フリーソフトを使わず、pdf内にある表をexcel に変換する方法。 フリーソフトを使わずにExcel2010でExcelファイルをPDFファイルへ変換する方法

【エクセル】PDFファイル内の表をエクセルに変換するには? 実はワードさえあれば大丈夫!

フリーソフトを使わず、pdf内にある表をexcel に変換する方法

どんな方法で変換できるの? PDFファイル内にある表をExcelに変換したいということがあります。 表中の数値データを他でも活用したいとか、自分で別の方法により 計算したいといった場合、PDFファイルそのままでは活用ができません。 一つ一つの数字をExcelに入力して行ってももちろん構いませんが データ量が多くなればなるほどうんざりしてしまうでしょう。 このような変換については、フリーソフトを使って行うこともできます。 インターネットでそのようなソフトを検索すればいろいろと 見つかることでしょう。 ただ、いくら無料のソフトであってもダウンロードしなければ利用できないのは 抵抗を感じる人も多いかもしれません。 できればこのようなフリーソフトを使わずに変換したいという人もいるはずです。 そのような方法には何かあるでしょうか。 答えとしてはもちろんあります。 別に新しいソフトをダウンロードすることなく、既にパソコン内にあるものだけを 使って変換することができるのです。 その方法はWordを使うことです。 一旦Wordを経由することで表をExcelに変換することができます。 ちなみに、PDFから直接Excelにコピーペーストしようとすると表が 崩れてしまいますから解決策にはなりません。 途中にWordを挟むことが秘訣なのです。 やり方としてはさほど難しいものではありません。 変換する手順について まず、目的とする表を含むファイルをWordで開きます。 普通にファイルをダブルクリックしてしまうとPDFで開いてしまうはずですが Wordで開くということが可能なのです。 当該ファイルの所で右クリックして、プログラムから開くを選びます。 リストアップされた中にWordがあれば問題ありませんが、リスト中には ない場合も多いでしょう。 その場合は既定のプログラムの選択を選びましょう。 ほかのプログラムからWordを選択すればOKですが、その際に選んだ 「プログラムをいつも使う」にチェックが入ったままだと、今後同じ種類の ファイルなどを開こうとするときに全てWordで開かれてしまいますので それが不要な場合はチェックを外しておきましょう。 実は手順中で最も分かりにくいのはここまでです。 Wordファイルでも開くことができるというのはほとんど知られていないからです。 ページ数が多いと時間がかかるので、しばらく待ちましょう。 無事にWordファイルで開くことができれば、Excelに変換したい表全体を コピーし、Excelシート中にペーストするだけです。 これでPDFファイル中の表のタイトルやデータが崩れてしまうことなく そのまま変換することができます。 なお、この方法は当然ながら初めからWordファイル中に埋め込まれている表を Excelに変換したいときでも使うことができます。 普通に表全体をコピーしてExcelシートに貼りつけるだけです。 セルの幅や高さは後で自由に変更できますから、その点は あまり気にする必要はないでしょう。

次の

貼り付け

フリーソフトを使わず、pdf内にある表をexcel に変換する方法

新規ブックが表示されました。 基本的な画面構成はインストール版のExcelとほぼ同じです。 オンライン版Excelだけの特徴 Excel Onlineにはインストール版のExcelにはない機能があります。 下記で紹介する機能が必要な場合はオンライン版を使いましょう。 共同編集 複数人によるリアルタイムでの共同編集に対応しています。 更新が頻繁なデータなどを複数人で編集するのに便利です。 インストール版だと1人がブックを開いていると編集ができないという状況が多々あります。 Excel Onlineで1つのファイルを開ければ待つことなく作業ができます。 アクセスはどこからでも ネットワーク環境さえあればパソコンやタブレット、スマホなどからExcelのファイルにアクセス可能です。 出先で修正しなといけない場合、スマホで閲覧・編集もサクッとできます。 自動保存 Excelでデータを入力した時に保存せずに閉じてしまった時は誰にしもあると思います。 オンライン版のExcel Onlineであればその心配は必要ありません。 編集するごとに自動で変更内容が保存されます。 ファイルの共有 メールでExcelファイルを送らずにファイルを共有することができます。 アクセス権を設定することで指定のユーザーにファイルの閲覧・編集権限を設定することが可能です。 インストール版のExcelとの違い オンライン版とインストール版のExcelでは次のような機能の相違点があります。 Excel Onlineを使用する際は事前にご注意ください。 データの入力規則 「データの入力規則」を使用しているブックは編集できるが、新規で設定することができません。 関数 一部の関数は、インストール版のExcelと動作が異なることがあります。 例えば、TODAY関数は、インストール版ではPCの日付を返しますが、オンライン版ではサーバー上の日付を返します。 ワークシートの保護またはブックの保護 パスワード保護されているブックは表示できません。 保護を解除するには、インストール版のExcelで開きます。 アプリ版のExcelを利用する Microsoftからアプリ版のExcelが公開されています。 iOS版、Android版それぞれありますので無料でインストールすることができます。 ただし無料のアプリ版は下記の機能が制限されています。 無料の範囲でもファイルを開いて編集したり、新規ファイルを作成して保存したりすることは可能です。 ピボット テーブルのスタイルおよびレイアウトをカスタマイズする• 作成した色を図形に追加する• ワードアートを挿入および編集する• 影や反射のスタイルを画像に追加する• グラフ要素を追加および編集する アプリ内課金(Office 365のサブスクリプションを購入)すると上記の機能が解放されます。 iOS版のExcelをインストール のリンクより無料でインストールすることができます。 Excelの替わりに無料の表計算ソフトを使う ここまではMicrosoftが提供しているオンライン版やアプリ版のExcelをご紹介しました。 他にもExcelを代用できる無料の表計算ソフトがあります。 中にはExcelに匹敵するものや、より便利な機能があるものもありますので次からご紹介していきます。 Excel代替ソフトの選び方 まず無料で使えるExcel代替ソフトを選ぶ際の注意点をご紹介します。 選ぶ際の参考にしてください。 書式が崩れないかどうか ソフトによってはExcelファイルを表示すると表の形式が崩れてしまうことがあります。 どこまで互換性があるかを事前に確認することが必要です。 特に申請書系などは形式が崩れてしまうのはNGなので注意しましょう。 無償版で機能が足りるかどうか ソフトには基本的な機能が使える無償版、より便利な機能が使える有償版に分かれている場合が多いです。 自分が使いたい機能が無償版で使えるかどうか確認しておきましょう。 使える関数の種類はどれくらいか ソフトによっては使える関数が限られている場合があります。 基本的な関数は対応していることが多いですがニッチなものを使用する際は注意が必要です。 セルの最大行数はどこまでか ソフトによって対応している最大行数が異なることがあります。 膨大なデータを扱うときは注意してください。 Googleスプレッドシート GoogleスプレッドシートはGoogle(グーグル)が無料で提供している表計算サービスです。 Googleアカウントを登録すれば誰でも使うことができます。 Excelと同じように表計算やグラフ作成はもちろんのこと、関数の使用が可能です。 さらに複数のユーザーによるデータの共有ができるので、多くの企業でExcelの代わりとして使われる場面が増えてきています。 Googleスプレッドシートの使い方 スプレッドシートが表示されました。 図のように画面構成もExcelと似ています。 Googleスプレッドシートのメリット 1. 誰でも無料で利用できる インターネット環境さえあればいつでもどこでも無料で利用できます。 自動保存 編集するとその変更内容を自動で保存してくれます。 変更履歴も自動で保存されるので、前回の変更履歴からデータの復元を行ったりすることも可能です。 データの共有 データを共有すれば同時に複数のユーザーと編集作業を行うことができます。 同時編集が可能 1つのスプレッドシートを複数人で同時に編集することが可能です。 便利な関数がある Excelよりも便利な関数がスプレッドシートにはあります。 下記の関数はスプレットシートにしかありません。 IMPORTRANGE:別のスプレッドシートとの連携ができる• QUERY:単一・複数問わず、条件に一致したデータをまとめて表示する• UNIQUE:重複データを削除して一意な表を作成する• GOOGLETRANSLATE:テキストをGoogle翻訳する Googleスプレッドシートのデメリット 1. インターネットに繋がらないと使えない 通信障害などでインターネットに繋がらない状態では利用することができません。 処理スピードが遅くなる可能性 膨大なデータの処理を行うときは、Excelに比べて時間がかかる場合があります。 Libre Office「Calc」 Libre Office(リブレオフィス)は、Microsoft Officeと互換性のある無料のオフィスソフトです。 Excelに対応する表計算ソフトとしては「Calc」が無料で利用できます。 Libre Officeの使い方 スプレッドシートが表示されました。 図のように画面構成もExcelと似ています。 Libre Officeのメリット 1. 互換性がある Excelのファイルを開いたり、Excel形式へと変換したりといったことが可能です。 OSに関わらずインストール可能 CalcはWindowsでもMac、Linuxでも利用することができます。 Libre Officeのデメリット 1. 枠線の太さが異なる Libre Officeで枠線をつけた後に、Excelでそのファイルを開くと太さが違います。 Apache Open Office「Calc」 Apache Open Office(アパッチ オープン オフィス)は、Microsoft Officeと同等の機能を持つオープンソースのオフィスソフトです。 文書作成、表計算、プレゼンテーション、図形描画などのソフトウェアで構成され、表計算ソフトとしては「Calc」があります。 行政での導入実績も多いので信頼性の高いソフトと言えるでしょう。 Apache Open Officeの使い方 スプレッドシートが表示されました。 Apache Open Officeのメリット 1. 互換性がある Excelのファイルを開いたり、Excel形式へと変換したりといったことが可能です。 OSに関わらずインストール可能 CalcはWindowsでもMac、Linuxでも利用することができます。 Apache OpenOfficeのデメリット 1. UIがExcelと違うところがある フォント色、背景色のアイコンが離れているのでExcelに慣れていると使いづらく感じることがあります。 設定した書式が引き継がれない フォント色や背景色を設定しても他のセルに移動すると設定した書式が適用されていません。 再度設定する必要があります。 Numbers Numbers(ナンバーズ)は、Apple社が提供している表計算ソフトです。 Macを購入すると無料で入手できます。 Mac版の他にもiOS版も用意されていますのでiPhoneやiPadでも利用できます。 Excelに比べて操作が簡単で、直感的に操作できるのでMacをお使いの方におすすめです。 Numbersの使い方 スプレッドシートが表示されました。 図のように画面構成もExcelと似ています。 Numbersのメリット 1. 互換性がある Excelのファイルを開いたり、Excel形式へと変換したりといったことが可能です。 イラストが描ける iPad上では、Apple Pencilを使って一目でわかる図表やカラフルな手書きのイラストを追加できます。 Numbersのデメリット 1. Mac、iOSしか利用できない Appleの製品なのでWindowsでは利用できません。 まとめ Excelを無料で利用できるオンライン版や代替ソフトをご紹介してきました。 会社や学校で必ずExcelを使わないといけないという以外は代替ソフトを使うのも1つの手になります。 特にGoogleスプレッドシートは、ネットワーク環境さえあればPC以外にもスマホでも編集や作成をすることができます。 出先で急いで修正するときなどに重宝します。 また1つのファイルを複数人で同時編集も可能なので便利な場面も数多くありますのでおすすめします。 今回ご紹介したツールにはメリット、デメリットがありますのでご自身の状況に合わせてよりよいツールを選択してみましょう。 どうしても正式版のExcelが使いたいとき 会社や学校の提出物でどうしてもExcelでないといけない場合は、正式版を使う必要があります。 正式版はマイクロソフト公式ストア、Amazonで購入することができます。 マイクロソフト公式ストアで購入する場合 マイクロソフト公式ストアの場合、時期によって変動はありますが、2019年12月現在では、「12,984円」で販売されています(年間更新版)。 上記リンクよりマイクロソフト公式ストアに飛べます。 ショッピングで購入する場合 Amazonの場合、2020年2月現在では「11,790円」で販売されています。 マイクロソフト公式ストアで購入するより若干安く購入することができます。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

フリーソフトを使わず、PDF内にある表をExcel に変換する方法②

フリーソフトを使わず、pdf内にある表をexcel に変換する方法

今、表計算上のpngファイルを、Google OCRに掛けてみたのですが、レイアウトが取れませんね。 全部、1行のつながりで出てきてしまいました。 それを、正規表現で、切り分ける方法はあるのですが、とても、その技術を掲示板上で教えるというまではできないと思います。 ただし、Google OCRは、試してみる価値はあると思います。 (やり方は簡単で、一度、Googleドライブに画像ファイルをアップロードしておいて、Googleドキュメントで開くと、自動的にテキストに変換してくれるというものです。 だいたいの文字は読んでくれます。 GoogleのOCRそのものは、日本で一番売れている市販のものと同じぐらいレベルが高いのですが、レイアウト機能がありません。 Renee PDF Aide の場合は、埋め込みデータがないと、外部からOCRエンジンを借りるというような仕組みですから、思ったほど、いえ、補正処理がない分だけ、かなりひどい認識です。 OCRアプリの試用版は、ネットでは出ていますので、それを使ってもよいのですが、昔のエーアイの『読んdeココ』レベルのものは、もう存在しません。 昔はライバルだった、eTypist も、思った以上に性能が落ちてしまったようです。 今、使えるのは、読取革命ぐらいしかありません。 (試用版はWin版のみ (富士通は、ハード付きですから、おそらくは、ソフトウェアだけでは、力を発揮しないでしょう。 海外のものは、ほとんどアテにしないほうがよいと思います。 中国語と日本語自体が分かってないのではないか、と思えることもあります。 Vector でも海外でも、評価の高いABBYY FineReader(日本のOCRの元のエンジン? も、日本語補正処理が組まれていない以上、Googleの比較にもなりません。 それに、14,000円は高すぎます。 今どきは、一頃よりもトーンダウンしましたが、自炊ブームからか、きれいな画像ファイル 300dpi以上 なら、こんなことは朝飯前のような人たちもいます。 その手の業者さんもいますから、ネットの中だけではなく、いくつか思うところを当たってみる方法もあるかと思います。 最後に、事情がよく分からないので、間違ったらすみませんが、本来、今、お持ちなのは画像ファイルだけですから、その元のオリジナルがあるはずだと思います。 それをお願いして分けていただくかしたほうがよいと思います。 私は、今はもう能力的に落ちてしまいましたが、会社で1,000件ぐらいの住所データの打ち込みは、1日の内半分ぐらいを使って、3日で入力してしまいました。 当時は、電話や郵便番号から住所を出すというようなプログラムはありませんでした。 私の知り合いだったマンパワーの人たちも、そのぐらいは苦労しないでやってしまいます。 人がやれない量ではありません。 20代とか30代の人に限るかもしれませんが。 「PDFファイル」について誤解があるようなので説明しておきます。 「PDFファイル」の場合ですが文字については文字として保存している場合(文字コードとフォント名など)と形(アウトラインや画像)として取り込んでいる場合があります。 ご提案の「PDF Excel 変換」ではOCR機能が無い様で、前者は文字として戻すことが出来ますが、後者は文字として変換できませんでした。 実験のため、お持ちのpngファイル『連絡先リスト(住所、電話番号、メールアドレス)』をエクセルに貼り付けてPDF出力したものと、手入力した物をPDF出力したものとを、それぞれ「PDF Excel 変換」してみればわかると思いますよ。 >念のためじゃないよ >根本的に情報が不足している、決定的に不足している ご自身で、「それとも、世の中には画像フォーマット以外の有名なpngファイルが有るのだろうか・・・・」 とおっしゃっているではありませんか・・・。 一般的にpngファイル=画像ファイルです。 この掲示板で回答できる程度のITリテラシーある方に あえて、「pngファイル=画像ファイル」なんて説明必要とは考えませんでした。 さらに念のため、勘違いがないように説明すると、 今回の「画像ファイル」=「写真」ということではありません。 拡張子はpngですが、中身としては、連絡先リストです。 おそらく、グーグルスプレッドシートか、エクセルをキャプチャしたものだと思います。 ファイルによっては、「PDF Excel 変換」()などで、実際に出来ているので、 決して、「無理な相談」だと思っていません。 依頼したところ、 「エクセルデータのようなものを、キャプチャしWEBにアップしたらしいが、大元のデータの所在がわからない。 すぐに用意はできないので、今ある閲覧できるデータを活用してください。 」 とのことで、今回の質問です。 私が思いつく解決策は、 1)文字認識のOCRソフトを使って文字に変換して、Excelの各セルに張り付けるというプログラムを作成する、 2)自分で作成できないなら、プロに作成依頼する 3)プロに作成依頼する仕様書を書くのが面倒であれば、文字入力の代行業者に作業依頼する かでしょうね。 結論としては、入力項目数が(たとえば1000件を超すような)多量でないならば、 質問者さんがご自分で各セルに手動入力 するのが、一番簡単確実な解決策と思います。 多量であっても億とか兆とかにならない、人力で処理可能な範囲であれば、 解決策3)が一番安価な解決策ではと思います。 A ベストアンサー エクセルのバージョンがわかりませんがエクセル2007の場合、エクセルを起動して「挿入」>「図」>入れたい画像を選ぶ で入れられました。 ocn. htm ここに色々ソフトがあります。 ただ、新らしいソフトを使うということで、そのソフトの使い方になれる必要はあると思います。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。

次の