モダン ミリー ミュージカル。 モダン・ミリー

ミュージカル『モダン・ミリー』|公演情報|新歌舞伎座

モダン ミリー ミュージカル

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 婦人参政権が叫ばれ、ジャズが流行しはじめた、いわゆる狂乱の1920年代。 ミリー・デルマウント(ジュリー・アンドリュース)は、カンサス州の商業学校を卒業して、ニューヨークへやって来た。 元気いっぱいで恐いもの知らず、気取り屋で断髪に吊鐘型の帽子をかぶり、奇妙な服装で人の目をひくミリー、要するに彼女はモダン・ガールだった。 そんな彼女のおめあては粋な独身社長を射止めることである。 早速彼女は信託会社の社長トレバー・グレイドン(ジョン・ギャビン)に目をつけて就職した。 だが彼はミリーが彼に対して抱いている気持ちなど、一向に察してくれなかった。 これに反してダンス・パーティーで彼女に会った青年ジミー・スミス(ジェームズ・フォックス)は、さっそうたるミリーにすっかりいかれてしまった。 ある日、ミリーが泊まっている若い独身女性専用のホテルに、女優志願の金髪娘ドロシー・ブラウン(メアリー・T・ムーア)がカリフォルニアから到着し、ホテルは一段と活気をおびてきた。 さてミリーは社長トレバーの心を得られなく、ジミーの誘いに応じて、ドロシーと共に週末のデートに出かけた。 その時ミリーはジミーに金満家の未亡人マジー・ホスミア(キャロル・チャニング)を紹介され、ホスミア邸のパーティーに招待され愉快な時を過ごした。 相変わらずミリーは社長トレバーに冷たくされ続けていたが、トレバーはひと目ドロシーを見るに及んですっかり気に入ってしまった。 だが彼女にデートをすっぽかされ居酒屋でふさぎこむ始末。 一方ドロシーは突然、ホテルの経営者で、売春あっせんを内職とするミセス・ミアーズに連れ去られてしまった。 疑念を抱いて後を追ったトレバーも、あまり彼の女装が真に迫っていたため、売春グループに加えられてしまった。 だがそこへふとまぎれこんだミリーの活躍で無事救出されたのだった。

次の

モダン・ミリー

モダン ミリー ミュージカル

ミュージカル「モダン・ミリー」が2020年4月7日~4月26日まで東京の日比谷シアタークリエで上演されます。 4月29日~5月1日まで愛知県の御園座で、5月4日~6日まで大坂の新歌舞伎座、また5月13日には大分県のiichiko総合文化センターグランシア、5月16日~17日までは佐賀県の佐賀市文化会館で上演されます。 このミュージカルはリチャード・モリスが手掛け1967年に公開されたミュージカル映画の 「モダン・ミリー」が原作です。 脚本はリチャード・モリス ディックス・キャンラン、演出は翻訳も手掛けた小林香が担当します。 原作が公開されてから約30年の時を経て2000年にブロードウェイで舞台化されると、作品自体は勿論、上質な歌と踊りは人々を魅了し多くの人たちの支持を得てトニー賞を受賞しました。 1920年代のニューヨークを舞台に主人公のミリーは恋や仕事を頑張りますが、その主人公のミリー・ディルモントを朝夏まことが演じます。 ジミー・スミス役には中河内雅貴が、ミセス・ミアーズを一路真輝が演じるなど豪華キャストが揃いました。 「大切なのはロマンスよりも理性!」と謳う主人公ミリーが見つける本当に大切なものとは一体何なのか、期待せずにはいられません。 ミュージカル「モダン・ミリー」は1967年に公開されたミュージカル映画が舞台になった作品です。 この原作を元にミュージカルの聖地としても有名なブロードウェイで上演されると、作品内の上質な歌や踊りはたちまち人々を魅了しトニー賞を受賞しました。 今作は主演を元宝塚歌劇団宙組のトップスターであった朝夏まことが演じるだけに注目を集めています。 またニューヨークにダンス留学の経験もあり、舞台やミュージカルで活躍をしている中河内雅貴がジミー・スミスを演じ、朝夏まことと同様に元宝塚歌劇団雪組のトップスターであり、現在女優として幅広く活躍をしている一路真輝がミセス・ミアーズ役をつとめます。 このように出演者はミュージカルや舞台での経験が豊富で、多くの人がその実力を知る俳優ばかりです。 「モダン・ミリー」という作品が長く人々を惹きつけているのはなぜか、また主人公のモダン・ミリーの頑張る姿は自分の足で人生を切り拓いていくことや一歩踏み出す勇気の大切さをあらためて考えさせられます。 チケットストリートは「ライブの感動を、すべての人へ」というミッションのもと、コンサート、ライブ、演劇、スポーツなど、興行チケットの安全な取引を仲介しています。 日本最大級の公演チケット売買(二次流通)サービスです。 代金のお支払いからお届けまでを事務局がサポートし、チケット詐欺にあう可能性はありません。 チケット掲示板やオークションなどより安心・安全です。 また「安心プラス」オプションを使えば、偽物や偽造チケットの心配もありません。 公演中止や主催者都合で入場できなかった場合も返金いたします。 Icons made by , , from is licensed by• 東京都公安委員会 許可番号:302171104982号• All Rights Reserved.

次の

「難儀な役に巡り合った」!? 一路真輝さんが『モダン・ミリー』に出演!

モダン ミリー ミュージカル

ブロードウェイミュージカルの王道といったラブ・コメディ。 いつか東宝ミュージカルあたりが著作権もらって上演しそう。 いや、するとにらんだぜ。 大地真央か涼風真世あたりがミリーをしそうな気配。 (勝手な予測っす) ほんっとよくあるパターンなんだけど、 田舎者娘のミリーが都会の女(モダンガール)目指して、単身ニューヨークへやってくる所から物語りはスタート。 モダンガールに変身し、玉の輿を狙って上司グレイドンに近づくんだけど、彼女の恋はなかなかうまくいかない。 ミリーはのアパートにドロシーが引っ越してきてから騒動はさらに激しくなっていく。 このミリーとドロシーが出会ったときの歌がかわいくて好き。 『How the Other Half Lives. 』 ドロシーは超かわいくて、アパートの管理人がドロシーを売り飛ばすことを計画、 この管理人のおばちゃんとその息子たちが中国人??なんだけど、怪しさ満開、お笑い満開。 まるで、ドロンジョ、ボヤッキー、あれ、後一人誰やったっけ?とにっかくそのズッコケコンビって感じ。 息子たちはずっと中国語?で話すんだけど、其の都度キャプション(字幕)が現れるわけよ。 それが、また笑える。 「ママ、ママ!」って歌うとき、字幕に「MOMMY MOMMY」って現れてたんだけど、其のうち「母、母」って感じが現れて「ママー」って叫んだとき、字幕いっぱいに「母」って現れた。 自分が、漢字を読めるだけに大爆笑。 さて、その息子の一人がドロシーを誘拐するどころか一目ぼれしてしまうし、ミリーを口説いていた青年ジミーも、なぜだかドロシーの部屋を行ったりきたりしてる様子。 ジミーに口説かれながらも上司へアタックし続けるミリー。 その上司さえもドロシーに会った途端、ドロシーに一目ぼれ。 このシーンが超最高。 』 上司グレイドンとドロシーが歌うわ踊るわで、大拍手。 その二人が踊る中、その二人の愛に気づかずぼーっとしてるミリーがまた笑えるわ。 ミリーを励ますジミー。 けど、ミリーの夢は玉の輿に乗ること。 とは言え、ジミーに惹かれていってるわけで・・・ふっふっふ。 ミリーがジミーへの愛に気づいて歌う歌『GIMME GIMME』もかっこ良かった。 そんな中、ミリーの親友ドロシーが誘拐された!助けに行くミリー、ジミー、グレイドン。 3人の異様な歌の掛け合いがおもしろすぎて、場内大爆笑。 拍手連続。 さて、その結末は・・・!?は、会場内、大爆笑&大拍手でした。 胸躍るラブコメで、見た後、すっきりさわやか。 ノリ的には『ハウ・トゥ・サクシード』とかって感じかなぁ。 歌やダンスは少々でも魅力さえあればミリーは誰でも出来そう。 ってなわけで、日本でのミリーは宝塚出身者がつかむだろうと予測。 お気に入り賞。 ・・・グレイドン。 悪巧み。 85点。

次の