魔女 の 宅急便 都市 伝説 怖い。 【アニメ都市伝説】ジブリ「魔女の宅急便」にまつわる都市伝説!実は、スタジオ・ジブリ初の***だった!?│オカルティクス

魔女の宅急便都市伝説!キキが飛べなくなってしまった理由…

魔女 の 宅急便 都市 伝説 怖い

ジブリ作品の中でも大人から子供までが楽しめる作品として有名なのが、 「魔女の宅急便」である。 この映画の素晴らしいところは、主人公が成長していく中でも、思春期をしっかりと伝えることで、観ている人の中にある種の一体感を感じてもらえることにある。 そうしたことが相まってこの映画は人気となったのである。 そんな魔女の宅急便には色々と都市伝説が存在する。 そんな都市伝説の中でも今回は「クロネコヤマトと宅急便の関係」を見ていこうと思う。 クロネコヤマトと宅急便の関係 魔女の宅急便をご覧になった人なら知っていると思うが、最初は魔法使いの修行として、親元を離れて修行をするつもりであった。 修行と言っても何をすれば良いのか分からず、見知らぬ街でさまよっていると、優しい パン店主夫婦が助けてくれて居候をさせてくれるようになった。 パン屋の仕事を手伝っている中で、そのパンを届けるのに自分の空を飛ぶ魔法がとても効果的であることを知ったので、それを利用することになったのだ。 それにより、宅急便のような仕事をキキがするようになった。 これにより、 「魔女の宅急便」という題名が出来上がったのだ。 ただ、この題名には大きな問題があるとされている。 それが今回の都市伝説になっているのだが、「宅急便」というのは、ご存知の通り クロネコが商標登録をしている。 商標登録を使っているものは、無断で利用することはできない。 その企業にとっては独占できる名前なので、とても意味合いが強いのだ。 本来はどういった流れで利用するに至ったのかは不明だが、都市伝説としては、スタジオジブリがお願いすると二つ返事で快く承諾してくれたとのことだ。 この部分に関しては都市伝説なので、必ずこうしたということではない。 ひとつの噂として、クロネコの商標を考える時にどうしたのかということが噂されているだけなのである。 ただ、魔女の宅急便の映画の中では、キキはかなり乱暴に荷物を扱っていたので、「これが、配達業界の 常識なのか?」と疑う人も出てきたと言われている。 多少は乱暴にしているかもしれないが、あくまでも映画の中のフィクションの話だ。 そこまで考える必要はないのではないか?との声も聞かれるなど、この部分に関しては懸念を出す人もいるほどだ。 それだけ、魔女の宅急便が多くの人に知られているということを意味している。

次の

【魔女の宅急便】都市伝説やジブリの隠れた裏設定

魔女 の 宅急便 都市 伝説 怖い

ジブリの人気アニメ「魔女の宅急便」には、クロネコ繋がりのエピソードがある。 それは、スタジオジブリが「魔女の宅急便」を制作していた時のこと。 本来「宅急便」という言葉はヤマト運輸の登録商標であったが、制作スタッフがこれを知らずにタイトルに取り入れてしまった。 公開間近になって、ヤマト運輸から警告を受けたのだが、その時にはパンフレットやら広告ポスターやらを大量に作り終わった後だったため、ジブリは使用料をヤマト運輸に支払うことで解決を図ろうとした。 しかし、自社のイメージダウンを恐れたヤマト運輸はその件を断り、別のある提案を持ちかけた。 それは、ヤマト運輸が「魔女の宅急便」の筆頭スポンサーになること、そして、「魔女の宅急便」をヤマト運輸の広報活動に自由に使用できるようにする、というものだった。 こうして、人気・知名度ともに絶大な宮崎アニメに便乗する形で、ヤマト運輸は国内の宅配便業界の最大手として君臨することになったのだ。 数多く存在するジブリ系都市伝説の中でも、この話は事実に近いものとなっています。 よく語られる内容では、ヤマト運輸が「魔女の宅急便」を裏で利用して成長を遂げたとされていますが、実際には、ジブリ側が登録商標の無断使用に気がついた時点でマズいと思い、ヤマト運輸に提供を持ちかける形で難を逃れようとしたようです。 当初は困惑の色を示していたヤマト運輸も、自社のトレードマークがクロネコであり、また、作品中に偶然にもクロネコが登場するという点から、スポンサーとして名乗り上げることとなりました。 昔のヤマト運輸のテレビCMにも、「魔女の宅急便」が登場するものがありましたね。

次の

魔女の宅急便の都市伝説まとめ!キキの謎を徹底考察!

魔女 の 宅急便 都市 伝説 怖い

「魔女の宅急便」のその後…2人が結婚!? 「 魔女の宅急便」とは、13歳になったキキが1人前の魔女を目指してある街へ修行に出る物語。 様々な経験を通して成長していくキキの姿を観ると、思わず応援したくなっちゃいますよね。 ラストシーンでは飛行船に引っ張られたトンボをキキが間一髪で救ってハッピーエンドを迎えました。 また、本作品のエンディングロールも実に印象的だと思います。 楽曲「やさしさに包まれたなら」 by荒井由美 を背景に、両親が手紙を通じてキキの成長を知ったところで物語は終了。 しかし、本作では「 キキのその後」についてある噂が囁かれているのです。 「魔女の宅急便」は冒頭で紹介した通り、同名の原作をベースとしたアニメですが… なんと原作では キキとトンボが結婚!その後、めでたく双子の母になる姿まで描かれているのです。 この内容は映画版には描かれていないものの、都市伝説ではなく実話です。 そんな続きがあることを知った上で「魔女の宅急便」を観賞すれば違った将来がイメージ出来そうですね。 これを機会に、原作を読んでみてはいかがでしょうか。 あの「有名企業」とのコラボにまつわる都市伝説 「魔女の宅急便」というタイトル通り、キキは街の配達人。 魔女としての成長に欠かせない「 配達」という仕事ですが、作品のタイトルから「 ある会社名が思い浮かんだ!」…なんて人もいるかもしれません。 そう、あの「クロネコヤマトの宅急便」で有名な「 ヤマト運輸」。 ですが、ここで良からぬ都市伝説が流れたのです。 それは「魔女の宅急便」を映画化した時のこと… 「宅急便」というワードを使用した際、ヤマト運輸から「 放送禁止令」が出ていたようなのです。 それでも作中に黒猫のジジが登場すること、内容についても特に支障はないということでヤマト運輸からOKのお達しが出てようやく映画化が実現! …と、そんな噂がまことしやかに囁かれているのです。 しかしこの都市伝説、別の側面から見るとさらに興味深い説が潜んでいました。 それは、ヤマト運輸が 作品の立ち上げから関わっていたという話。 この噂が真実だとすれば…本作品は「ヤマト運輸」による長編広告。 いわゆる 宣伝的な存在だったことになります。 ですが、この「ヤマト運輸」と「魔女の宅急便」のコラボ説。 現状は単なる都市伝説だと言われており、ハッキリとした根拠は見つかっていません。 宅急便といい、黒猫といい…あまりにも共通点が多いので少し怪しい気もしますが。 Sponsored Link 「魔女の宅急便」でジジが言葉を失った理由… 作品の中盤、キキはトンボと一緒に不時着した飛行船を見に小旅行します。 そこで彼女はトンボに嫉妬のような感情を抱いて別れた後、それを境に 黒猫のジジは言葉を喋らなくなってしまいます。 ここは「 魔女の宅急便」において気になるミステリーですよね。 その理由についても、作中で詳しく触れられていない点がいかにもジブリらしいです。 で、こういった謎が残る部分について語られるのが都市伝説。 一番考えられる説としては、「 キキが大人になったから」というもの。 つまりジジが言葉を失ったのではなく、キキ自身に何かしらの変化が起きていたという推測です。 ここで疑問になるのが、何故キキが「 急に大人になったのか?」ということ。 作品を通して彼女の外見に大きな変化は見られませんしね。 実はトンボとの「人間関係」が影響しているようなのです。 彼は公私に渡ってキキのサポート的な存在でした。 そんなトンボに対して、キキは次第に彼を1人の男性として意識していったのです。 しかしその後、現れたトンボの友達によってその好意が嫉妬に変わります。 自身の中でこういった感情のやり取りが起きた結果、キキは急激に大人の階段を登ったのです。 ( 内面の成長) それによって「 ジジの言葉が理解できない=魔力が弱まった」という状況に陥ったとのこと。 その後、懸命にもがいたキキは最終的に魔法を取り返しました。 それでもジジの言葉を理解できないまま物語は終了していますよね… 魔法の力は戻ったのに、何故ジジの言葉は分からずじまいだったのか? これについて以下の都市伝説が噂されています。 「 トンボを救った経験からキキは1人前の魔女に成長した。 その後、ジジの言葉は必要なくなった」 公式に明かされないのが「ジブリ流」ですが、こちらの説はかなり信憑性がありそうです。 まとめ スタジオジブリ作品には熱烈なファンが多く、それぞれの作品に対して都市伝説が存在しています。 最後に、筆者的に気になった点が2つあります。 1つは 原作版について。 もう1つは「魔女の宅急便」と検索すると、ヤマト運輸による 宅配状況の案内文も表示される件。 都市伝説を知っていると少し紛らわしく感じますね(笑) というわけで、今回は「魔女の宅急便」についての都市伝説をご紹介しました!.

次の