アブラハム リンカーン。 エイブラハム・リンカーンの生涯・一生・人生

第16代 アメリカ大統領「エイブラハム・リンカーン」生涯まとめ

アブラハム リンカーン

エイブラハム・リンカーン 基本情報 建造所 運用者 艦種 () 級名 Abe Shall not Perish 母港 艦歴 発注 起工 進水 就役 要目 104,263 333 m 最大幅 76. 8 m 11. の5番艦である。 艦名は第16代に因んで命名された。 飛行甲板を含め船体各所の防御が強化されたため、ニミッツ級で初めて新造時から満載排水量が10万トンを超えている(からまでは改装後に10万トンを超えている)。 艦歴 [ ] リンカーンの建造契約は1982年12月27日にで結ばれた。 1984年11月3日に着工、1988年2月13日に進水し、1989年11月11日就役。 1990年代 [ ] 1990年9月にへ移動、西太平洋への最初の配備は、に応じて1991年5月28日に行われた。 への航海中にのが噴火し、リンカーンは同島からの避難作戦、オペレーション・ファイアリー・ヴィジルへ動員される。 リンカーンは23隻からなる船団を率い、45,000人にも及ぶ避難民をからセブ島へ避難させた。 同作戦は平和時における史上最大の避難作戦であった。 作戦後リンカーンはに向けて出航、砂漠の嵐作戦支援のためとに対する偵察を行う。 1992年前半には(イラク南部のが設定した「飛行禁止区域」の監視)を支援している。 1993年10月、リンカーンはに対する国連人道支援計画の支援に参加する。 四週間にわたって上空の警備飛行を行い、レストア・ホープ作戦を支援した。 1993年4月28日に戦闘除外法が撤廃されると、リンカーンは女性飛行士を乗艦させる最初の空母となる予定であった。 1994年10月24日にを出航し、回復訓練を開始する。 翌日、中尉(アメリカ海軍初の女性空母戦闘機パイロット)が、エンジンの不調と操縦ミスにより着艦に失敗し死亡した。 リンカーンの第3の配備は1995年4月に始められ、ペルシャ湾でサザン・ウォッチ作戦およびヴィジラント・センチネル作戦の支援を行った。 補給作業中に艦載機の発艦態勢に入ろうとしたリンカーンは、 USS Sacramento, AOE-1 の左舷に接触した。 リンカーンは M -フレームと女性士官室を損傷し、サクラメントは船体構造に大きな穴が開いた。 リンカーンは作戦活動を継続したものの、サクラメントはドバイので入りし、修理に数週間を要した。 4度目の配備は1998年6月に行われた。 リンカーンは再びサザン・ウォッチ作戦の支援を行うためペルシャ湾に向かった。 同地で3ヶ月間を過ごしたが、その年の夏は数年来最も高温の夏となった。 飛行甲板の温度は摂氏66度まで上昇した。 1999年にはいくつかの訓練に参加し、その後で維持作業が行われた。 2000年代 [ ] 2000年8月、5回目の配備が行われ、ペルシャ湾でのサザン・ウォッチ作戦支援に入る。 この配備でリンカーンおよび航空団、戦闘群の艦艇は海軍部隊勲功章を受章した。 さらにリンカーンはにおいて最も指揮系統が改善された艦としてアーレイ・バーク賞を受賞した。 2002年8月、ペルシャ湾に向かう途中のに寄港。 2003年のではペルシャ湾に派遣された空母の一隻であった。 2004年12月26日のでは、に寄港中のリンカーンが急いで救援に駆けつけ6日後の1月1日には北沖に到着、直ちに救援活動を開始した。 2006年4月、の主席の訪米直前に香港に寄港。 5月25日、長崎県佐世保市の佐世保港に寄港。 2008年4月、エイブラハム・リンカーンは、に派遣され( Maritime Security Operation: MSO)の支援任務に就いている。 2010年代 [ ] 2011年12月7日、エイブラハム・リンカーンは2012年末から実施予定の核燃料棒交換および近代化改装 Refueling and Complex Overhaul: RCOH のため、ノーフォークへの移動も兼ねた世界一周航海に出発。 8か月に及ぶ長期航海の末、2012年8月7日に到着した。 ノーフォークへの入港は、就役後に太平洋艦隊に配備するため1990年9月に同地を出港して以来、実に22年ぶりにのことであった。 2013年3月28日、RCOH実施の為ニューポートニューズの11号ドライドックに入渠した。 2017年5月2日から7日にかけて、ニューポートニューズにおいてRCOHを行っていたエイブラハム・リンカーンが試験航海を実施し同月12日より、大西洋艦隊に復帰する。 全ての作業を2017年8月に終える。 同年9月8日に、「」と「」とともに、による被害のためへ災害派遣される。 2018年8月3日、米海軍は本艦を含む空母3隻の配置転換を発表した。 本艦は再び元の太平洋艦隊としてに配置される予定である。 第7空母航空団 [ ] 第7空母航空団 Carrier Air Wing 7, CVW-7 は、エイブラハム・リンカーン CVN-72 に艦載される航空団。 飛行隊名 通称名 使用機種 第143戦闘攻撃飛行隊 『ピューキン・ドッグス Pukin' Dogs』 第103戦闘攻撃飛行隊 『ジョリー・ロジャース Jolly Rogers』 第86戦闘攻撃飛行隊 VFA-86 『サイドワインダーズ Sidewinders』 第25戦闘攻撃飛行隊 『フィスト・オブ・ザ・フリート Fist of The Fleet』 第140電子攻撃飛行隊 『ペイトリオッツ Patriots』 第121早期警戒飛行隊 VAW-121 『ブルーテイルズ Bluetails』 第5ヘリコプター海上作戦飛行隊 『ナイトディッパーズ Nightdippers』 MH-60S 第79ヘリコプター海洋攻撃飛行隊 『グリフィンズ Griffins』 MH-60R 第40艦隊後方支援飛行隊 『ローハイズ Rawhides』 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

2020年 エイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館へ行く前に!見どころをチェック

アブラハム リンカーン

彼は、1809年2月12日、 貧しい開拓民の家に生まれた。 リンカーンの父トーマスは、未開の地を切りひらいて、 畑をつくることで稼いでいたが、 リンカーンも、独立するまで、父の仕事を手伝って、 農作業に従事する日々を過ごしていた。 リンカーンの両親は、無学で、 読み書きはできなかった。 父親(トーマス)は、かろうじて自分の名前だけは書けたが、 母親(ナンシー)は、全く字を書くことができなかった。 肉体労働中心の生活を送っていたリンカーンも、 ほとんど学校へ行くことができなかった (合計して、1年も行けなかった)が、 そこで読み書きを少し学ぶと、 よく本を読むようになった。 22才で、実家から独立したリンカーンは、 その後、様々な職についた。 雑貨店の店員、陸軍兵士、郵便局長、測量技師などなど。 そして、政治に関心をもった彼は、 イリノイ州の下院議員選挙に立候補し、 25才で、初当選を果たす。 その後、独学で法律を学んだリンカーンは、 28才で、試験に合格し、弁護士の資格を取得。 法律事務所で、働きはじめる。 37才で、連邦下院議員選挙に出馬し、 これに当選。 国政にたずさわるようになるが、 再出馬せずに、 1期2年で、連邦下院議員をやめてしまう。 そして再び、弁護士に戻ったのだった。 しかし、その後、奴隷制をめぐって、 アメリカ北部と南部の対立が激しくなると、 この問題に関心をよせたリンカーンは、 再度、政治の世界に、飛び込むことになるのである。 そのことについて、 ここで簡単に、説明しておきたい。 そもそもアメリカが建国された当初は、 全ての州に、奴隷制が存在していた。 工業や金融が発達した北部では、 奴隷制から得られるメリットがなかったため、 奴隷制を法律で禁止し、廃止した。 しかしアメリカ南部の態度は、 北部とは真逆だった。 南部の人々は、奴隷制を、強く擁護したのである。 というのも、農業中心の南部では、 労働力として、 黒人奴隷を、大量に必要としていたのだった。 大農場を経営する南部の白人たちは、 自分たちの生活の基礎である「奴隷制」を、 決して手放そうとはしなかった。 そして彼らは、奴隷制の拡大を阻止しようとする北部と、 激しく対立するようになるのである。 リンカーンは、人種差別主義者だった? 奴隷制の問題をきっかけとして、 再び、国政へ挑戦することを決意したリンカーンは、 連邦上院議員選挙に立候補し、 49才で、共和党の候補に指名された(1858年)。 この選挙戦で、リンカーン(共和党)は、 対立候補であるスティーヴン・ダグラス(民主党)と、 7回の討論を行なったが、 この時も、争点となったのは、 やはり奴隷制であった。 これに対しリンカーンは、ダグラスにこう反論した。 というのも、このダグラスとの討論の中で、 リンカーンは、こうも述べているからだ。 「私は、現在も、これまでも、 白人と黒人の社会的・政治的平等を もたらすことを好んだことはない。 『黒人を有権者や陪審員にしたい』と思ったことは、 1度もありません。 『彼らを公職につかせよう』とか、 『異人種間の結婚を許そう』などと思ったこともありません。 私は、ここにいる誰もと同じように、 白人に与えられている優等な地位を、 保持することを好んでいるのです。 でも白人たちが、優等な地位にいるからといって、 『黒人たちの全てが、否定されて良い』ということには、 ならないのです。 」 このリンカーン発言は、 我々の常識(21世紀の常識)からすれば、 間違いなく、問題発言である。 当時、白人優越思想を持っていたのは、 なにもリンカーンだけではなかった。 この恐ろしい差別社会が、 当時のアメリカの現実であった。 しかし、この敗北した選挙こそが、 後に、リンカーンが大統領になる、大きな足がかりとなった。 というのも、7回にわたるダグラスとの討論の要約が、 全国の新聞に掲載され、 リンカーンの名が、全国的なものとなったからである。 そしてダグラスに敗れた2年後の1860年、 この年に行なわれた大統領選挙に、 リンカーンは立候補した。 選挙戦の最中、 リンカーンの元に、1通の手紙が届いた。 グレイス・ベデルという名の11才の少女が、出した手紙で、 それには、こう書かれていた。 「リンカーンさんの顔は、ほっそりしているから、 ヒゲをはやした方が、ずっと立派になると思うんです。 」 この手紙を受け取った後、 リンカーンが、ヒゲを伸ばしはじめたのは、有名な話である。 ヒゲを伸ばしたおかげかどうかは分からないが、 11月に行なわれた大統領選挙で、 リンカーンは、見事、勝利した。 この時リンカーン、51才であった。 奴隷制を守り抜くためには、どうすべきか。 その後、次々と南部諸州が、連邦から離れていった。 そして翌年の2月8日、 連邦から独立した南部7州は、 「アメリカ連合国(南部連合)」という名の新国家を、 アメリカ南部に打ち立てた。 「アメリカ連合国」の大統領には、 元軍人で、政治家としても経験豊富な ジェファソン・デイビスという男が就任し、 今やアメリカは、2つの国家に、分裂してしまったのである。 南北戦争の勃発 11月の大統領当選から約4ヶ月後の1861年3月4日、 リンカーン大統領の就任式が、行なわれた。 就任演説の中で、リンカーンは 次のように述べることで、 南部が勝手に作った独立国家を、 認めない方針を明らかにした。 「連邦は、憲法よりも古いものであり、 南部諸州の脱退は、法的に無効であり、 連邦政府(リンカーンの政府)は、 これを認めることは出来ない。 」 しかし同時にリンカーンは、 戦争を望んでいないことも表明した。 連邦政府は、諸君を攻撃しない。 諸君は、自らが攻撃者であることなしに、 戦うことはできない。 そして就任演説の最後、リンカーンは、 南部人の心に訴えた。 「我々(北部と南部)は、敵ではなく、友達である。 我々は、敵であってはならない。 激情がみなぎっていようとも、 それによって、我々の親愛の絆が、たたれてはならない。 しかし、現実は非情であった。 リンカーンの思いもむなしく、 アメリカは、内戦へと転がり落ちていった。 内戦勃発の舞台となったのは、サムター要塞である。 サムター要塞とは、 サウス・カロライナ州(南部連合)にある、海上の要塞で、 この要塞は、連邦政府(リンカーンの政府)の支配下にあった。 南部連合の側からしてみれば、 自分の領土内にある、敵の施設(サムター要塞)を、 そのまま放っておくわけにはいかなかった。 そこでサウス・カロライナ州の知事は、 連邦政府に対し、要求を突きつけた。 リンカーンが大統領に就任した頃には、 サムター要塞は、南軍によって完全に包囲されており、 食料の備蓄も、1ヶ月分程度しか無かった。 このままいけば、サムター要塞は、 南軍に降伏するしかない。 サムター要塞に、救いの手を差し伸べるべきか否か。 リンカーンは、難しい立場に置かれた。 かといって、南部連合の言われるがままに、 サムター要塞を明け渡せば、 連邦政府が南部連合に屈することになる。 リンカーンは決断した。 サムター要塞に、救援部隊を送ることにしたのだ。 もしそうせずに、サムター要塞を見殺しにすれば、どうなるか。 リンカーンは言った。 「ユニオン(合衆国)の支持者を失望させ、 反乱軍(南軍)に勇気を与え、 外国に、南部連合を承認させる口実にされるでしょう。 実際これで、連邦が完全に崩壊するかもしれないのです。 このことは事前に、 サウス・カロライナ州知事(南部連合)に通知する。 結局、両者(アンダーソン大佐と南部連合)の話し合いは、 不調に終わり、 ついに南軍は、サムター要塞への攻撃を開始した。 リンカーン大統領の就任から、 わずか1ヵ月後の4月12日のことである。 そして、この攻撃が、南北戦争のはじまり、 アメリカ内戦のはじまりとなった。 その3日後の4月15日、 リンカーンは、 7万5千人の志願兵を募集し、 南軍を迎え撃つ準備を固めていった。 戦争の序盤は、リンカンにとって、試練の連続であった。 南北戦争がはじまると、 それまで連邦にとどまっていた南部の4州が、 次々と連邦から離脱してしまったのである。 これで南部連合は、計11州となった。 しかし反対に、黒人奴隷の解放が、 北軍に、大きなリターンをもたらす可能性もあった。 チャールズ・サムナー上院議員は、 リンカーンにこう言った。 「もっと兵士が、欲しいんじゃないのか。 それも北部だけでなく南部にも。 そう、敵の背後にな。 奴隷たちの力が、必要だよ。 ただし、ここで勘違いしてはならないのは、 リンカーンが奴隷解放を行なう理由である。 というのも、「奴隷解放予備宣言」を行なう、 わずか1ヶ月前の1862年8月22日、 リンカーンは、こう述べているからだ。 「私は、連邦を救いたいのだ。 この闘争(南北戦争)における、 私の最高の目的は、連邦を救うことであって、 奴隷制を救うことでもなければ、滅ぼすことでもない。 もし、ただ1人の奴隷も解放しないで、 連邦を救うことができるなら、私はそうしたい。 また、全ての奴隷を解放することによって、 連邦を救うことができるなら、私はそうしたい。 また、いくらかの奴隷を解放し、 その他の奴隷は、解放せずにおいて、 連邦を救うことができるなら、そうもしたいのだ。 私が、奴隷制と黒人について、事を行なうのは、 そうすることが、連邦を救うのに役立つと信じるから、 行なうのである。 」 この1ヵ月後の9月22日、 リンカーンは、奴隷解放に関する「予備宣言」を出した。 「1863年1月1日に、 アメリカ合衆国に対して、 反乱状態にある州内に、 奴隷として所有されている全ての人は、 当日、または当日以降、永遠に自由となる。 大統領は、前述の1月1日に、 当日、合衆国に対して、 反乱を起こしている州が存在する場合には、 かかる州を、布告によって指定する。 」 ここにある「反乱状態にある州」とは、 当然、南部連合の諸州のことを、想定している。 つまり、南部連合が、 1863年1月1日までに(およそ3ヶ月後までに)、 戦争をやめなければ、 南部連合が所有する奴隷は全員、解放され、自由となる。 これは、南部の奴隷制が、崩壊することを意味する。 そうなりたくなければ、 南部連合は、反乱をやめて、戦争を終わらせるしかない。 このように「予備宣言」は、 南部に、早期の戦争終結を迫る内容となっていた。 ところで、ここで気になる点が1つある。 残念ながら、この宣言には、限界があった。 境界州の奴隷は、1人も解放されないのである。 つまりリンカーンは、 「いくらかの奴隷を解放し、 その他の奴隷は、解放せずにおいて、 連邦を救う」ことにしたのだった。 やはり、この日になっても、 南部連合は、戦争をやめようとはしなかった。 そこでリンカーンは、約3ヶ月前(1862年9月22日)、 「予備宣言」の中で、予告したとおりに、 「反乱状態にある州」を指定し、 そこに住む奴隷を解放する宣言にサインした。 「私は、ここに指定された州(反乱状態にある州)で、 奴隷として所有されている全ての人が、 今後、自由となるべきことを命令し、宣言する。 」 この「奴隷解放宣言」によって、 リンカーンの名は、後に世界的なものとなった。 すでに述べたように、 これら一連の措置で、解放されるのは、 敵(南部連合)の奴隷のみであり、 味方(境界州)の奴隷は、 1人も解放されないのである。 そういう意味では、不完全な宣言であった。 またこの「奴隷解放宣言」は、北軍の戦力強化にも、役立った。 戦争終結までに、約18万人もの黒人たちが、 北軍に志願し、 南軍と戦ったのである。 だが、その一方でリンカンは、 死者60万人以上の大惨事(アメリカ内戦)を引き起こした人物でもあった。 本書は、 「偉大な大統領リンカン」の再検討を行なう 歴史ノンフィクションである。 リンカンは再選を果たすものの、 戦争終結直後に、暗殺されてしまう。 「リンカン最後の4年間」を、第一次史料から描き出す。 彼ら政治指導者は、いかに情報を収集し、何を決断し、 軍部という「現場」を動かしたのか。 「偉大な政治リーダー」不在の今、 危機的状況下での「決断」「人心掌握術」「リーダーシップ」を、 4人の卓越した政治家から学ぶ。 【著者】 エリオット・コーエン 【出版社】アスペクト 「人民の、人民による、人民のための政治」と演説したリンカーン大統領。 リンカーンの生涯は、 著述1冊すら残すヒマがないほどの多忙と苦難の連続であった。 したがってリンカーンの演説だけが、 彼の思想や人格を、うかがい知ることができる唯一の資料となっている。 【著者】 エイブラハム・リンカーン 【出版社】岩波書店 奴隷解放反対主義者にして、俳優の「ジョン・ウィルクス・ブース」は、 「奴隷解放」を掲げるリンカーン大統領を、拳銃で殺害した。 【著者】 ジェイムズ・スワンソン 【出版社】早川書房 リンカーン 崩壊寸前のアメリカを救った、リンカーン大統領。 リンカーンが大統領に就任してから、暗殺されるまでの4年間にわたり、 リンカーンの周辺人物たちの視点から、 偉大にして悲劇的な大統領リンカーンを描いた長編歴史小説。 【著者】 ゴア・ヴィダル 【出版社】本の友社 学習漫画。 その後アメリカは、「南北戦争」では「奴隷制」を廃止し、 世界一の経済大国へと成長していく。 「自由の女神」物語など。 【出版社】集英社 DVD ジョン・フォードが監督をつとめ、 青春時代のリンカーンを描いた「不朽の名作」。 雑貨店を営んでいたリンカーンは、 法律家になることを決意、 弁護士となり、 友人とともに、法律事務所を開いた。 そんな中、殺人事件が起こり、 アバゲイル・クレイの2人の息子(マットとアダム)が、 犯人として逮捕された。 大統領の「プロフィール」「就任式 就任演説 」「内政」「外交」 「事件」などが、 貴重な「映像」と「資料」によって、よみがえる。 【出演者】 「43人の歴代アメリカ大統領」と「関係者」。 「初代ジョージ・ワシントン大統領」から 「第24代グローバー・クリーブランド大統領」までは、 「写真」「イラスト」などで紹介。 「第25代ウィリアム・マッキンレー大統領」から 「第43代ジョージ・ブッシュ大統領」までは、「現存する映像」で紹介。 【内容】 「DVD 全10巻 」+「歴代アメリカ大統領の軌跡 書籍1冊 」 リンカーン・グッズ 偉人の名言ピースのサイズが小さく、高い難易度となっているため、 パズルが完成した時、これまでにない達成感が味わえます。 完成サイズが小さいので、小さな場所でも楽しめます。 8cm 第16代アメリカ合衆国大統領「エイブラハム・リンカーン」の首振り人形が、 ついに登場! 日本でも、おなじみのボビングヘッドメーカー、 ファンコ社の「ワッキー・ワブラー」です。 アメリカ共和党員で最初の大統領となったエイブラハム・リンカーン。 アメリカで最初の黒人大統領となったオバマ大統領は、 リンカーンの聖書を使用して就任の宣誓をしました。 【サイズ】 約180mm Copyright 伝記. com. All rights reserved.

次の

エイブラハム・リンカーン:モチベーションの上がる言葉51選

アブラハム リンカーン

名前は、アブラハム[1]、姓はリンカンと表記されることもある[2]。 弁護士、イリノイ州議員、上院議員を経て、1861年3月4日、第16代アメリカ合衆国大統領に就任した。 愛称は、エイブ Abe。 また、オネスト・エイブ Honest Abe 、レール・スプリッター the Rail Splitter 、「偉大な解放者 the Great Emancipator 」、「奴隷解放の父」とも呼ばれる。 身長6フィート4インチ(約193cm) wikipediaより リンカーンとは 1809年2月12日貧しい開拓民の家に生まれる。 学校にはあまりいくことがなかった。 少し読み書きを学びよく本を読むように。 25歳で、初当選様々な職を経た後イリノイ州の下院議員選挙で初当選を果たす。 28歳で、弁護士の資格を取得。 37歳で、連邦下院議員選挙に出馬し、当選。 しかしすぐに弁護士に戻る。 奴隷制の対立が激しくなると、再度政治に参加する。 ーエイブラハムリンカーンの略歴ー 年 年齢 出来事 1809 0歳 ケンタッキー州の丸太小屋で誕生 1818 9歳 母ナンシーがミルク病で34歳で死去 1819 10歳 父トーマスがサラブッシュジョンストンと再婚 1820 11歳 ミズーリ妥協 1828 19歳 2歳上の姉サラが死産で21歳で急逝 1830 21歳 ミルク病の蔓延を怖れ、一家でイリノイ州メイコン郡に転居 1831 22歳 一人で生きていくことを決め、イリノイ州サンガモン郡ニューセイラムに移住 1832 23歳 ブラックホール戦争にイリノイ州民兵隊に大尉として参加 1832 23歳 イリノイ州議会議員候補者となることを宣言 1832 23歳 選挙で落選 1832 23歳 地方新聞にレスリングの試合でロレンゾダウトンプソンに勝利した記事が出る 1834 25歳 州議会議員選挙に2度目の挑戦で当選 1836 27歳 法廷弁護士として認められ、スプリングフィールドに転居 1840 31歳 メアリートッドと婚約 1842 33歳 メアリートッドと結婚 1843 34歳 長男ロバートが誕生 1844 35歳 スプリングフィールドで自宅を購入 1846 37歳 ホイッグ党党員として下院議員に選出 1846 37歳 次男エドワードが誕生 1847 38歳 スポット決議を起草しポーク大統領に反対を強調 1849 40歳 船の浮上装置の特許を取得 1850 41歳 次男エドワードが病死、三男ウィリーが誕生 1853 44歳 四男トーマスが誕生 1854 45歳 奴隷制擁護のカンザスネブラスカ法が成立 1854 45歳 ピオリアで奴隷制反対の演説 1856 47歳 共和党大会で副大統領候補の第2位となる 1858 49歳 殺人容疑のジェイムズプレストンメッツカーを弁護 1858 49歳 スティーブンAダグラスの対立候補として上院議員選挙に出馬 1859 50歳 ドイツ語新聞のイリノイシュターツアンツァイガーを買収 1860 51歳 クーパーユニオン演説 1860 51歳 共和党大統領候補に指名される(少女のアドバイスに従いあごひげを生やし始める) 1860 51歳 第16代アメリカ合衆国大統領となる 1861 52歳 「アメリカ連合国」が主権国家を宣言 1861 52歳 ワシントンD. youce.

次の