キンクマ ハムスター 性格。 キンクマハムスターの性格!温和で人になつきやすく飼いやすい

キンクマハムスターの飼い方と性格|寿命・値段・ケージ・オスメスの見分け方

キンクマ ハムスター 性格

この記事でまとめたこと• キンクマハムスター、歴史は? キンクマハムスターはゴールデンハムスターの人工改良により生まれたため、野生にはいない種類です。 ゴールデンハムスターと人間との歴史は、約200年とまだ浅いです。 ゴールデンハムスターは1839年のイギリスで学者ジョージ・ロバート・ウォーターハウス氏によって初めて博物館に展示されました。 日本へ渡ってきたのは、1939年頃です。 キンクマハムスター、性格は? キンクマハムスターはハムスターの中でも温厚な性格をしています。 人に懐きやすく、初心者にもおすすめです。 オスは臆病でおとなしい性格の子が多い反面、メスは気が強く攻撃的な子性格が多いです。 キンクマハムスター、多頭飼いには向かない? キンクマハムスターは警戒心と縄張り意識が強く、ストレスや怪我につながるため、多頭飼いには向いていません。 1匹ずつケージに入れて飼育することをおすすめしますよ。 キンクマハムスター、特徴は? キンクマハムスターの体長は18~19cmで、ゴールデンハムスターよりもやや大きくなるのが特徴です。 体重はオスが130g~200g、メスが150g~200gとオスよりもメスの方が大きくなる傾向にあります。 被毛は主にアプリコットのような可愛らしい色をしています。 キンクマハムスター、値段は? キンクマハムスターを飼うために必要なもの• ケージ• トイレ• 回し車• 餌入れ• 給水ボトル• ヒーター ケージ ケージは大きめのものを選ぶようにしてくださいね。 金網タイプよりも水槽の方が大きいものが多いためおすすめですよ。 床材 床材は木くずや紙でできたものをおすすめします。 柔らかく、アレルギーの心配がないためです。 巣箱 巣箱はハムスターが寝るための場所であり、出産や子育てのためにも必要なアイテムです。 成長する体の2~3倍の大きさのものが好ましいですよ。 木材や陶器でできた巣箱はかじっても誤飲の心配がないのでおすすめです。 トイレ トイレは中に砂を入れるハムスター専用のものを使用すると良いですよ。 誤飲しないために固まらないタイプの砂をおすすめします。 回し車 回し車は運動不足を解消するために必要なアイテムです。 ゴールデンハムスターサイズのものを用意することをおすすめします。 餌入れ 餌入れは、ひっくり返す心配がない陶器のものを使用すると良いです。 家庭にある小鉢でも代用することができますよ。 給水ボトル 給水ボトルは、衛生的にもケージに取り付けるタイプのものがおすすめですよ。 中の水は毎日取り換えることが大切ですよ。 冬眠をすると体力を消耗してしまうので、体調を崩したり、冬眠で眠ったまま命を落としてしまうこともあります。 何回も冬眠をさせないように、ケージや巣箱の下にヒーターを敷いて暖かくしてあげてくださいね。 キンクマハムスター、寿命は? キンクマハムスターの平均寿命• 小型のハムスターよりも体が大きいため長生きできますよ。 中には4年近く生きるハムスターもいます。 キンクマハムスター、何を食べさせる?与え方は? キンクマハムスターには、栄養バランスが良いハムスター専用の餌を主食として与えることをおすすめしますよ。 ひまわりの種やナッツ類は好物ですが、与えすぎると肥満になります。 野菜や果物は少量を補助的に与えてくださいね。 キンクマハムスター、トイレを覚える? キンクマハムスターは賢いのでトイレを覚えることができます。 1度覚えた場所からトイレを移動させると混乱するので、同じ場所に設置してくださいね。 もしトイレではない場所でおしっこを目撃した場合、そこではないことを教えるために、正しいトイレの位置に連れて行くことをおすすめします。 目撃したらすぐに連れて行くことがポイントです。 キンクマハムスター、おすすめ商品1:「ferplast」のデュナマルティ.

次の

キンクマハムスターの性格!オスとメスで違う?飼い方や大きさについても紹介!

キンクマ ハムスター 性格

キンクマハムスターとは キンクマハムスターはゴールデンハムスターを品種改良させた種類で野生に存在するハムスターではありません。 キンクマハムスターと呼ばれてはいるが、ゴールデンハムスターの中でもアプリコット色の個体をキンクマハムスターと呼んでいるだけらしいです。 アルビノの白いライオンをホワイトライオンと別種のように呼んでいるようなもんでしょうか。 要はキンクマハムスターはほぼゴールデンハムスターってことなんですが、キンクマって名前の響きが可愛いし、見た目とマッチしていて馴染んでるので、キンクマはキンクマでいいと思います。 ゴルハムと呼ぶには可愛すぎる。 ゴールデンハムスターの不思議 ゴールデンハムスターが野生で発見されたのは1930年にシリアで1匹の雌と12匹の仔だけ。 それ以降、野生種は発見されていないらしいです。 つまり、私が飼っているキンクマも誰かが飼っているゴールデンハムスターも全てその1匹の雌から始まっていて、全てその雌の子孫となります。 絶滅寸前だったものが偶然見つけられたのか、それとも突然変異だったのかわかりませんが、いずれにしろ1930年のシリアで見つかっていなければ、だれ一人としてゴールデンハムスターを飼っているひともいなければ、見たこともない、存在すら認識されていなかったでしょう。 それがここまで爆発的に増えてみんなに愛されているというのは不思議な運命ですね。 キンクマハムスターの特徴 視力 ハムスター類は近視であまり目がよくありません。 30cmくらいしか見えてないようです。 嗅覚 目が見えないぶん人間の40倍くらい鼻が効くみたいで、飼い主の匂いをちゃんと覚えててくれます。 触覚 視力の代わりヒゲが発達してます。 新しい餌なんかはヒゲで確かめて気に入らなければプイッとします。 頬袋 餌を貯めたり、巣材を運んだりするのに使います。 異次元ポケットみたいにどんどん入っていくのが不思議なんですが、頬袋に貯めてる時に触ってみると、けっこう首の後ろくらいまでゴツゴツしてるんですよね。 横だけじゃなくて奥まで袋が続いてるからあんなにいっぱい貯めれるんですね。 臭腺 最初は臭腺のことを知らなくて、腫瘍だと思って大慌てしました。 匂いを分泌して縄張りを、示したりするらしいですが、臭いと思ったことはありません。 ハムスター同士にししかわかんないんでしょうね。 前足 前足は器用にできているみたいで、ひまわりの種なんかは上手に転がして剥いていきます。 人間みたいで可愛いですよね。 キンクマハムスターの性格 キンクマハムスターは温和でおとなしい個体が多いです。 噛まれたことは一度もないですし、鳴いたこともありません。 他のハムスターのようにちょこまか動いて落ち着かない種類とちがってどっしりかまえてゆったり暮らしてます。 キンクマハムスターの知能 キンクマ(ゴールデン)ハムスターは小型のハムスターに比べて少しは頭が良いです。 トイレも覚えてくれるし、飼い主のことを認識してくれます。 また、脱走できる場所を覚えたりすると何度も脱走を繰り返します。 夜中に脱走して足に乗ってたときは、びっくりしましたが、ゆるふわフェイスに癒されました。 キンクマハムスターの繁殖 私はまだ経験がありませんが、増やそうと思えばわしゃわしゃと増えるみたいです。 出産は体に負担を与えてしまうので、目的もなく繁殖させるのは控えた方が良いでしょう。 とくに、高齢や肥満のハムスターは体が耐えれないかもしれないので気をつけてください。 産む方も育つ方も命がけです。 ハムスターの繁殖は一年中可能ですが、もし繁殖させようと思うのであれば気候の穏やかな春か秋が良いでしょう。 キンクマハムスターの金玉 オスの金玉が超でかいんです。 とくに夏場なんかは放熱するためにぶりーーんと出てます。 うちのはむむも病気かと思ってYahoo! 質問箱を覗いてみると、同様に病気かと思って病院に駆け込んだ人がたくさんいるようで、デカすぎるだけかと思ってホッとしました。 でも実際に病気で肥大している可能性もありますので、キンクマのキンタマはよく観察しましょう。 オスとメスの違い 生後1ヶ月に満たないと判断が難しいのですがオスとメスの見分け方は、生殖器と肛門の間が短いのがメスで、生殖器と肛門の間にタマがあるのがオスです。 成熟すれば金玉がぼろりーんと出てくるので一目でわかります。 また、オスとメスで性格が少し変わります。 メスは気が強くて好奇心旺盛な個体が多いですが、オスは大人しくて臆病で甘えん坊です。 これはどの動物も共通して言えることなのですが、メスは自立して子供を育てる必要があるので、気が強くなる傾向があります。 もしも、はじめてのキンクマを飼うときはオスの方が慣れやすくて飼いやすいかもしれません。 キンクマハムスターの飼育に必要な環境 キンクマハムスターは小型のハムスターと比べるとけっこうでかいです。 なのでそれなりのスペースがないとストレスを感じてしまいます。 私が今使ってる衣装ケースのケージがそれくらいですが、それでも狭いような気がします。 衣装ケースケージの作り方は今後の記事で書いていきたいと思います。 キンクマハムスターは初心者でも飼いやすい キンクマハムスターはとても飼いやすい動物です。 しかも可愛いし、なつくし、文句のつけようがありません。 もし、一人暮らしで寂しい思いをしている人がいるとしたらキンクマハムスターを飼育してみてはどうですか? クシクシ可愛いですよ。

次の

ゴールデンハムスターの種類別の性格を比較!飼いにくい子もいる?

キンクマ ハムスター 性格

ゴールデンハムスターの種類別の性格! まず、 ゴールデンハムスターには いくつかの種類があります。 1番有名なのは、 「ゴールデンハムスター」と 呼ばれている白とオレンジっぽい 茶色の毛のハムスターですよね。 実は、そのほかにも キンクマハムスターや クロクマハムスターと 呼ばれる種類の ゴールデンハムスターが いるのです。 ここでは、その3種類の性格を 比べていきたいと思います。 ゴールデンハムスター まずは 1番有名でノーマルな ゴールデンハムスタ ー です。 性格は他の種類のハムスターと 比べると温和で優しい固体が 多いでしょう。 また、臆病なところもあり、 人をか噛むことはあまりないと 一般的にはいわれています。 ただ、これは本当かな?と 思うところもあり、 私が飼っていた ゴールデンハムスターは3匹中 2匹が物凄く噛む子だったので、 その固体の性格に大きく 左右されるのではないかと感じます。 キンクマハムスター キンクマハムスターも、 ゴールデンハムスターの中の 1つの種類なので、 性格的にはノーマルな ゴールデンハムスターとの 違いはありません。 温和で優しく、臆病なところも あるけれど人懐っこい、 飼いやすいハムスター だといえます。 もちろん、 個体差はありますので ペットショップのスタッフさんに 「人懐っこい子が良いのですが」と 聞いてみることをお勧めします。 クロクマハムスター クロクマハムスターも、 ゴールデンハムスターの 種類の1つなので、 性格は温厚で優しく、 マイペースで臆病だといえます。 ジャンガリアンハムスターなど 他の種類と比べ、 人になつきやすいので、 ハム飼い初心者に向いている といえるでしょう。 たくさんスキンシップをとりたい という人や、 手に乗せて可愛がり たいという人におすすめです。 ゴールデンハムスターの種類でいちばん飼いやすいのはこれ! ゴールデンハムスターの中でも 飼いやすい種類はいるの?と 疑問に思う人もいますよね。 ハムスターを初めて飼う人や、 小さいお子さんがいる人なんかは、 なつきやすく飼いやすい子に したいという人が多いようです。 ゴールデンハムスターは、 基本的にどの種類も飼いやすいので 「特に飼いやすい種類」と いうものは基本的にはありません。 飼いやすさは、その子の性格に よるものが大きいので、 1番最初にどの固体を選ぶかが 重要になってきます。 また、基本的に ゴールデンハムスターは違う 種類でもしつけの方法に 変わりはありません。 ジャンガリアンハムスター などとは違い、 ゴールデンハムスターは トイレを1箇所に決めるので、 ハムスターの中でもしつけが しやすい種類だといえます。 無理に手に乗せたり、 過剰なスキンシップを望むと、 飼い主に対して恐怖心を 抱いてしまい、 人間に慣れなくなってしまうので 注意が必要です。 あせらずにゆっくりと ハムスターとの距離を 縮めていきましょう。 ゴールデンハムスターは毛色の種類もたくさん ゴールデンハムスターは、 毛色の種類がたくさんあります。 ここではノーマルゴールデン キンクマ・クロクマしか 紹介をしませんでしたが、 「白・バンデッド・三毛・ グレー・まだら模様」などの 模様のゴールデンハムスターも 存在します。 毛色だけではなく、 短毛・長毛も選ぶことが できるでしょう。 どんなハムスターも可愛いですが その中でも好みのハムスターを 見つけることができるといいですね まとめ ここでは、ゴールデンハムスターの 種類別の性格をご紹介 していきました。 ゴールデンハムスターには ノーマルだけではなく、 キンクマやクロクマなど さまざまな種類があります。 どの種類にも性格に差はなく、 温和で賢く、なつきやすい種類 だといえるでしょう。 ゴールデンハムスターは、 トイレと人との関わり方を しつけることができます。 しつけの中でも特に気をつけて ほしいのは、人とのかかわり方を 教える方法です。 何日にもかけて、 少しずつ慣らし、 しつけていくことで、 最終的には手に乗ってくれたり、 人間と一緒にいてもリラックス してくれるようになります。

次の