メルペイスマート払い 画面。 メルペイとは?【登録方法~使い方まで徹底解説】メルペイスマート払いで後払いOK!

「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法&使い方、後からの支払い方法

メルペイスマート払い 画面

メルペイの支払い方法は、スマート払いと残高払いがありますが、どちらがお得なのでしょうか? 結論から言ってしまいますと、キャンペーンでは、還元上限が同じであるため、お得度はそれほど変わりません。 残高払いの方がお得なような感じもしますが、あと払いであるスマート払いは、清算時に、銀行口座等からチャージした残高で払いますと、手数料はかからないためなんですね。 また、スマート払いは、キャンペーンでの還元ポイントを清算に使えるため、持ち出し金額を少なくすることもできます。 そうした理由で、個人的にも、メルペイを使う時は、スマート払いを去年の3月から利用しています。 ただ、やはり、メルカリの使用状況や使い方によっては、残高払いを使った方がいいケースもあります。 この記事では、メルペイのキャンペーンで、スマート払いと残高払いのポイントを比較し、どちらを使えばいいのか分かる判断材料を提供したいと思います。 また、ページの後半では、現在開催されているメルペイフィーバーとメルペイサンデーのまとめを紹介しています。 メルペイのスマート払いと残高払いの比較 メルペイのスマート払いと残高払いの比較です。 スマート払いは、手持ちがなくても残枠の範囲で使え、翌月末に清算する方式ですが、滞納すれば延滞金がかかる場合もあります。 メルカリ等の売上があれば、やはり現在ある残高から使うのがいいんでしょうね。 文字が小さいと思いますので、内容を拡大してみてみましょう。 まず、それぞれの画面です。 メルペイスマート払いの画面 メルペイスマート払いの画面です。 右上の文字をタップすることで、残高払いに切替えることができます。 中央に残枠の表示があり、メルカリが決めた上限以下で自由に設定できます。 使った分が減っていきます。 その下のパネルに、各種決済方式のボタンがあります。 iDについては、iPhone7以降やおサイフケータイなどの対応スマホのみで利用可能です。 コード決済と読み取りは、どのスマホでも利用可能です。 メルペイ残高払いの画面 右上の文字をタップすることで、スマート払いに切替えることができます。 中央に残高の表示があり、残高とポイントを足した額が使えます。 残高がなくなれば、チャージボタンで銀行口座等で入金します。 その下のパネルに、各種決済方式のボタンがあります。 iDについては、iPhone7以降やおサイフケータイなどの対応スマホのみで利用可能です。 コード決済と読み取りは、どのスマホでも利用可能です。 メルペイのスマート払いと残高払いの内容比較 文字部分のみ拡大した表です。 メルペイスマート払い メルペイ残高払い 方式 後払い メルカリからの借入、翌月末返済 残高払い 自己資金から残高にチャージ) スマート払い残枠は各自で設定 上限あり メルカリの売上金や使う金額をチャージ タップで残高払いに切替可能 タップでスマート払いに切替可能 手数料 残高精算はなし コンビニ、口座振替等は300円) なし ポイント 精算時に利用可能 キャンペーン中でも利用可能 還元あり) 特徴 手持ちがなくても残枠の範囲で使える メルカリの売上等の残高があれば残高からの利用がおすすめ 留意点 滞納すれば年率14. 6%遅延損害金の場合も 事前チャージが必要 使用例 残枠から6000円を50%還元で利用して、3000ポイントをもらい、清算時にポイントを使って、3000円で精算する。 残高から4000円を50%還元で利用して、キャンペーン期間中に2000ポイントもらい、期間中に2000ポイントを50%還元で利用して、1000ポイントもらう。 フィーバー サンデー 対象 対象 ポイント払いも対象 3月1日から開催されるメルペイフィーバーとメルペイサンデーでは、どちらの支払いも対象となります。 残高払いの場合は、ポイントから優先的に使用され、ポイントも還元対象になります。 メルペイフィーバーとメルペイサンデー時の還元上限を最大もらうための使用金額は、スマート払いが3000円ですみます。 残高払いの場合は、使用例にありますように、もらった還元を次々と使っていけば、使用金額をおさえることができますが、利用金額に制約があり実際には使いにくいことになります。 そのため、一般的な利用では、スマート払いの方が持ち出しを少なくできます。 ただ、翌月末までの支払いを滞納すれば、延滞金がかかりますので、その辺りは留意点になります。 メルペイフィーバーとメルペイサンデーまとめ 3月1日から始まるメルペイフィーバーの仕組みが分かりにくいという声を聞きましたので、仕組みを1枚の表にまとめました。 メルペイフィーバーとメルペイサンデーの仕組み メルペイフィーバーとメルペイサンデーの2つのキャンペーンから構成されています。 利用ジャンルとそれぞれの属性ごとに、還元上限やスケジュールなどの条件を見ていけば簡単です。 それらで獲得するポイントの合計が3000ポイントというだけのことです。 具体的なドラッグストア、飲食店、街のお店の対象店は、3月1日の発表になります。 メルペイサンデーでは、iDが対象となっていますので、iDが使えるお店でしたらどこでも対象です。 公式のキャンペーンページはこちらになります。 メルペイがまだの方は、「 BZSEBE 」の招待コードを入れていただくと、新規登録で500円分、本人登録で1000円分、合計1500円分のポイントがもらえます。 こちらのページからのアクセスです。 メルペイの始め方はこちらの記事で紹介しています。 コンビニの対象店 コンビニの対象店は、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ナチュラルローソン、ローソン100、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイトです。 ファミリーマートとデイリーヤマザキは、iD決済のみとなります。 ドラッグストアの対象店 メルペイフィーバー50%還元が利用できるドラッグストアのリストです。 利用期間は、3月1日から3月21日までとなります。 ドラッグストアで併用できる共通ポイントを併記しています。 (1ページ目) (2ページ目) (3ページ目) (4ページ目) (5ページ目) 上限が1回500ポイントなので、1000円を6回に分けて決済するのが最もお得となります。 飲食店の対象店 メルペイフィーバー50%還元が利用できる飲食店のリストです。 利用期間は、3月8日から3月28日までとなります。 (1ページ目) (2ページ目) 店舗ごとに利用条件や対象店舗があり、こちらのページから確認できます。 現在、対象店舗には、マクドナルドも加わっています。 ただ、全般的に、新型コロナウイルス問題がありますので、十分にお気をつけて外出ください。 関連記事 スポンサーリンク nobujirou.

次の

メルペイの『スマート払い』とは?「あと払い」との違いやスマート払い関連のキャンペーンを徹底解説!

メルペイスマート払い 画面

「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法&使い方です。 [2019年10月30日更新] これまでの「メルペイあと払い」という名称が11月1日より「メルペイスマート払い」に変更されます。 名称以外の変更点はありません。 メルペイスマート払い(旧:あと払い)とは? 今月の購入代金を、翌月にまとめてお支払いできるサービスが メルペイスマート払い(旧:あと払い)です。 メルカリやネットでのお買い物、コンビニなどメルペイが使えるお店での支払い利用できます。 設定方法や使い方をまとめてみましたので「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法がわからないという人は参考にしてみてください。 スマート払いの初期設定や支払い方法などは以下になります。 「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法&使い方 メルペイスマート払い設定のセットアップ メルカリアプリを起動したら、メルペイのタブを選択します。 次に画面中央の[お店であと払いを設定する]を選択します。 [設定はじめる]をタップします。 [上記の利用目的で申込む]をタップします。 メルペイスマート払いを利用するには「本人確認」をする必要があるので本人確認をしていない場合は以下の方法で本人確認してください。 本人確認の方法 以下のどちらかの方法で本人確認できます。 メルペイあと払いの利用上限金額を設定します。 金額の設定はいくつか選択肢があるので、ご自身にピッタリの金額を選んでください。 選んだら[この金額ではじめる]を押します。 これでメルペイスマート払いの設定は完了です。 メルペイで後払いが「メルペイ電子マネー iD 」または「コード払い」で利用できます。 メルペイスマート払いの利用上限額(限度額)は自分で変更できる 実際に使える上限はユーザーによって異なる 後払いで利用できる月間の上限は自分で変更できます。 ユーザーの利用状況、環境によって最高金額が異なります。 メルペイ上で「あと払い」が選択されていれば、後日の支払いとなります。 例えば、6月にメルペイスマート払いを利用して支払いした場合、7月1日から支払い方法を設定できます。 6月利用分の支払いは、7月27日となっていました。 支払方法を決めて後日支払う設定を行う方法 メルペイの画面から「あと払い履歴」をタップします。 「支払い方法」をタップします。 ちなみに支払い方法はいつでも変更できます。 支払い方法は「メルペイ残高払い」が通料無料なのでオススメ 【手数料0円】手動で行う必要あり。 メルペイ残高払いで支払う方法 メルペイスマート払いの後日支払いでオススメの支払い方法は「メルペイ残高払い」です。 メルペイ残高払いを利用すれば、後払いの手数料が無料になる&貯まっているポイントも利用できるというメリットがあります。 ただ、手動で支払う必要が必要があるので若干面倒&ポイント含め、スマート払い利用分以上の金額の残高が必要となります。 あと払いの支払い分が確定するとメルペイの画面上部に「〇月分のお支払いが可能になりました」と表示されます。 これをタップします。 「支払い方法」をタップします。 「残高払い」をタップします。 いちおう残高払いの部分に手数料無料、ポイント利用OKと記載されていることを確認します。 支払い方法に「残高払い」が選択されていること&現在のメルペイ残高(ポイント含む)があと払いの支払い金額以上あることを確認して「支払う」をタップします。 すぐに支払い完了の通知が届きます。 支払い完了の旨が記載されたメールも届きます。 次に手数料はかかりますが、月末まで支払いを待ってもらえる&自動の口座振替でラクチンな銀行口座振替でのあと払い分の支払い方法の設定方法を紹介します。 手数料が必要だけど月末に自動で引き落としされたいなら銀行口座振替 【手数料300円】月末に自動で引き落とし。 銀行口座振替に設定する方法 銀行口座振替の場合は、キャンペーン時を除いて300円(税別)の手数料がかかるのであまりオススメはしません。 が、月末まで支払いを待ってもらえる&口座から自動で引き落とされるので便利は便利です。 次に銀行口座振替でのスマート払い利用分の支払い方法を設定する方法です。 自分のメルペイアカウントには銀行口座登録済ですが、後払い分の支払いは再度入力する必要があり面倒でした。。 銀行口座情報や自分の情報を入力して進みます。 みずほ銀行の場合は、みずほダイレクトを使った登録をブラウザで行う必要がありました(メルカリアプリからブラウザでの支払い画面に移行します) みずほダイレクト側で入力後、「収納企業のサイトへ戻る」をタップしてあと払いの支払いを確定させます。 実際の支払い前に通知が届く 実際の支払い前にはメールなどでも通知が届きます。 アプリ上部にも通知が表示されます。 これをタップすると詳細が確認できます。 後払いで払う金額や手数料、口座振替の場合は振替日などが確認できます。 銀行口座払いなら振替日にお金が引かれて支払い完了 あとは、銀行口座の場合は、表示されている振替日にお金が引かれて(口座振替されて)完了となります。 便利で手持ちがない時には嬉しいメルペイスマート払い(旧:あと払い) 利用しすぎは厳禁!事前チャージ払いの方がオススメかも こんな感じで便利&今月ちょっとヤバいなぁという時に活躍するメルペイスマート払い(旧:あと払い) 設定から支払いまでも簡単です。 ZOZOのツケ払いにも似ています。 が、あと払いを過信して使いすぎないように! メルペイの場合、上限がそこまで高くないので限界まで使うということはできないので安心と言えば安心ですが、この手のタイプはガンガン使って気づけば…となるパターンもけっこうあります。 スマート払いのみでの還元キャンペーンの時などは積極的に利用すればいいと思いますが、できれば基本的にはポイントから支払う(チャージ式の先払い、メルカリの売り上げからの支払い)ことをオススメします。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

最近話題の「メルペイスマート払い」のメリット/デメリットをまとめてみた!|今日から始めるキャッシュレス生活

メルペイスマート払い 画面

キャッシュレス・消費者還元事業の対象である 2019年10月1日~2020年6月までの9ヶ月間、対象店舗でキャッシュレス決済を行うと 会計金額の2%か5%のポイント還元が受けられる「キャッシュレス・消費者還元事業」 が行われています。 上のポスターが張られた対象店舗でメルペイ支払いをすると、2%か5%のメルペイポイントが貯まります。 メルペイ残高払い• メルペイポイントでの支払い• メルペイスマート払い 以上3つが対象の支払い方法です。 メルペイスマート払いの初期設定 スマート払いを利用するには、事前の設定が必要になります。 設定自体は3分ほどで完了します。 銀行口座か本人確認を済ませたら、TOP画面から【メルペイスマート払い設定】を押す• チュートリアルを読み、【設定を始める】を押す• 利用目的を確認し【上記の利用目的で申し込む】を押す• メルペイスマート払い限度額の設定方法 利用上限金額については、過去のメルカリ利用実績などを元に決定されており、ユーザーが任意に引き上げることが出来ません(決められた上限の範囲内であれば、任意の額に変更することが可能です)• メルカリTOPページ下方の【メルペイ設定】を押す• 【スマート払い利用上限金額】を選択• コンビニや飲食店などで利用する場合 【メルペイスマート払い】を押しiD決済やメルペイコード払いを行うと スマート払いが適用され、利用可能枠が減算されていきます。 iD決済・コード決済・読み取りなどは利用残高の下にある部分をタップして下さい メルカリ内でメルペイスマート払いを利用しての買い物 メルカリ内のお買い物にも、メルペイスマート払いは使えます。 商品の購入手続き画面で【支払い方法】を押す• 支払い方法一覧から【メルペイスマート払い】を選択• 購入手続き画面で【購入する】を押す 以上でメルペイスマート払いでの商品購入が出来ます。 メルペイスマート払いの清算方法 メルペイスマート払いで決済した分の金額は、翌月末日までにいずれかの方法で精算します。 メルペイ残高払い(手数料0円)• コンビニ、ATM払い(手数料300円)• 翌月1日以前の当月中支払いはできません 手数料がかからないメルペイ残高で支払う メルペイスマート払いの一番お得な清算方法が、「メルペイ残高」での支払いです。 それ以外の方法では手数料300円が発生してしまうのですが、この「メルペイ残高」での支払いでは無料で精算ができます。 キャンペーンで付与されたポイントをスマート払いの清算に利用することも可能です。 メルペイ残金・ポイントの併用も可能でポイントが清算金額分ある場合はポイントで全額支払う事も可能です。 やることリスト、メルペイTOPページの【スマート払い】を押す• 支払い方法を選択• 【メルペイ残高払い】を選択• コンビニ・ATMで支払う【手数料300円】 スマート払いで使った代金を、コンビニにて、現金で支払う事が可能です。 ATMの場合は、Pay-easyに対応した銀行から現金を振り込みます。 銀行口座がない方でも、この方法なら支払うといいでしょう。 コンビニ支払いの場合• コンビニ支払いでは【お客様番号を発行する】をタップ• コンビニ支払いは企業コード・注文番号• 支払い画面でポイント数を入力すれば併用可能• 企業コード・注文番号をコンビニ内にある端末機に入力(ローソン;Loppi ファミリーマート;Famiポート)• 申し込み券を発券• レジで現金を支払う 銀行ATMの場合 Pay-easynioに対応している金融機関のATM画面で収納機関番号・お客様番号・確認番号を入力し、画面の指示に従って代金を振り込みます。 銀行口座振替で支払う(手数料300円) 口座振替の設定をしておくと、翌月の27日に支払い金額が自動で引き落とされます。 特に期限などを気にしなくてもいいので、コンビニ・ATMでの支払いよりも便利です。 ただし、ポイントを使うことが出来ないので注意しましょう• メルペイTOPページの【スマート払い】から【口座振替の設定】を押す• 口座情報を入力• スマート払いをメルペイ残高に戻す方法 スマート払いからメルペイ残高に戻したい場合は、画面右上の【支払い方法を変更】を押して下さい。 (スマート払いとメルペイ残高を併用しての決済はできません) まとめ キャッシュレス時代に突入し、現金を持ち歩く機会も少なくなってきた昨今 大手のメルカリが提供する【メルペイ】 その後払い可能なサービスとして登場していますが、今後さらなる利便性の向上が期待されるので、これさえ登録しておけば問題ないといえるサービスだといえます。

次の