柚子 胡椒 の 使い方。 「柚子胡椒」には味噌をプラス! パスタ、そうめんの“魔法のソース”に変身、調味料ソムリエがオススメ簡単レシピ

柚子胡椒と同じ使い方でOK!沖縄の「シークワーサーこしょう」!(赤マルソウ)

柚子 胡椒 の 使い方

未開封なら常温保存OKなので、お土産にもいいと思います。 高さは5センチくらい。 すごく小さくてかわいいビンに入ってます。 「島一番の調味料屋」という文字と言葉がかわいいです。 「名称」は「シークワーサー加工食品」。 原材料は「シークワーサー果皮」「食塩(沖縄県産)」「シークワーサー果汁」「唐辛子」となっており、添加物らしきものはないです。 材料はシンプルですが、この組み合わせが複雑でおいしい味を醸し出すんですよね。 製造者「赤マルソウ」さんの所在地は糸満市となっています。 中に含まれる食塩の結晶が現れたりするそうです。 なかなか塩分は濃いようです。 開封後は、冷蔵庫保管です。 「沖縄の海水塩・青い海」を使っているそうです。 ちょっとだけなめてみると、シークワーサーの香りと味がガツン!ときます。 すごく爽やかです。 塩気がなかなか効いています。 塩もミネラル豊富なものなので、「濃さ」を感じます。 島唐辛子の辛味も、しっかり後から来ます。 「練り調味料」とのことなので、ほんの少量でパンチが効いてきます。 使い方としては、 焼いた鶏肉につけるのがおいしいです。 (「焼鳥」につけながら食べる。 ) 豚しゃぶや水炊きなどの鍋料理の薬味としてもピッタリです。 ほんのちょっとで味の効果がでますので、30gほどの内容でも、そんなにすぐには使い切らないと思います。 ステーキや焼肉に、うどんやお茶漬けに、パスタやサンドイッチにまで、 「ちょいづけ」で味にアクセントをつけ、変化を持たせる、便利な万能調味料として使えます。 1度はまったらやみつきになる人も多いみたいです。 私は、ちょっと塩気が濃いかな、と思うので、ほんのちょっぴりずつしか使えないだろう、というのが個人的感想です。 何より、 お土産にピッタリだと思います!

次の

【おいしい!】柚子胡椒のおすすめ人気ランキング15選

柚子 胡椒 の 使い方

出典: 今や柚子胡椒は薬味として食卓に欠かせないものとなてきました。 最近では海外でも「yuzu pepper」と呼ばれ人気があるそうです。 しかし、柚子胡椒は「柚子・コショー」ではないことをご存知でしょうか?今回は、柚子胡椒の種類や使い方、そして作り方をご紹介します。 そもそも柚子胡椒とは、柚子とコショーではなく、主に柚子と唐辛子で作られています。 九州の家庭では一般的に使われている柚子胡椒の発祥は大分県日田市周辺と言われてます。 日田市周辺は柚子の産地でもあり、農家の皆さんが作ったのが始まりではないかと考えられています。 歴史としてはまだ50年から60年ほどと考えられますが、現在では日本各地でとても身近な薬味となりました。 赤い柚子胡椒も?!柚子胡椒の種類について 出典: スーパーや飲食店で見かける一般的な柚子胡椒は緑色をしたものが多いかと思いますが、実は赤い色の柚子胡椒もあるんです。 この2種類の柚子胡椒は作られる季節を反映しているので、辛味や合う料理が違ってきます。 青い柚子胡椒 皮が青い柚子と青唐辛子で作られているもの。 この2つが揃うのは、夏から9月末までと、とても短い期間です。 この青い柚子胡椒はピリッとした辛味がするのが特徴で、刺身や冷奴などにそのまま付けるのがオススメです。 赤い柚子胡椒 秋から冬になると出てくるのが赤い柚子胡椒。 こちらは黄柚子と赤唐辛子を使って作られています。 青い柚子胡椒に比べ、まろやかな辛味が特徴。 加熱すると香りが際立ってくるので、煮物や炒め物などの温かい料理に合います。 ペーストだけじゃない!柚子胡椒の選び方 ペーストタイプ 柚子胡椒の定番といえば、ペーストタイプ。 販売されている商品の種類も多く、スーパーなどでも簡単に見つけることができます。 ペースト状になっているので、つける・混ぜるなど、どんな料理にも使いやすいのが特徴。 柚子胡椒をあまり使ったことのない方は、入手しやすいこのペーストタイプからチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 液体タイプ 液体タイプは醸造酢が入っていることが多いので、酸味も辛味と一緒に楽しめます。 使い方は、パスタなどの料理にそのままかけたり、オリジナルドレッシングを作ってみたりと、いつもの味にアクセントをつけるのに便利です。 粉末タイプ 最近は、粉末タイプの柚子胡椒も登場しています。 粉末の良いところは、ちょっと使いたいなと思った時にすぐ使えること。 しかも常温でも保存できるので、家の食卓や会社のデスクに置いておけば、簡単にいつものご飯にピリッっとした辛味をたすことができます。 柚子胡椒に合う料理 出典:PIXTA 九州では、どんな料理にでも柚子胡椒を使います。 今回はいつもの料理に柚子胡椒を加えるだけで、新しい味を楽しめるおすすめ料理をご紹介します。 温うどん 七味や一味を入れて食べる以外に、もう一工夫したい時に、柚子胡椒を使ってみてはどうでしょうか?いつもと違った温うどんが楽しめそうます。 ざるそば ワサビの代用として柚子胡椒を使ってみましょう。 ワサビとは違った風味を楽しむことができます。 そうめん おろし生姜の代わりに少量入れてみましょう。 柚子胡椒のピリッとした辛味がアクセントになります。 食卓の定番として登場する素麺や煮麺に柚子胡椒を入れると、新しい味を楽しめます。 炊き込みご飯 季節によって具材が変わる炊き込みご飯。 季節感を一層感じる旬の1品になりますよね。 炊きたて当日はそのままで、翌日以降は柚子胡椒を加えると、ピリッとしたからみがアクセントとなり、また違った味の炊き込みご飯を楽しめます。 ドレッシング ご家庭にある和風・洋風・中華のドレッシングに柚子胡椒を入れると、簡単にオリジナルドレッシングを作ることができます。 オリーブオイルに柚子胡椒を混ぜ合わせたものを、生野菜サラダにかけるのもおすすめです。 ただ、野菜本来の味を損なわないように、柚子胡椒の量は少し物足りなさを感じるくらいが良いでしょう。 マヨネーズ どの家庭にも1本はあるマヨネーズ。 そんなマヨネーズの味を簡単にアレンジできるのが柚子胡椒なのです。 柚子胡椒のピリッとした辛味がマヨネーズの旨味と良く合います。 簡単にできるので、ぜひお試しください。 鍋料理 味のアクセントが欲しいときや味を少し変えて楽しみたいときに柚子胡椒を入れてみましょう。 入れるのは、赤い柚子胡椒がおすすめです。 マイルドな辛味と芳醇な香りが鍋料理を深みのある味に変えてくれます。 種類別!おすすめの柚子胡椒 ペーストタイプのおすすめ柚子胡椒 壱岐産 ゆずこしょう ぴり辛の青(無添加) 長崎・壱岐の柚子と唐辛子で作った柚子胡椒です。 保存料や着色料、酸味料、香料は使用せず、みずみずしい柚子の香りを楽しめる一品です。 出典: 材料 ・柚子 ・青唐辛子 ・塩 1. 手袋を装着し、唐辛子の下処理を始めます。 唐辛子のヘタを切り落とし、縦半分に割ります。 この時、ハサミを使う便利です。 縦割りした青唐辛子に詰まった種を取り除き、微塵切りにします。 ある程度細かくなったら、すり鉢ですりつぶします。 すりこみ具合はお好みで調整してください。 柚子の皮を準備します。 柚子の皮をおろし金ですりおろします。 すりこんだ青唐辛子と柚子の皮を合わせ、塩を加えます。 青唐辛子4、柚子の皮1の割合で合わせ、その1割程度の塩を加えます。 塩は多く入れると保存性が高まりますが、その分辛くなります。 量はお好みで調整してください。 完成! 完成したゆずごしょうは、殺菌した空き瓶に詰めて保存します。 沸騰したお湯の中に、ガラス瓶、フタを入れ5分ぐらい煮て煮沸消毒します。 その後、よく冷まし、水気を切ってから柚子胡椒を詰め込みます。 何瓶かに分けて、冷凍しておけば、通年柚子胡椒を楽しめます。 アレンジで使い方の幅が広がる柚子胡椒 いかがでしたでしょうか?薬味として使われてきた柚子胡椒の種類の豊富さにびっくりですね!今日からでも使えるアレンジ方法もあるので、ぜひお試しください。 毎日の暮らしがちょっと楽しくなるような記事をお届け! 都内の美術大学で工芸を専攻、片手にはいつも金槌、という日々を過ごす。 卒業後は、広告代理店で販売促進の企画制作に携わったり、ウミガメが来る町で働いたりと、都市と地方で暮らす経験をする。 地方の新鮮な食材、その土地ならではの食べ物、文化、暮らしを彩る工芸品に魅せられ、その後は地方の魅力を発信するwebメディアを運営する会社に転職。 全国各地を取材にまわり、情報発信し続けてきた。 さらにその後、転勤族の我が家は静岡県の南アルプスの麓へお引越し。 ローカルライフを満喫中。 現在は、自分にとっての「豊かな暮らし」を探しながら、文字の力で、さまざまな側面から地方の魅力を伝えるお手伝いをしている。

次の

柚子胡椒の使い方・使い道は?どんなレシピに使えばいいの?

柚子 胡椒 の 使い方

しかし柚子って どんな風に 料理したらいいの?と 困っている人もいるでしょう。 今回は、 柚子の使い方や 切り方についてと 爽やかパスタのレシピ、 そして九州では一般的な調味料の とっても 美味しい 柚子胡椒の作り方を 紹介していきますね! 柚子(ゆず)の使い方や切り方 柚子は独特な香りと風味なので どう使えばいいのか ちょっと迷っちゃますよね。 料理に使うときの切り方は、 輪切りなのか千切りなのかというところも 悩みどころ。 まずは、柚子の使い方や切り方について 紹介していきますね! 柚子の使い方 柚子の使い方として オススメなのは、 減塩するため に使うことです。 柚子でいい香りにするために使うことや 彩りをよくするために使うことは 一般的ですよね。 しかし、 柚子の香りと風味は 減塩にも役立つんです。 減塩になぜ柚子が?と思いますよね。 本来、食事から塩分を控えるためには 食塩を減らす ことが必要なんです。 しかし、食塩を減らしてしまうと 全然物足りない味 になっちゃうんですよね。 普段、塩分を何も気にせずに食事をしていると だんだん濃い味付けになれてきてしまって 食塩の摂取量が知らず知らずのうちに 増えていってしまうんです。 食塩をとりすぎると、 病気になってしまう可能性が高くなるので なるべく食塩の摂取量は控えていきたいもの。 しかし、濃い味になれてしまっていたら 減塩はかなりハードルが高いことなんですよね。 減塩をするときに 減塩醤油や減塩味噌など 食塩がカットされた商品を使うのも いいですが、 柚子を使って減塩すると 風味も爽やかでオススメなんです! 柚子の爽やかな香りや さっぱりとした酸味が 料理のアクセント になることで食塩の量を減らしても 物足りなさを感じにくくなるんですよ。 柚子の切り方 柚子の切り方については、• すりおろし• 千切り• 輪切り などがあります。 まず『すりおろし柚子』は、 料理の上に散らす と香りもよくて見た目も綺麗です。 大根おろしとすりおろし柚子をまぜて 醤油をほんの少したらして 焼き魚と一緒に食べると 魚臭さがなくなって爽やかな香りになりますね。 魚料理をしたときには、 手も魚臭くなっちゃうんですが 柚子を扱うと手もいい香りになるので 一石二鳥(一つの行為で二つの利益を得ること) ですね! そしてすりおろし柚子は、 料理に混ぜてもOK! すりおろしているので食感もボサボサすることはなく 柚子のいい風味だけを感じることができますよ。 柚子をすりおろしていれることで 柚子の風味が味のアクセントになって 食塩を減らしても 物足りなさを感じづらくなるでしょう。 次に『千切り柚子』は彩りに使うとGOOD! 和食の小鉢料理に合うので、 ほうれん草のおひたしなどの上に キレイに盛りつけるといいですね。 一気に料理に品が出て 料亭の料理のような 上品な仕上がりになりますよ。 おもてなし料理にもオススメです! そして『輪切り柚子』は、 焼き魚やホイル焼きの上にのせると いいですよ。 輪切りにした柚子は形も色も可愛いので 料理が一気に華やかになりますね。 ホイル焼きに柚子を入れると、 ホイルを開いたときに ふわ~っといい香りが広がって 食欲が増しますよ! 柚子(ゆず)のパスタレシピ 次に柚子を使ったパスタレシピを 紹介していきますね。 柚子は和食に合うイメージが 強いかもしれませんが、 実はパスタにも合う食材なんですよ。 まずはこちらのパスタレシピから。 柚子はきのことの相性がバッチリなんです! きのこも炒めるととてもいい香りがしてくるのですが、 柚子の爽やかな香りとあいまって さらに美味しい香りになるんですよね。 ニンニクが入っていますが、 柚子で爽やかにさっぱりとさせてくれるので 胃もたれしませんね! 次のレシピがこちら。 柚子胡椒の作り方については後ほど紹介していきますね。 この柚子パスタレシピは、なんと まぜるだけ なのでとーっても簡単! パスタを作るときは、 大きな鍋にお湯をたーっぷりと沸かして パスタを茹でて あいているコンロでは、 パスタの具材を炒めたり パスタソースを作ったりするので 洗いものも大変なんですよね。 しかしこのあえるだけ 簡単柚子パスタでは、 調理器具の洗い物が減って 嬉しいですね。 柚子胡椒(ゆずごしょう)の作り方 柚子胡椒って本当に美味しいんですよね。 柚子胡椒の人気はとても高く、 柚子胡椒のお菓子なども たくさんでています。 肉料理にもとってもよく合って ピリリとした風味がアクセントとなって お酒も進んじゃうんですよね。 柚子胡椒と言えば、九州では一般的な調味料で スーパーではチューブに入ったもの、 道の駅や特産品などを売っているお店では 瓶入りのものなどが売られています。 柚子胡椒は買うものだと 思っている人は多いでしょう。 しかし、なんと柚子胡椒は 手作りができちゃうんですよ! 手作り柚子胡椒のレシピはこちら。 こちらのレシピはプロのレシピなので かなり本格的です! 使っている材料も本格的になるので 揃えるところから 少し大変かもしれませんが、 味はとっても美味しいこと間違いなしですね。 ピリリとした辛味が刺激的な柚子胡椒になっています。 次のレシピがこちら。 こちらはシンプルな材料のレシピなので 作りやすいのではないでしょうか! 柚子の量や青唐辛子の量は 好みで調節してみると いいですね。 ただ 青唐辛子を扱うときは、 手袋が必須となってきますので 作る時には注意してください。 柚子胡椒は商品によって風味が違うように 好みも人によって微妙に違ってきますよね。 手作り柚子胡椒で自分好みの 味を見つけてみてはいかがでしょうか。 まとめ 今回は、さっぱりした風味と 爽やかな香りが魅力的な 柚子についてまとめてみました。 柚子の使い方のオススメは 減塩のために 使うということ。 柚子の切り方は 混ぜるのか、 飾るのか、 アクセントにするのか、 料理によって変えるといいですね! 柚子の美味しいパスタレシピでは、 ニンニクと炒めてさっぱりさせるレシピや 簡単にあえるだけでできちゃうレシピを 紹介しました。 いつもは市販で買うことが多い 柚子胡椒は 手作りにチャレンジしてみて 自分好みの味を見つけてみると いいのではないでしょうか! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の