明野 ちび バド。 スポーツサークル紹介・仲間募集

第6回新潟県近県小学生選抜バドミントン大会(水原総合体育館)

明野 ちび バド

明野ちびっこバドミントンクラブ(通称:明野ちびバド) 〜 沼田小雪さん・岡野理乃愛さんへ 〜 今春の中学3年引退メンバーは「沼田小雪さん」「岡野理乃愛さん」 小学生から、日々の練習と活動一生懸命頑張ってきたふたりです。 昨年 中3年総体は地区大会県大会と周囲からも注目される活躍でフィナーレ。 その後も、後輩指導とチームへ顔を出しちびっこたちへお手本のプレーも見せてくれる 優しいあこがれのふたりでした。 とはいっても ふたりともこれまでけして順風満帆ではなく、それぞれが辛い思い経験を、 しっかり乗り越え引退に至った。 それぞれの成長過程を間近で見守れたことは私も心から嬉しく、 実に素晴しい絆となりました。 この春「コロナ感染予防」の影響で引退式をしてあげられなかったのですが、 ふたりから思いがけず、心温まる素敵な「アルバム」を 理乃愛さんからの手紙を添えて頂きました。 辛いこと逆境を経験したふたりは、今後どんなことがあってもきっと頑張ってくれるでしょう。 また、そんなふたりだからこそ、誰にでも優しく相手の立場になって考えられる、 真の「強い人」になるでしょう。 「勝つことばかりが強さでは無い!」ふたりをみて改めて教えられました。 これまでの感動と沢山の思い出ありがとう。 高校生活もエンジョイして。 時々ちびバドへも顔出して下さい。 ちびっこ達と待っています。 2020. OGやOBの先輩達も遊びにくるので、とても賑やかです。 興味がありましたらまずは見学に来てみてください。 是非、ご覧ください。

次の

スケジュール

明野 ちび バド

大学でも、バド頑張ってください。 そして、地元に帰って来た時は、トレセンに来てください。 みんな、待ってます。 日向さんやコーチ、OB・OGの方々のおかげで今までの自分がいて、たくさんの仲間とも辛いこと、楽しいこと、嬉しいことの思い出を作ってくれたのも明野ちびバドです。 これから先はOBとして、今までやってきてもらったことを自分がやってあげられるようにしたいです。 今までありがとうございました!」 吉田 純君 より 「小中高と、12年間も見守ってくださった、日向さんをはじめとしたちびバドの方々には本当に感謝しています。 ちびバドというチームは、みんな優しくて、私は人に恵まれながら成長することができたなと思いました。 地域も広がって、明野・関城・下館・下妻・八千代・結城・三和など、遠方から参加している子も増えました。 この日も、新メンバーと、「体験」に来てくれた子がいました。 アットホームな雰囲気とバドミントンの楽しさを感じてくれたと思います。 みんな、いい試合ができたようです。 午後は、体育館で練習しました。 みんな、日ごろの練習の成果が出せたようです。 たくさん刺激を受けてきました。 部員のみなさん・先生・保護者の皆様、ありがとうございました。 たくさん刺激を受け、益々やる気になったようです。 教えていただいたことをトレセンに持ち帰って、また頑張ろう! 保護者のみなさんも、早朝からの送迎など、お疲れ様でした。 二人とも、みんなの前で読んでくれて、感動・涙。 日向さん、これからも健康第一で、ちびバドメンバーのご指導よろしくお願いします。 試合は、11月9日(下館体育館)。 練習の成果が少しずつ出始め、今後の成長も楽しみですね。 小学生のころから強化指定選手として遠征や練習をたくさん経験し、辛いことも たくさんあったと思います。 本当にお疲れ様でした。 次のステージに向けて、また 頑張ってください。 そして、ふうま君(鬼怒商1年)とさとる君(常総学院1年) も、現役選手で忙しい 中を夜練習に来てくれました。 ありがとうございました。 卒団してからも活躍している先輩の姿は、子供たちに夢と希望を与えてくれます。 これからも、ちびバドの練習に来てください。 みんな楽しみにしています。 部員も増えました。 初戦敗退でしたが、二人ともいい試合をすることができたようです。 バドミントンを始めてまだまだ日が浅い二人ですが、いつも前向きに取り組む姿は これからの成長を期待させてくれます。 朝から準備をしていただいたOB・保護者のみなさん、ありがとうございました。 練習相手をしてくれたり、いつものように大きな声をで練習を 盛り上げてくれました。 忙しいところ、来ていただいたことに 驚きとともに感謝です。 24・25の県大会、頑張ります。 ちびバドからは、けいご・はづき・ゆな、+保護者が参加しました。 3にんとも元気に楽しく、講習を受けてたくさん刺激をもらったようです。 日向さんはじめ、コーチ、ちびバドの仲間もかけつけ、 応援してくれました。 ありがとうございました。 こゆき:脱水状態となり、苦しい試合が続きましたが、最後までがんばりました! 団体では、こゆき対りのあ(ちびバド対決)もありました。 とても賑やかな体育館。 早朝から、ラインテープ・ネット・机・椅子・その他諸々の会場準備もみなさんにお手伝いいただきました。 少々スタートが遅れたり、ご迷惑をおかけしましたが、スムーズな進行をしていただき、遅れも取り戻し、たくさん試合ができました。 終始忙しい本部運営も、快く進めていただき、感謝の言葉しかありません。 本当にありがとうございました。 参加した子供たちも、みんなの協力で試合ができること、感じてくれたことと思います。 3年生のふたりは悔いのない総体になるよう応援しています。 遠保のため早朝出発となりましたが、ハイレベルな選手が 集結し、二人共たくさん刺激を受けて有意義な一日となりました。 当日は、葵クラブの皆さんに大変お世話にな りました。 ありがとうございました。 けいごは、大会にも慣れ、負けた中にも強化選手に一時リードするなど、手応えを感じたようです。 また、はづきも、初の公式戦がABC大会予選となり、戸惑いながらも精いっぱいプレーしました。 シード選手との対戦も、ひるまず最後まで試合をしました。 これからの 成長が楽しみです。 9時からの練習、そして練習マッチをたくさんこなすことができ、とても有意義な一日となりました。 各コートの進行その他、子供たちの面倒を見ていただきました指導者や保護者の皆様に感謝申し上げます。 ありがとうございました。 二日目は、恒例の「小貝川マラソン(約7キロ)」。 初日に引き続き、福島スマッシュジュニアさんも参加して くれました。 ありがとうございました。 お昼には美味しいカレーをいただき、午後は、卒団する中学3年生との「お別れ会」。 さとるくん・ふうまくん・るなさん。 ちびバドでの思い出を胸に刻み、胸を張って羽ばたい てください。 ゆうなは、小学生最後の大会。 接戦での敗退となりましたが、新井コーチご指導のもと、 最後まで諦めずに戦うことができ、本人も手応えを感じたようです。 今後は、中学でのバドミントンに活かし繋げていってほしいと思います。 けいごは、連盟主催の大会に初めての参加でしたが、大会の規模やレベルの高さに戸惑い ながらも、一生懸命頑張りました。 朝の練習相手やヒッティングパートナーをつとめたゆうな にも感謝しつつ、次の大会に向けて頑張ってください。 試合形式で5試合+リクエスト試合と、他チーム選手との練習マッチをたくさん経験させていただきました。 これからの公式戦に向けて、参加した子供たちはそれぞれに課題を見つけることが出来たと思います。 豊ジュニアクラブの皆様には、 準備から運営まで大変お世話になりました。 ありがとうございました。 たくさんのコーチの方にご指導いただき、とても有意義な練習会でした。 土浦jr様をはじめ、お世話になりました皆様に感謝いたします。 ありがとうございました。 体調が悪い中来ていただいた、日向コーチ、本当にありがとうございました。 また、大会を主催運営していただきました、舟島バドミントンクラブはじめ多くのスタッフの方々 に も感謝申し上げます。 ありがとうございました。

次の

明野ちびっこバドミントンクラブスポーツ少年団 : 筑西市スポーツ少年団

明野 ちび バド

明野ちびっこバドミントンクラブ(通称:明野ちびバド) 〜 沼田小雪さん・岡野理乃愛さんへ 〜 今春の中学3年引退メンバーは「沼田小雪さん」「岡野理乃愛さん」 小学生から、日々の練習と活動一生懸命頑張ってきたふたりです。 昨年 中3年総体は地区大会県大会と周囲からも注目される活躍でフィナーレ。 その後も、後輩指導とチームへ顔を出しちびっこたちへお手本のプレーも見せてくれる 優しいあこがれのふたりでした。 とはいっても ふたりともこれまでけして順風満帆ではなく、それぞれが辛い思い経験を、 しっかり乗り越え引退に至った。 それぞれの成長過程を間近で見守れたことは私も心から嬉しく、 実に素晴しい絆となりました。 この春「コロナ感染予防」の影響で引退式をしてあげられなかったのですが、 ふたりから思いがけず、心温まる素敵な「アルバム」を 理乃愛さんからの手紙を添えて頂きました。 辛いこと逆境を経験したふたりは、今後どんなことがあってもきっと頑張ってくれるでしょう。 また、そんなふたりだからこそ、誰にでも優しく相手の立場になって考えられる、 真の「強い人」になるでしょう。 「勝つことばかりが強さでは無い!」ふたりをみて改めて教えられました。 これまでの感動と沢山の思い出ありがとう。 高校生活もエンジョイして。 時々ちびバドへも顔出して下さい。 ちびっこ達と待っています。 2020. OGやOBの先輩達も遊びにくるので、とても賑やかです。 興味がありましたらまずは見学に来てみてください。 是非、ご覧ください。

次の