膝 イラスト。 膝の構造・症状

【イラスト講座】脚の描き方

膝 イラスト

イラストレーションで人物を表現する際には、描き込むところや省略するところの取捨選択、デフォルメと写実のバランスを考える必要があるでしょう。 とりわけ「美少女」のイラストを制作する場合は、デフォルメの中に写実的な要素を加えて描写することで、女性らしいセクシーさを表現できます。 体の一部をあえて写実的に描写し、肉体の質感を表現するには、強調したい部位の「肌」をいかにリアルに塗り込むかがポイントです。 「」では、女性キャラクターの表現について「どこに注意したらリアルに見えるのか」を切り口とし、各パーツの描き方、そして塗り方を詳細に解説。 体の各部位が持つ特徴を示しつつ、表情やポーズの作例も複数パターン用意しています。 本記事では、「4. 下半身の塗り方」より、凹凸が出やすく形に気をつける必要のある「膝」の描き方、塗り方についての解説をご紹介します。 関節部分なので、骨や脂肪などの凹凸が出やすい箇所なのでポイントとなる所を見ていきましょう。 膝の基本を知る 塗りのポイントになる骨の形や、動きによって変化する凹凸などに注意しましょう。 角度の違いによる膝の表現 膝の皿(膝蓋骨)の部分が出っ張るので、皿の位置を意識しながら影をつけるとらしい表現になります。 側面 膝の凹凸を意識して影をつけます。 ぼこっと少し出っ張ったようなイメージ。 膝の皿部分は明るくなります。 正面 正面も考え方は同じです。 凹凸を意識して、明るい部分の影を削るイメージで描き込みます。 ワンポイント 膝を塗る際は皿の位置や膝蓋靱帯の形を簡略化して描いておくと影を入れる位置の目安になります。 膝の描き方 膝を触りながら脚を曲げ伸ばしすると、皿の位置が移動しているのがわかると思います。 膝を曲げたときに皿の凹凸を上に描き過ぎないように注意しましょう。 正座のように膝を折るポーズ 太ももは柔らかく脚を曲げることで、形が大きく変化します。 太ももの肉感をしっかり意識しながら描きましょう。 ふくらはぎと太ももで押し合うので、脂肪が出っ張ります。 肉感を表現したいときにはしっかり描き込みましょう。 関節には肉がつきにくいので、太ももに比べて細くしましょう。 背面 ふくらはぎの筋肉に沿って影を入れます。 膝の裏にはくぼみができます。 斜め 膝を曲げると膝裏のくぼみが濃くなります。 膝の塗り方 STEP1 ベースの色を塗ります。 膝のふくらみは塗りで表現するので、線画では膝のふくらみは描き込んでいません。 STEP2 アウトラインを取るようなイメージで1影を入れます。 STEP3 膝の部分を1影と同じ色で塗ります。 このとき皿や膝蓋靱帯の形のシルエットをイメージするとよいでしょう。 STEP4 一つ前の手順で入れた膝のシルエットの光源方向を消しゴムやブラシでざっくりと削ります。 STEP5 ぼかしブラシなどでベースの色となじませ、形を整えます。 STEP6 ハイライトを入れて完成です。 つややかな膝にしたいときは膝にハイライトを入れてもよいでしょう。

次の

膝の痛みは、膝痛体操で治す【はつらつライフ】

膝 イラスト

スポンサーリンク 内反膝 (O脚) と外反膝( X脚)の計測方法 ザックリと内反膝(O脚)と外膝(X脚)を把握する方法ではなく、両膝関節や両足関節(内果)の距離を指幅(例:2横指・握りこぶし3つ分など)あるいはcmで計測するという方法もあり、具体的には以下の通り。 内反膝(O脚): 大腿骨内側顆の顆間距離を計測 姿勢:立位 肢位:膝蓋骨を前面に向けて足部内側をつけて揃える 両膝(大腿内側顆)間の距離が2横指以上離れている場合に内反膝(O脚)と判断。 外反膝(X脚): 脛骨内果の果間距離を計測 姿勢:立位 肢位:両膝をつけた状態 両内くるぶし(両内果)間の距離が2横指以上離れている場合外反膝(X脚)と判断。 以下はO脚(左イラスト)とX脚(右イラスト)を大げさに分かり易く表現している。 内反膝(O脚)のX線所見の一例 内反膝・外反膝のX線所見はどうなっているのだろうか? 例えば内反膝(O脚)では以下の様なX線所見が認められる。 股関節内転筋群の筋力による下肢アライメントの影響• Q角と性差• 大腿骨脛体角 FTA による膝関節の影響 Mikulicz線の変位• 脊柱・骨盤と膝関節の運動連鎖 股関節内転筋力群の筋力による下肢アライメントへの影響 股関節内転筋力と下肢アライメントの因果関係については以下などと言われている。 膝関節がO脚傾向な時、体重が膝内側に多くかかるため、次第に変形性膝関節症を引き起こしやすい• 下肢アライメントは正常であっても、 股関節内転筋群の緊張が強いと、膝外側部により強い荷重がかかることになる。 なので、(内反膝)O脚に対するリハビリ(理学療法)として『膝内側部への負荷を軽減する目的』で股関節内転筋群の強化が推奨される場合がある。 股関節内転勤の筋力増強として簡単に出来る方法としてはゴムボールを使用した方法が紹介されることが多く、具体的には以下の通り。 療法士は健側下肢(右下肢)を外転位に保持する。 患側下肢を(股関節内外旋中間位にしたまま)、健側下肢に近づけるよう股関節内転・伸展してもらう。 ・立位荷重線 Mikulicz線 ・大腿脛骨角 FTA• 立位荷重線 Mikulicz線 : 大腿骨頭中心と足関節中心 距骨中心)を結んだ線Mikulicz線は『下肢機能軸』と呼ばれることもあり、荷重線が膝関節を通過することを表すことが出来る(この点に関しては記事の冒頭でも示した通り)。 変形性膝関節症では、荷重線は、膝関節内側を通過することが多い(いわゆるO脚)。 大腿脛骨角 FTA : FTAは大腿骨と脛骨骨幹部の長軸のなす膝外側角である。 正常成人のFTAの正常値は男子で175~178、女子で172~176の範囲だと言われており、変形性膝関節症では大腿脛骨角は大きくなる(いわゆるO脚) FTAは左イラストの様に膝X線写真正面像における「大腿骨長軸と脛骨骨長軸の交点の外側の角」をいう。 通常X線写真は下肢全長片脚起立で撮影したものを用いる。 イラストは以下を示している。 イラスト左は骨盤前傾(膝関節には内側方向への力が加わり易い:X脚) イラスト右は骨盤後傾(膝関節には外側方向への力が加わり易い:O脚)• 骨盤後傾の運動連鎖(X脚になりやすい) 股関節:屈曲・内旋 膝関節:伸展・外反・外旋 この時、膝関節には内側方向への力が加わる。 骨盤後傾の運動連鎖(O脚になりやすい) 股関節:伸展・外旋 膝関節:屈曲・内反・内旋 この時、膝関節には外側方向への力が加わる。 これらは、骨盤帯から膝関節への『下降性運動連鎖』を表現しているが、当然ながら足部から膝関節への『上行性運動連鎖』も存在する。 また、膝関節の変形が重度であったり、他部位の機能障害の存在・程度によって異なった運動連鎖が起こる可能性も十分にある点は補足しておく。 これら運動連鎖の総論的内容としては以下も参照してみてほしい。 以下は、 O脚(内反膝)に起こり易い『 ラテラルスラスト( lateral thrust)』 と X脚(外反膝)に起こり易い『 メディアルスラスト( medial thrust)』 を示している。 変形性膝関節症はO脚(内反膝)が多いので、臨床においてもラテラルスラスト(lateral thrust)が観察される機会の方が多い(特に立脚初期~中期にかけて)。 でもって、ラテラルスラストによりイラストの様に「膝関節内側の圧迫が強くなる」や「膝関節外側の軟部組織(靭帯・筋腱)」に伸張ストレスが加わり易くなり、それが痛みに繋がることも考えられる。 楔状足底板の効果 変形性膝関節症に対する楔状足底板の効果としては、ここまで述べてきたO脚(内反膝)やX脚(外反膝)によって一部に加わり続けているメカニカルストレスを他にも分散させる形で逃がしてあげる効果があると言われている。 (初期の)変形性膝関節症に対するセルフエクササイズの一例 初期の変形性膝関節症に対してセルフエクササイズ(自身で可能なリハビリ)の一例としては、ここまで記載した内反ストレスあるいは外反ストレスを矯正させるような刺激を加えてあげる手法が有効なケースがある。 具体的には以下の肢位にてセルフエクササイズを行う。 参考文献 この記事の主な参考文献は以下の通り。 ・オーチスのキネシオロジー ・運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹(第1版) ・姿勢の教科書 ・理学療法評価学.

次の

How to Draw Legs

膝 イラスト

膝関節の構造 膝関節の前面(左足) 主な機能(カーソルをあてると 説明文が出ます) 膝関節の後面(左足) 膝関節の断面(左足脛骨) 膝関節に関係する筋肉 図A:膝関節の伸展(伸ばす)に使う主な筋肉 大腿四頭筋(だいたいしとうきん):太ももの前側の筋肉 外側広筋・大腿直筋・中間広筋・内側広筋で構成され、すべて大腿四頭筋腱で膝蓋骨(おさら)の上側に付着 し、膝蓋靱帯(しつがいじんたい)で脛骨(けいこつ)に付着しています。 膝関節を伸ばす時に、脛骨を引っ張り上げるよう収縮し、曲げる時に伸びます(図B参照)。 図B 図C:膝関節の屈曲(曲げる)に使う主な筋肉 太ももの後側の筋肉 大腿四頭筋とは逆に、膝関節を伸ばす時に伸び、曲げる時に収縮します。 上記(図A参照)で示した様に、大腿四頭筋の四つの筋肉はすべて大腿四頭筋腱で膝蓋骨に付着しています(下図E参照)。 大腿四頭筋腱と膝蓋靱帯の柔軟性がなくなると、膝蓋骨の動きが悪くなり膝が上手に使えなくなります。 特に大腿四頭筋の柔軟性が悪くなると、大腿四頭筋腱や膝蓋靱帯に負担がかかり、膝関節を曲げる時に痛みが出たりします。 膝関節が上手に使えなくなると、連動する足首や股関節の動きにも影響して、痛みが出ることがあります。 また逆に、股関節、足首が使えてないと膝関節に痛みが出ます。 膝関節の病気・けが 変形性膝関節症 女性が男性に比べて約2倍、高齢になると約4倍発症しやすい。 肥満、O脚やX脚の人に多く、大腿骨と脛骨の膝関節部の内側、外側のどちらか片側に負担がかかり、関節軟骨が過度に摩耗することにより炎症をおこし、やがて骨同士が当たり始めると激痛を生じます。 関節軟骨には血管や神経が無いので、痛みが出た時には変形性膝関節症と診断される事が多い。 O脚・X脚は、骨盤x大腿骨、脛骨x足部の角度も正常時に比べ変化するので、股関節や足首に故障が出やすくなる。 O脚 正常 X脚 関節部の拡大(分かりやすくするために極端な図になっています) ジャンパー膝:膝蓋靱帯炎・大腿四頭筋炎の総称 中学生〜20歳位までの男性に多く、ジャンプ等、膝関節の曲げ伸ばしの多いスポーツ(バレーボール、バスケットボール、サッカー等)を過度にしていると、膝蓋靱帯や大腿四頭筋腱に炎症をおこし、痛みが出る。 下図のように大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は大腿四頭筋腱(だいたいしとうきんけん)で膝蓋骨(しつがいこつ)上部につながり膝蓋骨下部から膝蓋靱帯(しつがいじんたい)で脛骨(けいこつ)につながっています。 着地の時も膝関節が曲がるのを抑えるために張力がかかります。 このため、過度のジャンプ、着地の動作を繰り返し使いすぎると、膝蓋靱帯や大腿四頭筋腱が過剰な張力によって炎症をおこします。 膝蓋骨の下側に痛みが出るのが膝蓋靱帯炎で、膝蓋骨の上側に痛みが出るのを大腿四頭筋炎と言います。

次の