とろろ 芋 レシピ。 山芋の人気レシピ!つくれぽ1000超えの1位は?子供が喜ぶグラタンなど

ねばねばのグラタン⁉︎ ほっこりおいしい「とろろグラタン」の簡単レシピアイデア

とろろ 芋 レシピ

【材料】• 鶏むねミンチ:500g• 鶏ももミンチ:500g• 軟骨ミンチ:200g• 卵:1個• おろし生姜:適量• 大和芋(すりおろし):85g• 白ねぎ(粗みじん切り):1本• ブラックペッパー:適量• だし汁:適量• 醤油:適量• みりん:適量 【作り方】• 鶏むねミンチ、鶏ももミンチ、軟骨ミンチを混ぜます。 1に卵、生姜を加え、混ぜ合わせます。 2に大和芋を加え、混ぜ合わせます。 ブラックペッパー、醤油少量を加え、混ぜます。 白ねぎを加え、混ぜます。 鍋にだし汁15:醤油1:みりん1の割合で入れて火にかけます。 5を団子にして加えます。 全て入れたら一度沸騰させ、アクを取ります。 落し蓋をして弱火で5分煮たら完成です。 【材料】• やまと芋:100g• だし汁:120ml• 塩:0. ズワイガニ(茹で):30g• A塩:0. B片栗粉:小さじ1• B水:小さじ2• 三つ葉:2本• ゆず果皮:適量 【作り方】• やまと芋はすり下ろします。 ズワイガニの身はほぐします。 三つ葉は熱湯でサッと茹でて冷水に落とし、水気を切って刻みます。 葛粉にだし汁を加えて溶きます。 1に塩、醤油を混ぜ、4を少しずつ加えながら伸ばします。 器に5を注ぎ入れ、2を上にのせます。 蒸気の上がった蒸し器に6を入れ、弱火で約5分蒸します。 鍋に Aの材料を合わせて火にかけます。 ひと煮立ちしたら混ぜ合わせたBの材料を加え、とろみをつけます。 7に9をかけ、三つ葉をのせて振りゆずをしたら完成です。 【材料】• やまと芋:80g• 鶏もも肉(皮なし):40g• 生しいたけ:20g• 舞茸:20g• だし汁:220ml• 三つ葉:2g 【作り方】• やまと芋はすりおろします。 鶏肉はひと口大に切ります。 生しいたけは軸を取って薄切りにし、舞茸は石づきを取って小房にわけます。 三つ葉は1cmの長さに切ります。 鍋にだし汁を沸かし、鶏肉、しいたけ、舞茸を加えて煮ます。 火が通ったら、塩、薄口醤油で味を調えます。 別の鍋に湯を沸かし、1をスプーンで形を整えながら入れてしっかりと茹でます。 5の鍋に7を入れて少し煮込みます。 器に盛り付け、三つ葉をあしらったら完成です。 【材料】• 大和芋(すりおろし):30g• 軽羹粉:45g• 砂糖:45g• 水:45g• 大和芋はボウルに入れ、ヘラで空気を含ませるようにして混ぜます。 砂糖を3回にわけて入れ、その都度よく混ぜます。 水を加え、泡立て器で混ぜ合わせます。 軽羹粉を少しずつ加え、その都度よく混ぜます。 こしあんを丸め、軽く押さえて平らな形にします。 半円形の型を3つ用意し、キッチンペーパーで油(分量外)を薄く塗ります。 6の型に4を50gずつ入れます。 こしあんを7の中央にのせ、端を使って生地を寄せながら真ん中に入れます。 蒸し器に入れ、中火で30分蒸します。 型から外し、皿に盛り付けたら完成です。

次の

簡単!とろろ焼きのレシピ・作り方【山芋と青ネギでトロもち食感!】

とろろ 芋 レシピ

とろろの原料、山芋には 大きく分けて ・長芋 まっすぐな棒状 粘り度弱 ・いちょうイモ 手のひらのような形状 粘り度中 ・やまといも げんこつ的な形 粘り度強 ・自然薯 細長い棒状 粘り度強 など あります。 長芋などは 粘り度が少ない分少し水分が多いですが、特有のシャキシャキ感があります。 (千切りにすると) いちょうイモから下にいくにしたがって 粘りも強くこっくりとコクがあります。 とろろにするときも それぞれ好みがあるので 色々食べて試してみてくださいねっ。 長芋といちょういもを ブレンドするのもいいです。 いちょういもは 私は食べると舌に ちょっと独特なピリピリ感を感じるので 長芋のとろろが好きですっ! 酢水につける方法(アク抜きと変色防止)もいいですが 山芋は ヌメヌメし その成分で 手がかゆくなる人もいます。 私の方法は 皮つきのまま フォークなどで刺して 「熱湯に7秒」 つけます。 この方法だと その後皮をむいても かゆくならず 変色も防ぎます。 おろす時ヌメヌメしておろしにくい時は キッチンペーパーなどを巻くと いいですよっ。 冷凍した山芋をおろすと キメも細かくいいという裏技もありますが。 (前もって買った時など) いちょう芋など こってり系は おろした後すり鉢ですると更にネバネバ度がまして おいしいです。 あとは 生卵や醤油 だし汁など 好みで入れると おいしいとろろができます。 私は 長芋をすって 梅とろろや 明太子とろろ、オクラ、納豆、などを入れて 食べるの好きです。 茹で野菜にかけたり、お魚とあえたり、揚げたり、焼いたり 料理法も色々あるので 楽しんでおいしく食べてくださいねっ! 私の場合には.手抜きなので.「おいしい」に該当するかどうか疑問です。 芋の選択.粘りを優先するならば天然の長芋。 掘るのが一番楽なのはいちょう芋。 したがって.誰かが掘ってくれるのであれば天然芋.自分で掘るならばいちょう芋。 たまにスーパーで安売りしているときがあるので.この時には価格優先。 あく抜きは.今までしたことがありません。 すって.すり鉢で練り上げた後.味噌汁でも足せは大体あくは消えますから。 すり方は. 最初に1回握ったらば.原則手を放さないこと。 同じ面ですらずに.手首をすこしづつ回転させて.先が常に新しい面に当たるようにすること. を守っていれば.かゆくなりませんし.するのも早いです(5-10人前5分程度ですか)。 先日も作ったのですがそのレシピをカキコしておきますね。 材料(2人分) 長いも・・・8センチ程度 梅干・・・1個 オクラ・・5本 砂糖・・・少々 作り方 1. 18センチぐらいのボールに水を7分目までいれて、大さじ1杯程度入れる 2. ボールに皮をむいた長いもをいれ、5分ほどおきます 3. その間に梅干はタネを取り除き、果肉を包丁でたたき、砂糖少々を混ぜておく。 オクラはガクの部分をむき、塩を振ってまな板のうえでころがし(これを板ずりといいます)、 熱湯で15~30秒ほど茹で、冷水に取り上げます。 オクラは水気を切って、小口切りにしてから粘りが出るまで包丁でたたきましょう。 お好みの器に長いもをすりおろし、オクラ・梅干をトッピングして出来上がりです。 どうでしょうか?参考になりましたか? お好みでしょう油・ポン酢を加えてお召し上がりくださいv Q お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。 しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お店では人参もあった気がするけど、人参のような火の通りの悪い物は先に入れて煮込んでおいたほうがいいのでしょうか? 何をつけて食べてますか?お勧めのたれなども教えて下さい。 手作りのたれを作ってるかたは、たれの作り方も教えて頂けると嬉しいです! アレンジしてる方のお話も聞きたいです! 旦那が、鍋以外にもおかずを欲しがる人なんです。 しゃぶしゃぶにした時は、どんなおかずを出してますか? 質問ばかりで恐縮ですが、しゃぶしゃぶを1度しか食べた事ない私に色々と教えて下さい。 よろしくお願いします。 お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。 しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お店では... A ベストアンサー こんばんは。 お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。 お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。 お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 タレはゴマダレ、ポン酢が多いですが、大根おろしを使っておろしポン酢にしています。 その際、あさつきがあるとよりおいしいと思います。 大根おろしも、紅葉おろしを使うのがほとんどだそうですが、辛いものが一切ダメな私は普通の大根おろしにしています。 (苦手なため、お野菜にも春菊は入れません…) ポン酢が苦手という場合は、昆布つゆなどでもおいしいです。 食べ終わったあとにおうどんも良いかと思うのですが、我が家ではそうめんを使います。 予めそうめんを茹でておいて、残ったお出汁を器にとって塩コショウで味を調えて、お鍋でさっと湯がいて食べるのです。 おうどんよりするするっと入るので、結構オススメですよ! 夏の余りのそうめんの消化にもなります 笑。 付け合せのおかずは、お野菜もお肉も結構な量を食べれてしまうので、白和えやキンピラ、おひたしなどもいいのではないでしょうか? 私はししゃもを焼いたりもしています。 しゃぶしゃぶは灰汁も多く出るので、取りながら食べるのは大変だとは思いますが、これをこまめに除いておくと味がかなり違いますので、がんばって取ってくださいね! こんばんは。 お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。 お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。 お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 タレはゴマ... A ベストアンサー 今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。 2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば 解約又は更新しなければならない訳で、 2年間絶対に住みますという契約ではありません。 1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。 2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば 違約金など一切有りません。 突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので 住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。 違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います) だと思います。 部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ ・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので お勧めです。 Q 鮭を使った料理をするとき、いつも臭みが残っているのが気になっています。 ごく普通の焼き魚や刺身は気にならず、むしろ美味しく食べています。 でも、ムニエル、フライ、ホイル焼きなど、生鮭を使う料理のときには臭みを感じてしまいます。 下味をつけ、火もちゃんと通っているのに。 臭みを消そうと、お酒に浸してみたのですが変わりません。 レモンやバターを使っても、鮭の中のほうの臭みが気になるんです。 魚を買う時は、いくつかのスーパーのうち、刺身が美味しいと思う店で買うようにしているので、鮮度はそれ程悪くない気がします。 子供たちに魚の美味しさを感じて欲しいので、どうしてもこの生臭さを解消したいのです。 生臭さを消す方法、気にならずに食べられるレシピなど、教えてください。 ~子供が小さいため、香辛料をたくさん使う方法は使えませんが・・・。 A ベストアンサー 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと薄めにして火の通りを良くする等しても良いかと思います。 (僕もフライパン料理は余り得意でないので、ちょいと自信が無いのですが、家庭用のフライパンは薄いので、素材を乗せたときにぐっと温度が下がり、慌てて火を強くすると今度は表面だけが焦げるなどしやすいです。 ) また、切り身は下味をつけたり、調理をする前に軽く塩を振り、3~5分位たった後に染み出てきた水気をペーパーなどでしっかりと取ってそれから下味を付けてみてください。 軽く塩を当て軽く水切りすることで、生臭みを取ることができます。 (塩焼きでも、それから味付け用の塩を再度振るのです。 ) 一応、考えられる所を挙げてみました。 お試しになってみて、ご意見など聞かせて頂けると嬉しいです。 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと...

次の

長芋レシピ31選!つくれぽ1000超の人気1位は?殿堂&絶品料理

とろろ 芋 レシピ

とろろ汁に向くのは「いちょういも」 山芋にはさまざまな種類があり、粘りの強さも異なります。 だし汁でのばしてご飯にかける「とろろ汁」にするなら、粘り気の強い「いちょういも」がおすすめ(写真手前2つ)。 いちょうの葉のような末広がりの形をしていて、手に持ってすりおろしやすいのが特徴です。 関東では「やまといも」と呼ばれています。 山芋の仲間で最も多く出回っている「長芋」は、粘り気は少なめ(写真奥)。 水分が多く食感もさらっとしているので、だし汁でのばす必要がなく、あえものなどに使うと良いでしょう。 反対に、丸い塊状の「つくね芋」や細長い「自然薯」は、粘り気がかなり強いので、いちょういも以上にだし汁でよくのばす必要があります。 すり鉢を使うと口当たりの良いとろろに! とろろ作りに適している道具は、すり鉢です(写真左)。 内側にある細い溝を利用してすりおろすので、きめ細かくなめらかな食感になります。 すり鉢がない場合は、右のような目の細かいセラミック製のおろし器を使いましょう。 究極のまろやかさ!基本のとろろ汁の作り方 山芋は空気に触れるとすぐに変色してしまいます。 変色を防ぐには、酢水であく抜きをすることが多いのですが、水につけるとぬめりが出てすりおろしにくくなるので、とろろにする場合はおすすめしません。 使う直前に皮をむき、手早く調理しましょう。 山芋のひげ根をハサミで切り落とします。 包丁で切り落とす、あるいはガスコンロの直火で焼いて取り除く方法もあります(火の扱いには十分注意し、やけどに気をつけましょう)。 使う分だけピーラーで皮をむきます。 皮の入り込んだデコボコの部分は切り落としましょう。 手で持つ部分の皮を残しておくと、滑らずにうまくおろせます。 材料 水:4カップ 昆布(16㎝角):1枚 削りがつお:20~30g 「ベースとなるだし」の取り方 1. 昆布はふきんでサッと拭き、ハサミでところどころに切り込みを入れる。 ボウルに水と昆布を入れ、10~15分置く。 鍋に移して中火で熱し、気泡が出てきたら昆布を取り出す。 沸騰したら削りがつおを入れ、湯につかるように軽く押し、ひと煮立ちしたら火を止める。 そのまま5~6分置く。 あくが出ている場合は取り除く。 削りがつおが少し沈んできたら、こす。 だし汁、味噌汁の量は目安です。 山芋の種類によって加減してください。 シャリっとした食感がアクセント!時短とろろは洋風料理にもアレンジOK 水分が多く、粘りが弱めでさらっとした長芋は、すり鉢やおろし器を使わずに、簡単に「時短とろろ」を作ることができます。 今回は、2通りの作り方をご紹介します。 フードプロセッサーを使う 長芋はひげ根を取って皮をむき、適当な厚さに切ります。 フードプロセッサーに入れて撹拌すればできあがり。 撹拌を少なめにして、シャリっとした食感を残しても良いでしょう。 袋に入れてめん棒でたたく 長芋はひげ根を取って皮をむき、適当な大きさのまま厚手のポリ袋に入れます。 空気を抜いて袋の口をねじって持ち、めん棒で全体を均一にたたきます(ふきんに包んでたたいても良い)。 粗い粒が残るくらいになったらできあがり。 カリカリ梅(刻んだ梅干しでも可)を混ぜて和風のあえものに。 生ハム、クレソン、粒マスタードを組み合わせて、洋風サラダに仕上げるのもおすすめです。

次の