グルコース 構造 式。 単糖類(グルコースとフルクトース)の構造と性質

多糖類(デンプン、グリコーゲン、セルロース)の構造と性質

グルコース 構造 式

特性 C 6H 12O 6 180. 063388 1. 037 M への 0. 006 M への 0. グルコース(: glucose)は、分子式 C 6H 12O 6を持つ単純なである。 ブドウ糖 ( ブドウとう、 (葡萄糖)とも呼ばれる。 グルコースはとして動物の血液中を循環している。 糖は植物などに含まれるにおいて、太陽光からのエネルギーを使って水と二酸化炭素からによって作られる。 グルコースは ()のための最も重要なエネルギー源である。 植物では、動物ではのようなとして貯蔵される。 グルコースは6個の炭素原子を含み、の下位区分であるに分類される。 D-グルコースは16種類の ()の一つである。 D型である D-グルコースは、 デキストロース(dextrose)とも呼ばれ、天然に広く存在するが、 L-型異性体であるはそうではない。 グルコースはや、、、グリコーゲンなどといった炭水化物の加水分解によって得ることができる。 グルコースは通常から商業的に製造されている。 グルコースはに入っている。 接尾辞の "-ose" はを示す化学分類辞である。 発見の歴史 [ ] グルコースはドイツの化学者、 ()によって1747年に干し葡萄()から初めて単離された。 グルコースは多くの生物の基本的必需品であるため、その化学組成と構造の正しい理解は有機化学の一般的進歩に大きく寄与した。 この理解の大部分はドイツの化学者の研究の結果である。 フィッシャーは糖の研究によって1902年のを授与された。 グルコースの合成によって有機物質の構造が確立し、その結果としての化学反応速度論と炭素を含む分子における化学結合の配置の理論の最初の決定的な検証となった。 1891年から1894年、フィッシャーは全ての既知の糖の立体化学的配置を証明し、ファント・ホッフの不斉炭素原子の理論を適用することで、可能なを正確に予測した。 所在・製法 [ ] グルコースは・・中にして存在している。 工業的には、をすることによって生成する。 物理的性質 [ ] 常温常圧で白色の粉末状の。 水に溶けやすい。 甘味がある。 化学的性質 [ ] 単糖の一種であり、(六炭糖)およびに分類される、アルドヘキソースである。 物質であり、天然に大量に存在するのはD体である。 Glcのほか、のTraubenzucker(トラウベンツッカー:Trauben 、Zucker 糖)から Tzとも略記される。 なお、ブドウ糖の名の由来は、「熟したブドウの果汁に多く含まれていたから」、「化学式の形状がブドウの房に似ていたから」などの説がある。 グルコースは以下のようなやの構成単位である。 グルコースを構成単位とする多糖の総称を と称する。 おもな誘導体 [ ]• (6-デオキシグルコース)キナの樹皮の配糖体• (3,6-デオキシグルコース)サルモネラ菌のリポ多糖 アルコール発酵 [ ] グルコースは、と呼ばれる群によりとに分解される。 この反応をという。 この構造の末端にはが存在するため、グルコース水溶液は性を示す。 水溶液中でアルデヒド基をもつ単糖はアルドースと呼ばれる。 化学構造 [ ] 中では、以下の3種類の構造が一定の割合で存在する状態となっている。 詳細は「」および「」を参照 グルコースはそのの反応性の高さからを修飾する作用(、参照)があり、グルコースによる修飾は主に細胞外のタンパク質に対して生じる。 細胞内に入ったグルコースはすぐに解糖系により代謝されてしまう。 インスリンによる血糖の制御ができず生体が高濃度のグルコースにさらされるとタンパク質修飾のために糖毒性が生じ、これが長く続くととされる微小血管障害によって生じる、、などを発症する。 にも記載され、ブランドとしてでなく「局方品」として調剤されることが多い。 医療現場では、しばしば「5プロ糖」「ツッカー」(ドイツ語の「Zucker 糖」に由来)と呼ばれる。 治療薬の過量服用などで低血糖になった際などには、携帯したブドウ糖顆粒の経口摂取がしばしば行われる。 では血中のブドウ糖濃度は速やかに上昇しないため、ブドウ糖の摂取が好ましい。 血糖値の異常については、を参照 脚注 [ ] []• "glucose. " The Columbia Encyclopedia, 6th ed.. 2015. Encyclopedia. com. 17 Nov. 2015. World Health Organization 2013年10月. 2014年4月22日閲覧。 Etymonline. com. 2016年11月25日閲覧。 " It follows from the comparisons made by Mr. Academic Press. 2015. 239. " Raisins, being moistened with a small quantity of water, in a way that they soften, can be then pressed, and the juice that is squeezed out, [after] being purified and thickened, will provide a sort of sugar. , Nobel Foundation , 2009年9月2日閲覧。 Eng. News 77 39 : 8• ピラノースは六員環、フラノースは五員環の環状である• , American Diabetes Association, 2010 , ,• 生体分子に起こる加齢変化 05-異常たんぱく質はなぜ増えるのか? 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

単糖類グルコースの還元性と六員環・鎖状構造

グルコース 構造 式

化学式 C 6H 12O 6。 1 D-グルコース ブドウ糖のこと。 グルコースの光学異性体の一つであるが単にグルコースともいう。 炭水化物代謝での中心的化合物で,動植物界に広く分布している。 工業的にはデンプンの加水分解によって得られる。 通常のグルコースは水溶液において のを示すが,そのは調製してから時間がたつとが変化し(),+52. はによりグルコースの重合したをつくる。 高等動物では重合してとなり貯蔵され,必要に応じグルコースとなり,により各組織に運ばれ,として働く。 栄養剤,,として用いられる。 料としても用いられる。 2 -グルコース の異性体。 人工的につくられる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 代表的な単糖で、D型とL型があり、天然に存在するのはD型で、ブドウ糖ともよばれる。 グルコースは白色の粉末で甘味があり、水によく溶ける。 水溶液にエタノール(エチルアルコール)を加えても沈殿しない。 アルカリ性ではそのアルデヒド基のために還元性をもち、アンモニア性硝酸銀の銀イオンを還元しての銀とする銀鏡反応を示す。 また、グルコースは動物、植物いずれにおいてもの中心に位置する重要なである。 なお、高等植物の細胞壁の主成分はセルロースであるが、これはグルコースからなる多糖の一種であり、地球上でもっとも多量に存在する生体高分子とされている。 グルコースの関与する代謝経路は複雑であるが、高等動物では次のような経路がとくに重要である。 まず、グルコースがリン酸化されたのちに各種の中間体を経て2分子のピルビン酸にまで分解される過程があり、これを解糖系とよぶ。 酸素が十分にあればピルビン酸はさらにクエン酸回路を経て完全に酸化され、二酸化炭素と水になる。 この全過程を通して放出されるエネルギーのうち、グルコース1モル当り約270キロカロリーがATPのエネルギーとしてとらえられ、他の生体反応のために利用される。 これはグルコースが完全燃焼するときに放出するエネルギーの約40%に達する高い効率である。 グルコースはまたペントースリン酸回路によって分解され、核酸合成の原料となるリボースや脂質代謝などに必要なNADPH(還元型ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドリン酸)を生産する。 オキザロ酢酸を経てグルコースをつくりだす反応もあり、糖新生とよばれる。 グルコースはその重合体であるグリコーゲンの形で肝臓や筋肉などに貯蔵される。 グリコーゲンの生合成と分解の系は、これまた重要な代謝系である。 このようなグルコースが関与する代謝系は、その反応速度がホルモンなどにより厳しく統制されていて、生体の置かれた環境にもっとも適したエネルギー代謝が行われる仕組みとなっている。 ヒトの血液は約0. 1%のグルコースを含む。 このグルコースは血糖ともよばれるが、その由来は、小腸から消化吸収されたものと、肝臓のグリコーゲンが分解されて動員されたものである。 また、その運命は、おもに肝細胞に回収されてグリコーゲンとして蓄えられるか、他の組織の細胞に吸収されて利用されるかのいずれかである。 肝臓は血糖の量を調節するダムの役目をするわけであるが、このために肝細胞の膜はグルコースを自由に出入りさせられるようになっている。 他の組織の細胞がグルコースを取り込むためには、インスリンの存在が必要である。 糖尿病でインスリンが欠乏すれば、グルコースの利用が抑制されて血糖値が高くなる。 高等植物の光合成において最終生産物はグルコースであるが、これはただちにデンプンに合成されて蓄えられる。 なお、果実などには遊離のグルコースも含まれる。 [村松 喬] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

フルクトース

グルコース 構造 式

グルコース(C 6H 12O 6)は単糖類の一つで、ブドウ糖ともいわれる。 水によく溶けて、血液中にも含まれる。 グルコースは生物のエネルギーをつくる最も重要な物質で、呼吸とはグルコースを低分子に分解してエネルギーをとりだす反応をいう。 グルコースの構造 グルコースは環状と鎖状の構造をとる。 つまりグルコースの構造は3パターンある。 この構造の違いがとても重要。 鎖状グルコースはアルデヒド基をもつため、グルコースは還元性をもっている。 グルコースのポイント 高校化学においてグルコースは天然高分子の最重要分子で、構造式と還元性の根拠を求める問題は毎年のようにどこかの大学で出る。 グルコースは• なぜ還元性をもっているか答えられるようにする• ブドウ糖という別名と分子量180を覚える グルコースの分子量はちょうど180。 この数字も必ず覚えよう。

次の