是非 お待ち し て おり ます。 「お待ちしております」の正しい意味を例文を交えて使い方を解説

「お待ち申し上げております」の使い方は? 正しい使い方と意味を解説【例文つき】

是非 お待ち し て おり ます

人は、生活している以上は会話をする必要があります。 なぜなら、会話というのはコミュニケーションの手段でもあるからです。 そのため、私生活においても、ビジネスのシーンにおいても、人は会話をします。 ここで問題になるのが、言葉遣いです。 親しい友人に対して敬語を使う必要はありませんが、ビジネスシーンにおいてはどうでしょうか。 ビジネスシーンだと信用に繋がる 社会では、ビジネスマナーというものをわきまえて活動する必要があります。 そのため、上司や、一定の地位にある人に対しては、敬語を使う必要があるでしょう。 敬語を使わなければ、信用を失う事態に発展する可能性があります。 場合によっては、取引先との商談も失敗に終わる可能性があるので、敬語はそれだけ意識すべきなのです。 以下で、間違いやすい敬語である「お待ちしております」について見ていきましょう。 「お待ちしています」より「お待ちしております」の方が正しい敬語 企業に勤める従業員として、相手方にビジネス関連のメールを送る場合があります。 この時、メールの本文に「お待ちしています」という記載をするケースがあるでしょう。 しかし、この場合においては、「お待ちしております」の方がより正しい敬語になります。 では、なぜ「お待ちしております」の方が正しい敬語になるのでしょうか。 ここでは、その理由について詳しく説明していきます。 謙譲語が含まれている 基本的に、「いる」の謙譲語は「おる」となります。 従って、「お待ちしています」という言い方よりも、「お待ちしております」の方がより適切なのです。 ただし、「お待ちしています」という言い方の中にも敬語は含まれているので、こちらの方を選択してメールの本文に記載してしまうケースも多いでしょう。 敬語として正しいのは「お待ちしております」だというのを覚えておいてください。 「お待ちしております」よりも丁寧な敬語がある 「お待ちしております」については、敬語として問題はないため、一般的にもよく使われている表現のひとつです。 しかし、メールを受信した相手からの印象をより良くする上では、「お待ちしております」よりも丁重な表現の敬語があるのです。 ここでは、具体例を見ていきましょう。 「お待ち申し上げております」がより丁寧 「お待ちしております」という敬語より、「お待ち申し上げております」の方が、より丁重な印象を相手に与えられます。 なぜなら、「お」という接頭語と「申し上げる」の組み合わせは、謙譲語としてのひとつの型だからです。 従って、「お待ちしております」よりも「お待ち申し上げております」の方がより丁寧であり、ビジネスシーンであればこちらの敬語を活用するケースのほうが多くなるでしょう。 「お待ちしております」をより丁寧な敬語で表現するなら「お待ち申し上げております」 目上の人とのメールのやり取りをする上では、「お待ちしています」を使うのは最適とは言えません。 従って、「お待ちしております」や「お待ち申し上げおります」のように謙譲語を取り入れるのが大切となるのです。 ただし、シーンによっては、「お待ちしております」ではなく、別の表現の方が適切な場合もあるため、敬語を使い分けましょう。

次の

モノマル不動産 賃貸物件をお探しの方、是非お待ちしております!!

是非 お待ち し て おり ます

「お待ち申し上げております」は強い謙譲語 「お待ちしております」と似たフレーズで、 「お待ち申し上げております」があります。 ほぼ意味は一緒でも丁寧な印象が強く、一般的により強い敬意を表現する形で使用されます。 謙譲語の形状「お~する」「ご~する」を踏まえると、「申し上げて」も謙譲語です。 そのため二重敬語ではないのかという風に疑念を持つ方も多いかもしれません。 しかし、この表現もまた正しい使い方で、 接頭語としての「お」と「申し上げる」とを組み合わせて使うことによって、相手への強い謙譲を表現できることが出来ます。 「お待ちしております」と「お待ち申し上げております」の違いは相手に対する敬意の度合いです。 デパート等のアナウンスを含め、機械的に流れる放送などに、このフレーズが使われます。 ビジネスシーンの一般的な会話でも使われますが、かたい印象が強いので、相手との関係性によっては丁寧すぎて冷たく感じる人もいるかもしれません。 「お待ち申し上げております」は書き言葉で、「お待ちしております」は会話の言葉と使い分けるのもいいでしょう。 「お待ちいたしております」は間違い 「お待ちしております」は、「お待ちする」+「いる」からなっています。 対して、「お待ちいたしております」になると「お待ちする」+「いたす(致す)」+「いる」に分解され、「いたす」と「いる」がだぶった意味合いがあります。 使う人も少なくない表現ですが、間違いであるのを認識しておきましょう。 丁寧に言いたい気持ちがあっても、「お待ちしております」で丁寧さは十分伝わります。 ビジネスメールでの「お待ちしております」は曖昧? 「お待ちしております」の特徴として、押しつけがましくない表現ということがあります。 接客などでは都合よく使える表現でしょう。 しかし、ビジネスメールにおいて「ご返信をお待ちしております」とすると、相手によっては返信するまでに猶予があるようにとる人もいます。 かならず返信がほしいならば、「ご返信くださいますようお願いいたします(申し上げます)」などの表現にするのが無難でしょう。

次の

「お待ちしております」は敬語としてOK?ビジネスで役立つ例文も

是非 お待ち し て おり ます

「お待ち申し上げております」は強い謙譲語 「お待ちしております」と似たフレーズで、 「お待ち申し上げております」があります。 ほぼ意味は一緒でも丁寧な印象が強く、一般的により強い敬意を表現する形で使用されます。 謙譲語の形状「お~する」「ご~する」を踏まえると、「申し上げて」も謙譲語です。 そのため二重敬語ではないのかという風に疑念を持つ方も多いかもしれません。 しかし、この表現もまた正しい使い方で、 接頭語としての「お」と「申し上げる」とを組み合わせて使うことによって、相手への強い謙譲を表現できることが出来ます。 「お待ちしております」と「お待ち申し上げております」の違いは相手に対する敬意の度合いです。 デパート等のアナウンスを含め、機械的に流れる放送などに、このフレーズが使われます。 ビジネスシーンの一般的な会話でも使われますが、かたい印象が強いので、相手との関係性によっては丁寧すぎて冷たく感じる人もいるかもしれません。 「お待ち申し上げております」は書き言葉で、「お待ちしております」は会話の言葉と使い分けるのもいいでしょう。 「お待ちいたしております」は間違い 「お待ちしております」は、「お待ちする」+「いる」からなっています。 対して、「お待ちいたしております」になると「お待ちする」+「いたす(致す)」+「いる」に分解され、「いたす」と「いる」がだぶった意味合いがあります。 使う人も少なくない表現ですが、間違いであるのを認識しておきましょう。 丁寧に言いたい気持ちがあっても、「お待ちしております」で丁寧さは十分伝わります。 ビジネスメールでの「お待ちしております」は曖昧? 「お待ちしております」の特徴として、押しつけがましくない表現ということがあります。 接客などでは都合よく使える表現でしょう。 しかし、ビジネスメールにおいて「ご返信をお待ちしております」とすると、相手によっては返信するまでに猶予があるようにとる人もいます。 かならず返信がほしいならば、「ご返信くださいますようお願いいたします(申し上げます)」などの表現にするのが無難でしょう。

次の