手 が 震える。 物を持つ時だけ手が震える、痙攣する原因は?

緊張した時に手が震えて困る!止める方法が知りたい!

手 が 震える

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師として14年のキャリアを持つ。 奈良市で開業する五行鍼灸マッサージ治療院代表。 わかりにくく、なじみにくい東洋医学を「世界一わかりやすく!」がこのブログのモットーです。 病気の治療はもちろん大切ですが、特に病気にならないための治療(予防)を重視しています。 Instagramでブログ更新のお知らせをしていますので、気に入っていただけたらそちらでフォローお願いします。 病気を予防することは、あなたの人生の時間を豊かにする投資ですよ。 そしてそれは、あなた自身にストレスを大きくするクセがついているということが原因です。 ん?という部分があると思うので、ここから順を追って解説していきますね。 ストレスと手の震えの関係 まず東洋医学では、怒り(イライラ、焦り、不安など)という感情が肝臓に宿っていて、その肝臓が筋肉をコントロールしていると考えています。 ストレスによってイライラや焦り、不安などが強くなると、その感情が肝臓に影響を及ぼします。 つまり、 手の震える理由は、ストレスによるイライラや焦りなどの怒りの感情が、肝臓の筋肉のコントロールを乱すからです。 緊張するとうまく話せなくなったり、動きがぎこちなくなったりしたことってありますよね? 怒りで身体がふるえたりするのもすべて、感情が肝臓に影響して筋肉のコントロールがうまくいかなくなるから起こっているんです。 ストレスで手が震えたり、身体がうまく動かなくなる人は、自分でストレスを大きくし肝臓にかかる負担を大きくしてしまう傾向があります。 それでは、ストレスを大きくして手がふるえやすくなる考え方を解説していきます。 手が震えるほど、ストレスになる考え方と対策 生活で起きる物事に対して、普段からこれらを考え方をしていると、その考え方がクセになってしまいます。 ことあるごとにイライラや焦り、不安といったストレスを感じる時間を長くしてしまいます。 すると、それだけ肝臓に負担がかかる時間も長くなって、筋肉のコントロールがうまくいかなくなります。 その結果、手がふるえたり身体が思ったように動かなくなっていまうのです。 考え方言ってみればクセであり、クセは意識すれば直すことができます。 今まで、これから紹介する考え方を1日10回していたとしたら、そのうちの1回をストレスになりにくい考え方に置き換えるようにしてみてください。 意識していると、少しずつできるようになっています。 この考え方の置き換えが出来るようになればばるほど、ストレスによる肝臓の影響は少なくなっていきます。 意識の仕方によって個人差はありますが、1~3か月ほどで身体に変化があらわれてきます。 それは考え方によってあなたの心への負担(ストレス)が減ったことを意味するのです。 ・もしこの仕事で、失敗したらどうしよう… ・これで悪い方向にいったらどうしよう… これに対して「こう(ああ)なったらいいな」と考えてみてください。 未来の問題に対しての願望を意識することで、未来に対して良いイメージを持ちやすくなり、不安というストレスを感じにくくなります。 完璧主義は100点が基準の減点法ですから、すべてがうまくいって当たり前という状態です。 失敗したりできないことがあると、100点からどんどん減点されて焦りを生み、手の震えにつながりやすくなります。 用事をする前から、自分にプレッシャーをかけてしまい、ストレスをさらに大きくしてしまうので注意です。 ・時間に遅れてはいけない ・ちゃんとしないといけない ・あれもやっておかないといけない これに対しては「まあいいか」と、良い意味でいい加減に考えることです。 手の震えや緊張が強く出る人は考え方にも力が入り過ぎていることが多いです。 例えば10の仕事には10の労力でいいところを、15も20もやろうとしているということです。 なので「これは10ぐらいでいいか」とちょうどいい加減で考えるようにするとストレスを小さくすることが出来ます。 ストレスで手が震えにくい考え方 一度、完璧主義をやめてみませんか? 冷静に考えて欲しいんですが、今まで失敗したり物事がうまくいかなくて、あなたは命を落としましたか? どんな困難に感じることも、どうにかなったから、あなたは今このブログを読めているんじゃないでしょうか? あなたが思っているより、あなたは安全です。 今は失敗の責任をとるために切腹させられたりしません。 仕事で失敗しても命まではとられません。 何度でも挑戦できます。 でもそのためには、あなたの心と身体の健康が必要です。 自分の心を自分で苦しめないであげてください。 どうせ挑戦するなら楽しんでやってみませんか? 手がふるえてやる挑戦と、楽しんでやる挑戦とどっちがうまくいく確率が高いでしょう? 楽しんでやったからといって、100%うまくいく保証はありません。 でもうまくいく確率は上がるんじゃないでしょうか? もし失敗しても誠意をもって謝ればいい。 人間なんてそんな完璧なものじゃないですよね? でも、誠意をもって謝ってそれでも許されないなら、そんな場所は離れればいい。 あなたの心や身体の健康より価値のあるものなんて無いんですから。 ストレスと手の震えのまとめ ・手が震えるのは、東洋医学における肝臓の役割である筋肉のコントールがうまくできていない ・ストレスによる手の震えの原因になる感情は怒り(イライラ、焦り、不安など) ・手の震えやすい考え方は「もし~したらどうしよう」「~しないといけない」 ・手の震えにくい考え方は「こうなったらいいな」「まあいいか」 ・楽しんで気楽に挑戦して、許されないなら逃げてもいい ストレスによる手の震えはあなたの心から生まれます。 手がふるえるほど、ストレスであなたの心は苦しいということです。 あなたなら大丈夫です、あなたは安全です。 そんなにストレスを感じるぐらい、物事に真剣に向き合えるあなたは素敵な人です。 だからこそ、あなたには心を壊してほしくありません。 身体を害して欲しくありません。 この記事が少しでもあなたの役に立てれば幸いです。 それでは今日はこの辺で。 明日もあなたが健やかでありますように。

次の

手が震える癖がある人の心理!男性と女性の原因を徹底解説

手 が 震える

Topics• 手が震える症状と原因 医療用語で、身体の震えのことを『振戦(しんせん)』といいます。 筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで起きる不随意運動の一つと言われています。 振戦は、軽いものであれば、誰にでも起こることがあるため、病気が原因とは限りません。 筆者も大勢の人の前でプレゼンをする前、極度の緊張から手が震えたという経験をしたことがあります。 ただ、このような心配のいらない手の震えがある一方、病気で起こる場合もあるので、注意が必要です。 手が震えるという症状がある場合、いくつかの病気の可能性があります。 今回は、以下の3つの病気について解説します。 本態性振戦 パーキンソン病 バセドウ病 本態性振戦 本態性振戦は、じっとしていれば症状がでないものの、食事をしたり、字を書くなどの動きをすると手が震えてきます。 また、緊張や震えを抑えようと意識をすると症状が高まり、中には、日常生活や仕事で支障になっている人もいるようです。 実は、本態性振戦の「本能性」というのは、医学用語で「原因不明」という意味があります。 まさにその名と通り、本態性振戦の原因は不明といわれています。 ただ、患者さんのご家族に震えの症状があるという方が多いので、遺伝性があるといわれており、原因遺伝子の報告もされているようです。 原因が不明ということで、効果的な対処法はありませんが、薬物治療という方法はあるようです。 その他の理由として、お酒の影響があります。 お酒をよく飲み、手が震える症状が出始めたら、医師に相談してみましょう。 お酒は身体に負担になるため、何かの反応が出ているかもしれません。 更に手の震えが日常的に起こる場合は、何かの病気のサインということも考えられます。 このような症状を起こす場合、何らかの異常が脳、又は、身体内部の神経に異常が発生している可能性があります。 手の震えなんて大したことないと考えず、一度病院にて調べてもらいましょう。 【スポンサードリンク】 パーキンソン病 メディアや映画でも取り上げられてから一度は聞いたことがある「パーキンソン病」は、高齢者の病気というイメージが強いかもしれませんが、20代前後でも発症する「若年性パーキンソン病」という病気があります。 指、手足がブルブル震え、歩きにくくなります。 また、身体がこわばり痛みが生じるということがあれば、もしかしたら「若年性パーキンソン病」の可能性があります。 精神科等の病気と誤診されるケースも少なくなく、「若年性パーキンソン病」と診断されるまで道のりが長いという話もありますが、異常な指、手足の震えやすくみ足がでたりしたら、早めに受診しましょう。 バセドウ病 バセドウ病は、「甲状腺機能亢進症」とも呼ばれており、20代から30代の女性に発症しやすい病気の一つです。 のどの甲状腺の異常により、甲状腺ホルモンが増え、自律神経が乱れます。 手の震えをはじめ、いらいらする、よく食べる、落ち着きがなくなる等の色々な症状が出てきます。 20代から30代の女性で、手の震えが気になるようになったら、バセドウ病の可能性もあります。 極度の緊張や寒さから起こる短時間の手の震えではなく、明らかに手の震えが長かったり、その他の症状が出て来たら、早めの病院へ行きましょう。 まとめ 軽い手の震えは、誰にでも起こりうる症状ですが、症状によっては、何らかの病気が原因で手が震えることもあります。 中でも本態性振戦といってじっとしていれば症状はみられないものの、食事をしたり、字を書く等の動きをすると手が震える病気があります。 症状が悪化してくると日常生活や仕事にも支障がみられてきます。 原因不明といわれる一方、遺伝からくる、又はお酒によるものなども原因の一つと言われています。 また、パーキンソン病が原因で手足が震えることがあります。 万が一、身体がこわばり痛みが生じることがあれば、『若年性パーキンソン病』の可能性があります。 その他、バセドウ病と言って別名『甲状腺機能亢進症』といわれる20~30代の女性に起こりやすい病気があります。 手の震え意外にもイライラする、よく食べる、落ち着きがなくなるなどの色々な症状が出て来たら、バセドウ病の可能性があります。 このように手の震えが頻繁に続いたり、他の部位にも症状が見られたら、早めに受診するといいでしょう。

次の

手が震える病気『本態性振戦』の原因と顔や手の震えを改善する方法

手 が 震える

この記事の目次• 手の震えとは 手に限らず、体が震える事を「振戦」と呼びます。 筋肉が収縮と弛緩を繰り返した際に起こる不随意の運動がふるえです。 自分の意識とは全く関係なく勝手にふるえてしまうものですが、一般的には精神的に緊張するとふるえが強くなると言われています。 さらに、寝ている間はふるえがない場合がほとんどです。 ふるえには以下のような種類があります。 生理的振戦 一番多いタイプがこの生理的振戦です。 ごく普通の生理的現象として起こる震えの事で、緊張や恐怖、寒さによって起こります。 病的なものではなく、ほとんどの場合時間の経過や原因が取り除かれれば震えも止まります。 安静時振戦 リラックスしている状態で震えが起こるもので、動くと段々弱くなるのが特徴です。 後述するパーキンソン病の症状として現れる事が多くあります。 運動性振戦 企図振戦 じっとしている時には震えがないですが、何か特定の動作をしようとした時に震えが生じます。 例えば、人差し指を自分の鼻に持って行く動作をしようとした時やボタンを押そうとするなど何か目的があって動いたとき、目的に近づくと震えが起こり、思った動作ができないような状態です。 動作時振戦 ある運動によって震えが起こるものです。 上記の企画振戦と似ていますが、目的自体には届きます。 同じように人差し指を自分の鼻に持って行こうとした際、鼻に触れる事はできますが一連の動きがなめらかに見えないという特徴があります。 姿勢振戦 ある姿勢をとった時に震えが起こるものです。 重力に逆らってあるポーズを取った際に震えが起こり、安静時には起こらない事が多く見られます。 羽ばたき振戦 腕を伸ばしたり手を広げたりという動きをした場合、粗くてゆっくりとした震えが起こるものを特に羽ばたき振戦といいます。 一般的に震えとして思い浮かばれる律動的な動きとは若干異なり、姿勢の保持が難しい症状の事です。 手が震える病気 手が震える原因の多くが脳や神経の異常にあります。 パーキンソン病 パーキンソン病は、脳の変性によって筋肉の動きがうまくできなくなる病気の事です。 手の震えの他、筋肉のこわばりや動きが鈍くなる「無動」という症状が特徴的です。 ドーパミンの不足が原因であると考えられており、ドーパミンを補い症状の緩和を行います。 また、様々なリハビリテーションにより症状が進行するのを防ぐ事ができます。 パーキンソン病による手の震えは安静時に起こるのが特徴です。 じっとしている時に手が震える場合や、歩く時に足がすくむような場合もパーキンソン病が疑われます。 詳しくは、を参考にしてください。 本態性振戦 原因がないのに震えだけがあるものは、こちらの病気として扱われます(本態性というのがそのまま「原因不明」を示しています)。 神経の病気です。 手の震えがあるとパーキンソン病をうたがってしまいそうですが、実際にはこちらの本態度性振戦である事の方が多いようです。 文字を書こうとすると手が震えてしまい、緊張すると余計にひどくなります。 脳に異常があるわけではないため生命に関わる病気ではありません 書痙(ジストニア) 文字を書く時だけに震えが起こる病気の事を指します。 人前で文字を書くときにだけ震えが起こる場合は神経症由来であると考えられますが、手を酷使している人の場合ジストニアの可能性があります。 ジストニアは、筋肉の緊張の異常によって様々な不随意運動が起きてしまう病気で、同じ動作、姿勢を過剰に反復する事で脳の機能障害が起こるものです。 文字を書く仕事でなくても、ピアニストやタイピストが書痙になるようなパターンもあるようです。 治療法が定まっていませんが、麻酔薬によるブロックやリハビリにより改善が見込めます。 甲状腺機能亢進症 甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。 姿勢時振戦が特徴で、文字を書く時や細かい作業をする時、同じポーズを保とうとする時などに震えが起こります。 手の震えに動悸や息切れ、体重減少などが起こった場合にはこちらの病気が疑われます。 薬などでの治療法が確立されています。 詳しくは、を読んでおきましょう。 肝性脳症 名前だけでは肝臓の病気なのか脳の病気なのか分かりづらいですが、肝臓に問題がある事で除去されるはずだった毒物が残ってしまい、それが脳に到達する事で脳の機能低下が起こる病気です。 前述した羽ばたき振戦は肝性脳症に特徴的な症状です。 睡眠障害などについでこれらの震えが起こります。 内服薬での治療が行われます。 脊髄性小脳変性症 運動に関係した脊髄・小脳の神経が変性する病気で、難病に指定されています。 様々な原因により起こる変性疾患をまとめた呼び名で、同じ脊髄性小脳変性症でも遺伝性のものや体外の原因を持つものなどがあります。 飲酒によってこの症状が起こり、手が震える事もあります。 企図振戦・動作時振戦が特徴で、手の震えに加えろれつの回らなさを感じる場合があります。 難病ではありますが、運動失調症状に対しては改善できる薬があり、これと合わせてリハビリテーションを行う事で動きの改善が望めます。 小脳腫瘍 小脳は後頭部下側にある小さな脳です。 ここに腫瘍ができてしまうのが小脳腫瘍です。 小脳には身体のバランスをとり記憶を司る働きがあるため、ここで問題が起きるとまさに酔っぱらいのような諸症状が出るといわれています。 小脳腫瘍の場合、筋肉には問題がありませんが神経がうまく働かず、思っていたのと違う動きをしてしまう事があります。 企図振戦が特徴で、何か目的のある動きに影響が出ます。 多発性硬化症 脳の伝達に関わる神経細胞を覆っている物質が障害を受ける病気です。 原因にはリンパ球が関連しており、何らかの原因で自己免疫に異常が起こり、リンパ球が自分の細胞を攻撃してしまう事で起こるとされていますが、細かい事はまだ分かっていません。 脳や脊髄、視神経などに病巣ができ、患者さんによって症状は様々ですが、感覚障害や歩行障害が起こります。 手の震えの特徴は企図振戦・動作時振戦が起こる事です。 決定的な治療法はまだ確立されていません。 症状を抑える薬などで対応を行っているのが現状のようです。 脳梗塞 脳梗塞は脳に栄養を送る血管が詰まったり狭まったりする事で様々な症状が起こる病気です。 動脈硬化によって血管の中に血栓が出来てしまい起こる場合や、どこか別の所で発生した血栓が脳で詰まってしまう場合など様々な原因が考えられます。 手の震えに力が抜けるような感覚があるのが特徴で、特にめまいや吐き気を伴う場合は危険な状態です。 薬物による治療が行われます。 近年では血栓を溶かす薬もあり、発見が早ければ早い程後遺症等が少なくなります。 脳梗塞については、を参考にしてください。 ウィルソン病 銅の代謝異常が起こる病気です。 体内に銅が溜まり、これによって肝臓、腎臓、目などに症状が出ます。 この病気の方は、大体が15歳くらいまでに肝障害によって病気が発見される事が多いといわれています。 疲れやすさや目、皮膚の黄色っぽさ(黄疸)などが発見のきっかけになる事がよくあります。 ウィルソン病での手の震えは非常に特徴的であり、Wing beating tremorと呼ばれるかなり大きな羽ばたきのような痙攣がおこります。 (前述の羽ばたき振戦とは異なるもので、より大きな動きが起こるようです。 ) 遺伝性があり、先天性の病気ですが、薬の服用で銅の吸収を抑える事で治療が可能な病気です。 低血糖症 血糖値が低くなりすぎる症状で、糖尿病や不整脈の治療薬を飲んでいる場合や胃下垂の場合、また体質的に低血糖症になりやすい方もいます。 血糖値が下がると、手足の震えや冷や汗、動悸などが起こり、重症化するとめまいや昏睡状態に陥る場合があります。 心当たりのある場合はあめをなめるなど糖分を摂取するようにしましょう。 アルコール依存症 アルコール依存症による手の震えには2段階あると考えられています。 初期の場合であれば血中のアルコール濃度が下がる過程で離脱症状が起こり手が震えていますが、重症化した場合の手の震えは脳障害です。 アルコールによって脳が萎縮してしまい、大脳が麻痺してしまうのです。 ストレス ストレスで一時的に手が震えるのは病気ではありません。 しかし、いつまでも震えが続く場合や震えがひどい場合にはストレスが体に悪影響を及ぼしている可能性があるため注意が必要です。 強いストレスにより自律神経のバランスが乱れ、体の痙攣やひきつりが起こる場合があります。 手の震えの治療について 基本的には元となる病気の治療を行う事になるので、手の震えだけを治療する事はあまりありません。 特に本態性振戦の場合は特に治療する必要もありません。 寒さ、緊張など一時的なものであれば放置しても問題はありませんが、何かをしようとすると毎回震えが起こる場合や、じっとしているのに震えがある場合は医師の診断を仰ぐべきでしょう。 手の震えで病院に行く場合、脳神経、筋肉などを専門とする神経内科にかかるのが一般的です。 ただ、手の震えには様々な原因が考えられます。 できれば総合病院にかかった方がよいでしょう。 病院に行く場合には、• 震えが起こった時期• 震えが起こる状況• 震えの持続時間• 他に気になる症状 が分かるようにしましょう。 また、遺伝の可能性がある病気を判断するためにはご家族の病歴が分かるとより細かい診断が可能です。

次の