近江 町 市場 朝 ごはん。 【金沢】近江町市場のおすすめ海鮮丼15店!ランチに人気の海鮮丼、安いお店から老舗まで♪

金沢市の近江町市場で朝食が食べれる人気のお店5選を紹介

近江 町 市場 朝 ごはん

午前中の近江町市場 近江町市場で寿司・海鮮丼といえば、やっぱりランチタイムに訪れたいところ。 ただ、観光シーズンだと平日でも行列は当たり前。 週末にもなれば、大人気店は昼どき2時間待ちなんてことも珍しくありません。 特に、春休みの3月、夏休みの8月、加能ガニが解禁になる11月の混雑は想像を超えるレベルなのだとか。 市姫神社口から入ってすぐの「山さん寿司」本店 そこで、現地在住者に裏ワザを聞いたところ、「近江町市場で海鮮丼を食べたいなら、早朝がおすすめ」との情報を入手。 さっそく、近江町市場で一番人気と名高い「山さん寿司」を開店直後の朝8時に突撃。 すると意外なほど、すんなり入店できました。 平日とはいえ、これは幸先のよいスタートです。 「山さん寿司」の海鮮丼3,000円。 インスタ映えもバッチリ! オーダーしたのは、一番人気の「海鮮丼」。 エビ、カニ、ウニ、イクラ、マグロ、ブリ、ホタテ、ノドグロ…のフルコース! 毎朝市場から仕入れるネタだけあって鮮度抜群。 特に地物だというアジが絶品! 地元能登半島産「コシヒカリ」と「のとひかり」をブレンドしたオリジナル米との相性もバッチリです。 食べる前は「朝から海鮮丼って重いかな?」とちょっぴり心配しましたが、素材がいいこともあり、あっさり完食してしまいました。 店頭にあったうにいくら丼3,500円の食品サンプル。 こちらも大人気のようです ランチタイムは平日も行列の「もりもり寿し」近江町店 そのままの勢いで2軒目の「もりもり寿し」へ。 こちらは、金沢発祥の回転寿司チェーン。 今では金沢市内はもちろん、全国にも支店があるようですが、やはり近江町市場内で食べる握りは特別でしょう。 「もりもり寿し」のテーブル席はこんな感じ 時刻は9時。 カウンターもテーブル席もまだまだ余裕ありです。 回転寿司店でお馴染みのタッチパネル式モニタからオーダー。 北陸5点盛り、ノドグロ炙り、柳サワラ、アオリイカ…と当日のおすすめを中心にセレクトしました。 白エビ、ガスエビ、バイ貝などが入った北陸5点盛り1,300円 ノドグロ炙り2貫600円 柳サワラ2貫480円 アオリイカ2貫340円 ノドグロ炙りは、東京の高級寿司店で出てきそうな文句なしの仕上がり。 炙った皮の香ばしい香りの向こうに、とろりとした脂がのどの奥に溶けていきます。 これで2貫600円は破格! 金沢まで来た甲斐があるというものです。 地物だという白エビ、バイ貝、柳サワラ、アオリイカも鮮度抜群でいくらでも食べられそう。 日本海沿岸で獲れるガスエビの透き通った甘さもたまりません! 市場内に3店舗を構える「近江町市場寿し」の本店 ハイペースで3軒目に突入。 やって来たのは「近江町市場寿し」本店。 近江町市場内に系列3店舗を構える人気店です。 「近江町市場寿し」本店のカウンター こちらは、回転レーンはあるものの基本的には、カウンターから好きなネタをオーダーするスタイル。 壁に掛けられた「本日のおすすめ」を書いたボードが目を引きます。 旬のネタは「本日のおすすめ」からオーダーを! 店長に話を聞き、観光客に人気だという「ぜいたく握り12貫盛り」と「のど黒入りぜいたく丼」をオーダー。 いずれも税込2,570円と、内容を考えればかなりリーズナブルです。 ぜいたく握り12貫盛り2,570円(手前)、のど黒入りぜいたく丼2,570円(奥) セットはいずれもノドグロ入りでボリュームも満点! サービスで「アラ汁」も付いてきます。 今回は、ちょっと贅沢をしてプラス227円で「カニ汁」にグレードアップ。 ズワイガニの脚がドーンと入っています! 本まぐろヒレ炙りは2貫734円 「本日のおすすめ」から「本まぐろヒレ炙り」も注文。 ふんわりトロける本マグロの甘みを香ばしい焦げ目がしっかり打ち返すナイスアクセント。 こちらも、おすすめです! 店長によれば、週末でも早朝や午後2~3時の間なら比較的並ばずに入店できるそうです。 店頭で新鮮魚介類を食べられる「近江町金沢横丁」 11時を過ぎると人気店には行列ができ始めます。 このタイミングで近江町市場に立ち寄るなら、気軽な「食べ歩き」がおすすめです。 市場内では、店頭で新鮮魚介類や加工品を食べられるお店もたくさんあります。 いくつかご紹介しましょう。 能登産の蒸しガキは、2つで500円 生ボタンエビは、このサイズで600円! 甘エビコロッケ300円 蒸しガキ、生ガキ、生ボタンエビ、各種海鮮串焼きなど、思わず目移りしてしまうバリエーション。 特に「近江町コロッケ」の名物だという甘エビコロッケは秀逸。 蒸した甘エビがゴロゴロ入っていて、風味が口いっぱいに広がります。 満腹なのに、まだまだ入るのが不思議…。 地物をメインに全国から新鮮な魚介類が集結 もちろん地物のズワイガニ「加能ガニ」も買えます。 やっぱりお高め!?

次の

早起きして食べたい! 金沢の素敵すぎるモーニング【マイフェバ】

近江 町 市場 朝 ごはん

ひらみぱんは、パン屋さんでありながらフランス料理が食べられるビストロでもあるお店。 交差点の角にあるお店の建物は、レトロで和洋折衷なたたずまい。 可愛らしい木のドアを開けるとまずはおいしそうなパンが並んだショーケースがあります。 ここでパンを買って帰る人も多いです。 奥にはテーブル席が用意されていて、ビストロとして利用ができます。 モーニングがいただけるのは8時から。 セットはサンドイッチ、ベーグルサンド、キッシュ、グラノーラ、タルティーヌ、そしてクロックマダムがあります。 特にキッシュはサクッとしたパイ皮がこんがりと香ばしい。 ベーコンなどの具もおいしいです。 野菜の種類豊富なサラダは、胡桃ものっているのがポイント。 ドレッシングの風味とよく合います。 金沢のモーニングにご利用ください。 金沢でおいしい魚介を食べるならここ!カウンター席でにぎり寿司や丼ものがいただけます。 特に海鮮丼は種類が豊富。 小さいサイズのものもあるのも嬉しいですね。 一品料理も幅広く揃っています。 朝早くからでも行列ができるほどの人気店。 小さなお店なので、板前さんとの距離も近く、和やかでアットホームな雰囲気があります。 金沢駅周辺のホテルに滞在するなら、朝食はこのいきいき亭をおすすめします。 朝、水揚げされた新鮮な魚介類が食べられます。 「いきいき亭丼」は、見た目にも華があって豪華な雰囲気。 たくさんの種類のネタがのっています。 刻んだ海苔に干瓢が酢飯とよく合っていて、ネタとの相性も抜群。 普通盛りでもけっこう量があるので満足度も高いですね。 ぜひ立ち寄ってみてください。 メルツバウは、昭和50年(1975年)創業の老舗喫茶店。 緑豊かな尾山神社のすぐそばにあります。 コーヒーはもちろん、カレーライスも名物です。 「朝カレーセット」というメニューもあり、地元の人も朝食を食べに訪れる、地域に根づいたお店。 喫茶店なので、食べ終わったあともコーヒーを飲みながらのんびりとした時間が過ごせます。 トーストの「モーニングセット」や「朝ハヤシセット」などいくつかのモーニングセットがあります。 「朝ミギカレーセット」は、ライスの左がハヤシ、右にカレーという、両方が食べられるお得感のあるメニューです。 ドリンクや野菜スティック、ヨーグルトも加えれば朝から大満足。 1日の良いスタートがきれそうですね。 キュリオは、英語が通じる喫茶店。 なので海外からの観光客にも大人気のお店です。 こちらのウリは本格的なエスプレッソマシーンによるシアトルスタイルのエスプレッソ。 カウンターの上にある大きなマシーンがカッコいいです。 アンティークなインテリアも素敵。 レトロな形のレジなど、どこを見てもセンスの良さが感じられます。 モーニングの利用もできるので、出勤前にちょっと立ち寄る人も良いですね。 「ブレックファーストサンド」は、スクランブルエッグ、チーズ、ベーコン入りのサンドイッチ。 朝からモリモリ食べられます!トマトベースのバーベキューポークの入ったサンドイッチもおすすめ!トマトの風味と豚肉と玉ねぎの組み合わせが絶妙です。 金沢でも特に人気の観光地、ひがし茶屋街にあるフラッフィー。 パンケーキが有名な喫茶店です。 外観は周囲の街並みと調和した日本の町家風。 2階に座敷があり、和の雰囲気とおいしいパンケーキが楽しめます。 店主さんによる手作りのカップやお皿もこのお店の魅力のひとつ。 パンケーキは焼きたてのふわふわがたまりませんね。 絶妙なしっとり具合もやみつきに。 「バターミルクパンケーキ」はシンプルで上質なふわふわパンケーキ。 さらにほうじ茶の風味が感じられる「ほうじ茶パンケーキ」も人気があります。 黒糖で炊かれた金時豆の甘さとも絶妙にマッチしています。 飲み物はコーヒーの他、自家製のフルーツソーダもおすすめです。 みかん、いちじくの味が贅沢に楽しめます。 ご賞味ください。 静かな通りに面した東本願寺金沢別院。 その目の前にある菜喰 安心院は、伝統的な蔵を改装した和食屋さんです。 金沢駅から徒歩圏内なのも嬉しいところ。 靴を脱いであがるスタイルのお店です。 掘りごたつ風のカウンター席とテーブル席があり、どちらも落ち着いた和の雰囲気が楽しめます。 朝食の利用は完全予約制で、7時半スタート。 健康面をしっかりと考慮されたメニューが特徴。 自家製の特製生野菜ジュースからはじまり、だし巻き卵、焼き魚、漬物に味噌汁など、体に優しいものが中心。 土鍋で炊き上げたご飯に納豆と、どれをとっても質の高いものばかり。 さらに食後には自家製のヨーグルトもいただけます。 黒蜜ときなこの贅沢なトッピング!これまた絶品です。 日本を代表する朝食を、ここ金沢でいただきましょう。 国道8号線沿いにある高倉町珈琲では、ゆったりした空間でおいしいモーニングがいただけます。 座り心地抜群のソファーも魅力。 落ち着いたインテリアも素敵です。 分煙がされているので、煙草の煙が嫌な人も安心して食事ができます。 モーニングのメニューは豊富に用意されています。 「トーストセット」や「モーニングフレンチトースト」、「モーニングリコッタパンケーキ」など様々。 リコッタパンケーキは特に人気のメニューで、リコッタチーズの風味とふんわりとした食感が魅力です。 さらにとろとろのクリームも絶妙なバランス。 シロップとの絡み合いもたまりませんね!上にのっているナッツがまたおいしい!他に「エッグベネディクト」や「ロースカツサンド」といったメニューも人気があります。 金沢のモーニングはここに決まりですね!.

次の

金沢の台所「近江町市場」で老舗寿司屋の海鮮丼を味わう│観光・旅行ガイド

近江 町 市場 朝 ごはん

この記事の目次• 2015年3月にセンセーショナルに北陸新幹線が開業しました。 本マガジンでも北陸新幹線開業の金沢駅を取材していますが金沢に新しい未来がやってくるんだ!とワクワクしたのを今も焼き付いています。 [ ] 2015年9月。 その北陸新幹線からちょうど半年が経ち、金沢では思いもよらないくらいの観光客が押し寄せており、様々な問題が浮き彫りになってきています。 金沢の街中混み過ぎ問題 昔から金沢の三種の神器とも言われる金沢の観光地がありましたが、現在は金沢の人気観光地も増えてきて金沢駅、近江町市場、ひがし茶屋、兼六園、金沢城公園、金沢21世紀美術館、長町武家屋敷跡、尾山神社など金沢も様々な顔を見せるようになりました。 東京や京都に比べると外国人観光客も少なく全国的に見たら観光客はまだまだ少ないのかもしれませんが、金沢の多くの観光地はこの北陸新幹線開業以来大変に混雑しています。 混雑しているのはだいたい近江町市場の海鮮丼の行列、金沢21世紀美術館の入場の行列とひがし茶屋。 後ほどじっくりとお話することになりますが、近江町市場の混雑は地元民の生活に差支えが出るくらいの混雑具合となっています。 画像:近江町市場の海鮮丼を求める行列 そもそも、どのくらいの観光客が増えたのかという話ですがゴールデンウィークではおよそ3倍の観光客の増加といわれています。 こちらは北陸新幹線だけではなく北陸新幹線を全国放送などのテレビで特集することで関西からの観光客もかなり増加したために思った以上の観光客の増加となったといって良いだろう。 [] ゴールデンウィークの後のお盆も同じように金沢は混雑したようで「兼六園3日で5万4700人 過去五年間の平均を二万人余り上回った。 」というので単純に計算しても2倍の観光客増ということだ。 お盆はキャンプなどのレジャーも増えたこともあり、能登の方にも人が流れていたということである。 [ ] 単純に人が増えただけなら観光地も賑わっていいじゃないか!と単純に思うこともあるのですが、事はそんな単純ではなく、この増えた観光客によって様々な問題が起こってきている。 一つ一つその問題について考えていく。 ホテルが高すぎる問題 北陸新幹線開業半年ということで様々な記事が書かれていますが、その中でも話題になりました中日新聞の記事「」 「申し訳ございません、期間中はどの部屋も満室でして…」。 本紙がシルバーウイーク(十九〜二十三日)中のシングルの空き状況、料金をJR金沢駅周辺や香林坊のビジネスホテル、レストランなどを持つシティーホテル計十カ所に問い合わせたところ、六ホテルで満室。 他の四ホテルでも空きは一日だけだった。 料金も、普段より少し高い程度に収まっているのは七千円台の三ホテルにとどまった。 閑散期の二〜三倍の二万円台が半数以上で、十一平方メートルと調査した中で最も狭いビジネスホテルのシングルでは二万七千四百円。 さらに、素泊まり六万四千円だった部屋(三十二平方メートル)の場合、翌週末の四倍の設定だ。 かき入れ時の値上がりは観光地に共通で、東京や京都でも普段六千円台の部屋が二万円台後半〜三万円台となる例がみられるが、新幹線効果を背景にした金沢エリアの強気は鮮明だ。 金沢で楽しんでほしいと思ってるのに。 画像 近江町市場でのゆりりん 今の金沢のホテルは高すぎる、そして、せっかく金沢に来ようと思っている観光客を受け入れられない満室問題は見逃せない。 この記事では最後に 「<ホテル評論家の滝沢信秋さんの話> 日本のホテルは稼働率によって料金を変動させる。 ホテル側はなぜ、同じ部屋でも価格が高くなるのかを客に納得してもらう努力をしなければ、観光地として選ばれなくなる。 」 と書かれているが 後にもこれに言及しますが 、単純に混雑するからと観光地が選ばれなくなるという話ではない。 この記事は感情的な一面もあるのではないかと思いますが、そう思わせたことに金沢は申し訳なく思わないといけないと思っています。 すいません。 本マガジンが観光業界の方々と話をしていた時に聞いたのは、とある金沢のホテルで最も混雑していた時のホテルの一室の価格はなんと素泊まり一泊 70,000円! 通常は一室素泊まり5,000円〜7,000円のホテルだ。 これはもう異常という他に無い。 せっかく金沢へ行こう!という観光客に対して金沢人としてやはり申し訳ない気持ちになってしまいます。 そういう問題が起こっているのは観光客が増えたのは間違いないのであるが、他方北陸新幹線をきっかけに様々な学会やイベントがこの金沢に集まっているのも現実なのだ。 9月18日 金 ~9月22日 火 日本スポーツマスターズ2015石川大会 8,000人ほど 10月16日 金 ~10月18日 日 第77回日本血液学会学術集会 6,000人ほど 11月3日 火 ~11月8日 日 JCI 金沢大会 10,000人ほど 11月15日 日 金沢マラソン2015 12,000人ほど 11月21日 土 ~22日 日 第30回日本国際保健医療学会 11月26日 木 ~27日 金 日本低温医学会 第42回総会 ざっと11月まででもこれだけの学会、イベントが開催されるという。 特に 10,000以上の参加が見込まれるJCIの金沢大会や金沢マラソンではすでにホテルの多くが抑えられているとか。 もうホテルはこの時期に泊まることができない以上に金沢のホテルの限界を超えてしまっているように思います。 それに伴ってかホテル施設を建設するという話も多々上がっているようであるが、実際にホテルの人員が足りないという問題に直面していることがすでにわかっている。 新しく建設すればいいという単純な問題でもないのも実際だ。 ホテルが問題でも分かるように、これだけ観光客が増えると今度は金沢の目玉の一つであるグルメにも影響してくるから大問題だ。 金沢グルメを堪能できない問題 居酒屋・近江町市場 本マガジンでも数多くのをご紹介しています。 本マガジンでもよく利用していてご紹介した「いたる本店」と「とっくりや」 今は観光客の予約はもちろん地元民ですら予約困難となってしまっています。 つい先日も予約できませんでした。 沢山の観光客に金沢グルメを楽しんでもらえて嬉しいのですが、地元の人たちが食べれなくなるのは地元的にも悲しいのです。 難しい問題だ。 ではホテルのように居酒屋の値段を釣り上げるの? 居酒屋で一見さんは完全にお断りするの? 金沢へ来たら昔から食べられている金沢グルメを堪能したい。 チェーン店は嫌だ。 新しいお店は嫌だ。 そういう観光客が実際多いのではないかと思います。 居酒屋混雑問題の解決策が単純にあるわけではないから事は複雑。 金沢駅前にも数多くのお店がオープンしているがまだこの観光客の数に対して応えきれていないのが実際だろう。 金沢に来たからにはおいしいものを食べさせてあげたい。 それを叶えられてあげられなくて申し訳なく思っている金沢市民も数多くいるように思います。 何か解決策を本マガジンでも考えてみたいと思います。 近江町市場の海鮮丼問題 画像 近江町市場で海鮮丼を食らうゆりりん その他に金沢グルメで問題になっているのは「近江町市場の海鮮丼問題」です。 どんな観光雑誌を手にしても必ず近江町市場の海鮮丼が特集されています。 地元的な話をして申し訳ないのですが、地元民は近江町市場の海鮮丼を食べたことがない人がほとんどなのでは無いかと思います。 へー近江町市場で海鮮物食べられるんだーへー。 と、なんだか観光客向けのサービスだというイメージが未だにあります。 観光客向けに対しての食材販売などはかつてから近江町市場で行っており、もともとは地元民向けの食材販売の場所であったりするため、そもそも食べるところも少ないわけです。 観光客向けのサービスということもあって必然的にお値段も高いものになってしまうというのが実際でしょう。 金沢市民的には観光客には申し訳なく思ってしまいます。 ごめんなさい。 Webがきっかけて話題になりNHKでも多少取り上げられました。 そんな繁盛ぶりを横目に、三十五年ほど前から青果店を営む田中雅章さん(74)は「売り上げは新幹線が通る前の半分ぐらい」と表情を曇らせる。 皮肉にも市場のにぎわいが、逆風になっている。 店が面する通路は幅三メートルほど。 向かいにはすし店がある。 席待ちの客が行列になると、往来すら困難になる。 常連からは「買い物がしにくい」「道が歩きにくい」と言われ、次第に客は減っていった。 厳しいのは田中さんの店だけではない。 約百八十店が集まる市場で、青果店は二十五店ほど。 目についた十二店に話を聞くと、「以前より売り上げが増えた」と答えたのは一店だけ。 ほかは「食べ物屋だけがにぎわう。 八百屋には関係ない」「地元の人が来なくなって苦しい」と口をそろえた。 うち六店は売り上げが減ったことも明かした。 [ ] 近江町は野菜だけではなくアパレルも販売している 画像 近江町市場のオーミスーパーのゆりりん 野菜が売れない構図は、地元の方が近江町市場を利用し野菜を、魚を、肉を購入していたが、近江町市場の混雑したことで、地元の方が離れていった。 構図は非常にシンプルだ。 観光客にも何の非もなく、金沢市民にも、お店にも何の非もない。 全く誰にも非がない。 私にはそのように思います。 この対策として金沢の地元民向けのなどを発行しているが、問題の原因となっている混雑問題などは何も変わらないのでたいした効果も出ないのではないだろうか。 むしろ逆に混雑するのではないかと思います。 とはいっても近江町混雑を避けるために近江町市場の入場を制限するなどといった対策が行うことも難しい。 対策として、例えば釧路の勝手丼のように近江町市場の野菜を少しずつ購入して、近江町横・十間町の駐車場などで野菜を揚げて野菜丼にするなどの企画はどうだろうか? これは早くとりかからないと死活問題に繋がるからほんとに早い方がいいと思います。 [ ] [ ] 金沢観光の際は雑誌などのモデルルートを参考にすると混雑に巻き込まれることは間違いないのでモデルルートの再考案は今の金沢には必須でしょう。 近江町市場で海鮮丼難民になってしまった家族の悲劇 ここで一番の悲劇な観光客は誰かというと、近江町市場や海鮮丼などの列に巻き込まれてしまったファミリー客ではないだろうか。 混雑した海鮮丼の行列に巻き込まれているベビーカーを引いて子供が泣き叫んでいる親子をたくさん見ました。 混雑するところはだいたいそういうものなのかもしれませんが、混雑が嫌いな金沢市民的にはやはり何とかしてあげたい。 そういう気持ちでいっぱいになってしまいます。 混雑は避けられないのはわかっているので少しでもそんな観光客に対して何かできればなと思い「近江町市場の簡単お助けマップ」を作っておきましたので参考にしてみてください。 金沢市内のバスにクレーム付けられていた問題 こちらも北陸新幹線開業後に問題になった記事の一つだ。 当地のバスは、後方のドアから乗り込んで整理券を取り、前方のドアから降りる際に近くに掲示されている料金表を見て対応する料金を支払う方式だったようだ。 乗り込み時に定額料金を払う市バスしか知らなかった娘たちは、当初はどういう料金方式になっているのか分からず戸惑ったそうだ。 同じように他の観光客らしき人が何人も、料金の支払い時に戸惑ってもたついていたそうだ。 しかしその度に、バスの運転手は「頭を使え」などという悪態をつき、その声がマイク越しに車内に聞こえたというのだ。 彼女たちも最初は耳を疑ったそうだし、小生も信じられない気分だったが、彼女たちの思い違いではなく、何人もの人があからさまに馬鹿にされていたというのだ。 もちろんバスの運行が遅れることで利用者や会社から文句を言われるのだろうが、お客さんに対して使う言葉としてはあり得ず、無礼な態度以外の何物でもない。 娘と友人は最初あっけに取られ、やがて非常に腹が立ったそうだ(ごもっとも)。 「」 最初は「リピートされない観光地、金沢」というタイトルであったが「リピートされない観光地に輝く将来はない」と編集されており、金沢という名前もKという名前に置き換えられている。 本マガジンは、北陸鉄道さんやJRさんの回し者でもありませんが、金沢にせっかく旅行に来て不快な思いをさせてなんだか申し訳ないというのも金沢市民的に思います。 実際にサービスの質のどうこうは別として、金沢市内のバスを運行している北陸鉄道は様々な企業努力をしていると思います。 もちろん金沢駅にも案内の方がいることもあります。 また、市内の観光バス500円のフリーパスも販売されておりなかなか便利になってきています。 金沢の観光は確かに今過渡期で混雑しており、今世紀最後のチャンスとも言えるこの大きな波の中で、やはり完全に対応できていないバスのサービスも実際ではないかと思っています。 仕方ないなぁという親心でバスに乗ってもらえると嬉しいです笑 まずは、本マガジンのバス企画の記事を読んでから 笑 是非参考にしてみてください。 北陸新幹線で金沢・北陸はどうするべきか 北陸新幹線開業日の金沢駅東口 ここまでは金沢の観光の問題、Webでの話を中心に進めてきました。 おそらくリアルな現場ではもっと問題はあるのだろうと思います。 英語でどうサービスを行うかという問題や、インバウンド問題。 おそらく相当な数の問題があるのはわかっているのですが、少しずつ解決していくしか無い。 当たり前か。 また、北陸の中でも足並みを揃っていないのも問題の一つ。 私の個人の意見ですが、今回の北陸新幹線開業で「金沢の一人勝ち」と言われているようだ。 では富山・福井・能登・加賀が一人ができるのか?事はそんな単純ではないだろう。 文化や歴史やコンテンツなどが集まっているこの金沢であるのはやはり現実で、一度この金沢が頭になって、目立ってゆっくりと北陸全体に効果を流していく。 それしか今の北陸に未来はないのではないかと私は思います。 Richard. Butler — The Tourism Area Life Cycle Richard. Butler リチャードバトラー のThe Tourism Area Life Cycle ツーリズムライフサイクル というモデルが有る。 これは商品のライフサイクルなどで利用されるPLC プロダクトライフサイクル という経営学で必ず出てくるコトラーのモデルを観光に応用したものだ。 手っ取り早く言うと観光には成長のライフサイクルがある。 「探検、始動、発展、成熟、停滞、再生、衰退」の順に観光地は成長していく。 図を見るとわかりやすいだろう。 画像 The Tourism Area Life Cycle バトラーが言うのは「観光地の衰退の一番の要因は環境容量(carrying capacity)にある」と。 資源的な容量や土地、宿泊施設、エネルギー容量、もちろん居酒屋なども含まれます。 こういう環境容量によって発展は阻害される。 要するに今まで金沢が混雑している!海鮮丼が食べられない!混んじゃって嫌だ! 心の容量 こういう環境容量が観光地の発展を阻害するという話です。 ここで考えなければいけないのは、この説のように混雑していたら観光地は本当に衰退するのか?ということです。 いつも例にあげられるのはディズニーランドです。 いつ行っても混雑しているのに全然衰退しない。 それはなぜかを考えるべきなのかもしれないと思います。 間違えないでください。 金沢をディズニーランドのような夢の国にしろ!というわけではない 結果としてそうかもしれないけど。 重要なのはディズニーランドのように「毎回足を運んでも飽きない価値の創造」なのではないかと私は思います。 画像 金沢駅に架かっていたコピー垂れ幕 ちょっと前に金沢駅東口に垂れ幕が架かっていました。 「金沢に来るなら、春か夏か秋か冬がいいと思います。 」これは無責任だー!という話も確かにあるのですが、バトラーの観光ライフサイクルのことを考えるとやはり、いつ来ても新鮮で、新しい価値を与えられる街だよ。 そう言っているように聞こえてなりません。 そのように考えた時に、金沢は本当に新しい価値を与えられ続けられるのか?と自問自答するべきなのです。 どう新しい価値を与え続けるのか?核心の話をすると 「混んだ金沢でもまた来たい!そう思わすことができるだろうか。 」 という事が重要なのではないかと思います。 それに今答えられるかどうかが金沢の一番の課題なのではないかと思います。 混雑して困っている金沢ではありますが、四季に合わせて、自分のご褒美のために金沢においしいものを食べに来る。 四季の自然を味わいに来る。 そうやってだんだん北陸を体験してくると 春:陽気な金沢の文化探索・富山南砺の祭り 夏:能登で祭り・富山の自然に 秋:金沢で富山で福井で食の旅へ 冬:温泉に浸かりに加賀方面福井へ のようなお決まりのパターンができてくる。 「今年はこうだったけど来年はどうだろうね。 楽しみだな。 」と毎年のように北陸へ来ることを楽しみにしてくれるような価値提供をするべきなのです。 そのためにはこの土地の歴史を深く研究し、観光客に対して価値を伝えていく。 新しい文化価値を創造・提供していく。 これが今私たちに課されていることではないだろうか。 本マガジンはその価値を伝えるためのメディアとして大きな役割を果たしたいと思っている。 長文を最後までお読みいただきありがとうございました。 まだまだ問題の多い金沢・北陸だとは思いますが、今後の北陸にご期待ください。

次の