輸血 経験 者 献血。 自分が輸血されたかどうかを知るにはどうしたら??

自分が輸血されたかどうかを知るにはどうしたら??

輸血 経験 者 献血

街で求められる。 血が多い顔しているんでしょうか、よく声を掛けられます。 なんだその顔。 誘われるご縁が多いので、どんどんで協力したい。 私は健康診断等で血を抜かれても割と大丈夫な体質なのでなおさらその気持ちが強い。 しかしいつも「すみません、急いでますので」って断ります。 暇そうにしているのになんだよこいつって感じですよね、ごめんなさい。 をご遠慮いただく場合 輸血歴・臓器移植歴のある方 私は過去に輸血を受けたためご遠慮いただかれます。 実際に言われたわけではないのですが、ご遠慮いただかれます。 悲しい。 輸血(自己血輸血を除く)や臓器移植を受けたことのある方は、現在の検査法では検出できない未知のウイルス感染の可能性が考えられるので、をご遠慮いただいています。 ご遠慮いただかれる訳はこれです。 が輸血により広まったことが関係していると考えています。 は輸血により感染者が増加してしまった過去があり、理由は血液中のを高精度に検査する方法がなかったためです。 ウイルスの世界は現代の科学技術でもわからないことだらけで、血液に存在しているウイルスがまだ発見されていないという可能性が高いです。 そんな状況で輸血により感染する未知のウイルスが発見された時に、輸血の経験がある人が者になっていると感染経路がわからなくなりますよね。 輸血の経験がない人のみが者であれば、輸血以外のルートで感染したことが確定しますので、調査がやりやすくなります。 つまり、過去の経験を踏まえて輸血歴のある方はご遠慮いただいているのでしょう。 偽ってするのは辞めよう と、いうことが言いたい。 何年経とうが 過去の輸血による感染している可能性が存在するということは変わりないです。 してくれている方々に敬意の念をいだきながら、別の方法で社会貢献しましょう。 それでもで社会貢献したい方 人工の血液の研究者になるor出資する。 できないけども、輸血による人命救助がしたい!という熱意のある方は、未知のウイルスの可能性が常につきまとう人の血液の利用を考えるより、人工血液に携わる方が見込みがありそうですね。 例えば、イギリス・大学で人工血液の研究が行われているようです。 同チームでは輸血全般にこの技術を用いることは当面考えておらず、まずは特に珍しい血液型を持つ人の血液不足を解消するために活用することを検討しています。 これまでの研究結果を踏まえた安全な人工血液の生産は2017年後半にも開始されるとみられています。 当面は輸血に転用することは考えていないようなので、これからでも間に合いますよ! さいごに できないのは残念ですが、しないことが皆のためになるので我慢しましょう。 人工血液で輸血ができる日が来ると嬉しいですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 参考にしたサイト shikouno.

次の

なぜ輸血経験者や、過去に英国(欧州)に滞在・在住した方は献血でき...

輸血 経験 者 献血

海外旅行者および海外で生活した方 帰国日(入国日)当日から4週間以内の方 輸血を媒介して感染が危惧される疾患(ウイルス感染症等)によるリスクを軽減するため、海外からの帰国日(入国日)当日から4週間以内の方からの献血は、ご遠慮いただいています。 血液を介して感染する主な原虫症について 血液を介して感染する主な原虫症には、マラリア、シャーガス病、アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病)、バベシア症などがあり、いずれも熱帯・亜熱帯地域を中心に流行がみられます。 マラリア マラリアは、ハマダラカに媒介された原虫がヒトの赤血球に寄生することで症状が現れる病気です。 そのため、献血の問診時に海外滞在歴を確認させていただき、マラリア 流行地を旅行したことのある方は『 原則として帰国後1年間』、マラリア 流行地に1年を越える長期滞在をしたことがある方は『 帰国後3年間』、献血をご遠慮いただいています。 例外として、マラリア流行地を旅行したことのある方でも、感染の可能性がないと医師が判断した場合は献血が可能になります(都市やリゾート地での1カ月以内の滞在などが該当しますが、場合によっては滞在期間に関わらずご遠慮いただく場所もあります)。 なお予防薬を服用した場合は、服用後3カ月間の献血をご遠慮いただいています。 マラリアの既往がある方は、献血をご遠慮いただいています。 シャーガス病 シャーガス病は、中南米に流行地をもつサシガメ(昆虫)に媒介されて、原虫クルーズトリパノソーマが感染する病気です。 幼少期の感染の後でキャリア(病原体保有者)となり、数年から30年ほど体内に潜伏したのち消化器疾患や心疾患を発症することがあります。 シャーガス病については、感染既往がある場合は、献血をご遠慮いただいています。 また、以下のいずれかに該当し、中南米地域の対象国・地域を離れてから6ヵ月以上経過していない場合は、献血をご遠慮いただいております。 1.中南米諸国で生まれた、又は育った。 2.母親又は母方の祖母が、中南米諸国で生まれた、又は育った。 3.中南米諸国に連続4週間以上滞在又は居住したことがある。 なお、2016(平成28)年8月22日から、新たな安全対策を導入しています。 アフリカトリパノソーマ症(アフリカ睡眠病) ガンビアトリパノソーマおよびローデシアトリパノソーマが、ツェツェバエの刺咬によって媒介されて感染する、アフリカだけに見られる原虫症です。 帰国後に感染歴を確認したアフリカに居住したことがある方で、既往がある場合は献血をご遠慮いただいています。 バベシア症 バベシアは通例、犬・牛・げっ歯類などが感染しますが、ダニの媒介によりヒトの赤血球に寄生します。 バベシア症の既往がある場合は、献血をご遠慮いただいています。 その他 海外で医療行為や研究などで患者らと接する機会があったり、野外調査研究に従事する機会があった場合にも、献血をご遠慮いただく場合があります。 該当地域に海外旅行経験のある方は検診医にご確認ください。 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)について 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)については、輸血による伝播に関して未知の部分が多い一方、牛海綿状脳症(BSE)との関連も強く指摘されています。 安全が確認されるまでの間、BSEが発生している下記の欧州諸国に滞在(居住)された方の献血をご遠慮いただいています。 英国に1980(昭和55)年から1996(平成8)年までに、通算1カ月(31日)以上の滞在歴のある方。 英国に1997(平成9)年から2004(平成16)年までに、通算6カ月以上の滞在(居住)歴のある方(通算6カ月の計算には1の滞在(居住)歴も含みます)。 アイルランド、イタリア、オランダ、サウジアラビア、スペイン、ドイツ、フランス、ベルギー、ポルトガルに、1980(昭和55)年から2004(平成16)年までに、通算6カ月以上の滞在 居住 歴のある方(通算6カ月の計算には1、2、4の滞在(居住)歴も含みます)。 スイスに1980(昭和55)年から今日までに、通算6カ月以上の滞在(居住)歴がある方(通算6カ月の計算には1、2、3の滞在(居住)歴も含みます)。 オーストリア、ギリシャ、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ルクセンブルグに、1980(昭和55)年から2004(平成16)年までに、通算5年以上の滞在(居住)歴のある方(通算5年の計算には1、2、3、4、6の滞在(居住)歴も含みます)。 アイスランド、アルバニア、アンドラ、クロアチア、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、セルビア(2008年に分離独立した「コソボ」含む)、チェコ、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、マルタ、モナコ、モンテネグロ、リヒテンシュタイン、ルーマニアに、1980(昭和55)年から今日までに、通算5年以上の滞在(居住)歴がある方(通算5年の計算には1、2、3、4、5の滞在(居住)歴も含みます)。 海外旅行者および海外で生活した方•

次の

自分が輸血されたかどうかを知るにはどうしたら??

輸血 経験 者 献血

Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。 Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... A ベストアンサー 後頭神経痛か、偏頭痛です。 実際は同じものでしょう。 昨晩回答したばかりなので、下記のURLをご覧ください。 html 原因は、目から来る自律神経の緊張と、パソコン作業等の首コリです。 コンを詰めて仕事するが、自分に無頓着な人の、職業病です。 自分のワーキングスタイルに原因があるので、それを何とかしないと、医者もマッサージも効果は今ひとつです、玄関を出れば元通りのコリコリになります。 私は、救急車のお世話になるところまでいきました。 お大事に。 Q こんにちは。 20代フリーター 女 です。 先日、休みを利用して献血に行ってきました。 しかしヘモグロビン濃度がほんの少し足りず、今回の献血は見送ることに。 その際に戴いた献血を出来なかった人向けのパンフレットに、『輸血経験者は献血できない』と書いてありました。 事前の質問でも聞かれていましたので、内容は理解していました。 帰宅して母親に献血できなかったことを話すと、「お前は手術の時に輸血しているよ」と告げられました。 私は4歳のころに開腹手術をしているのですが、自分は今まで輸血されたことはないと思っていたのです。 よくよく考えれば、お腹を切るような手術で輸血しないわけがないのですが、初めて献血した高校生の頃は『輸血経験はない』にチェックを入れ、2回ほど献血を受けてしまっていたのです。 今後献血が出来ないことは非常に残念ですが、仕方ないことだと思います。 しかし前回の私の血液がもし誰かに使われているとしたら、その方にまで未知のリスクを背負わせてしまったことになります。 それが怖くて仕方ありません。 もう数年前のことになりますが、ちゃんと赤十字に連絡すべきでしょうか。 献血について詳しい方、どうかご回答お願いします。 こんにちは。 20代フリーター 女 です。 先日、休みを利用して献血に行ってきました。 しかしヘモグロビン濃度がほんの少し足りず、今回の献血は見送ることに。 その際に戴いた献血を出来なかった人向けのパンフレットに、『輸血経験者は献血できない』と書いてありました。 事前の質問でも聞かれていましたので、内容は理解していました。 帰宅して母親に献血できなかったことを話すと、「お前は手術の時に輸血しているよ」と告げられました。 私は4歳のころに開腹手術をしているのですが、自分は今まで輸血された...

次の