ホンダ リコール nbox。 ホンダのNBOXはリコール後に同じ内容のリコールを再度していた!|

「N

ホンダ リコール nbox

電動パーキングブレーキアクチュエータについては、モータ配線接続部の圧着端子の加締めが不十分、またはモータのコンミテータおよびブラシの製造が不適切なため、走行振動でモータ内の接触抵抗が一時的に増加するとモータ回路断線検知信号が乱れてVSA(車両挙動安定化制御システム)が異常を検知し、故障と判定することがある。 そのため、警告灯、警告表示が点灯して、駐車ブレーキが作動・解除できなくなるおそれがある。 ドラムブレーキシューの拡張、収縮を行うためのスプリングパッケージについては、作動ストローク設定が不適切なため、パーキングブレーキ解除時にスプリングパッケージがシュースプレッダボディに干渉し、モータ負荷が高くなることがある。 そのため、モータの電流値が閾値を超えてVSAが異常を検知し、警告灯、警告表示が点灯して駐車ブレーキが作動しなくなるおそれがある。 改善措置として、全車両、左右電動パーキングブレーキアッセンブリを対策品と交換する。 さらにVSAについては、モータ回路断線検知プログラムを書き換える。 不具合は322件発生、事故は起きていない。 社内からの情報によりリコールを届け出た。 新型のN-WGNは、当初7月19日の発売を計画していたが、電動パーキングブレーキの不具合が判明。 部品供給の遅れなどにより、発売を8月9日に延期。 ホンダはこれまでN-WGNのリコールを予定していないと説明していたが、今回リコールを届け出た。 この電動パーキングブレーキは、新型『フィット』にも搭載されているため、年内発売の予定が2020年2月頃に延期となるなどの影響が出ている。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

ホンダ、「N

ホンダ リコール nbox

型式 DBA-JF1 その中でも初期型に当たる 平成23年(2011年) 12月~平成24年(2012年) 6月までに 製造された 車両について雨漏りによる 不具合の 報告が 集中しており、この期間の前後に製造された車両に関しても複数の雨漏りによる不具合が確認されています。 しかし、 それ以降に製造された車両や2017年にフルモデルチェンジを行った2代目新型NBOXについては設計変更などが行われたため、雨漏りに対しての不具合は発生しておらず初代NBOX初期型に於ける固有の初期不良であると言えます。 NBOXで雨漏りでのリコール 雨漏りの場所は? 初代NBOXの初期型で発生する雨漏りの不具合ですが、具体的には どの場所でどの様な雨漏りが 発生するのでしょうか。 実際の事例として最も多い場所は 両側の スライドドア周辺から雨漏りが発生する事が多く、同様に 両側フロントドアからの雨漏りも 多く発生しています。 また、 リヤゲート付近からの雨漏りも 複数報告されているため、全ての ドア周辺から雨漏りが 発生する 可能性があります。 症状としては、車内に水がジャバジャバと浸入していくような漏れ方ではなく、 コーヒーをドリップしている様なポタポタと垂れる様な漏れ方となっており、ドア付近からの場合にはドアトリム(内張り)が濡れスイッチ類が損傷する場合やドアポケット内に水が溜まってしまうなどの症状が発生し、酷い場合にはフロアマットなどにも影響が出てしまいます。 また、リヤゲート付近からの場合には、車体のフレームを隠すプラスチック製のカバー部分やトランクボードが濡れてしまうなどの症状が発生します。 フロントドア・ウェザストリップ NBOXの場合には、このウェザーストリップと呼ばれるゴム製の軟らかいチューブの形状が適切では無く、密着した部分が不適切に変形し隙間ができてしまうため雨漏りが発生するのです。 問題が明るみに出た際には、何度ウェザーストリップを交換しても雨漏りの症状が改善されなかったため、車体の組み込みや車体の構造自体に問題が発生しているのではないかと購入者から指摘をされましたが、ウェザーストリップ自体に問題があることをメーカーが把握できていなかったことが原因だった様です。 NBOXで雨漏りでのリコール サービスキャンペーン・リコールが行われた車両の見分け方 初代NBOXの初期型はウェザーストリップの形状が原因となり雨漏りを起こしますが、この問題は販売開始から間もなくして 多数の クレームが挙がり、その後 メーカーが 不具合を 認めたため2012年8月31日から 無償で 対策部品へ 交換を行う 処置がとられています。 実質的には走らない・止まらない・曲がらないと言った事故に直接つながる可能性や命に危険が及ぶ不具合では無いため、メーカーが 自主的に不具合を 改善する「 サービスキャンペーン」という形で 部品交換が行われます。 対策品は雨漏りが発生する物と比べて、形状が特殊なレの字状の構造になっており標準的なウェザーストリップのようなチューブ型にはなっていないため、部品を確認する事で見分けることが可能な他、 このサービスキャンペーン・リコールは雨漏りの他に車両挙動安定化制御システムの書き換えやフロントバルクヘッドと呼ばれる部品の交換も同時に行われ、対策を行った識別として黄色のマーキングが対策箇所のボルトへ塗布されますので、これらを確認する事でも判別することが可能です。 2代目NBOX また、2017年にフルモデルチェンジを行った 2代目新型NBOXに関しても、部品の設計や形状が新しくなっているウェザーストリップを使用しているため雨漏りの不具合が発生する 心配は ありません。 しかし、 新古車や 中古車などで初代NBOXの初期型を 購入した場合には、 対策部品に 交換されているか 不明な場合もあるため、ウェザーストリップの形状やボルトへのマーキングを 確認する 必要があります。 もしも確認が行えない場合には、最寄りのディーラーで相談を行い対策部品への交換を行うと良いでしょう。 また、サービスキャンペーン・リコールの発表前に暫定対策部品としてウェザーストリップを交換している場合には、正式な対策品では無い場合もありますのでこちらもディーラーで確認する事をおすすめします。 NBOXで雨漏りでのリコール まとめ 今回は、NBOX雨漏りについてその原因や対象となる車両、現在の改善状況などを中心にNBOXに於ける雨漏りとサービスキャンペーン・リコールについて解説してきましたが、原因はウェザーストリップと呼ばれる防水の役割を担う部品の形状が不適切で密封性を保てないことが、雨漏りを引き起こす要因となっています。 これは、 初代NBOXの 初期型に 多く発生する不具合で、その後正式に改良された対策品へ交換することで不具合を改善することができ、 マイナーチェンジ以降のモデルやフルモデルチェンジを行った 2代目新型NBOXでは不具合が 解消されています。 しかし、 中古車などでNBOXを購入する場合には対策が行われていない車両もあるため、ウェザーストリップの形状やボルトに塗布されたマーキングなどを参考にして必要な場合にはディーラーへ対策を要求すると良いでしょう。 愛車を 一番高く売るにはどうしたらいいの?? あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。 でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?• 適正価格が分からない• ディーラーの言葉を信用していいのだろうか• きちんと査定してくれているのか心配• 交渉するのが苦手• 言われるままの値段で売ってしまいそう• 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい 普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。 でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです! それが…… 一括査定! ディーラーだと30万円の買取が 一括査定すると80万円になることも! なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が 最大10社同時査定してくれるから。 あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです! 無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

次の

Honda4輪 リコール・改善対策・サービスキャンペーン検索

ホンダ リコール nbox

ホンダが、軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」のマイナーチェンジを予定しています。 改良により魅力をアップする新型ホンダN-BOXのスペックや価格などを、最新情報からご紹介します。 【最新情報】アップデート!ホンダ「新型N-BOX」マイナーチェンジ! ホンダが、「N-BOX」のマイナーチェンジを予定しています。 ホンダN-BOXは2017年9月にフルモデルチェンジし現行モデルとなり、販売台数では軽自動車、普通車含め1位を連続獲得する人気車になっています。 マイナーチェンジする新型N-BOXは、ライバルであるダイハツ・タントが2019年7月にフルモデルチェンジしたことに対抗し、新しい装備やシステムを採用することで魅力をアップ。 発売日は当初2020年10月が予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響から延期され、2020年12月が予定されています。 CVTに、ブレーキペダルを踏むだけでエンジンブレーキを活用してスムーズに減速できる「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を導入• 停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保ち、アクセルを踏むと自動解除で再発進できる「オートブレーキホールド機能」を採用• テレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備• 安全システム「ホンダセンシング」に、渋滞追従機能付ACC、パーキングセンサーシステムを採用• パワーステアリングに「EPS新制御ロジック」を導入。 ステアリング操作に対して遅れの少ないアシストを可能とし、より自然で安心感のある操舵フィーリングを実現• 先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の性能を向上。 衝突軽減ブレーキが横断自転車に対応。 また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、事故回避を支援• リアワイドカメラの映像を30万画素から100万画素まで鮮明化• 4WD車のみに設定していた運転席、助手席シートヒーターをFF車のGLグレード以上に標準装備• ターボ車のみに設定していた左右独立式リアセンターアームレストをGLグレード以上に標準装備• 本革巻きセレクトノブをカスタムターボに追加 洗練!ホンダ新型N-BOXの外装(エクステリア)デザイン ホンダ新型N-BOXの外装デザインは、人気の要素を維持しながら質感を高めたデザインが採用されています。 ベースとなるN-BOXのフロントデザインは、丸形のライトに新しいグリルやバンパーを採用。 ヘッドライトは、フルLEDが採用され明るく見やすくなっています。 新型N-BOXカスタムの外装デザインは、よりクールな印象を伸ばし先鋭的に変化。 バンパーのスタイルもよりワイドな仕上げとすることで、存在感をアップ。 ボディカラーには新色を設定することで、よりデザインを楽しむことができるようになります。 質感UP!ホンダ新型N-BOXの内装(インテリア)デザイン ホンダ新型N-BOXの内装は、通常のN-BOXに柔らかいイメージのデザイン、N-BOX Customにはスポーティなブラックが採用されます。 改良では、フルモデルチェンジした「N-WGN」でホンダ軽自動車初採用されていたステアリングを上下と前後に調整できる「テレスコピック&チルトステアリング機構」が標準装備され、運転席のハイトアジャスターも調整幅を大きくとることで、さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるようになります。 N-BOXシリーズが販売を伸ばした人気ポイントの車内スペースの広さでは、フロントシート下側に燃料タンクを配置するセンタータンクレイアウトを採用することで、後部座席や荷室の上下方向を広く。 シートレイアウトには「ベンチシート仕様」のほか、グレード名に「EX」が入るモデルでセパレートシートを備え、助手席が前後に570mmロングスライドする「スーパースライドシート仕様」を設定。 大きくスライドするシートにより使い勝手が広がり、室内での前後席の移動やシートアレンジも幅広くなっています。 その他にも収納スペースの充実が図られ、助手席側パネルには大きなトレイ型のスペースを確保。 フロントシート上側には、高い天井を活用した大きなルーフコンソールもセットされていることで、よく使う荷物であれば助手席側に手を伸ばすことなく取り出すことができるようになります。 シートが後ろ側に大きく移動することで、後席に子供が乗っている場合にもコミュニケーションが取りやすくなるほか、雨の日などに車外へ出ることなく前後席の移動もできるようになっています。 ヘッドレストを下げ、後席を前に倒す• クリップを手で回し、フロアのパーテーションボードを取り外す(前席背面のポケットへ収納)• スロープを引き出し、手すりを回転• 電動ウインチを使って車いすを乗り入れ また、スロープの軽量化を徹底し、スロープ単体で約2. 5kg、ロック機構などを含め、約4. 5kgの軽量化が実現されます。 収納したスロープはフラットな荷室の床としても使えるようになっていることで、大きな荷物も安定した状態で積むことができるようになります。 車いす専用装備となる電動ウインチも進化しており、モーターを高出力化することにより、ベルトのたるみやウインチへの噛み込みを防止。 さらに、車いす固定推奨位置付近で減速させる高度な制御を導入することで、安心感を向上。 リモコンは車いすを押しながら操作ができるよう、押し手へのセットが可能になります。 駆動方式:FF or 4WD 新型N-BOXには、新世代の660ccエンジンが搭載されます。 自然吸気(ターボ非装着)エンジンには、可変バルブタイミング・リフト機構「VTEC」を採用。 VTECは、1989年「インテグラ」に初採用されたホンダが開発した技術で、エンジンに取り込まれる空気の量の制御幅を広げることで、街中での発進加速から、坂道や高速道路でのパワーが必要な場面まで力強く、気持ちのいい走りが可能になっています。 過給圧を正確にコントロールすることで、アクセルを踏み込んだときのレスポンスをあげ、より軽快な走りと低燃費が実現されています。 改良ではCVTに、ブレーキペダルを踏むだけでエンジンブレーキを活用してスムーズに減速できる「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を導入。 下り坂でブレーキを踏んだ時には自動的にダウンシフト制御を行ない、コーナーリングではエンジン回転数をキープして安定感を保つほか、立ち上がりの再加速で力強いレスポンスを獲得。 また、シフトポジションで強くエンジンブレーキが発生する「L」レンジにかえ、穏やかにエンジンブレーキが働く「S」レンジが新設定されます。 加えて、パワーステアリングも新世代になった「N-WGN」でホンダ軽自動車初採用されていた「EPS新制御ロジック」を導入し、従来のモーター負荷をもとにする転舵速度の予測から、舵角センサーによる実測値に変更することで、より自然で安心感のある操舵フィーリングが実現されます。 ホンダNボックスを試乗動画でチェック! ホンダN-BOXは注目度の高さから、多くの試乗動画が公開されています。 新装備の助手席スーパースライドシートとスライドドアの組み合わせ、センタータンクレイアウトによる低いラゲッジスペース入り口などが高い評価を受けています。 自然吸気エンジン:27. ターボエンジン:25. 前型との比較では、自然吸気エンジンが前型の25. 最新システム!ホンダ新型N-BOXの安全装備は? ホンダ新型N-BOXとN-BOXカスタムには、最新の安全技術「ホンダセンシング」が全車標準装備されます。 加えて、「電子制御パーキングブレーキ」を標準装備して停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保ち、アクセルを踏むと自動解除で再発進できるオートブレーキホールド機能を採用。 足の疲れが軽減され、快適な運転がサポートされます。 145万円~215万円 ホンダ新型N-BOXの価格は、安全装備がアップデートされますが、大幅な変更はないとみられています。 現行モデルでは「EX」がつくグレードにスーパースライドシートが装備され、スロープ仕様はベースモデルから約30万円ほどの価格アップになりますが、N-BOXとN-BOXカスタムの両モデルから選択でき、車椅子専用装備付きは非課税となります。 G FF:141万1300円、4WD:154万4440円• GL FF:154万3300円、4WD:167万6400円• G EX FF:164万2300円、4WD:177万6400円• GLターボ FF:173万8000円、4WD:187万1100円• GL FF:174万6800円、4WD:187万9900円• G EX FF:180万1800円、4WD:193万4900円• GLターボ FF:194万1500円、4WD:207万4600円• N-BOX G・スロープ Honda SENSING FF:1,575,640円、4WD:1,696,640円• N-BOX G・スロープL Honda SENSING FF:1,699,040円、4WD:1,820,040円• N-BOX G・スロープLターボHonda SENSING FF:1,895,600円、4WD:2,016,600円• G・Lホンダセンシングは、自然吸気エンジンを搭載し、装備と価格のバランスをとった量販グレードになっています。 いつ?ホンダ新型N-BOXの発売日は? マイナーチェンジするホンダ新型N-BOXの発売日は当初2020年10月が予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大などの影響から延期され、2020年12月が予定されています。 ホンダはライバルとなるダイハツ・タントがフルモデルチェンジしたことを受け、N-BOXをマイナーチェンジし魅力をアップすることで国内トップの人気を維持していきたい考えです。 ホイールベース:2520mm• 車重:890kg• シャシーには新世代プラットフォームが採用され、剛性を保ちながらも軽量化することで前モデルからシャシーを約150kg軽量化し、約70kgの新装備を追加しても車体は約80kgも軽く、走り出しや燃費の向上に活かされています。 現行モデルへの改良で初めてフルモデルチェンジされたことで2代目となりました。 車体は、コンパクトカーの「フィット」に採用されていた助手席下に燃料タンクを配置し室内空間効率をあげる「センタータンクレイアウト」を採用することにより、後部座席やラゲッジスペースを拡大したことで人気モデルになっています。 自動車販売台数ではトップを長期間維持し、派生モデルとしてルーフの高さを抑えてスタイリッシュに仕上げた「N-BOX SLASH(エヌボックススラッシュ)」もラインナップしています。 新型ホンダN-BOXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の