ご 足労 頂き まして ありがとう ご ざいました。 「ご足労いただきありがとうございました」意味・敬語・目上への使い方

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

ご 足労 頂き まして ありがとう ご ざいました

そもそも「ご足労」とは? なんとなく日常的に使っている、先輩に言われて使うようにしたなど、あまり意味を考えずに使用している人も多いのではないでしょうか。 まずは、この言葉の意味をきちんと知っておきましょう。 感謝の意を表す 足をわずらわせる、つまり「行く」や「歩く」ということを、丁寧にしたものを「足労」といいます。 これに「わざわざお越しいただく」という相手の行動を敬う気持ちを込めて「ご 御 」をつけた言葉が「ご足労」です。 本来であれば自分から足を運ぶのがマナーであるにもかかわらず、相手がわざわざ来てくれたことに感謝の意を表すこと、それが「ご足労」ということなのです。 まずはこの意味をしっかりと押さえておき、実際にこの言葉を使用する時には「ご足労いただき、ありがとうございます(ありがとうございました)」といったように、相手をきちんと労う気持ちを口頭で伝えるようにしましょう。 もしタイミングの問題などで口で言えなかった場合には、追ってビジネスメールで送るようにした方が良いでしょう。 目上の方にも使える 前述の通り、この言葉は感謝と敬う意味がありますので、目上の方に使っても特に問題はないとされています。 また、何かをお願いする時やお断りする時など、事実を伝えづらいような場面というものが仕事の中で出てくることがありますよね。 そういった時にクッション言葉として「ご足労をおかけいたしますが」と伝え、相手の心に受け入れ態勢を作るという使い方をすることもあります。 具体的な使用場面については、次項で解説していきます。 スポンサーリンク ご足労を伝える場面は? 普段仕事をしている中で「お疲れ様です」や「お世話になっております」といった言葉はかけ合ったりしますが、「ご足労をおかけします」とは言いません。 なぜでしょうか。 それは、「使うのにふさわしい場面」というものがあるからです。 来てもらった「後」に使う 「ご足労」という言葉は基本的に、来てもらった後にお礼として使うものです。 そのため、まだ来てもらっていない時点で先に言うようなことはあまりありません。 来てもらう前から敬うくらいならば、始めから自分で出向くべきですよね。 よって、実際に来てもらった後に「足を運んでいただき、ありがとうございました」という意味でこの言葉を使うのが最適であると言えるわけです。 「前」に使うのはNG? ビジネスメールなどでクッション言葉として、「ご足労をおかけいたしますが」「ご足労いただき大変恐縮ではございますが」といったような表現をすることはあります。 しかし、やはり事実発生前に先んじて伝えるよりも、メールであっても事後に「先日はご足労をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした」とか「先日はご足労いただき、誠にありがとうございました」といった伝え方をする方が適していますので、基本的には「後に言う」ということを覚えておいてください。 参考サイト: スポンサーリンク 実際の使い方は? それでは、実際にビジネスで使える例文や言い回しを紹介していきます。 口頭で伝える場合やメールで送る場合など、様々な状況で「ご足労」を使うことがありますので、参考にしてください。 言い回しの例 【当日に伝える場合】• 本日はご多忙の中、弊社にご足労いただき、誠にありがとうございます。 本日は遠方よりわざわざご足労いただき、誠にありがとうございます。 この度はご足労いただきまして、本当にありがとうございます。 【後日に伝える場合】• 先日は、大変ご足労をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。 ~の際には、遠路からわざわざご足労いただき、誠にありがとうございました。 ビジネスメールの例 件名:本日は誠にありがとうございました。 本日はお忙しい中、ご足労いただき 誠にありがとうございました。 先ほどの打ち合わせの議事録を作成いたしましたので、 ファイルをお送りいたします。 添付ファイルをご確認ください。 次回は貴社にて、打ち合わせに伺えればと考えております。 お忙しいところ大変恐縮ではございますが、 引き続きのご対応、何卒よろしくお願いいたします。 注意点 基本的に「ご足労」という言葉そのものは汎用性が高く、様々な場面で使える正しい敬語です。 しかし、状況や相手の立場などによって、失礼になってしまうようなこともあります。 「ご足労おかけいたしました」や「ご足労いただくことになりますが」など、この「ご足労いただく」といった敬語は、取引先など社外の来客に使うのが一般的となっています。 よって、社内向けの言葉としては相応しくないということになるのです。 自分の直接の上司などには「ご足労」を使わない方が正しいため、より相応しい言葉遣いを意識するようにしましょう。 また、棒読みや、「とりあえず言っておこう」といったあからさまに形式的なビジネス用語のようになってしまわないよう気をつけましょう。 メールなどの文面ならともかく、そのようなスタンスで声に出して言うと「心がこもっていない」と相手に感じさせてしまう可能性があります。 迷った場合は、同僚や上司へ相談! ここで説明している内容はあくまでも一般的なことですので、実際の個別ケースにおいて「この場合はどうなんだろう・・・」「これで、使い方は合っているかな・・・?」と確信が持てなかったり不安になるような時は、きちんと同僚や先輩、上司などに臆せず相談や確認をすることも大切です。 社会人として「こんなことを聞くのは恥ずかしい」とか「今さら、怒られるかも」という気持ちになる時もあるかもしれませんが、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉があるように、きちんと確認せずに曖昧な状態のままでいる方が結果的に恥ずかしいことになります。 ましてや、それによって相手に不快感を与えるようなことをしてしまった方が、当然ながら紛れもない「失敗」を生むことになりますよね。 分からないことは、恥ずかしがったり知ったかぶったりをせずに、素直に聞いて学ぶということを肝に銘じておきましょう! スポンサーリンク 応用編 以上が基本的な使用方法と注意点ですが、この「ご足労」という言葉を使う場面は必ずしもビジネスシーンや日本語会話だけとは限りません。 最後に、応用的な活用方法について紹介しましょう。 結婚式や披露宴でも使える! 【新郎の謝辞】 皆様、本日はお忙しい中、また遠方にもかかわらず、 私たち2人の結婚披露宴にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。 この場をお借りしまして、改めてお礼を申し上げます。 本当にありがとうございました。 また、本日の式を行うにあたりまして、たくさんのご協力をいただきました式場の方々にも、心よりお礼を申し上げます。 【新郎のスピーチ】 本日はあいにくの天候にもかかわらず、お足元の悪い中 ご足労いただき、心よりお礼を申し上げます。 【年賀状】 先日はお忙しい中、私共の披露宴まで ご足労いただき、誠にありがとうございました。 スピーチもお願いしてしまい、大変お手数をおかけいたしました。 本当に素晴らしいスピーチで、感動いたしました。 まだまだ未熟な二人ではありますが、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 英語にする場合は? 英語でも当然、相手を労う場面はあります。 「ご足労いただき、ありがとうございました」をシンプルに英語にすると、「Thank you for visiting us」や「Thank you for coming here」となります。 正直なところ、英語は日本語ほどお堅くないためこれでも充分だったりするのですが、さらに丁寧に言いたい、気持ちを込めたいといった場合には『I really appreciate your coming here』という表現があります。 参考にしてみてください。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 こうして改めて意味と使い方を見ていくと、「これは勘違いしていた!」「今まで、使い方がズレていたかも・・・」と気づかれた部分もあるかもしれません。 「ご足労(御足労)」という言葉は、ビジネスを円滑に進めていくための大事なクッション言葉であり、様々なシーンにおいて頻繁に使用する機会が多い敬語の一つです。 そのため、言葉の使い方をしっかりと習得し、適切な場面で適切な使い方ができるようにしましょう。 わざわざお越しいただいたことへの感謝の気持ちを、一人の社会人として決して忘れずに伝えてくださいね! なお、「ご足労」に限ったことではありませんが過度にへりくだると返って嫌味に聞こえてしまう可能性もありますので、そういった部分も含めて配慮と注意が必要です。 取引相手などにご足労いただくとはいっても、メールを送るタイミングや声をかける状況などによって、その印象が変わってしまうということに留意しておいてください。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

「~していただきまして、ありがとうございました」

ご 足労 頂き まして ありがとう ご ざいました

「ご足労いただき」はビジネスメールで使っても大丈夫? 「ご足労いただき」は口頭だけではなく メールでも使用可能です。 取引先と会う約束をするときや会ってくれたことに対して、メールでお礼を述べる際に使うことができます。 「ご足労いただき」を使った例文 ここからは「ご足労いただき」をビジネスシーンで使う場合の例文をご紹介します。 相手との関係や来てくれた日の天候など、 相手を迎えたときの状況に合わせた使い方を確認しましょう。 「ご足労いただき」の基本の形として、口頭でもメールでも使用可能です。 訪問したシチュエーションに合わせて前後の言葉を変えて表現できます。 」 天気が悪い日の訪問に「お足元の悪い中~」という表現もありますが、【足の状態が悪い人に対しての差別表現】と受け取られる恐れがあります。 こういう場合は言い換え表現として「ご足労」を使用しましょう。 相手に出向いてもらうことを前もってお詫びするときに使用します。 」 「ご足労いただき申し訳ございません」はあまり使われない表現 「ご足労いただき」は訪問してもらったことを丁寧に表現した言葉ですが、あまり一般的な言葉ではありません。 来てもらったことに対してお詫びを強調するのであれば、 「ご足労いただき」よりも「ご足労おかけして」とするのが適切です。 相手が遠いところからきた場合や雨や雪の日などの天候が悪い日など、出向くのに一苦労するときにこそ、来てくれた相手に使用するのが適切です。 ・Thank you for your struggle the other day. ・Despite being far away, I am deeply grateful for your struggle. ・I am sorry to have made struggle, but thank you for your consideration. ・I am sorry to disturb you while busy, but I sincerely hope for your hard work.

次の

「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

ご 足労 頂き まして ありがとう ご ざいました

ここでは、お客様(取引先)の方が訪問してくれた時に送るお礼メールの例文を紹介します。 ・例文 件名:【お礼】ご来社いただきありがとうございました。 本文 〇〇株式会社 人事部 〇〇様 いつもお世話になっております。 〇〇です。 本日はお忙しい中、弊社へご足労いただきありがとうございました。 御採用状況をお伺いすることができ、感謝申し上げます。 まだ弊社で何か打つ手があるかとも存じますので、 また、新しいツールやサービスがリリースされましたら ご提供できればと思います。 取り急ぎお礼まで。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。 署名 わざわざ来てくれてありが等という内容ですので、とても汎用性があると思います。 使いやすい敬語なので、ここでしっかりと覚えておきましょう。 続いては、目上の方に対するお礼メールの例文を紹介していきます。 ・例文 件名:【お礼】打ち合わせの件 本文 〇〇株式会社 常務取締役 〇〇様 いつもお世話になってます。 〇〇とです。 本日は、ご多忙の中、弊社までご足労いただきありがとうございました。 本来であれば、来社すべきところをお越しいただきましたこと、感謝申し上げます。 今回、ご提案させていただいた採用プランですが、 何かご不明な点がございましたら改めてご説明をさせていただきます。 添付ファイルに本日の資料を添付しております。 ぜひ、ご検討いただければと思います。 それでは、引き続き何卒よろしくお願いいたします。 署名 ポイントは、目上のお客様に関しては、わざわざいくべきところを来てもらったことに関して感謝の気持ちを必ず伝えることです。 これがあるかないかで、印象は大きく変わってくるので注意しておきましょう。 「ご足労いただきありがとうございました」は、「わざわざお越しいただきありがとうございました」。 というように申し訳ない気持ちと感謝の気持ちの両方の意味を持っている敬語です。 社内の方には使わずに、お客様のみに使うことを忘れずに覚えておきましょう。 「わざわざお越し」と明確に違いはありませんが、「ご足労」の方が、ビジネスで使う言葉として浸透しているので、使えるようになりましょう。 これらの言葉や言い回しに違いがある表現がいくつかありますが、明確な意味の違いは大抵ありません。 自身が使いやすく、相手に失礼のない言葉選びができれば、問題ありません。 「ご足労いただきありがとうございました」もその言葉の一つです。

次の