握力 を 鍛える 道具。 握力の鍛え方。弱い人は知らない「3つの握力」。

握力は筋肉を鍛えれば強化できる?鍛えるための道具や部位を紹介!

握力 を 鍛える 道具

握力ってそもそも何? 普段、何気なく使っている「握力」という言葉。 クラッシュ力(ものを握りつぶす力)• ピンチ力(物をつまむ力)• ホールド力(握ったものを保持する力)• まずこれは覚えておきましょう。 この4つの中でも、僕たちが一般的に言う「握力」は ものを握るクラッシュ力だと思いますので、今回はクラッシュ力を強くするトレーニング方法を解説します。 握力はどこから生まれる? 「握力というぐらいだから手のひらじゃね?」と思う方が多いかもしれません。 ですが実は、握力を生み出す重要な場所は前腕なんです。 つまり、手首から肘までの筋肉ですね。 実際、 手を強く握ると前腕が固くなるのがわかると思います。 力が入っている証拠ですね。 つまり、握力を鍛えるということは前腕を鍛えることだとも言えます。 握力が前腕から生まれることがわかったところで、次はいよいよ握力を鍛えるトレーニング方法を紹介します。 握力を鍛える4つのトレーニング方法・鍛え方 ハンドグリップ 握力を鍛えると言えば真っ先に思いつくであろうトレーニング方法がハンドグリップ(ハンドグリッパー)です。 定番というだけでなく、効果の面でも 最も有効な握力トレーニングの方法と言えます。 安いハンドグリップなら数百円で買えるのでコスパも抜群です。 効率的に握力を鍛えるコツは、 自分の実力にあった強度(負荷)のハンドグリッパーを選ぶこと。 何十回もできてしまうような軽い負荷のものでは効果が低いです。 ハンドグリップの選び方は以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてくださいね。 やり方は動画を見てもらうと大体わかると思います。 ポイントは、 手首の力だけでダンベルを動かすこと。 腕を動かしてしまうと効果が半減するので注意しましょう。 ダンベルは 重さを変えられるタイプのものを買っておくと筋力がついても対応できるので便利です。 リストカール以外にも、ダンベルフライやベンチプレス、トライセプスキックバックなど様々なトレーニングに利用できます。 関連記事: パワーボール 一見おもちゃのような丸い物体、通称「パワーボール(ローラーリストボール)」も握力を鍛えるのに有効です。 中の丸いボールを回転させることで強力な負荷がかかり 握力アップに効果的です。 パワーボールは長く力を出し続ける筋持久力の強化がメインです。 パワーボールが回転することでかかる負荷は想像以上に大きいので、思った以上に握力への効果は大きいです。 握力だけでなく、 手首も同時に鍛えることができるメリットもあります。 パワーボールは回し方に少しコツがいりますが、慣れるとテレビを見ながらでもグルグル回しているだけで筋トレになるのでおすすめです。 動画を見てもらえばある程度はわかると思いますが、使い方やおすすめのパワーボールなど詳しくは別の記事で解説していますので興味のある方は参考にどうぞ。 最も簡単な握力強化のトレーニング方法が水中グリップです。 簡単だからとあなどるなかれ。 水の抵抗によって意外とキツいので握力をしっかり鍛えられます。 素早く閉じて開いてを繰り返すことでより効果がアップします。 「握力は鍛えたいけどお金はかけたくない」という方はまずは水中グリップから始めてみましょう。 まとめ 今回紹介したトレーニング方法はどれも自宅で簡単にできるものばかりです。 握力を鍛えたい方はぜひ取り入れてみましょう。 「握力はハンドグリッパーだけで鍛える」とかではなく、 いろいろなトレーニングを取り入れることでよりバランスよく鍛えることができますよ。 当ブログの人気記事• 557,999件のビュー• 520,619件のビュー• 305,996件のビュー• 258,676件のビュー• 255,600件のビュー• 248,476件のビュー• 220,965件のビュー• 201,806件のビュー• 201,494件のビュー• 188,550件のビュー• 177,105件のビュー• 173,394件のビュー• 160,914件のビュー• 155,166件のビュー• 123,895件のビュー• 121,861件のビュー• 119,177件のビュー• 118,221件のビュー• 117,966件のビュー• 117,067件のビュー.

次の

小中学生や女性にも簡単!握力を鍛える方法&おすすめ握力強化グッズ

握力 を 鍛える 道具

普段トレーニングしている人でも、意外とおろそかにしがちなのが「握力強化」です。 実は握力を強化すると、トレーニング効果が高まることをご存知でしょうか。 今回は握力を鍛えるメリットとエクササイズ方法をご紹介します。 握力が弱い人は、ぜひ鍛え方をマスターしてみてください。 握力を高めるメリット 大筋群のトレーニングに必要不可欠 皆さんが思っている以上に、筋トレには握力が必要です。 特に背部や腰部の大筋群を鍛えるエクササイズには、握力が欠かせません。 たとえばバーベルやダンベル、マシンのバーなどを握って引っ張るプル系エクササイズは、握力が弱いと高重量を扱うことができないでしょう。 デッドリフトやベントオーバーロウ、ラットプルダウンなどでも、先に握力がなくなり、動作が止まってしまう人も少なくないはずです。 高重量でも耐えられる握力をつけることで、目的の筋肉にも大きな刺激を与えることができるようになります。 スポーツパフォーマンスも左右する スポーツには用具を使う種目が数多くあります。 また、用具もバットやラケット、ボールなど、形や大きさ、重さまでさまざまです。 それらを上手にコントロールするためには、握力が重要となります。 握力が弱ければ、それらの用具にうまく力が伝わらずパフォーマンスが低下するでしょう。 また、疲れて握力が低くなってきたときは、その差がさらに大きくなって結果に現れるはずです。 日常生活でも握力があると便利 重い荷物や買い物袋を運んだり、ビンのふたを開けたり。 あるいはタオルを絞るなど、日常生活で握力が必要な場面はたくさんあります。 握力を鍛えるだけで、日常生活のパフォーマンスも向上するのです。 握力強化に関連する筋肉とは 握力は、前腕部にある筋肉が収縮することによって力を発揮します。 数ある前腕部の筋肉の中で、握力に直接関係するのが「深指屈筋(しんしくっきん)・浅指屈筋(せんしくっきん)」と呼ばれる筋肉です。 指を曲げる力を発揮するこれらの筋肉は、親指を曲げる筋肉「長母指屈筋」とともに鍛えることで、握力を高めることができます。 また、前腕部には他にも多くの筋肉があります。 握力に関係する筋肉だけでなく前腕部全体の筋肉を鍛えることで、力を発揮する際にサポートしてくれるでしょう。 そのため、効率よく握力を向上させることが可能です。 握力を鍛えるトレーニング それでは握力を強化するためのエクササイズを、具体的にいくつかご紹介していきましょう。 ハンドグリップ 1. 片手でハンドグリップを握ります。 ハンドグリップが閉じるまで握ります。 閉じるまで握ったら、ゆっくりと手を広げて元に戻していきます。 この動作を繰り返し行います。 反対側も同様に行います。 握力のトレーニングといえばコレ! と言われるくらい、代表的な握力強化のエクササイズです。 握力も他の筋肉と同様、負荷設定が重要となります。 高回数できる軽い負荷のものや低回数しかできない高負荷のものまで、いくつかハンドグリップを用意すると効果的にトレーニングを行えるでしょう。 バーベルホールド 1. パワーラックのセーフティーバーなど使い、バーベルを持ち上げやすい高さに調整して両手で握ります。 バーベルを持ち上げ、両腕を伸ばしたまま保持します。 握力が続く限り保持します。 握力がなくなったら下ろしましょう。 この動作を繰り返し行います。 バーベルを持つだけという簡単なエクササイズです。 重い重量を持ち上げやすいようにパワーラックやベンチプレス台を活用しているだけなので、パワーラックなどがない場合でも行えます。 なお、ダンベルで代用してもよいでしょう。 ブックホールド 1. 本を何冊か用意します。 複数の本を、親指と4本の指で挟むように持ち上げます。 握力が続く限り保持します。 握力がなくなったら下ろしましょう。 この動作を繰り返し行います。 トレーニング器具がない人でも、本があれば大丈夫。 本を重ねて持つだけで握力を鍛えることが可能です。 本の数や厚みが増えれば強度も増します。 グッと指に力を入れるように意識しながら行いましょう。

次の

握力の鍛え方!体力テストの最新平均記録と握力アップする方法

握力 を 鍛える 道具

握力をつけるためには一体どこの部位を鍛え上げたり、どんなトレーニングをすればよろしいのでしょうか?ジムに通ったり、ボルダリングをやったり、様々な器具を使用して鍛えるなど方法はいくらでもあります。 ですが、毎日忙しくジムに通う暇がない、あまりきついトレーニングは続かないという人も多くいます。 また、自宅で簡単に鍛えることができる方法であるならば、続けることができるかもという人もいます。 今回は、握力を鍛えるために、筋肉の関係性やどこの部位を鍛えればよいのか、そのためにはどのような器具を使用すればよいのかを徹底的に解説するとともに、時間を無駄なく使用しながら行うことができる簡単なトレーニング方法も一緒にご紹介したいと思います。 自分の鍛えたい部位が分かれば、トレーニングの効果も十分に発揮することは可能です。 是非ご覧になり、挑戦してみてはいかがでしょうか。 まず初めに握力を鍛えるのは、どこの部分を鍛えた方が効率的なのかをお話ししたいと思います。 握力を鍛えるには、前腕筋と呼ばれる部分を鍛えることがもっともな有効な手段です。 では、前腕筋とは、筋肉のどこの部分でしょうか。 前腕筋は、前腕の筋肉を総称して呼びます。 この部分には、円回内筋や橈側手根屈筋、長掌筋や尺側手根伸筋などといった多くの筋肉が集まっており、それぞれの役割を果たしている部分でもあります。 細かい筋肉の集合体であるため、一つ一つの筋肉を鍛えるということは不可能なこと。 ですが、前腕筋として鍛えることは可能なことです。 前腕筋がどこの筋肉であるかを学んだところで、ここからは、前腕筋の役割りや名称、前腕筋を鍛えることができるおすすめの道具をご紹介していきたいと思います。 握力の筋力を鍛えるためにおすすめの道具をここからはご紹介します。 まず初めにおすすめするのは、ハンドグリップ。 ハンドグリップの効果として挙げらるのは、たくましい腕を作る、手の耐久力を高める、指の動きをよくする、そして、握力を鍛えることにあります。 また、ハンドグリップは、小さくて持ち歩きやすい運動器具。 バッグに入れてもさほど邪魔にはなりません。 場所を選ばずに握力のトレーニングをするにはもってこいの道具でもあります。 お仕事の合間の休憩時間や、テレビを見ながらのトレーニングなど、ながらトレーニングもできるます。 ハンドグリップは重さも様々。 安い価格で購入することもできるというメリットもあります。 隙間時間や、本格的にトレーニングをしたいなど、どんな時でも活躍してくれる、握力必須のアイテムです。 続いてご紹介するのは、ゴムボール。 ゴムボールとは、ピンポン玉くらいの大きさの柔らかいボールのことです。 このゴムボールを使用してどうやって握力を上げていくかというと、ただ単純にゴムボールを握って、ギュッとにぎにぎするだけ。 ゴムボールは、リハビリステーションでも利用されているトレーニング方法です。 小さくて、本当に握力を上げてくれるものなのかと疑問に思われ方もいるとは思いますが、握るという動作は握力強化にはとても大切な動作です。 ゴムでできているということもあり、握った感触も柔らかく、場所を選ばずにトレーニングすることが可能なアイテムです。 ハンドグリップ同様、持ち運びもとても便利。 前腕筋だけではなく、手と指の運動にもなります。 続いてご紹介するのは、ダンベル。 握力を鍛え上げるには、最強のアイテムでもあるということは、皆さんもご存知ではないでしょうか。 ダンベルを使用して腕力を上げる方法は、まず始めに、椅子に座ります。 ダンベルを持っている肘を太ももの内側に密着させて腕を下してください。 次に前腕筋を意識しながら、肘を折り曲げてダンベルを胸の方へ上げていきます。 折り曲げた肘を太ももの内側から離さないように、ゆっくりと基の場所に戻していきます。 ダンベルの重さは色々とあります。 最初は軽いものから挑戦して、どんどん重いものへと負荷をかけていきましょう。 また、前腕筋を意識しながら行うということを忘れないでください。 ただダンベルを持ちあて、おろすという動作だけでは、効果が十分に発揮できません。 握力の筋肉をつけるにはどこの部分をどうすればよいかについてご紹介しました。 握力は前腕筋を鍛えること、前腕筋と握力の関係、前腕筋の名称、握力の付け方、握力をつけるための道具など、握力に関しての知識を少しは学ぶことができたでしょうか。 握力は筋肉を鍛えることで強くなるという関係性があります。 その関係性を成立させることで、握力はどんどん強化させることができるのです。 握力を鍛えるには、出来るだけ毎日トレーニングをすること。 続けることができるかできないかは、心の問題でもあります。 あきらめることなくチャレンジしてみましょう。 時間がない人には、ながらトレーニングも役に立ちます。 最後の方にご紹介した、道具を使用しながら長く続けられるトレーニング方法を見つけてみるというのも、鍛える上では大切なことでもあります。 自分のやりやすい方法で、是非、握力を高めてみてください。

次の