まだ結婚できない男 塚本高史。 阿部寛“桑野”と塚本高史“英治”の絆に感動の声…「まだ結婚できない男」第8話

【まだ結婚できない男】塚本高史 おしゃれメンズカジュアルスタイルのファッション情報【全話まとめ】

まだ結婚できない男 塚本高史

2006年7月期放送の阿部寛さん主演ドラマ『結婚できない男』(フジテレビ系)の続編『まだ結婚できない男』が、10月期に火曜21時のドラマ枠で放送されることが決定し、続編に登場する新キャストが8日に正式発表されました。 続編に登場する新キャストは、 吉田羊さん、稲森いずみさん、平祐奈さん、元乃木坂46・深川麻衣さん、他に 咲妃みゆさん、阿南敦子さん、奈緒さん、荒井敦史さん、小野寺ずるさん、美音さんの出演が発表されています。 2006年に放送された『結婚できない男』は、皮肉屋で偏屈、プライドも高くて独善的な性格をしている一方で、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介が、様々な人たちとの出会いを通じて恋愛、結婚を意識していく様子をコミカルに描いた作品で、前作ではヒロイン・早坂夏美役を夏川結衣さんが演じており、最終回では2人が交際に発展し結婚することを匂わせて終了となりました。 さらに、50歳を過ぎたことで以前にも増して偏屈な性格になっている一方、将来のことを考えて多少の不安も感じています。 そんな 桑野と出会い、振り回されぶつかり合いながらも距離を縮めていく弁護士・吉山まどか役を吉田羊さん、桑野の隣の部屋に越してくる謎の女性・戸波早紀役を深川麻衣さん、カフェの店長・岡野有希江役を稲森いずみさんが演じます。 加えて前作のキャストも登場するのですが、ヒロインを演じた夏川結衣さん等の出演が発表されておらず、これに対してネット上では、• ふざけんな夏川結衣を出せ• 夏川結衣との絡みが良かったのに• 夏川さんと高島さんとの距離感が良かったのに• 続編も、結局は夏川さんとくっつけて終わってほしいのになぁ。 容赦なく物語がリセットされててワロタ• 夏川結衣いてこその結婚できない男。 そもそも早坂先生との結婚までのストーリーではなかったの?後付感が半端ないんですけど?• 続編を作るならば出来る限り、同じキャストで制作して欲しい。 全員は無理でもせめてメインキャストは変えずに作って欲しい。 阿部寛と夏川結衣のコンビだから面白かったのに。 偏屈な結婚出来ない建築家を、さばさばとがさつな一面もあるが、厳しくも温かく時には優しさも見せて接していた女医先生は魅力的だった。 他の見た目だけの女優さんではかなわない。 ゲストで夏川結衣さん待ってます• 夏川さんとの絡みが良かったのに出演しないのは残念だけど、別パターンでの形で、面白い展開になることを期待したい。 吉田羊は、ちょっと違うかなあ。 はまってないなあ。 気が強いのはあるけど、かわいらしさに欠けるよね。 夏川さんの気が強いけどかわいらしさがあるのが絶妙なんだけどね。 吉田羊かー。 なんかなー。 期待が一気に搾んだ。 意外と始まったら、面白い事を期待します。 などと、前作視聴者等の間では続編のキャストに対する不満の声が噴出しています。 こうした視聴者等の反応を受けて『日刊ゲンダイ』も、続編のヒロイン交代には不安があるとしており、記事ではテレビ解説者の木村隆志さんが続編について、 「吉田羊さんをはじめ、3人の女優にかかるプレッシャーは計り知れないと思います。 人気作だけに前回の3人と比較されるのは仕方がありません。 役柄がうまくマッチしなかった場合はファンをガッカリさせ、視聴者離れにもつながる恐れがあります」と指摘しています。 『結婚できない男』は阿部寛さんの代表作の1つで、初回平均視聴率は20. 2%、最終回は自己最高の22. 0%を記録し、全12話の期間平均視聴率は17. 1%でした。 5%、草なぎ剛さん主演『僕と彼女と彼女の生きる道』(2004年)の20. 8%、『いいひと。 』(1997年)の20. 4%、『僕の歩く道』(2006年)の18. 3%に次いで、5位にランクインしています。 『結婚できない男』はこれまでに何度も再放送されるほど人気を得ており、阿部寛さんと夏川結衣さんのやり取り、微妙な距離感が視聴者の間で好評だっただけに、相手役の変更はかなりの賭けだと思います。

次の

まだ結婚できない男キャスト相関図!前作の出演者とヒロイン画像一覧も!

まだ結婚できない男 塚本高史

阿部寛主演、前作『結婚できない男』から13年 連続ドラマ『まだ結婚できない男』が、10月8日からカンテレ・フジテレビ系で放送される。 本作は2006年に放送されたドラマ『結婚できない男』の続編だ。 13年前の『結婚できない男』では、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない40歳の独身の建築家・桑野信介(阿部寛)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯に考えるまでの日常をユーモラスに描いた。 建築事務所で代表を務める桑野は、キッチンを中心とした住宅の設計で高い評価を得ている建築家で、ルックスも良く収入も人並み以上。 だがプライドが高く、こだわりが強いうえに、頼んでもないのにうんちくを語って相手を言い負かそうとするやっかいな性格で、「結婚なんてメリットがない」と考えている。 自宅のリビングでクラシック音楽を大音量で聴いて酔いしれ、周囲の目を気にせず「一人焼肉」で高級肉に舌鼓を打つ桑野を演じた阿部寛のコミカルな演技や、夏川結衣演じる医師・早坂夏美との軽快なやりとりも人気を博し、2006年の放送当時は高視聴率を記録した。 『結婚できない男』の13年ぶり続編、『まだ結婚できない男』ティザー映像「今日もひとり篇」「指揮篇」 早坂に愛想をつかされて破局。 偏屈さに磨きがかかる53歳の桑野 そんな人気作の続編である『まだ結婚できない男』は、前作から13年後が舞台となる。 前作で互いの気持ちを確認し合い、交際に発展したかに見えた桑野と早坂だが、その後、桑野は早坂に愛想をつかされて破局を迎えてしまい、「恋愛モード」に傾いていた桑野の気持ちは再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻りしている、という設定になっている。 偏屈さに磨きがかかる一方、この先の人生を考えると不安を感じなくもない桑野は今作では53歳。 その運命の歯車が、新たな女性たちとの出会いをきっかけに動き始める、というあらすじだ。 脚本は前作に引き続き尾崎将也が担当する。 『まだ結婚できない男』第1話予告映像 新キャストに吉田羊、深川麻衣、稲森いずみら登場。 塚本高史らお馴染みの面々も再集結 前作では早坂をはじめ、国仲涼子演じるマンションのお隣さん・田村みちる、高島礼子演じる仕事のパートナー・沢崎摩耶が桑野を取り巻く女性たちとして登場した。 続編にも新キャラクターとして3人の女性が現れる。 弁護士の吉山まどか(吉田羊)、隣人の戸波早紀(深川麻衣)、カフェ店長の岡野有希江(稲森いずみ)だ。 吉田羊が演じるまどかは、独立して事務所を経営する真面目な弁護士で、桑野に振り回されてぶつかり合いながらも関係を深めていく、という役どころ。 阿部と吉田は初共演だという。 乃木坂46の元メンバーである深川麻衣が演じる早紀は、家賃が高額な桑野のマンションの隣に引っ越してくる謎多き女性。 阿部とは21年ぶりの共演だという稲森いずみ演じる有希江は、離婚裁判を通して桑野と知り合う。 桑野と喧嘩ばかりしている大工の棟梁(不破万作)も再び登場 現実社会でも未婚率が増加。 結婚を巡る考えや状況が多様化する現代において、13年後の桑野はどう映る? 前作から経過した13年というのは短くない時間だ。 当時は登場人物のコミュニケーション手段がガラケーだったことを振り返っても、時の流れと変化の速さを感じるだろう。 実際の社会に目を向けてみると、2006年から現在までで世の中は大きく変化した。 リーマンショックや東日本大震災、戦争やテロによる世界の分断、消費税増税……世の中に蔓延する空気は13年前より明るいとは言い難い。 また社会の変化に伴って、日本人の恋愛観や結婚観も変化しているはずだ。 50歳までに一度も結婚したことのない人の割合を表す「生涯未婚率」は増加傾向にあり、によれば2000年は男性が12. 57%、女性が5. 82%だったのに対し、2015年には男性が23. 37%、女性が14. 06%まで上昇している。 前作は「未婚」に対する新たな視点として話題を集め、放送当時「40歳独身男の本音さく裂ドラマ」とも称されたそうだ。 現実の社会で未婚の人々の割合がさらに増えているという数字を単純に受け止めれば、本作はより多くの共感を集める作品になる可能性があると言えるだろう。 だが一方で、現実には桑野のように十分な収入があって、気楽なシングルライフを謳歌できる人々だけではないはず。 13年後の桑野が2019年の視聴者にどう受け止められるのかも注目したい。 『まだ結婚できない男』より 「結婚=幸せ」「独身=不幸」という単純な図式はもはや成り立たないし、またパートナーはいても結婚をしない選択をする人や、法制度によって結婚したくてもできない人もいる。 現実では結婚に対する人々の考えや状況が多様化しているいまだからこそ、かつて「結婚のデメリット」を感じていた桑野が(彼は前作のラストで「結婚も悪くない」と考え直している)「結婚」に対してどのような答えを出すのか、また彼を巡る女性たちとどのように関係を築くのか、放送が楽しみだ。 阿部寛は本作の製作決定時に「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。 世の結婚してない男性を癒すようなドラマにしたいです」というコメントを寄せていたが、どのような状況にあるにしろ、結婚へのプレッシャーを感じている人にはホッとする内容になっているのかもしれない。 ドラマ『結婚できない男』の13年ぶりの続編『まだ結婚できない男』は2019年10月期の火9ドラマとして、10月8日からカンテレ・フジテレビ系で放送される。

次の

【まだ結婚できない男】塚本高史 おしゃれメンズカジュアルスタイルのファッション情報【全話まとめ】

まだ結婚できない男 塚本高史

ケ、ケンちゃん!? 今回もパグ犬が登場する模様! 10月にスタートする、主演の人気連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ/フジテレビ系)の続編「まだ結婚できない男」(毎週火曜・午後9時~)のキャストが発表され、ら、一部前作キャストの出演が明らかになった。 前作で主人公の隣人・みちる()が飼っていた、ケンちゃんと同じ犬種であるパグも登場する。 偏屈で皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部)が、ある女性との出会いをきっかけに、恋愛や結婚を意識していくさまをコミカルに描いた「結婚できない男」。 女性たちだけでなく、個性的な登場人物たちも、桑野とのユーモアあふれるやりとりでドラマを盛り上げた。 [PR] 続編の「まだ結婚できない男」では、そんな前作メンバーが再登場。 前作で桑野のアシスタントを務めていた村上英治(塚本)は、設計事務所の共同経営者となり、成長した姿を見せる。 さらに、桑野の母・桑野育代役の、桑野の妹・中川圭子役の、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄役の、桑野といつもケンカを繰り広げる大工の棟梁役・らも出演。 13年前と変わらない、おなじみの面子が揃った。 英治は設計事務所の共同経営者に成長! また「結婚できない男」といえば、桑野と奇妙な絆で結ばれる、犬のケンちゃんも大事なメンバー。 本作でも、名前は不明だが、ケンちゃんと同じ犬種のパグも登場するとのことで、どんなキュートな姿を見せてくれるのか。 また、前作でおなじみのバーも再登場。 発表されているキャストは以上だが、こうなると「金田更新してるぞ」でおなじみの建築家・金田裕之()といった名キャラクターの再登場にも期待したくなる。 [PR] ドラマ「まだ結婚できない男」は、前作から13年後が舞台。 主人公の桑野(53)は、以前と同じマンションに暮らし、スマートスピーカーといった最新機器に囲まれ独身生活を謳歌(おうか)中。 担当医だった早坂夏美とは交際まで発展したものの破局し、再び恋愛モードから遠のいた桑野の生活が、弁護士のまどか()や、隣人の早紀()、カフェ店長の有希江()との出会いによって、再び変化していく。 (編集部・入倉功一).

次の