温室 効果 ガス。 静岡県/温室効果ガス排出削減計画書・報告書

温室効果ガス

温室 効果 ガス

地球温暖化を話し合うCOP25が開幕 地球温暖化対策を話し合う国連の会議COP25の閣僚級会合が、12月10日始まる。 石炭火力発電所の新設・増設を進める日本の姿勢に批判が強まるなか、開催国のスペインに到着した小泉進次郎環境相は丁寧な説明を行う姿勢を強調した。 小泉進次郎環境相: 厳しい批判に対しては、誠実に逃げることなく丁寧な説明をし、このCOPの場を最大限日本にとってプラスになるように活かしていきたい 閣僚級会合の2日目に予定されている小泉大臣の演説で、温暖化対策の強化にどこまで踏み込めるかが注目されている。 「ステーキ食べたい」小泉環境相発言が批判されるワケ そんな小泉大臣だが今年9月のこんな発言が海外で波紋を呼んだ… 小泉進次郎環境相: ステーキ やっぱりステーキ食べたいですね。 毎日でも食べたいね 実は美味しそうなこの牛肉をめぐっても、地球温暖化防止の観点からは環境に優しくないと批判の声がある。 そもそも家畜の飼育は温室効果ガスを増やす上、とくに 牛は、鶏や豚に比べて、排出する温室効果ガスが多く、国連食糧農業機関のデータでは6倍以上だという。 その理由は、 牛は食べたエサを胃の中の微生物の力で発酵させることで消化しやすくしていて、その際に発生する温室効果ガスの一つメタンガスを大量にゲップとして大気中に排出するからだ。 イギリスの名門大学では学食での牛肉料理提供を中止 こうしたことからイギリスの名門ケンブリッジ大学では、全ての学生食堂で3年前から牛肉と羊の肉を使った料理を提供することをやめたという。 ケンブリッジ大学・学生食堂責任者: 一番下に豚肉はあるが、冷蔵庫の中に羊肉や牛肉は一切入っていません これは温暖化の防止に貢献しようとするもので、大学によると 温室効果ガスの削減量は、1年間でおよそ500トンにのぼったという。 温室効果ガス500トンは、乗用車で地球を94周回る際の排出量に匹敵するという。 ケンブリッジ大学の環境問題担当者: ここまでの削減になるとは思っておらず、ワクワクしました 一方、こうした大学の取り組みに対し、地元の畜産業者は猛反発している。 イギリスの牧場経営者: 人々は責任転嫁先を探しているのだと思う 牧場経営者によると、この牧場では加工したエサは使わず、全て牧場で栽培した草を牛に与えていて、車を使った牛の運搬も最小限にしているので温室効果ガスの排出は少ないはずだと主張している。 牧場経営者: 車や飛行機など利用する人間こそが汚染の原因なのではないか… しかしながら学生食堂で牛肉を使ったメニューをやめる動きはイギリスのほかの大学にも広がりつつある。 牛肉と温暖化を巡る議論は今後も続きそうだ。 (Live News days 12月10日放送分より).

次の

牛のゲップに含まれる温室効果ガスは豚の6倍以上!? 牛肉と地球温暖化の微妙な関係

温室 効果 ガス

温室効果ガス排出量 日本の温室効果ガス排出量• 温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度• 平成18年4月1日に施行された温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について紹介しています。 サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量について、特にスコー プ3(Scope 3)の算定方法を中心として、国内外の動向、企業の取組事例等を掲載 しております。 世界の温室効果ガス排出量• 先進国の温室効果ガス排出量 リンク に気候変動枠組条約附属書I国(先進国)の温室効果ガス排出量データを掲載しています。 世界のエネルギー起源CO 2排出量 に世界のエネルギー起源二酸化炭素排出量のデータを掲載しています。 家庭部門の CO 2排出実態統計調査(家庭 CO 2統計)• 家庭部門の詳細な CO 2排出実態等を把握し、地球温暖化対策に関する基礎資料を得ることを目的とし、これまでの試験調査及び全国試験調査で得られた知見をもとに最終的な設計を行い一般統計調査「家庭部門の CO 2排出実態統計調査」(「家庭 CO 2統計」)を平成 29年度から実施することとなりました。 家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 試験調査• 家庭からの二酸化炭素排出量の排出実態を把握するため、新しく統計調査を創設するにあたり実施している試験調査です。 より身近に分かりやすく家庭CO2統計に触れられるコンテンツをご用意しました。

次の

温暖化の科学 Q9 水蒸気の温室効果

温室 効果 ガス

静岡県では、条例第12条及び第13条の規定に基づき、事業活動に伴い相当程度多い温室効果ガスの排出をする事業者に対して、温室効果ガスの排出抑制の目標等を定める計画書(温室効果ガス排出削減計画書。 以下「計画書」。 )及び計画書に基づく対策の実施内容を記載する報告書(温室効果ガス排出削減報告書。 以下「報告書」。 )の作成と、県への提出を義務付けています。 事業者は、自ら効果的な目標を設定し、意欲的に対策に取り組むことで省エネルギー等の温室効果ガスの排出抑制に取り組むことが期待されています。 また、県は、提出された計画書等の内容をとりまとめ、県民に分かりやすく公表することで、事業者の取組成果への県民の関心と理解を高め、事業者の自主的かつ計画的な取組を促進します。 対象者 以下に該当する特定事業者は、温室効果ガス排出削減計画書、温室効果ガス排出削減報告書を提出してください。 (旧制度から対象者に変更ありません。 ) なお、下記に該当しない事業者にあっても、自主的に計画書・報告書を提出して頂くことができます。

次の