クシャトリヤ 改造。 HGUC クシャトリヤ(ガンダムUC)の製作・作り方すべて撮影。解説します

HGUC クシャトリヤの塗装レシピと写真レビューその4 エングレービングの処理方法について

クシャトリヤ 改造

製作は2機目になりますので 要所を押さえつつ、サクサクと進んでいきます。 この手のパーツを仮組&分解する場合、 いままでは「ピンカット」が一般的でしたが それだと短すぎるとグラグラして組めなくなったりしてました。 そこで、「MKカット」 をオススメします。 写真のように、メス(穴の大きい方)をニッパーで切り込みを入れるだけです。 これがMKカットです。 スルッと組めて、適度な力で分解もできます。 似たような部品には、番号を振っておくと全体的に効率が良くなります。 元の造形がシャープで良いですね。 真ん中の底が目立つので、ギリギリまで穴をあけて を組み込みます。 ここはちょっと固いので、ほんのすこし穴を広げると良いです。 バーンダーのアームですが、のっぺりとしていたのでディテールを加えました。 上がノーマル、中段が穴を開けた状態、下がで穴面取をしたところ。 このあとを埋め込んでディテールアップします。 こういう小さな部品は、ドリルで穴を開けて支え棒を差し込むと 加工が楽になります。 塗装も楽です。 隠し腕のパーツです。 パーティングラインを消したあと、丸ディテールも削り落としました。 ここにはを仕込む予定です。 足裏です。 4つのノズルはに変更します。 平面が多く寂しかったので、さらにを仕込む穴をふやしました。 なお、このように穴の裏側が平らじゃない場合は、ドリルでの穴あけが難しいです。 なので。。。 これがノーマル状態。 このように切り欠いておくと、ドリルが入れやすいです。 目立たない所だけど、フチにパーティングラインがあるので ヤスリで慣らしていきます。 微妙なモールドは開口してメタルパーツを埋めます。 ここも同じく、メタルパーツに置きかえ。 塗装して、を装着しました。 ここは、を装着。 ノーマルのモールドをヤスリがけするより、 メタルパーツに置きかえた方が早くて楽です。 隠し腕が4つ揃いました。 バインダー内側には、を装着 ご質問の多い、ノズルの組み立て例です。 パーツ構成です。 PPアポジや変換シャフト2421などを組み合わせてます。 まず、に瞬間接着剤を付けます。 そこに、を差し込み。 ぴったり収まります。 その上から、を差し込み。 これは左右逆に差し込んでもOk、好みで選択してください。 また瞬着をつけて、裏からPPノズルAの真鍮パーツを差し込み。 また瞬着を付けて、PPノズルAのステンレスパーツを差し込み。 瞬着の乾燥を待てば、完成です。 キットのマウントに2mmの穴を開けます。 キットのノズルの完成状態。 このままだと内部が寂しいので・・・ ノズルAを収めました。 もう一度、完成状態です。 キットの蛇腹状のパーツがイマイチな形状なので、 を装着。 接着剤で付けるだけで簡単にできました。 ここはアポジ3mmを使いました。 ここも目立つ部分なのにモールドが甘いので ぜひ、ディテールアップを。 こまかい塗装も進めていきます。 意外な所にパーティングラインがあるので 整面しておきます。 と を使用 で穴を開けて差し込むだけの簡単装着 このダクトなどは丁寧に塗り分けで対応しました。 を使用 間延びした面が引き締まりますね〜 カトキ版っぽくするために、全体的に明度を上げて パステル調にしました。 黄色いパイプなどは強めの彩度にして、センチネル風にしてます。 とても形状の良いパーツなので ちょっと調整するだけで十分な仕上がりになります。 モノアイには を使用。 接着するだけです。 サイズもピッタリ。 と によって アクセントが決まりました。 オリジナルデカールを新規に製作。 ここも目立つ部分なのにモールドが甘いので ぜひ、ディテールアップを。 PPアポジも使ってます。 簡単装着できるので サイズや組合せはお好みで。 クシャトリアも間もなく完成です。

次の

1/100クシャトリヤ(海外版)

クシャトリヤ 改造

スポンサーリンク 機動戦士ガンダムUCは2006年に小説版が連載されてDVD、ブルーレイによる映像化、後にテレビでも放送されて未だに衰えぬ人気があるシリーズ。 ガンプラの方も物語が完結した現在でもユニコーンガンダムをはじめ様々なMSが未だに発売されています。 ガンダムUCに限った事ではないですが連邦とジオンという勧善懲悪ではない、どちらからの視点に立っても共感出来る部分があるとても魅力的なストーリーと絶大な人気を誇る宇宙世紀シリーズのモビルスーツの登場で何度も観たくなるような魅力的な作品です。 私はガンダムUCのプラモデルの方も沢山作ってきましたがジオン側のMSは殆ど作っていなくて未だにガンダムUC系のガンプラを数体積んでいます。 しかしガンダム系が好きな私でも、このクシャトリヤはとても魅力的なMSに映り積まずに早めに作ったガンプラでした。 今日のガンプラプラネットでアップするのはHGUCクシャトリヤになります。 既に組んでいる人も沢山いる事でしょう。 旧ブログを完結してからガンプラプラネットを始めるまでの間に作ったキットです。 サイズ的には機体設定が全高22. 3mという事でMGで発売されていたらかなりの大きさになっていた事でしょう。 MGの様な精密感は望めませんがHGUCでもアニメに近めなプロポーションで私の大好きなガンプラの一つです。 では早速クシャトリヤを進めていきましょう。 HGUC クシャトリヤ やっぱり最大の特徴は4枚羽根、4つのバインダー。 これがないとかなり寂しい機体になります。 羽根の中にはファンネルが沢山格納されている個性的なMSです。 発売から8年近くも経っているとは….. 月日が経つのが速すぎる、ついこの間の様な感じがします。 ランナーは14枚にポリキャップ1枚に加えてエングレーピングやモノアイ系のシールが付属。 HGUCにしては値段もサイズも大きめですね。 スポンサーリンク 後ろからみてもやっぱりバインダーが目立ちます。 逆にバインダーが無いと妙に寂しくなります。 色分けはかなり優秀。 胸と袖のエングレーピング、それにモノアイ、脚の横の白いラインがシールになります。 可動範囲 脚の開脚と捻りはソコソコいけます。 腕は肩ごと開く仕様。 これだけ動けば結構楽しめるんじゃないでしょうか。 腕は大体90度位まで、膝も90度よりもう少し曲がる位かな。 脚を前後に振るのはサイドスカートが干渉して難しい。 腰はパイプに当たるまでは回転可能、首は殆ど動きませんね。 バインダー内のバーニアはかなり自由に角度が付けられます。 腕の前後も肩ごと回転。 ギミック バインダー開閉 バインダーは閉じたり 開いたり角度はかなり自由。 おまけにロック機構まであるのでかなり安定してます。 サブ・アーム クシャトリヤは何と言っても4枚の羽根が魅力的ですよね。 あの羽根のおかげでサイズが大きくなってはいますが、広げた時の迫力はタマラナイものがあります。 クシャトリヤはユニコーンガンダムと最初に戦闘したMSでもあるので、なんだか愛着も湧きますね。 確かに大きいですがバインダーを閉じればMGサイズで収まると思います(笑) MGで出たらめっちゃデカいクシャトリヤで迫力満点でしょうね、出たら私も買ってしまうかもしれません。 撮影が縦方向が多いのには物理的な理由がありまして、スマホで撮影しているので横にすると両サイドの壁が入ってしまうからです。 比較的アップが多いのも両サイドの壁を入れないように撮影している為です。 撮影用のカメラはとても高いのでスマホの限界に挑もうと日々切磋琢磨しております(笑).

次の

HGUC クシャトリヤ(ガンダムUC)の製作・作り方。 ガンプラ120%!

クシャトリヤ 改造

HGUC クシャトリヤの塗装レシピと写真レビューその1です! 今回のクシャトリヤは、あるサイトに掲載されているクシャトリヤがとっても素晴らしく、惚れ込んでしまったので、そのデザインを参考に製作させていただきました。 なかなかパーツ数も多く、やるべき作業も多いので、だいたい全5回くらいのブログ更新でのご紹介となるかもしれません。 ですが、完成すると、とっても素晴しい仕上がりになるので、ぜひ頑張って製作してみましょう!まずはじめに、塗装前と塗装後の画像をどうぞ! 塗装前 塗装後 イイですねぇ、クシャトリヤ。 まず塗装前と塗装後の解説ですが、やっぱり塗装前のクシャトリヤは少しリアルさに欠けます。 HGUCとしては仕方ないですかね~。 塗装前のリアル感が出ていない原因としては、以下の3点があげられると思います。 1,塗装していない 2,デカールを貼っていない 3,スジボリがない クシャトリヤのバインダーや膝周りにモールドなどの情報量が少なく、ツルツルでプラモデルっぽい感じがあります。 今回はそのツルツル感をなして情報量を増やすために、頑張ってスジボリをしてみました。 なので塗装、デカール張りと共に、スジボリも今回解説していきたいと思います。 スジボリなんてやったこと無いしムリムリ~と思っているあなた!私も初めてスジボリをしてこの出来だったので、チャレンジすれば意外と簡単に出来ますよ!(上手い下手は別にして) それから、胸のメガ粒子砲部分とバインダーメガ粒子砲の黄色い部分にメタルパーツを取り付けました。 これも、穴を開けてメタルパーツを接着剤で取り付けるだけなのでカンタン!後で解説しますね。 あと、塗装で注意する部分は、ネオ・ジオンの機体が持つエングレービングですね。 以前MGシナンジュを製作した時にエングレービングについて解説しましたが今回も解説していきます。 〇白い部分 ホワイト100% 〇ひざ裏の排気口 スターブライトアイアン100% 〇バインダーのバーニア内部(バーニア内部のさらに内部) クリアーレッド 〇エングレービング 下地 ホワイト95%+グレー5% 表面 エナメルフラットブラック100% 〇トップコート スーパークリア つや消し 予備 Mr. スーパークリア(つや消し)スプレー缶(予備としてあったほうがいいです) ———————————— 塗装に使用した本数は下記のとおりです。 長くなりましたので、今回はこの辺で。 次回はHGUCクシャトリヤ製作に使った道具などのご紹介です。 お楽しみに!最後に、HGUCクシャトリヤをいくつかシャッターしたので、製作の見本になればと思います。 この他にもいくつかシャッターしていますが、それは次回にご紹介したいと思います。 では最後に、クシャトリヤの動画をどうぞ! 2 件のコメントがあります。 置物猫 on 2014年5月26日 at 12:02 - 1. 無題 キットの色は色としていいと思いますが、今回の作例の色も渋くていいですね。 私はまとまった休みが取れないのでなかなか作れないのですが、早く手をつけたいです。 いつもは部分塗装とかモノアイの塗装のみだったりしますが、作例を見ていると全塗装したくなりますね。 参考にさせてもらいます。 nori on 2014年5月26日 at 23:19 - 2.

次の