ニキビに良い洗顔料。 【ニキビ予防】洗顔料おすすめ14選!市販プチプラも♡高校生も必見!

大人ニキビに良い洗顔料10選を徹底解剖!正しい洗顔方法でポツポツニキビを改善

ニキビに良い洗顔料

顏をゴシゴシと洗ったり、ニキビ薬を塗って治そうと一生懸命になっちゃいますよね。 でも、 ニキビは治そうと頑張り過ぎるほど治らなかったり、悪化する可能性があります。 特に刺激の強い洗顔料を使っていると、ニキビが治らないのも仕方ありません。 思春期ニキビを治すには「正しい洗顔方法」と「子供の肌に合った洗顔料」を使うことで、新しくできるニキビを予防し、ニキビができにくくなるんです。 洗顔料を変えるだけで数か月後の肌の調子が変わっていきますよ。 グリチルリチン酸…抗炎症成分。 肌への刺激・負担が少ない。 サリチル酸…殺菌、古い角質を落とす成分。 刺激が強いが、肌に合うと治りが早い。 基本的にはグリチルリチン酸配合がおすすめですが、ブツブツとした大量のニキビができたときや、肌が明らかにゴワゴワしているときはサリチル酸がおすすめです。 肌への刺激が少ないもの 肌への刺激が少ないものというのは、 刺激の強い成分が入っていないかどうかです。 例えば、 香料や着色料、パラベン、防腐剤、石油系合成界面活性剤、スクラブといった成分は、肌に余計な負担を与えるので、基本的に必要のない成分になります。 こういった成分を配合することで「スッキリして汚れが落ちている感じがする!効果あるかも…」と思い込ませるために配合されていることが多いですね。 4.洗顔料の種類・形状 洗顔料は種類や形状によって違いがあることは知っていましたか?• 洗顔石鹸(固形石鹸)タイプ 「純石鹸」「石鹸素地」と表記のある洗顔石鹸は、合成界面剤や化学物質が配合されていないものが多いため、 洗顔後の肌に成分が残りにくい優しい洗顔料になります。 ただ、石鹸は弱酸性の肌と反対の弱アルカリ性の性質を持つため、肌がつっぱることも。 洗顔後はすぐに化粧水とクリームで保湿してあげることが大事になります。• 洗顔フォームタイプ ドラッグストアでよく売られている最も一般的な洗顔料。 石鹸タイプと比べて泡立ちがよく、保湿成分が入っているのでつっぱりにくいです。 ただ、洗浄力や保湿力を高めるために配合された合成界面剤や添加物は、刺激があったり、肌に成分が残ってしまいやすいので、洗顔後はしっかりとすすぐ必要があります。 泡立たないタイプや無添加の洗顔料もあるので、そちらがおすすめです。• 泡タイプ プッシュするだけで泡状になって出てくる洗顔料は、泡立てなくていいので簡単に洗顔できますが、強い界面活性剤を使用してることもあるので選び方が難しいです。 ニキビがあるときはおすすめできない洗顔料になります。• パウダータイプ ドラッグストアではあまり見かけないのがパウダー(粉末状)の洗顔料。 余計な成分が含まれていないものが多いため、肌に優しい反面、水気に弱かったり、量の調節や泡立てが難しい洗顔料になります。 無難に選ぶなら洗顔フォームタイプでいいと思いますが、中学生や高校生のような皮脂量の多い脂性肌には 固形石鹸がおすすめです。 思春期ニキビにおすすめの洗顔料ランキングTOP8 上記のポイントと使い心地や口コミ・評判、成分からニキビーノがおすすめできる洗顔料をランキングで紹介していきます。 1位.炎症した赤ニキビには「ノンエー石鹸」 評価:5. 5~2ヶ月分) 価格:2,940円、3個セット7,980円 思春期ニキビの中でも、炎症が始まったばかりの赤ニキビにおすすめなのが 『ノンエー石鹸』。 ノンエー石鹸のポイント• 抗炎症成分で赤ニキビの炎症を鎮静化• 無着色料・無香料・無エタノール・無鉱物油で肌への負担が少ない• 潤い成分(ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュア)配合• フワフワの泡で優しく余分な皮脂や汚れを除去 思春期ニキビ向けの洗顔料の選び方でもお伝えした通り、洗顔料を選ぶときに一番気をつけたいのは、 肌のバリア機能を落としてしまうような、洗浄力の強いものを選ばないこと。 洗浄力の強い洗顔料は、洗った感があるし、たしかに最初のうちは効果を感じるかもしれません。 しかし、長期間使っているうちに効果が薄くなったり、皮脂量が多くなる(or皮脂の取り過ぎで乾燥肌)ことで、逆にニキビができやすい肌になることも…。 そんな肌トラブルを避けるためにも、ノンエー石鹸のような肌への負担が少ない洗顔料を使って、ニキビのないキレイな肌を手に入れて、笑顔で学校に行かせてあげましょう。 市販の洗顔料でおすすめできるものは? 上記では 「安い洗顔料を使ってニキビが悪化したり、肌に合わなかった子向け」の商品が多かったので、市販の洗顔料ではノブAくらいしかランキングに入っていません。 市販の洗顔料の多くは洗浄力が強いせいで、皮脂を取り過ぎて肌をピリピリと乾燥させたり、スクラブなどが入っていて肌を傷つけてしまう可能性もあります。 だから、市販の洗顔料でおすすめできるのはこちらの2つだけです。 ランキングでも紹介した「ノブA アクネソープ」 評価:4. 市販で売られている洗顔料の中から選ぶなら、これを一番最初に試してもらいたいです。 同シリーズでフォームタイプもあるので、固形石鹸が苦手ならそちらを選ぶようにしてください。 敏感肌の思春期ニキビ向けシリーズなので、低刺激で肌への負担も少ないですね。 5ヶ月分) 価格:600円 海泥とガスールという二つの泥を利用した薬用洗顔フォームで、クリーミィでもっちりとした泡が毛穴汚れを絡めとってくれます。 同じブランドで「ロゼット洗顔パスタ 荒性肌」というのも人気ですが、そちらは使いづらく、イオウ配合で長期の利用に適していません。 思春期ニキビにはアクネクリアの方がおすすめです。 ランキングとかで紹介されているのは人気&有名商品20~30種類を比較したものがほとんど。 市販の洗顔料は何十種類とあるので、すべての洗顔料を調べることは正直難しいです。 有名な商品だとビオレやギャッツビー、クレアラシル、DHC…。 これらの商品はドラッグストアやスーパーで300~500円程度で簡単に購入することができますが、 安い洗顔料を2~3個と変えて繰り返しては肌がボロボロになるだけ。 ここで紹介した市販洗顔料を使うのもいいですが、それでもダメならランキングで紹介しているような、保湿成分が配合していたり、合成化合物の少ない洗顔料を試してください。 思春期ニキビにおすすめの洗顔料を使っても、洗顔方法が間違っていると 「ニキビが治らない…」という状態が続いてしまいます。 肌に優しい無添加のものや保湿成分も一緒に入っている物に変えてみましょう。 1日に3回以上、洗顔をしている 顔がテカテカになるからといって、1日に3~4回も顔を洗っていると、皮脂の落としすぎで肌の水分が蒸発したり、ゴシゴシ洗顔同様、肌の抵抗力が弱まります。 1回の洗顔時間が長い(3分以上) 長く洗顔したからといって、汚れが落ちるわけでもニキビの治りが早くなるわけでもありません。 長くても1分半以内に済ませるのが理想です。 冷たい刺激や急激な温度変化によって毛細血管が拡張してしまいます。 このような間違った洗顔をしていたら要注意です! これから紹介する正しい洗顔方法で、肌に負担をかけない洗顔をしましょう。 肌に負担をかけない正しい洗顔方法 では、皮膚科医の吉木信子先生が書いた『』で書かれている、肌に負担をかけないための正しい洗顔方法の手順を紹介していきます。 洗顔料をしっかりと泡立てること 手で作る泡はゆるくて、弾力がないので、泡立てネットを使うようにしてください。 皮脂量の多いTゾーン(おでこ・鼻)から洗う• 次にUゾーン(フェイスライン・顎・頬)を洗う• ぬるま湯ですすぎ忘れがないように丁寧に流す• 清潔なタオルで押し当てるように水気を取る 思春期は朝起きたときの顔のアブラもすごいことになっているので、 朝と夜の2回、洗顔料を利用して洗顔するようにしましょう。 日中、アブラが気になったときは、あぶらとり紙を使うのがおすすめ。 一生懸命、皮脂を落とすように洗顔した方が肌がキレイになる気がするし、早く治りそうなイメージもありますが、優しく・丁寧に行うように心がけてください。 まとめ 中学生・高校生の頃って美容のために使えるお金が少ないから「市販の安い洗顔料」を使って、ニキビが逆に悪化して、また違う安い洗顔料を使う…。 みたいに、ニキビが治らないことを繰り返すことがよくあります。 同じことを繰り返してニキビ肌のまま何ヶ月もムダに過ごしますか?それとも、できるだけ早くキレイな肌を手に入れて、笑顔で学校に行きますか? 確かに、市販のニキビ向け洗顔料の中から運よく肌に合う洗顔料が見つかって、ニキビがキレイに治る子もいます。 しかし、あなたの息子さん・娘さんが 市販の洗顔料を1~2個試したけどニキビの状態が良くなっていないなら、で紹介した高品質な洗顔料を試してみてくださいね。 ニキビが治って肌がキレイになったら、学校にも笑顔で登校するようになりますよ。 こちらの記事もよく読まれています 以上、思春期ニキビにおすすめの洗顔料ランキングになります。 最後までご覧いただき、ありがとうございます。

次の

キュレル泡洗顔料の成分とニキビへの効果や使い方!マツエクは?

ニキビに良い洗顔料

洗浄力が強すぎないこと• 有効成分が含まれていること• 肌に優しいこと(添加物が入っていない)• 泡立ちが良いこと …と言われても、どうやって見分ければいいのかわからないですよね。 それぞれのポイントについて具体的に説明していきます。 1.洗浄力はほどほどで、潤いを残す ニキビの原因は皮脂だから、しっかり汚れが落ちる洗浄力の強い洗顔料がいいって感じがしますが、 適度な皮脂は肌を守ってくれるバリアの役割をしてくれます。 洗浄力が強すぎると、バリア機能まで壊して敏感肌や乾燥肌の原因に。 洗浄力の強弱に関しては、実際に使ってみないと分からない場合が多いけど、• スクラブ配合• ピーリング効果• 「さっぱり!」「すっきり!」「爽快!」と書かれている 上記のような表記がある洗顔料を避けましょう! これらの表記が書かれているものは、基本的に皮脂の多い思春期向けの洗顔料であったり、炎症したニキビではなく、ニキビ予防のための洗顔料になります。 大人ニキビのために選ぶなら 保湿成分が含まれているものを選んでください。 例えば、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどが入っていると安心です。 洗顔すると、一時的に顔を守る皮脂膜や古い角質がなくなってしまいますが、保湿成分が配合されていれば、洗顔後の乾燥を防いでくれますよ。 ニキビに有効な成分が配合のものを選ぶ ニキビケア洗顔料に含まれている有効成分には大きく分けて2種類あります。 グリチルリチン酸…抗炎症成分。 肌への刺激や負担が少ない。 サリチル酸…殺菌・古い角質を落としてくれる成分。 よく効くけど刺激が強い。 どちらもニキビに有効な成分に違いありませんが、大人ニキビのように皮脂量の多くない肌の場合は、肌への負担が少なく、ニキビの炎症を抑えてくれる グリチルリチン酸配合のものを選んでください。 グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸2kなどの表記がされています。 サリチル酸は殺菌効果でアクネ菌をやっつけてくれるので、効き目は早いんですが、肌への負担が大きいというデメリットがあるので、炎症しているニキビにはあまり向きません。 肌がザラザラーっとして、ニキビができそう…って感じのニキビにはおすすめですね。 ニキビの状態によって使い分けるのがベストですが、グリチルリチン酸配合のものを選んでおけば、乾燥肌や敏感肌でも安心して使うことができますよ。 肌へのやさしさを重視する 肌へのやさしさを考えると、 着色料や香料、アルコール、鉱物油、防腐剤、石油系界面活性剤など、肌に負担をかける成分が入っていないことはとても大事。 市販の洗顔料の多くには、こういった肌への負担が大きい成分が含まれていますが、そのせいで皮脂がゴッソリなくなったり、ヒリヒリする肌トラブルの元に。 先ほども、お話ししましたが、外部からの刺激や肌の潤いを逃がさないために必要な皮脂まで落とすと、逆にニキビのできやすい肌になってしまいます。 できれば泡立ちのよいものを 泡立ちの悪い洗顔料は、肌と指の間の クッションがないせいで必然的にゴシゴシこすることになり、摩擦によって肌を傷つけやすくなります。 泡立ちにくいものだと、泡立てるのが面倒になって、しっかり泡立てる前にゴシゴシと洗顔するはめになるので、泡立ちがいいものを最初から選んでおいた方がいいですね。 大人ニキビにおすすめの洗顔料8選 上記の4つのポイントと口コミや使い心地などをふまえ、20種類以上の洗顔料の中から、大人ニキビにおすすめできる洗顔料をランキング形式で紹介していきます。 1.ノンエー石鹸 評価:5. ノンエー石鹸のポイント• 洗浄力が強すぎない• 保湿成分(ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュア)配合• 肌に負担になる色料・香料・エタノール・鉱物油が無添加• フワフワとした泡でやさしく汚れや皮脂を落とす 大人ニキビ向けの洗顔料は10代の思春期ニキビと違って、皮脂をゴッソリ落とすようなものではなく、 不必要な皮脂や汚れをやさしく落としてくれるものを選びのが大事。 市販の洗浄力の強い洗顔料は汚れ落ちがいいので、最初は高価を感じるかもしれません。 でも、長く使っていくと肌に必要なバリア機能がどんどん低下して、乾燥肌や敏感肌になって、ニキビができやすくなることもあります…。 そんな20代、30代の肌トラブルを避けるためにも、 無添加+保湿成分配合の洗顔料を使いましょう。 ノンエー石鹸は合成界面活性剤を含まない固形石鹸なので、肌とは逆のアルカリ性です。 そのため、肌が弱まっているとピリピリした刺激を感じるかもしれませんが、界面活性剤を肌に残さず、肌が育つ環境を作ってニキビをできにくくしてくれますよ。 なかなかいい洗顔料に出会えず、中学生の頃から愛用していますが、やっぱ効きます。 ただ、洗い上がりが乾燥するので、保湿力のある化粧水と乳液でカバーしてます。 市販でおすすめの洗顔料は以上になります。 価格は安いので、どの商品も香料やパラベン、鉱物油などの添加物が入っているのは残念ですが、「どうしてもお金をかけれない!」って場合は、これらの洗顔料を試してみてください。 できれば、おすすめ洗顔料から選ぶようにしましょう。 オルビスクリアや草花木果どくだみは比較的安い洗顔料だと思いますよ。 大人ニキビの洗顔で重要なポイントを3つ紹介していきますね。 1.洗顔するときは優しく洗う、冷水で引き締めない ニキビに悩んで、色々調べてきたなら洗顔で肌を傷つけない大事さを知っていますよね。 簡単に正しい洗顔方法を説明するので、おさらいしておきましょう。 オイリー肌…朝も夜も洗顔料を使う• 乾燥肌・敏感肌…朝はぬるま湯のみ。 夜は洗顔料を使う• 普通肌・混合肌…季節や体調で使い分ける 夜は、日中についた汚れや皮脂が肌に残っています。 どんな肌質でも必ず洗顔料を使って、1日分の汚れを落としてください。 3.洗顔後はすばやく保湿する 洗顔後の肌は、一時的に肌のバリア機能が低下している状態なので、 すぐに化粧水で肌に潤いを与え、乳液やクリームで蓋をしてください。 長時間放置したり、化粧水だけでスキンケアを済ませるのはいけません。 時間ともに肌の内側の水分が蒸発して、肌の乾燥を招いてしまいます。 以上、大人ニキビの洗顔で重要なポイントになります。 まとめ 大人ニキビ向けの洗顔料の選び方を知ることはできましたか? ニキビができるのはショックですが、正しくケアしてキレイに治していきましょう。 最後に、大人ニキビ向け洗顔料の選び方をまとめておきますね。

次の

生理前のニキビには洗顔!生理周期による大人ニキビを防ぐ洗顔方法

ニキビに良い洗顔料

美肌の大敵ともいえる白ニキビは、大人も非常にできやすいニキビの1つであり、多くの人がしつこい白ニキビの出現に悩まされています。 白ニキビを何とか解消することができないかと、洗顔やスキンケアに工夫を取り入れたり、食事や睡眠などの生活習慣に気を使ったり、白ニキビに効果のあるコスメを試してみたりと、日々白ニキビ対策に頭を悩ませている人も少なくありません。 そこで、毎日しっかりと洗顔して白ニキビの原因を取り除いているつもりなのに、それでもなかなか白ニキビを撃退できないという人のために、白ニキビを予防する正しい洗顔方法と、洗顔する際に使用してほしい白ニキビ改善に効果的なオススメの洗顔料をご紹介します。 洗顔方法と洗顔料を改めて見直し、白ニキビのないスベスベな素肌を手に入れましょう! 目次でパッと理解する• 洗顔は白ニキビを治す重要なポイントです! まず、白ニキビ対策として一番大事なスキンケア、それは正しい洗顔方法を身につけることです。 ニキビケア専用の化粧品をいくら使っても、誤った方法で洗顔をし続けていては残念ながら白ニキビの改善は難しいでしょう。 たとえ白ニキビが改善したとしても、再び白ニキビが出現し、繰り返すニキビから抜け出せない状態に陥ってしいます。 正しい洗顔を始めるだけで、白ニキビは劇的に改善することができますし、白ニキビのできにくい肌環境にしていくことが可能になります。 しかし、ここでいう「正しい洗顔」というのは、手持ちの洗顔料でただゴシゴシ洗うというのは間違いです。 白ニキビの原因をしっかりと取り除く正しい洗顔方法で洗顔すること 2. 洗顔料を白ニキビに効果のあるものにチェンジすること この2点をしっかり抑えた洗顔こそが、白ニキビ改善への重要なポイントになります。 白ニキビは毛穴に皮脂が詰まって膨らんでいるだけ 白ニキビはどうして洗顔を徹底することで改善できるのか… その理由は、「白ニキビは毛穴内部の皮脂や角質が詰まり、皮膚が膨らんでいる状態のただの角栓 コメド 」だからです。 アクネ菌による炎症や、赤みなどの厄介な症状を引き起こす前の、最初の段階ということです。 毛穴に詰まった角栓がキレイになれば白ニキビはなくなります。 適切な洗顔で白ニキビの原因をしっかりと取り除くことができれば、白ニキビの発生そのものを抑制することができるのです。 初期段階である白ニキビの時点でニキビを撃退することができれば、赤ニキビ 炎症ニキビ や黄ニキビ 化膿ニキビ へと成長することはありません。 つまりは、炎症や痛みなどの鎮静や、ニキビ跡などの厄介な肌トラブルに悩む必要もなくなるのです。 2018-09-29 12:56 毎日洗顔してるのになぜ毛穴詰まりが起きるの? 白ニキビの要因となる毛穴が詰まる理由は、食生活やストレスなどの生活習慣が関係している場合もありますが、意外と知られていないのが「肌の乾燥」から起きているということです。 うるおいが足りていない乾燥した肌は、水分蒸発を防ぐための防御反応として皮脂を過剰分泌させます。 すると、実際は乾燥しているはずの肌の表面だけが、余計な皮脂分泌の影響で脂性肌のようなオイリーな肌状態になります。 このテカりを解消しようと必死に洗顔をおこない、どんどん肌乾燥が進行してしまうという悪循環に陥ってしまうのです。 肌が乾燥すると、皮膚に柔軟性がなくなり毛穴の伸縮もおとろえ、毛穴に詰まった汚れ 角栓 を排出できなくなり、毛穴詰まりが起きてしまうというわけです。 洗いすぎは絶対NG!間違った洗顔方法が白ニキビの要因 白ニキビができてしまう要因としてもっとも可能性が高いものが、洗顔のやり過ぎによる肌乾燥です。 白ニキビが気になると必要以上に洗顔しすぎてしまったり、殺菌効果がある刺激の強い洗顔料を使いたくなってしまいます。 しかし、この間違った洗顔方法によって、知らず知らずのうちに白ニキビの原因であるインナードライや乾燥肌を作りだしているかもしれません。 1【プライマリー】薬用ニキビ石けん Non A. ノンエー 薬用ニキビ専用洗顔石けん Non A. ノンエー ニキビに悩む7万人もの声から誕生した、有効成分配合のNon A. 薬用ニキビ石けん 医薬部外品。 無香料・無着色料・無エタノール・無鉱物油と、肌へのやさしさを追求した、従来の表示指定成分は一切使用していないこだわりの無添加処方です。 そのため、アトピーやアレルギーを持っている人や、デリケートな赤ちゃんでも安全に使える低刺激な洗顔料です。 glen ビーグレン 】クレイウォッシュ b. glen ビーグレン のクレイウォッシュは、上記で紹介した泡で洗う洗顔料とは異なり、ジェル状になっている泡立ただないタイプ。 このクレンジングジェルのようなテクスチャーの洗顔料を顔全体にクルクルと優しくなじませ、ぬるま湯ですすぐだけで完了という洗顔方法も特徴的です。 クレイウォッシュは乾燥しがちな大人の白ニキビ改善に効果があるとして、ニキビケア商品の中でもリピート率が高く、ダントツの人気を誇る洗顔料です。 クレイは天然で肌刺激が非常に少なく、しっかりと毛穴の汚れや皮脂詰りを吸着してくれます。 白ニキビ以外にも毛穴詰りによる毛穴の黒ずみや角栓に効果があり、毛穴全体のトラブルを解消することができるため、世代を問わず支持されているというのも納得です! 《モンモリロナイト》という天然のクレイを使用していますが、天然クレイ特有の臭いもなく、快適に洗顔できるという点もポイントです。 CMも頻繁に流れていますし、雑誌でも何度も特集が組まれているので目にした人も多いと思います。 プロアクティブの洗顔料ではスクラブ・グリコール酸による「ピーリング効果」が期待でます。 さらに一緒に基本的なスキンケアを徹底してできるのでニキビを本気で治すには理想的なセットになっています。 一般的にスクラブは肌に優しくないと言われていますが、プロアクティブのスクラブは低刺激でソフトな洗い心地です。 スクラブ入りなので無理に泡立てようとせず、マッサージしながら洗顔するのがおすすめです。 肌荒れ防止成分として《グリチルリチン酸ジカリウム》配合。 トランシーノ薬用クリアウォッシュがアットコスメでたくさんの人の口コミや注目を集めている理由、それは非常にキメ細かい上質な泡を作ることができるという点です。 洗顔ネットを使用すると少量でも良く泡立ち、泡で洗顔するには持ってこいの洗顔料です。 肌への優しさにもこだわった処方で、保湿成分約50%配合のモチモチ泡が毛穴の奥の汚れまでしっかりと取り除き、しっとりとした洗い上がりにしてくれるところも魅力です。 広島県産桃色粘土 清浄成分 を独自の製法で練り込んでおり、上品なスウィートフローラルの香りのなめらかな泡が、肌をやさしく包み込みながら洗い上げます。 「1,000円以内」というコスパの良さも、多くの人が試しやすいポイントのようです。 アットコスメの洗顔石鹸部門1位をゲットする人気の秘密は、何と言ってもコスパの良さ!! そして、さっぱりとしていて突っ張らない洗い上がり、泡立ちの良さや配合成分の優しさなど、白ニキビだけでなく思春期ニキビの洗顔にも人気の商品です。 洗顔用の石鹸としてはもちろん、顔だけじゃなく全身に使用することができ、デリケートで敏感な赤ちゃんの肌にも安心して使用できます。 信頼が高い国内生産をおこなっており、肌にやさしく万能なところがたくさんの人に支持されている理由です! 昔ながらのどこか落ち着くローズの香りや使い心地、さらに低コストながら白ニキビケアの効果も高く、スーパーやドラッグストア等どこでも購入できるところも長年に渡って愛用者を増やし続けている魅力のひとつです。 白ニキビの改善効果がある化粧水3選 白ニキビは、肌乾燥によって余計な皮脂が分泌され毛穴が詰まることが原因で起きます。 化粧水でしっかり保湿をして過剰な皮脂分泌を抑えることが必要です。 2018-10-06 11:38 白ニキビがなくなる正しい洗顔とは? ではここからは実際に、どのような洗顔をすれば白ニキビを対処できるのかを説明していきます。 まちがった洗顔の代表例としては、皮脂を落とそうとゴシゴシ力任せに洗顔したり、皮脂や毛穴詰まりが気になるからといって、一日に何回も洗顔して肌に必要な皮脂までもを落としてしまうという事です。 この洗顔方法は肌乾燥を進行させ、肌のバリア機能が低下してしまい、白ニキビのできやすい肌環境を作り出すことにつながります。 白ニキビを早急に改善したいのであれば、徹底した正しい洗顔方法で早めに対処するようにしましょう。 誰でも今すぐできる!白ニキビのための洗顔方法 白ニキビのための正しい洗顔方法といっても、誰でも今すぐに始められるとても簡単な洗顔方法です。 朝と夜の1日2回、白ニキビのために少しだけ手間を加えてあげるだけで、白ニキビのないスベスベな肌に改善することができます! もし1日2回以上洗顔しているのであれば、肌乾燥のリスクを高めている危険性がありますので、洗顔回数は1日2回に守りましょう。 ホットタオルで毛穴を開かせる まずは、実際に洗顔をする前に、毛穴の奥深くにまで詰まった皮脂や角質、汚れを徹底的に落とすことができるよう、そしてゴシゴシとこする力や強い洗浄力がなくても優しく毛穴の奥まで洗うことができるように、毛穴を開くことからスタートしましょう。 水で濡らしたタオルを電子レンジで温める、またはお湯をたっぷりと染み込ませたタオルを絞るだけでホットタオルの完成です! この手軽に作ることができるホットタオルを、洗顔前の顔に乗せて数分間、しっかりと毛穴を開かせるように蒸らします。 毛穴を洗顔前に開いておくことで毛穴に詰まった皮脂をカンタンに取り除くことができ、老廃物や古い角質も滞ることなく落とすことができるため、白ニキビ改善に効果的です。 クレンジングでメイクを落とす 帰宅後すぐにメイクを落とした方が白ニキビができている肌に負担を与えずにすみます。 ですが、お風呂タイムまでクレンジングする時間が取りづらいという方は、この段階でクレンジングを行うようにしましょう。 ホットタオルで毛穴を開かせた状態でクレンジングを行うと、毛穴の奥に詰まったファンデーションなどのメイク汚れがきれいに落ちるため、白ニキビの予防に最適です。 ぬるま湯で顔を濡らす ホットタオルで毛穴が開いたら、今度はぬるま湯で顔を濡らして肌の予洗いを行います。 肌表面に付着した皮脂汚れやホコリなどを落とすことができるため、その後の洗顔の効果をより高めることができます。 洗顔前のぬるま湯予洗いの温度の目安は、熱いお湯ではなく32~37度のぬるま湯です。 あまり熱いお湯、ぬる過ぎるお湯では効果が低くなってしまうので注意しましょう。 方法は、手の平を顔に近づけ、ぬるま湯をつけるという感覚ぐらいのソフトタッチで行います。 お湯を顔につけるだけで、こすったりしてはいけません。 きめ細かいモコモコ泡で洗顔する ぬるま湯で予洗いした後は、いよいよ洗顔料で洗顔していきます。 この際、洗顔料はモコモコに泡立てて洗うという方法が基本で、その泡も濃密できめ細かく泡立てることが重要になってきます。 泡立てるポイントとしては、水が多すぎると弾力のないフワフワとした泡になってしまう為、ほんの少量の水を加えて、できる限り濃密なきめ細かい泡を作るように心がけましょう。 きめ細かくモコモコとした泡が出来上がったら、その泡で洗顔をしていきま。 まずは小鼻の周り、おでこ、顎周りを泡の弾力がまだしっかりとしているうちに指の腹を使って洗うようにします。 ゴシゴシとこすらず、優しく指の腹でなでるようにしましょう。 次にその他の部分ですが、泡立てたきめ細やかな泡で洗うというイメージで、肌に指が触れないようにします。 あくまでも指や手で洗うのではなく、きめ細かい泡で優しく洗うよう意識しましょう! 5. すすぎもぬるま湯で行う きめ細やかな泡でしっかりと洗顔し、毛穴の奥までしっかりと洗った後は、すすぎに入ります。 このすすぎという行程も洗顔の重要なポイントになりますので、しっかりとすすぐことができるようにしましょう。 まず、すすぐ方法としてはぬるま湯で行うこと、さらにすすぐ際には手が肌に触れないようにすすぐことが肝心です。 手でゴシゴシとこするようなすすぎは絶対にやめましょう。 また、洗顔料の成分が肌に残ってしまうと、新たな白ニキビの原因を作りだしてしまいます。 小鼻・髪の生え際・顎 あご はすすぎ残しやすい部位のため、すすぎは徹底的に行い、白ニキビができないように注意してください。 冷水で毛穴を引き締める しっかりとすすいだ後は、洗顔の仕上げを冷水で行います。 毛穴を開いてしっかりと汚れや皮脂などの白ニキビの原因を排除したのですから、その毛穴を閉じてさらに白ニキビになりにくい肌環境を作りだしましょう。 仕上げの方法は、冷水を20~30回程度顔に当て、開いている毛穴を閉じるという形で行います。 洗顔後の肌が引き締まり、白ニキビだけでなく毛穴トラブル全般の予防になります! 7. 清潔なタオルで水分を吸い取る 冷水で毛穴をしっかりと閉じた後は、白ニキビに摩擦を与えないように清潔なタオルで水分を吸い取ります。 タオルは雑菌が繁殖しやすく、ニキビが悪化するリスクがあるため、必ずキレイなタオルを使用するようにしてください。 肌にタオルを乗せ、タオルの上からやさしく押すような感覚で水分を吸い取ります。 白ニキビが悪化する可能性があるため、絶対にゴシゴシとこすって拭き取らないようにしましょう。 白ニキビがかわいそう。 STOP! 刺激の強い洗顔 白ニキビのないキレイな素肌を実現しようと思ったら、刺激の強すぎるニキビケアは今すぐにでもやめたほうがいいでしょう。 実際は白ニキビの原因を作りだしてしまう問題のあるスキンケア方法なのに、昨今ではあたかもそれがニキビケアの常識であるかのように紹介されていることも少なくありません。 刺激の強いニキビケアは逆に白ニキビになる原因を作りだし、白ニキビが大量にできやすい肌環境を生みだしてしまいます。 ここで刺激の強すぎる洗顔方法を挙げますので、肌に負担がかかるような刺激の強い洗顔をしてしまっている人は速やかに見直すようにしましょう。 「洗顔ブラシで白ニキビが治る」は危険! 最近よく見かけるようになった洗顔ブラシ。 洗顔ブラシを使って毛穴の汚れをかきだす、毛穴詰まりをブラシの効果によって取り除くという広告やCMなどをよく目にするようになりました。 しかし、毛穴の汚れを取るのは洗顔料の泡であって、洗顔ブラシの摩擦ではありません。 毛穴の汚れを取ろうと一生懸命洗顔ブラシで毛穴の汚れを掻き出すような使い方をしたら、強い刺激をうけ肌がボロボロに傷ついてしまったり、白ニキビが炎症を引き起こすきっかけとなってしまう可能性が大きいのです。 ピーリング石鹸で毎日洗顔する ニキビケアとして人気のあるピーリング石鹸も非常によく見かけます。 しかし、ピーリング石鹸は通常の石鹸よりもかなり刺激が強く、毎日の洗顔に使用してしまうと肌が深刻なダメージを受ける可能性を秘めています。 ピーリングの作用で肌に必要な皮脂だけでなく、肌を外部刺激や摩擦から守る角質も落としすぎてしまい、ターンオーバーが乱れ肌トラブルの起こりやすい状態になってしまうのです。 「ピーリング石鹸を使用する頻度を週一回程度に留めること」、「ピーリングは朝よりも夜に行うこと」、この2つの注意点を守り白ニキビを刺激しすぎないように上手く活用していきましょう! 乾燥肌の人や敏感肌の人は、皮膚が薄いのでピーリング石鹸は使わないほうが無難です。 まとめ 美肌の大敵白ニキビは、毎日おこなっている洗顔方法一つで根本から解決できるということがわかりました。 繰り返す白ニキビを何とかしたい! 白ニキビができにくい健やかで美しい素肌を作りたい! そんな願いを叶える第一歩として、この機会にぜひ改めて洗顔について見直してみてはいかがでしょうか。

次の