つつみ込むように 歌詞。 つつみ込むように…

つつみ込むように…(MISIA) / コード譜 / ギター

つつみ込むように 歌詞

90年代を牽引!Misia 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のエンディングテーマを歌っているMISIA。 90年代から活躍するアーティストです。 圧倒的な歌唱力が光る名曲『つつみ込むように…』 そんな MISIAの 『つつみ込むように…』 は1998年リリースの彼女の代表曲の一つ。 MISIAが歌い上げるからこそ、この歌唱力があるからこそ映える曲ですね。 ブラックミュージックの要素が強いですが、実は全て日本語歌詞の曲です。 日本情緒にあふれている歌詞。 ちなみにMISIAは 『忘れない日々』という曲も持っています。 この 『忘れない日々』は、 『つつみ込むように…』の続編のつもりでMISIAが歌詞を書いたと言う曲。 こちらは 「恋人と呼び合えるのはこれで最後」という歌詞。 別れの曲ですね。 二人でいた日々を忘れないという歌です。 恋人と呼び合える時間の中では、どんな言葉も特別になるということ。 「いくつ」の音が高くエモーショナルな印象を与えます。 時間というのは限りがあるので、話せることにも限りがある。 ゆえに 「いくつ」話せるかというのが不確定で、であるがゆえにここに気持ちがのるんですね。 花鳥風月の概念を連想させます。 花鳥風月は、日本人が美しいと感じるものの例え。 自然と風景です。 夢に花を添えるように、花に風が吹くように、君に愛を込めて特別な言葉を交わす。 そして孤独も包み込んで言葉をおくる。 言葉に、自然や風景や特別な気持ちを「包み込んで」いる。 タイトルが何を何で包み込むようになのか。 このサビで分かります。 「そして孤独を」のフレーズ。 この歌詞はラストに「そして明日を」になります。 孤独という一見マイナスな概念を包み込んで、その先の明日に目を向ける。 歌詞の主人公の気持ちが前向きになっていくことが分かります。 現代人は満たされてないと感じている人が多いわけです。 インターネットの普及で人々が幸せにつながるのかと思いきや、満たされない人が増えてしまいました。 たわいもない出会いや無意味な言葉もあふれてしまいました。 だからこそ特別な出会い、特別な言葉というのが貴重。 青空という表現を 「空に青」としているところも良いですね。 青が希望を表す色になっていることが分かります。 羽、青、勇気、そして命と全て希望を持てるものになっています。 人を遠ざけ、逃げ続けていた歌詞の主人公が 「君を守りたい」と希望を持てるようになる歌だったんですね。 アイドルポップ全盛の昨今。 アイドルにはアイドルの良さがありますが、 こういった本格的ボーカリストの名曲もより多くの人に知ってもらいたいですね。 TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部).

次の

つつみ込むように・・・ JUJU 歌詞情報

つつみ込むように 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年2月) 「 つつみ込むように…」 の 初出アルバム『』 Never gonna cry! ゴールド(・) チャート最高順位• 週間11位(8cm盤・)• 週間20位(12cm盤・オリコン)• 1998年6月度月間16位(オリコン)• 1998年7月度月間20位(オリコン)• 1998年度年間61位(8cm盤・オリコン)• 1998年度年間89位(12cm盤・オリコン) シングル 年表 つつみ込むように… () (1998年) 目次• 解説 [ ] デビュー曲でもありMISIAの代表曲として挙げられるヒットナンバー。 MISIAは作詞を多く手掛けているが、収録曲2曲ともに作詞に参加していない。 12cm盤はCDレーベル面をジャケットにしたピクチャーCDである。 1998年3月9日付のチャートで8cm盤のみで93位に初登場している。 12cm盤は1週遅れて8cm盤とともにチャートインしている(アナログ盤はチャートインせず)。 オリコンシングルチャートでは、2001年5月より8cm盤と12cm盤を合算して集計するようになったが、8cm盤と12cm盤を合算して集計すると、登場10週目でTOP10入りした後、最高位8位(4週連続)を記録していたことになる。 また、2回返り咲いて通算で7週TOP10入りしていたことになる。 には、のちにのメンバーとなるがバックダンサーとして参加していた。 また、彼が参加しているのシングル「」は、この楽曲をサンプリングしている。 作詞・作曲者であるは、自身が男性2人組『』のメンバーとして活動していた時にこの曲を製作し、レコーディングも試みられていたが、同グループのボーカルだったの歌声で発表する事に納得がいかず断念。 いつかこの楽曲を歌いこなせる歌手に巡り会うまでと、封印していたのだという。 収録曲 [ ]• 12インチアナログ盤• Side A• つつみ込むように… DAVE DUB MIX (作詞・作曲: 編曲:)• Side B• Never gonna cry! Never gonna cry! 追加プレス(セカンド・プレス)盤はタイトルステッカーもジャケット右上部から左上部に変更して貼られて、両面ともにプロモーション盤のような真っ白の無地で印字なしのホワイトレーベル仕様に変更されている。 追加プレス盤は初期プレス盤よりも生産枚数が少なく更に稀少盤となっている。 8cm盤• つつみ込むように… ORIGINAL MIX (作詞・作曲:島野聡 編曲:松井寛)• Never gonna cry! つつみ込むように… ORIGINAL KARAOKE (作曲:島野聡 編曲:松井寛)• 12cm盤• つつみ込むように… ORIGINAL MIX (作詞・作曲:島野聡 編曲:松井寛)• Watarai)• Never gonna cry! Never gonna cry! Never gonna cry! つつみ込むように…(ORIGINAL MIX)• 「」CMソング(1998年)• ソニー「 群衆編」CMソング(2004年) 他ミュージシャンによるカバー [ ]• 2009(平成21)年1月28日、 - 配信アルバム『つつみ込むように…』に収録。 調のアレンジ。 2010(平成22)年9月29日、 - アルバム『』に収録。 2013(平成25)年10月16日、 - アルバム『Grace of the Guitar』に収録。 脚注 [ ] [].

次の

MISIAの《つつみ込むように…》がたまらない

つつみ込むように 歌詞

90年代を牽引!Misia 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のエンディングテーマを歌っているMISIA。 90年代から活躍するアーティストです。 圧倒的な歌唱力が光る名曲『つつみ込むように…』 そんな MISIAの 『つつみ込むように…』 は1998年リリースの彼女の代表曲の一つ。 MISIAが歌い上げるからこそ、この歌唱力があるからこそ映える曲ですね。 ブラックミュージックの要素が強いですが、実は全て日本語歌詞の曲です。 日本情緒にあふれている歌詞。 ちなみにMISIAは 『忘れない日々』という曲も持っています。 この 『忘れない日々』は、 『つつみ込むように…』の続編のつもりでMISIAが歌詞を書いたと言う曲。 こちらは 「恋人と呼び合えるのはこれで最後」という歌詞。 別れの曲ですね。 二人でいた日々を忘れないという歌です。 恋人と呼び合える時間の中では、どんな言葉も特別になるということ。 「いくつ」の音が高くエモーショナルな印象を与えます。 時間というのは限りがあるので、話せることにも限りがある。 ゆえに 「いくつ」話せるかというのが不確定で、であるがゆえにここに気持ちがのるんですね。 花鳥風月の概念を連想させます。 花鳥風月は、日本人が美しいと感じるものの例え。 自然と風景です。 夢に花を添えるように、花に風が吹くように、君に愛を込めて特別な言葉を交わす。 そして孤独も包み込んで言葉をおくる。 言葉に、自然や風景や特別な気持ちを「包み込んで」いる。 タイトルが何を何で包み込むようになのか。 このサビで分かります。 「そして孤独を」のフレーズ。 この歌詞はラストに「そして明日を」になります。 孤独という一見マイナスな概念を包み込んで、その先の明日に目を向ける。 歌詞の主人公の気持ちが前向きになっていくことが分かります。 現代人は満たされてないと感じている人が多いわけです。 インターネットの普及で人々が幸せにつながるのかと思いきや、満たされない人が増えてしまいました。 たわいもない出会いや無意味な言葉もあふれてしまいました。 だからこそ特別な出会い、特別な言葉というのが貴重。 青空という表現を 「空に青」としているところも良いですね。 青が希望を表す色になっていることが分かります。 羽、青、勇気、そして命と全て希望を持てるものになっています。 人を遠ざけ、逃げ続けていた歌詞の主人公が 「君を守りたい」と希望を持てるようになる歌だったんですね。 アイドルポップ全盛の昨今。 アイドルにはアイドルの良さがありますが、 こういった本格的ボーカリストの名曲もより多くの人に知ってもらいたいですね。 TEXT:改訂木魚(じゃぶけん東京本部).

次の