アニ ヤン クーニャン。 『FF7 リメイク』ウォール・マーケット理想の上司はアニヤン・クーニャン!自分の道を貫く姿と、他者の魅力を引き出す力に称賛が集まる【読者アンケート】 (2020年5月19日)

【FF7リメイク】新キャラまとめ

アニ ヤン クーニャン

インサイドでは先日、『FF7 リメイク』のウォール・マーケットで上司・先輩にしたいキャラクターは誰?というテーマでアンケートを募集しました。 ミッドガルのスラム街で活動する「レズリー」、「チョコボ・サム」、「マダム・マム」そして「アニヤン・クーニャン」の4名の中で、最も読者の信頼を集めたのは誰だったのでしょうか。 アニヤンは「蜜蜂の館」のトップスター。 作中でも、向こう3年は予約待ちで簡単に会うことはできません。 作中ではクラウド達の活躍を評価し、向こうから接触を図ってきたことでついに対面。 一緒にダンスで舞台を盛り上げ、クラウドに美しい女装を施してくれます。 読者からは、美を追求するストイックな姿勢を評価する声や、何事にも動じない堂々たる振る舞いを頼もしく感じるという意見が集まりました。 また、部下の良いところを引き出してくれる人物だとのコメントも。 実際にダンスの場面ではクラウドを挑発するようなことを言いながらも、彼の良さを引き出すように丁寧にリードしていたように見えました。 ことの場面の展開が、「部下の良いところを引き出してくれる」評価につながっているようです。 ・邪心なく更なる高みを目指しているところに魅力を感じます! ・独自の才能があるから、近くで働いて技術やマインドを学びたい。 ・どんなことにも動じない精神力、日々鍛錬を怠らないストイックな姿、美を追求する探究心は尊敬に値します。 ・良い教え方やうまい注意の仕方で部下を導いてくれそう。 ・アニヤンは、部下それぞれのいいところを引き出してくれそう。 それに、同僚は美人な方がやる気が出る。 美しく優しそうな第一印象でありながら、クラウド達が客らしい態度をとらなかったことで豹変。 歯に衣着せぬ物言いで強烈な印象を残しました。 その代わり、クラウドを見込んでからはしっかりと最後までサポートをしてくれるという一面も。 きつい口調ではあるものの、面倒見の良いところなどが上司として頼れる存在と映った人が多かったようです。 彼は初対面からなかなか悪い印象を与えてきました。 イカサマを使ってクラウドたちを門前払いするなど、かなりの曲者。 しかしそんな彼も物語が進むにつれ、徐々にただのクセのある男では無いことがわかります。 彼のギャンブラーらしい振る舞いは、男の余裕の裏返しだと感じた読者も。 過去の苦労なども相まって、適当に見えて実は頼れる男という評価が集まったようでした。 ・適当だからこそ、余裕のある様子が頼れそう ・イカサマも辞さない男だけどストーリーを進めていくと一度どん底まで落ちてから這い上がってきた経験もあるってことが伺えるしこの中では一番かな。 残念ながら彼へ向けられたコメントはありませんでした。 他3名と比べて年齢も若く、まだまだ経験も及ばないことを考えれば得票数の上ではかなり善戦したと言えるのではないでしょうか。 初めは客引きの若いイケメンお兄さんといった雰囲気だった彼は、実は裏で強い信念のもとで動いていたことがわかります。 今回の『FF7 リメイク』の時点では、彼は目的の道半ば。 今後の続編での再会、共闘が期待できます。 その時にはより一層頼れる男になっているかもしれません。 アンケートへの投票ありがとうございました。 1位となったアニヤンは、「堂々たる振る舞い」、「ストイックな取り組み」、「他者の良さを引き出す」といったリーダーに求められる要素がたくさん詰まったキャラクター。 性別を越えた魅力を感じさせる点も、男女問わず多くの人から表を集めた要因のようです。 リメイク版で初めて登場した彼ら4人は背景や性格も異なっており、それぞれが独自の魅力を放っています。 今回の1作品で終わってしまうには惜しいキャラクターたちばかり。 今後の続編はもちろん、『FF7』関連作品などでも活躍の場を広げることを期待しています。 《竜神橋わたる》.

次の

【FF7リメイク】アニヤン・クーニャンの声優と情報まとめ【FF7R】|ゲームエイト

アニ ヤン クーニャン

2020年4月10日に発売が予定されているファン待望の『ファイナルファンタジー7リメイク』、通称「FF7リメイク」!! 1997年に発売されたプレイステーション版でプレイした方も、FF7リメイク版で初めてプレイ予定の方も期待ゲームとして楽しみにされている方も多いことでしょう! そんな『FF7リメイク』ですが、発売に向けて少しずつ情報が解禁されつつありますが、その中でも気になるのが「 各キャラクターの担当声優」です! 映像作品として開発された「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」などの過去作品との違いもファンとしては気になるところ。 そこで今回は 『FF7リメイク』のキャラクター声優をまとめていきたいと思います。 クラウド・ストライフ CV:櫻井孝宏 【クラウド・ストライフ】 元ソルジャー・クラス1st。 神羅を抜けたあと、ミッドガルで《なんでも屋》を始める。 幼馴染のティファに誘われ、傭兵としてアバランチの作戦に参加する。 現在は神羅を抜け、「なんでも屋」を営む。 トレードマークは「バスターソード」。 幼馴染のティファに誘われ、傭兵として反神羅組織であるアバランチの作戦に参加する。 思想のためではなく、あくまで仕事だったが、やがて星をめぐる巨大な戦いの渦に巻き込まれていく。 ティファ・ロックハート CV:伊藤歩 【ティファ・ロックハート】 反神羅組織アバランチのメンバー。 七番街スラムの酒場《セブンスヘブン》を切り盛りしている。 神羅カンパニーに敵対する気持ちはあるものの、今回の魔晄炉爆破作戦には乗りきれずにいる。 気持ちが揺らぐ中、幼馴染のクラウドと再会する。 七番街スラムの酒場(セブンスヘブン)を切り盛りしている。 神羅カンパニーに敵対する気持ちはあるものの、今回の魔晄炉爆破作戦にはやや乗り気れずにいる。 そんな矢先、クラウドと出会う。 エアリス・ゲインズブール CV:坂本真綾 【エアリス・ゲインズブール】 伍番街スラムに住む花売り。 壱番魔晄炉が爆破された夜にクラウドと出会う。 星の声を聞くという特殊能力を持つ。 そのため、幼少期より神羅の監視下に置かれた。 伍番街にある寂れた教会に通い、花の世話をしている。 星の声が聞けるという特殊能力を持つがため、幼少の頃から神羅の監視下に置かれている。 伍番街の寂れた教会に通い花の世話をしているが、壱番魔晄炉が爆破された夜にクラウドと出会う。 海外作品の日本語吹き替え、ゲームやアニメ作品以外にも女優、歌手など幅広く活動されています。 バレット・ウォーレス CV:小林正寛 【バレット・ウォーレス】 反神羅組織アバランチのリーダー。 過激な活動を危険視され、本家アバランチからは追放処分となった。 それからは、ミッドガルで仲間たちと独自に活動を続けている。 普段は七番街スラムの自警団として地域に貢献しており、娘のマリンを溺愛するパパという一面もある。 その後はミッドガルで仲間と共に活動しながら、普段は7番街スラムの自警団として地域に貢献。 娘のマリンを溺愛するパパとしての一面も。 主に俳優としての活動が多いですが、同じくファイナルファンタジー零式ではリィド役も担当しています。 ユフィ・キサラギ CV:未定 おれの中の超ドストライクど真ん中がFF7のユフィ — 式波・リアん・ラングレー liancurtisx ウータイの復興のためマテリアを狙う忍者の少女で、装備武器系統は手裏剣。 FF7では仲間にするかがプレイヤーで選択できた特殊なキャラクター。 声優は未発表。 なおFF7 アドベントチルドレンでは、声優の「かかずゆみ」さんがユフィ役を担当。 発表後、追記更新しますのでお待ち下さい。 レッドXIII CV:山口勝平 【レッドXIII】 人の言葉を操る獣。 赤毛に覆われたしなやかな肉体に、鋭い爪と牙、燃え盛る尾を持つ。 現在は研究サンプルとして捕獲され、宝条博士の施設に監禁されている。 レッドXIIIは型式番号であり、本名ではない。 赤毛に覆われたしなやかな肉体に、鋭い爪と牙、燃え盛る尾を持つ。 現在は研究サンプルとして捕獲され、宝条博士の施設に監禁されている。 山口さんといえば数々のアニメの主役からサブキャラまで幅広く演じられる超実力派声優ですよね!どんなレッドになるのか楽しみです! ケット・シー CV:未定 FF7の主要キャラクターの一人。 関西弁を操るお調子者だが、ときおり見せる不審な行動。 その正体は…? 声優は未発表。 FF7 アドベントチルドレンでは石川英郎さんが起用されています。 シド・ハイウインド CV:未定 シド• 声優は未定。 FF7 アドベントチルドレンでのシド役は、山路和弘さんが担当しています。 暴走しがちなバレッドの補佐や作戦立案を担当する。 関西出身であるため、大阪弁を喋るキャラクターを演じることが多いようですが、近年で印象に残るキャラクターと言えば「バイオハザード6」のクリスのパートナーであるピアーズでしょうか! ウェッジ CV:淺井孝行) ff7の体験版やった感想。 性格も明るく組織の中ではムードメーカー的な存在で、チームには欠かせない存在。 どちらかと言えば声優より俳優としてテレビドラマへの出演で活躍されています。 ジェシー CV:森谷里美) おそかれFF7リメイク体験版やってみた アクション苦手な私でも出来そうな感じ ノーマルモードでプレイしたんだけどガードスコーピオンが強かったなぁ笑 あとジェシーかわいい — ゆみひ yumihi04 反神羅組織アバランチのメンバーで、爆弾から偽造IDまで、作戦に必要なものを揃える技術担当。 ビッグス・ウェッジと共にバレットのサポートをしている。 テレビアニメやゲーム、吹き替えでも活躍されています。 小さな兵器開発会社でしかなかった神羅を、世界を支配する大企業へと発展させた実力者だが、利益のためなら手段を選ばず、反対するものは徹底的に排除する。 現在は長期出張中でミッドガルを離れている。 副社長という立場でありながら、軍用犬ダークネイションを従え、特別仕様のショットガンを操り、自ら闘うこともある。 プライドが高く、父に対して強い反発心を抱いている。 父譲りの冷酷さと父親以上の実力主義者。 副社長でありながら軍用犬を従え、特別使用のショットガンを操り自らも戦うこともある。 穏やかなキャラクターからサイコパスまで二面性の高い役柄を演じることも多い声優さんです。 宝条 CV:千葉繁 あ、ff7リメイクの画像で宝条出たから貼っとくね — ヘイ・ポーター・ブリッジズ littlewing305 神羅カンパニーの科学部門統括。 論理や常識にとらわれない発想で、様々な生物兵器を開発 己の研究のためなら人の命すら実験材料として扱う。 前統括との共同研究では兵士に特殊な施術を施すことで身体能力を大幅に向上させ、ソルジャーを生み出すことに成功。 部下に対して非常に厳しく、目的を達成するためには犠牲もいとわない。 テレビドラマや舞台公演などで俳優として活動しているほか、近年では声優としても活動されています。 スカーレット CV:勝生真沙子 スカーレットのビジュアルCG、スクリーンショット — まー 1104maaa 神羅カンパニーの兵器開発部門総括。 ハイデッカーとコンビを組み、任務を遂行することが多い。 様々な兵器を作成し優秀な反面、性格は屈折しており残忍。 神羅の中では珍しくスラム街にも目を向け環境改善を目指している。 役柄では威厳ある悪役やアクの強いキャラクターを得意とし、また、父親役を担当する機会も多いようです。 最先端の技術を集結して作られた部門だったが、ロケットの打ち上げ失敗を境に現在は凍結されている。 幹部の中では最年長だが、特に威厳や発言権があるわけではない。 このため、統括であるパルマーも暇を持て余している。 セフィロス CV:森川智之 【セフィロス】 始まりであり最高のソルジャー。 ウータイとの戦争で目覚ましい活躍を見せ、英雄と呼ばれるようになる。 以降、多くの若者が英雄セフィロスに憧れ、ソルジャーを目指すようになった。 とある極秘任務で死亡したと言われているが、詳細は不明。 外見は細身ならが長身で銀色の長髪。 猫のような目の瞳孔は氷のように冷たく、人を寄せ付けない雰囲気を醸し出す。 FF7リメイクのキャラと声優:『タークス』 ツォン CV:諏訪部順一 【ツォン】 神羅の総務部調査課《タークス》の主任。 レノやルードといった個性豊かな部下をまとめあげ、常に冷静に指示を出す。 エアリスとは旧知の仲であり、彼女がスラムに移住してからも監視と護衛を続けている。 レノやルードといった個性豊かな部下をまとめあげ組織内での信頼も高く、常に冷静に指示を出す。 少年役から大人役まで多岐に演じ分けることができ、声優以外にもキャリアを活かしたラジオやイベントMCなど幅広く活躍されています。 レノ CV:藤原啓治 【レノ】 神羅カンパニーの総務部調査課《タークス》のメンバー。 燃えるような赤髪に、シニカルな笑みを浮かべ、常に飄々としている。 俊敏な動きで相手を翻弄し、特殊武器を操り多彩な攻撃をしかける。 燃えるような赤い髪が特徴で、神羅カンパニー特製のロッドと驚異的な身体能力を活かした体術で戦う。 バッカーノ! 子供から大人まで知る人ぞ知る「クレヨンしんちゃん」のお父さん野原ひろし役や、「鋼の錬金術師」のマーク・ヒューズ役で有名な声優さんです! ルード CV:楠大典 【ルード】 神羅カンパニーの総務部調査課《タークス》のメンバー。 スキンヘッドにサングラスの巨漢。 無駄口は叩かず、実直に任務をこなす。 武器は持たず、強靭な肉体を活かした体術のみで戦う。 スキンヘッドにサングラスの巨漢で無駄口は叩かず実直に任務を遂行する。 武器は持たず、強靭な肉体を活かした体術のみで戦う。 テレビアニメの声優以外にも海外映画作品の吹き替えも多く担当されていて、有名所では 「スターヴォーズ」のダースベイダーです! FF7リメイクのキャラと声優:『新登場キャラ』 ローチェ(CV:三宅健太) ff7リメイクの新キャラのローチェってロッズにすごい似てる。 — ちはる harry28kitty 原作には登場しなかった新キャラクターで、バイクとスピード、競い合える友を愛する異端のソルジャー3rd。 「ベルガ・ガンドール」ほか 新キャラクターのローチェを演じるのは、81プロデュース所属の声優三宅健太さんです。 太く安定感のある声と迫力ある演技から、存在感のある役柄を演じることも多いです。 近年大ヒット中の僕のヒーローアカデミアでは、強くてカッコいいオールマイトの声を担当されています。 本来ならばクラウド達とは敵対関係となりますが、彼からの依頼をこなすことによって新種のマテリアの開発や販売をしてくれるキャラのようです。 「ヴァル美 」ほか FF7リメイクの新キャラのひとり、キリエを演じるのは、スペースクラフト・エンタテインメント所属の上坂すみれさんです。 声優業以外にもタレント、歌手、ラジオパーソナリティなど幅広く活躍されていて、流暢なロシア語を話せる声優さんです。 FF7リメイクのキャラと声優:『その他キャラ』 マリン・ウォーレス CV:梅崎音羽 FF7マジ楽しみ アドベントチルドレンの、かわいらしいマリンちゃんの幼い姿も映ってましたね 声優さんみんな続投かなぁ? — うさきちEX xqc39V8K8yvnaa0 反神羅組織アバランチのリーダーであるバレットの娘。 バレットの戦う理由であり原動力でもある。 有名なのはトイストーリー4のマーガレットの孫「ハーモニー」の吹替です。 またテレビドラマの子役として活躍されています。 外見と言動の下品さとは裏腹に、飴と鞭を使い分ける人心掌握術に長けている。 多田野曜平さんといえば、コミカルな悪役キャラや青年から老人まで幅広くこなす声優さんですが、舞台や海外映画の吹き替えでも多く活躍されています。 煌びやかなステージで極上のエンターテインメントを提供しながらも、娯楽地区を取り仕切る実力者。 てか、容姿がどことなく残念ファンタジー15の主人公に似てる気がするぞ... まだ若いものの、交渉術に長けており、何事にも動じない性格からドンの側近として重宝されている。 これまでにもウォルト・ディズニー・ピクチャーズの映画『ナルニア国物語』のエドマンド・ペベンシー役の吹き替えや、近年の人気作品だと「僕のヒーローアカデミア」の上鳴電気役を演じている声優さんです。 マダム・マム(CV:小松由佳) マダム・マム(Madam M):小松由佳 「ウォール・マーケットにある手揉み屋の女将。 商業地区を取り仕切る実力者であり、コルネオの嫁オーデションに推薦できる代理人のひとり。 プライドを持って仕事をしており、客に対してもそれ相応の対価を求める。 そして、金の匂いがするものは決して逃さない。 仕事にはプライドを持っており、客に対しても相応の対価を求める。 「東せつな」ほか なんとも妖艶な美女マダム・マムを演じるのは、青二プロダクション所属声優の小松由佳さんです。 I mean I look just like him lol Credit to Zach for the pic! — Sam CountryBoFreshh ウォール・マーケットにあるチョコボ小屋のオーナーで、観光地区を取り仕切る実力者。 チョコボ車による送迎宅配サービス「サムズデリバリー」を始め成功をおさめる。 根っからのギャンブラーで勝ち負けよりもスリルを求める。 「花園薫」ほか 見た目がかなりワイルドなチョコボ・サムを演じるのは、大沢事務所所属の菅原正志さん。 演じるキャラクターは壮年以上の男性役が多く、シリアスな役からコミカルな役まで幅広く、さらに吹き替え、ナレーションなど多方面で活躍されています。 FF7オリジナル版ではクラウドと共に宝条の実験体となっていたが、脱走したのち追ってきた神羅兵に撃たれて重傷を負い、クラウドに自分の夢や希望をすべて託し亡くなった。

次の

【決定版】FF7リメイクで女が魅力的と感じた男キャラクターランキング発表! 4位はアニヤンクーニャンに決定 | バズプラスニュース

アニ ヤン クーニャン

インサイドでは先日、『FF7 リメイク』のウォール・マーケットで上司・先輩にしたいキャラクターは誰?というテーマでを募集しました。 ミッドガルのスラム街で活動する「レズリー」、「チョコボ・サム」、「マダム・マム」そして「アニヤン・クーニャン」の4名の中で、最も読者の信頼を集めたのは誰だったのでしょうか。 アニヤンは「蜜蜂の館」のトップスター。 作中でも、向こう3年は予約待ちで簡単に会うことはできません。 作中ではクラウド達の活躍を評価し、向こうから接触を図ってきたことでついに対面。 一緒にダンスで舞台を盛り上げ、クラウドに美しい女装を施してくれます。 読者からは、美を追求するストイックな姿勢を評価する声や、何事にも動じない堂々たる振る舞いを頼もしく感じるという意見が集まりました。 また、部下の良いところを引き出してくれる人物だとのコメントも。 実際にダンスの場面ではクラウドを挑発するようなことを言いながらも、彼の良さを引き出すように丁寧にリードしていたように見えました。 ことの場面の展開が、「部下の良いところを引き出してくれる」評価につながっているようです。 ・邪心なく更なる高みを目指しているところに魅力を感じます! ・独自の才能があるから、近くで働いて技術やマインドを学びたい。 ・どんなことにも動じない精神力、日々鍛錬を怠らないストイックな姿、美を追求する探究心は尊敬に値します。 ・良い教え方やうまい注意の仕方で部下を導いてくれそう。 ・アニヤンは、部下それぞれのいいところを引き出してくれそう。 それに、同僚は美人な方がやる気が出る。 美しく優しそうな第一印象でありながら、クラウド達が客らしい態度をとらなかったことで豹変。 歯に衣着せぬ物言いで強烈な印象を残しました。 その代わり、クラウドを見込んでからはしっかりと最後までサポートをしてくれるという一面も。 きつい口調ではあるものの、面倒見の良いところなどが上司として頼れる存在と映った人が多かったようです。 彼は初対面からなかなか悪い印象を与えてきました。 イカサマを使ってクラウドたちを門前払いするなど、かなりの曲者。 しかしそんな彼も物語が進むにつれ、徐々にただのクセのある男では無いことがわかります。 彼のギャンブラーらしい振る舞いは、男の余裕の裏返しだと感じた読者も。 過去の苦労なども相まって、適当に見えて実は頼れる男という評価が集まったようでした。 ・適当だからこそ、余裕のある様子が頼れそう ・イカサマも辞さない男だけどストーリーを進めていくと一度どん底まで落ちてから這い上がってきた経験もあるってことが伺えるしこの中では一番かな。 残念ながら彼へ向けられたコメントはありませんでした。 他3名と比べて年齢も若く、まだまだ経験も及ばないことを考えれば得票数の上ではかなり善戦したと言えるのではないでしょうか。 初めは客引きの若いイケメンお兄さんといった雰囲気だった彼は、実は裏で強い信念のもとで動いていたことがわかります。 今回の『FF7 リメイク』の時点では、彼は目的の道半ば。 今後の続編での再会、共闘が期待できます。 その時にはより一層頼れる男になっているかもしれません。 アンケートへの投票ありがとうございました。 1位となったアニヤンは、「堂々たる振る舞い」、「ストイックな取り組み」、「他者の良さを引き出す」といったリーダーに求められる要素がたくさん詰まったキャラクター。 性別を越えた魅力を感じさせる点も、男女問わず多くの人から表を集めた要因のようです。 リメイク版で初めて登場した彼ら4人は背景や性格も異なっており、それぞれが独自の魅力を放っています。 今回の1作品で終わってしまうには惜しいキャラクターたちばかり。 今後の続編はもちろん、『FF7』関連作品などでも活躍の場を広げることを期待しています。 外部サイト.

次の