双子座 の 双子座 による。 血液型B型双子座の恋愛・結婚 | Minority Report

双子座(ふたご座)の恋愛傾向とは?頭のいい人が実は大好き!

双子座 の 双子座 による

双子座の性格とは?基本的な10の特徴 双子座の性格? 知的好奇心が旺盛 双子座は、「思考第一優先で世の中の情報や知識に深い関心がある風のエレメント」を持つ星座です。 とにかく世の中のあらゆる事を知りたいという気持ちが強く、その為にいろんなところへ言っては情報を得ようとします。 それは他人の噂話かもしれませんし、最近駅前に出来た新しいカフェの事かもしれません。 知りたい内容のジャンルは特に絞らず、知りたいという気持ちが先行して行動をします。 双子座は、知りたい情報を得たら、さっさと次の対象へと興味を動かします。 知的好奇心旺盛ではありますが、情報を得たのちはすぐ他の対象へと興味を持ちます。 その為、外から見ると、「すぐに興味がコロコロ変わっていて軽い」イメージを持たれるかもしれません。 非常に若々しく、忙しない星座です。 双子座の性格? 流行に敏感で先見の明がある 新しいものが好きな双子座は、新着情報をゲットするために沢山のアンテナを張り巡らせています。 自分の興味のある、なしに関係なく情報が大好き。 そんな双子座は情報収集と解析することにも長けています。 今後流行るかどうかの見定める力も発揮します。 そんな先見の明をもつ双子座は流行の最先端を常に感じています。 ファッションやグルメ、はたまた地域の小さな情報までも、常にゲットしています。 特に興味のある情報については、人が知らないことを知ることを喜びとしているので、色々な方法で情報を得る行動力も双子座の魅力的なところの一つでもあります。 そして、優越感に浸ることで、達成感を得ます。 だからといって、人に自慢げにしないところも双子座のよいところです。 双子座の性格? ノリがいい 双子座の性格は、とてもノリがいいです。 その理由として明るく、とても行動力があります。 12星座の中でもおしゃべりがとても好きで、人見知りをしない性格のため 自分からどんどん話しかけていきます。 とくに、初対面の方ともすぐ仲良くなる事ができるのが双子座の性格でもあります。 好奇心旺盛な部分もあり、外に出る事をとても好みます。 そのため、情報量が多く誰とでも打ち解ける事ができができ会話が弾みます。 頭の回転も良いため、口がうまく会話が途切れる事もなく笑いが絶えない時間を過ごす事ができます。 とても明るい性格のため周囲からノリがいいと印象を受けることでしょう。 そんな性格なため悪い印象を受けることなく友人も多くいます。 双子座の性格? 繊細な一面あり 双子座の人は好奇心旺盛でおしゃべり好き、「楽しいがモットー」の人が多いですが、繊細な一面があります。 さみしがりやなので休みの度に遊びの予定を入れている人も多いのではないのでしょうか。 恋愛でも相手にべったりしたいときがありますが、その反面ひとりでいたい時もあります。 何でもそつなくこなすので悩みはないと思われがちですが本当はデリケートで外出がおっくうになることまであります。 しかし悩みがありながらもまた違う楽しみを見つけ人生を謳歌する強さを持ち合わせています。 自分の評判を気にするあまり、子どもの頃からいい子を演じることも多かったのではないでしょうか。 ストレスを感じやすいので、双子座の人は休息や気の置けない友人との時間を持つようにしましょう。 双子座の性格? 深く考えるのは避けがち 双子座の性格の特徴は、深く考えるのは避けがちな傾向にあります。 双子座の方は風の性質を持っており、変化を好みます。 双子座のキーワードは、好奇心、きまぐれ、臨機応変、などです。 性格もオープンで気さくなため、双子座の周りには人が集まってきます。 常にアンテナを張ってていて新しい情報が好きなので、物事を深く突き詰めることは苦手です。 双子座に長々と話をしても途中から聞いていないことが多く、長くて面白くない話は、飽きられてしまいます。 楽しいことや、みんなでワイワイできる事が好きな双子座と話す時には、相手にお任せして話を聞いてあげるのがいいでしょう。 会話も上手なので自然とその場が明るくなって楽しくなるでしょう。 双子座の性格? コミュニケーション力が高い 双子座の人で共通して言えるのが、気負いなく人とお話ができる点です。 初対面は人によりけり、とっつき悪く感じる人もいますが、基本は「人と話すことが好き」であるため、一度会話の流れができると、がらりと印象が替わり、その話し安さに親しみが湧きます。 グループの中に一人いるだけで話のノリの良さに引き込まれ、潤滑油的存在になることでしょう。 これが場に合わせて繕っている感じも気を遣っている感じもないため、いつの間にかグループの雰囲気をよいものにしていきます。 静かで気を張り詰めた、居心地の悪い空間の中では、特にありがたい存在になるでしょう。 気軽な会話のやりとりは、ややもすると軽いイメージにもなりやすく、相手によっては「深刻さに欠ける」と伝わってしまう可能性もあります。 双子座の性格? 表層的で中途半端に終わりがち 双子座は飽きっぽいところがあるため、表層的で中途半端に終わりがちなところがあります。 習い事や資格、趣味を始めても極めるには至らず飽きたら新しいことにまた興味が移ったりします。 そんな双子座は多趣味だったり多才と言われなんでもそつなくこなすタイプですが、本当は自分に一番自信のあることがないのが悩みの種だったりもします。 双子座は恋愛においても相手のことで頭いっぱいな次期が最初はあっても、そのうち恋人の優先順位が低くなったりする傾向もあります。 とにかく興味の分野が多岐にわたるので恋愛一筋では生きることができないタイプです。 相手のことをまだ知り切っていないのに飽きて別れたりすることもあるかもしれません。 双子座の性格? いつまでも若く男女の隔てもない 双子座の性格は、いつまでも若く、男女の隔てなくつきあっていける魅力があります。 双子座は、繊細、臨機応変、好奇心、コミュニケーション能力、などがあります。 繊細で人の気持ちがよく理解でき、気さくで明るい性格の人が多いため、老若男女問わずいろんな人に好かれます。 好奇心旺盛で新しい情報に敏感なため、いつまでも若々しい人が多いです。 双子座のパートナーがいる場合や、お目当ての相手が双子座なら、たまにはグループで遊びに行くと、ムードメーカーになってくれるので楽しいデートになるでしょう。 双子座の恋人とマンネリになってきたら、新しくできたお店や、行った事のない場所をデートに誘うのも、刺激があって長続きするでしょう。 双子座の性格? 日によってキャラが変わる 二面性のある双子座は、日によってキャラが変わると言われています。 それは興味の対象が素早く変わるからかもしれません。 飽き性な双子座は好奇心旺盛でいろんなことに興味を持ちますが、すぐまた新しいことに興味が移る落ち着きのないところがあります。 音楽にハマっていると思えば読書にハマったり、多趣味なところがあるので幅広い分野で共通の趣味の友人がいるのではないでしょうか。 また、フレンドリーで付き合いの良い双子座ですが自分の都合を最優先します。 誰とでも気さくに話せてノリがいいと思われますが、自分勝手で冷たいと思われてしまうこともあります。 恋愛においても甘える時とひとりでいたいときがあり、気持ちがコロコロ変わる気分屋なところがあるので相手を疲れさせているかもしれません。 双子座の性格? 飽き性 好奇心が強く、心が傾いた方向に走っていく双子座は、周囲から見ると「飽き性」と思われることが多いのですが、本人はいたっって真面目、その時の自分の気持ちに正直に生きているだけなのです。 双子座にとっては「心の赴くまま」が正論で、むしろ何故周囲がそんなに否定的になるのか理解できない、といったところでしょう。 双子座の人にとって、自由さがない空間ほど居心地の悪いことはなく、どんな理不尽に思える環境にも自由に出入りできる通路は確保します。 しかし、世間や常識という中で生きているため、そこに絶えず葛藤は抱えていると言えます。 そうした葛藤をも自ら「素早く動き回る」ことで対処していこうともします。 何しろ「動いている的」は当たらないこともお見通しで、周囲からはやはり飽きっぽいというレッテルを貼られてしまうのでしょう。 双子座が得意とするのはコミュニケーションや間をもつこと 双子座の人は、コミュニケーションや間をもつことが得意です。 双子座の特徴は繊細で、柔軟性があるので、人間関係を円滑に築くのが非常に得意です。 人の感情に敏感なので、相手のテンポや間に合わせてコミュニケーションを取る事がとても上手です。 老若男女問わず、人に好かれる天性の才能があります。 双子座のパートナーがいる方は、会話が弾み楽しい毎日をおくれるでしょう。 悪気はないのですが、気まぐれな部分があるので、デートをすっぽかされたりすることもありますので、大切なイベントに出かけるときは、事前に確認するようにしておきましょう。 双子座の相手となら、グループデートでも楽しめる事ができます。 積極的に提案してみましょう。 双子座が苦手とするのは同じ場所にとどまり続けること 双子座の人は、基本的には同じところにとどまり続けるのが苦手です。 たとえば職場にしても、しばらくして慣れてきた頃に「ちょっともういいかな」と思って転職したくなってしまいます。 双子座の人は人に合わせるのが苦手な部分があり、組織からちょっとはみだしているぐらいが居心地が良いと思うことがあります。 自分のことをわかってくれなくてもいいから、人と一定の距離を置いて付き合いたいのです。 だけど同じところに居続けることで関係がナアナアになってしまうと相手に気を使うことが増えたり距離感が縮まってきてしまい、双子座の人にとって快適ではない環境になってしまうのです。 また本来、揉め事が苦手な双子座。 ちょっと気に食わないな、と思うと、自分から去っていくことが多々あります。 双子座男性は楽しめるが軽薄な一面 うっかり話をし出したら止まらなくなるのが双子座です。 人との会話能力に優れ、一緒にいる相手と楽しもうという気持ちに不自然さはありません。 同性も異性も「楽しい人だな」と感じてつきあうも、本人はそれほど相手にのめりこんだり、ずっと同じこと考えたり、繰り返し思い出したりもしていないので、暫く離れていると忘れていることも多く、がっかりさせられることもあります。 殆どの人はそうした自分の生活スタイルをもっていますが、相手からすると、会っている時に感じた親密さとの「差」を感じてしまうため、軽薄に映ることもあります。 だからといって本人に嘘はなく、相手も自分も一緒に楽しめる時間をもちたい、という心理が崩れることはありません。 そのため一緒に居るときには愛されつつも、何故か軽いノリだけが目立つ、適当な人という存在になっていることが多いと言えます。 双子座女性は独特の距離感でべったりは苦手 双子座の女性は、独特の距離感を持っており、恋人とべったりすることは苦手です。 気さくでおしゃべり好きで人に好かれる魅力のある女性ですが、双子座の性質に、風、男性性などがありますので、サバサバしていて男性的なので、べっとりと粘着質な恋愛を好みません。 あまりに束縛されたり、毎日毎日連絡をし合ったりすると、双子座の女性は、だんだんと重荷に感じて逃げたくなってしまう傾向にあります。 彼女が自分を愛してくれているか不安になるかもしれませんが、信頼して、程よい距離感をキープして、相手を尊重してあげましょう。 追いかけすぎたら逃げたくなるのが人間の心理です。 自分の魅力を伸ばして良い恋愛関係を保てると長続きしまするでしょう。 双子座の恋愛傾向は感情のぶつけ合いが苦手 双子座の方の恋愛傾向は、感情のぶつけ合いが苦手な人が多いです。 どちらかというと、人と浅く広く付き合って行くことが得意です。 双子座の特徴は、活発、好奇心、社交的、コミュニケーションなどがあります。 頭の回転がとても早く、話がうまいので、都合の悪い話になると、ごまかしたり、上手くまるめこんでしまい傾向があります。 本当に思ってる感情をストレートにぶつけて、深く話し合ったりするのは苦手のようです。 「双子」というとことから、二面性もあり気分屋なので、話し合える雰囲気の時を狙って機会を設けてみるのもいいかもしれません。 真摯に対応してくれないのであれば、今後の付き合い方を考えて行ったほうがいいかもしれません。 双子座の仕事の傾向は言語の扱いが得意 楽しめることはどんどん伝えていきたい、という気持ちを持つ双子座は、とにかく言語化する習慣が身についていきます。 美味しい料理を提供してくれる店や、通りすがりの道で起きた出来事や発見した場所など、面白い出来事だけでなく、人が心で味わうだけでなかなか伝えられないような感情面をも、さらりと表現することも得意です。 それは仕事でも同じで、要となる部分を実に巧みに人に提供することに活かされます。 勉強に励んで習得したのではないため、そこに力みはありません。 独自スタイルの言葉を使って様々なことが表現可能で、そのパワーは知らないうちに自分のペースに巻き込んでしまいます。 そして、最終的に相手との立ち位置が変わってしまうことさえあります。 双子座の金運はお金の重さは苦手だが動きは興味津々 明るく社交的、あるいは享楽的と言ってもいい双子座ですが、意外と儲け話というかビジネスの話にはかなり興味津々です。 簡単な儲け話だけでなく、かなり詳しい経済の解説などにも食いついてきたりします。 場合によっては、色々と話を聞き出して、さらに掘り下げてくることもあるでしょう。 とは言えシビアに財テクを実践しようとしたり、長期間じっくり頑張って、普通ではあり得ないようなお金を貯めたりするのは得意ではありません。 そもそもそれほど我慢が得意ではないタイプですし、欲しいものがあったら買ってしまう、ということを自分でも理解していますから、あくまで「お金を儲ける」という痛快さ、面白さだけを聞いたり読んだりして楽しみたい部分が強いと言えますね。 周囲に双子座がいたら程よい距離感を意識! 意外と独特の空気を放つ双子座。 個性的というよりは地味にその性質が見え隠れします。 「私はここはOKだけど、ここはダメ」という風に、あらかじめ自分のテリトリーに関して断りをいれてくる双子座も多いことでしょう。 対人関係でも、いきなりパーソナルスペースに入る勢いの調子で接するとドン引きされます。 しかし、はじめから敬語を使って顔色をうかがう行為をされるのもすごく苦手なのです。 最初はビジネスタッチくらいの距離感を持って、徐々にその距離を縮めていけば、あとはもう、最強のノリの良いパートナーとなること間違いなしです。 双子座はぜひ味方につけておくべき存在。 周りにもし、双子座の人がいたら、ぜひ試みてはいかがでしょうか。 双子座のラッキーアイテムは爽やかさを感じるもの 双子座のラッキーアイテムは、風をきるような爽やかな印象のものや、瞬時に情報を把握でき知的好奇心を満たすツールやコミュニケーションがとれるアイテム、軽快なフットワークをサポートするものが良いです。 知的な遊び心あるもの、好奇心を刺激する新製品や感動的なもの綺麗なもの、身軽になれるものが良いです。 知的好奇心を満たしつつ持ち運びができ、コミュニケーションもとれるモバイルパソコン、スマートフォン、タブレット• 描き心地と見た目ガ良い文房具、レターセット、キャラクターグッズ類• 情報収集のための情報誌、新聞、文庫本、インターネット、パソコンとパソコンソフト• 好奇心を刺激し情報力のあるTV、CM、映画、音楽プレーヤー• 身軽なフットワークのための自転車、スクーター• 軽快で身軽な流行感ある服• 遊び心ある販促品、新製品• 新しいコスメ、ペンダント.

次の

【双子座の恋愛と結婚】性格で知る愛の運命

双子座 の 双子座 による

「太陽星座」が 「双子座」のあなたは… 双子座という星座を、 太陽星座に与えられたことの 意味を知っていますか? 双子座は、12星座の中でも屈指のピュアな好奇心とコミュニケーション能力に恵まれた星座です。 その双子座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか? 一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。 「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。 そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。 つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。 社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。 双子座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 双子座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。 自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 双子座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。 その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。 さっそく双子座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。 双子座が持つ「テーマと使命」 世界中を駆け回って情報を集め、 それをみんなに伝えること あちこちに移動して新しいものを見つけ続けること。 そしてそれを他の人たちに伝えること。 それが双子座に与えたれた、もっとも重要なテーマです。 人が生きていくためには安定した生活の基盤が必要ですが、それだけでは何も生まれません。 成長し、可能性を広げていくためには変化と刺激が必要です。 ずっと同じ場所で同じ景色ばかり見ていたのでは、考え方が硬直してしまい、いざという時、柔軟に対応できなくなってしまうかもしれません。 だから双子座はそうならないように、見るものすべてが新鮮に映る子供のように、好奇心いっぱいで世界を駆け回ります。 面白そうなものには何でも興味を抱き、ぱっと飛びつく。 いつもワクワクしていて、片時もじっとしてはいられない、自由かつ活発な星座です。 そして双子座は、自分が興味を持ったバラバラの物事をつなぎ合わせ、新しい価値やストーリーを生み出します。 それは遊び盛りの子供が、本来は別の用途に使うものを大人が思いもつかないやり方で遊び道具に変えてしまうのと同じ。 そして自分が見たもの、面白いと感じたものは独り占めせず、みんなに話して伝えます。 風のように飛び回り、硬直してしまった世界をかき回して、新鮮な空気を送り込む。 それが双子座の使命だからです。 あなたに与えられた「双子座」という星座の力は、 様々な場面であなたに作用します。 この双子座という星座を太陽星座に与えられた人は、双子座の「好奇心のおもむくままに動き回る」「機敏さ、頭の回転の速さ」 「言葉でのコミュニケーションを大切にする」といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。 そしてこれは双子座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。 ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。 それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。 でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。 あなたが生まれた瞬間に与えられた、双子座という星座の力も同じなのです。 自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。 逆に無自覚なままに、双子座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。 双子座という星座の、常に変化を求める柔らかさを失わないみずみずしい心が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。 双子座を太陽星座に持つ人が 「人生に求めるもの」 面白そうなことを求めて、 常に動き回っていたい… いつでも何か面白いものはないかと周りを見渡し、一か所にじっとしてはいられないのが双子座。 こんな双子座を太陽星座に与えられた人は、常に楽しい事や新鮮な驚きを求めます。 あちこち動き回れるような環境に身を置くのが理想です。 どんなに安定していても、変化のない平凡で退屈な人生は、双子座の求めるものではありません。 何かに縛られて身動きがとれなかったり、同じことを延々と繰り返さなければいけないような状況も苦手です。 毎日の業務が完全に固定されてしまっている仕事や、毎日家事に追われて自分の自由な時間が持てないような環境にいると、人一倍息苦しくなってしまうでしょう。 双子座を太陽星座に持つ人がイキイキと生活するには、できれば自由度が高く、変化に柔軟に対応していくような仕事、また小まめにあちこち動き回れるような環境に身を置くのが理想です。 でももちろん、それがままならないこともあるはず。 そんな場合は、帰り道に何か楽しみを見つけたり、少し散歩してみたり、できるだけ違う場所に買い物に出かけてみるなど、生活の中に小さな変化を意識的に生み出してみましょう。 それだけでも、日常が新鮮な輝きを取り戻すはず。 双子座はとにかく動き続け、新しいことに刺激を受け続けていなければ、自らの存在価値を見失ってしまう星座なのです。 また双子座は、自分が世界を駆け巡って見つけた面白いことを、みんなに伝える星座。 言葉によるコミュニケーションを大変重視します。 そのため太陽星座が双子座の人にとっては、人と話す、言葉で何かを伝える、といったことも人生において無視できない要素の一つ 家族や職場の仲間、友人たちと顔を合わせて、自分が面白いと思ったことを話す、人の面白い話を聞く。 そんな環境があることはとても大切です。 それもメンバーをあまり固定せず、色々な人たちと話ができるのがベスト。 また、文章で人に何かを伝える、人が書いたものを読むことも、双子座のコミュケーション欲を満たしてくれます。 人とあまり話せない環境でストレスがたまってしまったら、何でもよいので「読む」ことで好奇心を刺激すると、少し元気が出るはず。 好奇心旺盛な双子座は、常に「もっと知りたい!」とうずうずしているのです。 どんな形であれ、そのピュアな好奇心を満たしてあげることが、双子座を太陽星座に持つ人の人生を輝かせるポイントです。 双子座を太陽星座に持つ人が 周囲を惹きつける「魅力」 話し上手なムードメーカー、 明るく楽しい人気者 人と話すのが大好きで、いつも新鮮な好奇心に心をときめかせている双子座は、明るくチャーミングな魅力に溢れた星座です。 みんなに、自分が見つけてきた世界の面白いことを伝える、という使命を与えられている双子座は、それを実現するためのオープンな社交性と、ウィットに富んだ会話術も授けられています。 そんな双子座を太陽星座に授かった人は、話題が豊富で周りの人を飽きさせないため、自然と人気ものに。 どこに行っても、みんなから好かれる存在になるでしょう。 加えて、場の空気を読むのも得意で、みんなを明るく楽しませることができます。 頭の回転が並外れて早いので、どうすれば相手を喜ばせられるからを瞬時に理解し、その場その場で臨機応変に、素早く対応できるのです。 本人はほとんと本能的にやってのけていることなので、特に意識することはないかもしれませんが、それは他の人にとっては大きな魅力として映ります。 また常に色々なことに興味を持って活発に動き回る双子座は、一つのことにネチネチ執着したりはしません。 そのため、さわやかで前向きな、風通しの良い人という印象を与えるでしょう。 そして双子座の、いつまでもピュアな好奇心を失わない、柔軟でみずみずしい心は、若々しさと子供のような素直さとして表れます そんな双子座が、まわりの人達にとって魅力的でないはずはありません。 太陽星座の魅力は、その人が自分らしく、イキイキと輝けば輝くほど、さらに鮮やかな光を放つもの。 そして双子座が双子座らしく輝くには、旺盛な好奇心を抑え込まず、軽快に動き回り続けることが大切です。 そんな風に自由でいられれば、双子座の魅力があなたをますます輝かせてくれるはずです。 双子座を太陽星座に持つ人が 発揮する「才能」 頭の回転が速く機敏で柔軟。 新しい価値を作り出す創造性 双子座は驚くほど頭の回転が速く、柔軟で創造的な星座。 そして、太陽星座はその人が社会の中で生き抜くうえで発揮する才能や、素質といったものを表します。 つまり太陽星座が双子座のあなたは、仕事や勉強、また家庭内においても、人が羨むほどの双子座の聡明さや機敏さを、存分に発揮することができるのです。 双子座はとにかく好奇心旺盛な星座。 見るものすべてに関心を持ち、知りたい!学びたい!とワクワクしています。 自分が興味を持ったことなら、情報を収集したり、知識を吸収したりすることが何の苦労もなくできてしまいます。 しかも本人は「勉強しよう」」と意気込んでいるわけではありません。 双子座は、面白いと思ったものについてどんどん知る、学ぶということが、まるで呼吸のように自然にできてしまうのです。 そしてその好奇心は、とどまることを知りません。 何かに夢中になっていた子供が、次の瞬間には他のものに興味を移しているのと同じように、双子座は一つのことに執着せず身軽に飛び回ります。 頭の回転が速い、機転が利くと言われるのもこのため。 一から十まで説明しなくても、パッとすべてを飲み込みんでしまう聡明さがあるのです。 また、そうやって身軽な状態で世界の面白そうな場所を飛び回ろうとする双子座には、広い視野と、何かに取り込まれてしまわない自由さが必要です。 そのため双子座は、同時に色々なことに関心を向け、考えられる頭脳を与えられています。 そしてそれは、呑み込みの早さや反応の速さだけでなく、客観的で冷静な観察眼にもつながるもの。 さらに双子座は、とても創造的な星座でもあります。 世界中を見て回るだけでなく、そうやって見てきたたくさんのもの、それぞれはまったくバラバラのものをつなぎ合わせ、新しい価値や物語を作る星座なのです。 人一倍、頭の回転が速く、柔軟で客観的な視点を持つ双子座が、好奇心のままにあらゆる世界を探索し、そこから新しい価値を紡ぎ出すのですから、その発想が鮮やかなものであるのは当然です。 太陽星座に双子座を授かったあなたは、双子座の自由な好奇心を抑圧せずにどんどん世界を広げていくことで、こんなすばらしい才能を存分に発揮することができるはずです。 双子座を太陽星座に持つ人が 求める「人間関係」 束縛されず、 たくさんの人たちと楽しく触れ合いたい 双子座は、行く先々で色々な人たちとの交流を楽しむ、とても社交的な星座です。 太陽星座が双子座の人は、社会の中で人間関係を築くうえで、双子座のこんな性質に少なからず影響を受けるでしょう。 双子座は一つの場所にとどまらず、あちこち移動し続けて様々な情報をキャッチして回る星座。 ですから、誰とでもすぐに打ち解けて話ができるコミュニケーション力が備わっているのは当然。 瞬間的に場の空気や、相手の望む反応を察知して、臨機応変に対応することもできます。 そういうことが、ほとんど無意識にできてしまう器用さゆえに、みんなを楽しませようとお調子者を演じることもあるかもしれません。 また、とにかく相手とうまくやっていくことを優先するため、人に合わせ過ぎて自分を見失ってしまったり、その場その場でつい、いい加減なことを口にしてしまったりすることもあり得ます。 でもそれは、双子座が単に適当でいい加減だからではなく、それほどみんなとうまくやっていくこと、相手を楽しませることを重視していることの表れなのです。 もっとも、本人はほとんど本能的にこういう対応をとっているので、そんな理由を意識することはないかもしれません。 そして、常に移動し続け、新しいものを求め続ける双子座は、距離感が近過ぎる人間関係は苦手です。 人と楽しく話すことは大好きなので、誘われたり、楽しい場に顔を出すことは好みますが、特定の相手とべったりくっつこうとはしません。 そうやって人との関係に縛られ、取り込まれてしまうことは双子座の自由を奪うもの。 感情的な部分で誰かと深く結びついてしまうと、興味のおもむくままあちこち飛び回るのには都合が悪いのです。 だから双子座は、人の反応を敏感に見極める一方で、相手の感情の深い部分には立ち入ろうとしませんし、また自分のごくプライベートな感情も、あまりさらけ出そうとしません。 人と楽しく触れ合っていたい、だからそういう場を作るためにあらゆる努力をする。 だけどいつでもそこから飛び立てる自由さも失ってはいけない…。 それが双子座の人間関係なのです。 双子座を太陽星座に持つ人が 抱えている「不安」 安住の地に留まれない不安、変化し続ける不安定さ 明るく活発で、おしゃべり好きな双子座。 人付き合いもスムーズで、一見不安とは程遠い星座のように見えます。 でも、実は双子座はとても不安定な脆さを抱えた星座。 太陽星座に双子座を与えられた人は、その素晴らしい能力と魅力を授かった一方で、双子座のこんな不安も抱え持っています。 それを自覚しないまま、双子座のアンビバレントに触れる心に振り回されていると、何が何だかわからないままに心をすり減らしてしまうことにもなりかねません。 双子座は常に変化を求める星座です。 新しい場所へ、新しい場所へと移動を続け、一か所に執着してとどまることはありません。 それこそが双子座の求める自由さですが、それが極めて安定性を欠いた生き方であることも事実。 いつも次へ、次へと様々な方向を見ながら心を動かしているため「たった一つの大切なこと、本当のこと」に安住してしまうことができません。 双子座の心はいつもさまよい、翻弄されているのです。 また、頭の回転が速すぎるために、色々なものが見えすぎてしまうことも、時に双子座をひどく不安にさせます。 あらゆる選択肢と可能性がいつでも目に入ってしまうからです。 双子座がいかに好奇心旺盛で、軽快なフットワークに恵まれているとは言え、やはり一度に処理できることは限られています。 そのことが、双子座を落ち着かない気分にさせてしまうのです。 でもどんなに不安でも、動き続けることに疲れてしまっても、双子座の心は立ち止まって自らを休ませることはできません。 何かを発見し続けることを宿命づけられている双子座は、立ち止まって固定化されてしまうと、自分の存在価値を見失ってしまいます。 だから、何かに取り込まれてしまったり、深入りし過ぎて身動きが取れなくなってしまうことをとても恐れてもいます。 一か所にとどまってコツコツと何かを積み上げることに対する拒否感も強く、それは「成熟」や「老い」に対する恐れとして表れます。 いつまでも若々しくチャーミングな双子座は、その魅力の影にこんな不安を抱えてもいるのです。

次の

独断と偏見による12星座分析 双子座|占星学の玉手箱|セレーネ・沙湖の占星カウンセリング

双子座 の 双子座 による

目次 双子座はこんな性格 双子座は、5月21日~6月21日生まれを指します。 子どものように好奇心旺盛で明るい性格の双子座は、頭の回転が速く話し上手なのでコミュニケーションも円滑です。 常に明るく人に接するので、周囲の人からは面白い人だと思われているでしょう。 しかし、その性格が災いしてか、日常生活の中でうっかり失言をしてしまうこともありますし、他人が思っているほど心を開いていない闇の一面もあります。 また、新しいもの好きで情報通。 新しいものから新しいものへと飛び回るので「飽き症」と思われることもあります。 しかし、双子座自身は自分のことを飽き症だとは思っていません。 恋愛面では、コミュニケーション上手なので気になる人ともすぐに打ち解けることができますが、「誰にでもこうゆう風に接しているのでは?」と気になる人から思われたりして、恋愛にまで発展しないことも多いです。 また、束縛されるような重たい恋愛は苦手です。 結婚願望も少ないですが、恋愛と結婚は別物だと割り切ってもいるので、結婚相手は案外と堅実な誠実な相手を選びます。 そんな楽天的な双子座は、はっきりとしています。 ダラダラと友人関係を続けるよりも、告白するならはっきりと「告白」して欲しいと思っています。 イジイジしている男性はタイプではないですし、SNS映えするようなデートスポットに連れて行ってくれるような行動力のある刺激的な男性がタイプです。 2019年双子座全体運を振り返ってみる 2020年双子座の運勢を見る前に2019年の運勢を振り返ってみましょう。 2019年は過去最大のモテ期や交友関係に恵まれる年でした。 仕事運もその良好な人間関係の良さからよい人脈に恵まれ、働きぶりも上司から褒められたことでしょう。 一方で、「自分なんか…」と自己評価が低く勿体ない時間を過ごしていた人も多かったはずです。 【恋愛運】2019年の双子座は、過去最大のモテ期で複数の男性から好意を寄せられていたかもしれません。 同年代だけではなく、年上や年下など今までにない男性からアプローチを受けていたかもしれません。 しかし、パートナーがいる方は2019年下半期が二人の気持ちが試される最大の試練がありました。 二人でしっかりと話し合いができていたなら、乗り越えることができたはずです。 【仕事運】2019年の仕事運は好調で「二兎追えば一兎も得ず」ということわざがありますが、二兎追っても二兎との得られるような運気でした。 強力なサポート役も得られ、仕事も上手くいき成果を得られたでしょう。 夢だった仕事に転職した人は成功することができた人もいたはずです。 【金運】2019年の金運はよく、お金からもモテたことでしょう。 仕事の給料だけではなく、副業や投資など複数の収入源も夢ではありませんでした。 ただし、交友関係が増えたことで、さまざまな誘惑もあったでしょう。 それに対して財布の紐が緩んでしまっていると散財してしまったでしょう。 【健康運】2019年の健康運は、ストレスで辞めたはずの煙草の本数が増えてしまった人もいるのではないでしょうか。 双子座は肺や呼吸器系が弱い方が多いので、そのせいで体調を崩しがちだったかもしれません。 それでは、次は本命の2020年双子座の運勢を細かく占いましょう。 2020年双子座の全体運とそれぞれの運勢は? 2020年双子座の全体運は、上半期があまりよくなく、下半期は運気がアップするでしょう。 ですから、上半期はトラブルに巻き込まれないようにジッと目立たずに過ごすのがよいです。 うっかり口を滑らしてしまうと、後々厄介なことに巻き込まれそうです。 下半期は、2019年に培った交友関係をフルに発揮する時期です。 日常生活も恋愛も仕事もあなたが思っているようにうまくいくはずです。 普段のあなたならさっぱりとした人付き合いを好むものの、あなた自身も相手からも一線を越えてお付き合いすることができるはずです。 もしかすると、心から信頼できる「親友」や「恋人」を得ることができるかもしれません。 とにかく、今まで感じたことのない経験に胸を躍らせることになりそうです。 ただし、ポイントとしてはまんべんなくたくさんのことに挑戦するのではなく、これだと思うものに一点集中して、目的を決めるとよい結果を生むことができるでしょう。 2020年は謙虚に欲張らないことが鍵になりそうです。 また、見返りを求めずに「奉仕する気持ち」を大切にボランティア運動や友人の頼まれごとを聞いてあげると、あなたへもよい運気が還元してくれるでしょう。 双子座にとって特に大切な「Key Mouth」となるのは「11月」です。 11月には、双子座の2020年の上半期にじっくり努力してきた結果があなたの評価として認められるでしょう。 積極的に頑張っていればいるほど、還元される月になるので、上半期には頑張りたいと思うことに対して、たくさん努力をしましょう。 また、ある人から「おすすめ」をされることもあり、そのおすすめにかなり熱をあげるかもしれません。 誰かから勧められるとやりたくなくなることも多いですが、この時ばかりは挑戦してみるのがおすすめです。 思いもよらぬ収穫になるかもしれません。 次に、2020年における双子座の恋愛運・出会い運・片想い運・結婚運・復縁運・仕事運・金運・健康運をそれぞれ具体的に占っていきます。 2020年双子座の「恋愛運」 2020年双子座の恋愛運は、あまりよくありません。 2019年の最大のモテ期の逆風があなたを襲いかかってくるでしょう。 恋人に浮気の影がチラつくので、恋人からの信頼関係が揺らがないように、あなた自身の女子力を磨いたり、尽くしたりと努力することが必要そうです。 具体的には、普段サバサバとしている人は女性らしいファッションに気を遣ったり、料理教室などを嗜むとよいかもしれません。 2019年以上に恋人とは話し合う必要がありそうです。 また、恋愛に束縛を嫌う双子座のあなたですが、そのあなた自身が相手を束縛してしまいがちになりそうです。 相手の気持ちを考えて束縛するような言動は慎んでください。 慎むとはいっても、すべては無意識で行われることですから、親しい友人にストッパー役を頼んでおいた方が賢明かもしれません。 恋の駆け引きもお手の物な双子座ですが、2020年は感情のコントロールができずに苦労しそうです。 双子座女性と相性の良い男性の星座は? 双子座と相性の良い星座は、「蟹座」と「獅子座」、「双子座」になりますので、恋愛をするなら彼らとの出会いを大切にしましょう。 【双子座(5月21日~6月21日生まれ)男性の性格とアプローチ方法】 双子座の男性は、明るくサバサバしていてあなたと同じような性格です。 双子座の男性はあなたが欲しているものが自然とわかるので、あなたからするとなんて波長が合うんだろうと感じることでしょう。 双子座の男性の理想のタイプは、束縛しない楽しい恋愛をしてくれる女性です。 そして、誰よりも同じ双子座のあなたが双子座男性の欲しいものやどうして欲しいかを理解しているでしょう。 思うままに行動してみてください。 【蟹座(6月22日~7月22日生まれ)男性の性格とアプローチ方法】 蟹座の男性は、世話好きで包容力溢れる男性です。 常に読めない行動をしたり、サプライズ精神に溢れているので、飽きやすい双子座にとって刺激のある男性になるでしょう。 蟹座の男性の理想のタイプは、「家庭的な女性」です。 彼を振り向かせるためには、いつものサバサバした感じではなく、おしとやかな雰囲気を見せるとよいでしょう。 また、たまにはファッションも白色を多めにしてスカートを履いてみたり、髪の毛をロングヘアにしてみるなど、女性らしく着飾ってみるとよいかもしれません。 【獅子座(7月23日~8月22日生まれ)男性の性格とアプローチ方法】 獅子座の男性は、野心家溢れる性格で、誰よりも目立ちたい漫画の主人公のようでしょう。 太陽のように明るいテンションが双子座と同じで、双子座とは違ったインスピレーションの持ち主なので新鮮な世界を見せてくれるでしょう。 獅子座の男性の理想のタイプは、陰ながら獅子座男性を助けてくれる秘書のような女性です。 何でも仕切りたいリーダータイプなので、彼を頼ってあげることで、「俺がいないとダメなんだな」と思わせることができます。 駆け引き上手な双子座の本領発揮を見せてあげてください。 2020年双子座の「出会い運」 2020年双子座の出会い運は、散々になりそうです。 まず相手の男性を信頼できる相手がどうかしっかり見極めてからお付き合いをするようにしましょう。 ただし、たくさんではないものの「運命の人だ」と思える男性が現れるはずです。 普段の双子座ならタイプではない人かもしれませんが、先入観に捕らわれずに積極的に声をかけてみましょう。 また、今までの行動パターンを一新することで新たな出会いが期待できます。 行ったことのない場所でチャレンジしたことがないことを試してみるとよいでしょう。 行動に起こさなければ、出会いはありません。 2020年双子座の「片想い運」 2020年双子座の片想い運は、勇気を出して告白すると上手くいくかもしれません。 奥手でそのまま見つめているだけでは未来は開けません。 移り気な双子座にはらしからぬ強い思いが胸を焦がすでしょう。 気になる相手への強い執着を初めて感じるので「運命の相手なのかな!?」と感じるかもしれません。 あなたの素直な気持ちはあなたが告白することでしっかりと片想いの相手に届くはずです。 積極的な言動をすることで、相手からも嬉しい言葉が聞けるかもしれません。 しかし気をつけたいのが「束縛」です。 強い執着心から気になる相手が他の女性と会話をしたり、楽しそうにしているのを見かけると嫉妬してしまうかもしれません。 嫉妬をするだけならよいですが、それで気になる相手に嫌なことを言ったりしてしまってはいけません。 最悪の場合、嫌われてしまうかもしれません。 2020年双子座の「結婚運」 2020年双子座の結婚運は良好です。 双子座のあなたは普段は結婚願望があまりないでしょうが、友人たちの結婚ラッシュが続くことであなた自身も結婚に対しての意識が変わるかもしれません。 「結婚してみたいなぁ…」と感じたときには、結婚へ向けて準備をするのがよいでしょう。 新しい出会い運は2020年の上半期はおすすめしませんが、下半期は好調なのであなたがその気であればスピード婚もあるかもしれません。 2020年双子座の「復縁運」 2020年の双子座の復縁運は、やり直すのは厳しいでしょう。 あなたの元カレにはすでに新しい彼女がいる気配があります。 もしも、復縁したいなら2020年の下半期にあなたから連絡してみましょう。 1:1で会うのは避け、共通の友人と一緒に会うことでトラブルが避けられるでしょう。 相手にまだ新しい彼女がいなければ、その逢瀬によって付き合っていた頃の楽しさが込み上げて来て復縁も可能かもしれません。 会えたときには、初めて出会った頃の話や幸せだったときの思い出話をしましょう。 絶対に相手を責めるような話や別れた原因に繋がるような話は避けてください。 また、相手への気遣いができるかできないかが復縁のチャンスに繋がりそうなので、彼があなたと連絡を取りたがっていないと感じたときには引いたり、相手のことを考えて連絡するようにしましょう。 2020年双子座の「仕事運」 2020年双子座の仕事運は、運気上昇の予感。 これまで「なんだかうまくいかない!」「誰も自分の努力を認めてくれない!」と憤っていたかもしれないあなたですが、あなたが努力していたことが2020年下半期に報われることでしょう。 例えば、昇進や給料アップなど具体的な目に見える結果として現れるはずです。 しかし、自分から「こうすればもっと利益を生む!」などと欲に走る行動は控えましょう。 無我夢中になるあまり仲間を置いてきぼりにしてしまいそうです。 折角、良好な信頼関係が崩れてしまうかもしれません。 また、意見が対立したときには「引く」ことも覚えましょう。 どうしても引くことが出来ないときには、友好的な星座の同僚のサポートを借りると話が上手くまとまりそうです。 組織としての運気は上がっているものの独立には不十分です。 結果の全ては、あなただけの力だと過信しないで周囲に感謝の気持ちも持ちましょう。 2020年双子座の「金運」 2020年双子座の金運は、お金の貸し借りにシビアになった方がよさそうです。 もしも、友人からお金を借りることやお金を貸すことがあれば、返すことも返してもらうこともできない可能性があります。 どちらにしても、今まで築き上げてきた大切な信頼関係が崩れてしまうかもしれません。 また、買い物は計画的に行い、財布の紛失などにも気をつけましょう。 散財する恐れがあります。 2020年は計画性がなければ支出が収入を上回ってしまいますが、決して収入が少ない訳ではありません。 計画的に謙虚に使いましょう。 また、病院にかかるなどで細かい出費がでそうですが、健康にかかわる出費は出し渋らないようにしましょう。 2020年双子座の「健康運」 2020年双子座の健康運は、夏には熱中症に春先や秋には風邪に気をつけましょう。 大きな病気はないですが、ちょっとした風邪や怪我をすることはありそうです。 また、仕事が認められて充実してくると、忙しさにかまけて体調が疎かになりがちなので、体調を崩さないように気をつけましょう。 そして、いつもはどちらかというと楽天的な双子座ですが、2020年はネガティブな精神状態になりそうです。 悪いことがあっても、あまり気にしないようにしましょう。 気にしてしまうとその運気をずっと引きずって、どんどん悪い結果を生み出してしまうことになります。 双子座のラッキーアイテム 双子座のラッキーアイテムを使って、2020年の運気をさらに上げていきましょう。 双子座のラッキーアイテムは、フットワークが軽い性格なので「情報を得られるもの」がおすすめです。 ラッキーアイテムは、「カメラ」「パソコン」「スマートフォン」「レターセット」「文庫本」「映画」「自転車」「情報誌」です。 ですから、例えば公園などで黄色いキンモクセイやチューリップを撮影したりするとよいでしょう。 もしくは、サイクリングをしながらキレイな景色を撮るのもよいです。 他にも自宅でのんびりと好きな書籍や映画を観てゆっくりしたり、大好きな情報をパソコンやスマートフォンなどで収集するのもよいでしょう。 ラッキーカラーは、元気いっぱいのビタミンカラー「黄色」。 ラッキーナンバーは「7」。 ラッキー方位は「北」です。 双子座の方は、これらの持ち物を身に着けたり、その場所へ行くと運気が上がり、力がみなぎるでしょう。 双子座の誕生石 双子座の誕生石は「トパーズ」「ムーンストーン」「イエローサファイア」です。 それらの石を指輪やネックレス、ブレスレット、ピアス、イヤリング、時計などのちょっとしたアクセサリーを身につけることで運気がアップするでしょう。 それぞれの石には意味がありますから、身に着けるときの参考にしてみてください。 【トパーズ】トパーズは、「誠実」という意味を持つ石で、何か探し物があるときに身に着けるとよいでしょう。 ですから、「出会い」や「目的」が欲しいときに身につけるとよい発見があるかもしれません。 【ムーンストーン】ムーンストーンは、「愛を伝える石」といわれていますから、恋愛運アップにつながるでしょう。 独り身の方には出会いを恋人がいる方には相手に素直な気持ちを伝える役割をします。 2020年恋愛運が低迷している双子座の強力なお守りです。 【イエローサファイア】イエローサファイアは、「知恵の石」といわれ、集中力を高めてくれるといわれています。 受験や大切な試験のときに持ちたい石です。 双子座と友好的な星座は? 双子座と友好的な星座は「天秤座」「水瓶座」です。 彼らのサポートを借りてより良い一年にしましょう。 【天秤座(9月23日~10月23日生まれ)はどんな人?】 天秤座は、白黒では決めずにお互いの意見を尊重し、中立的な立場に立ってくれる平和主義な性格です。 あなたが不用意に言ってしまった発言を取りなしてくれたりと、悪い空気を良い空気に換えてくれるでしょう。 不用意な言動をしたときに冷静にあなたをサポートしてくれるでしょう。 【水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)はどんな人?】 水瓶座は、人と話すことが大好きですが、媚びたり干渉したりしない性格です。 しっかりとした自分の基準があるので、他人の意見に流されたり、他人と比べたり、感情的になることもありません。 公平な判断であなたをサポートしてくれるでしょう。 2020年のアドバイス 2020年の双子座の運勢は、全体的には悪くはないものの「恋愛運」が著しく運気がよくありません。 いっそのこと恋愛面に関しては諦めてしまうか、恋愛面では暴走しがちのようなので誰かブレーキ役を作るとよさそうです。 特に、恋の駆け引きが得意な双子座ですが、そう思っていると痛い目をみます。 他人を推し測るような恋愛はやめ、素直に率直に「好き」と好意を伝えるだけの方が気になる相手からもよい返事が期待できそうです。 2020年の双子座は、日常生活でも恋愛面でも仕事面でも今までにない新しい発見をしたり、新しい自分の一面を感じる年になりそうです。 新しい価値観を知り、あなた自身を成長させることにもなりそうです。 拒絶しないでしっかり受け止めて、今後の人生に活かせるようにしましょう。 双子座の芸能人一覧 【男性】ジョニー・デップ、福士蒼汰、哀川翔、二宮和也、TERU、ポール・マッカートニー、武田祐介、岡本健一、小峠英二、三村マサカズ、又吉直樹、波田陽区、エハラマサヒロ、フィル・セルウェイ、ウルフル・ケイスケ、あかつ、ゴリ、小沢一郎、江川卓、松井秀喜、本田圭佑、つるの剛士、いっこく堂、ガッツ石松、有吉弘行、坂上忍、唐沢寿明、 【女性】中澤裕子、河合その子、高城れに、石田安奈、後藤理沙子、美空ひばり、徳永千奈美、石田ひかり、伊東美咲、堀内敬子、田中麗奈、夏菜、谷村美月、相武紗季、岡本玲、波瑠、細川直美、三田友梨佳、だいたひかる、若槻千夏、宮里藍、松本伊代、ニコール・キッドマン 2020年双子座の運勢まとめ いかがでしたか? 2020年双子座の運勢は上半期があまりよくないようですが、下半期は「絶好調」の予感です。 ただし、全体的に恋愛運はあなたの思い通りにはならずあまりよくないようですから、ハメを外し過ぎないように気をつけましょう。 2021年は2020年よりも恋愛運がよくないので、2020年の下半期のうちに新しい出会いを見つけておくとよいでしょう。 2020年の運勢を参考にしながら、あなたらしい2020年を楽しんで過ごしてください。 あなたの幸せな未来を願っています。

次の