遺族 厚生 年金。 公的年金とはどんな制度?老齢・障害・遺族年金を徹底解説!|楽天生命保険

あなたが死んだ時に、遺族に出るお金【社保/厚生年金編】

遺族 厚生 年金

記事監修者紹介 松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、 年間100組以上のコンサルティングを行う。 その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。 日本の年金制度には、 『遺族年金』という公的保障制度があります。 これは、配偶者に万一のことが合った時に請求が必要な公的保障制度であり、生命保険の加入・見直しを考える際にも知っておくと良い、ポイントとなる公的保障制度なのです。 しかし、複雑というイメージで詳しく調べた事がない方が多くいらっしゃるのではないでしょうか? 本来は貰えるはずの保障を、「知らなかった」という理由で損をすることが無いよう、 貰える権利のあるものはしっかり確認しておきましょう。 遺族年金とは、厚生年金保険あるいは国民年金の被保険者、または被保険者であった方が亡くなった時に、その方によって生計を維持されていた 遺族が受けることができる年金。 遺族基礎年金・遺族厚生年金ともに、 請求期限は、 支給事由が生じた日の翌日から5年。 公的年金とは、2 0歳になったら加入し保険料を納めるもので、将来自分が高齢になったり障害が残ったりした際に年金の給付を受けられる 社会全体の支え合いの制度。 保険相談を検討するなら、店舗型では 、訪問型では といった 無料相談サービスがおすすめ。 どこに相談するか迷う人は、 平均業界歴11. 8年のベテランFP揃いで 取扱い保険会社数も30社とトップクラスの で 無料相談をおすすめします。 \1分で完了/ MEMO 公的年金とは、2 0歳になったら加入し保険料を納めるもので、将来自分が高齢になったり障害が残ったりした際に年金の給付を受けられる 社会全体の支え合いの制度です。 少子高齢化が進む日本において、年金保険料の未納問題や加入記録問題など、年金に関する問題がたびたびメディアで取り上げられてきました。 このような報道を目にして、「公的年金はあてにならない」と公的年金に不安を感じて、 さらなる年金保険料の未納の増加へと繋がってしまっているのも事実です。 しかし、一定期間の納付が無ければ年金を支給することは無いため、保険料の未納が年金制度の崩壊に直結することはありません。 公的年金制度は、正しく保険料を納付していればどれだけ長生きしても、また、子どもや経済状況などの状況に関わらず、 安心・自立して老後を暮らせるための社会的な仕組みとして大きな役割を担っていると言えるのです。 その公的年金制度には、次の3つの役割があります。 老齢年金 高齢になってから一生涯、受け続けることができる年金です。 国民年金に加入していた方は「老齢基礎年金」、厚生年金保険に加入していた方は「老齢厚生年金」を受給することが出来ます。 障害年金 加入中、 病気やケガなどで一定の障害を負った場合に受給される年金です。 子の定義• 18歳になった年度の3月31日までの間にある子。 なお、受給要件を満たした国民年金または厚生年金保険の被保険者(被保険者であった方)が死亡した当時、 胎児であった子も出生以降に対象となります。 20歳未満で、障害等級1級または2級の障害状態にある子。 年金額 「遺族基礎年金」の年金額は、 779,300円 +子の加算 となります。 子の加算とは、 第1子・第2子であれば各224,300円、 第3子以降は各74,800円。 なお、 配偶者ではなく子どもが「遺族基礎年金」を受給する場合は、第2子以降について加算を行います。 子ども1人あたりの年金額は、上記の年金額を子供の数で割った額となります。 遺族厚生年金について 支給要件• 妻(30歳未満の子どものいない妻は、5年間の有期給付)• 子、孫(18歳になった年度の年度末を経過していない方、または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の方)• 55歳以上の夫、父母、祖父母(支給開始は60歳から。 ただし、 夫は「遺族基礎年金」を受給中の場合に限り、「遺族厚生年金」もあわせて受給。 年金額 遺族厚生年金の年金額は、厚生年金保険の加入期間や納付済保険料に比例して変わります。 報酬比例部分の年金額は、(1)の式によって算出します。 なお、(1)で算出した額が(2)で算出した額を下回る場合には、 (2)で算出した額が報酬比例部分の年金額になります。 (1)報酬比例部分の年金額(本来水準) (2)報酬比例部分の年金額(従前額保障)懸ける 従前額保障とは、平成6年の水準で標準報酬を再評価し、年金額を計算したものです。 平均標準報酬月額 「平成15年3月までの被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額」を、「平成15年3月までの被保険者期間の月数」で割った額です。 平均標準報酬額 「平成15年4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額」を、「平成15年4月以後の被保険者期間の月数」で割った額(=賞与を含めた平均月収)です。 これらの計算にあたり、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準で再評価するために「 再評価率」を掛けます。 支給要件の遺族厚生年金では、被保険者期間が300月(25年)未満の場合は、300月とみなして計算します。 また、支給要件2. に基づく遺族厚生年金の場合は、計算式の1000分の7. 125、1000分の5. 481については、 死亡した方の生年月日に応じて経過措置があります。 夫が亡くなったとき、 40歳以上65歳未満で、生計を同じくしている子がいない妻であること• 経過的寡婦加算• 昭和31年4月1日以前生まれの妻に、65歳以上で遺族厚生年金の受給権が発生したとき(3. の支給要件2. に基づく場合は、死亡した夫の共済組合等の加入期間を除いた厚生年金の被保険者期間が20年以上(または40歳以降に15年以上)ある場合に限ります)• 中高齢の加算がされていた昭和31年4月1日以前生まれの遺族厚生年金の受給権者である昭和31年4月1日以前生まれの妻が65歳に達したとき 「経過的寡婦加算」の額は、昭和61年4月1日から60歳に達するまで国民年金に加入した場合の老齢基礎年金の額と合わせると、 「中高齢加算」の額と同額になるよう決められています。 遺族基礎年金の請求手続き 必要書類 (1)必ず必要 年金手帳 提出できないときは、その理由書が必要 戸籍謄本(記載事項証明書) 死亡者との続柄および請求者の氏名・生年月日の確認 受給権発生日以降で提出日から6ヶ月以内に交付されたもの 世帯全員の住民票の写し 死亡者との生計維持関係確認のため 死亡者の住民票の除票 世帯全員の住民票の写しに含まれている場合は不要 請求者の収入が確認できる書類 生計維持認定のため 所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票 等 子の収入が確認できる書類 義務教育終了前は不要 高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証 等 市区町村長に提出した死亡診断書(死体検案書等)のコピーまたは死亡届の記載事項証明書 死亡の事実(原因)および死亡年月日確認のため 受取先金融機関の通帳等(本人名義) カナ氏名、金融機関名、支店番号、口座番号が記載された部分を含む預金通帳またはキャッシュカード(写しも可)等 請求書に金融機関の証明を受けた場合は添付不要 印鑑 認印可 (2)死亡の原因が第三者行為の場合 第三者行為事故状況届 所定の様式あり 交通事故証明または事故が確認できる書類 事故証明がとれない場合は、事故内容がわかる新聞の写しなど 確認書 所定の様式あり 被害者に被扶養者がいる場合、扶養していたことがわかる書類 源泉徴収票、健康保険証の写し、学生証の写しなど 損害賠償金の算定書 すでに決定済の場合。 登録後は、現況届の提出や住所変更の届出は原則不要となります。 配偶者が国民年金以外の公的年金制度の被保険者または組合員であった期間のある方は、配偶者が組合員または被保険者であったことを証明する書類• 配偶者が国民年金以外の公的年金制度または恩給法等による老齢(退職)年金を受けることができた期間のある方は、配偶者が年金を受けることができたことを証明する書類の写し• 本人が国民年金以外の公的年金制度または恩給法等による遺族年金等を受けることができた期間のある方は、本人が当該年金等を受けることができたことを証明する書類の写し• その他、海外在住の期間等があったときは、それをを証明する書類 提出先 提出先は、 お住まいの市区町村役場の窓口です。 ただし、亡くなった日が国民年金第3号被保険者期間中の場合は、近くの年金事務所または街角の年金相談センターとなります。 請求期限 遺族基礎年金は、 支給事由が生じた日の翌日から 5年が請求期限となります。 また、東日本大震災において行方不明となった方あるいは亡くなられた方についての遺族年金の請求は、請求期限を平成28年6月末までとしていました。 支分権の時効に注意 平成28年6月末を過ぎても遺族年金の請求は可能です。 ただし、支分権(年金の支給を受ける権利)の一部が時効によって消滅することがあるため、注意が必要です。 支分権の請求期限は、年金支払日の翌月の初日となります。 遺族厚生年金の請求手続き 次の3つの場合に分けて、必要書類を用意して手続きする必要があります。 必要書類 (1)必ず必要 年金手帳 提出できないときは、その理由書が必要 戸籍謄本(記載事項証明書) 死亡者との続柄および請求者の氏名・生年月日の確認 受給権発生日以降で提出日から6ヶ月以内に交付されたもの 世帯全員の住民票の写し 死亡者との生計維持関係確認のため 死亡者の住民票の除票 世帯全員の住民票の写しに含まれている場合は不要 請求者の収入が確認できる書類 生計維持認定のため 所得証明書、課税(非課税)証明書、源泉徴収票 等 子の収入が確認できる書類 義務教育終了前は不要 高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証 等 市区町村長に提出した 死亡診断書(死体検案書等)の コピーまたは 死亡届の記載事項証明書 死亡の事実(原因)および死亡年月日確認のため 受取先金融機関の通帳等(本人名義) カナ氏名、金融機関名、支店番号、口座番号が記載された部分を含む預金通帳またはキャッシュカード(写しも可)等 請求書に金融機関の証明を受けた場合は添付不要 印鑑 認印可 (2)死亡の原因が第三者行為の場合に必要 第三者行為事故状況届 所定の様式あり 交通事故証明または事故が確認できる書類 事故証明がとれない場合は、事故内容がわかる新聞の写しなど 確認書 所定の様式あり 被害者に被扶養者がいる場合、扶養していたことがわかる書類 源泉徴収票、健康保険証の写し、学生証の写しなど 損害賠償金の算定書 すでに決定済の場合。 登録後は、現況届の提出や住所変更の届出は原則不要となります。 配偶者が国民年金以外の公的年金制度の被保険者または組合員であった期間のある方は、配偶者が組合員または被保険者であったことを証明する書類• 配偶者が国民年金以外の公的年金制度または恩給法等による老齢(退職)年金を受けることができた期間のある方は、配偶者が年金を受けることができたことを証明する書類の写し• 本人が国民年金以外の公的年金制度または恩給法等による遺族年金等を受けることができた期間のある方は、本人が当該年金等を受けることができたことを証明する書類の写し• その他、海外在住の期間等があったときは、それを証明する書類 提出先 提出先は、お近くの 年金事務所または街角の年金相談センターです。 請求期限 「遺族基礎年金」と同様、 支給事由が生じた日の翌日から 5年が請求期限となります。 遺族年金の計算方法 遺族基礎年金の計算 MEMO遺族基礎年金の年金額は、 77万9,300円+子の加算であり、子の加算は、 第1子、第2子:22万4,300円、第3子以降は7万4,800円で計算します。 「遺族基礎年金」は、残された子どもの支援が目的となりますので、 18歳未満の子(障害等級1級、2級の子は20歳まで)がいる配偶者と子が支給対象となります。 よって、 子どもが18歳になった年度末の3月31日を超えた場合は支給が停止となるのです。 <計算例> 16歳、14歳、10歳の3人の子どもを持つ配偶者の場合を例に、遺族基礎年金の受給額を計算します。 27万円、月間にすると約10. 85万円の遺族年金を受け取れます。 この年金額だけで生活することは難しいかもしれませんが、 遺族年金は全額非課税となり所得には計算されません。 単位(円) 平均標準報酬月額 遺族基礎年金 妻のみ 妻と子1人 妻と子2人 妻と子3人 年額 月額 年額 月額 年額 月額 年額 月額 20万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 25万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 30万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 35万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 40万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 45万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 50万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 55万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 60万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 62万円 0 0 1,012,800 84,400 1,239,100 103,258 1,314,500 109,542 遺族厚生年金の計算 「遺族厚生年金」は、厚生年金の加入者が受給できる遺族年金の一種であり、国民年金の加入者は受給することができません。 一方、 厚生年金加入者は遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方を受給できるため、 上乗せで保障を得ることができます。 この「遺族厚生年金」は亡くなった方の厚生年金への加入期間、また納付済保険料の額によって受給できる金額が異なります。 遺族厚生年金の年金額を計算をするためには、遺族厚生年金の加入期間と受給金額が必要となりますが、 「ねんきん定期便」によって簡単に確認することで出来ます。 「ねんきん定期便」の赤枠部分の加入期間と加入年金額を確認すると、ご自身やご家族がどれだけの期間加入しているのか、どのくらいの金額を受給できるのか事前にチェックすることが可能なのです。 なお、 日本年金機構では「ねんきんネット」への登録を推奨しています。 「ねんきんネット」へ登録することで、いつでも「ねんきん定期便」をネット上で確認することが出来ます。 今後、紙の定期便が郵送されなくなる可能性もあるため、早めの登録を検討しましょう。 単位(円) 平均標準報酬月額 遺族基礎年金 遺族厚生年金 遺族基礎年金+遺族厚生年金 妻のみ 妻と子1人 妻と子2人 妻と子3人 年額 月額 年額 月額 年額 月額 年額 月額 年額 月額 20万円 324,911 27,076 324,911 27,076 1,337,711 111,476 1,564,011 130,334 1,639,411 136,618 25万円 406,139 33,845 406,139 33,845 1,418,939 118,245 1,645,239 137,103 1,720,639 143,387 30万円 487,366 40,614 487,366 40,614 1,500,166 125,014 1,726,466 143,872 1,801,866 150,156 35万円 568,594 47,383 568,594 47,383 1,581,394 131,783 1,807,694 150,641 1,883,094 156,925 40万円 649,822 54,152 649,822 54,152 1,662,622 138,552 1,888,922 157,410 1,964,322 163,694 45万円 731,050 60,921 731,050 60,921 1,743,850 145,321 1,970,150 164,179 2,045,550 170,463 50万円 812,277 67,690 812,277 67,690 1,825,077 152,090 2,051,377 170,948 2,126,777 177,231 55万円 893,505 74,459 893,505 74,459 1,906,305 158,859 2,132,605 177,717 2,208,005 184,000 60万円 974,733 81,228 974,733 81,228 1,987,533 165,628 2,213,833 184,486 2,289,233 190,769 62万円 1,007,224 83,935 1,007,224 83,935 2,020,024 168,335 2,246,324 187,194 2,321,724 193,477 遺族年金のFAQ 妻が亡くなった場合でも貰えるの? 平成26年4月1日より「年金機能強化法」が施行されたことによって、それまで対象外であった 父子家庭も給付の対象となりました。 父子家庭(つまり、妻が亡くなり夫と子どもが遺された家庭)で、遺族年金を貰える条件は次の通りです。 自営業世帯(国民年金) 会社員・公務員世帯(厚生年金) 自営業など国民年金に加入している人に生計を維持されていた遺族• 子どものいる妻、夫• 子どもがいる場合でも、全員が18歳の年度末を過ぎると受け取れなくなります。 会社員・公務員など厚生年金に加入している人に生計を維持されていた遺族• 妻、夫、子ども• 父、母• 妻を除いて年齢条件があります。 妻に先立たれた夫は、子供が 18歳の年度末を過ぎるまでの期間, 「遺族基礎年金」を貰うことができます。 会社員や公務員世帯の遺族で厚生年金に加入していれば、子供の有無に関わらず「遺族厚生年金」を貰うことが出来ます。 ただし、「遺族基礎年金」を受け取れる夫で妻の死亡時に55歳以上の場合は、60歳までの支給停止は行われず「遺族厚生年金」を受け取ることができます。 MEMO遺族年金は、年収850万円以上(所得655. 5万円以上)ある方には支給されませんが、受給権が確定した後に年収に変動があっても遺族年金には影響しません。 つまり、 受給権確定後であれば、年収の上限を超えても権利を失権することはないのです。 もしも配偶者が余命わずかという状態となってしまった時、年収850万円を越えている人は、 残業の調整などによって 年収を低く抑えることで遺族年金を受給することも可能となります。 別居中でも遺族年金は貰える? 遺族年金は、被保険者によって生計を維持されていた方に支払われる年金のことであるため、 別居していたとしても、生計維持関係があれば受け取ることが出来ます。 この生計維持関係とは、同居しているしていないに限らず仕送りをしていたり、健康保険の扶養親族である等、経済的に繋がりが必要となるのです。

次の

遺族年金をもらうと自分の厚生年金はどうなるの?年金の併給調整について確認!

遺族 厚生 年金

(写真=PIXTA) 遺族厚生年金を受け取るためには一定の要件を満たさなければなりません。 支給されるための条件(支給要件)と受け取ることができる人を確認しておきましょう。 遺族厚生年金の4つの支給要件 遺族厚生年金の4つの支給要件はこちらです。 また、平成38年4月1日までの期間に65歳未満で亡くなった場合は、死亡日を含む月の前々月までの1年間のうちに保険料の滞納がなければ支給されます。 夫が死亡したとき遺族厚生年金を受け取る人は? 遺族厚生年金を受け取ることができる人は、亡くなった人の家族構成と年齢によって異なります。 夫が死亡したときは、夫に生計を維持されていた妻・子、55歳以上の父母、孫、55歳以上の祖父母の順番で受け取る権利が発生します。 この場合で、夫が亡くなったときに妻が30歳未満で子どもがいない場合には5年間だけの支給となり、妻が30歳以上であれば、一生涯支給されます。 子・孫が受け取る場合は18歳に達した年度の末日までです。 子が障害年金の障害等級1、2級に該当する状態であれば20歳の誕生日の前日まで支給されます。 父母、祖父母が受け取る場合は、60歳から一生涯支給されます。 妻が死亡したとき遺族厚生年金を受け取る人は? 妻が死亡した場合は、夫、子、父母、孫、祖父母の順番で受け取る権利が発生します。 子、孫の受給要件は夫が死亡したときと同じです。 夫、父母、祖父母は妻が亡くなったときに55歳以上であれば60歳から一生涯支給されます。 ただし、妻が亡くなった時点で夫が55歳未満の場合は注意が必要です。 子がいる場合は受け取ることができますが、子がいない場合は生涯受け取ることができません。 二人で家計を支えようと考えている夫婦なら妻が亡くなったときの家計への影響は大きいので、生命保険に加入するなどの準備が必要です。 また、遺族厚生年金を受給している人が結婚や養子縁組などをしたときは、受ける権利がなくなります。 遺族厚生年金の受給額は大まかにこれくらい (写真=PIXTA) 遺族厚生年金の受給額は、死亡した方の老齢厚生年金額の4分の3です。 これは、年金定期便を見ると確認できます。 年金定期便には、50歳未満の方は加入月数に応じた厚生年金額が記載されており、50歳以上の方は60歳まで加入した場合の見込み額等が記載されています。 もっと詳しく知りたい場合は、ねんきんネットを利用することで加入月数に応じた年金額を確認できるでしょう。 もし、厚生年金の加入期間が数年の場合(被保険者期間が25年(300月)に満たない)は、300月加入したものとして計算してもらえます。 ただし、現在厚生年金の被保険者であることが必要です。 中高齢の場合は加算制度がある 遺族厚生年金には、中高齢の加算として、年額584,500円を上乗せして支給される制度があります。 これの支給要件は、2つです。 中高齢加算制度の2つの支給要件• 妻で、夫が亡くなったときに40歳以上65歳未満で生計を同じにしている子がいない• 妻で、40歳に到達した当時に遺族基磯年金・遺族厚生年金を受けていた子がおり、その子が18歳到達年度の年度末になった等のために遺族基礎年金を受け取ることができなくなった ただし、夫が老齢厚生年金を受けられる、または受給資格を満たしている夫が亡くなった場合は、夫の厚生年金の被保険者期間が20年以上、あるいは中高齢者の特例などによって受給期間を満たしている場合に限られます。 また、平成19年3月31日以前に夫が亡くなって遺族厚生年金を受け取っている人は、「40歳」ではなく「35歳」と読み変えた要件によって支給されます。 遺族厚生年金と他の年金は併給できる?.

次の

夫に先立たれた妻、遺族年金はいくらもらえるか?

遺族 厚生 年金

国民年金の被保険者が亡くなった場合、その人によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」は、子が18歳になって最初の年度末を迎えるまで(子が1級・2級の障害者である場合は20歳になるまで)、遺族基礎年金を受け取ることができます。 遺族基礎年金は、いわば「子どもを養育するための年金」であり、子どもがいない配偶者には支給されません。 また、子どもが上記の年齢を超えるなどして遺族基礎年金の支給対象から外れた場合は、その人数分の子の加算が減額され、支給対象となる子どもが1人もいなくなれば、遺族基礎年金は支給されなくなります。 ここでいう「子」とは次のものに限られます。 前述の通り遺族基礎年金は子のない配偶者には支給されませんが、遺族厚生年金は子のない配偶者にも支給されます。 子(18歳になって迎える年度末を経過していない者または20歳未満で障害年金の障害等級1級・2級の障害者に限る)がいる配偶者と子には、遺族基礎年金も合わせて支給されます。 なお、子がいない30歳未満の妻には、5年間に限り遺族年金が支給されることになっています。 これは、子供がいない若い女性は就職して生活の再建がしやすいという考え方に基づいています。 遺族厚生年金の支給額は納付期間や報酬で異なる 遺族基礎年金の支給額は上記のとおり基本支給額も子の加算額も一律で定められていますが、遺族厚生年金の支給額は死亡した人が厚生年金に加入していた期間やその期間の報酬(給与や賞与など)の額によって異なります。 下記の計算式「A」「B」にあるとおり、遺族厚生年金の支給額の計算のもととなる報酬は、2003年(平成15年)3月までは「平均標準報酬月額」で、同年4月以降は「平均標準報酬額」となっています。 「平均標準報酬月額」には賞与が含まれませんが、「平均標準報酬額」には賞与を月数で割った金額が含まれているという違いがあります。 遺族厚生年金支給額は、原則として次の「A」の計算式で算出します。 ただし、「B」の計算式で算出したほうが金額が多い場合は、その金額が支給されることになります。 計算式がとても難しいので、支給額を知りたい場合は、最寄りの年金事務所に相談してみるとよいでしょう。 寡婦加算には「中高齢の寡婦加算」と「経過的寡婦加算」のふたつがあります。 また、子がいてもその子が18歳(18歳の誕生日の属する年度末まで)または20歳(1級・2級の障害の子)に達すれば支給されなくなります。 なお、妻が65歳になると自分の老齢基礎年金が受けられるようになるため、中高齢の寡婦加算はなくなります。 経過的寡婦加算は老齢基礎年金の額が中高齢寡婦加算の額に満たない場合に、65歳以降の年金受給額が低下するのを防ぐために支給されるものです。 経過的寡婦年金の支給額は、1986年年4月1日に30歳以上(1956年4月1日以前生まれ)の人が、60歳までの国民年金に加入可能な期間をすべて加入した場合の老齢基礎年金の額と合算して、ちょうど中高齢寡婦加算の額となるよう、生年月日に応じて設定されています。 遺族厚生年金はいつまでもらえるの? 夫が亡くなったときの年齢 支給期間 55歳未満 需給なし 55歳以上 一生涯 受給者が子・孫の場合 受給できる期間は、18歳になって迎える年度の末日(障害等級1級・2級の障害の状態にある場合は20歳未満まで)を経過するまでです。 受給期間中であっても、子や孫が結婚した場合や養子縁組をした場合は、支給が停止されます。 遺族厚生年金よくあるQ&A ここからは、遺族基礎年金に比べ、やや複雑な遺族厚生年金に関して、多くの人が疑問に思いがちなことに対して解説します。 夫の死後に遺族厚生年金をもらっていた妻が再婚した場合、引き続き遺族厚生年金をもらうことができますか? A1. 再婚すると遺族年金はもらえなくなります。 再婚すると遺族基礎年金、遺族厚生年金ともに受給資格を失います。 遺族厚生年金を受けていた人は、再婚後10日以内に年金事務所や年金相談センターで、所定の届出書に結婚した年月日、マイナンバーカード等に記載されているマイナンバーなどを記入し、年金証書を添えて提出してください。 遺族基礎年金のみを受け取っていた人も、市町村役場の国民年金担当窓口に同様の届出を行う必要があります。 なお、届出が遅れ、再婚の翌月以降の分も遺族年金を受け取っていた場合は、その分を返還しなければなりません。 遺族厚生年金は課税されますか? A2. 課税されません。 国民年金法第25条および厚生年金法第41条第2項の規定により、遺族年金は、遺族基礎年金・遺族厚生年金ともに非課税であり、支給額の多寡に関わらず所得税も相続税も課税されません。 したがって、その年の収入が遺族年金のみの場合は、原則として確定申告をする必要もありません。 離婚した夫の遺族厚生年金を元妻がもらうことはできますか? A3. できません。 遺族年金を受け取れるのは、被保険者の「配偶者」です。 離婚して婚姻関係が解消されると妻は夫の配偶者ではなくなるため、離婚した夫の遺族年金を受け取ることはできません。 ただし、その子が母と同居するなどして母と生計を一にしていた場合は、遺族基礎年金を受け取ることはできません。 遺族厚生年金と自分の老齢厚生年金を同時に受け取ることはできますか? A4. 原則として自分の老齢厚生年金が優先されます。 日本の公的年金は一人一年金が原則のため、複数の年金を同時に受け取ることはできません。 仮に65歳になって老齢厚生年金の受給資格を得た場合は、老齢厚生年金が優先して支給されます。 ただし、老齢厚生年金の額が遺族厚生年金の額を下回るときは、遺族厚生年金と老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として支給されることになっています。 まとめ 遺族年金には国民年金の被保険者の遺族に支給される「遺族基礎年金」と厚生年金の被保険者の遺族に支給される「遺族厚生年金」とがあります。 遺族厚生年金の支給額は被保険者の保険加入期間やその期間の報酬の多寡によって異なります。 また、遺族が遺族厚生年金を受給できる期間についても、被保険者が亡くなったときの年齢や子どもの有無によって異なるため、一概には言えません。 遺族厚生年金には細かい決まりがあり、受給額を求める計算も難しいので、受給額や受給期間について確認したい場合は年金事務所に問い合わせるか、もしくはファイナンシャル・プランナーや銀行の担当者などに相談すると良いでしょう。 【参考】日本年金機構ホームページ「遺族年金について」詳しくは 【参考】日本年金機構ホームページ「年金Q&A」詳しくは 【参考】国税庁ホームページ「遺族の方に支給される公的年金等」詳しくは ご留意事項• 本稿に掲載の情報は、ライフプランや資産形成等に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。 本稿に掲載の情報は、執筆者の個人的見解であり、三菱UFJ信託銀行の見解を示すものではありません。 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです。 また、本稿は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性について執筆者及び三菱UFJ信託銀行が保証するものではありません。 本稿に掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、三菱UFJ信託銀行は一切責任を負いません。 本稿に掲載の情報に関するご質問には執筆者及び三菱UFJ信託銀行はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。 関連記事.

次の