お から お 菓子 レシピ。 「マカロン」失敗から学ぶ!成功するお菓子レシピ

こしあん人気レシピ!簡単な作り方からおしるこ・おはぎのお菓子も!

お から お 菓子 レシピ

小豆を水で洗う• 鍋の中に小豆と水を入れる。 蓋をして点火し、沸騰したら極弱火に落とす。 とろ火で5分煮る。 一晩寝かせる。 再度保温器に入れて1時間ほど放置する。 煮汁を切り、ボウルに小豆を移す。 しゃもじやすりこぎで小豆を潰す。 適量の水を加えて混ぜ合わせ、粉ふるいで裏ごしする。 裏ごしを数回に渡り繰り返す。 上澄みをゆっくりと取り出す。 底に残った餡に水を加え掻き混ぜ、再度沈殿させる(数回繰り返す)• 餡汁を濾し布で濾す。 鍋に水を入れて砂糖を溶かし、生餡を加える。 強火で一気に練り上げる。 電子レンジ対応の器に移して2分間加熱する。 3回同じことを繰り返して水分を飛ばす。 バットに移してラップをかけ、冷蔵庫に入れる。 粗熱が取れたら出来上がり。 【材料】• もち粉…80g• こしあん…150~180g• グラニュー糖…10g• 水…100g• 片栗粉…適量 【作り方】• こしあんを6等分して丸める。 バットに片栗粉を敷く。 もち粉、グラニュー糖、水をボウルに入れ、ダマがなくなるまで混ぜ合わせる。 ラップをかけて電子レンジで温める(500Wで1分半〜2分ほど)• 取り出したらヘラで全体を掻き混ぜる。 再度ラップをして、生地が半透明になるまで電子レンジで温める。 ヘラで軽く混ぜて、片栗粉を敷いたバットの上に取り出す。 全体に片栗粉をまぶす。 温かいうちに生地を6等分し、こしあんを包んでいく。 ハケで余計な粉を払い、皿に乗せて出来上がり。 【材料】• もち粉…50g• 砂糖…大1• 水…30ml強• こしあん…50g• 白ごま…大2• 揚げ油…適量 【作り方】• もち粉をボウルに入れ、真ん中を凹ませて砂糖を加える。 水の約半量を加えて砂糖を溶かす。 周りの粉を崩しながら残りの水も徐々に加えていく。 粉と水が馴染んでくるまで、しっかりと捏ねていく。 手にごま油をつけて、ボウルから取り出す。 台の上で棒状に伸ばしたら、5等分に切って丸める。 丸めた生地の真ん中を押して凹みを作る。 凹みの大きさを餡玉が入る程度まで広げていく。 凹みに餡玉を入れたら生地で包み込む。 生地が均一になるように厚さを調整しながら形を整える。 団子に水を付けてごまをまぶす。 ごまが剥がれないように軽く握る。 4〜5分揚げたら火を強める。 きつね色に変わったら取り出して油を切る。 器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】• 黒糖…40g• 湯…20ml• 重曹…1g• 薄力粉…60g• こしあん…200g• 薄力粉 打ち粉用 …適量 【作り方】• こしあんを8等分に分けて、均等な大きさに丸める。 黒糖と湯をボウルに入れ、ヘラで黒糖がしっかりと溶けるまで混ぜ合わせる。 熱が取れるまで冷ましたら、重曹と水を加える。 混ぜ合わせてから薄力粉をふるい入れ、切るようにさっくりと混ぜる。 打ち粉用の薄力粉をふったバットに4を入れ、冷蔵庫で30分程度休ませる。 5を棒状で伸ばして8等分にする。 一度丸めてからら手のひらで平らに伸ばす。 生地にこしあんを乗せて包み込む。 綴じ目を下にしてクッキングシートにのせ、霧吹きで水を軽くかける。 強火にセットした蒸し器で12分間蒸し上げる。 お皿に移して盛り付けたら出来上がり。

次の

「マカロン」失敗から学ぶ!成功するお菓子レシピ

お から お 菓子 レシピ

追跡番号等はございません。 到着までは日曜、祝日を除く2〜4日程度かかり、配送日や時間の指定はご利用いただけません。 タイトルと表紙のチーズテリーヌに惹かれて購入しました。 届いて材料がシンプルだったのもありその日に作りました。 甘さは通常のケーキに使われる砂糖の量の半分で作られているのですが、その分クリームチーズチーズがたっぷり使われている クリームチーズ400グラム、サワークリーム100グラム のでとてもミルキーなのにコクがあり、少量でも十分満足できる美味しさでした。 こちらの掲載されているスイーツはまだ目を通した限りですが、良い素材を惜しみなくたっぷり使って味に深みを出し、ハーブやブランデーなどの甘い香りで素材の甘さを更に引き立てているようです。 確かに配合が絶妙で流石プロのレシピだなと感じました。 なのでコスパは決して良くないです 普段は甘党な私ですがこれは十分アリな美味しさでした。 食べてみますと外側のココアパウダーの苦味とアーモンドのコク、シナモンが絶妙にマッチしていて思わず「ナルホド~」と呟いてしまいました。 誰もいない室内で(苦笑)実際はこれ以上甘さがないものと思われるので赤ワインに合うチョコレートケーキなのだと思いました。 それからこれはもう好みの違いかと思いますが、アーモンドエッセンスではなくアマレットやグランマルニエなどのリキュールを入れても良いかもしれません。 このケーキは自分には甘さが足りなかったので次回から粉糖の量を足す予定です。 干し柿といちじく、グラノーラのダークチョコレートバー 名前だけからしても絶対美味しいって分かっていました(笑)が、想像以上でした。 ただ私は間違ってソフトタイプのいちじくを使用したのですが 使用前にラム酒に漬け込んでおきました 十分美味しかったです。 干し柿とチョコレートの相性が抜群でサクサクのグラノーラ、ラム酒が薫るいちじくのプチプチ感がたまりません!今回10gラム酒を入れましたがもっと入れても良かったのかも。 パクパクつまんでしまう危険なチョコレートバーです。 これは皆さんにも是非作ってもらいたいです。 原材料のグラノーラの種類を変えたり、幾つかのチョコレートを合わせて使っても味の変化が出て面白そうです。 チーズパウンドケーキは二種類食べ比べてみました。 セージバターのパルメザンチーズパウンドは 15センチ底取れ丸型のものでも作れました。 焦がしバターとセージの香りがとても良くて作っている最中も凄く幸せな気分になりました(笑)このケーキは口の中に入れると素材の味が次々に主張してきて、とても味わい深いパウンドなので夜にお酒と一緒にゆっくり楽しみたいです。 対するミックスチーズパウンドは朝に食べると元気が出るパウンドでした。 軽くトーストしている最中のチーズの香りが食欲をそそりますし、バターと一緒に食べるとこれまた絶品でした。 チーズをおろすのは少し手間がかかりましたがこれはまた作りたいです。 お菓子作りはほぼ初心者。 オーブンを手に入れたタイミングで折角だからと始めてみました。 なので知識もこだわりもほぼ無く、 タイトルと表紙の美しさで本書をチョイス。 いわゆるジャケ買いです。 ページ開いて直ぐのセージと焦がしバターのケーキをすごく真面目に慎重にレシピ通りに作ってみました。 大成功です。 ビックリしました。 こんなに美味しくできるんだ〜!? 手動の泡立ては相当しんどかったですが、すべてのプロセスが楽しかった。 星一つ不足にしたのは「下準備」をプロセスとは別にピックアップしておいてもらえると慌てる回数が減ったかもと。 慣れた方には不要な事かもしれないですね… 初ケーキ製作でしたが、作る行程がとても楽しかったし、何と言っても美味しいレシピでした。 他にも作ってみたいものがたくさん!これから楽しみです。

次の

岐阜・東濃地方の郷土菓子 からすみ

お から お 菓子 レシピ

小豆を水で洗う• 鍋の中に小豆と水を入れる。 蓋をして点火し、沸騰したら極弱火に落とす。 とろ火で5分煮る。 一晩寝かせる。 再度保温器に入れて1時間ほど放置する。 煮汁を切り、ボウルに小豆を移す。 しゃもじやすりこぎで小豆を潰す。 適量の水を加えて混ぜ合わせ、粉ふるいで裏ごしする。 裏ごしを数回に渡り繰り返す。 上澄みをゆっくりと取り出す。 底に残った餡に水を加え掻き混ぜ、再度沈殿させる(数回繰り返す)• 餡汁を濾し布で濾す。 鍋に水を入れて砂糖を溶かし、生餡を加える。 強火で一気に練り上げる。 電子レンジ対応の器に移して2分間加熱する。 3回同じことを繰り返して水分を飛ばす。 バットに移してラップをかけ、冷蔵庫に入れる。 粗熱が取れたら出来上がり。 【材料】• もち粉…80g• こしあん…150~180g• グラニュー糖…10g• 水…100g• 片栗粉…適量 【作り方】• こしあんを6等分して丸める。 バットに片栗粉を敷く。 もち粉、グラニュー糖、水をボウルに入れ、ダマがなくなるまで混ぜ合わせる。 ラップをかけて電子レンジで温める(500Wで1分半〜2分ほど)• 取り出したらヘラで全体を掻き混ぜる。 再度ラップをして、生地が半透明になるまで電子レンジで温める。 ヘラで軽く混ぜて、片栗粉を敷いたバットの上に取り出す。 全体に片栗粉をまぶす。 温かいうちに生地を6等分し、こしあんを包んでいく。 ハケで余計な粉を払い、皿に乗せて出来上がり。 【材料】• もち粉…50g• 砂糖…大1• 水…30ml強• こしあん…50g• 白ごま…大2• 揚げ油…適量 【作り方】• もち粉をボウルに入れ、真ん中を凹ませて砂糖を加える。 水の約半量を加えて砂糖を溶かす。 周りの粉を崩しながら残りの水も徐々に加えていく。 粉と水が馴染んでくるまで、しっかりと捏ねていく。 手にごま油をつけて、ボウルから取り出す。 台の上で棒状に伸ばしたら、5等分に切って丸める。 丸めた生地の真ん中を押して凹みを作る。 凹みの大きさを餡玉が入る程度まで広げていく。 凹みに餡玉を入れたら生地で包み込む。 生地が均一になるように厚さを調整しながら形を整える。 団子に水を付けてごまをまぶす。 ごまが剥がれないように軽く握る。 4〜5分揚げたら火を強める。 きつね色に変わったら取り出して油を切る。 器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】• 黒糖…40g• 湯…20ml• 重曹…1g• 薄力粉…60g• こしあん…200g• 薄力粉 打ち粉用 …適量 【作り方】• こしあんを8等分に分けて、均等な大きさに丸める。 黒糖と湯をボウルに入れ、ヘラで黒糖がしっかりと溶けるまで混ぜ合わせる。 熱が取れるまで冷ましたら、重曹と水を加える。 混ぜ合わせてから薄力粉をふるい入れ、切るようにさっくりと混ぜる。 打ち粉用の薄力粉をふったバットに4を入れ、冷蔵庫で30分程度休ませる。 5を棒状で伸ばして8等分にする。 一度丸めてからら手のひらで平らに伸ばす。 生地にこしあんを乗せて包み込む。 綴じ目を下にしてクッキングシートにのせ、霧吹きで水を軽くかける。 強火にセットした蒸し器で12分間蒸し上げる。 お皿に移して盛り付けたら出来上がり。

次の