キャラクターダンサーになるには。 テーマパークダンサーになるには? 具体的な方法を解説

テーマパークダンサーになるには? 具体的な方法を解説

キャラクターダンサーになるには

こんにちは! happyです! 今日は、ディズニーのダンサーや、 キャラクター(ミッキーなどのキャラクターの中の人)のお仕事について、 書きたいと思います。 昔からアルバイトには、戦隊モノのショーの雑魚キャラのやられ役とか、 ウルトラマンショーの怪獣役など、着ぐるみの中に入って、 ヒーローにやっつけられるというアルバイトがあります。 悪役を演じる人は、時には、子供に嫌われ、殴られたり蹴られたりする事もあります。 また、最近では、ゆるキャラブームもあり、ゆるきゃらの中に入って、 何かをアピールするなんて、事もあります。 そういえば、日本で屈指のテーマパーク、ディズニーにも、 キャラクター達がたくさんいて、パレードでは、色んなキャラクターが登場します。 また、キャラクターだけではなく、ミュージカルのダンサーなんかも、 いて、感動的な演技を見る事ができますね。 ディズニーのキャラクターやダンサーって、全員バイトなの?自分もやってみたい! なんて、軽い気持ちを持っているのなら、ちょっと改めた方がいかもしれません。 実は、あの人達は、オーディションを勝ち抜いて、 あの役を掴んだ、ほんの一握りの人たちなんですよね。 しかも、その置かれている環境は、非常にシビアです。 一度オーディションに合格したら安泰ではないんです。 もう、非常に厳しい世界です。 今日は、ちょっとだけ、ディズニーで活躍する、ダンサーやキャラクター達の事について、 書きたいと思います。 [adchord]• ディズニーのダンサーやキャラクターになるには、 どうすればいい? オーディションを勝ち抜かなければいけない ディズニーは、ダンサーやキャラクターのオーディションを行なっています。 どんな募集をしているかというと、 1. ジャズ、バレエダンサー(男女) 2. ヒップホップジャズダンサー(男) 3. パペティア 男) 4. キャラクター(男女) と4つの部門に分かれています。 このパペティアとは何かというと、パペット、人形ですね。 これを操る人ですね。 まるで、生きている様に、人形を操る人の事です。 まず、どの様に選考しているのかというと、 まず、1. 一番最初の書類審査は、よっぽどの事がないと、 落ちないと言われています。 ネット上のある書き込みに、ある項目を何も書かずに送ったら、 書類審査で落ちたという書き込みがありました。 例えば、応募フォームの中に、 主にダンスを学んだ場所という項目があります。 もし、ダンスを学んだ事がない場合は、「学んだ経験なし」だとか、 何か書くべきであって、全く何も書かないというのは、ダメな様です。 で、書類審査が終わったら、一次審査の案内が届きます。 一次の後の二次もありますね。 ダンスの審査が2回もあるんですね。 というのも、受けに来ている人って、 相当ダンスを頑張ってやっている人達ばかりだそうです。 ダンスの学校の卒業生や、 すでに何処かの事務所に所属している人が受けに来るんだそうです。 ディズニーに限らず、USJやその他のテーマパークで踊るダンサーの事を、 テーマパークダンサーと言って、 テーマパークダンサーを専門で育成する学校まであるんです。 なので、ディズニーが好きだからとか、ちょっとノリで受けてみよう、 みたいなな人は、まず無理な世界なんです。 そして、厳しいのは、オーディションだけではありません。 もし、仮に合格したとしても、契約期間はたったの1年です。 来年があるかも分からないんです。 ネットの書き込みなどを色々見ていくと、2次審査のダンスには、 現役のディズニーのダンサーも混じっていて、 同じ様に篩(ふるい)に掛けられるそうです。 合格したからって、一切安心できない、 常に競争をしている厳しい世界だという事。 華やかな所を見て、私もやってみたい、 大学に通いながら、出来るかな? なんて、軽い気持ちでオーディションを受ける人もいるそうですが、 当然練習が深夜まで及んだり、早朝からなんて事もあるわけで、 学校に行きなながら、バイト感覚でやる様なものじゃないんですね。 甘い学生が来る所ではない、厳しい世界です。 ダンサーと比べたら、難易度は低そうですね。 しかし、一次審査にダンスがありますから、 ダンスの基本的なスキルは必要そうですね。 そして、ネット上でかなり書き込みされていたのが、 身長に関する書き込みです。 やはり、キャラクターに扮するわけですから、 それぞれのキャラの最適な身長があって、 平均的な身長の人は人数が多いから、 競争率が高いので、不利だとか、 そんなの関係ね〜とか、色々議論されていました。 どちらにしても、このキャラクターも、 やってみたいという人がとても多いみたいなので、 競争率は高そうですね。 それにしても、オーディションの内容や詳しい事は、 ほとんど公開されていません。 やはり、そこは夢の国ですから、徹底していますね。 という事で、 今日はディズニーのダンサーとキャラクターになるには?というお話でした。 おすすめ記事.

次の

東京ディズニーリゾート 2020年度エンターテイナーオーディション

キャラクターダンサーになるには

やりがいは? 報酬は? 着ぐるみバイト「中の人」のお仕事、気になることを全部聞いてみた 写真素材:Gratisography いつ、いかなるときも笑顔を絶やさない着ぐるみ。 その愛くるしい表情から「中の人」の心情を伺い知ることはできないが、じつは人知れぬ苦労などもあったりするのではないか? というわけで、やってきたのは東京・吉祥寺にあるゴーゴープロダクション。 着ぐるみショーの企画・演出・上演、さらには企業などの求めに応じて着ぐるみの造形製作、イベントへの出演者派遣なども行う、「着ぐるみ専門会社」の第一人者だ。 自身も元・着ぐるみアクターで、現在は後進の指導にあたる齋藤智美さんに、着ぐるみに関して気になることを全部聞いてみた。 1 そもそも、着ぐるみアクターってどんな仕事なんでしょう? A. ダンサーはヒップホップやジャズなど、本格的なダンスを着ぐるみで踊るスキルが求められますね。 イベントでのパフォーマンス以外に、Jリーグの試合のハーフタイムに踊ったりと、スポーツ関係の仕事も多いです。 一方、キャストの方はダンスなしで、キャラクターを演じるお仕事です」(齋藤さん、以下同) 写真提供:ゴーゴープロダクション Q. 2 着ぐるみアクターには、どんな人が向いているんでしょうか? A. 最もチャンスがあるのは「背が低い人」。 閉所への耐性も重要 「まず重要なのは身長ですね。 テーマパークにいる着ぐるみって背が低いキャラクターが多くないですか? 小柄な方が威圧感なく、子どもとコミュニケーションをとりやすいからなんです。 うちもダンサーの応募資格は155cm以下ですし、業界的にも低身長の方のほうがニーズはあります。 キャストの場合だと180cmを超える大柄のキャラクターのニーズも出てくるのですが、基本的には小柄な女性が求められています。 逆に160cm台、170cm台の平均的な身長の方はマッチする仕事自体が少ないです。 あとは、狭いところが大丈夫な人。 着ぐるみって中に入ってみると想像以上に視界も狭いですし、圧迫感もある。 なかには息ができなくなるくらいパニックになってしまう人もいますので、その耐性がないとそもそも務まりません」 Q. 3 未経験でも大丈夫ですか? A. 基本的には「経験がある人」が有利。 でも、探せば未経験可の募集も 「うちは未経験の方は基本的にお断りしています。 クライアントはわざわざプロの事務所に依頼されるわけですから、まったくの未経験の子を派遣するわけにはいきませんので。 ただ、イベントによっては特別なパフォーマンスを必要とせず、経験も特に問われない仕事を募集されているケースもあるようです。 テーマパークなどの着ぐるみも未経験可のことが多いですね。 4 着ぐるみアクターのアルバイトって、いつ募集しているんですか? A. 大きなイベント時にはアルバイトの募集も 「うちでも新しいアクターの方は随時募集しています。 大きなイベントに合わせてアルバイトの求人広告を出したりと、わりと普通の募集の仕方です。 選考を通過すると『所属』という形になり、仕事の内容に合わせてキャスティングをする流れですね。 現在はダンサー、キャスト合わせて現在100名以上が在籍しています」 Q. 5 いったん「所属」になれば、定期的に仕事がもらえるんですか? A. スキル次第。 着ぐるみって外見は一緒だから誰がやっても同じだと思われがちですけど、じつはアクターのスキルによってパフォーマンスに明らかな差が出る仕事なんです。 うちにも『この人じゃなきゃダメ』と、ご指名で仕事が入るエースが何人かいます」 写真素材:Gratisography Q. 6 エースは何が優れているんでしょう? A. 現場の状況を的確に察知し、アピールする力。 たとえばテレビカメラがいたらいつの間にか映り込んでいるとか。 やはり上手な人は、その人にしかできないキャラクターを持っていますよ。 7 ズバリ、着ぐるみバイトのお給料ってどれくらいなんですか? A. スタートは日給7500円~1万円 「固定給はなく、仕事の度にギャランティをお支払いしています。 アクターとしての入口、ダンスなしのグリーティング(ふれあい)の場合は日給7500円(交通費・食事別途)ですね。 ダンサーは日給1万円プラス各種手当てがつきます。 リハーサル手当て3000円など、細かく設定されていますね」 Q. 8 売れていくとギャラも上がるんですか? A. 活躍に応じて年1回昇給あり。 一部のスターはかなり稼ぐ 「年に1度昇給があり、活躍に応じてギャラが上がっていきます。 それこそ名指しで仕事が入るような人、CMに起用されるような人は5~6倍違いますね。 アクターさんの多くは他にも仕事を持っていて、土日のイベントの時だけ副業的に着ぐるみをやるケースが多いんですが、一部のスターの方は着ぐるみ一本でかなり稼いでいます。 本当にひと握りですけど、夢のある仕事だと思いますね。 9 若くても稼げますか? A. ダンサーの全盛期は20代から30代前半くらいまでですね。 体力的に厳しくなってダンサーからキャストに転向する人もいますし、本人次第で長く続けることも可能な仕事だと思います。 キャストの中にはママもいますし、60代の方もいますよ。 キャストは特に人間力、コミュニケーション力が問われますので、人生経験豊かな年配の方は頼りになります。 ちなみに、その60代の方は着ぐるみ一筋、数十年の大ベテラン。 単刀直入に聞いてみた。 10 着ぐるみアクターって楽しいんですか? A. 色んなキャラクターを演じる楽しさ、プロとしてのやりがいを感じられます 「たとえば普段はあまり自分が出せない大人しい人でも、着ぐるみに入った途端スイッチが入るというか、違う自分になれる快感がある。 もともとクラブでヒップホップとかをガッツリ踊っていた子が着ぐるみダンスにはまって、今では着ぐるみを作るところから関わっているなんてケースもあるくらいです。 それに、色んなキャラクターを演じられる楽しみもあると思います。 でも、そのぶんやりがいはありますね」 ちなみに、着ぐるみの中は夏も冬も暑いらしい。 また、企業が用意する着ぐるみの中には一度も洗濯しておらず、耐えがたい異臭を放っているものもあるという。 やはり激務には違いない。 しかし、やりがいや売れっ子になった場合の報酬など、頑張った先の対価を思うと、なかなか魅力的なお仕事といえるかもしれない。

次の

ディズニーのダンサーになるには? 〜 ダンサー誕生までに育てておきたいこと!!

キャラクターダンサーになるには

テーマパークのキャラクターとしてパフォーマンスを披露するキャラクターダンサーは、いわばテーマパークダンスの花形です。 それだけに、やりがいのある仕事でもあります。 今回は、キャラクターダンサーの仕事内容や、キャラクターダンサーになるための方法をまとめました。 ・キャラクターダンサーは着ぐるみやキャラクターを再現した化粧・衣装でのパフォーマンスを行う職業 キャラクターダンサーは、各テーマパークのキャラクターとしてダンスを含めたパフォーマンスを披露する職業です。 着ぐるみでのダンスを行う場合もあれば、化粧や衣装などを駆使してキャラクター造形を再現してダンスを行う場合もあります。 ただし、キャラクターダンサーを募集しているのは、国内でも非常に大きなテーマパークくらいのものです。 だからこそ、テーマパークのキャラクターダンサーを目指す場合は、数少ない就職先をゲットできるように自身のスキルを磨いて対策をしておく必要があります。 ・キャラクターダンサーになるには各テーマパークの試験をクリアする必要がある キャラクターダンサーになるためには、各テーマパークが実施する就職試験に応募し、試験をクリアしなければなりません。 常設でキャラクターダンサーを確保しているテーマパークは数が少なく、チャンスも限られています。 気になるテーマパークや働きたいテーマパークがある場合は、普段からダンサーの募集ページを見て応募の時期を逃さないようにしましょう。 以下では一般的なキャラクターダンサーの試験方法を、簡単にご紹介します。 キャラクターダンサーの試験の流れ キャラクターダンサーの試験は、次の流れで行われます。 *書類審査 *1次審査 *2次審査 キャラクターダンサーの試験における第一関門は、書類選考です。 各テーマパークが用意したエントリーシート等を提出します。 熱意やスキル、写真の仕上がりなどにこだわりましょう。 書類審査を突破したら、ダンススキルを確かめる1次審査です。 振り付けのきれいさ、明るい表情などをチェックされるため、笑顔を忘れてはいけません。 当然、ダンスの技術は高いほうが有利です。 ダンスの能力や知識に問題がなければ、2次審査の面接へ進みます。 応募者が多ければ、2次審査をさらなるダンスの審査にして、3次試験に面接をする場合もあります。 1次審査のダンスと同様、明るくハキハキとした態度・対応を心がけましょう。 ・キャラクターダンサーになるために磨いておきたい4つのスキル キャラクターダンサーになりたいなら、以下のスキルを普段から磨いておきましょう。 ジャズダンス・バレエの技術・短時間で振り付けを覚える記憶力 キャラクターダンスは、バレエやジャズダンスの動きが基本です。 ヒップホップダンスができても、柔らかで優雅なジャズダンスができなければ、キャラクターダンサーになることはできません。 なにより、間口の狭いキャラクターダンサーの試験には、幼い頃からジャズダンスやバレエを習ってきた上級者が押し寄せてきます。 膨大な数のライバルより秀でた結果を残し、キャラクターダンサーになるためには、高いバレエの技術、ジャズダンスのスキルが必須です。 先ほどみてきたとおり、キャラクターダンサーの審査ではダンスの審査が行われます。 短時間で振り付けを覚えてパフォーマンスをすることになるため、ある程度の記憶力や踊り慣れも必要です。 手話・外国語などのコミュニケーションスキル 手話は、必須ではないもののできれば早めに習得しておきたいスキルのひとつ。 テーマパークで働くダンサーに求められるのは、キャラクターの設定や世界観を壊さず、高いパフォーマンスを発揮することと、そのパフォーマンスによって来場者を楽しませることです。 テーマパークには数多くの来場者がやってくるため、耳の不自由な人がいてもその場でコミュニケーションを取れるように、手話を鍛えておきましょう。 同様に、外国語もできるに越したことはありません。 大きなテーマパークなら、同僚や上司に外国人がいる場合もあります。 海外生まれのキャラクターになる場合は、その地方のアクセントを習得しておくと、より再現度の高いパフォーマンスができることをアピールできるでしょう。 笑顔・話し方など愛想の良さ 設定上無愛想なキャラクターはともかく、笑顔がない、声が暗いといった要素はキャラクターダンサーとして大きなマイナスです。 素の自分がどうかはともかく、試験や営業時間中に愛想よく対応できるように、笑顔の練習や話し方、声をかけられた場合の対応方法などを磨いておきましょう。 そのキャラクターやテーマパークに対する愛情・情熱 キャラクターダンサーの就職口は少ないです。 同じくらいのスキルを持つ人がいれば、よりテーマパークやキャラクターへの思い入れが深い人、来場者を楽しませたいという気持ちが強い人が選ばれることもあるでしょう。 少なくとも、キャラクターやテーマパークに対する熱意を持っていることは、キャラクターダンサーになる上でマイナスに働くことはありません。 ・憧れのキャラクターダンサーになるためにスクールも利用して技術を磨こう キャラクターダンスに必要な細かい調整や動作などは、就職してから身につけられます。 ただ、基礎となるダンスのスキルがないと、そもそも試験を突破できません。 ダンス技術の習得や体力づくりには時間がかかるため、狭き門であるキャラクターダンサーを目指すなら、ダンススクールなどでダンスの基礎から固めていきましょう。

次の