バーチャルユーチューバー 速報。 VTuberのまとめのまとめ

VTuberのまとめのまとめ

バーチャルユーチューバー 速報

この記事の目次• VTUBERのマネジメント キズナアイの登場後、多くのバーチャルユーチューバー(VTuber)が登場し、その数はすでに300を越えるとも言われています(後述のランキングでは2018年4月10日時点で「1688位」まであります)。 2018年4月現在では企業運営バーチャルユーチューバーや、VTUBER専門のマネジメント会社も立ち上がるほどの盛り上がりをみせています。 マーケティング大手のユーザーローカルがまとめていますバーチャルユーチューバーランキング。 そこでは、人気VTUBERの中にも個人運営のチャンネルも多数見つかります。 その場合は個人がマネジメントや制作を行っています。 法人や委員会などの団体であれば、権利や制作など多くの人が関わっていてマネジメントや取りまとめは運営元ホームページからたどることができます。 バーチャルユーチューバーは、生い立ちも運営も様々です。 >> それでは、話題のバーチャルユーチューバーを擁するマネジメント事務所やプロダクションや制作会社や、所属バーチャルユーチューバー(2018年4月10日時点)まとめをどうぞ。 バーチャルYouTuber事務所 エンタム VR事業を営むデュオが2018年4月9日に発表しました。 ミライアカリ• 猫宮ひなた• ヨメミ• 届木ウカ• もちひよこ >> アップランド アプリ開発やメディア運営のアップランドが展開。 電脳少女シロ• ばあちゃる >> いちから >>• 月ノ美兎• 樋口楓• 勇気ちひろ• エルフのえる• 鈴谷アキ• モイラ• 剣持刀也• 伏見ガク• 野良猫• 夕陽リリ• 鈴鹿詩子• 物述有栖• 森中花咲 岩本町芸能社 >>• 鈴木 あんず• 白藤 環• 日向 奈央• 栗原 桜子• 夏目 ハル• 馬越 健太郎 ユニコーン バーチャルユーチューバーの支援システム「バーチャライズ」も提供するユニコーン株式会社。 紫音 しおん• 那乃 なの• 美々奈 みみな• 真白 ましろ• 瑠々葉 るるは• 光 こう カバー >>• ときのそら Smarprise >>• 富士葵 イグジス >>• 藤崎由愛(YUA) GUGENKA >>• 東雲めぐ Project A. 製作委員会 >>• キズナアイ シテイル >>• 尾野(キツネ)• ナナホシすず 獣音ロウプロジェクト プロジェクト方式で展開される獣音ロウ。 運営会社としてはMUGENが担当しています。 >> >> ライトフライヤースタジオ 大手ゲーム会社、グリーが4月13日設立の会社。 >> サイバーブイ サイバーエージェントグループのCyberZが設立したプロダクション会社です。 Ficty VR体験施設の開設をしたFons株式会社が新設。 >> バーチャルユーチューバーの作り方 モーションキャプチャなど様々 モーションキャプチャ方式で、大掛かりなバーチャルユーチューバー動画の作り方についてレポートされている貴重な動画です。 その他、アプリなどでも作り方は可能です。 他にも多くの制作環境があります。 専用システム(モーションキャプチャなど)• 専用システム(MMDやKinect、Voiceroidなど個人レベルでの開発や組み合わせ)• VIVEなど既存VRシステムの延長• Live2D• にじさんじ(アプリ)• ホロライブ(アプリ)• その他 >> 著作権などライセンス バーチャルユーチューバーの先駆けキズナアイは、3Dデータも公開し、個人利用であれば無料で使えるというオープンライセンス戦略を採用。 多くのYouTuberがコラボ動画を作り、人気を不動のものにしました。 事務所やマネジメント会社の競争が激しくなりますと、今後ライセンス戦略でも露出や人気に差が出る可能性がありますので、注目が集まりそうです。 ・ ・ ・ ・ ・ 今年もバーチャルユーチューバーは、まだまだ盛り上がりそうですね! 関連情報リンク 訪日観光大使も務めるキズナアイ。 >> VTUBERのランキングサイト。 >> VRのニュースはこちら。 バーチャルユーチューバーはやっぱりキャラですよね。 >> アイドル情報も満載です。 >> ニコニコがバーチャルユーチューバーの情報を募集。 >> 出演や露出は増えていきそうです。 >> バーチャルユーチューバーになれるアプリ。 こちらもアプリです。 >> 2018年3月時点ではまだUUUMは参入していません。 >> VTUBERは投資額を回収できるのか。 >> キズナアイ登場当初に書かれた考察記事。 >> クラウドファンディングでブーストしたVTUBER。 >> バーチャルおばあちゃんなどの素材。 >> モーションキャプチャ以外にも多くのVTUBERツールがあります。 >> Vtuber(バーチャルYouTuber)開発基礎研修。 >> まずはここを抑えておけば、バーチャルユーチューバーについて理解できます。 >> 具体的なVTUBERはこちらの記事がおすすめ。 >> 辞書的なものは2018年4月10日現在、ピクシブが充実しています。 >> キズナアイの運営会社について考察されています。 >> バーチャルタレントの会社。 >> ミライアカリは6000万円で作った・・・という設定!? >> いっぽうで継続ができなくなるところも。 そんなに甘くない。 >> まとめ キズナアイの登場から1年がすぎ、バーチャルユーチューバーの話題も次の局面へと移っています。 今後どうビジネスが展開していくのか、文化として定着していくのか、興味はつきません。 いっぽう事務所やマネジメント会社などの設立も増えそうですが、その場合はいかにしてマネタイズをしていくのかという壁がはだかりますので、そちらも興味深いですね。 何気に、DeNA(エイプリルフール企画ではあったそうですが)とDMM、GMOあたりは動きがあっても良さそうですけどね。 どうなのでしょうか。 バーチャルユーチューバー、ほんと見ていて楽しいですよね。 うちの子供達もよく見ています。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

ぶいちゅーばー速報

バーチャルユーチューバー 速報

そもそもバーチャルユーチューバー とは? バーチャルユーチューバー (VTuber)とは2Dや3Dのキャラクターたちのアバターを用いてYoutubeなどで動画配信を行う配信者のことです。 バーチャルキャラクター達が実際に動き回ったり、表情豊かに笑ったり怒ったりと色んな反応をしながらゲーム実況などの企画にチャレンジしていく、今までにない新しいスタイルで、かなりの話題を呼びました。 年々VTuberの数も増えており、2019年5月の段階でその数は8000人を突破しています。 バーチャルユーチューバーの仕組み バーチャルユーチューバーの仕組みをざっくり説明すると• カメラなどのセンサーで配信者の動きを計測• 計測情報をバーチャルキャラにリアルタイムで連動させる• バーチャルキャラが連動して動いてる様子を撮影• 撮影した映像をYoutubeなどで配信 といった感じです。 上記動画はがっつり作り込んでバーチャルユーチューバー をやっているので、 「やっぱりVTuberやるの難しそう」 と感じてしまうほど機材も技術もハイレベルなものですが、実際にはここまでのものを用意しなくてもバーチャルユーチューバーになることができます。 究極、スマホさえあれば誰でも簡単にバーチャルユーチューバーになることができます。 ハイレベルなVTuberを目指すならPCがおすすめ! ある程度レベルの高いVTuberを目指すならPCを活用してのやり方がおすすめです。 PCであれば• ・カスタマイズ性が高い• ・より多くの動きをバーチャルキャラに反映可能• ・動画配信がやりやすい• ・VTuber配信の幅が広がる など多数のメリットを活かせます。 細かい部分まで自分の好きなように設定ができるので、VTuberとして自分がやりたいことが存分に行うことができます。 ただ、一つデメリットがあるとすれば、機材など初期費用が結構かかってしまうことでしょう。 PCでVTuberをやるために必要なもの PCでVTuberを行うには• ・PC• ・マイク• ・バーチャルキャラモデル• ・モーショントラッキング機材• ・トラッキングソフト• ・動画編集ソフト などが必要です。 PC PCは可能であれば、出来るだけスペックの高いものおすすめします。 PCのスペックが高ければその分、VTuberとしてできる選択肢の幅がグッと広がります。 バーチャルキャラモデル バーチャルキャラモデルは自分オリジナルのものを使いたいところですが、作成するには専門的な技術が必要なので自分でオリジナルキャラを作成をするのはなかなか大変です。 特にこだわりなどがなければ、まずは無料配布されているバーチャルキャラを利用するか、VTuber支援ソフトなどを利用して、サクッと作ってみるのが良いでしょう。 モーショントラッキング機材 自分の動きをバーチャルキャラと連動させるための「モーショントラッキング機材」も必要です。 全身のトラッキングを行いたい場合は、VRデバイスやトラッキングスーツなど高価なデバイスが必要となります。 全身ではなく、表情など顔の動きだけの連動でよければ、1000円くらいのウェブカメラで行うことも可能です。 トラッキングソフト トラッキング機材で計測した動きを、バーチャルキャラクターに連動させるためのソフトも必要です。 Vカツ• Facerig などではバーチャルキャラが準備できるのに加え、トラッキング機能も備わっているので、比較的簡単にバーチャルキャラを動かすことができるでしょう。 手軽にサクッとやりたいならスマホでもOK! 特に細かいこだわりがなく、 「サクッと手軽にVTuberをやりたい!」 という人であれば、スマホからVTuberを初めてみると良いでしょう。 スマホ1台でキャラ制作から配信まで行えるアプリも登場しているので、一番簡単にVTuber配信をスタートすることができます。 ただ、手軽になっている分、PCのような細かいカスタマイズは難しくなっています。 誰でも簡単!バーチャルユーチューバー になれるおすすめソフト バーチャルユーチューバー になるために必要なソフトの中で簡単に使用することのできるおすすめソフトをPCとスマホそれぞれで紹介します。 VTuberになれるおすすめソフト【PC版】 PCで活用できるおすすめのVTuberソフトを紹介します。 faceRig 「FaceRig」はSteamにて販売されているモーショントラッキングソフトです。 評判も高いソフトで、複数の3Dアバターが用意されているので、アバターの準備することなくVTuberとしての撮影を行うことができます。 もちろん自作のアバターも取り込んで使用することも可能です。 facerigのトラッキング機能は表情など顔の動きのみ読み取りとなっているため、全身の動きを取り込むことはできません。 20GHz および同等のプロセッサー メモリー 4GB RAM グラフィック NVIDIA GeForce GTX560 および同等のグラフィックアダプタ DirectX Version 11 ストレージ 4GB 利用可能 サウンドカード DirectX 9. 0c互換のサウンドカード Webカメラ 720p 30fps以上対応 Vカツ VカツはPCで利用できるVTuber支援サービスです。 アクセサリー など300以上もの項目から自分の理想のキャラクターを無料で作成することができます。 作成したキャラクターは「バーチャルキャスト」などのプラットフォームでの配信に活用することができます。 (バーチャルキャストで利用する場合は追加で5,000円必要となります。 VTuberになれるおすすめソフト【スマホ版】 スマホで使えるおすすめのVTuberアプリを紹介します。 パぺ文字 「パペ文字」はApp Storeにて無料でダウンロードできるスマホ向けアプリです。 iPhoneXのみ対応の動画撮影ソフトで、iPhoneXの顔認証機能を利用して自身の顔だけをキャラクターの顔に変更したりすることができます。 表情の変化も細かく表現されるため、iPhoneX一台で、手の動きや全身の動きなども動かすことができます。 また背景色も変更可能で、もし動画配信などで背景に動画を流したい場合でも緑色の背景にして、グリーンバックの背景合成機能を持つ編集ソフトを使用すれば、ゲーム背景をバックにバーチャルユーチューバー としてゲーム実況を行う、なんてことも簡単に行うことができます。 ホロライブ ホロライブは無料で配信されているスマホ向け表情認識アプリです。 Android、iPhoneのどちらでも使用が可能なアプリですが、Android版とiPhone版では簡単な口の動きや顔の動きにしか対応していません。 iPhoneXでのみ、目の動きや口の細かな動きにも対応しています。 こちらも他のアプリと組み合わせることで動画撮影が可能で、試しにバーチャルユーチューバー がどのようなものなのか、最初に触れるアプリとしては十分な機能を備えています。 REALITY REALITYはVTuberのライブ配信・視聴ができるスマホアプリです。 REALITYアプリ一つでVTuberとしてのライブ配信が行えるほか、他のVTuberのライブ配信をみることもできます。 バーチャルキャラクターをカスタマイズできる機能も備わっているので、自分好みのキャラクターの作成も行えます。 バーチャルユーチューバーになるためにかかる費用 上記でも挙げたように無料スマホアプリを駆使すれば、お金を使うことなくバーチャルユーチューバー になることもできます。 ですが、自分だけのオリジナリティやある程度のクオリティの高さを求めるのであれば、多少なりともお金はかかります。 ざっくりですが一定のクオリティのVTuberになるという場合であれば、• ・Webカメラ(2000円~)• ・マイク(2000円~)• ・モーショントラッキングソフト「FaceRig」(1,480円)• ・追加DLC:「FaceRig Live2D Module」(398円)• ・動画編集ソフト(フリー) で、 計6000円程度かかります。 この計算はPCのスペックを無視した計算なので、PCも新たに購入するとさらにお金がかかります。 まとめ バーチャルユーチューバーが身近になり、誰でも参入できる仕組みができつつあるのは、一ファンとしてもありがたいですよね。 スマホ一つで誰でもバーチャルユーチューバー になれるというのは革新的な技術なのではないでしょうか。 仕組みができて、これからどんどん競争が激しくなっていけば、さらに面白い企画や取り組みを行うバーチャルユーチューバー や今までにない個性を発揮してくれるバーチャルユーチューバーもでてくるでしょう。 今後もますます盛り上がりを見せるバーチャルユーチューバー達から目が離せません。

次の

ぶいちゅーばー速報

バーチャルユーチューバー 速報

この記事の目次• VTUBERのマネジメント キズナアイの登場後、多くのバーチャルユーチューバー(VTuber)が登場し、その数はすでに300を越えるとも言われています(後述のランキングでは2018年4月10日時点で「1688位」まであります)。 2018年4月現在では企業運営バーチャルユーチューバーや、VTUBER専門のマネジメント会社も立ち上がるほどの盛り上がりをみせています。 マーケティング大手のユーザーローカルがまとめていますバーチャルユーチューバーランキング。 そこでは、人気VTUBERの中にも個人運営のチャンネルも多数見つかります。 その場合は個人がマネジメントや制作を行っています。 法人や委員会などの団体であれば、権利や制作など多くの人が関わっていてマネジメントや取りまとめは運営元ホームページからたどることができます。 バーチャルユーチューバーは、生い立ちも運営も様々です。 >> それでは、話題のバーチャルユーチューバーを擁するマネジメント事務所やプロダクションや制作会社や、所属バーチャルユーチューバー(2018年4月10日時点)まとめをどうぞ。 バーチャルYouTuber事務所 エンタム VR事業を営むデュオが2018年4月9日に発表しました。 ミライアカリ• 猫宮ひなた• ヨメミ• 届木ウカ• もちひよこ >> アップランド アプリ開発やメディア運営のアップランドが展開。 電脳少女シロ• ばあちゃる >> いちから >>• 月ノ美兎• 樋口楓• 勇気ちひろ• エルフのえる• 鈴谷アキ• モイラ• 剣持刀也• 伏見ガク• 野良猫• 夕陽リリ• 鈴鹿詩子• 物述有栖• 森中花咲 岩本町芸能社 >>• 鈴木 あんず• 白藤 環• 日向 奈央• 栗原 桜子• 夏目 ハル• 馬越 健太郎 ユニコーン バーチャルユーチューバーの支援システム「バーチャライズ」も提供するユニコーン株式会社。 紫音 しおん• 那乃 なの• 美々奈 みみな• 真白 ましろ• 瑠々葉 るるは• 光 こう カバー >>• ときのそら Smarprise >>• 富士葵 イグジス >>• 藤崎由愛(YUA) GUGENKA >>• 東雲めぐ Project A. 製作委員会 >>• キズナアイ シテイル >>• 尾野(キツネ)• ナナホシすず 獣音ロウプロジェクト プロジェクト方式で展開される獣音ロウ。 運営会社としてはMUGENが担当しています。 >> >> ライトフライヤースタジオ 大手ゲーム会社、グリーが4月13日設立の会社。 >> サイバーブイ サイバーエージェントグループのCyberZが設立したプロダクション会社です。 Ficty VR体験施設の開設をしたFons株式会社が新設。 >> バーチャルユーチューバーの作り方 モーションキャプチャなど様々 モーションキャプチャ方式で、大掛かりなバーチャルユーチューバー動画の作り方についてレポートされている貴重な動画です。 その他、アプリなどでも作り方は可能です。 他にも多くの制作環境があります。 専用システム(モーションキャプチャなど)• 専用システム(MMDやKinect、Voiceroidなど個人レベルでの開発や組み合わせ)• VIVEなど既存VRシステムの延長• Live2D• にじさんじ(アプリ)• ホロライブ(アプリ)• その他 >> 著作権などライセンス バーチャルユーチューバーの先駆けキズナアイは、3Dデータも公開し、個人利用であれば無料で使えるというオープンライセンス戦略を採用。 多くのYouTuberがコラボ動画を作り、人気を不動のものにしました。 事務所やマネジメント会社の競争が激しくなりますと、今後ライセンス戦略でも露出や人気に差が出る可能性がありますので、注目が集まりそうです。 ・ ・ ・ ・ ・ 今年もバーチャルユーチューバーは、まだまだ盛り上がりそうですね! 関連情報リンク 訪日観光大使も務めるキズナアイ。 >> VTUBERのランキングサイト。 >> VRのニュースはこちら。 バーチャルユーチューバーはやっぱりキャラですよね。 >> アイドル情報も満載です。 >> ニコニコがバーチャルユーチューバーの情報を募集。 >> 出演や露出は増えていきそうです。 >> バーチャルユーチューバーになれるアプリ。 こちらもアプリです。 >> 2018年3月時点ではまだUUUMは参入していません。 >> VTUBERは投資額を回収できるのか。 >> キズナアイ登場当初に書かれた考察記事。 >> クラウドファンディングでブーストしたVTUBER。 >> バーチャルおばあちゃんなどの素材。 >> モーションキャプチャ以外にも多くのVTUBERツールがあります。 >> Vtuber(バーチャルYouTuber)開発基礎研修。 >> まずはここを抑えておけば、バーチャルユーチューバーについて理解できます。 >> 具体的なVTUBERはこちらの記事がおすすめ。 >> 辞書的なものは2018年4月10日現在、ピクシブが充実しています。 >> キズナアイの運営会社について考察されています。 >> バーチャルタレントの会社。 >> ミライアカリは6000万円で作った・・・という設定!? >> いっぽうで継続ができなくなるところも。 そんなに甘くない。 >> まとめ キズナアイの登場から1年がすぎ、バーチャルユーチューバーの話題も次の局面へと移っています。 今後どうビジネスが展開していくのか、文化として定着していくのか、興味はつきません。 いっぽう事務所やマネジメント会社などの設立も増えそうですが、その場合はいかにしてマネタイズをしていくのかという壁がはだかりますので、そちらも興味深いですね。 何気に、DeNA(エイプリルフール企画ではあったそうですが)とDMM、GMOあたりは動きがあっても良さそうですけどね。 どうなのでしょうか。 バーチャルユーチューバー、ほんと見ていて楽しいですよね。 うちの子供達もよく見ています。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の