キム秘書 13話。 【『キム秘書はいったいなぜ』各話のあらすじ】全32話の一覧

韓国ドラマ|キム秘書はいったいなぜ?第4話詳しいあらすじと感想

キム秘書 13話

整った顔に、完璧なスタイル、賢い頭、卓越した経営能力まで!生まれてこのかた、常に全ての分野において、ずば抜けて1位だった。 自分が大好きすぎて一度も恋愛をしたことがなく、自分が完璧すぎて周囲の人たちの欠点を我慢できない。 そんな彼が唯一自分の横に置く人物とは…長年連れ添った夫婦のように息ピッタリの秘書、キム・ミソ。 しかし… そんなキム秘書が、ある日突然辞職を宣言する。 「一体なぜ?俺に仕えるという、この上ない名誉を捨てて出ていくだと...? 」超プレミアムな条件を提示してみたり、冷静なふりをしてみたり、呪いをかけてみたりしてみても…全く揺るがないキム秘書!俺という男が、これまでの人生で解決できない問題なんて、何一つなかったのに…この問題は到底解決できそうにない! 一体... キム秘書に何があったのか? イ・ヨンジュン副会長のもとで働き始めて9年目になる個人秘書。 誰にもマネできない仕事ぶりで、いつも笑顔を絶やさないことから、「秘書界の名匠」の異名をもつ。 ヨンジュンの全面的な信頼を受け、最高の年収と恩恵を享受しているが、仕事のハードさも業界トップレベル... 早朝から晩まで自分の時間なんて一つもなく、みんなみたいに恋愛する暇もないほど必死に働いて来た。 そんなミソの原動力となっているのが家族。 正確に言えば、家族の借金だ。 母親は幼い頃に他界し、 詐欺にあった父親の尻拭いと医大生の姉二人の授業料のために大学進学もあきらめ、必死に稼いできた。 30歳を目前に控えたある日、副会長に家族…もう誰かのためではなく、自分のための人生を歩もうと決心!辞表を出す。 しかし...!! ポーカーフェイスだと思っていた副会長が、あの手この手でミソを引きとめようとしてくる。 しかも、だんだん本心で接してくるように見えるこの男… 一体... 副会長に何があったのか? 有名グループの長男であり、ヨンジュンの兄。 韓国はもちろん、アメリカでもベストセラーになり、有名税と印税を独り占めしている。 優しい話し方に輝く笑顔、女性より繊細な感性.. 本当の兄とは思えないほどヨンジュンと正反対の魅力の持ち主。 しかし、そんな優しさも弟・ヨンジュンの前では消えてしまう。 幼い頃から、優秀な弟と比べられ、劣等感に苦しめられてきた。 しかも、ヨンジュンはソンヨンにコンプレックスだけでなく、癒えない傷まで負わせた過去がある。 そんなヨンジュンの横で…9年間も共にしてきたキム・ミソという女がいる。 どういうわけか、自分とミソが親しくなるのを極度に嫌がっているように見えるヨンジュン。 好奇心がくすぐられる。 今までヨンジュンに奪われてばかりの人生だったけど、ミソだけは奪ってみたい。 それに、俺に負わせた傷を考えれば、ヨンジュン、ミソくらい自分に譲るべきだろう?.

次の

キム秘書はいったい、なぜ? 第13話視聴感想(あらすじ含む) パク・ソジュン、パク・ミニョン主演韓国ドラマ

キム秘書 13話

韓国ドラマ『キム秘書がなぜそうか?』4話のあらすじ・ネタバレや感想を含め、動画を日本語字幕フルを無料視聴する方法をご紹介していきます! 主人公のナルシスト副会長イ・ヨンジュンを演じるのはパク・ソジュンで、本作では女心を揺さぶるイケメンスーツ姿や鍛え上げられた筋肉を披露しています。 ラブコメをブルドーザーのように導くパク・ソジュンの演技が女心を鷲掴みにすること間違いなしです。 そして、パク・ソジュンとパク・ミニョンは原作小説の主人公と完璧なシンクロ率を披露しています。 3話 遊園地や花火の後の帰り道💭 ヨンジュンが用意してたものはまだあって…🤭💓牛人形(笑)(笑)でも可愛い(笑). 突然、暗い遊園地に灯りが付き、ヨンジュンが颯爽と現れます。 ヨンジュンは、閉園後の遊園地を貸し切り、ミソのアンケート通りに遊園地デートを叶えます。 ミソは絶叫系が苦手なのですが、それを知らないヨンジュンはジェットコースターに乗せたりします。 それがわかり、ミソはメリーゴーランドに何度も乗って喜びます。 その姿を見てヨンジュンは満足します。 ヨンジュンはミソとレストランに行き、ミソのステーキを切ってあげます。 ミソはヨンジュンが遊園地を貸し切りしたと分かり驚きます。 ヨンジュンから「退職のプレゼントだ」と言われ喜びます。 この遊園地があった場所は、以前ミソたちが住んでいた家があった場所で、再開発が行われ、遊園地に変わってしまった事をミソは思い出します。 ヨンジュンは、兄と仲が悪かった話をミソにします。 船の上から花火を見たり、寒いと言うミソにジャケットまで脱いでかけてあげたりします。 ミソを家まで車で送り、大きなぬいぐるみのプレゼントまでしてミソの憧れのデートをすべて実現させます。 それを叶えようと思ったヨンジュンにミソは慌ててもらった牛のぬいぐるみを突きつけます。 アンケートに「ネックレスが欲しい」と記入していなかったミソは、出勤してヨンジュンにそのプレゼントは自分宛なのか確認します。 「俺は予想以上の事をする人間だ」と言い、ミソが嬉しそうにネックレスとつけている姿に満足します。 ミソはヨンジュンのネクタイを直してあげます。 ミソは、友人の紹介で、社会部の記者の男性と会うことになります。 トイレでミソと友人との電話内容を聞き、ミソが男性と会うことを知るジアとセラ。 ミソは二人に口止めします。 しかし、セラがうっかりヨンジュンにそのことを言ってしまい、ヨンジュンはショックを受けます。 ヨンジュンはパク社長の所へ行き、「俺はキム秘書に遊園地、レストラン、クルーズを丸ごと借りたブロックバスター級のデートを見せてあげた。 だからもう普通の男に会うことはできないだろう」と自信満々に言います。 パク社長は「いや、会うためにブラインドデートに行ったんだろう?俺は低予算のB級映画も好きだけど」と言い、ヨンジュンは期限が悪くなります。 ミソは社会部記者の男性とデートしますが、デート中にヨンジュンのことが突然頭に浮かんで当惑します。 社会部記者は、ミソの耳についていたごみを取ってあげます。 そこへソル秘書が偶然通りかかり、その瞬間を写真に撮り同僚に送ったつもりがパク社長に贈ってしまいます。 ヨンジュンはパク社長からその写真を見せられ、余裕がなくなります。 ヨンジュンは機嫌が悪くなり、パク社長に「ユーモアが上手になったな。 職を変えるのはどうだ?芸人に。 いつでも退職届をいつでも歓迎する」と言います。 そして、ついでに気になっていた事件についても聞きます。 「1994年の誘拐事件なんですけど、当時の情報が見つけられなかったんです。 今、ユミョンランドになっている場所で、再開発がされている地域でした」とミソ。 「ミソさんの頼みだから、ずいぶん前の事件ですが調べます」と社会部記者。 ミソが気に入った社会部記者は、また会いたいと言います。 別れ際に社会部記者のネクタイが曲がっていたため、ミソは条件反射で直してしまいます。 「すみません。 仕事柄つい…」とミソ。 その時「キム秘書!!」と叫ぶヨンジュンの姿がありました。 ミソは突然現れたヨンジュンに驚き、社会部記者のネクタイを強く締めてしまいます。 ミソが男性と会っていることが気に食わないとは言えないヨンジュン。 ミソは、翌日に社内体育大会が控えているのに、個人的な用事をしているのが気に食わないんだと思います。 その夜、ミソはミソ姉にヨンジュンの事を愚痴ります。 精神科医のミソ姉はミソが付けていたネックレスを見て「それは犬の首輪よ」などと言い出し、ミソは気分が悪くなります。 ヨンジュンの兄であるソンヨンが帰国 NEW PHOTO 18. モルペウスの大ファンのジアは、イギリスの友人に送ってもらったと話します。 ジアはファンクラブの会員で、顔も見たことがあると言います。 そしてモルペウスは30代だということだけわかっていて、正体不明だと話し、モルペウスの写真を見せるジア。 その写真のモルペウスの顔ははっきりと見えませんでした。 写真と同じ格好の男性が飛行機へ搭乗しました。 その男性はヨンジュンの兄ソンヨンで、作家のモルペウスでした。 ヨンジュン母は、ソンヨンから帰国の連絡を受け喜びます。 済州島にヨンジュン父のゴルフのために言っているため、すぐにソンヨンの顔が見たいけど見れないと悔しがるヨンジュン母。 ソンヨンがヨンジュンの最近の様子を尋ねますが、ソンヨンの表情は固いようです。 体育大会当日、付属室のメンバーが話をしています。 その時、副会長室から「キム秘書!」と叫ぶヨンジュンの声がしました。 ミソが慌てて向かうと、パソコンのディスプレイが床に落ちていて恐怖で震えるヨンジュンの姿がありました。 ミソはジアに結束バンドは使わないように話していましたが、ジアがケーブルを束ねるのに使っていたのです。 ミソは慌てて結束バンドをはさみで切り、ヨンジュンに謝ります。 ミソはジアを注意します。 ミソはヨンジュンに落ち着くからとカモミールティーを出します。 このようなことは今後起こらないようにすると言うミソに、「辞める人間がどうしてそう言えるんだ? 」とヨンジュン。 ミソは、ヨンジュンの自分に対する気持ちが所有欲じゃなく、自分が必要なのかもしれないと思い始めます。 社内体育大会を控えてヨンジュンは「死ぬことはあっても負けてはいけない。 何が何でも私の前に1等を持って来るように」と話します。 これにミソは勝負欲を燃やします。 社内で人気ナンバー1のコ・グィナムとミソは二人三脚のペアでした。 二人三脚はカップルになる確率80%近いと聞いたヨンジュンは焦ります。 そして、ミソとコ・グィナムは見事1位を獲得しました。 それを見たヨンジュンは「来年からは社内体育大会は廃止だ。 幼稚だから」言い席を立ち、その時に階段を踏み外し足を怪我してしまいます。 ミソがヨンジュンの足を手当てするため、靴下を脱ぐように言いますが、ヨンジュンは靴下の上からでいいと言います。 ミソはヨンジュンの靴下を脱がせると、足首には古い傷跡があり、ミソはそれを見て驚きます。 体育大会でのことをミソに話すヨンジュン。 ヨンジュンは「キム秘書は1等になれるなら知らない男とぴったりくっついて走ることくらいは平気なようだな」と言います。 ミソは怒りを我慢して「1位になるためだったら誰とのスキンシップも関係ありません」と言います。 ヨンジュンはこれくらい近くてもと言いながらミソに近付き、驚いたミソはヨンジュンの上に倒れこみ、2人は焦ります。 ミソは氷を取りに行き、深呼吸してヨンジュンの元へ戻ります。 するとヨンジュンは寝ていました。 ヨンジュンは悪夢を見てうなされていて、目覚めたヨンジュンは呼吸も荒くなっていました。 時々金縛りにあうのかと聞くミソに、「今日は一人で居たくない。 今夜はここで寝てくれないか? 」とヨンジュン。 戸惑うミソの様子を見て、「遅くなったからゲストルームに泊まっていけばいい。 何を期待しているんだ?」とヨンジュンは誤魔化します。 その時、ヨンジュンに電話がかかってきます。 ヨンジュンの顔が一気に曇り、ミソに帰るように言います。 帰り道、ミソは偶然、ヨンジュンの兄のソンヨンとぶつかります。 ぶつかった拍子に携帯を落としてしまったソンヨンは、ミソの靴の紐がほどけていたため、結んであげます。 ソンヨンはヨンジュンを訪ね、「許したくてきた。 正直、まだあの時の記憶が蘇って来て辛いんだ。 お前を憎んでも俺だけが苦しいんだ。 だからもう許そうかと思う」とヨンジュンに言います。 一緒に酒を飲もうとするソンヨンに、帰るように言うヨンジュン。 アートセンターが突然停電 Supeeeer handsome! my ghad! 計画を前倒しし、来月にオープンできるように準備を進めます。 ヨンジュンはアートセンターへ視察に行きます。 図書館を見回っていた途中、停電になってしまいます。 仕方なく停電が復旧するまで待つことにします。 ミソはヨンジュンが照らす携帯電話の光で自分の恋愛のロマンが詰まった本の一節を読みます。 そんなミソを愛しく見つめていたヨンジュンは自分も知らないうちに「キム秘書、私が君にきれいだと言ったことがあったか?」と言います。 ミソは驚き「ありません」と答えます。 「当然だろう。 そういう風に感じたことが無いんだから」とヨンジュンは誤魔化します。 停電の建物から外に出ようとするヨンジュンとミソ。 ライトを持っているミソは、後ろから来るヨンジュンの手を引いて歩こうとします。 ヨンジュンは普段、感じたことがなかった微妙な感情を感じ始めます。 「キム秘書の言葉が合っていた。 暗闇では感覚が鋭くなって行くようだ」とミソの手を握ってヨンジュンは外へ出ます。 アートセンター開館記念のイベント案を出すように指示するヨンジュン。 ミソもイベント案を考えることにします。 それを聞いたミソは、オープンイベントとしてアートセンターの図書館にモルペウスを招いてブックコンサート開くことを思いつきます。 ミソは、モルペウスは表に出ないため、呼べるかどうかわからなかったため、まだヨンジュンにはそれを報告しないことにします。 ソンヨンはヨンジュンに会いに会社へ行きます。 ソンヨンから連絡を受けたヨンジュンは、ソンヨンとミソが出くわせないように、ミソにすぐに食事を買いに行くように言います。 エレベーターではなくて階段を使えとまで言うヨンジュン。 ソンヨンが出版社から受け取った新刊を渡そうとしますが、ヨンジュンは受け取りません。 ヨンジュンの食事をかいに行っていたミソは、結局、ビルの入り口でソンヨンと出くわしてしまいます。 ソンヨンは、ミソのIDカードを見て名前の確認をします。 そして、ミソに携帯番号を聞きますが、ミソは適当な携帯番号を教えます。 社員たちから出されたオープンイベント企画案には納得がいかないヨンジュン。 ミソが考えているブックコンサートイベント案に期待をします。 ミソがいつものようにヨンジュンのネクタイ直そうと近付くと、急に心臓がドキドキしているのに驚き、病院に行かなければいけないとヨンジュンは考えます。 ドキドキする Ep. ソンヨンはヨンジュンを殴りました。 ヨンジュンも殴り返そうとしますが、両親に止められて拳を下します。 ヨンジュンが帰った後、ソンヨンにはミソがブックコンサートの事で送ったメールが届いていました。 ヨンジュンはその足でミソに会いに行くのですが、ミソはヨンジュンの顔の傷に気付きます。 ミソは自分の家にあげヨンジュンの顔を手当てします。 何があったのかと聞くミソに、これ以上は聞かないでくれと言うヨンジュン。 ミソが口元を消毒するため近付いてくるのですが、ヨンジュンがドキドキして落ち着きません。 ラーメンを食べようとミソは言い、ラーメンを作りはじめます。 ヨンジュンはミソの部屋を見回し、いつかの牛のぬいぐるみを見つけます。 ミソはヨンジュンを家に上げる前に、散らかっていたものを隠したのですが、牛のぬいぐるみの下には下着を隠していました。 ヨンジュンがうつぶせになっている牛のぬいぐるみを動かそうとしたので、慌てたミソはヨンジュンを止めようとし、その拍子にヨンジュンの上に覆いかぶさってしまいます。 ヨンジュンはミソを抱きしめて「少しの間、少しの間だけこうしていよう。 これからミソをすごく愛してみようと思う。 私がお前を」とヨンジュン。 韓国ドラマ『キム秘書がなぜそうか?』動画日本語字幕第4話を視聴した人の感想 4話まで 過去に兄弟の間に何があったのか気になります。 兄も絡んできそうだけど、 ヨンジュンとキム秘書の恋愛がのんびりとスタートかな? 思いとは裏腹な態度ばかりのヨンジュン。 お兄ちゃんと喧嘩して、ミソの家に行ったヨンジュン、めっちゃ推せた。 もう完全に好きやん。 そして、牛くん、かわいいよね。 あそこまで大きくなくていいけど、欲しい。 4話 自分の味方だとはっきり断言してくれたから、嬉しそうでこっちまでにやける😌💓💓. 4話はたくさん胸キュンシーンがありましたね。 ヨンジュンはミソにドキドキしているのに、心臓が悪いのかと勘違いしていたのも笑えました。 図書館でのシーンもよかったですね。 こうやって少しずつ距離が近付いている二人ですが、ソンヨンの登場によってどうなっていくのか気になりますね。 『キム秘書がなぜそうか?』を見ようか迷っていた方も、知らなかった方も当サイトを読んでいただいて、一緒に『キム秘書がなぜそうか?』を楽しみましょう。 徹底比較!韓国 韓流 ドラマおすすめ動画配信サービス アプリ・サイト あなたが視聴したいドラマのフル動画を無料視聴できる『動画配信サービス サイト・アプリ 』をご紹介していきます!• まずは見たい動画があるのか• その他にも楽しめる動画が多くあるのか• 利用したい機能やサービスがあるのか• 無料視聴期間だけ利用したいのか• NHKからフジテレビ系の動画も視聴可能で、旧作国内ドラマに強い印象です。 無料視聴期間 1ヶ月 配信本数 160,000以上 おすすめポイント まとめ買いで50%OFFあり 月額料金 500円〜 au利用者なら最大限お得感を味わえる動画配信サービス。 毎月もらえるビデオコインで新作が無料でレンタルできます。 無料視聴期間 30日間 配信本数 10,000本以上 おすすめポイント 映画館でも割引あり 月額料金 562円〜 海外ドラマ・映画好きには欠かせない動画配信サービス。 海外ドラマ・映画だけならダントツでおすすめ!今後、韓国ドラマの配信本数が増えていく予定!? 無料視聴期間 14日間 配信本数 13,000以上 おすすめポイント 新作追加頻度が高い。 追加料金が発生しない 月額料金 933円 フジテレビ発の動画配信サービス。 フジテレビ番組の見逃し配信はもちろん、80誌以上が読み放題。 無料視聴期間 1ヶ月 配信本数 10,000以上 おすすめポイント 月9ドラマは独占配信! オリジナルバラエティ番組が超充実! 月額料金 888円〜 docomoが運営する動画配信サービス。 最も低価格な動画配信サービスとして500万人以上の会員数を誇り、韓流・アジアドラマの特集が多く、旧作の韓国ドラマも充実! 無料視聴期間 31日間 配信本数 120,000以上 おすすめポイント ダウンロードも可能で、docomo利用者は圧倒的コスパ! 月額料金 500円 TSUTAYAが運営するネット宅配サービス。 延滞金もかかることなく安心して全ジャンルを楽しむことができる。 他の動画配信サービスで出てない作品も新旧揃っていることが多い。 無料視聴期間 30日間 配信本数 約50,000 おすすめポイント TSUTAYA利用者は断然おすすめ! レンタルに行く必要も一切なく、Tポイントも貯まる 月額料金 933円〜 圧倒的人気と信頼のある動画配信サービス。 雑誌はもちろん、全ジャンル対応で4台同時再生可能だから大切な人と共有できる コスパの良さが魅力。 K-POPなどの音楽番組やライブ映像、バラエティ番組も超充実! 無料視聴期間 31日間 配信本数 120,000以上 おすすめポイント 韓国ドラマは圧倒的作品数! どこにしたら良いのか迷っている方はU-NEXT一択。 見放題作品もNO. あなたもまずは 無料期間が最長である今のうちに、試してみてはいかがでしょうか?.

次の

キム秘書はいったい、なぜ? 第13話視聴感想(あらすじ含む) パク・ソジュン、パク・ミニョン主演韓国ドラマ

キム秘書 13話

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 キム秘書はいったいなぜ? あらすじ概要 まずは概要って事で『キム秘書はいったいなぜ?』の大まかなあらすじです。 30代で副会長就任、一大グループユミョンを率いる話題の人。 彼には専務時代から支えている有能なキム秘書がいた。 ナルシシスト、自己愛過多、傲慢、冷徹な彼を24時間サポートし、最強の二人が会社を運営していく。 気難しい副会長の思いを忠実に実現し滞りなく業務を進めるキム秘書の力は副会長の両親もお墨付き。 美しい彼女がこのまま嫁になってくれればと期待はあるが、当の二人にそんな考えはまったくなし。 たとえ、一緒に眠ることがあっても何も起こらないだろう。 あまりにも仕事一筋で生きてきた二人は、お互いを異性として意識する暇もなかったってかんじ。 副会長には彼女と呼ばれる存在がこれまでも何人もいたが、すべては契約のため。 一緒に食事し贈り物をすることはあっても、スキンシップは厳禁。 副会長は、恋人にさえ体を触らせないと噂されていた。 彼の体に触れることができる女性は、唯一キム秘書だけ。 彼女は、毎朝副会長の家に行き、彼の完璧コーディネートをサポートする。 ネクタイを選ぶのも締めるのも彼女の役目。 副会長にとってキム秘書は体の一部のような存在であり、彼女が欠けるなんてことを想像したこともなかった。 それなのに、ある日突然、仕事を辞めたいと明るく告げられ、冗談かと思っても彼女の意思は固い。 昇進、高価な贈り物、最高の条件を提示してもキム秘書の気持ちは変わらず、このまま副会長の側にいれば適齢期を逃してしまうと平凡な結婚を夢見る。 キム秘書にとっての平凡な結婚ってどんなだろ。 副会長よりもっと庶民感覚のある人ということか。 結婚のために仕事を辞めたいのなら話は早い。 それなら俺様が結婚してやろうと一世一代の施しを与えるが、財閥、イケメン、有能、完璧人間の副会長であってもキム秘書の好みではなかった。 きっぱり断られ、人生初の経験にヨンジュンは困ってしまう。 あの手この手でキム秘書を繋ぎ止めようと画策すると、今まで無味乾燥だったキム秘書が魅力的に見えたりもする。 プロポーズされ、ゴージャスなデートを経験したキム秘書も、副会長の気持ちは本気かもしれないと心揺れることはあるが、精神科医の姉に言わせると所有欲。 愛ではなく、自分の持ち物を失う寂しさと言われ、確かにそのような気もする。 二人がいい感じになると、すぐ外野が余計なことを言うんですよ。 高卒でイ・ヨンジュン専務の秘書に採用されたキム・ミソ。 小学校も飛び級で駆け足出世、30代で副会長、実質グループトップに上り詰めたイ・ヨンジュン。 二人とも恋愛経験はなく、自分の気持ちさえ気づいていなかった。 二人はそれぞれ幼い頃に恐怖体験をしており、そのせいで副会長は結束バンドを見ると異常に怖がり、キム・ミソもクモを見ると、尋常ではない恐怖を感じる。 クモと結束バンドが、なんか二人の運命的なことをかもしだしているんですけど、序盤ではまだまだ分からない。 ヨンジュンのトラウマに関係しているのが長男イ・ソンヨンとの確執。 「本来なら俺が副会長になっていた。 」 世界的ベストセラーを連発する売れっ子作家になった今でも、兄の恨みは消えず、弟が絶大なる信頼を寄せているキム秘書に、女好きの彼が興味を示す・・・。 原作人気ウェブ漫画とシンクロ率100%というおそるべしルックス。 実写なのにコミカル度満点。 胸キュン増発。 俺様ぶりが、どこかキュートなイ・ヨンジュン。 仕事では完璧女性、しかし家の中は散らかり放題、片付けられない女、という親近感が湧くキム秘書。 美しい二人の楽しいラブストーリーをお楽しみください。

次の