オール ウェザー ポートフォリオ。 レイ・ダリオが提唱するオールウェザー・ポートフォリオとは?

レイ・ダリオ氏のオールウェザー投資と長期米国債

オール ウェザー ポートフォリオ

注目されるレイ・ダリオ氏のオールウェザー投資 レイ・ダリオ氏のオールウェザー投資が再び注目されています。 大きな理由の1つは、現在の状況です。 すなわち、「株高・債券高・商品高」です。 これらの商品は全てペーパーアセットで買えます。 もともと、株式のリスクが非常に大きいため、そのリスクを軽減させるために逆相関にある債券や商品、特に金を入れるというのは妥当性のある主張でした。 しかし、今の相場が興味深いのは、ほとんどすべてのアセットが値上がりしているということです。 欧州の経済不安、米国の基礎指標の強さ、米中貿易摩擦の長期化、これらが強弱混在の市況を招いています。 そのため、株高だけでなく、本来ディフェンシブな役割を求められる債券、金と言ったところがキャピタルも取れるようになっています。 そういう意味では、若干この債券重視のポートフォリオの強さは時期的なものとして少々割り引いて考える必要があると思います。 かつて、これほどまでに債券がもてはやされた時期もあまりないですね。 レイ・ダリオ氏のオールウェザー投資とはどのようなものか さて、レイ・ダリオ氏のオールウェザー投資をご存じない方もいらっしゃるでしょう。 そこで、さわりだけ触れておきます。 まず、レイ・ダリオ氏はメリルリンチを経て、投資ファンドのブリッジウォーターの創業に関係します。 米国では、成功したプロの投資家としてよく知られています。 そのレイ・ダリオ氏の主張は以下の通りです。 経済は4つの季節に分けられる レイ・ダリオ氏は経済には4つの季節があるとします。 経済成長期• 経済停滞期• インフレ期• デフレ期 経済にはこの4つの季節があり、それぞれ季節に合った商品を組み合わせると良いというのが主張です。 どの季節でも資産が増えるアセットというのは無く、それぞれの強みを生かすということです。 なお、この季節は実際の春夏秋冬と違い、巡る順番が決まっているものではありません。 プロのファンドなどと違い、個人投資家でその都度レバレッジを効かせたり、オプションを組み入れたりするのは負担になります。 そのため、実際に個人で運用する場合には、適宜入れ替えるというよりも、固定で割合を決めておくということになります。 レイ・ダリオ氏が推奨するアセットアロケーション 以上を踏まえてポートフォリオを組成すると、以下のようになります。 金:7. 商品:7. これは、以下の考えに基づくものです。 個人投資家は株式のリスク許容度が低い• 株式は債券の3倍リスクがある こういうことです。 リーマンショックやチャイナショックを見て分かるように、株式は値動きが激しいものです。 上下のブレをリスクと言いますが、この許容度が個人投資家は低いというわけです。 それに対して、債券はベータ値が当然ながら低く、値動きがマイルドです。 そのため、債券の割合を多く入れると、個人投資家向けのポートフォリオが出来上がるとしています。 中長期の国債が大きい割合を占めるのは、短期だとリターンの面で物足りないからですね。 守りに強いポートフォリオになる その結果、以下のような守りに強いポートフォリオになります。 過去75年間での損失です。 オールシーズンズ 下落回数10回 最大-3. 93% 平均-1. 63% 最大下落はリーマンショック時です。 その時でさえ、-3. 詳述しませんが、 米国長期国債のリターンというのは実は株式と比べても悪くないです。 守りつつリターンも欲しい、そういう人にとっては訴求力の高いポートフォリオになっています。 詳しくはこちらの本をご覧ください。 さて、こうしたことを踏まえて、ご質問をご紹介します。 レイ・ダリオ氏のオール・ウェザーポートフォリオはどう思いますか いつも有益な情報で参考にさせて頂いています。 長期米国債ETFはどのようにお考えでしょうか? 私自身は、現在、種々の理由によりセミリタイヤをしており、米国高配当株ではなく米国インデックス等を成長率以下で売却して現金を得ています(この方法のほうが、税制的に有利と思っています)。 「増やすより、減らさない」を基本としています。 当初は、債券:株式 =(年齢%):(1 - 年齢%)を基本としてBNDを保持していましたが、レイ・ダリオのオール・ウェザー(全天候型)ポートフォリオの影響を受け、株式の割合を減らし、債券も残存期間で区別することを学びました。 8月の長期債利回りの減少の前に長期債ETFを買っており、その際に株式価格の低下に反して長期債ETF価格の上昇を目の当たりにして、レイ・ダリオの勧める長期債の力を実感しました。 債券は、総株式価値減少の際の単なる避難場所ではなく、長期債ETFを利用することで債券価値の上昇を積極的に取り入れることを考えるようになりました。 BNDは短期、中期および長期米国債+社債ですし、長期米国債のみのETFはどのようにお考えでしょうか?当方は生米国債は購入する気なく、代わりにETFの EDVやVGLTを考えています。 社債の入った BLVの方が配当利回りは良いのですが、やはりEDVやVGLTよりベーター値は高く(BNDよりは低いのですが)、社債の安心度は米国債より低いので(BLVの社債はBBBですし)。 また、生活基盤は日本で為替の影響がありますので、資産の一部を日本の個人向け変動10年国債で所有しています(現金や貯金で保有するより安全と考えています(1000万円以上でも日本国がついてますし)。 しかし、 銀行のサービスを獲得するには十分以上がありますし(現在総資産の30%程度)、長期米国債ETFの不景気時における価格上昇も考え合わせると、個人向け変動10年国債を減らして、円高の際にドルにしておいて、いずれ長期米国債ETFにしようかと考えています。 不景気前の株価ひと暴騰の際の債券ETF価格の低下はその後の不景気ことを考えると、これから良い買い場が来ると思いますので、御教授願えればと思っています。 お忙しいところ、申し訳ありませんが、blogにてご回答いただければと思っております。 また、今後とも有益な情報を発信ください。 期待しております。 債券を厚めに入れるというのは、非常に理にかなっています。 セミリタイア後に債券を厚めに入れるというのは非常に理にかなっています。 株式というのは、もともとが非常にボラタイルだからです。 とはいえ、現役で労働収入が入るうちは、いつでも損失が補填できるので株式を厚めにして問題ないでしょう。 ポートフォリオの入れ替えを少なくとも年1回程度行いつつ、手入れをしていくことを厭わないというならば、妥当性はあるように感じます。 とはいえ、冒頭で述べたように現状はすべてのアセットが上昇しています。 この1年でのリターンはややできすぎですが、本来の株式リスクを抑える、ということでしたら妥当性があるという話ですね。 手間がかかると感じるならば、• 債券7:株式3• こちらのほうが管理はより楽です。 関連記事です。 株式の比率という意味においては、ちょっと似た考え方かもしれません。 グローバル3倍3分法です。 グローバルにポートフォリオが形成できるのが海外ETFの面白いところです。 ただし、当然為替リスクもあるので、そこは私たち日本人投資家の難しいところですね。 米国ETFにおける運用総額ランキングです。 tapazou.

次の

レイ・ダリオ氏のオールウェザー投資と長期米国債

オール ウェザー ポートフォリオ

どうも、ポンチ熊()です。 先日Twitterでオールウェザー(全天候型ポートフォリオ)やリスクパリティポートフォリオの話題が出ていました。 経済のサイクルの中で、どんなシチュエーションでも対応できるようアセットを分散し、それぞれのリスク量を均一にする(ある資産クラスに偏らないようにする)ことで安定運用を目指すポートフォリオ戦略ですね。 氏は経済のサイクルを4つの季節、経済成長率とインフレの組み合わせて表しています。 株式、中・長期債(あるいは物価連動債)、金(ゴールド)、コモディティを組み合わせることで、相場がどのような天候に動いても対応できるという戦術です。 しかし山崎氏は『分離定理』として株式全ツッパの手法を提唱していることでも有名ですね。 こちらがオールウェザーポートフォリオの代表例で、債券比率も高く、一見するとどの局面にも対応できるように見えますが、これをそのまま日本人に当てはめるのは少々危険です。 基軸通貨である米ドルで生活している米国人であれば、米国債を中心とした投資戦略は為替リスクから解放されるため、この手の米国集中型でも問題は無さそうですが、我々日本人は為替リスクのことを常に頭に置いておく必要はあると思います。 基本的に円で給与を受け取り、日々の生活も円を使う多くの日本人にとっては、米国発ポートフォリオを真似すると、どうしても米ドルへの集中投資になってしまう点には注意が必要です。 自分は国際分散投資を考えるとき、以下の4つの季節を意識しています。 経済が好調な上、自分が給与として受け取る日本円の購買力は相対的に強く、物価も安く抑えられます。 相対的に外国資産が安くなるため、相場が好調な中でも資産の積み増しもしやすい時期です。 円預金や日本債券だけでも問題無さそうですが、株式を持っておけばそれだけリターンを上積みできます。 日本のグロース株に強みがあるターンですが、動きの激しい日本市場で『当たり』を引くのは難しいので、株式インデックスに任せておきます。 企業業績は好調ながら資源・原材料価格も上がり、物価も上昇して生活を圧迫するタイミングです。 『実感の乏しい経済成長』と呼ばれるのはこのターンです。 経済成長が給料に反映されてくれればいいのですが、得てして給料というのは上方硬直性が高く、上手く転職ができる強運が無いと物価の上昇を打ち消す程の上昇は望めないものです。 振り返ってみても、2009-2010年の頃は自分の給料が景況による影響をほとんど受けなかったため、家電などを格安で購入できて生活は楽だったように思います。 資産クラスとしては円預金・日本債券が頼りになります。 債券が強いタイミングなので、為替ヘッジ外国債券も役に立つと思います。 個人的には、起業せずにサラリーマンで行くならばこのターンでも給料の下方硬直性が強い職を目指した方がいいと思うのですが。。。 学生さんは考えてみてください。 日本円の購買力は低く、景気が悪いのに物価は下がらないという最悪なパターンです。 円安による資源・原料価格の高止まりから、『悪性のインフレ』が起きやすいのもこの時期です。 金利を生まないから不要と言われる金(ゴールド)が短期的にはポートフォリオの毀損を守ってくれます。 為替プレミアムを得られる外国債券も役立ちます。 ちなみに、 【KO】コカ・コーラや【PG】プロクター・アンド・ギャンブルなどの株式が輝くのもこのターンだと思います。 低金利のダラダラ不況下で債券も当てにならない時でも変わらずキャッシュを稼ぎ続ける、いわゆる『シーゲル銘柄』が産み出すインカムが貴重になる時期でしょう。 最後のパターンで頼りになるのは、雑魚の寄せ集めになる 【SPYD】ではなく、ワイドモートで固めてある 【HDV】なのかな、と思っています。 実際にこの時期が長く続くとどうなるのかは分かりませんが。。。 今の所は 【AMZN】もディフェンシブになってますしね。 ではまた。

次の

【ポストコロナ】ポートフォリオ再考-株、金、債券の割合を検証

オール ウェザー ポートフォリオ

中国発のコロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大がいよいよ本格的なフェイズに入ろうとしており、それに合わせて株価が下げ始めている。 株価が下がっていると言っても、米国株の方は最近の上昇率を考えると調整にもなっていない段階だが、日本株の方は敏感に反応して2日で500円以上下落してしまった。 新型肺炎の問題は、現状中国政府が発表している感染者数や死亡者数が正確な数なのかも不明だし、世界中で感染が拡大しそうな兆候があるので、本当に世界の実態経済に影響をあたるのかは別にして、株式市場には打撃を与えそうな感じがする。 というのも、中国はアジアにおける最大の経済大国であるため、消費、輸出などに影響が出る可能性は高いからだ。 そして、中国経済に依存している国々についても、感染の拡大がさらに深刻化して移動制限等が長期化したりすれば、それなりの打撃を受ける可能性があるだろう。 日本を例にしてあげると、インバウンド消費のかなりの部分を中国人観光客が担っているので、観光業や小売店、それからJALやANAなどの航空会社に影響が出はじめている。 そのため、日本株はより敏感に中国の新型肺炎問題に反応しているのだ。 しかし、こういった場面において、すべての資産の価格が下がるわけではない。 レイ・ダリオのオールウェザーポートフォリオを参考にする 皆さんは、レイ・ダリオという投資家をご存じだろうか? レイダリオは、日本ではウォーレンバフェットほどの知名度はないが、海外では超がつくほど有名な投資家であり、ブリッジウォーターという世界最大級のヘッジファンドを運用している。 レイ・ダリオはリーマンショック時に危機を予測し、それを回避したことで有名なので、興味のある方はググってみて欲しい。 かなりの知名度がある投資家だということがわかるだろう。 そんなレイ・ダリオ の投資スタイルは、景気の循環サイクルに対応した方法で、どのような経済状況にも対応できるオールウェザー型のポートフォリオというものを推奨している。 このオールウェザー型のポートフォリオについては、アンソニー・ロビンス著の 「世界のエリート投資家は何を考えているのか」という本で紹介され、日本でも広まったと記憶している。 この本は、なかなか面白いので、同じシリーズの「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」と一緒に読んでみることをお勧めする。 さて、レイダリオが推奨するこのポートフォリオの内訳は、株式が30%、米国債が中長期併せて55%、そして金が7. 5%、そして商品取引7. 5%という内訳になっている。 つまり、国債で安定的に運用しながら、株式でややリスクを取り、株式がダメになった際にカバーできる金や商品取引を入れておく、というものだ。 そのため、どのような経済環境でも安定して一定の利益を出すことが可能になる、といったものだ。 確かに、現在株価が下げている状況下において、金価格は上昇を続けているし、株が下がる時に金が上昇することは結構あるので、実際に今起こっている現象を見てもこのポートフォリオはある程度有効なように思う。 ただ、これは永久に続く現象ではないだろう。 というのも、金やビットコインなどの市場では株式市場に雪崩れ込んでいる現金を受け止めきれないからだ。 また、この戦略は恐らく巨大な資金を運用するヘッジファンドだから有効な戦略で、個人であれば金鉱株や金関連銘柄を買った方がいいように思う。 日本の場合は、金利を考えると国債に個人が投資するメリットはよほどの資金量が無い限りは無いと思うからね。 ところで、リーマンショックを回避したほど頭脳明晰なレイ・ダリオの予測が、最近は外れることが多い。 マネーサプライが有名投資家の判断を狂わせている。 ここ数年、レイダリオの他にも結構有名な投資家の予測が外れまくっており、大体の場合においてそれは、「株式市場はもう下がる」「景気後退局面に入る」、という予測となっている。 そして、米国株は意味不明なほど株価が上昇し、従来のPERやPBRの理論が全く通用しなくなっている状態だ。 PER50倍なんかは当たり前で、PER100倍でも割安、そして実際にネットフリックスやアマゾンなど、そういった株がさらに上昇するという驚異的な値動きを見せてきた。 そして、米国株市場全体が上昇を続けている。 日本株にしてもバブル以来の最高値を記録した。 いったいなぜ、著名投資家たちの予測は外れてしまい、株式市場が上昇し続けているのかというと、それは恐らく過去に類を見ないほどマネーサプライが増加しているからではないだろうか。 マネーサプライとは、市場に溢れている現金量のことだ。 要するに、著名投資家たちが経験した今までのどの場面とも比較にならないくらいの「現金」が世界中に溢れており、「それらの現金が資産に雪崩れ込む」という図式が無限に続いていて、その量がもはや予測不可能な域に達してしまっているため、これまでの株式市場では起こり得ないことが起こっているのではないだろうか。 現金は通常市場に放出されると株や不動産の「資産」に替わるが、放出されすぎている現金の量が異次元すぎるため現金の価値が相対的に下がり、無限に資産価格が上昇しているような状況だ。 なので、現金の価値が上がるような場面が本格的にこない限りは、資産全体の価値が下がるということはないように思う。 そして、現在どこの国も無限に借金をしまくっているこの状況下では、「現金の価値が上がる」、という可能性はかなり低いように思う。 上がったとしても、たぶん一時的な円高みたいなものくらいだろう。 つまりは、現金全体で相対的に見て円が高くなる、というくらいで「現金」全体の価値が上がることはないように思う。 なので、個人的にはコロナウイルスでパンデミックになろうが、景気が多少後退しようが、現金の価値自体が本質的に上がらない限りは株価は大きくは下がらないのではないかと思う。 みんな、なんやかんや理由をつけて多分株を買うだろう。 株式市場以外に、現在市場に放出されている現金を受け入れられるボリュームの資産など存在していないからね。 自分としては、業績悪化で株価暴落、そしてシステム障害のダブルパンチかと思っていたらコロナウイルスで止めを刺されそうな良品計画を先週NISAで打診買いしてしまったので、取りあえずコロナウイルスもう勘弁して欲しいのだが...。 次はJALでも買うか...。 株で夢をかなえよう 良品計画が好きな方は、下記のボタンを猛プッシュして欲しい!!サルが好きな方も猛プッシュを頼む!!それ以外の方は、押さなくてもいい。

次の