名倉 うつ。 名倉潤がうつ病発症で休養 3月のしゃべくり007席替えにも心配の声

名倉潤さんがうつ病で入院した原因

名倉 うつ

2019年8月2日、お笑いトリオ『ネプチューン』の名倉潤さんが約2か月間の休養に入ることを、所属事務所が発表。 名倉さんは昨年6月末に、頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアの手術を行いました。 しかし、手術の侵襲によるストレスが要因でうつ病を発症してしまったといいます。 医師から「一定期間の休養が必要」とされ、名倉さんはこうして約2か月の再休養期間をとることになりました。 名倉潤の『うつ病休業』に、指原莉乃が不安点を指摘 同月4日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、名倉さんの休業について特集。 タレントのさんは「仕事を続けるか、辞めるか」という2つの選択肢ではなく、うつ病による休業が認められる社会の風潮になったことを「いい傾向」と評しました。 一方で、名倉さんの休業について不安な点があると指摘します。 だけどやっぱ2か月っていう(期間で)、精神的なものって治せるのかなとか。 しかも、完治って精神的なものはすごく難しいと思うし、本当に治ったかどうかってなかなか分からないじゃないですか。 やっぱり『2か月』っていうのが広まっちゃうと、一般のかたでもしも精神的な病で倒れた時に、「2か月あれば大丈夫だよね!」って間違った情報が広まりそうで…それはすごく気になりました。 ーより引用 休業期間を決めてしまったことによって、 「うつ病って2か月あれば治るんだ」という勘違いが広まってしまうことを恐れる、指原さん。 名倉さんは事務所を通して「体調を回復させて戻ってきます」とコメントしています。 しかし、うつ病の治療は本人の気合で治るものではありません。 また、人によって症状の重さが異なるため、一定の期間で誰もが必ず回復できるわけでもないでしょう。 うつ病などの精神的な病は、「甘え」「頑張れば治る」といった誤解をされがちなため、周囲の人が理解することが重要とされています。

次の

【新春しゃべくり2020】名倉潤に心配の声!うつ病から復帰も顔が死んでいて辛そう!?

名倉 うつ

名倉潤さんがうつ病で休養する お笑いグループ「ネプチューン」の名倉潤さんがストレスによるうつ病を発症し、リハビリのため8月1日から約2ヵ月間休養すると所属事務所が発表したとのニュースが流れた。 名倉潤さんは、本名も名倉潤。 1968年11月4日に兵庫県姫路市で生まれ、今年で50歳で、奥さんは元おニャン子クラブの渡辺満里奈さん。 男の子と女の子の2人の子供がいます。 今話題のワタナベエンターテインメントに所属しており、 雨上がり決死隊や極楽とんぼと同期です。 1994年に原田泰造、堀内健さんと供にネプチューンを結成し、それまでの太田プロダクションからワタナベエンターテインメントに変わったのです。 名倉潤さんは、 日頃応援して下さっている皆様、関係者の皆様、この度はご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。 少しの間休養させて頂きます。 体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します。 とコメントしています。 Sponsored Link 名倉潤さんのうつ病の原因は手術のストレス 報道によれば、 名倉潤さんのうつ病の原因は「手術のストレス」だという。 名倉潤さんは、 2018年6月末に頸椎の椎間板ヘルニアの手術を受けている。 術後7月10日から2週間の休養をとって、7月20日に復帰した。 お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(49)が頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を6月末に受けていたことが9日、分かった。 所属事務所が明らかにした。 首に慢性的な痛みがあり、病院で診察を受けたところ、「頚椎椎間板ヘルニア」と診断された。 療養のため、10日から2週間ほど休養に入る。 出典:スポーツニッポン 2018年7月10日 椎間板ヘルニアと言えば腰のイメージが強いですが、首の骨である7個の頚椎にも椎間板が存在し、椎間板がズレることによって首や肩のこり、腕や肩の痛みやしびれ、などが出たり箸が使いにくくなったりする症状がでるのです。 名倉潤さんは、飛び出た椎間板を元に戻したり切除する手術を受けた後に10日間ほど休養し復帰したのですが、 手術の経過は良好でその後も通常通りテレビなどに出演し、 7月31日は「なにコレ陳百景」にも出演していたのですが、、、。 名倉潤さんのうつ病の原因は汎適応症候群か? 報道では、 手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し一定期間の休養が必要という医師の診断 と述べられています。 手術は昨年の6月末ですからもう1年も前のことです。 「手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレス」だということであれば、 汎適応症候群かと思われます。 汎適応症候群というのは、カナダの生理学者でるセリエによって定義された症候群で、 様々なストレッサーによって起こる身体的な非特異的反応 のことなのです。 汎適応症候群は、• 警告反応期• 抵抗期• 疲弊期 の3つの過程を経て進行します。 警告反応期では、 ストレスが加えられた時期で、ストレスに耐えるために内部環境が急速にストレスに対応するための緊急反応の時期で、 抵抗力が低下するショック相を経て、抵抗力が高まる抗ショック相へと移行し、抗ショック相では抵抗力が強まり、ストレッサーへの適応が本格化し始めます。 抵抗期では、 ストレッサーに対し活動性を高めてバランスを保っている状態で、一見、正常な機能を取り戻したように見えますが、ストレスに対応するためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを消費し過ぎて枯渇すると疲弊期に移行してしまいます。 疲弊期では、 長時間継続するストレッサーに心身が対抗できなくなり、抵抗力が衰え、うつ病などの病気に陥ってしまうのです。 同時に、警告反応期でも見られる、不安や抑うつあどの精神症状、胃潰瘍などの消化器障害なども引き起こされます。 Sponsored Link まとめ 名倉潤さんはうつ病で2ヵ月の休養に入ると発表されました。 うつ病の原因は、1年前におこなった頸椎椎間板手術の影響によるようです。 1年前の手術がどうしてうつ病の原因になるのでしょうか? 手術による身体的精神的ストレスは、汎適応症候群といわれるストレスを引き起こし、 そのストレスに耐えきれなくなってうつ病に陥ってしまうのです。 小さなストレスでも溜めすぎるとこのようになってしまうのですね、、 早い回復を祈っております。

次の

名倉潤さんを襲った手術後の「うつ」は高齢者も要注意!その兆候とは? (1/1)

名倉 うつ

2019年8月2日、お笑いトリオ『ネプチューン』の名倉潤さんが約2か月間の休養に入ることを、所属事務所が発表。 名倉さんは昨年6月末に、頚椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニアの手術を行いました。 しかし、手術の侵襲によるストレスが要因でうつ病を発症してしまったといいます。 医師から「一定期間の休養が必要」とされ、名倉さんはこうして約2か月の再休養期間をとることになりました。 名倉潤の『うつ病休業』に、指原莉乃が不安点を指摘 同月4日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、名倉さんの休業について特集。 タレントのさんは「仕事を続けるか、辞めるか」という2つの選択肢ではなく、うつ病による休業が認められる社会の風潮になったことを「いい傾向」と評しました。 一方で、名倉さんの休業について不安な点があると指摘します。 だけどやっぱ2か月っていう(期間で)、精神的なものって治せるのかなとか。 しかも、完治って精神的なものはすごく難しいと思うし、本当に治ったかどうかってなかなか分からないじゃないですか。 やっぱり『2か月』っていうのが広まっちゃうと、一般のかたでもしも精神的な病で倒れた時に、「2か月あれば大丈夫だよね!」って間違った情報が広まりそうで…それはすごく気になりました。 ーより引用 休業期間を決めてしまったことによって、 「うつ病って2か月あれば治るんだ」という勘違いが広まってしまうことを恐れる、指原さん。 名倉さんは事務所を通して「体調を回復させて戻ってきます」とコメントしています。 しかし、うつ病の治療は本人の気合で治るものではありません。 また、人によって症状の重さが異なるため、一定の期間で誰もが必ず回復できるわけでもないでしょう。 うつ病などの精神的な病は、「甘え」「頑張れば治る」といった誤解をされがちなため、周囲の人が理解することが重要とされています。

次の