスします。 項目内最下部の 「検索履歴をクリア」に進みます。 これまでの検索履歴がすべて表示されます。 右上の 「すべてクリア」をタップします。 ポップアップの 「すべてクリア」をタップすることで、すべての検索履歴が消去されます。 アプリのアップデート インスタでは、高頻度でアプリのアップデートが行われています。 アプリストアでインスタアプリのアップデートチェックを行い、 最新バージョンが配信されている場合はアップデートを実行しましょう。 アプリの再インストール インスタアプリを一時的に削除し、再インストールします。 再インストールにより、アプリ内に蓄積されたキャッシュデータも削除されるため、様々な不具合が解消するケースが多いです。 再インストール後にログインをすることで復元されます。 フォローチェックアプリを利用する インスタ向けのフォローチェックアプリなどの外部サービスを利用してフォローを確認する方法があります。 フォローチェックアプリが原因 フォローチェックアプリを利用していると、フォローしているユーザーを読み込めなくなることがあるようです。 そのため、 フォローチェックアプリを特別利用していないという場合は、インスタとの連携を辞め、アプリをアンインストールするのが良いでしょう。 フォローチェックアプリを利用したい場合は、フォローチェックアプリで確認し、特に利用していない場合は、アプリを消してください。 いずれかの方法でユーザーを確認できるようになります。 運営に問題をフィードバックする インスタでは、機能の不具合をユーザーが報告することができます。 報告により、不具合の修正が行われる可能性があります。 続いて 「ヘルプ」にアクセスします。 「問題を報告」をタップします。 続いて 「機能の問題」を選択します。 不具合内容を記入し、右上の 「投稿」をタップしましょう。

次の

「ツイートを読み込めません」と表示される原因や対処法|アプリ村

インスタ ユーザーを読み込めませんでした

昨日からアマゾンのページでログインのボタンを押すとこのページを読み込めません このページを数回読み込もうとしましたが、このサイトではまだ問題が続いています。 このページが何度も再読み込みされるのを見ている必要はありません。 しばらくしてからもう一度試してください。 上記のエラーとなってページが開きません。 Internet Explorer でも同じ症状になります。 いろいろ試したところ「JavaScript」を無効とすると開くことができますが、そのままですとほかのページを開くことができなくなります。 適切なカテゴリに投稿すると、返信や回答が得られやすくなり、同じ質問を持つ他のユーザーの参考にもなります。 ルイ太郎 さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティのご利用、ありがとうございます。 Microsoft Edge で、「このページを読み込めません 」と表示されページが表示されないのですね。 特定のサイトのみ開けないようなのですが、お間違いないでしょうか。 JavaScript を無効にすると開けるということなので、もしかすると閲覧データなどが原因で JavaScript の処理がうまくいかず、ページが開けない可能性もありそうなので、以下のページを参考に閲覧データの削除を行ってみてはいかがでしょうか。 結果などについての投稿をお待ちしております。 秋山 勇人 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 試した結果の書き込みありがとうございます。 試しても変わらず、クリーン ブート実行後、元に戻してからエクスプローラーが起動しなくなってしまったのですね。 エクスプローラーのみ起動できないのでしょうか? 念のため、元に戻す手順などを確認してみると良いです。 「このページを読み込めません 」と表示されることについては、 のページの対処を試してみてください。 すでに試している手順と、 パソコンを初期状態に戻す、以外の手順を実施してみてくださいね あと、Internet Explorer を一度リセットしてみると良いかもしれないです。 秋山 勇人 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 ルイ太郎 さん、こんにちは。 返信ありがとうございます。 いずれの作業も変化がなかったのですね。 現状これ以上提案できるピンポイントな対処法がありません。。 そのため、問題が起こる前にシステムの復元ができないかを確認してみてはいかがでしょうか。 復元前には、万が一に備えて大切なデータをバックアップするようにしてくださいね。 こちらも万が一に備えてデータのバックアップを事前におこなってください。 回答済みとしてマークするには、[この回答で問題は解決しましたか? ] の [はい] 、または [回答としてマークする] をクリックします。 問題が未解決の場合や引き続きアドバイスを求める場合は、[返信] をクリックして文章を送信してください。 飯塚 良哉 — Microsoft Support.

次の

フィードをリフレッシュできませんでした instagram ブロック

インスタ ユーザーを読み込めませんでした

Microsoft Windows(ウィンドウズ)のOSで使われている「ユーザープロファイル」【user profile】は、 コンピューター上でユーザー別のプライベート用にログインできるように設定した特殊なフォルダです。 要約すると使用者ごとにそれぞれ展開・使用ができる、保護された特別な領域です。 (注意:『ユーザープログラム』(user,s programs)は ユーザーが開発したプログラムの事で、ユーザープロファイルとは別のものです。 ) ですがある時、普段どおりにユーザー別でのログオンが急に失敗してしまい アクセスできないようなアクシデントが出てしまう場合があります。 「 ユーザープロファイルが読み込めませんでしたので、 既定のシステムファイルを使ってログオンしました。 」 というエラーメッセージが表示されて、こうなると違う設定環境で開かれて、 ユーザープロファイルに保存してあったHDDの重要なデータが開けなくなってしまいます。 (初心者の方には少し難しいかもしれない作業が多いので、無難に直したい時には、 専門のパソコン修理サポートやデータ復旧サービス業者の方に注文して、 初期診断を受けてから修復の作業を行ってもらってください。 ) このトラブルが出た場合、まずは一度Windowsをシャットダウンして再起動します。 BIOSの画面が映ったときにキーボードのF8キーを連打して、 ブートの起動設定の画面で「セーフモードで起動する」と選択してパソコンを開きます。 そして前回の復元ポイントまでシステムを遡って修復し、これでユーザープロファイルが開ければOKです。 そして、念のために外付けハードディスクドライブ、または外付けのRAIDケース、NASなどに 必要なデータをバックアップして、後にいつでもサルベージができるようにします。 もしくはコントロールパネルのユーザーアカウントの項目を開いて 新しいアカウントを作成して一度そちらでWindowsを開き直します。 その後でDocuments and Settings(ドキュメント・アンド・セッティング)、または マイドキュメントやマイピクチャなどのフォルダにある前の古い破損したフォルダを開いて、 新しい方のユーザー名フォルダにデータをコピーペーストで移行しましょう。 一度パソコンからハードディスクを取り外して、別のパソコン本体に Dドライブとして増設したり、外付けHDDケースに入れてリムーバブルディスクとして WindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderから開く方法も使えます。 ) しかしユーザープロファイルを 読み込めないだけでなく、もしも他のデータもまとめて開けなくなったり ファイルが壊れてしまったら、普通のユーザープロファイル破損とは違う深刻なトラブルである可能性もあります。 その場合は、OSのリカバリー作業を行うか、またはやはり専門のパソコン修理サポートセンターや データ復旧サービス業者への依頼をしてユーザー設定などを修復してもらわれる事をおすすめします。 パソコン本体や外付けハードディスクドライブ、サーバーやNAS、RAIDといった電子機器内から喪失した拡張子ファイルを復旧させる方法を解説しています。 また、システムエラーやフォーマットなどの操作ミスによる消失のアクシデントの事例と、そのリカバリーによる対処の方法や拡張子の復旧の手段・故障の修理の手順など、コンピューター分野のお役立ち知識、データ修復サービスセンターの業者を紹介しています。 「データ復旧」とは、PCの内部のファイルの復元や、ハードディスクの回復、外付けHDDの復活、USBメモリからの回収、サーバーの復帰、ノートパソコンからの救出、RAIDからのコンピューターへの抽出、Windowsのリカバリー、NASのサルベージ、LANDISKからの取り出し、LinkStationの回復、TeraStationの故障時のレスキュー、といった対処方法を指します。 ファイルを保存したストレージに書き込みしていた拡張子やフォルダを誤って消してしまったり、中身の部品や周辺機器が故障してデバイスドライバから読み込みができず開けない時に、復元システムなどを使い修復を実行、または専用機器を分解してから取り出して別の記憶装置に移し変えて救出をしてもらうサービスセンターと、そのレスキューの作業にあたります。 ハードディスクドライブなどの部品といった、損壊したボリュームからデータファイルを抽出する際には、先にハードウェア機材・他コンピューター周辺機器の初期の検査による分析で、見てもらえます。 HDDやUSBフラッシュメモリなどの記憶装置内で消失したデータの救出サービスの業者様の方では、様々な故障からのサルベージに対応されています。

次の