揚げ出し豆腐 カロリー。 揚げ出し豆腐のカロリーや糖質、レシピをご紹介!揚げ出し豆腐はダイエット中に食べても大丈夫!?

ダイエット向き食材?豆腐のカロリーや糖質と炭水化物

揚げ出し豆腐 カロリー

種類別:豆腐のカロリー比較 早速ですが豆腐の カロリーや糖質、炭水化物の含有量を見ていきましょう。 こちらでは一般的に売られている4種類の豆腐についてご紹介していきます。 栄養成分名 単位 木綿豆腐 絹ごし豆腐 ソフト豆腐 充填豆腐 カロリー kcal 216 168 177 177 kj 907. 2 705. 6 743. 4 743. 4 タンパク質 g 19. 8 14. 7 15. 3 15 脂質 12. 6 9 9. 9 9. 3 炭水化物 4. 8 9 6 7. 5 食物繊維 1. 2 0. 9 1. 2 0. 9 糖質 3. 6 8. 1 4. 8 6. 6 全て1丁 300g でのカロリーと含有量を表示しています。 食物繊維も項目に入れさせていただきましたが、 糖質は炭水化物から食物繊維を除いた質量となるため参考に載せさせていただきました。 カロリーとしては多いような気がするかもしれませんが、最も多い木綿豆腐1丁分でも ご飯1杯分が250kcal程度であることを考えると少なくなっています。 また 炭水化物が55. 65g、糖質も55. 2gのご飯からしてみれば圧倒的に少なくなっています。 つまりご飯の代わりに豆腐を置き換えて食べる豆腐ダイエットは効果が期待できると言うことになります。 詳しい ダイエット方法が気になった方はこちらの関連ページに方法など載っていますのでそちらで確認してみてください。 その特徴などは後述の各豆腐の説明で 簡単に解説させていただきますが、詳しく知りたい方は各豆腐の関連ページをご覧ください。 そのため固いしっかりとした食感の豆腐となっています。 圧縮されているため豆腐の 栄養分が凝縮されおり、他の豆腐より1丁分の栄養素が多くなっているのが特徴です。 その分だけカロリーも高めになっていますが、濃厚な大豆の味を楽しめます。 カロリーが高いので一見ダイエットには向かないような気がしますが、 必要なタンパク質や脂質を効率よく取れるため、少ない量で多くの栄養素を摂れるとしてダイエットに使える豆腐となっています。 木綿豆腐と違い圧搾成型していないので、水分が多くカロリー4種類の中で最も少なくなっています。 その分 栄養素としても4種の中では一番少なくなっていますが、糖質は多めなのでほのかな甘みが楽しめる豆腐となっています。 カロリーは少ないものの、豆腐の中では同じ量で最も栄養素が少ない豆腐となるので効率は悪いかもしれません。 ただ量を食べて 満腹感を得たいと言う方は、絹ごし豆腐を食べるとたくさん食べても栄養の過剰摂取ということにはならないのでいいかもしれません。 ダイエットに向いているかと言われれば難しいところですが、量を食べたい方、あるいは 他の料理も一緒に食べたい方はカロリー少なめの絹ごし豆腐をおすすめします。 圧搾していないため、 水分は木綿豆腐より多く、カロリーは少なめとなっています。 ただ炭水化物や糖質はそのまま残っており、木綿豆腐よりやや甘みを感じるのが特徴です。 ダイエットにはやや向かない印象がありますが、 木綿豆腐に次ぐタンパク質と脂質を含む豆腐になります。 木綿豆腐の濃厚な味や固い食感が苦手という方はソフト豆腐をダイエットの食事に取りいれてもいいでしょう。 その代り 食べる量が木綿豆腐より増えるので調理の仕方など工夫する必要があります。 凝固剤を入れた豆乳を枠に入れて成型せず、 保存する容器に直接充填し、密閉加熱を行うと言う特徴があります。 そのため生菌がほとんどおらず、封さえ開けなければ 10カ月はもつと言う保存に優れた豆腐になります。 カロリーなどはソフト豆腐とほとんど変わりません。 ただ水分も一緒に密閉しているので製造時に ビタミン類が流れ出ることがなく、他の豆腐より多く含んでいるのが特徴でもあります。 ビタミン類の不足は体のいたるところに不調を及ぼします。 ダイエットをする際、これを気にされる方は充填豆腐を食事に取りいれるといいかもしれません。 そこで 豆腐の取り入れ方として一般的な豆腐料理に注目してみましょう。 各料理をベースにおおよそのカロリーをご紹介して行きますので、ダイエットに取りいれるときの参考にしてみてください。 冷奴のカロリー 冷奴は豆腐をそのままいただいているので、カロリーは 使った豆腐のカロリーそのままと考えていただいてもいいです。 一般的にはほのかな甘みで味が主張しない絹ごし豆腐を使うことが多いので、調味料のカロリーを加味しても 1丁使って177kcal程度になります。 絹ごし豆腐はその味わいから冷奴に様々なアレンジが加えられるので、ある程度は飽きずに食べられます。 大豆の濃厚な味わいが好きな方は木綿豆腐で作っていただいてもいいのですが、主張が強いのでシンプルな味付けしかできないのが玉に瑕です。 想定カロリーは230kcal程度となっているので、 ややカロリーが上がるのも気になるところです。 湯豆腐のカロリー 湯豆腐は1食あたり 1人分で112kcal程度となっています。 こちらも様々な味付けでいただきやすい絹ごし豆腐を使うことが多く、湯豆腐自体は昆布などで出汁をとるためカロリーが少なめになっています。 また熱しているので型崩れすることもあまりありません。 木綿豆腐で行うこともできますが、やはり 味が濃いのとカロリーが136kcal程度と高めになってしまうので、絹ごし豆腐で作ることをおすすめします。 木綿豆腐で作ったとして カロリーは61kcalとなっています。 木綿豆腐は水分が少ないため揚げるという調理にあっており、味も染みやすいため美味しくいただけるためおすすめです。 絹ごし豆腐も水切りさえすれば多少は水分を抑えられますが、やはり木綿豆腐には敵わず、 型崩れもしやすいので注意が必要です。 焼き豆腐のカロリー 焼き豆腐もやはり固さがあり、水分が少ない木綿豆腐がおすすめです。 1丁分作ったとすれば264kcalと高めになりますが、味噌など同じ大豆製品の味付けが良く合います。 こちらも絹ごし豆腐では水分が多くやわらかいため調理に向きません。 ただ木綿豆腐でもカロリーが高めなので美味しいからと言って 食べすぎには注意が必要です。 麻婆豆腐のカロリー 豆腐が使われる中華料理の代表格とも言える麻婆豆腐ですが、やはり油を多用するだけあり、また 味付けが濃いこともあってカロリーは高めです。 絹ごし豆腐で作ったとしても373kcalとそれほど変わりません。 これは調味料やその他の食材のカロリーが高いためです。 また絹ごし豆腐だと水切りをしても水分が多いため、全体的に水っぽくなってしまうので調理の時には注意が必要です。 味が染みて美味しくいただくのであれば木綿豆腐をおすすめします。 豆腐ハンバーグのカロリー ダイエット料理としてよく名が挙がる豆腐ハンバーグですが、こちらも意外と曲者です。 ただ普通のハンバーグなら489kcalとなるため半分程度には抑えられています。 こちらも水分が多い絹ごし豆腐ではハンバーグに成型した際、あるいは焼く過程で崩れてしまう可能性があるので注意です。 しっかりとした歯ごたえを得るためにも木綿豆腐で作った方がいいでしょう。 がんもどきのカロリー 最後に豆腐から作られるがんもどきです。 これ単体でいけば 100gで228kcalとなります。 こちらも水分が少なく固めの木綿豆腐が原料として使われています。 そのためカロリーもやや高めです。 がんもどきはそのまま食べることは少なく、煮物などになることが多いと思います。 その他の材料を加えて 245g分作った場合、カロリーは284kcalになります。 多いと思われがちですが、245gも野菜などと一緒に食べられる煮物は、おかずとしては かなりのボリュームでヘルシーな料理と言えます。

次の

ダイエット向き食材?豆腐のカロリーや糖質と炭水化物

揚げ出し豆腐 カロリー

揚げ出し豆腐は使っている豆腐の種類によって若干異なる部分はありますが、1人前あたり「約250kcal」ほどと言われています。 100gあたりに換算すると「約92kcal」ほどと低カロリーと言うことができます。 揚げ出し豆腐以外の豆腐料理のカロリー 100gあたり• 厚揚げ:約150kcal• 麻婆豆腐:約133kcal• 冷奴:約59kcal このように比較してみても、揚げ出し豆腐のカロリーは低いということがわかります。 絹ごし豆腐の100gあたりのカロリーは「約57kcal」と言われており、揚げ出し豆腐は豆腐を油で揚げているため、カロリーは上がりますが、それでも十分低カロリーと言うことができます。 揚げ出し豆腐の糖質量は? 糖質に関しては豆腐の量や片栗粉の量によって調整できるようになっているものの、市販されている揚げ出し豆腐の平均的な糖質は1人前あたり「約13. 8g」とされています。 100gあたりに換算すると、「約6. 56g」と糖質はやや高いということができます。 揚げ出し豆腐以外の豆腐料理の糖質量 100gあたり• 厚揚げ:約0. 麻婆豆腐:約12g• 冷奴:約1. 7g このように比較してみても、揚げ出し豆腐の糖質量は高めということができます。 豆腐そのものの糖質量は少ないのですが、他の材料の糖質が高めになっているので注意が必要です。 揚げ出し豆腐は高糖質なので、カロリーが低いからと言って、食べ過ぎてしまうと、太る原因になるので注意するようにしましょう。 揚げ出し豆腐のダイエット効果 カルシウムが脂肪の吸収を抑えてくれる 揚げ出し豆腐には、「カルシウム」が豊富に含まれています。 カルシウムといえば、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていて、骨や歯の強化、イライラを解消してくれる効果などが真っ先に思い浮かびますが、実は揚げ出し豆腐にも豊富に含まれて入おり、高いダイエット効果を持っているのです。 カルシウムを摂取すると、食べ物のよって摂取された脂肪分が体に吸収されるのを抑えてくれ、その結果、体に体脂肪がつきにくくなり、太りにくい体を手に入れることができると言われています。 大豆たんぱく質が基礎代謝を高めてくれる 揚げ出し豆腐には、「大豆たんぱく質」というたんぱく質が豊富に含まれています。 この大豆たんぱく質には、体に筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあり、筋肉が作られることで、体の基礎代謝がアップするため、1日の消費カロリーを多くすることができ、痩せやすい体を作ることができると言われています。 大豆レシチンがコレステロール値を下げてくれる 揚げ出し豆腐には、「大豆レシチン」というせいぶんも豊富に含まれています。 この大豆レシチンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、血液中のコレステロール値が下がることで、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に効果的と言われています。 揚げ出し豆腐の注意点・デメリット 作り方によっては高カロリーになってしまう可能性がある 揚げ出し豆腐をダイエットに利用する際の注意点としては、豆腐の種類や片栗粉や油の量によってカロリーが変化するところが指摘されています。 そのため、カロリーや糖質を抑えられる反面、逆に増えてしまう可能性もあるので使う材料や分量には注意が必要です。 揚げているので脂質が高い 揚げ出し豆腐は、豆腐を揚げて作られているので、油が多く含まれています。 そのため、脂質が高くなっており、カロリー以上に体に体脂肪がつきやすくなっていると言われています。 適量の脂質ならば、腹持ちが良いなどのメリットがあるのですが、摂取し過ぎてしまうとあっという間に太る原因になるので注意するようにしましょう。 大根おろしをかけて食べる 揚げ出し豆腐に大根おろしをかけて食べるのは美味しく、定番となっていますが、大根おろしをかけて食べることには、味が美味しくなるだけでなく、実はダイエット効果が隠れていたのです。 大根おろしには、「アミラーゼ」という成分が豊富に含まれており、このアミラーゼには糖質の分解を促してくれる働きがあると言われています。 アミラーゼを摂取することで、体に脂肪として蓄積されやすい糖質を効率良く分解してくれるので、太りにくい体を作ることができると言われています。 食前に食べる 揚げ出し豆腐のダイエット効果を高める食べ方として、食前に食べる方法をおすすめします。 食前に揚げ出し豆腐を食べると良い理由は、揚げ出し豆腐は満腹感が高い食べ物なので、食前に食べることで、その後の食事の量を減らせ、1日の摂取カロリーをカットすることができるためです。 さらに、揚げ出し豆腐は腹持ちも良いので、食事の間にお腹が空き間食を食べるということも防げるようになるので、今まで摂取していた間食のカロリーも抑えることができ、ダイエットの効果的なのです。 低カロリーな揚げ出し豆腐でも食べ方次第では太るのでご注意を!.

次の

揚げ出し豆腐のカロリーや糖質が気になる!太る?痩せる?

揚げ出し豆腐 カロリー

基本的な揚げ出し豆腐の作り方 先述通り揚げ出し豆腐は高温の油を使うので、これに限らず 天ぷらなどが苦手という方もみえると思います。 それでも手順さえしっかりしていれば失敗することはありませんし、温度さえ守っていればそれほど油が跳ねることはありません。 ただ油を使う以上、水分の多い絹ごし豆腐は避けましょう。 水切りはしますが、それでも水は残って油が跳ねてしまいますし、完全に抜いてしまうと美味しさも半減します。 そうなると元から 水分も少なめで味も染みやすい木綿豆腐の方が美味しく作ることができます。 揚げ出し豆腐の材料 それでは揚げ出し豆腐の材料をご紹介していきましょう。 今回は つゆの作り方も基本としてご紹介しておきます。 揚げ出し豆腐の材料• 木綿豆腐:1丁• ししとう:1人2本ほど• 片栗粉:適量• 揚げ油:適量 つゆの材料• だし汁:200ml• 醤油:大さじ3と小さじ1 50ml• みりん:大さじ1と小さじ2 25ml• 薬味:大根おろし・おろし生姜・薬味ネギなど 揚げ出し豆腐の手順 材料を準備したところで揚げ出し豆腐の作り方に移りましょう。 以下の 5ステップで出来ます。 水気を軽く切った豆腐に片栗粉をたっぷり付け、余分な粉をはたいて落とす 刷毛があればそれで落とすといいが、なければ軽く手で叩き落す• つゆの材料であるだし汁200nlと醤油50ml、みりん20mlを鍋に合わせて温めておく• 途中一度上下を裏返し、表面がカリッとするまで揚げたら、しっかりと油を切って取り出す 手順の中にもありますが、水分が多めの材料なので 高温で揚げすぎないのが上手く揚げるコツになります。 揚げ出し豆腐のおすすめレシピ10選 さてこの揚げ出し豆腐ですが基本的な作り方だけでなく、 時短方法やフライパンを使った方法などがあります。 またつゆの代わりにあんを作ってかけるなんて言う作り方もあります。 ここからは、揚げ出し豆腐のおすすめレシピを10選ご紹介していきます。 簡単揚げ出し豆腐 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• 大根:お好み• 刻みねぎ:お好み• 麺つゆ 2倍濃縮 :120ml• 水:100ml こちらはフライパンを使って揚げ出し豆腐を作る方法です。 揚げ焼きにするので、それほどたくさんの油は必要ありません。 そのため揚げるのが苦手という人にはおすすめの方法です。 作ってみた感じ、ほんとに手軽に作れるため揚げ出し豆腐の作るのが難しいという固定観念を覆されます。 つゆは濃い目に作ってありますが、 水の量を変えてお好みの味に仕上げてもいいでしょう。 一味などを少し振りかけてもピリッとして美味しくなります。 木綿豆腐:1丁• 青ネギ:適量• 和風だし 千代の一番 :1パック• 水:300ml• 醤油:小さじ1• 片栗粉:適量• キャノーラ油:適量 レシピの方には絹ごし豆腐で作っていますが、 油の跳ねが酷かったので木綿豆腐で作り直したところ特に支障はありませんでした。 あんがすぐに出来るため非常に短い時間で美味しいあんかけ揚げ出し豆腐が作れます。 つゆでも美味しいですが、あんかけだと 油のくどさがまろやかになり、また違った味わいを得られます。 油で揚げるのが怖い方は上記の フライパンでの作成方法で揚げ焼きにしたものに、このあんをかけても美味しくいただけます。 絹ごし豆腐:1丁• 大葉:大4枚• 麺つゆ 3倍濃縮 :25ml• 水:75ml• 片栗粉:適量• ネギ:お好み• 鰹節:お好み• 大根のすりおろし:お好み こちらはフライパンで揚げ焼きにするため 絹ごし豆腐でも作ることが可能です。 また大葉で巻くため型崩れも多少はしにくくなります。 大葉を挟んでいるためいつもとは違った味わいの揚げ出し豆腐になります。 油を打ち消すようにさっぱりとした 大葉の風味が香り美味しく仕上がっています。 レシピ: たらと揚げ出し豆腐のおろしあんかけ 出典: 材料• 鱈:5切• 木綿豆腐:1丁• 片栗粉:適量• 大葉:3枚• めんつゆ:適量• 水溶き片栗粉:適量• 塩こしょう:少々 揚げ出し豆腐だけだと飽きてしまうので、 鱈も加えておろしあんかけであっさりいただいてみてはいかがでしょうか。 豆腐のタンパク質だけでなく、鱈のものもいただけるので栄養素としてもバランスがいい一品です。 どうしても味が濃くなりがちですが、このようなあっさりとした味付けにすると 他の料理とも上手くバランスがとれ、美味しくいただけます。 厚揚げ:2枚• 片栗粉:適量 米粉と同量• 米粉:適量 片栗粉と同量• 鶏がらスープの素:大さじ1• 油:適量 米粉を使ったちょっと珍しい揚げ出し豆腐です。 豆腐も厚揚げを使用しているため揚げやすくなっているのもポイントです。 揚げ出し豆腐というよりか 豆腐の唐揚げのような印象を受けました。 何も付けなくても味が付いているので美味しいですが、薄めた麺つゆでいただいても美味しいです。 レシピ: 揚げだし豆腐 出典: 材料• 絹ごし豆腐:1丁• 塩:ひとつまみ• 揚げ油:適量• ネギ:適量• 大根おろし:適量• しそ:1枚• 鰹節:1パック つゆ• 水:400ml• 砂糖:小さじ1• 酒:大さじ1• 醤油:小さじ2 こちらは片栗粉の代わりに 小麦粉を使った揚げ出し豆腐です。 絹ごし豆腐を使っていたのでそのまま作ってみましたが、やはり油の跳ね返りが酷かったです。 ただ油を少なめにして揚げ焼きにしたら緩和されると思います。 つゆを出汁から作ってあるので、 深みがありつつもあっさりとした味わいになっており、また自分の好みで調整しやすくなっています。 木綿豆腐 絹ごし豆腐でも可 :1丁• 片栗粉:適量• みりん:大さじ1• 麺つゆ:大さじ1• 砂糖:小さじ1• 油:適量 こちらもフライパンを使った揚げ焼きになります。 ただ味付けは水で薄めることなく、濃い味つけで甘さが際立つ調理になっています。 ポイントは味を染みさせるために キッチンペーパーで油をしっかり落とすことです。 そうすることで1つずつ美味しい揚げ出しならぬ「揚げ焼き豆腐」になります。 木綿豆腐:1丁• 片栗粉:300g程度• サラダ油:適量• 大根:150g• 梅干し:30g 大きめ1つ分程度 つゆ• みりん:大さじ2• 醤油:小さじ1• 片栗粉:小さじ1• 水:大さじ1• 万能ネギ:少々 こちらは 梅干しの酸味が利いたさっぱりした味わいの揚げ出し豆腐になります。 大根おろしと梅干しがよく合います。 油で揚げてあっても爽やかにいただけるので、どれだけでも食べられてしまいそうでした。 ただ油で揚げてあるのは確かなので、食べすぎると胸やけを起こしますので注意です。 レシピ: 揚げ出し豆腐の肉味噌あんかけ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• 豚挽き肉:200g• 椎茸:5個• 砂糖 ラカント :大さじ1. 味噌:大さじ1• 醤油:大さじ1• 酒:大さじ1• 生姜 みじん切り :1かけ 揚げ出し豆腐を肉味噌あんかけでいただく料理になります。 多くの場合つゆなどの液体に浸して食べることが多いですが、肉味噌という 味の濃いあんでいただくのでご飯のおかずに最適な調理となります。 糖質が抑えられており、揚げ焼きとなっているのでヘルシーで糖質制限をしている方にもおすすめです。 物足りないかなと思いましたが、ボリュームもしっかりしているので 食べ盛りの男の子が食べても満足のいくおかずになっていました。 レシピ: 簡単素材野菜炒めと揚げだし豆腐のコラボ 出典: 材料• 豚肉 薄切り :200g• 木綿豆腐1丁• もやし:1袋• ニラ:1束• ピーマン:1個• 白菜:3枚• 小麦粉:適量 水溶き片栗粉• 片栗粉:大さじ1• 水:大さじ3程度• 塩:小さじ1• 和風だし:小さじ2• 豆板醤:小さじ1• オイスターソース:小さじ1• 味の素:少々• 水:50ml 最後は 揚げ出し豆腐を入れた野菜炒めになります。 揚げ出し豆腐の衣には小麦粉を使い、あんのように絡めるソースに片栗粉を使います。 揚げ出し豆腐の油のくどさを、あんが絡んだ野菜が調和してくれるので非常に食べやすくなっています。 野菜のシャキシャキ感もアクセントとなってとても美味しい料理です。 揚げ出し豆腐の普段とは違った一面が見れて楽しい一品でもあります。 レシピ:.

次の