ギアナ 高原。 エンジェルフォール

【エンジェルフォール】南米奥地にある世界一の落差を誇る滝

ギアナ 高原

クイアバで申し込んだツアー会社 シャパーダ・ギマラインス高原国立公園へは、 クイアバの街からバスでも行くことができます。 ただ、花嫁のベールへのアクセスなど、 歩いたりすることも必要そうで面倒な気がしたので、 ツアーで参加することにしました。 クイアバには数社ツアー会社がありましたが、 対応が一番よかったTurismo conflanca申し込みました。 ツアー料金:180レアル。 (6,300円) ただ、ツアーは毎日携行していませんでした。 壮大なブラジルの大自然へ 朝ツアー会社に集合して、バンに乗って出発。 クイアバの街からはそこまで離れていないので、 しばらくすると辺りには、自然が広がってきました。 シャパーダジアマンチーナ同様の大自然の雰囲気です。 1時間ほど走ったところで、車を止めここからは徒歩で 国立公園内を歩いていきます。 ツアー会社に行ったときに、 紹介された川遊びするツアーがあるのですが、 シャパーダ・ギマラインス高原国立公園は、 とにかく滝が多く、水遊びするところがたくさんあります。 まず初めに向かったのがこのこじんまりした滝。 迫力があるわけでも、特別きれいなわけではないですが、 マイナスイオンだけはたくさん感じられる滝でした。 次に向かったのが、先ほどよりもう少し大きめの滝です。 ここもマイナスイオンがすごく感じられるところでした。 シャパーダ・ギマラインス高原の花嫁のベールへ 滝を2つ見た後に向かったのが、花嫁のベールと言われる滝です。 当然、先ほどよりスケールが違います。 ただ、水量が特別多いわけでも、迫力があるわけではなかったです。 日本で見る滝の印象に近かったです。 壮大さはあったのですが、想像してたものとは違ったので、 少し拍子抜けしてしまったのが本音です。 ツアー料金を考えると少し物足りなかったかなって思いです。 シャパーダ・ギマラインスのハイライトはここ 花嫁のベールを含む3つの滝を見た後、昼食だと言われて連れてこられた場所。 ここが一番壮大で、シャパーダ・ギマラインスのハイライトでした。 この景色を見たときに、ブラジルって広いなと 当たり前の思いをいだいてしまいました。。。 ただ、それを思わせるくらいの壮大があります。 ここから見る景色が一番絶景でした。 ただ、下をみると高所恐怖症の人にはきついかもしれません。 一通り回った後、昼食タイム。 ブラジルは南米の中では物価も高いだけあって、 ツアーの食事とかかなりしっかりしています。 味も美味しいし、この辺りのブラジルのクオリティは最高です。 昼食が終わったとは、近くの街を観光してクイアバに戻りました。 ギマラインス高原は別名「パンタナールのギアナ高地」と呼ばれているだけあり、 テーブルマウンテンで、頂上から見る景色はかなり壮大なものがあります。 これはおすすめです。 ただ、花嫁のベールをメインで行くと少しがっかりしてしまうかもしれないので、 ギマラインス高原の大自然を見にいくという目的で行くことをおすすめします。

次の

ギアナ高原|世界の穴場スポットまとめ

ギアナ 高原

エンジェルフォールという滝の名前を聞いたことがありますか。 小説「ロスト・ワールド」のモデルにもなったと言われているこの滝は、南米6ヶ国にまたがる広大なギアナ高地の中にあります。 たしかに、恐竜がいてもおかしくないような雰囲気のある場所ですね。 ギアナ高地には山頂と呼ばれる場所がたくさんありますが、そのほとんどは「テーブルマウンテン」、現地では「テプイ」とも呼ばれ、山頂といえども平らで広大な土地が人がっています。 エンジェルフォールがある場所もテーブルマウンテンの一つであり、標高979mもある平らな土地から流れ落ちる滝は、その落差が大きすぎるため地表に届く前に水蒸気になってしまいます。 滝壺の無い滝ということで有名ですね。 この記事の目次• この街でエンジェルフォールへのツアーを探せば、最短2泊3日、$320程のツアーから参加することができます。 ロマイラ山への観光拠点はサンタ・エレナ・デ・ウアイレンというブラジルの国境に近い街になります。 ロマイラ山へのツアーは5泊6日が多く、2日かけて麓まで行き、3日目に登頂、4日目は頂上散策、残り2日で街まで戻るといった感じです。 料金は約2900ボリバル・フエリテ程。 宿情報 エンジェルフォールに近いシウダードボリバル、ロマイラ山に近いサンタ・エレナ・デ・ウアイレン、それぞれ街の宿について書きます。 【シウダードボリバル】 セントロというエリアに安宿が集まっています。 レストランやバーにもなっており、夕食や朝食を宿で楽しむこともできます。 【サンタ・エレナ・デ・ヴアイレン】 シウダードボリバルと比べてサンタ・エレナ・デ・ヴアイレンはあまり安くて居心地の良い宿は少ないようです。 「Nativa」 個室:25000ボリバル Wi-Fi無料、ホットシャワー&トイレ.

次の

ギアナ高原|世界の穴場スポットまとめ

ギアナ 高原

テーブルマウンテンの1つ、には、世界最大の落差を持つ瀑布、がある。 同じくテーブルマウンテンのひとつ、には、現在確認されているだけで8つの大穴が空いており、最大のものは直径・深さとも350mある。 あまりの深さのために、鳥類(など)の往来を除いて穴の内部と外部はほぼ隔絶されており、独自の生態系を築いている。 地質 [ ] ギアナ高地を形成している岩石は、主に20億年から14億年前のに堆積したやからなり、を呈し、巨大な縦穴の存在が知られている。 6億年前に存在したがで複数の大陸に分裂して現在の位置に移動した中で、ギアナ高地の部分は大陸移動の回転軸に当たり、ゴンドワナ大陸の時代からほとんど移動していないと推定されている。 ギアナ高地とアマゾン川を挟んだ位置に存在するも同様の地質学的特徴を持っている。 ギアナ高地付近は、類など豊富なの存在が確認されている。 気候 [ ] ()は 水の国という意味であり、その名の通り、年間4000mmを超える降水量がある。 年間を通して北東からの貿易風が吹き込む。 これがギアナ高地にぶつかり、周囲に大量の降水量をもたらす原因であると考えられている。 乾季は12月から4月、雨季は5月から11月である。 その他 [ ].

次の