タピオカ 店 恫喝 騒動。 木下優樹菜、活動休止発表との情報…タピオカ店恫喝騒動で、批判収まらず活動継続困難か

木下優樹菜ついに法廷へ?恫喝騒動で被害者側が訴訟手続き開始か

タピオカ 店 恫喝 騒動

木下優樹菜 人気タレントが一般人に送った恫喝まがいのメッセージがインターネット上で晒され、物議を醸している。 事の発端は、タレントの 木下優樹菜が、自身の姉が働く7月にオープンした タピオカドリンク店を、木下がInstagramで宣伝したことだった。 店の女性オーナーがこの木下の行動をよく思わなかった模様で、木下は今月6日、インスタに次のように投稿した。 「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われてたみたいだけどさー」 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、 焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、 筋道くらいとおしなよ」 「んで、給料明細出すの常識な。 色々頭悪すぎな」 「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、 そろそろちゃんとしないと 立場なくなるよー もーさ、やめなあ? 覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」 これを受け木下は9日、インスタ上で「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と謝罪。 そのため、上記のDMが木下によるものである可能性が高いとみられている。 テレビ局関係者は語る。 それだけに、過激な恫喝メッセージを一般人に送っていたことが暴露され、イメージはガタ落ちです。 文面的にもシャレですまされるレベルではなく、テレビ局はどこも起用自粛の姿勢になるでしょう」 今回の木下の行動は、脅迫罪などに問われる可能性はないのだろうか。 は次のように解説する。

次の

“タピオカ店恫喝炎上”木下優樹菜 夫・フジモンと実母の3人で店長自宅へ謝罪に行ったが……――2019 BEST5

タピオカ 店 恫喝 騒動

12月に入ってから『女性セブン』が報じた記事では、木下優樹菜さんが以前に比べて痩せ細っているように見えたとし、11月下旬に東京・西麻布で撮影の近影を公開していたものの、『週刊女性』によれば憔悴しているようには見えないといいます。 特に落ち込んだ様子もなく、終始、楽しそうに話していました。 騒動の前からこのスーパーで彼女の姿をよく見ますが、いつもと変わらず、特にやせた印象も受けませんでしたよ」と語っています。 別の女性も、 「スーパーの近くの公園で友達と一緒にお茶を飲みながら立ち話もしていましたよ。 盛り上がったのか、1時間くらい話していたと思います」と、『女性セブン』の報道内容とは真逆の証言をしています。 『週刊女性』はさらに、木下優樹菜さんの姉・さやかさんが9月まで働き、恫喝トラブルに巻き込まれた東京・西小岩のタピオカドリンク店『#ALLRIGHT』を訪れたところ、平日の昼間にも関わらず店内には子連れの女性を中心に、満席になるほど繁盛していたとしています。 もう弁護士を立てているので、私からは何もお答えできません」と答えたとしています。 そして、訴訟も視野に入れている?と尋ねると、 「弁護士に相談しているところから想像していただければと思います」と否定せず、どうやらその後も問題は解決していないようで、訴訟も視野に入れる状況が続いているようです。 また、『フライデー』が報じている記事によれば、木下優樹菜さんの所属事務所『プラチナムプロダクション』側は、木下さんの芸能活動再開の最低条件は「タピオカ店のオーナー夫妻と和解すること」だと考えているといい、 「もし、法廷闘争ともなれば、時間的に長引く上に、恫喝した経緯や内容までマスコミなどに明らかになってしまう。 となると、木下のダメージはさらに落ちてしまうでしょうね」とテレビ局関係者が語っています。 藤本が番組に出演するたびにこのネタをいじられるようなった。 」「藤本自身もどんなテンションでいればいいかわからないようで、イジられても『すみませんでした!』と頭を下げるだけ。 しかし、ネタにされる度にネット上で批判を呼びますし、ネタにされたタピオカ店のオーナーが不快な思いでしかないはず。 二次被害を受けている中で、木下を許そうなどという気持ちにはとてもなれないでしょう」としています。 これらの報道を受けてネット上では、• 個人的に謝罪しようともしないしユッキーナは反省していない。 法廷で締め上げてやって欲しい。 ユッキーナ引退でも構わない。 法廷で総出で戦っちゃいましょう。 タピオカ店のみなさん負けないで。 応援してます。 日頃の行いが良ければ木下優樹菜をかばう人も出てくるんだろうけど、これを機にフジモンも含めて最悪な態度のほうが明るみになったからな。 嫌悪感しかない。 とりあえずロンハーに出すのやめてくれ。 タピオカ店オーナーさんには徹底的に闘争してほしい。 調子こいてたツケがまわってきたんだよ。 何の努力もせずに、むしろ逆で頭悪い事がうけて売れたけどそれで勘違いした方向に向かっていったのに、自分が売れてると。 横柄になっちゃったね…二度とテレビに出て来ないで• 反省はしてないでしょうね。 自分が悪いことした自覚はなさそうだし、『マジうぜー』とか汚い言葉で逆ギレしてそう。 元々素行が悪く言葉遣いも下品で、ママタレとして支持する人がいるのが信じられない。 どうやったら自分の言動を反省して改めるのかな。 復帰する気かもしれないけど、まともな人なら見たいと思わないのでは?• ロンハーにダンナが出ててすごい不快だった上に、タピオカの話をネタにして笑いを取ってたから更に不快な気分になった 反省してたらネタになんかしないだろうからまったく反省してないんだろうな。 夫婦共々TVから引退してほしい• 徹底的にやれば良いのに。 資金ならクラウドファンディングとかで集められる可能性あるし、あそこまで露骨にやられたら行き着くとこまで行った方が、良い気がした。 これは天罰だね。 事実を確認せずに一方的に攻撃した結果。 まぁ、女性て見た事聞いた事を信じて事実確認する前にキレたりするからね。 この人を見たらそうならない様にしないと…と今更ながら思うわ。 木下優樹菜の代わりなら掃いて捨てるほどいる。 藤本より面白い芸人も掃いて捨てるほどいる。 ハッキリ言って誰も二人を求めていない。 などの批判コメントが殺到しており、ネット上では炎上状態が続いています。 木下優樹菜さんは10月9日にインスタグラム上で謝罪し、同日にはタピオカ店サイドに再びダイレクトメッセージを送り、自身の言動を反省、謝罪しながらも、 「今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにもよくないと思います。 私の至らないメッセージがあった中恐縮ですが、今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』、『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか。 」と綴っていました。 こうした内容だったため、タピオカ店サイドは誠意が全く感じられないとしてさらに怒り、加えて店にイタズラ電話なども掛かってくるなど、様々な被害を被っていることから、法的措置も検討していると週刊誌などの取材に明かしていました。 木下優樹菜さんは謝罪コメントをインスタグラムに投稿して以降、公式アカウントの更新は完全にストップさせている一方、木下さんのものだと推測されている裏アカウントは更新が続いていたため、全く反省の色が見えないとも指摘されています。 また、夫のフジモンさんもテレビ番組では意気消沈した姿を見せてはいるものの、テレビ番組で芸人たちからイジられる形で笑いを生み出しており、これに対して視聴者からも不快との声が相次いでいますが、タピオカ店サイドも同様の心境だったとしてもおかしくはなく、事態をさらに悪化させることになるかもしれないですね。 一連の騒動によってネット上では、木下優樹菜さんの不要論も巻き起こっており、これまでなぜ様々なテレビ番組やCMなどに出演していたのか分からないとの声が多く、このような状況ではスポンサーも木下さんの起用には後ろ向きになるのは確実で、今後もし和解が成立して芸能界復帰が決まったとしても、開店休業状態がしばらく続く可能性が高そうです。

次の

木下優樹菜(ユッキーナ)が恫喝したタピオカ店は現在も営業してる!【ALL RIGHT(オールライト)】|東京カフェBLOG

タピオカ 店 恫喝 騒動

木下優樹菜タピオカ騒動の内容 タレントの木下優樹菜さんがダイレクトメールで他人を恫喝していたと騒動になっています。 送られた相手が公開した内容には、暴言や「事務所総出でやる」といった脅迫に近い内容の文言も含まれており、木下さんのインスタグラムなどは炎上する事態になっています。 何故そんなことをしたのか? 経緯としては自身の姉が、勤務先のタピオカ店から給料未払いなどの不当な扱いを受けたことで感情的になり、タピオカ店の店長にメールを送る事態となったようです。 また、店長にメールを送ることとは別に自身のインスタグラムにおいて実姉から聞いた内容のことをもとにタピオカ店側に全て責任があるという内容のコメントを掲載していました。 なので当初はタピオカ店側に批判の声が殺到していたのですが、自分たちにも言い分があるという形で木下さんから受け取ったメールを公表する事態となったのです。 また、そのタピオカ店のことは優樹菜さん自身もインスタグラムなどで紹介もしていました。 しかしその際に「姉が店を出した」という内容で書いてしまったためにファンからは「木下優樹菜の姉が経営している店」という誤解も与えることに。 木下優樹菜さんはその後インスタグラムのコメントを削除、店長側に謝罪をしています。 発端はいつから? 木下優樹菜さんがメールを送ることになった原因は元々、実姉と店側との認識の違いによるところが大きかったようです。 実姉さんは精神的に参っていた時期に店長さんに「一緒にお店をやらないか?」と誘われ、「共同経営」の認識のもとお店のオープンに動きだしました。 しかし資本金の出資を拒まれ、最初は一緒に話し合って決めていたお店のことも徐々に自分の知らないところで決まっていくことが多くなり、「本当に共同経営なの?」と疑問を持ち始めました。 給料面でも明細が出なかったり「時給1000円」の取り決めが後々になって決まるなど、当初の約束事があいまいなまま話が進んでいきます。 そして8月に入り子供が夏休みになったことで実姉さんは出勤日数を減らさざるを得ず、また夏休みが終わっても子供の面倒があるという旨を伝えたところ店長から「共同経営なんだから負担も半分にしなきゃ」と言われます。 実姉さんはこの言葉にひっかかり店長と話し合いをして、もう辞めるということに一旦はなります。 しかしそのすぐ後にまた「共同経営と言った」「言って無い」の話になり再び話し合いになりますが結論は出ず。 その後突然、店長から「合鍵を受け取りたい」という連絡があり、実姉さんも辞めることになったのです。 一連のことを妹の優樹菜さんにも報告し、それを受けて優樹菜さんが店長にメールをしたという流れです。 店長側の言い分 店長さんは優樹菜さんがインスタグラムにあげていたコメント(現在は削除済み)に対して「一方的だ」と反発しました。 給料未払いはなく、手渡しだったので「受け取りに来て」と伝えていたところ中々受け取りに来なかったので口座の方に振り込んだとのこと。 その振り込むまでの期間に「支払っていない」と言われたのでタイミングの問題だったようです。 また優樹菜さんがインスタグラムでお店を紹介したことに関しても、売上的には良かったが「事前に言って欲しかった」と宣伝が優樹菜さんの独断であることも明かしています。 タピオカ騒動の今後は? 木下優樹菜さんのお姉さんと店長の間のことは今後も両者で話し合うことかと思いますが、木下さん自身の芸能活動への影響は大きそうです。 やはりイメージダウンは避けられず、各局の番組が起用を避けるのではないかと危惧されています。 また、弁護士の方いわく「メールの内容から訴えられる可能性もある」とのことでした。 周囲へも飛び火 今回の騒動での木下さんの謝罪コメントにたいして親友の鈴木紗理奈さんもコメントを投稿しているのですが、それにも少し避難が上がっています。 これに対して「そんな軽々しくハートマーク使ったり次!とか言う話ではないです」「不謹慎すぎます」「幻滅しました」といった声があがりました。 しかしこの批判に関しては「批判したいだけだろ」と、いさめる声も多くあがっています。 木下優樹菜のタピオカ事件Twitterの反応 木下さんをかばう声もあり、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんはツイッターで以下のように発言しています。 ユッキーナさんのタピオカ騒動。 人間らしくて愛があっておれは好きだけどな。 — 村本大輔 ウーマンラッシュアワー WRHMURAMOTO これに対して寄せられるコメントは以下の通り。 「タピオカ屋のオーナーさんが気の毒としか思えませんでしたが…」 「どのへんが人間らしくて愛があるんですか? 人を恫喝してますけど?」 「逆張りのネタにしてはちと小粒かなという気がします」 このコメントに関しては賛同の声は少ないようですね。 他にもツイッターの反応を見ていきます。 そしてよく知らない件に声を上げることの危険さも知っておきたいところ。 実際お店のウケ自体は良いみたいですし。 の口の汚さを叩くのは論点が違うだろ。 暴くべき問題は姉の嘘と店側がラインを無視したままDMを晒してる事、そして木下が指摘してる店側の嘘とは何か。 今出ている情報の段階ではこう考えるのが妥当。 これもしごくまっとうなものだと思います 木下優樹菜の事、全然報道しないことにホント違和感。 ネットニュースでも取り上げない。 こんな感じだと、今後普通にテレビ出てくるでしょ。 何事もなかったみたいに。 悪いけどユッキーナとフジモンが番組に出る時に流れるCMの物は印象が悪いいので買いたくなくなりますね。 — 気になった事色々と bIx3NcqIkTgr4Fa 今回のことは今のところツイッターなどで騒がれているだけ。 大手報道各社などは色々と事務所との兼ね合いがあるのがつらいところですね。 俺も思った。 笑 べつにどーでもくねーか?わら ゆっきーなも人間。 確かに誰でも過ちはおかすものですが、本人は何かの形でケジメをつけないといけなくなるんですよね・・。 個人的に思うのはやはりお店のオープンに関しての約束ごとをもっと煮詰めておくべきだったのかな、と思います。 実姉さんが「自分も経営者だよね?」と念を押し、言質をとり、もちろんそれについての契約書もろもろも用意しておくべきだったのでしょう。 そしてその後の対応もお互いに言うべきことを言えてなかったのではないでしょうか。 木下優樹菜さんのダイレクトメールはたしかに感情的になりすぎている面が大きく、そこは避難され謝罪すべきだったのは当然と思います。 しかしそこに至った経緯を思えば、目立つ誰かだけがひたすら叩かれるのもやはり違うのではないでしょうか。 当事者同士がまた話し合うでしょうし、静かに見守るべきかと思います。

次の