欅坂 陰湿。 欅坂46にイジメ発覚!!グループを卒業した今泉佑唯さんは複数のメンバーから陰湿なイジメを受けていた!『第2のNGT事件』と騒がれる……

欅坂46の「陰湿イジメ」イメージ根強く……お騒がせ・長濱ねるのオフショットに白けた声

欅坂 陰湿

欅坂46・今泉佑唯の卒業理由 イジメ 欅坂46・今泉佑唯の卒業理由のニュースは、次のように報道されています。 元「欅坂46」で女優の今泉佑唯(20)が、2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿なイジメにあったことがわかった。 今泉の家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えた。 妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄)」 (略) イジメの主犯格はA子~E子の5人。 今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。 同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いたという。 出典headlines. yahoo. jp 欅坂46・今泉佑唯 運営はウソついた? 毎月の楽しみ。 『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。 シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。 ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」 (略) 今泉は自殺を考えることもあったという。 心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された。 結果、今泉は卒業を決意。 だが、運営側はイジメの事実隠蔽に血道を上げ、関係者から元メンバーにまで箝口令を敷いたという。 「運営側はいかに美談で終わらせるかばかり気にしていたそうです、書いたブログも直させられた。 佑唯はイジメを匂わせるような表現をしていましたが、一連の描写は使えないと突き返された」(近親者) 出典headlines. yahoo. jp 欅坂46の運営は、 そのイジメを把握して、 イジメ5人のメンバーを辞めさせるとしましたが、 実際は辞めさせずに、 今泉佑唯へのイジメが続きます。 そして、自殺まで考えるようになった今泉佑唯は、 最終的に卒業を決めますが、 その理由ですらきれいごとで終わらせています。 欅坂46 イジメ、不仲になる理由 欅坂46は昔から、 グループ仲が悪く、 派閥が分かれていたり、 イジメがあるのでは? とファンの目に映っていました。 欅坂のこうした仲の悪さの原因は、 いきなり売れたからと思われます。 欅坂46は乃木坂46の姉妹グループとして、 恵まれた環境でスタートしました。 乃木坂46の妹グループとは言え、 経験豊富な乃木坂からメンバーが送り込まれることなく、 素人同然のメンバーだけでスタートしました。 ところがたまたま、 デビュー曲で大ヒットしたため、 いきなりトップクラスのグループになりました。 乃木坂や初期のAKBのような苦労らしい苦労をしていないため、 メンバーが勘違いしてしまったのではないでしょうか? 不仲でも、団結していなくても、売れていくのですから。

次の

欅坂46の「陰湿イジメ」イメージ根強く……お騒がせ・長濱ねるのオフショットに白けた声

欅坂 陰湿

皆さんにお伝えしたいことがあります。 私は、3月末をもちまして欅坂46を卒業します。 急なお知らせになってしまい、すみません。 優しいファンの皆さんに出会えて、とても楽しく活動する事ができました。 感謝の気持ちで一杯です。 この突然の卒業発表に、違和感を抱くファンも少なくないようです。 理由としては、長沢さんは 2011年はSKE48、2014年にはAKB48のオーディションで落選しながらも、三度目の正直で臨んだ欅坂のオーディションに合格した苦労人だそうで、念願が叶い、2015年に欅坂に加入しました。 欅坂のなかでは誰よりもブログを更新され、自分の言葉を発信するなど真摯にアイドルという職業に向き合い、ファンを大事にしていた方だそうです。 jp 実は長沢さんは、昨年の夏頃から卒業について深く悩んでいたことを、欅坂関係者が週刊文春の取材で明かしています。 「 2019年7月に長濱ねるさん(21)が卒業してから、長沢さんの中で卒業の気持ちが日に日に強くなっていったのは間違いありません。 長濱さんの存在は大きかった。 長沢さんとは親友だったのです。 ダンスが苦手で、シングル(のダンスのフォーメーション)では後列に回されることが多かった長沢さんは、アイドル活動に行き詰まり、今後どうしていけばいいのかと悩むこともありました。 欅坂で活動していくモチベーションはなくなってしまったようでした。 それだけでなく、その頃はもうメンバー同士の関係も最悪だったのです。 グループを離れて個人で受ける仕事が多かった長濱さんが陰口を言われていることも多かった。 keyakizaka46news. com 2019年3月17日に卒業を発表された 元メンバーの長濱ねるさんと長沢さんは非常に仲が良く、 プライベートで一緒に旅行に行ったり電話をする関係です。 長濱さんは以前番組で、長澤さんについて以下のコメントを出していました。 「なーこちゃんの素敵だなって思う所は絶対に愚痴を言わない。 周りの環境のせいにしない。 みんなが疲れている時も1人だけダンスの自主練をしているから偉いなって思うよ」 そんな信頼を置いている長濱さんが、グループを離れたことで他のメンバーから悪口を言われることが辛かったのでしょうか。 そして長濱さんが仰るとおり努力家な長沢さんは、人一倍アイドルに強い憧れを抱いおり、たゆまぬ努力で欅坂に入ってきた方です。 この度「卒業」という選択肢を選んだのには、 「親友の長濱さんの卒業の後追い」というセンチメンタルな理由だけではないようです。 cinematoday. jp この空気を作り出しているのは、 2020年1月に脱退を発表され、メンバーの中でも圧倒的存在感があった 平手友梨奈さんの取り巻き5人が実行部隊だったようです。 「2016年のデビュー以来、急成長を遂げてきた欅坂ですが、それを支えているのはひとえにメンバーのモチベーションによるところが大きい。 AKBに負けない、乃木坂に負けないという意気込みが一致団結を生んでいたのです。 その中心にいたのが平手さんです。 それがカリスマ平手を崇拝したメンバーA子からE子の5人。 2020年1月にグループを脱退した平手友梨奈さんが病んで笑わなくなってしまった理由についてまとめた記事はこちらです。 rbbtoday. 他のメンバーたちはこの5人組との距離を取るようになり、グループ内で気の合うメンバーと小さなグループを作って、「いじめの標的にならないように」活動されていたようです。 press 今泉さんに対するいじめはかなり陰湿なものでした。 「いじめが顕著になったのはファーストアルバムで今泉さんがソロ曲を与えられた頃からです(2017年7月リリース「真っ白なものは汚したくなる」)。 A子たちの今泉さんに対するいじめはとても陰湿なものでした。 メンバーは全員がいじめをわかっていながら、見て見ぬフリをしていた。 撮影中に今泉さんに対して『死ね』『邪魔』などと他のメンバーがいる前で平然と暴言を吐いていましたから、知らないワケがない」 「 (今泉の)化粧品や靴下が片方だけ隠されたり、私物がなくなることはたびたびあったようです。 帰りに上の服がなくなり、スタッフから借りたことも聞きました。 とあるCMの撮影のときも、D子に楽屋の鍵を閉められ、外に締め出されたことがあった」 出典: こうしたトラブルを受け、当時運営トップだった今野義雄氏は今泉さんに対して 「5人をクビにする」という条件で 、今泉さんに活動継続を説得したのと同時に、シングル「アンビバレント」で選抜入りを約束されたそうで、今泉さんは受け入れ、いじめの遺恨を水に流すことを承諾したようです。 しかし、 夏に行われた曲の振り付けの練習の際、 いじめの主犯格である5人が何事もさなかったように参加していたことに今泉さんは愕然。 約束は果たされなかったようです。 pinterest. jp 結果的に今泉さんは、 過度のストレスから「心因性難聴」と診断され、 湿疹が体中に発症。 それだけではなく、精神的にも追い詰められてしまい 自殺を考えたこともあったそうです。 いじめファイブのメンバーは誰? 今回問題になっている「いじめファイブ」のメンバーは一体誰々なのでしょうか? 欅坂46の内部リーク情報を投稿することで有名なツイッターアカウントに、「いじめファイブ」のメンバーの名前がありました。 今泉は、たんに平手が戻ってくるからやりたくない、っていうよりは、自分の実力への落胆、6th時期のリークで他のメンバーともぎくしゃくしたこと、 それについてファンからも色々言われたこと、で、グループでやるのは無理な精神状態になってる。 — o o91249635 今泉が年末の音楽番組に出演しなかった理由。 当時平手の調子がわるく笑顔でパフォーマンスできていなかったことに対して、今泉が、センターなのにそれができないのか、自分なら…ということをかなりきつい口調で平手本人に言っていたことがあった。 一度ではなかった。 続く — o o91249635 続き それに対して、上村、齋藤、守屋、佐藤、志田といったメンバーが今泉をたしなめたところ、 それによってグループ全体の雰囲気が悪くなり、平手は責任を感じたようでパフォーマンスできるかできないかのところまで落ち込んでしまった。 続く — o o91249635 続き2 スタッフでメンバー全員に聞き取り調査をしてそういう状況がわかり、かつ年末の特番は何としても平手を良い調子で出させる必要があったので、 苦肉の策として今泉を外すことがトップダウンで決定された。 それぞれのメンバーについて見ていきましょう。 excite. jp 志田愛佳 しだ まなか 生年月日 1998年11月23日 合格期 1期生 連鎖する「卒業」は止まらない? 理想のアイドル像を追求してこの世界に入ってきても、まだ十代の女性たちにとって、いじめのターゲットになることは耐え難い苦痛です。 そんな グループの空気の中で、1人か2人の仲良しメンバーとの小さなグループを作り、他のメンバーとは深い溝を作ってしまうのが、欅坂46の特徴です。 com 今回の長沢さんの件はまさに典型例で、小さなグループの仲間であった長濱ねるさんが卒業し、居なくなってしまったことで他のメンバーと馴染むことができず、長濱さんが卒業されてわずか一年で、長沢さんも「卒業」を決断。 natalie. mu 元々、 長濱さんも「いじめファイブ」のいじめの標的だったようです。 長濱さんは欅坂46の1期生オーディションの最終審査を、母親の反対により棄権し、不合格となりましたが、本人の強い希望を受け、父親が運営側に相談した結果、特例で遅れて欅坂46に加入したという経緯があります。 そして、 長濱さんはタイトル曲で平手さんの真後ろのポジションいわゆる『裏センター』に配置されていました。 平手さんや、平手派のメンバーたちは、こうした特別扱いに対して面白く思っていなかったようで、いじめの標的になってしまったようです。 pinterest. jp 今回の長沢さんの卒業を受けて、 メンバーの渡辺梨加さんも「辞めたい」と漏らしているようです。 「渡辺梨加さん(24)です。 彼女も 『なーこちゃんが辞めるなら私も辞める』と卒業を公言するようになった。 渡辺さんは長沢さんをとても慕っていた。 今残っているメンバーと活動を続けていきたいとは思っていないようです」(同前) 出典: 渡辺さんの性格は「超」がつく人見知りで、そもそも他のメンバーから距離を置かれていましたが、長濱ねるさん、長沢菜々香さんには心を開いており、仲がよかったそです。 まだまだ欅坂46の「卒業者」は続いて報道されそうですね。 2020年1月に平手さんの脱退と共に「卒業」を発表されたメンバーについてまとめた記事はこちらです。 宜しければどうぞ。

次の

欅坂46今泉佑唯!卒業の真相は陰湿な虐めが原因?主犯格の5人は誰?

欅坂 陰湿

欅坂46にいじめがあったという情報の信ぴょう性 実の兄や近親者の発言として記事にはこのような記載があります。 「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。 妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄) 「運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査をして、イジメがあったことを認めているんです。 『主犯格5人を辞めさせる』とまで約束したそうです。 シングル『アンビバレント』の振りの練習の頃だと聞いています。 ですが、実際には主犯格らが辞めさせられることもなく、イジメはエスカレートしていきました」(同前) 「運営側はいかに美談で終わらせるかばかり気にしていたそうです、書いたブログも直させられた。 佑唯はイジメを匂わせるような表現をしていましたが、一連の描写は使えないと突き返された」(近親者) 今泉の兄と表記しているので一見すると間違いのない情報のように感じますが、欅坂46の内部関係者でもない家族がどこまで実状を正確に把握していたのかは疑問です。 そもそもこれは本当に今泉の兄が言った言葉なのかと疑問にも思ってしまうのですが、もし本当であったとしてもこういったことを家族が勝手に発言してしまうのはどうかと思うんです。 本当にいじめが事実であればなんらかの法的な手段に出てもいいわけで、真相が本当であったとしても妹の今後の芸能活動の足を引っ張ってしまうことは間違いありません。 今泉が親友に送っていたとされるLINEに関しても本当に今泉とのやりとりなのかもモザイクで隠されていて全く分かりません。 今泉が送ったとされるLINEメッセージに関しても 「欅を辞めたい」「疲れた」という言葉もそれがいじめとの因果関係を示す証拠にはなりません。 自主的に辞めると決断したとしても卒業を決断する直前の心理状態ならこういったメッセージを送るかもしれません。 体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があり、B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵された。 ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあったという。 記事を読んでいるといじめの具体的な内容として記載されている暴言の数々のところは誰が言った言葉なんでしょうか。 この文の直前に出てくる親友の言葉なんでしょうか。 「平手が築き上げた欅をお前が壊している」という言葉を読んだ時に、この言葉を放ったメンバーは誰なんだよ、情報源となっている人物は具体的に目の前でこの言葉を聞いたのかよと言いたくなりました。 なぜなら、平手は常々今の私がいるのは支えてくれるメンバーがいてくれるおかげと語っています。 平手自身は絶対に欅は私が築きあげたなんて思っていないし、他のメンバーだって平手友梨奈を特別な存在と認めつつも平手が欅を作り上げたなんて思っていないでしょう。 もちろん僕はファンの一人でしかないのだから欅坂46の内部事情は分かりませんよ。 ただ欅坂46のメンバーが 「平手が築き上げた欅をお前が壊している」なんて言うとは到底思えないんです。 ましてや 「戻ってこなくていいよ」「死ね」などという言葉を今泉にぶつけていたとは信じられません。 以前、指原莉乃がAKB48時代にスキャンダルが文春より報道されたときに言っていたのが印象的だったのは 「真実の部分もあるし、そうでないところもあります。 」という言葉です。 報道された側は、なんでこんな事実と違うことが書かれてるんだと思ったとしても、具体的にどこが真実で、どこが虚偽なのかを発言することはできません。 例えば、 「ファンの方と私的な交流がありました」と認めたとすると 「どれぐらいの頻度で会っていたんですか?」「他のファンの方を裏切っているとは思わなかったんですか?」「肉体関係はあったんですか?」とどんどん掘り下げた質問をされて際限がないんです。 結局事実認定をしたとしてもアイドルとして答えられる限界は決まっているわけで、どこが真実かを語るのは墓穴を掘るだけです。 記事を読んでも違和感しか感じないところが多数あり、近親者や友人の発言が情報源というのも信ぴょう性を高める根拠としては足りません。 平手友梨奈が病んだ理由は今泉佑唯にあった? 文春の記事とは別に平手友梨奈が2017年の年末に歌番組に出演できなかった理由としてこんな情報があります。 平手が笑顔でパフォーマンスをできないことに対して今泉が「 センターなのにそれができないのか。 自分なら…」ということを何度もきつく言っていた。 そのことを周りのメンバーが注意したところグループ全体の空気が悪くなり平手自身も責任を感じてしまった。 またこういった内容がリークされたことでファンからも攻撃され精神的にまいってしまったというものです。 はっきり言ってこの情報も正確な情報なのか分かりません。 匿名のアカウントでもっともらしいことを書こうと思えばいくらでもできるからです。 ただね、この件については別に真実であったとしても平手が病んだ原因が今泉にあって、今泉が犯人だみたいには思わないんですよ。 というのも、やっぱり不協和音あたりから平手の様子は徐々におかしくなっている時期というのはたしかにあって、サイマジョのときに言われた笑わないアイドルというより、笑えないアイドルといった感じでした。 平手の状態が悪いことは誰が見ても明らかだったわけです。 自分は平手友梨奈推しですが、もし自分がメンバーの立場だったらと思うとセンターでやる以上はしっかりやってくれと思うはずです。 それがいつかセンターに立ってみたいと願っている人間だとしたら尚更でしょう。 もちろん言い方の問題もあるんでしょうが、こういったメンバー間での言い争いって長いことグループ活動をしていれば当然のようにあることです。 精神的にきつくなっていきなり泣き出してしまうとか、過呼吸になってしまうとか、アイドルにはありがちなことも見方によっては、こういう事態になった原因は誰にあるのかみたいな話になってしまう。 今泉の言い方に問題があったとしても、私だったらもっとやれるのに!と思うことそのものは悪いことじゃない。 グループ内の出来事を一部分だけ切り取って誰が諸悪の根源なのかを議論することに何の意味もありません。 アイドルなのに仮面で素顔を隠し武器を持って登場。 曲中にはヘドバンやボート航海をするなど奇抜なパフォーマンスをすることで知られています。 この仮面女子というグループは一度週刊文春に報道されたことがあって、今でもインターネットで検索をすればその文春報道や誹謗中傷の書き込みが山のように出てきます。 そのためコアな仮面女子ファンがいる一方で、仮面女子に対していい印象を持っていない人も少なくありません。 実はこの文春報道が出た直後に僕は仮面女子のことを好きになって劇場に通うようになりました。 ロックな楽曲に合わせて激しいダンスを見せてくれることや地上アイドルとは比べ物にならないほど近い距離でパフォーマンスを見ることができることを知って、どんどんハマっていきました。 でもネットで調べれば調べるほどろくな情報が出てこないんですよ。 本当にこのグループ応援してて大丈夫なのかな。 今ならまだグループに対する思い入れもないし、引いてしまったほうが自分のためかなと思ったこともありました。 そんなモヤモヤを抱えながら劇場に通っていると、やっぱり目の前で好きなメンバーを応援できるのは楽しかった。 仕事で嫌なことがあってもライブ中は忘れさせてくれた。 そうやって仮面女子のメンバーからいろんなものを自分はもらっているんだなと気づいたんです。 そのときに自分は、 目の前にいるこの子たちと誰が言ったかも分からない人の発言のどっちを信じるんだって思ったんですよ。 目の前に大好きな人がいるのに、誰かが仮面女子はヤバいって言ってたら応援しないんですか。 そんなのおかしいでしょう。 結局のところ文春報道が真実なのかどうかなんて分かりません。 もしかしたら全て真実なのかもしれません。 でももしそれが真実であったとしても毎日こんなにも楽しいライブを見せてくれる子たちを嫌いにはなれないなと思ったときに、仮面女子を応援していこうと決めることができました。 欅坂46のいじめ報道は真実かどうかなんて分かりません。 自分は欅坂46が好きなので都合の悪いことから目をそむけているだけのかもしれません。 しかし、真実が分からない以上、信じるか信じないかを決めるのも個々の自由だと思っています。 極論すべてが真実であったとしてもきっと僕は欅坂46のことを好きでいるでしょう。 え!あんないじめがあったグループを嫌いにならないんですかと思われるかもしれません。 もちろんいじめがあったのであればそれは許される行為ではありません。 ですが、欅坂46というグループがいてくれるおかげで今の僕の人生は楽しくなっています。 毎日ブログをチェックして、出演番組を見たり雑誌を読んでいるのだから欅坂46が人生を豊かにしてくれて、両手に抱えきれないほどのプレゼントを毎日受け取っている気分でいます。 それなのに一つの情報を基にして裏切られたと今までの感謝をなかったことにすることはできません。 いじめが悪いという事実と自分の人生を豊かにする大切な存在になっていたという事実は別物として考えています。 そういった総合的な判断をしたうえで、欅坂46というグループへの気持ちを決めるつもりです。 オンライン第二弾出ましたね。 アイドルグループ自体を好きになったの初めてですけど、こういう記事が出るとなんかキツいものがありますよね。 まさに胸がザワザワします。 けやかけも素直に楽しめないような…。 こういうのって本になって読んだほうが頭が整理されるので読んでみようと思います 立ち読みですけどw。 ネットは情報が無尽蔵に出てくる割には 当たり前ですけど)内容が薄くて、吸い込まれるような気分でモヤモヤが晴れないんですよね。 おそらくは、しばらく動揺して冷めるかファンを続けるかになると思うのですが、ハヤケンさんのような良質なファンの方もいらっしゃるし、菅井様のことはきっと嫌いになれないでしょう 笑 長々と駄文を失礼しました。 これからもブログ応援しています.

次の