スティーヴン ホーキング。 スティーヴン・ホーキング氏が警告した人類滅亡から殺戮ロボットまで。博士の功績を考える。

スティーヴン・ホーキングの言葉:人生に関する21の考察 — こころの探検

スティーヴン ホーキング

一般相対性理論が破綻する特異点の存在を証明した特異点定理をロジャー・ペンローズと共に発表した人物であり、また、一般相対性理論と量子力学を結びつけた量子重力論を提示。 その他に、タイムトラベルが不可能であるとする「時間順序保護仮説」を提唱している。 タイムトラベルが不可能であるとする仮説は、過去に行くことを許容する閉じた時間線が存在するためには、場のエネルギーが無限大でなくてはならないことや我々の時代に未来からの観光客が押し寄せたことがないことを根拠にしている。 Created October 3, 2017 主な著書• 『ホーキング、宇宙を語る:ビッグバンからブラックホールまで』早川書房 訳:林一• 『ホーキング、自らを語る』あすなろ書房 訳:池央耿• 『ホーキング、宇宙と人間を語る』エクスナレッジ 訳:佐藤勝彦• 『ホーキング、ブラックホールを語る:BBCリース講義-世界最高の知性が宇宙最大の謎を解く』早川書房 訳:塩原通緒• 『ホーキング、未来を語る』SBクリエイティブ 訳:佐藤勝彦• 『ホーキング博士のスペース・アドベンチャーシリーズ』• 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』ランダムハウス講談社 レナード・ムロディナウとの共著, 訳:佐藤勝彦• 『時空の歩き方:時間論・宇宙論の最前線』早川書房 キップ・S・ソーンらとの共著, 訳:林一 スティーヴン・ホーキングの名言集 『AZ Quote』より 人生が 難しくみえるかもしれない。 しかしあなたには 常に成し遂げられることが あることを忘れてはいけない。 大事なのは 諦めないことです。 意訳・要約 インテリジェンスとは 変化に適応する能力のことです。 意訳・要約 私は神を信じない。 私たちの運命は まだ決まっていないのだ。 意訳・要約 間違っても 気にする必要はない。 この世に 完璧なものなんてないんだから。 意訳・要約 仕事はあなたに 意味と目的を与える。 意訳・要約 下を向く暇があるなら 星を見よう。 意訳・要約 理論とは仮説です。 それは仮説に過ぎません。 意訳・要約 未分類 参考文献・出典元が特定できていない言葉です 旧サイトで公開していた分を含みます。 詳細がわかりしだい追記・分類します。 人生は できることに集中すること。 できないことを 悔やむ必要はない。 抜粋・略 人は人生が公平ではないことを 悟れるくらいに 成長しなくてはならない。 そしてただ 自分の置かれた状況のなかで 最善をつくすべきだ。 抜粋・略 期待値が「ゼロ」まで下がれば 自分に今あるものすべてに 間違いなく感謝の念が湧く。 抜粋・略 私が人生で学んだことは 自分がいま持っている力を ぜんぶ使えということです。 抜粋・略 今の仕事を好きになれないのでは 違う仕事に就いても好きになれない。 今の仕事に一生懸命になれないのでは 違う仕事でも一生懸命になれない。 今の仕事を好きになって 一生懸命やったとき 次なる道が見えてくるものだ。 そもそも天職はなるものじゃない 気がついたらなっているものだ。 抜粋・略 参考文献・出典• スティーヴン・ホーキング. フリー百科事典 Wikipedia. Retrieved 2017年8月25日 金 13:07, UTC. Profile part. Stephen Hawking Quote. AZ Quote. Retrieved October 3, 2017, JST. Quote part. 参考文献・出典元不明の記述に関しては現在調査を行っており、詳細がわかりしだい追記・分類を行っています。 引用される場合はその点を留意し、読者の方に誤解のない表記をお願いします。

次の

スティーヴン・ホーキングの名言

スティーヴン ホーキング

科学的なるものを軽視する風潮は、現実世界にさまざまな影響を与えた。 根絶されたはずの病が再び現れたのは、ワクチン反対運動がまん延した結果だった。 街が凄まじいハリケーンに襲われたのは、気候変動という事実を認めず、地球規模の対策を講じられなかったからだ。 民主的な選挙の土台はデジタルテクノロジーを利用した見えない敵に翻弄され、揺らいでしまった。 2017年3月を振り返ってみよう。 科学界の周囲には、保守的ポピュリズムによってあおられた反科学的な感情が渦巻いていた。 科学者たちは街へ出て、科学の旗を掲げ、世界中でデモ行進を行った。 しかし、科学が政治的な色を帯びたからと言って、科学者も政治的な存在にならねばならないのだろうか。 事実がその本質とは関係なく、好き勝手に解釈されるようになっても、科学者はデマゴギーやセンセーショナリズムに抗い、体験に基づいて世界をとらえる経験主義的な視点を維持し続けるべきなのだろうか。 わたしには理由がよく分かりませんが、社会が科学とテクノロジーによって支配されつつあるにもかかわらず、科学の分野でキャリアを積みたいと望む若者は大変少なくなっているようです。 ひとつの回答としては、新たにスケールの大きい宇宙開発を計画すれば、若者たちに夢を与えるだけでなく、天体物理学や宇宙学といったほかの分野にとっても刺激になるかもしれません。 ドナルド・トランプへの言葉 ホーキング博士:イスラム圏6カ国から米国への入国を制限する大統領令を、なぜよいアイデアだと考えているのかを問いたいものです。 これはイスラム圏の人間は全員、ダーイシュ(過激派組織「イスラム国」の別称)のテロリストだと決めつけるものです。 しかし、米国の同盟国であるイラクやサウジアラビア、カタールなどは、ダーイシュへ資金を援助しているとされているにもかかわらず、対象には含まれていません。 特定の国からの入国を一律に禁止するこの大統領令は非効率的で、対象となった国の有能な人材を受け入れられなくなってしまいます。 また、気候変動に対する国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱も、撤回してほしいものです。 ですが、有権者の顔色を伺い続ける限り、どちらも無理でしょう。 AIに潜む危険性について ホーキング博士:われわれはランプの魔神ジーニーを解き放ってしまいました。 もはや後戻りはできません。 AIの開発は進めてゆく必要がありますが、危険とまさに隣り合わせであることを心にとめておかなくてはなりません。 わたしは、AIが完全に人間の代わりになるのではないかと恐れています。 コンピューターウイルスを設計すれば、そのウイルスを複製するAIをつくる人も出てくるでしょう。 これは、人間よりも優れた新たな生活の枠組みになると思います。 フェイスブックとグーグルによる寡占体制について ホーキング博士:巨大企業が情報を支配することに不安を覚えます。 「真実」を意味する『プラヴダ』、「ニュース」を意味する『イズヴェスチヤ』という新聞が存在した旧ソ連と同じ状況に陥る危険性があります。 プラヴダ紙には真実が無く、イズヴェスチヤ紙にはニュースがない、というジョークですね。 企業はその常として、自らに都合のよい話をつくり出し、都合の悪い話は無かったことにするものです。

次の

スティーブン・ホーキングとは (スティーブンホーキングとは) [単語記事]

スティーヴン ホーキング

1980年代(詳細撮影日時不詳)撮影 生誕 1942-01-08 死没 2018-03-14 (76歳没) 居住 国籍 研究分野 研究機関 出身校 (学部) ケンブリッジ大学(大学院) 主な業績 の蒸発理論 主な受賞歴 主な受賞歴の節を参照 スティーヴン・ウィリアム・ホーキング(: Stephen William Hawking、 - )は、のである。 (CBE)受勲、FRS()、FRA(フェロー)。 スティーブン・ホーキングとも。 と関わる分野で理論的研究を前進させ、1963年にのを発表し、世界的に有名になった。 1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールはを放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論()を発表、という分野を形作ることになった。 また、一般人向けにを平易に解説するの才能も持ち合わせており、その著作群が各国で翻訳されており、これでも人々によく知られている(日本語版は『』など)。 「の物理学者」としても知られる。 1960年代、学生の頃に(ALS)を発症したとされている。 ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。 晩年は意思伝達のためにを使っており、スピーチや会話ではコンピュータプログラムによるを利用していた。 業績 [ ] 一般相対性理論が破綻するの存在を証明した特異点定理をと共に発表した。 一般相対性理論とを結びつけたを提示している。 この帰結として、量子効果によってブラックホールから粒子が逃げ出すというホーキング放射の存在を予想している。 が不可能であるとする「時間順序保護仮説」を提唱し、過去に行くことを許容する閉じた時間線が存在するためには場のエネルギーが無限大でなくてはならないとしている。 生涯 [ ] 出生 [ ] フランク 1905〜86 を父として、イゾベル 1915〜2013 を母としてオックスフォードに生まれた。 両親は経済的には恵まれていなかったものの、父親はオックスフォード大学でを学び、母親も同大学で(哲学・政治・経済の学際領域)を学んだ。 の直前、ある医学研究所でフランクが医学研究者としてそして同じ場所でイゾベルが秘書として働いていたことで二人は出会った。 両親はで暮らしていたが、第二次世界大戦でロンドンは爆撃を受けていたため()、おなかの子を安全に産むために母はオックスフォードにして出産した。 こうしてスティーヴンが誕生した。 スティーヴンにはフィリッパ メアリー という二人の妹ができ、またエドワード という、養子縁組による兄弟もできた。 初等~中等教育 [ ] スティーヴンはバイロン・ハウス・スクール で初等教育を開始した。 1950年に父のフランクがナショナル・インスティテュート・フォー・メディカル・リサーチ の部門の長となると、一家はに引っ越した。 スティーヴンはラドレット・スクール に1年通い、1952年からはセイント・アルバンズ・スクール に通った。 一家は教育を重視していた。 父のフランクはスティーヴンを評価の高いに入れたがっていたが、当時13歳だったスティーヴンは奨学金のための試験の日に病気になり受験できず、家計の状況は奨学金無しで通わせるのは困難だったので、スティーヴンはそのままセイント・アルバンズ・スクールに通いつづけた。 ただ、これで良かったこともあり、スティーヴンは仲の良い友人たちとボードゲームをしたり、花火を作ったり、模型飛行機やボートで遊ぶことができたし、またや、について話し合うことができた。 1958年からは、数学教師 ()の助けも借りて、この仲間たちは、時計部品、電話交換機、中古部品などを使ってを作った。 やがて、科学に適性があるところを見せ始め、数学教師のタータに鼓舞されて、スティーヴンは大学でを学ぼうと決意した。 スティーヴンの父は、数学専攻で卒業した人には職が少ない、ということから、医学を学ぶことを勧めた。 父は自分の(出身校)であるで息子が学ぶことを望んでいた。 当時、オックスフォード大では数学を選択できなかったので、スティーヴンはとを学ぶことにした。 1959年の試験を受けを獲得することに成功した。 大学 [ ] 1959年10月に17歳でオックスフォード大に入学した。 最初の1年半、彼はうんざりさせられていて、孤独だった。 というのは、他のほとんどの学生に比べて彼は若く、また大学の教育内容が「ばからしいほど簡単」と思えたからだった。 変化が訪れたのは第二学年と第三学年で、学生の一員になろうと努力するようになり、と(SF)に興味を抱いている者たちのグループと交流するようになってからである。 また、大学の部に参加しようと決意したことも状況を変える効果をもたらした。 ボート部では、 ()という、漕ぎ手たちのリズムを整える役を務めた。 死去 [ ] 2018年3月14日、イギリス東部・ケンブリッジの自宅で死去した。 76歳没。 は3月31日、にあるで行われ、追悼式が6月15日ロンドンので執り行われた。 博士の遺灰は、ら著名な科学者の墓の近くに埋葬された。 略歴 [ ]• 1942年 - 戦時疎開先のオックスフォードで生まれる。 1950年 - ロンドン北部のハイゲートから、セント・オールバンズ市に引越す。 1959年 - オックスフォード大学、ユニバーシティカレッジ入学。 ボート部に所属。 1962年 - オックスフォード大学。 ケンブリッジ大学、応用数学・理論物理学科に入学。 1963年 - 検査で「筋萎縮性側索硬化症」と診断される。 1965年 - ジェーン・ワイルドとする。 ペンローズと共同で、「特異点定理」発表。 1966年 - ケンブリッジ大学で学位取得。 博士論文の題目は Properties of expanding universes。 2017年10月に Web サイトにて公開された。 1967年 - 論文「特異点と時空の幾何学」でアダムズ賞受賞。 長男のロバート誕生。 1970年 - 長女のルーシー誕生。 1974年 - 「ブラックホールの蒸発理論」発表。 ロンドン王立協会フェロー(FRS)に選出される。 1975年 - 業績を讃えられ、から「メダル」を授与される。 1977年 - ケンブリッジ大学の教授職を得る。 1979年 - ケンブリッジ大学、に就任。 次男・ティモシー誕生。 1983年 - ジェームズ・ハートルと共同で「無境界仮説」 発表。 1988年 - 『ホーキング、宇宙を語る』を出版。 発行部数が全世界1000万部、日本110万部を超えるベストセラーになる。 1991年 - 「時間順序保護仮説」を提唱。 ジェーン・ワイルドとする。 1995年 - のエレイン・メイソンと再婚する。 2001年 - にて一般講演を行う。 2006年 - 香港にて一般講演を行う。 2007年 - アメリカ合衆国でのゼロ・グラビティー社の専用機「G-フォースワン」に搭乗し、車いすから離れ体験を行う。 2009年 - ケンブリッジ大学の教員退職規定により9月の学年末に大学を退任。 退任後もケンブリッジ大学に留まり、応用数学と理論物理学部の研究責任者を務め、研究活動を続けるという。 2011年 - エレイン・メイソンと離婚する。 2016年 - の富豪でベンチャー投資家のと共に、までの小型探査機を送るを発表。 2018年 - 76歳で、ケンブリッジ大学近くの自宅にて死去。 主張 [ ]• 前述のとおり、時間順序保護仮説によって過去に戻るは不可能という立場をとっている。 これは「我々の時代に未来からの観光客が押し寄せたことはない」ことからも裏付けられるとしている。 タイムマシンが将来的にできるかどうかに関しては「私は誰とも賭けをしないだろう」とした。 その理由について、「賭けの相手は(もし本当にタイムマシンが作られるならそれを使って)不公平にも未来を知っているかもしれないから」としている。 2010年4月25日にアメリカののテレビ番組にて、がアメリカ大陸に到着した時、資源を使い切った彼によってアメリカ先住民が征服されたことを引き合いに出し、人類と宇宙人との接触は人類にとってよい結果をもたらさない、として宇宙人とのコンタクトを試みるべきではないと主張した。 2010年9月7日に刊行された新刊書『ホーキング、宇宙と人間を語る』 で、量子力学に重力の理論を組み合わせた最新の研究成果から、偶然の一致に見える現象は「創造主なしで説明は可能」、「宇宙誕生に神は不要」と主張し、宗教界から批判を浴びた。 2011年5月には、人間の脳について「部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。 それらは闇を恐れる人の架空のおとぎ話だ」と否定的な見解を述べ 、改めて宗教界との認識の溝を示した。 しかし、前述のロジャー・ペンローズのように完全には死後の世界を否定しておらず、むしろ肯定的な人間とも仕事をすることはある。 それについてホーキングは、「あくまで私の中の主張です。 」と注訳を述べている。 逸話 [ ]• 他の科学者と賭けをし、「にブラックホールは含まれない」「は発見できない」など、自説にとって望まれない方に賭けることがある。 なお先述の2つの賭けについてホーキングは負けを認め、賭け金を支払っている。 (SF)を好み、実際にアメリカのSFテレビドラマ『』に本人のイメージ役で出演の経験がある(第6シーズン26話)。 制作のアニメ『』の長編第2作や『』にも出演している(第10シーズン22話ほか)。 また、のライブ『』の客席にも招かれている。 著作物 [ ] 原著 [ ]• Hawking, Stephen 1988. A brief History of Time. Bantam Dell Publishing Group• Hawking, Stephen 1993. Black Holes and Baby Universes and Other Essays. Bantam Dell Publishing Group• Hawking, Stephen 2001. The Universe in a Nutshell. Bantam Spectra• Hawking, Stephen 2002. On The Shoulders of Giants. Running Press• Hawking, Stephen; Mlodinow, Leonard 2010. The Grand Design. New York: Bantam Books. 日本語訳書 [ ]• スティーヴン・ホーキング、林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』 アーティストハウスパプリッシャーズ、1989年。 A BRIEF HISTORY OF TIMEの翻訳)• スティーヴン・ホーキング、佐藤勝彦解説・監訳 『時間順序保護仮説』 、1991年。 スティーヴン・ホーキング; ロジャー・ペンローズ、訳 『ホーキングペンローズが語る時空の本質』 、1997年。 スティーヴン・ホーキング、佐藤勝彦訳 『ホーキング、未来を語る』(普及版) 、2004年。 ( The Universe in a Nutshellの翻訳)• スティーヴン・ホーキング; レナード・ムロディナウ、佐藤勝彦訳 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』 、2005年。 スティーヴン・ホーキング; ルーシー・ホーキング、さくまゆみこ訳 『宇宙への秘密の鍵』 岩崎書店〈ホーキング博士のスペース・アドベンチャー〉、2008年。 スティーヴン・ホーキング; ルーシー・ホーキング、さくまゆみこ訳 『宇宙に秘められた謎』 岩崎書店〈ホーキング博士のスペース・アドベンチャー〉、2009年。 スティーヴン・ホーキング; ()、訳 『ホーキング、宇宙と人間を語る』 、2010年。 スティーヴン・ホーキング; ()、訳 『宇宙の誕生・ビッグバンへの旅』 〈ホーキング博士のスペース・アドベンチャー〉、2011年。 スティーヴン・ホーキング、佐藤勝彦、池央耿訳 『ホーキング、自らを語る』 あすなろ書房、2014年。 スティーヴン・ホーキング; トマス・ハートッホ; 佐藤勝彦; 白水徹也 『ホーキング、最後に語る--多宇宙をめぐる博士のメッセージ』 早川書房、2018年。 スティーヴン・ホーキング、青木薫訳 『ビッグ・クエスチョン に答えよう』 、2019年。 スティーヴン・ホーキング; ジョージ・エリス、富岡 竜太、鵜沼 豊、クストディオ D. ヤンカルロス J. 訳 『時空の大域的構造』 プレアデス出版、2019年。 主な受賞歴 [ ]• アダムズ賞(1967年)• (1975年)• (1975年• (1976年)• (1976年)• (1978年)• (1979年)• (1981年)• (1985年)• (1987年)• (1988年)• 平和部門(1989年)• (2003年)• (2006年)• 特別賞(2012年) 関連作品 [ ]• 『』 - 主演の2004年のドラマ(DVD化されている)で二人が結婚するまでを描いている。 映画『』 The Theory of Everything - 2014年に公開され、が、いずれも若き日のホーキングから二人の別れまで演じている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 2018年3月14日. 2018年3月14日閲覧。 日本経済新聞 2018年3月14日. 2019年12月21日閲覧。 : Frank• : Isobel• Ferguson, Kitty 2011. Stephen Hawking:His Life and Work. Transworld. : Philippa• フィリッパ・ホーキングは日本に留学したことがあり 、またの著書『イギリスと日本の間で』(岩波書店)では「の東アジア科学史図書館の司書」として登場する。 : Mary• : Edward• : Byron House School• : National Institute for Medical Research• Larsen, Kristine 2005. Stephen Hawking:a biography. : Radlett School• : St. Albans School• ニュース掲載の配信記事(2018年4月1日)• ()とも• スティーヴン・ホーキング; レナード・ムロディナウ、佐藤勝彦訳 『ホーキング、宇宙のすべてを語る』、190頁。 2018年5月2日. 2019年7月3日閲覧。 原著名「 The Grand Design」• ロイター. 2011年5月17日. 2011年5月18日閲覧。 2011年5月17日. 2011年9月20日閲覧。 2016年9月16日閲覧。 ピウス11世の姿が彫られたゴールドメダル。 にはという 1936年にピウス11世によって設立された科学アカデミーがある。 同アカデミーが受賞者の選定をして授与している。 1961~2012年で26名が同メダルを受賞。 受賞者が複数名いる年も受賞者がいない年もある。 ホーキングの受賞通知書はこちら。 同アカデミーのウェブサイトにはホーキングの業績を紹介するページもある。 外部リンク [ ]• の講演映像 - 、2008年2月、10分12秒。

次の