アマチュア 英語。 アマチュア無線用語

アマチュアって英語でなんて言うの?

アマチュア 英語

概説 [ ] 「アマチュア」はの「 amator」(=愛好家)が語源である。 スポーツにおいて、「スポーツをするものは、アマチュアでなくてはならない」という主張、あるいは「スポーツはアマチュア精神に従ってするのがよい」という考え方の主張はと呼ばれる。 プロとアマチュアを区分することについて、は「金銭のためではなく、純粋にゴルフの挑戦に対してプレーするというアマチュアに適切な制限を課し、一方でプロフェッショナルとしてゴルフをプレーするプレーヤーの職域を侵害しないことを確実にします」と、その意義を謳っている。 アマチュアやアマチュアリズムは、スポーツの分野で重要な役割を果たしてきた歴史があるが、他の分野でも、人々の無償での参加によって発展している分野は多い。 たとえば、はの技術発展に大きく貢献し、の分野では、無償で作られたがコンピュータプログラムの発展に寄与してきた。 特に、多くの有志が参加する方式でソフトウェア開発を行う「バザール方式」は優れた方法とされる。 その他、・といった分野でアマチュアは一定の役割を果たしてきた。 その一方、大半のアマチュアは「プロが積んだ努力を軽蔑し、自分勝手なルールを振りかざす」ので、学術的には「研究ごっこ」に過ぎないとも指摘される。 スポーツにおけるアマチュア [ ] 詳細は「」を参照 報酬を目的に競技するのではなく、趣味として楽しみながら、スポーツを 純粋に愛好する人をアマチュアといい 、その()のあり方を強調する主義のことをアマチュアリズムという。 アマチュアリズムが根幹を成しているスポーツや、アマチュアのみによって行われているスポーツ種目などをアマチュア・スポーツと言う。 近代のスポーツ大会はアマチュアリズムによって発展してきた歴史がある。 1896年に始まったは参加資格をアマチュアに限定しており、の「アマチュア条項」が設けられた。 人々はアマチュアリズムの精神で大会に参加することを喜びとしていた。 各国のオリンピック委員会などの規定でも、国際競技連盟でも(解釈に若干の違いはあるものの)おおむね継承されていた。 だが、1945年以降、流動する社会情勢やスポーツの水準の向上などによって、伝統的なアマチュアリズムの考え方では対応しきれなくなる事態が起きており、ついにはスポーツ界はアマチュア規定緩和の方向へと進み、にはがアマチュア規定を廃止し、にはテニスのがプロフェッショナルにも開放された。 1974年にはついにの「アマチュア条項」からもアマチュアに関する規定が削除された。 歴史 [ ] イギリスとアメリカ 18世紀のイギリスのスポーツ界では「」という用語がアマチュアと同義語として使われており、当時は「ジェントルマンでなければアマチュアでない」とされた。 「アマチュア」という言葉がスポーツに初めて取り入れられたのは、にイギリスで行われたボートレースのである。 この1839年のヘンリー・ロイヤル・レガッタで決められた参加資格が、(成文化こそされなかったものの)世界で初めてのアマチュア規定であった。 規定が初めて成文化されたのは、のイギリス陸上競技選手権大会である。 (ただし、その内容は、スポーツによって生計を営む者だけでなく、職業をもつすべての労働者もアマチュアから締め出すものであった。 イギリスは、階級意識が強く、「スポーツは上流階級の人々同士で行うもの」というのが、当時の(上流階級の)社会通念であった。 だが、海をへだてたでは、にアマチュア競技会への参加規定が決められたが、(イギリスのそれとは趣旨が大きく異なり)、の創設・発展、多額の賞金や行為の増加・横行などによって腐敗が進み、プロフェッショナル競技者とアマチュア競技者の区別を明確化する必要に迫られたからである。 アメリカでは イギリスのようには)労働者階級を排除する内容はなかった。 イギリスでもその後次第に労働者の社会的地位が向上し、労働者にもスポーツに参加する道が開かれるようになって、スポーツはへと進んでいった。 近代オリンピック はに始まったわけであるが、参加資格をアマチュアに限定していた。 ()はに初めて各競技種目共通の規定を作ったが、その内容は次の3つに該当する者はアマチュアとして認めない、というものである。 (1)金銭のためにプレーする者、(2)プロといっしょにプレーする者、(3)体操教師もしくはトレーナーとして金銭を受ける者。 スポーツ競技で多くの人が競い合う場合、同じような資質を持っている人々では、年月をかけてトレーニングを十分に積んだ人が有利になる傾向がある。 貴族やジェントルマンは、領地などからの収入があり、生活費稼ぎの労働に時間を割く必要もないので、ふんだんにトレーニングに時間を割けるわけである。 (上述のように、労働者階級もアマチュアとして、つまり趣味として、スポーツを楽しむことができるようになったわけだが)労働者階級の人がスポーツのトレーニングに日々の時間の大半を割こうとするようになると、(領地からの収入が無い労働者の場合)生きるために必要な生活費をどのように得るか、という問題が生じることになる。 スポーツ競技の大規模な大会は人々の注目を引く。 注目が集まる場というのは、大抵 宣伝に利用される。 国家権力者はオリンピックに着目し、国家の宣伝の場として利用するようになった。 自国から参加させる選手に上位を多くとらせることで、見る人々に、その国(の体制)が優れている、という印象を植え付けよう、という魂胆である。 ドイツは、のをの目的に使った。 (後には)などの諸国()がオリンピックを宣伝目的に使い、それに対抗するようになどの諸国()もそれを行うようになった。 社会主義国では、競技者の生活を補償する必要に迫られ、国家が(トレーニングにだけ集中できる生活環境を無償で提供して)養成する選手()が登場し、米国では、によってスポーツに励む選手()が登場し、他の多く資本主義国でも、やの援助を受けて(生活環境や道具を整えてもらい)その代償として宣伝に使われる選手(コマーシャル・アマチュア)が誕生した。 たとえば「」とはスポーツに専念できる環境を国家によって十分に与えられた者であり、トレーニング期間中や競技者でいる期間は金銭は得ていないので一応は「アマチュア」ではあるものの、メダルを獲得すれば将来、競技者を引退後、一般人よりも恵まれたを与えられるなど別の形で金銭的見返りがあった。 ステート・アマをアマチュアのカテゴリとして捉えてよいのかについては議論の余地が残る。 同様にコマーシャル・アマチュアも(現金は得ていない場合でも、実際には貨幣に換算可能な現物を支給されており)アマチュアのカテゴリに入るのか議論の余地が残る。 (西側世界(資本主義の諸国)では、スポーツ大会やアスリートに対するの侵食も激しくなった。 )ついにはアマチュア規定緩和の方向へと進み、にはがアマチュア規定を廃止し、にはテニスのがプロフェッショナルにも開放された。 日本におけるアマチュア競技 [ ] 日本のスポーツ牽引してきた要素としてとがある。 これらはいずれもアマチュアスポーツとして発足したが、オリンピックと同じく現状でアマチュアである事に意味を見出せなくなっている。 現状でもこれらがアマチュアスポーツであるという理解の仕方は存在するが、アマチュアの定義や学校スポーツ・企業スポーツの現状を無視したものであり、ややクラシカルな認識、定義の方法である。 学校スポーツは高校や大学の体育会系で行われているスポーツである。 特に後者については企業スポーツが整備されるまでは日本のスポーツの牽引役を担ってきた歴史がある。 柔道などでは形式上企業スポーツに移行した選手でも実体は出身校などの学校スポーツで普段練習しているケースもある。 現状においてはこれらのトッププレイヤーはスポーツで活躍する事を期待して入学を許可されていたり、その見返りとして学費や部費の免除が与えられている。 これらは「スポーツ制度」などと呼称されるが、これは経済的な見返りであり、この時点で「アマチュアではない」という状態になる。 特に私立学校の選手はステート・アマの一種とみなされることもある。 企業スポーツは会社内の同好会やサークルとして始まったものである。 1960年代以降全国規模のリーグ戦が実施されるようになって 企業アマ(あるいはコーポレート・アマ)と呼ばれる形態が成立し、それ以前の大学スポーツに代わって国内スポーツのけん引役を担うようになった。 企業アマとは社員・職員の福利厚生や健康増進、若しくは企業の対外的な宣伝効果を名目として、所属する企業からお金を出させるシステムである。 例えば就業時間内に練習をしても、就業したものと見なして賃金を払わせたり、体育館やグランドの整備に会社からのお金を出させるという仕組みであった。 こうした企業アマについてもステート・アマと同じく「アマチュア」と呼んでいいのかについて議論の余地が存在する。 企業によるスポーツ活動はあくまでもの一環であり、会社の業績如何、若しくは全体的な好不況の如何によって整理、廃止される事がある。 リーグ自体が存在できなくなったという場合も想定できる。 西ヨーロッパで重要な位置を占めているアスレチッククラブ、スポーツクラブなどでの社会スポーツの形態は日本ではレクレーションスポーツや習い事としては盛んである。 チャンピオンスポーツ・トップレベルの選手育成をこの社会スポーツに主流をおいているのは、、、、など一部の競技に限定されてきた。 1990年代以降になってはこうしたスポーツクラブの形態を積極的に推奨した。 また、崩壊以降の景気後退の局面で、経済的な判断によって企業によって放り出されたチームが積極的に企業スポーツから社会スポーツに転換する例も見られるようになった。 こうした経緯によって、社会スポーツは既存の学校スポーツや企業スポーツに次ぐ第三のスポーツの場として、日本でも重要度が増してきている。 Jリーグにおいては年代別チーム(ユース、ジュニアユース、ジュニア)の所有を義務付けられており、また、これ以外にも女子チームやアマチュアチームを所有するクラブが存在する。 またサッカーに限らず幅広いスポーツの普及、選手の育成に乗り出すクラブも存在する。 Jリーグ主導のクラブは既に収入を得る仕組みを有しているためクラブ財政が許容する範囲で選手にお金をかける事が可能である。 また、これ以外のスポーツクラブについてもトップレベルの選手を商業的に利用したり、クラブが独自にスポンサーを得ることによって運営資金を得ている。 この範囲の中で選手にお金をかけるのはJリーグクラブと共通である。 また、柔道やレスリング、相撲などを除くマイナー格闘技、マイナー武道や武術の世界はトップレベルの選手育成も含め社会スポーツ中心で古くから行われている。 この社会スポーツが「真のアマチュア」と捉えられているが、自らや家族の金銭的支出が多く、貧困層の参加が困難であり、スポーツ界における経済力での差別を生む要因および「 スポーツの貴族回帰」との批判がある。 日本では野球やボクシングを除いて全てのスポーツが程度の差はあるが上記のような現状であると理解して構わない。 トップレベルの選手は既にアマチュアでないことが多いが、アマチュアでなくてもオリンピックやその他国際大会には出場可能である。 また国内大会でもや、も出場可能な方向へ徐々に改められている。 このため、アマチュアでないことに対して特段問題になる事はないため選手の実態についても問題にされる事はない。 野球 [ ] 日本の野球では、以外のものを総称してにカテゴライズしている。 この解釈は「プロフェッショナル以外は全てアマチュア」という二元論であり、この「アマチュア」の定義は他のスポーツと比べて極めて特異である。 野球以外のスポーツについても学校や企業のスポーツが無条件でアマチュアであるという古典的な理解の仕方がまかり通るのは野球の影響するところが大きい。 この特異さは選手(特にトップレベルの多く)の実態がアマチュアでない、、においてしばしば問題化する。 選手の実態としてはこれらの野球においても他の競技の学生スポーツ、企業スポーツと変わるところはない。 日本の野球が極めて特異なのはこうした選手の実態を完全に無視して「アマチュア」野球であると主張しているところに存在し、これは建前としてはアマチュア野球選手はあくまでも「アマチュア」であると主張するものである。 このため実態と建前を分けて理解する必要に迫られる。 さらに特異なのは他のスポーツを掌握する組織の傘下に野球が属していないか(はに、はに属していない独自の組織)、属していても対外的な大会に参加するための組織と国内大会に参加するための組織がバラバラであることなどから他のスポーツの基準や潮流が野球に関して全く適用されない事である。 「アマチュア」の規定に関して既に日本の野球、独自のになっているのは既に述べたとおりである。 また、他のスポーツでは最近の潮流として「アマチュアでない」状態が追認されているが、日本のアマチュア野球では歴史的な経緯からプロ野球との明確な差異を求められる事がしばしば存在し、そのために急激なアマチュアリズムへの回帰が行われることがある。 ボクシング [ ] 日本におけるボクシングの「プロフェッショナル」「アマチュア」も特異的な性格を持っている。 ゴルフ [ ] 詳細は「」を参照 ゴルフの場合、としての資格だけでなくアマチュア資格も存在し、日本ではが管理している。 ゴルフに関して報酬を受け取るなどの、アマチュア資格規則への違反行為があればアマチュア資格を喪失し、「プロでもアマチュアでもない」状態となる。 スポーツ以外 [ ] 将棋 [ ] 将棋においては、やなどに属する、が「プロ」でそれ以外の者が「アマチュア」となっており、いわゆるアマチュア棋戦の参加権は後者に限定されている。 ただし、プロを目指してに入ったもののプロになれなかった元奨励会員がアマチュア棋戦に参加することやアマチュアのトップレベルがプロ棋戦に(棋戦独自の規定により)参加することは普通のことである。 かつては将棋連盟所属ではないものの賭け将棋によって生計を立てていたという職業も存在していた(真剣師はアマチュア棋戦に参加した実例があり、優勝者もいる)。 現在では真剣師という職業は消滅しており、女流棋士の一部を除いてプロ棋士は対局と普及活動によって生計を立てておりかつてのように副業やスポンサーからの援助に頼っている棋士は存在しないため、プロとアマの境界線は「対局で報酬を受け取っている者がプロ、それ以外がアマ」という古典的分類に落ち着いている(棋士の待遇改善や賭け将棋への取り締まりもあって、「プロとアマの境界線が明確になる方向に事態が推移する」という、スポーツとは反対の流れになった)。 ただし、境界線が明確となったことは必ずしも「プロとアマチュアの垣根が高くなる」ことを意味するものではない。 やなどといったネット将棋の普及により、アマチュアとプロが対局できる環境となっており、ネット将棋で腕を上げた有望なアマチュアがプロ入りした例 や、奨励会員がネット将棋を練習の場とする例 もある。 さらに、プロの棋戦にあるアマチュア枠から出場したトップアマがプロ棋士と互角以上の戦いを見せる例もあり、特例としてのプロ編入試験が行われ、さらにはに至っている。 よって2019年11月現在における一般的解釈では、「日本将棋連盟」または「日本女子プロ将棋協会」に所属する「棋士」・「女流棋士」が「プロ」と定義され、 逆説的にそれ以外の者が「アマチュア」と考え得る。 無線 [ ] 詳細は「」を参照 無線通信をが開拓・開発していったという、無線の歴史的経緯もあって、による国際電気通信連合憲章上のや、日本の制上もが位置づけられており、や、であるによる制度も、商用の業務無線とは別個に存在する。 に「アマチュア業務」とあるように、行動により区分される。 つまり、アマチュア無線かどうかは属人的なものではなく、を職業として行う人であってもそれとは別にアマチュア無線を行うことができる。 は災害時に活躍し、たとえば日本ではやなど、大規模災害時などにおける非常通信などでは、重要な役割を担っている。 そして(JARL)により、の支援や、趣味の範疇における無線活動の活性化が行われている。 アマチュアコード [ ] 日本アマチュア無線連盟(JARL)では、「アマチュア」に対して以下の定義を行っている。 アマチュアは、良き社会人であること• アマチュアは、健全であること• アマチュアは、親切であること• アマチュアは、進歩的であること• アマチュアは、国際的であること 以上の5項目を、アマチュア無線家に提唱している。 関連語 [ ]• 脚注 [ ]• コトバンク. 2020年6月10日閲覧。 永井康宏「」『島根大学論集教育科学』第14号、島根大学、1965年2月、 41-54頁。 www. jga. 2020年6月10日閲覧。 日経クロステック(xTECH). 日経クロステック(xTECH). 2020年6月10日閲覧。 河上, 康子 2018-03-05 日本語 , , 一般社団法人 日本昆虫学会, : , 2020年6月10日閲覧。 冨岡啓行 2018年11月. 天文月報. 2020年6月9日閲覧。 www. hmt. u-toyama. 2020年6月10日閲覧。 ()の一つである(旧・BASEBALL FIRST LEAGUE)所属のには、在学中の選手が所属している。 日本野球界の定義によれば、これは「大学生でありながらプロ野球選手」ということであり、芦屋学園とアマチュア球界との間で軋轢を生む原因となっている。 ベースボールクラブはアマチュア球界とは断絶状態にある。 BFLそのものも、社会人野球の統括団体であるとの間で所属球団同士の対戦に関する協定を結べておらず、BFL所属球団と社会人チーム・クラブチームとの対戦は不可能な状況である。 なお、(NPB)としては、独立リーグ球団所属の大学生について「での扱いについては『大学生』という身分が独立リーグ所属という立場よりも優先し、次年度を迎えるまでに卒業予定がない場合は指名対象にならない」という立場を取っている(産経新聞 2014. 28付)。 日本ゴルフ協会、2014年3月24日閲覧。 奨励会初段以上での退会者は、1年間日本将棋連盟主催・共催等のアマチュア将棋棋戦に復帰できない制約がある。 、2017年3月1日(2017年7月15日閲覧)。 、2016年12月21日(2017年7月15日閲覧)。 ただし、のように、商用の資格でアマチュア業務を行える国もある。 2011年10月30日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

アマチュアレスリング

アマチュア 英語

アーマチュア(armature は、モーターを回転させるために電流を流す部品「電機子」を指すことが多いと思います。 普通のモータでは、回転子(rotator に巻いてあるコイルに整流子 commutator を通じて電流を流す事が多いので、アーマチュア=電機子=「モータの回転する部分」と思えばよろしいでしょう。 (回転子には電流を流さずに、回転子を囲ったコイルの方に電流を流すモーターもあります。 また、モータの電機子の他に、電磁リレーの可動鉄片(カチカチ動く部分)など電磁石で動かされる金属片の事もアーマチュアと呼ぶようですね。 語源は判りませんが、armatureには「甲殻」「ツメ」「トゲトゲ」など生物の防御器官の意味もあるようです。 A ベストアンサー 用語的には。 VA:Value Analysisの頭文字(価値分析) VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学) VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。 製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。 VEは、開発設計段階から行う手法。 設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。 (適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど) 不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。 現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。 geocities. sjve. pdf (PDFファイルです) こんな感じです。 用語的には。 VA:Value Analysisの頭文字(価値分析) VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学) VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。 製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。 VEは、開発設計段階から行う手法。 設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。 Q kN(キロニュートン)単位とkgf(キログラムエフ)単位の変換の仕方について教えてください。 ネットで調べても、数字がぐちゃぐちゃになってどういった考え方をして計算してよいのかわかりません。 強度計算をしているので、間違いないように理解できるように教えていただければ本当に助かります。 どうぞ助けてください。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... A ベストアンサー 定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。 電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。 この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。 電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。 悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電動機本体温度からは推測が困難です。 (起動停止の回数が少ないほど電動機にやさしい。 ) 容量にもよりますが、数10kW以上の電動機であれば、通常許容起動頻度が有り、一般的な電動機は連続運転状態から1回停止して起動すると次に停止して起動する際には1時間以上停止させる必要が有るというくらいの物です。 ほぼ1分間隔で寸動を繰り返しておられたようなので焼けて当然です。 1年半もよく持ちこたえたと思います。 電動機を新品にしても、また同じ事になります。 電動機メーカに許容起動間隔を問い合わせその範囲内で使用するようシーケンス(運転停止間隔)を変更する必要が有ります。 これが許容できない場合は、電動機を熱容量の大きな物にする、台数を増やし1台の起動頻度を減らすなどの対策が必要です。 定格以上の負荷運転による異常な温度上昇及び経年による絶縁劣化で巻線の短絡に至る現象です。 電動機の中の巻線は巻線間及び巻線-本体間でショートしないよう絶縁物質で包まれています。 この絶縁物質は熱や使用期間が長くなる事で絶縁する能力がだんだん落ちていきます。 電動機の起動時は電流が定格の7倍程度流れ、一気に熱が発生するので、電動機の寿命を短くする一番の要因です。 悪いことにこの起動電流の熱はコイルばかり温度が上がり、本体に伝わってくるころには、中はさらに熱くなっていて、電... A ベストアンサー もうかれこれ10数年前に学生時代に勉強した知識のうる覚えなので間違っていたらごめんなさい。 ピニオン・ギアは日本語では小歯車と訳されています。 (厳密な定義は難しいようです。 学生時代、同様に先生にとただし事が有るのですが、「う~ん、難しいなぁ~」と交わされてしまいました。 ) 歯車の使用用途は主に減速に用いるので、自然駆動側は小さい歯車(高回転・小さな力)、従動側は大きな歯車(低回転・大きな力)になります。 よって、ピニオン・ギア=駆動側歯車と解釈することが多いようです。 kimgwaさんのマブチモータの例でも、駆動側(モーターのついている側)がピニオンです。 対する側のラックは歯車をまっすぐのばしたもので、ピニオンの回転運動を直線運動に変換することができます。 ハンドルの回転運動を、タイヤの方向を決めるバーの直線運動に変える訳です。 ちなみに英語の辞書で"pinion"を調べると、小歯車(=小さな輪状のもの。 外側に歯がついていて大きな輪にフィットし、それを回したり回されたりする)の他に動詞で「誰かに対し、自由に動けないように手足を締め上げたりする事(自由を束縛する)」と有ります。 また、鳥の翼またはその先端部分(風切り羽)を意味するようです。 もうかれこれ10数年前に学生時代に勉強した知識のうる覚えなので間違っていたらごめんなさい。 ピニオン・ギアは日本語では小歯車と訳されています。 (厳密な定義は難しいようです。 学生時代、同様に先生にとただし事が有るのですが、「う~ん、難しいなぁ~」と交わされてしまいました。 ) 歯車の使用用途は主に減速に用いるので、自然駆動側は小さい歯車(高回転・小さな力)、従動側は大きな歯車(低回転・大きな力)になります。 よって、ピニオン・ギア=駆動側歯車と解釈することが多いようです。 kimgw... A ベストアンサー こんにちは。 テスターのダイオードレンジは、ダイオードの簡易チェックの為の物で、ダイオードがショートや断線していないか、程度のチェックしかできません。 テストピンの極性と同じ極性の電流が流れるようになってて、ダイオードのチェックには両方向をチェックする必要があります。 ダイオードマークの向き、もしくはテストピンの+をアノードにする方向では、順方向電圧に近い数字が表示されます。 (シリコンダイオードで0.6~0.7V程度) 反対にすると、全く電流が流れない(無限大表示)が正常ですが、整流用の大容量の物だと、メータの感度が高い場合は少し振れる事もあります。 両方とも流れてしまう場合はショート、両方とも流れない場合は断線で、どちらも故障してる物です。 ショートの場合、順方向電圧(らしき数字)も出ない場合が多いようです。

次の

カタカナでは通じない英単語・211:「アマチュア」

アマチュア 英語

アマチュア無線用語 アマチュア無線用語 このページは、ローカルのアマチュア無線局が、初心者向けにわかりやすく書かれた アマチュア無線用語の案内のページです。 でも、必ずしも、以下の言葉を使う必要はなく、私自身は、普通の日本語で、交信したほうが いいと、思っています。 Q符号一覧表 その1 Q符号 意 味 使 用 例 QRA 名前 私の QRA は鈴木です。 QRG 正確な周波数 あなたの QRG は144.08MHzです。 QRH 周波数変動 貴局のシグナルは QRH が有ります。 QRI 発射の音調 あなたの QRI は2(変化しています。 ) QRK 明瞭度 QRK はどうですか? QRL 通信中 こちら QRL。 邪魔しないで下さい。 QRM 混信 QRM がひどくて了解できません。 QRN ノイズ(雑音) QRN の為、途中から了解できませんでした。 QRO 出力を大きく QRM がひどいので QRO します。 QRP 出力を小さく ローカル局ですから QRP します。 QRS 遅く通信 早すぎて聞き取れません。 QRS お願いします。 QRT 閉局する 今夜は遅くなりましたので QRT します。 QRU もう話すことが無くなった QRU に成りました。 またよろしくお願いします。 QRV スタンバイ こちら QRV 出来ました。 QRX 少しお待ち下さい 有線(電話)がかかって来ましたのでQRX。 QRZ 誰かこちらを呼びましたか QRZ. QRZもう一度コールサインをお願いします。 QSA 信号の強さ QSA 5 とても良好です。 QSB フェージング QSB がひどくて所々しか了解出来ません。 QSL 交信証 QSL カードをお送りします。 QSO 交信 本日は、QSO 有り難う御座いました。 QSP 中継 山田さんへ QSP して下さい。 QSY 移る QRM がひどいので5KHz下へQSY 願います。 QTH 住所 私の QTH は鹿児島県鹿児島市です。 Q符号一覧表その2 略語 問 い 答 え 又 は 通 知 QRA 貴局名は、何ですか 当局名は、・・・です。 QRG こちらの正確な周波数(または・・・の正確な周波数)を示してくれませんか。 そちらの正確な周波数(または・・・の正確な周波数)は、KHz(またはMHz)です。 QRH こちらの周波数は、変化します。 そちらの周波数は、変化します。 QRI こちらの発射の音調は、どうですか。 そちらの発射の音調は、 1 良いです。 2 変化しています。 3 悪いです。 QRK こちらの信号(または・・・の信号)の明りょう度はどうですか。 そちらの信号(または・・・の信号)の明りょう度は、 1 悪いです。 2 かなり悪いです。 3 かなり良いです。 4 良いです。 5 非常に良いです。 QRL そちらは通信中ですか。 こちらは、通信中です(または、こちらは・・・と通信中です。 )妨害しないでください。 QRM こちらの伝達は、混信を受けていますか。 そちらの伝達は、 1 混信を受けていません。 2 少し混信を受けています。 3 かなり混信を受けています。 4 強い混信を受けています。 5 非常に強い混信を受けています。 QRN そちらは、空電に妨げられますか。 こちらは、 1 空電に妨げられていません。 2 少し空電に妨げられています。 3 かなり空電に妨げられています。 4 強い空電に妨げられています。 5 非常に強い空電に妨げられています。 QRO こちらは、送信機の電力を増加しましょうか。 送信機の電力を増加して下さい。 QRP こちらは、送信機の電力を減少しましょうか。 送信機の電力を減少して下さい。 QRQ こちらは、もっと速く送信しましょうか。 もっと速く送信して下さい。 (1分間に・・・語) QRS こちらは、もっと遅く送信しましょうか。 もっと遅く送信して下さい。 (1分間に・・・語) QRT こちらは、送信を中止しましょうか。 送信を中止して下さい。 QRU そちらは、こちらへ転送するものがありますか。 こちらは、そちらへ伝送するものがありません。 QRV そちらは、用意ができましたか。 こちらは、用意ができました。 QRW こちらは、・・・に、そりらが・・・KHz(またはMHz)で彼を呼んでいることを通知しましょうか ・・・に、こちらが・・・KHz(またはMHz)で彼を呼んでいることを通知して下さい。 QRX そちらは、何時に再びこちらを呼びますか。 こちらは、・・・時に〔KHz(または・・・MHz)で〕再びそちらを呼びます。 QRY こちらの順位は、何番目ですか。 (通信連絡に関して) そちらの順位は、・・・番です(または他の指示による。 )(通信連絡に関して。 ) QRZ 誰がこちらを呼んでいますか。 そちらは、・・・から〔KHz (またMHz) で呼ばれています。 〕 QSA こちらの信号(または・・・(名称又は、呼出符号)の信号)の強さは、どうですか。 そちらの信号(または・・・(名称または呼出符号)の信号)の強さは、 1 ほとんど感じません。 2 弱いです。 3 かなり強いです。 4 強いです。 5 非常に強いです。 QSB こちらの信号には、フェージングあります。 そちらの信号にはフェージングがあります。 QSD こちらの信号は、切れますか。 そちらの信号は、切れます。 QSG こちらは、電波を一度に・・・通送信しましょうか。 電報は一度に・・・通送信して下さい。 QSK そちらは、そちらの信号の間に、こちらを聞くことができますか。 できるとすれば、こちらは、そちらの伝送を中断してもよろしいですか。 こちらは、こちらの信号の間に、そちらを聞くことができます。 こちらの伝送を中断してもよろしい。 QSL そちらは受信証を送ることができますか。 こちらは、受信証を送ります。 QSM こちらは、そちらに送信した最後の電報(または以前の電報)を反復しましょうか。 そちらが、こちらに送信した最後の電報(または、第・・・号電報) を反復してください。 QSN そちらは、こちら〔または、・・・(名称または呼出符号) 〕を・・・KHz(またはMHz)で聞きましたが。 こちらは、そちら〔または・・・(名称または呼出符号)〕を・・・KHz(またはMHz)で聞きました。 QSO そちらは、・・・(名称または呼出符号)と直接(または中継)で通信することができますか。 こちらは、・・・と直接 (または・・・の中継で) 通信することができます。 QSP そちらは、無料で・・・(名称または呼出符号)へ中継してくれませんか。 こちらは、無料で・・・へ中継しましょう。 QSU こちらは、この周波数〔または、・・・KHz (若しくはMHz) 〕 で (種別・・・の発射で)送信または応答しましょうか。 その周波数〔または、・・・KHz(もしくはMHz)〕で(種別・・・の発射で)送信または、応答してください。 QSV こちらは、この周波数〔または、・・・KHz (若しくはMHz) 〕 で V (又は符号) の連続を送信しましょうか。 その周波数〔または、・・・KHz(もしくはMHz)で〕V(又は符号)の連続を送信して下さい。 QSW そちらは、この周波数〔または、・・・KHz (若しくはMHz) 〕 で (種別・・・の発射で)送信してくれませんか。 こちらは、この周波数〔または・・・KHz(もしくはMHz)〕で(種別・・・の発射で)送信しましょう。 QSX そちらは、・・・(名称または呼出符号)を・・・KHz(又はMHz)で又は・・・の周波周波数帯若しくは・・・の通信路で聴取してくれませんか。 こちらは、・・・(名称または呼出符号)を・・・KHz(又はMHz)で又は・・・の周波数若しくは・・・の通信路で聴取しています。 QSY こちらは、他の周波数に変更して伝送しましょうか。 他の周波数〔または・・・KHz(もしくはMHz)〕に変更して伝送して下さい。 QSZ こちらは、各語または各集合を2回以上送信しましょうか。 各語または各集合を2回(または・・・回) 送信して下さい。 QTA こちらは、第・・・号電報を取り消しましょうか。 第・・・号電報を取り消してください。 QTC そちらには、送信する電報が何通ありますか。 こちらには、そちらへの(または・・・(名称または呼出符号)への)電報が・・・通あります。 QTH 緯度および軽度で示す。 (又は他の表示による。 )そちらの位置は、何ですか。 こちらの位置は、軽度・・・、緯度・・・ または他の表示による。 )です。 QTR 正確な時刻は、何時ですか。 正確な時刻は、・・・時です。 楽しいスラグの一覧表 オンエア 電波を発射すること。 ハム アマチュア無線家 コマーシャル 仕事の事 コンタクト 接触の意味を発展させて、交信すること。 シャック 無線室、無線機がおいてある部屋 ジャンク がらくた。 完動品では無い中古品 スタンバイ 待機していること チャージ 充電の意味が発展して食事すること ファイナル 最終の送信のこと フェージング 電波がある周期で強くなったり弱くなったりする事 ブレーク 他人の交信に割り込むとき使用する ベディション 遠くへ出かけて行って無線局を運用すること モービル 移動する無線局のこと。 カーモービル等 ラグチュー おしゃべりすること ラージャ 了解しました リグ(RIG) 無線装置のこと スケジュール 約束、待ち合わせ ドッキング 約束場所で待ち合わせること ローカル 近所、ローカルラグチューは近くの中間とのおしゃべり アイボール 目玉、転じてじかに合うこと フォーバンド CWと対比して、電話バンド ログブック 交信日誌 ワッチ 電波の監視 CQ どこの局でも良いですから応答して下さいの意 DX ディスタンスの略、長距離の意味 BF FBの逆、イヤな、悪い、不良の意味 OM オールドマンの略。 年を取った男性、転じてその道のベテラン ビギナー 初新者 RX 受信機の意 TX 送信機の意 ANT アンテナの意 TVI テレビに与える妨害の事 BCI ラジオに与える妨害の事 テレホンI 電話に与える妨害の事 WX ウェーザーの略。 お天気のこと VY ベリーの略。 大変に....例:貴局の信号は VYFB です。 XYL 既婚の女性の意 YL ヤングレディの略、若い娘さんの意 YM ヤングマンの略、若い男性、転じてビキナー 1st ファーストと読む。 初めての意 2nd セカンドと読む。 2度目の意 3rd サードと読む。 3度目の意 73 セブンティースリーと読む。 男性に対してさよならの意 88 エイティテイトと読む。 「バ」または「パ」は、「はがきのハに濁点」または「ハガキのハに半濁点」と送る。 「1」は「数字のひと」と送る。

次の