おい ちょ かぶ トランプ。 かぶ(おいちょかぶ)を攻略する!: 【おいちょかぶ】攻略法&オンラインゲームで遊ぼう!!!

「おいちょ」8「かぶ」9

おい ちょ かぶ トランプ

かぶ(おいちょかぶ)を攻略する! おいちょかぶの攻略法ですが、 ブラックジャックのように、確率で示した表がありません。 (役はないもとして考えています) まず40枚のカードから、親に1枚、場に4枚配られます。 山札が36枚になります。 (親のカードは伏せられているので山札と同じ扱いにします。 ) 場に出た4枚が全てバラバラだったとして、 場と同じ数字が出る確率は、8.3% 場と違う数字が出る確率は、11.1% となります。 また、おいちょかぶのルールは、2枚までしかカードが引けないけど、 ブラックジャックみたいにバーストがない。 ということからやはり1枚目のカードを引く確率がすごく重要である。 2枚目は、保険代わりにおいておく。 ブラックジャックでは、17、18が勝負する最低目標値なので、 おいちょかぶでは、6,7をその目標とする。 例えば、場に2,3,7,8と出たことにする。 このときにどれを選ぶか考える。 2は、4、5、6、7 3は、3、4、5、6 7は、1、2、10 8は、1、10 が勝負できる数字である。 この時点で、7と8はなし。 次に2と3を考える。 よって2が一番確率的にいい札と言える。 これが三枚目になってきたり、配られるカードがさらにわかってくると、 情報量が増えるので、さらに確率を上げることができるが ブラックジャックと比べると明らかに低い確率ですね。。。

次の

かぶ(おいちょかぶ)を攻略する!: 【おいちょかぶ】攻略法&オンラインゲームで遊ぼう!!!

おい ちょ かぶ トランプ

かぶ(おいちょかぶ)を攻略する! おいちょかぶの攻略法ですが、 ブラックジャックのように、確率で示した表がありません。 (役はないもとして考えています) まず40枚のカードから、親に1枚、場に4枚配られます。 山札が36枚になります。 (親のカードは伏せられているので山札と同じ扱いにします。 ) 場に出た4枚が全てバラバラだったとして、 場と同じ数字が出る確率は、8.3% 場と違う数字が出る確率は、11.1% となります。 また、おいちょかぶのルールは、2枚までしかカードが引けないけど、 ブラックジャックみたいにバーストがない。 ということからやはり1枚目のカードを引く確率がすごく重要である。 2枚目は、保険代わりにおいておく。 ブラックジャックでは、17、18が勝負する最低目標値なので、 おいちょかぶでは、6,7をその目標とする。 例えば、場に2,3,7,8と出たことにする。 このときにどれを選ぶか考える。 2は、4、5、6、7 3は、3、4、5、6 7は、1、2、10 8は、1、10 が勝負できる数字である。 この時点で、7と8はなし。 次に2と3を考える。 よって2が一番確率的にいい札と言える。 これが三枚目になってきたり、配られるカードがさらにわかってくると、 情報量が増えるので、さらに確率を上げることができるが ブラックジャックと比べると明らかに低い確率ですね。。。

次の

ギャンブルゲーム

おい ちょ かぶ トランプ

特殊役や地方での配りの違い等は考慮せず、簡単に出来る方法として 回答いたします。 但し、決して賭け事としてのゲームではなく、点を得る 事により勝敗を決めるホームゲームとしてご説明します。 まずトランプはJQKとジョーカーを除いた1~T(10)までの40枚です。 大体解っているかもしれませんが、親と子が配られた札2枚もしくは3枚 の合計の一の位の大きさで競うゲームですので、10のカードは0です。 ゲーム人数は可変可能ですが、四人を目安とし、それ以上の場合は人数 に従って配りの札を多くし、四人に満たない場合は子に出す札は四枚と します。 (子は点を賭ける際にどの札に賭けても、もしくは全ての札に点を 賭けても良い事がこのゲームのゲーム性を確率している点ですので、二人 等で行う際でも子に配る張り札は四枚を基準とします) で、実際のプレイですが、まず親一人子四人として説明します。 まず子が札を繰り(混ぜる)親が配りますが、右から1人に1枚ずつ表向きで 札を配ります。 その後自分の前に1枚の札を裏向きに置きます。 (山札は 親が持っていて構いませんが決して捲って見たりはしてはいけません) この状態で子は1~4枚までの好きな札に賭け点を賭けます。 (この賭け点 の限度なのですが、本来のかぶでは子全員で何点まで、と定められている のですが、ホームゲームとしては面倒ですので、一人何点まで賭けられる、 と先に決めるのが良いです) で、賭けが終わったら、親は子の場札にそれぞれ裏向きでもう一枚ずつ配り 子は自分の賭けた札に置かれたそれを捲って見る事が出来ます。 (この際、 親には見えないようにし、また裏向きに戻しておく)更に子はもう一枚親から 札を貰う事も出来ます。 この札は表向きで配ります。 また、この3枚目の札 にはルールがあり『2枚目までの合計が0~3の場合は必ず3枚目を引く、 2枚目までの合計が7~9の場合は引いてはいけない』となっております。 これは後述しますが親も同様です。 で、全ての子に3枚目まで配る、もしくは子が2枚で良いと宣言したら、次は 親が裏向きの札を表にして、子と同じ様に次の2枚目を裏向きで引き、それを 見て3枚目の判断をし、3枚目を引いた場合は3枚目を表向きに置きます。 そして最後に2枚でも3枚でも、裏向きで置いた2枚目を表にして公開する事で 『この数で勝負』という合図になります。 そうしたら子も自分の張った札の2枚目 を表にして公開し、合計を競います。 九がもっとも強く〇が弱いです。 (一の位) ここで親より強い数を出した子は張った点数の同額の点を親から貰い、親よりも 弱い場合は賭け点を全て親に奪われます。 尚、同点は親の勝ちです。 まあ回数を決めて終了までに最も高い点を得た人が勝ちとすべきでしょうね。 恐らくこれなら簡単に覚えられてすぐ出来て、基本的なかぶのルールも掴みやすい と思います。 花札で行う場合(私はあまりかぶはやりませんが)私はこのルールで 特殊役のシッピン等は無しで行っています。 解らない事がありましたら補足してください。

次の